Q.E.D. iff -証明終了-、C.M.B. 他、加藤元浩総合スレ Part36

1作者の都合により名無しです2018/02/09(金) 19:58:28.93ID:/mw/VWUw
Q.E.D. -証明終了-、Q.E.D. iff -証明終了-、C.M.B. -森羅博物館の事件目録-、ロケットマン他、
加藤元浩先生の作品の総合スレです。

前スレ
Q.E.D. iff -証明終了-、C.M.B. 他、加藤元浩総合スレ Part35
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/ymag/1488664450/

蹴りペンギン(作者サイト)
http://qedcmb.main.jp/

掲載誌がやや手に入りにくい(というか休刊もよくある)ことと、
作品の性質上、Q.E.D.については単行本発売までネタバレ禁止です。
スレが荒れる要因ですので、ネタバレルール改変議論は控えて下さい。
(以前はQ.E.D.のネタバレ専用スレがありましたが、DAT落ちしてしまいました)

なお、C.M.B.については、月刊マガジン発売日(毎月6日頃)に解禁という慣習になっています。

過去ログは>>2
また次スレは>>980-990が立てるようにして下さい

「あんたよく終了間際に平気でスレ立てできるね」
「2ちゃん史上あらゆる板でスレは立てられてます」
「そりゃそうだけど・・・・」

287作者の都合により名無しです2018/06/21(木) 14:44:42.90ID:uZ//XGUJ
>>285
その不合理な行動をあえてとる合理性も考慮してるんだろう

288作者の都合により名無しです2018/06/21(木) 16:26:10.22ID:JVm56OiI
失踪してから30年間何をやって暮らしてたんだろ

289作者の都合により名無しです2018/06/21(木) 17:11:48.62ID:MTTXk/0W
>>284
それ帰納法やない、消去法や

290作者の都合により名無しです2018/06/21(木) 19:36:25.75ID:4drHNHa8
>>289
帰納法でいいんだよ。
答えの可能性を先にだしといて消していくんだから。

291作者の都合により名無しです2018/06/21(木) 23:42:01.94ID:GZU7NQBP
>>290

帰納法って、複数の個別の事象・条件から一般的法則を推論することだろ
「ソクラテスは死ぬ、プラトンは死ぬ、アリストテレスは死ぬ
ソクラテスは人間だ、プラトンは人間だ、アリストテレスは人間だ
だから人間は死ぬ」
科学的手法ではあるが100%正しいとは断言できない

トウマはどちらかと言うならむしろ演繹法だろう
数学者だから
成功してるかはともかく

292作者の都合により名無しです2018/06/22(金) 01:26:32.32ID:i5PFQRPy
>>291
数学的帰納法じゃないの?
先に推測の答えだしといて、全ての事象においてその答えにたどり着くかを証明するやつ。

293作者の都合により名無しです2018/06/22(金) 12:30:02.31ID:R/6N1JEL
>>292
ググったら数学的帰納法はそういう名前だけど演繹法の一種らしいな

294作者の都合により名無しです2018/06/22(金) 12:32:18.64ID:R/6N1JEL
てかどっちにしても>>284>>290の書き方は数学的帰納法でもないような
可能性を消してくって違くない?

295作者の都合により名無しです2018/06/22(金) 13:29:57.01ID:+XMeZ2Pe
>>294
高校で習った数学的帰納法ってそんな感じじゃなかった?
反例がなく、全ての実数で成り立つことが証明されて答えになるってやつ。
可能性を消していくっていうより、仮定の答えを消していって消されなかった残りの答えが証明って感じで。

容疑者ってのは答えに相当していて、答えから逆算してるって意味では数学的帰納法かなと思う。

296作者の都合により名無しです2018/06/22(金) 15:48:19.02ID:cKxTuwLq
違います。

297作者の都合により名無しです2018/06/22(金) 15:51:29.13ID:Zv43J43T
じゃあ証明してみろや

298作者の都合により名無しです2018/06/22(金) 16:05:39.68ID:cKxTuwLq
>>295
数学的帰納法は、

ある法則があらゆる場合で成り立つことの証明方法の一つで、
確か自然数(1,2,3,‥)が対象

1の時成り立つ、
ある数字で成り立つならその次の数字でも成り立つ、
だから
1.2.3.‥で全て成り立つ、

ってのが帰納法。

299作者の都合により名無しです2018/06/22(金) 16:10:51.45ID:cKxTuwLq
あと、

ある数式がxの数によらず
必ず、2以上になるここと、と
x=4のとき、その2になること
の二つをしめして、
その数式の最小値は2、とする方法とかあったな。

身近な例でいうと、
AKBは、全員5歳以上ですってのは正しいが、
それだけでは最年少が5歳とは言えないってこと。
(実際最年少は15とかでしょ?)

300作者の都合により名無しです2018/06/22(金) 16:14:13.17ID:i5PFQRPy
>>298
> ある数字で成り立つならその次の数字でも成り立つ、

さらっと流してるけど、数学的帰納法はこれを証明するのがポイントなんだろ。

全てにおいて成り立ったら犯人って考え方かな。
途中で犯人だとあり得ないことやってるやつは犯人じゃないって。

301作者の都合により名無しです2018/06/22(金) 16:16:57.75ID:cKxTuwLq
>>300
すまん、何を言ってるかよくわからん。


流したつもりはないが、
確かにわかりにくい文章だ

1の時成り立つ、
ある数字で成り立つならその次の数字でも成り立つ、
この二つを証明することで、
だから1.2.3.‥で全て成り立つ、
っていう証明方法が数学的帰納法。

と訂正させてもらおう。

302作者の都合により名無しです2018/06/22(金) 18:37:18.76ID:vl5115BL
wikiとか見た感じだと数学的帰納法は>>301の通りで、ここでポイントとなるのは、その次の数字でも成り立つ、つまり「ドミノ倒し」であるという点だと思われる
>>295の最後で言ってるのは、近いのは対偶証明法とか背理法とかじゃないかな

ちなみに以下、帰納法についてwikiから引用
使い方を誤ると真逆の意味になるから注意が必要だね

>帰納(きのう、英: Induction、希: επαγωγή(エパゴーゲー))とは、個別的・特殊的な事例から一般的・普遍的な規則・法則を見出そうとする論理的推論の方法のこと。
>演繹においては前提が真であれば結論も必然的に真であるが、帰納においては前提が真であるからといって結論が真であることは保証されない。
>なお数学的帰納法・構造的帰納法・整礎帰納法・完全帰納法・累積帰納法・超限帰納法などの帰納法は、名前と違い帰納ではなく演繹である。

303作者の都合により名無しです2018/06/22(金) 22:32:00.93ID:gvgRurG5
2m90cmの人に会って、
「良かった、3m以上の人間は居ないんだ!」と喜ぶのが数学的でない方の帰納法

304作者の都合により名無しです2018/06/23(土) 00:54:48.74ID:lwEcQCOL
MIT卒業してない人に燈馬君並みの分かりやすい解説は期待するだけ無理だということだ

305作者の都合により名無しです2018/06/23(土) 01:26:45.86ID:1EVsZgAf
>なお数学的帰納法・構造的帰納法・整礎帰納法・完全帰納法・累積帰納法・超限帰納法などの帰納法は、名前と違い帰納ではなく演繹である。

ここまで来ると文学の演繹・帰納という定義の方が間違ってるんじゃね

306作者の都合により名無しです2018/06/23(土) 02:01:16.93ID:QQ9k6/s5
>>303
なんだっけそれ
QEDであったよね
なんの話のときだっけ

307作者の都合により名無しです2018/06/23(土) 02:54:28.78ID:A14d6tqG
>>306
パラドックスだよ

308作者の都合により名無しです2018/06/23(土) 11:36:37.33ID:CBHta1zD
あ、背理法だ!

「〇〇は存在する」
「××と仮定する。そうすると成り立たない」
でも〇〇は存在する、
だから、××でない方がだだしい。

みたいなやつ。

√2は、分数で表されるかどうか、という命題に対し、
分数とすると、成り立たない
でも√2は存在する、
だから、分数で表せない数である、みたいな

309作者の都合により名無しです2018/06/23(土) 15:19:55.72ID:guBoNSgi
>>307
ありがとう
33巻だね。死んだ男の関係者に男の印象を尋ねると全部バラバラだったってやつ。
ザックリ読み返したけど、なんで灯馬が巨人の話(>>303)をしたのかよくわからなかったw
パラドックスは論理の中だけでなく人の心理の中にもある、ってことだったけど…

310作者の都合により名無しです2018/06/23(土) 15:23:37.43ID:JC+gLw+Z
ハイリハイリフレ背理法ハッハッハッ

311作者の都合により名無しです2018/06/23(土) 16:04:29.15ID:a4xTiTtQ
おぉーきくなれよぅ?(何が?)

312作者の都合により名無しです2018/06/27(水) 13:11:20.27ID:8UR2xC7a
遅ればせに CMBの新刊読んだんだけど
聖杯云々の謎や森羅たちの冒険より ホーコン4世 本人自体が不思議がってたけど
なぜスノッリをあの場で殺さなかったのか動機が判らん 
英雄伝はあの時点で完成してたから 物書きとしての価値を惜しんでとも思えんし…

313作者の都合により名無しです2018/06/27(水) 13:18:14.64ID:WJtpgDdd
>>312
まあ、実在人物の話は想像じゃ語れない部分あるしね

314作者の都合により名無しです2018/06/27(水) 13:34:18.47ID:8UR2xC7a
スノッリのwikiを読んだ ・・・改変し過ぎだろwww
こんなんオリジナルすぎて動機不明だわw

315作者の都合により名無しです2018/06/27(水) 13:43:36.02ID:WJtpgDdd
ローマのコロッセオの地下にユダヤの財宝があるって話が最強のオリジナルかな。
ガチに存在したらイスラエルが進軍しかねん。

316作者の都合により名無しです2018/06/27(水) 22:21:08.23ID:CFTxhTOq
金田一中年が「くそっ、俺にも蘭ねーちゃんや水原さんみたいな戦力が居ればっ」な展開しててワロス

317作者の都合により名無しです2018/07/03(火) 02:19:47.81ID:eiRSHeak
今回のQ.E.Dのコンゲーム最高だったな…燈馬君基本最低限の干渉しかしない話も多いけど、
こういう対決モノだとホンマ頼もしいし見てて爽快なくらい完璧に勝利してくれるからもっと誰かとの対決モノ欲しいな…
ロキと一戦交えても面白いと思うし

318作者の都合により名無しです2018/07/05(木) 15:21:07.97ID:m7/T37Ni
弓道で起きた奇跡の一射 中心に刺さった矢に次の矢が刺さる
ttp://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1807/04/news118.html

バウンドぐらい普通に起きるような気がしてきた(錯乱)

319作者の都合により名無しです2018/07/06(金) 20:31:16.50ID:lDhhlcnB
今月のCMBは酷いな あれを謎だ不思議とか言われるのは流石に考えが抜けてる
とにかくあの女学生は運転免許とるのはやめた方がいい 直ぐ事故を起こすわ

320作者の都合により名無しです2018/07/07(土) 00:01:15.56ID:r5cLbGDI
もしかしてAピラーの死角のことを言いたかったかね?

321作者の都合により名無しです2018/07/07(土) 00:15:21.53ID:n7c0S2yR
ピラーだけの話じゃない 
物陰から人が出てくるかもという発想が出来ない奴に運転して欲しくない

322作者の都合により名無しです2018/07/07(土) 01:25:53.76ID:sdj/00De
>>321
微妙にズレてね?
車運転してるときは死亡事故につながるからかもしれない行動とるけど、
歩いてポストに手紙を出すときにそんな思考するかね?

323作者の都合により名無しです2018/07/07(土) 02:33:31.56ID:n7c0S2yR
なるほど 歩行者なら死亡事故には合わないから かもしれない行動は必要ないと

324作者の都合により名無しです2018/07/07(土) 02:56:25.46ID:EYpFcC0+
そのユニークな発言を本人の前で披露しますか?

325作者の都合により名無しです2018/07/07(土) 04:32:34.49ID:YrJlhRXT
なんか女学生ガーって言ってるアスペがいるけど、ラーメンおじさんと同級生達も同類じゃん
そいつらをスルーして女学生だけを責めるのは不公平だね

326作者の都合により名無しです2018/07/07(土) 10:16:41.59ID:sdj/00De
>>323
歩行中にうっかり誰か死亡させちゃうってあるかね?

327作者の都合により名無しです2018/07/07(土) 10:36:00.72ID:eTVvJhu6
>>326
ぶつかった拍子に車道に押し出しちゃった
転ばせただけだけど打ち所が悪かった

事故が発生するなら死亡事故も発生しうる
ただ歩行時の場合事件や事故で自分が死ぬかも知れないから
かも知れない歩行するって同期の方が強いかな

328作者の都合により名無しです2018/07/07(土) 14:44:35.69ID:9e5XOneS
>>325
女叩きしたいだけだろ

329作者の都合により名無しです2018/07/07(土) 16:01:47.53ID:sKdTUtd/
まぁ謎解きの出来は良くはなかったな
試着室覗きこまれたのと同時に外に出て逃げたとかよりはマシだったけど

330作者の都合により名無しです2018/07/09(月) 12:55:24.34ID:k7000Ymk
今月のCMBの感想、終わりッ!w
しかもほとんどは脱線してるし

331作者の都合により名無しです2018/07/09(月) 16:40:07.82ID:0mdNW6iE
単行本派ですけん

332作者の都合により名無しです2018/07/18(水) 19:17:47.65ID:J0A0JnUf
マイセン九谷さんを再登場させて下さい

333作者の都合により名無しです2018/07/21(土) 21:56:57.40ID:mlWf2qSR
陰火の犯人の動機がいまいちよくわからん

334作者の都合により名無しです2018/07/22(日) 00:07:46.83ID:Q0q8ZwFO
>>333
あんな素晴らしいスポーツマンだったやつが、殺人なんてするわけないってことにとりつかれてたんだろ。
単行本のもう一つの話と通じるところがあるな。
頭の中の絵の前では道徳も法も無力で、その絵は人を善悪の彼岸に連れて行くってやつ。

335作者の都合により名無しです2018/07/22(日) 00:10:14.97ID:SygqrCWw
>>334
なんでぶっ叩いたん? イラっときただけ?

336作者の都合により名無しです2018/07/22(日) 00:19:16.17ID:Q0q8ZwFO
>>335
裁判すらでたらめと言い切る盲信者に対して、
「裁判記録みたけど、あれはえん罪でもないし怨霊もでないよ」
なんていったから、怒りが振り切れたのが動機。

337作者の都合により名無しです2018/07/22(日) 00:58:49.61ID:SygqrCWw
>>336
この動機自体は問題編だけで推理できないよね?

新着レスの表示
レスを投稿する