【悪魔の】ママチャリ改造スレPart63【チューンド】

1ツール・ド・名無しさん2018/06/15(金) 00:24:22.85ID:M3elDFVy
一般に「ママチャリ」や「シティサイクル」と呼称されるJISシティ車、
およびそれに準ずる自転車の改造・製作に関する話題を扱います。
ステム上げ下げやブレーキ交換から7段化、ドロハン化、果ては700C化まで。
購入相談、点検、初歩的な整備、消耗品交換等の話題は総合スレでどうぞ。

・テンプレ内の情報はまとめサイトに移動しました。
・議論が白熱しそうな時は前提の再確認を。宗教闘争は程々に。
・スポーツバイク等のママチャリ化は傍流としての節度を持って語りましょう。
・ヤンチャリ、デコチャリ等の話がしたい方もどうぞ!
・自転車の改造は乗り手や周囲の生命や財産に関わります。情報の利用は自己責任で。

■まとめサイト
http://wiki.nefilm.net/cbm/
■過去ログ
http://wiki.nefilm.net/cbm/2chlog/

■前スレ
【悪魔の】ママチャリ改造スレPart62【チューンド】
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/bicycle/1521192686

352ツール・ド・名無しさん2018/07/13(金) 23:44:38.98ID:bsOhWNP9
>>340
慣性座標だけで考えるなら、遠心力を捨てる代わりに向心力を拾って来ないといけない。

結局、向心力がコーナーでの円運動を生み出し、
向心力の正体はタイヤの横ブリップ。
向心力はタイヤをコーナー内側に押す力。

一方で、タイヤは路面から垂直抗力を受けている。

この向心力と垂直抗力の合力は傾斜している。

この「合力の傾斜」と「自転車(乗員を含む)の傾斜」が合致しているとコーナーを転ばずに走る事ができる。
片側への不一致が続くと転倒する。
これは二輪の基礎。

遠心力を捨てるなら、慣性座標系・静止座標系で出てくる向心力を拾って欲しい。

353ツール・ド・名無しさん2018/07/13(金) 23:48:02.60ID:bsOhWNP9
352を補足しておくと、
合力の傾斜と自転車の傾斜が一致している以上、ホイールに横荷重はかからない。
単に見かけの重力が増えるだけ。

354ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 00:19:27.46ID:pXMY15YF
>>349
タイヤの変形はどんな力がかかって起きてると思う?

路面との摩擦力が1つ。
他にもまだある。
路面からの垂直抗力と、ホイールの拘束力。

タイヤにかかる力は以下の3つ。
路面からの摩擦力
路面からの垂直抗力
ホイールの拘束力

ここから先は、前レスと同じ結論。
タイヤがどんなに変形していようと、リーンウィズなら横荷重は発生しない。
自転車だけ倒しこんだり、上半身だけ倒しこんだりすれば、いくらでも横荷重は発生する。
なので、「コーナー=横荷重」という思い込みは間違い。
二輪車ではね。

四輪車は「コーナー=横荷重」で正しい。

355ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 00:34:50.71ID:SOHHR+TY
仮にコーナリング中に横荷重が掛かるとしても>>343の話は大嘘だな。

356ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 00:42:59.25ID:pXMY15YF
間違いに気付いて>>333-334のように暴れだしたのなら、不幸中の幸い。

全く理解せずに何度も同じ間違いを繰り返すのは避けて欲しい。

357ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 02:11:18.42ID:pXMY15YF
>>355
いや、ありうる。
>>343のホイールのコーナー内側が擦ったということは、車軸より上では、リムが内側に移動したという事。
ホイールの変形は、ハブが支点となるロール回転のモードが大半を占める。
リム全体が右左に平行移動するモードは小さい。
なので、車軸より上でリムが内側に移動しているとき、車軸より下ではリムが外側に移動していると考えられる。
これはカーブをリーンアウトで曲がっている。

>>342はホイールは垂直に立つと書いた。
これもありうる。
上述の話と逆で、リーンインで走っている。

どちらもありうる。
互いに否定し合っても仕方ない。
曲がるときの本人の癖や、路面状況に合わせた走りを意識・無意識で傾けてるだけなので。

358ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 02:28:27.24ID:pXMY15YF
>>321が発端だったな。
「コーナーで F = m r ω^2 の横荷重がホイールにかかる 」
という勘違いを訂正しているだけで、ベアリングどうことか壊れやすい壊れにくという話にはノータッチ。

「F = m r ω^2 と、F = m g の合力が縦荷重としてホイールにかかる」
が正解。
横荷重は基本的にはゼロ。

自転車と体を「く」の字に曲げたり、ダンシングする事によって、ホイールに横荷重がかかる。
カーブ・直線とは直接の関係は無い。
「コーナーで横からかなり過重かかるホイール 」というのは勘違い。

359ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 03:08:23.38ID:MGWiWfad
>>345
ヒンジw
オマエ、やっぱりバカだな
スポークのテンション下げて、撓るだけだろ?
しなりのどこがヒンジだよ
オマエはフレームが剛性不足でしなったら、ヒンジと言うのか?w
ヒンジってのは日本語では蝶番
ドアの可動部に付いてる金具の事だぞ?
軸を中心にパタパタするのがチョウチョに見えるだろ?
で、お前はスポークのしなりがチョウチョに見えるのかね?w
あと、コーナリング中にリムが倒れ込もうとするのを理解出来ないのが、もう机上の空論丸出しだよw

360ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 03:26:37.81ID:MGWiWfad
>>348
コーナリング中の車体の傾きを真っ直ぐに立て直せるのはフレームのジオメトリーのお陰であって、
傾いたホイール自体はそのまま倒れようとしてるんですよ
だからホイール単体でも10円玉でも転がした時、一度傾いたら勝手に真っすぐに立ち直る事はないだろ?

>>351
外側(上側)のリムが擦る事はないよ
癖なんて関係ない

>>354
その理屈ではリーンウイズならコーナリング中に滑る路面を通過しても問題ない事になるが、勿論そんな事はない
遠心力で外側にスリップする
グリップしてる間はこの外側に飛ばそうという力にタイヤが耐えているという事
つまりタイヤに横荷重は発生している
はい、論破

361ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 04:30:50.91ID:YmKWOAQo
>>360 『はい論破』は古い上に、今となっては馬鹿っぽいんで控えた方が良いぞ。
タイヤが発生させている求心力と遠心力の関係を、少〜し勘違いしているかも。
横からだが、チョットおさらいするよ。

自転車を含む物体ってのは、基本的に放っておくとその場でずっと静止している
か、既に動いている場合にはそのまま速度を変えずに直進(等速直線運動)しよう
とする。ここまでは良い?

で、ある意味"不自然な"  円運動=例えばコーナリング、をするには何がしか
力を加えなくてはいけない。どんな風に力を加えるのかと言うと、円の中心に向かう
内側に向かって引っ張る力を、半径の直線に沿うような向きで "加え続ける" 
必要がある。求心力と言ってるね。

362ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 04:32:20.16ID:YmKWOAQo
ここからなんだが。
本来、まっすぐに進みたい自転車と俺なのに、タイヤによって真横向きに力を
加えられるもんだから、体を押されたみたいな感覚になるわけだ。
車に乗っていてブレーキを掛けた時に、前に向かってグッと押される感覚と
本質的には同じ物なんだよ。このての力の事を慣性力とカテゴライズしたりしてる。
遠心力はタイヤが戦っている相手と言うよりは、タイヤが求心力を発生させた時
に俺たちが感じる慣性力なんだな。

この求心力、どこに働くかと言うと、俺たちの重心点に働く。本来は真っすぐ
進みたいわけだからね。
言い方を変えるなら、自転車とタイヤはコーナー内側に寄ろうとして、しかし
俺の体は真っすぐのコースに残ろうとするわけだ。

363ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 04:34:01.28ID:YmKWOAQo
で、それじゃあ倒れちゃう。
というわけで、俺たちは もう無意識の内にコーナー内側に向けて体を傾けて
バランスをとるわけだ。

どうバランスをとる?
俺たちの体の重心点は知っての通り地面から結構高い位置にある。タイヤの接地
している点は高さ0。正面から見ると1本だけの竹馬に乗っているみたいだよな。
接地点の真上に重心点が来るようにしないと、ずれたサイドの方へ倒れちゃう。
今回は俺の体に遠心力が加わっているんだから、その分を加味して遠心力の逆側
に少し傾ける。遠心力が俺の体に加わり続ける限り、丁度良く傾けないとね。

これは結果論なんだが、上記な身のこなしをすると、タイヤとしては直上から
力が加わるような方向に修正されているってわけでタイヤ接地面横向きな力は
ほとんど加わらない結果になるんだよ。

364ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 04:52:37.65ID:YmKWOAQo
スマン!
>>362
× この求心力、どこに働くかと言うと、〜
○この遠心力、どこに働くかと言うと、〜

365ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 07:40:20.04ID:Psafzd8f
>>345
理解できるように簡単に書いてる積りなんだが低脳には難しいかな?w
ヒンジってのは構造力学での呼称だからお前には難しかったよなwww

コーナリング中はタイヤがグリップしてて、ホイール真ん中のアクスルに重量が掛かかってる。
これは理解してるよな?

でコーナリング中、スポークが緩んだ状態でアクスルに荷重掛けていったら、タイヤがグリップしてる部分を支点にして、スポークがたわみながらリムを垂直方向に立てようとする力が働く。
これはリーンインだろうがリーンアウトだろうが変わらない。

よって擦れるのは上側のシューで、下側が擦れるなんて事は絶対に有り得ない。
おまえの主張は机上の空論にも成り得ない謎理論w
有り得ない謎理論でドヤるマジモンのバカw

366ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 07:57:40.89ID:Psafzd8f
>>359宛の間違い

367ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 09:52:49.11ID:MGWiWfad
>>363
いくら空論ほざこうが、コーナリング中に滑る路面を踏めば、
リーンアウトだろうがリーンウィズだろうがリーンインだろうが、
タイヤはコーナー外側に向けてスリップするという事実は否定できんよ?
勿論、この力は滑る路面以外でも働いている
接地面に外側に飛ばそうという力が掛かっている(通常はグリップ力が上回るからスリップしないだけ)という事は、
車輪にそういう力が掛かっているという事
あと、ここで言うスポークテンション下げた車輪は単体で旋回してる訳じゃない
ハブ軸を通じて車体及び乗り手の荷重が掛かっている
荷重が掛かった状態でスポークがしなる範囲内で接地面側のリムがどちらに動こうとするかといえば、当然倒れ込む側だ
乗り手が車体を起こそうとしない限り、車輪は倒れ込もうとしてる訳だからな
となれば、接地面の反対側、ブレーキシューがあるところがどちらに動こうとするかはバカでもわかる
勿論、コーナー内側に向いた下側のリムにシューが当たる
ホントにバカですねw

蝶番バカはどこ行った?w

368ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 09:57:03.97ID:95rvGXzH
いい加減にしろよ
スレ違いだろ
改造しろよ
ヤドカリはあれだな

369ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 09:58:33.35ID:95rvGXzH
ヤドカリはフレーム気に入らなくなったら
次のフレームに引っ越すんだな

370ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 10:00:05.24ID:Psafzd8f
>>367
お前ホントどうしようもないバカだなw
しかも今度は「スリップ」で逃げたのかw
スリップし続けててたら倒れるに決まってし、論点はそこじゃないだろ低脳w

仕方ないからバカに分かるようにもうちょい分かりやすく訂正してあげるよw


スポークが緩んだ状態でバンク。
      ↓
アクスルに荷重(イニシャルロードにプラス遠心力)がどんどん掛かる。
      ↓
タイヤのグリップ点より上には遠心加速度(角速度の二乗に比例して大きくなる)が発生する。
つまり上方向に行くに従って大きくなる。
      ↓
スポークがたわみ始めの部分(ヒンジ)から遠心加速度に比例してたわみ量が増える。
上記現象から、アクスルより上のリムは外側(上)方向にたわみ、アクスルより下のリムは内側(下)方向にたわむ。

よって、コーナリング中にスポークを緩めたリムは、見かけ上、垂直(極端に言えばS字状)に立とうとする。
ブレーキシューが擦れるのは上側であり、下側では無い。


順動力学使わなくてもマルチボディダイナミクス使うまでもなく、こんな事は考えなくて分かりそうなもんだが、蝶番とか揶揄してる低脳には難問なんだろうなw
お前が「コーナリング中にリムは倒れ込もうとする! 下側のシューが擦れる」と妄想謎理論をいくら必死に唱えても、動力学で証明されている現象や理論を変える事は出来ないんだよw

371ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 10:14:47.44ID:uHKElRl8
伸びてると思ったら何か変なの湧いてるなあ
>>367はスポークがゆるんだ状態じゃなくてハブシャフトがゆるんだ状態の現象だね

372ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 10:31:01.87ID:Psafzd8f
>>371
その通り!w
作用点であるアクスルの筈なのに、アクスルが支点の現象にすり替わってるんだよねw

373ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 11:26:03.87ID:pXMY15YF
テコの支点力点なんて人間の都合で決めてるだけなので、実際の力学とは関係ないでしょ。

>>367
何故いきなりスリップさせるの?
微小スリップが断続しているところまで含めてタイヤの横グリップとする、くらいの視点でないと辛い。

>>371-372
ハブ周りが緩んでも、スポークが緩んでも同じ事だよ。
ハブを中心にロールする自由度が大きくなるという点で全く同じ。

だから、一方的に>>370の結論になるわけではない。
まず、リム・ホイールは充分に軽量なので単体の加速度や力を考える意味は無い。
一次的には、フレーム重量、乗員重量がかかる「ハブ」「接地点(面)」、剛体であるリム、これらを考慮する。

「コーナーでリムとブレーキが接触する」ことを解析するのに、リムやホイールの遠心力とかは微小すぎる要素。二次未満。
剛体リムの、ハブを中心としたロール回りの自由度が主要素。

で、何故いきなりパンクさせるの?

374ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 12:11:57.32ID:hFNdRfKg
>>347
強いて言えばカップ&コーンは玉あたりがし易いので自力整備の感覚が得られることかな(お守りに近い)
でも防水性がかなり低いからカートリッジの方がノーメンテでママチャリ向け、大手も消耗品扱いで交換推奨だし

ただ現実はゴリっても気にしない人が殆どだからカップ&コーンの方が安くて優勢なのは残念

375ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 12:29:14.67ID:Psafzd8f
>>373
おいおいおいw
あんたも何を訳の分からない事を言ってるんだ?w
テコ?
テコの支点力点?
何処にそんな事が書いてる?w
変な脳内変換するなよw

ハブ周りが緩む=スポークが緩んでると同じ事を言ってるんだと思うが、それとアクスルが緩んでる時の現象が同じ訳がなかろうw

リムが軽量だから加速度や力云々?w
パーツ含め物体個々の質量で遠心力を説明するより、個々の物体を特定しなくてよい遠心加速度という一定の値で話したんだが、遠心加速度という概念を理解してから出直してこいw

それと、パンクしてるって何だよw

376ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 13:25:49.32ID:ruudHuct
>>373
> ハブ周りが緩んでも、スポークが緩んでも同じ事だよ。
> ハブを中心にロールする自由度が大きくなるという点で全く同じ。

ハブがゆるんでいたらハブを中心に動くだろうけどスポークがゆるんでいたらハブは動かないんだからスポークの伸びたりたわんだりする部分が中心になって動いてるってことじゃないの?

>>375
その遠心加速度って回っているタイヤホイールのことじゃなくてコーナーリングしてる自転車のこと?

377ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 15:58:24.65ID:H+UUthRR
>>375
お前童貞?仕事は?

378ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 18:19:02.37ID:0sY/Vt8c
ブレーキが壊れててゆるゆるだったんだよ
もうそれでいこう

379ツール・ド・名無しさん2018/07/14(土) 23:54:55.34ID:YmKWOAQo
>>367
> いくら空論ほざこうが、コーナリング中に滑る路面を踏めば、
> リーンアウトだろうがリーンウィズだろうがリーンインだろうが、
> タイヤはコーナー外側に向けてスリップするという事実は否定できんよ?
> 勿論、この力は滑る路面以外でも働いている
> 接地面に外側に飛ばそうという力が掛かっている(通常はグリップ力が上回るから
> スリップしないだけ)という事は、車輪に "そういう力" が掛かっているという事

これな。 "そういう力" 
よく見る表現、『横Gにタイヤのグリップが負ける』
でも俺達そろそろ、この錯覚と言うか、おそらくメディアとかが
使う常套句に騙されるのを止めようぜ。

旋回をする為には、直線運動をする自転車(というか物体)に対して、進行方向
真横向きの力、求心力を加えて軌道をねじ曲げ、周回運動にする必要がある。
この力、実は当のタイヤが作ってる。遠心力はそのタイヤの力によって
無理やり旋回をさせられている俺たちが感じている力なんだ。
 "そういう力" ってこの遠心力の事言ってんだろう?

求心力の発生を止めて、つまり旋回を止めれば遠心力も消える。それはタイヤが
何かに負けたとかではなくて単にコーナリングのための仕事をしなくなっただけの事。
ステアリングを切れば旋回を始めるし、遠心力も(俺たちに)かかる。
ハンドルを中立に戻せば、タイヤは求心力の発生を止めて直進運動に戻るし
遠心力も無くなる。

じゃあ、コーナリング中にもかかわらず唐突に旋回が中断されてスリップ
したりコースアウトしたりする時には何が起こってるのか?
それは今まで求心力を発生させていたタイヤが、「あれっ?地面すべる…
これ以上求心力を発生させられないze」っつって仕事を止めたんだな。
だからよく見るとコーナーリング中に転倒なんかすると、アウト側に
飛び出すというより、せっかく旋回してたのに転倒の瞬間から直進で
ダーーッ!と滑ってゆく。

380ツール・ド・名無しさん2018/07/15(日) 00:07:20.61ID:DFBDDMxn
>>379
それが遠心力だろ

381ツール・ド・名無しさん2018/07/15(日) 01:26:12.04ID:qX8djZxg
>>379
遠心力か向心力(=求心力)というのは、座標変換で切り替わる話なので、どっちでも良いし、どっちでも正解だよ。

静止座標系やら等速直線移動している座標系から見ると、向心力が観察される。
等速円運動している座標系から見ると、遠心力が観察される。
それだけの事。

少し話が変わるけれど、、、
「遠心力は見かけの力」というの表現に騙されて、「遠心力は実在しない」って思ってる人が若干いるような気がする。
力覚計でも体重計でも、力を測る計測器であれば実際に計測できる力。
計測できるモノは実在するモノ、とするのが現代科学だと思う。
それに疑問を挟むのは哲学屋さんの仕事で、自転車愛好家の仕事では無いと思うよ。

382ツール・ド・名無しさん2018/07/15(日) 01:45:12.36ID:bnP61ocO
>>381 そう。
ただそれ以上に気になるのは、タイヤやグリップ力は遠心力なる力と戦っていて
それを押しとどめる事が出来なくなると負けて、ダムや堤防が決壊するかのように
スリップやらスピンやらコースアウトに至る、のように考えている人が多そうだなと。

かく言う俺も、昔高校で力学を習う前のリアル厨房の頃はそんな風にイメージしてた。
「もっとグリップを!遠心力に負けないためにぃっ!」のような。
落ち着いて、コーナリング中に働く力のそれぞれが、どんな由来からの物で、どんな
種類の力で、どんな性質を持っているのか、整理してゆくと、意外とシンプルだったり
加減速の現象の仲間だったり面白いんだけどね。

ただ、レース物の読み物だったり漫画だったりとかと比べて随分とイメージの違うもの
なんで、最初は違和感もあるし そのせいでとっつきにくいと思う人も多いのだろうけれど。

383ツール・ド・名無しさん2018/07/15(日) 02:03:53.35ID:qX8djZxg
>>376
> ハブがゆるんでいたらハブを中心に動くだろうけどスポークがゆるんでいたらハブは動かないんだからスポークの伸びたりたわんだりする部分が中心になって動いてるってことじゃないの?

走行できなくなるほど緩んでたら別の話かもしれないけれど、
何らかの条件下でリムとブレーキシューが接触する、程度の緩みなら同じだよ。

何故か。

ハブのOLDを92mmとして、ベアリングの間隔は70mm程度。ホイール中心からの距離は35mm程度。
一方で26インチのホイールの直径は330mm程度、リムは300mm程度。
その比はおおよそ8.5.

仮に、【平行移動】で1mm移動できるような緩みが車軸またはスポークにあったとすると、【回転移動】ではリムは8.5mm程移動できる。
この回転というのは、車輪が通常回転するピッチ方向の回転でない、ロールやヨーの回転の事。
ママチャリの前輪であれば、ホイールがロール方向に回転すると、シューとリムが勝手にこれすれる事になる。

「スポークが緩んだら前後左右上下にホイールが動く」
なんて事はなくて、
「スポークが緩んだら、ヨーやロールにホイールが動く」というのが、先に観測される。一次的要素。
これはつまり、ハブ中心にホイールが動くという事。

車軸やその周辺の緩みもこれと同じ。

384ツール・ド・名無しさん2018/07/15(日) 02:10:40.35ID:qX8djZxg
修正
× 一方で26インチのホイールの直径は330mm程度、リムは300mm程度。
〇 一方で26インチのホイールの半径は330mm程度、リムは300mm程度。

単なる表記ミス。その前後の計算は修正無し。

385ツール・ド・名無しさん2018/07/15(日) 08:33:45.31ID:ln7MWkL1
>>382
遠心力ってコリオリ力と同じ「見かけの力」だしな。

つーかまだやってたのかおまえらwww
心が熱くて結構なことだがな。

386ツール・ド・名無しさん2018/07/15(日) 15:08:05.34ID:nV6e5jWv
NG にしたいからID 変えて長文連投してる奴は
暫定でも良いからコテハンにしてくれ

387ツール・ド・名無しさん2018/07/15(日) 16:33:42.85ID:l/vIEu7B
>>383
毎回長文で屁理屈こねまくって適当なこと吹いてるけど精神病質者なのか?

388ツール・ド・名無しさん2018/07/15(日) 17:08:38.36ID:qX8djZxg
どこが屁理屈で、どこがテキトーかな?

高校レベルの力学で屁理屈やテキトーかます事は無いので、
間違ってる箇所があったら指摘してよ。
間違ってる箇所とその理由が記述されない以上、間違ってないと考えた方が合理的でしょ。

「全部テキトー!」っていう素敵回答だったら、精神病質者なのがどちらなのかはっきりするし。

ここまでで印象的な反論は>>333>>334>>349
>>333>>334はカーブで横荷重がかからない事を理解している。
>>349は単純に面白い。

>>343 カーブでホイールが寝る方向に横荷重がかかる。
>>337>>338>>342 カーブでホイールが起きる方向に横荷重がかかる。
両方の意見が出て来たよね。
摩擦力だけがタイヤに作用すれば、ホイールは起きる方向に荷重がかかる。
垂直抗力だけがタイヤに作用すれば、ホイールは寝る方向に荷重がかかる。
二輪車固定の座標系では、この2つの力の横成分は真反対で、しかも釣り合ってる。
釣り合ってるから二輪車は円旋回が出来る。
二輪車固定の座標系では、この2つの力の縦成分は、重力よりも少し増えている。縦荷重は増える。

どこがテキトーでどこが屁理屈なのか、指摘してみてよ。

389ツール・ド・名無しさん2018/07/15(日) 17:23:25.23ID:nSjLhWj5
>>388
「スポークが緩んだら前後左右上下にホイールが動く」
なんて事はなくて、
「スポークが緩んだら、ヨーやロールにホイールが動く」というのが、先に観測される。一次的要素。
これはつまり、ハブ中心にホイールが動くという事。

車軸やその周辺の緩みもこれと同じ。


これは明らかに物理法則に反してるよな
スポークがゆるんでなぜハブ中心でリムがロールするんだ?
スポークにゆるみがないならハブ中心にホイールが動くだろうけど、ゆるんでいたらしなった所から中心にリムがたわんでいくだろ
車軸がゆるんだ状態と同じわけがない

390ツール・ド・名無しさん2018/07/15(日) 17:33:55.79ID:B4aQkAhb
頼むからスレタイを読もうな、改造と無縁のマウント合戦は他所でやってくれ
あと軸やスポークが緩んだら〜とか前提が低レベルなのも結構恥ずかしい

391ツール・ド・名無しさん2018/07/15(日) 22:05:21.62ID:4cDXQ91D
リーンウイズなら滑る路面でも転倒しないクンはバカなの?

392ツール・ド・名無しさん2018/07/16(月) 02:34:51.97ID:d68OiQrM
>>379
>「あれっ?地面すべる… これ以上求心力を発生させられないze」
っつって仕事を止めたんだな。

じゃあなんでそれ以上向心力を発生させられなくなるの?
地面がすべる理由は、タイヤのグリップの許容量の上限を越えたからじゃないの?

393ツール・ド・名無しさん2018/07/16(月) 02:49:49.05ID:PQFgW+23
BB 換装であらためて思ったのは
軽快車のカップアンドコーンの BB のコスパは半端ないな
軸長 10mm短縮も元のパーツでも実現可能だったろうし

394ツール・ド・名無しさん2018/07/16(月) 05:29:50.29ID:r/BxpRVK
>>389
カーブでの横荷重の話が幹だったので、これは枝葉だが。

スポークが均等に緩んだとき、平行移動できる範囲は小さく、回転移動できる範囲の方が大きいと書いた。
ハブで固定されたホイールに対して、路面からの横荷重は大きなモーメントとなるので、やはりこれもロールが大きくなる要因となる。
リーンインにせよ、リーンアウトにせよダンシングにせよ、横荷重をかければロールが圧倒的に大きく、リムの上と下は反対方向に動く。

395ツール・ド・名無しさん2018/07/16(月) 05:53:33.37ID:r/BxpRVK
>>379 >>392
「グリップが横Gに負けた」って表現はまずまず正しい部類だろう。
単位というか次元が曖昧だが。

遠心力の概念を無くすと力学の計算が煩雑になることが多いので、使える場面では使うべきかと。

396ツール・ド・名無しさん2018/07/16(月) 08:06:07.52ID:pLeum4S4
>>394
まんま>>370の書いてる通りじゃん

397ツール・ド・名無しさん2018/07/16(月) 12:40:32.31ID:ZQUH+hek
>>370
おや、コーナリング中に横荷重なんて発生してないというなら、スリップして転倒する事なんてないんじゃないかね?
また、旋回中のホイールに直立に戻ろうなんて力は発生していない
だから、車輪や10円玉を転がした時、一度傾いたら再び直立に戻る事はないだろ?
旋回中の傾いた車体が元の直立に戻るのは、フレームのジオメトリーの効果
つまり車体が直立に戻ろうとしてるのであって、車輪単独が戻ろうとしてる訳じゃない

バカめ

398ツール・ド・名無しさん2018/07/16(月) 13:18:11.26ID:MWezlo5L
>>397
あほだなぁ
通常のコーナーリングの話とスポークが緩んでる前提での話を一緒に考えてる時点で察しだけど、リムがフニャフニャならタイヤがグリップしてる限り車輪が起き上がろうとして、プラス、遠心力で車体も起き上がるってのが正解だろう
どっちがバカなのか明らかで恥ずかしすぎだろあんた

399ツール・ド・名無しさん2018/07/16(月) 13:18:42.19ID:2kjGWc+A
【自民が推進、原発の被爆死ラッシュが止まらない!】 サニーデイ・サービス丸山晴茂、食道静脈瘤破裂
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1531659296/l50

400ツール・ド・名無しさん2018/07/16(月) 16:37:58.84ID:r/BxpRVK
>>396
違う。

>>370はリムが遠心力でS字変形すると書いている。
>>394はリムは剛体のまま、スポークの緩みでロール変位するだけで説明。

リムの部位毎に違う遠心力に由来するリムの変形、これは微々たるもの。

401ツール・ド・名無しさん2018/07/16(月) 16:56:02.87ID:r/BxpRVK
>>397 >>398

これは397の表現が独特で本意を組みにくいが、本意は恐らく正しい。

一方398は間違っている。重力を忘れている。
倒そうとする重力、起こそうとする遠心力。これが釣り合っている。
ホイールも自転車も乗員も、起きようとも寝ようともしていない。
>>337 >>338 >>342 >>398
自転車が傾いてるんだから、「ホイールへの横荷重」は重力も考慮しないといけないよ。

402ツール・ド・名無しさん2018/07/16(月) 17:41:24.51ID:2LrT5KV8
>>400,401
おまえらあほすぎだろ
横荷重に重力がなんだって?w
机に消しゴムを斜めに押し付けて押したら下側は垂直方向に立つわな
この場合、消しゴムを持つ指が車軸で、たわんだ部分がスポークだ
車軸には荷重(重量)=質量x重力が掛かってて垂直抗力は重量と一緒なんだから、おまえの言う「ホイールへの横荷重は重力も考慮しなきゃいけない」っておかしな話だぞ
それと>>370の話で出てる遠心加速度ってのは、ホイールの回転の遠心加速度じゃなくてコーナーリングの回転半径に掛かる遠心加速度の事だろ

新着レスの表示
レスを投稿する