債権法改正関連スレッド■02

1氏名黙秘2014/09/25(木) 00:00:12.64ID:???
いよいよ要綱仮案公表。債権法改正に関する情報を等を扱うスレです。

【前スレ】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1253447716/

161氏名黙秘2017/07/25(火) 22:52:23.24ID:gRYIs9JC
名前:氏名黙秘[] 投稿日:2017/07/25(火) 10:11:52.48 ID:aVKDt
改正に関する要綱仮案→改正法案→改正法
書名違うから〇版とかつけないのか

99%おんなじ内容なんだろ
たく、商魂たくましいな

やむを得ず買う人が多いんだけど

162氏名黙秘2017/07/28(金) 19:36:46.19ID:0ctB2t9o
それは改正法出版商法のデフォ

163氏名黙秘2017/08/01(火) 21:16:17.58ID:ZWssIzgu
改正民法を読む(仮)
松尾弘・著
(慶應義塾大学出版会)
価格:2,592円(税込)
発行年月:201709
ISBN:978-4-7664-2474-4

今年(2017年)5月についに成立した民法の大改正。長期にわたる
議論の結果、「民法および債権法のいったい何が変わったのか?」
そして「何が解釈・立法上の問題となったのか?」を、法学部生・
ロースクール生が自己の学習の延長として理解ができるよう解説
するテキスト。

164氏名黙秘2017/08/01(火) 21:29:09.08ID:N7A6/0Bw
契約法
中田裕康・著
(有斐閣)
価格:5,184円(税込)
発行年月:201709下旬
サイズ:A5/650ページ
ISBN:978-4-641-13731-8

現行法,民法(債権関係)改正後の新法,各規律を描写。従来の
蓄積や動きの上にある契約法の姿を精確に捕捉する信頼の体系書。

165氏名黙秘2017/08/01(火) 21:34:15.87ID:N7A6/0Bw
解説 民法(債権法)改正のポイント
大村敦志、道垣内弘人・編
(有斐閣)
価格:¥3,456円(税込)
発行年月:201709下旬
サイズ:46/520ページ
ISBN:978-4-641-13735-6

現行制度の概要から改正に至るこれまでの動きを丁寧に解説し,
何がどう変わるのか,債権法改正の全体像をつかむことができる。

166氏名黙秘2017/08/03(木) 16:06:57.28ID:UyKqo2Td
名前:氏名黙秘[] 投稿日:2017/08/03(木) 05:13:56.15 ID:PdWpB
ぽまいらはどれを買うの? それぞれの特徴って何だ

@山野目章夫『新しい債権法を読みとく』(商事法務)300頁、3,024円
A山本敬三『民法の基礎から学ぶ 民法改正』(岩波書店)128頁、1,296円
B潮見佳男『民法(債権関係)改正法の概要』(きんざい)376頁、3,456円
C松尾弘『改正民法を読む(仮)』(慶應義塾大学出版会)頁、2,592円
D大村敦志・道垣内弘人編『解説 民法(債権法)改正のポイント』(有斐閣)520頁、3,456円

167氏名黙秘2017/08/03(木) 16:19:01.58ID:UyKqo2Td
個人的にはDが記述にバラツキがなく内容が練られていれば
決定版としてこれを飼っておけば済むかもだが、

百選みたいな多人数の玉石混淆なら、厚いだけで使いづらい駄目本
どっちだろか

名前:氏名黙秘[sage] 投稿日:2017/08/03(木) 11:17:10.97 ID:Eb12G6PH
B潮見でいいんじゃないかな。既に出てる(仮案と法案)本の増補改訂版だから(内容が予測でき)
いくぶんプラスαが期待できる。

D(東大教授)大村、道垣内は”編”なのが気になる。どこまで二人が書いてるのか不明だし、
520Pなんて民訴の基本書でもあるまいし、おまけに9月下旬まで待つのか?

A山敬は逆に128Pで足りるのか不安。しかも、出版社情報によると「民法の基礎から話始める」なら
(一般人とか)初心者向けの本じゃないの?試験に対応できるか不安。

(地方or私大系)@山野目とC松尾には興味がない。
よってB潮見。

B潮見佳男 「民法(債権関係)改正法の概要」 
発売日: 2017/8/14
単行本: 376ページ

D大村敦志、道垣内弘人・編 「解説 民法(債権法)改正のポイント」
発行月:2017/09下旬
サイズ:46/520ページ

A山本敬三 「民法の基礎から学ぶ 民法改正」
発売日:2017/8/30
単行本:128ページ
出版社内容情報:「そもそも民法とはどのような法律なのか」。
そこから始めて、120年ぶりの大改正で「何がどう変わったのか」までを解説する画期的な本。

168氏名黙秘2017/08/21(月) 20:07:49.52ID:d1Dw43TT
Before/After民法改正
潮見佳男 (著)
税込価格:3,564円
出版社:弘文堂
発行年月:201709上旬

潮見、改正本乱発w

169氏名黙秘2017/08/25(金) 10:36:00.38ID:NPce0+Wh
○大きく変わる民法・債権法、そのポイントがわかる!
民法の基礎から学ぶ民法改正
山本敬三・著
(岩波書店)
A5判・並製カバー・たったの128頁
本体1200円
978-4-00-024895-3 C0032
9月26日発売

民法が120年ぶりに大改正された。法制審議会で改正に携わった著者が、
ド素人一般市民のために、「民法とは何か、なぜ重要なのか」から始めて、
「今回の改正は何をめざしているのか、具体的にどこが変わったのか」まで
町のオサーンオバハンに分かるよう丁寧に解説。

170氏名黙秘2017/08/28(月) 17:11:21.50ID:NuBzdsAS
Before/After 民法改正
潮見佳男、北居功、高須順一、赫高規、中込一洋、松岡久和・編著
(弘文堂)
判型・ページ数:A5 並製 504ページ
定価:本体3,300円+税
発行日:2017/09/11
ISBN:978-4-335-35709-1
Cコード:3032

232の具体的なケースで、改正の前後で、何がどう変わるのかがわかる!
改正の前後で、民法の解釈・適用に、どのような違いが生じるのかを、
シンプルな設例(Case)をもとに、「旧法での処理はどうだったか」(Before)
「新法での処理はどうなるか」(After)に分け、(有斐閣に対抗し)東大に逝け
なかった準第一線の民法学者および実務家が、わかりやすく解説。
根拠条文・要件効果の違いを示すことを第一義にし、実務においても学習に
おいても、まず、押さえておきたい基本を明示。新しい民法の理解が一気に
深まる注目の一冊!

171氏名黙秘2017/08/29(火) 11:28:54.24ID:aMN4xcwx
週刊東洋経済 9月2日号 『まるわかり民法大改正&個人情報保護法 』
(東洋経済新報社)

たった 690円
本日発売

172氏名黙秘2017/09/04(月) 22:07:55.61ID:ie4WeKzi
ライブラリ 民法コア・テキスト 4
「コア・テキスト民法IV債権総論 第2版」
平野裕之(慶應義塾大学教授) 著
(新世社)
予価:2,350円
発売予定:2017-09 中〜下旬
ISBN 978-4-88384-260-5 / A5判/約392頁

民法学修の「コア」を明快に説き,初学者から司法試験受験生まで幅広く
好評を得ている「ライブラリ民法コア・テキスト」を2017年の民法(債権関
係)改正に合わせ,内容を刷新・拡充! 本巻では,このたびの改正の
中核部分となる債権総論について解説を行い,新たな規定に対応して,
大幅な書き換えを行った.さらに図表を大幅に追加し,各巻のクロスリファ
レンスのリファインも行って新しい民法を一層理解しやすいものとしている.

173氏名黙秘2017/09/23(土) 21:39:51.20ID:sbkC06Ja
債権法改正を読む 改正論から学ぶ新民法
松尾 弘 著
(慶應義塾大学出版会)
A5判/並製/336頁
初版年月日:2017/10/13
ISBN:978-4-7664-2474-4
Cコード:C3032
税込価格:2,916円

▼民法は何がどう変わったのか? 理解できる改正民法の学びかた!
平成29年5月26日に成立した改正民法。その改正の内容は多岐にわたり、形式的な
文言の修正・補充から、現行規定の実質的変更、現行民法(改正前の民法)にない規定の創設、
そして、民法の基本思想に関わる修正も含む。

民法は何がどう変わったのか?
大きく変わった改正民法をしっかりと理解するためには、改正前民法から新民法に
至るまでの改正の流れを追うことが重要。本書は改正の過程から解き明かすことによって、
新民法への「変化」の理由、その内容を流れから理解できる決定版!

改正前民法を身につけていた実務家・ロースクール生の方はもちろん、これから
民法を学ぶ司法試験受験生や学部生・ロースクール生をはじめとしたすべての方に
向けた改正民法を学ぶ好著!

174氏名黙秘2017/09/25(月) 12:57:05.40ID:YtK0fugA
ジュリスト 2017年10月号(No.1511)
2017年09月25日 発売
定価 1,440円(本体 1,333円)

ようやく民法(債権法)の改正が成立しました。整備法の対象法律が200を超えるなど,市民生活においても,ビジネスにおいても,その影響は広範囲に及びます。
特集では,改正法の要点をピックアップして,改正内容の整理とともに,課題の検討を行うことで,これからの解釈論の出発点を提示します。
また,本号から,知財分野の若手研究者による1年間のリレー連載がスタートします。知的財産権に関する最新動向を,見開き2頁でコンパクトにご紹介いただきます。
さらに,本号から2号に渡って,波乱の第193回国会の概観を掲載します。あわせてご一読下さい。

【特集】債権法改正の要点
◇特集にあたって●道垣内弘人……14
◇債権法改正の経緯と概要●筒井健夫……16
◇履行不能の規律――プロセス変化の存否●池田清治……22
◇相殺――債権の牽連性●山田八千子……28
◇保証――保証意思の明確性の確保●白石 大……34
◇契約不適合責任のシステム――請負契約を中心に●笠井 修……40
◇定型約款の新規定に関する若干の解釈問題●山本 豊……46
◇歴史は繰り返す?――債権法改正とこれからの民法学●大村敦志……52
◇債権法改正と弁護士――金融法の観点から●井上 聡……54
◇債権法改正と弁護士実務について――一般民事実務の観点から●飯島奈津子……56

175氏名黙秘2017/09/25(月) 12:58:17.94ID:YtK0fugA
名前:氏名黙秘[] 投稿日:2017/09/25(月) 00:21:31.18 ID:aAo3be0V
>>174
買う価値はあると思いますか?

名前:氏名黙秘[] 投稿日:2017/09/25(月) 06:53:29.55 ID:z8waUNj0
ないと思う。
改正条文読みながら
潮見の民法(全)で十分

それ以上、研究するなら
ジュリスト買えばいいと思う

176氏名黙秘2017/09/28(木) 06:51:53.31ID:wnDvBBPj
おい、豊田賢司
法的措置はどうした?
0448502291

177氏名黙秘2017/10/07(土) 02:36:36.02ID:LtnnKDZT
中田契約法の間違いを見つけたよ。
改正前民法では請負の目的物の瑕疵担保責任には
無形の仕事の担保責任も含まれていたけど(新版注民16巻138頁)、
改正民法では、瑕疵担保責任が、種類・品質・数量・権利の契約不適合に
区分された。
なのに中田契約法では種類・品質の契約不適合の場面しか言及していない。
これでは無形の仕事の契約不適合(権利の不適合)が抜け落ちてしまう。

178氏名黙秘2017/10/07(土) 03:09:44.23ID:LtnnKDZT
中田契約法より引用(314頁)。
物の不適合:
引き渡された目的物が種類、品質又は数量に関して契約の内容に
適合しないものであるとき
権利の不適合:
売主が買主に移転した権利が契約の内容に適合しない者である場合
(権利の一部が他人に属する場合においてその権利の一部を移転し
ないとき含む。)

179氏名黙秘2017/10/07(土) 03:31:20.93ID:tF/BbYPC
あげ

180氏名黙秘2017/10/12(木) 17:55:28.11ID:s0mqviHC
何か一冊だけだったら

何がいいのか分からない。
何冊も買えない飼う金がない

181氏名黙秘2017/10/12(木) 17:57:42.20ID:KrYZIS30
>>180
今のところオススメは、

有斐閣から出た『解説 民法(債権法)改正のポイント』かな。

・執筆陣が豪華。少数精鋭。
・内容も比較的精確。
・コンパクトサイズで電車内で立ち読みできる。

182氏名黙秘2017/10/12(木) 19:34:29.49ID:P4gYBGG/
Amazonの潮見佳男「民法(全)」レビューで、「履行補助者の責任」にこだわってる人によると

高須など編「Q&Aポイント整理 改正債権法」(弘文堂)
日本弁護士連合会編「実務解説 改正債権法」(弘文堂)

この人潮見先生に恨みでもあるのか知らないが、以下コピペ

183氏名黙秘2017/10/12(木) 19:35:10.01ID:P4gYBGG/
○政府参考人(小川秀樹君)
 改正法案は債務不履行による損害賠償責任について学理的な争いに立ち入らないこととし、従来
の通説的見解からは過失責任主義の表れとされている債務者の帰責事由という要件をそのまま維持
しておりますほか、現在の実務上の取扱いに従って帰責事由の有無を判断する際の考慮事情を明確
化するものであります。
 したがいまして、改正法案は従来の通説的な考え方やこれに基づく実務運用などを否定するもの
ではないというふうに考えております。
-----------------------------------------------------------------------------------------
要するに、改正民法415条は「帰責事由の通説的な考え方」を否定しておらず、単に、帰責事由の有無
を判断する際の考慮事情を明確化しただけ。改正民法415条は過失責任の原則を否定した規定ではない、
というわけです。そうなると、論理的には、履行補助者の責任の理論もまた、従来の通説・判例は維持
されるということになります。はっきり言えば、本書のような、「過失責任の原則」否定派の説明は間
違いだ、と法務省の小川民事局長は明言したわけです。

そうすると、改正本を購入するなら、(本書ではなく)こうした国会審議の結論を反映させた書籍を購
入する方が有益でしょう(例えば、高須など編『Q&Aポイント整理 改正債権法』(弘文堂、2017年)
51頁、日本弁護士連合会編『実務解説 改正債権法』(弘文堂、2017年)110頁)。
これらには、履行補助者の問題を記述していないが、改正による変更がない以上、それは当然。
「潮見説は間違っている!」と明示していれば、理想的だけど。)

184氏名黙秘2017/10/12(木) 19:35:33.48ID:P4gYBGG/
<平成29年9月9日追記(その1)>
潮見など編『Before/After 民法改正』(弘文堂、2017年)について、本日、書店で中身を確認したの
で、「履行補助者の責任」に関して追記します。
『Before/After 民法改正』には「履行補助者の責任」に関する設例があり(114頁)、その解説者は
「潮見佳男」でした。案の定、潮見説のみで説明しており、国会審議の結果は全く反映していません
でした。説明は、『民法(全)』の記述程度で、しかも、(潮見説の)結論は、改正前の通説と結論
が異なるのか否かはっきりせず。これでは、「Before/After」ではなくて「Before/Before?」という
印象です。理屈は変わったと吹聴しても、結局、「結論は前と同じ」みたいなので。結論が同じなら、
潮見説を吹聴する意味はどこにあるのか、意味不明です。正直、心底がっかり。

「もしかしたら、潮見先生が編者ゆえ、(潮見解説だけでなく)全般的に国会の質疑を無視した、
デタラメ解説なのかもしれない。」と疑念を抱いたので、購入は止めることにしました。

185氏名黙秘2017/10/12(木) 19:36:11.84ID:P4gYBGG/
<平成29年9月9日追記(その2)>
潮見佳男『民法(債権関係)改正法の概要』(きんざい、2017年)について。
指摘するまでもないのですが、もちろん、潮見説全開で、国会の審議の結果は全く反映されていません。
部会審議の結論でも「過失責任の原則」を否定していなかったのに(日本弁護士連合会編『実務解説 
改正債権法』(弘文堂、2017年)107頁)、本書では勝手に「否定」しています。ですから、内容紹介
には、「部会審議や部会資料に沿って客観的に……解説」 「改正内容を『正しく』『しっかり』理解
したい法律関係者必読」とありますが、みごとに大嘘です。部会審議に沿った結論でもなく、間違った
解説なのですから。(大嘘を見抜くことができずに、『民法(債権関係)改正法の概要』を絶賛する読
者(レビュー)があるので、呆れます。)

一般的な改正法の解説書は、国会の審議の結果を反映させた、客観的な解説を心掛けるものなのですが、
なぜか、潮見先生は、どの書籍でも、(国会で否定された)自説に固執した「主観的な解説」をしており、
極めて不可解です。『民法(債権関係)改正法の概要』は、改正法に関する「潮見説の理解」や「間違った
理解」には役立ちますが、「客観的で正しい理解」をすることは困難です。

評価するならば、故意で間違いだらけの潮見佳男『民法(債権関係)改正法の概要』は★1が妥当です。
★5はありえません。装幀は立派だから、見栄えはするでしょうけれど。ともかく、「改正内容を正し
くしっかり理解」するためには、潮見佳男『民法(債権関係)改正法の概要』の購入は止めて、別の書籍
を購入するべきでしょう。

186氏名黙秘2017/10/12(木) 19:36:42.61ID:P4gYBGG/
<平成29年9月20日追記>
大阪弁護士会民法改正問題特別委員会編『実務解説 民法改正─新たな債権法下での指針と対応』
(民事法研究会、2017年)について。
この書籍は、「潮見佳男京都大学教授推薦!」との文字が表表紙あることから、予測できるでしょうが、
改正民法415条の箇所は、潮見説で書いているので、「間違った解説」になっています。<平成29年9月6
日追記>で指摘したように、国会審議の結論からすれば、潮見解説が間違っていることは明白なのに。
おそらく、編者である「大阪弁護士会」は、潮見先生との親交が深いので(民事法研究会のHPで、本書
の「立ち読み」参照)、「潮見解説は間違っている!」との指摘ができず、正しい解説を書くことができ
なかったのでしょう。

内容紹介には、「改正議論が始まった当初から新たな法制度、実務のあり方の検証をいち早くスタートした
弁護士らの10年に及ぶ研究の到達点!」とあります。しかし、「10年に及ぶ研究の到達点」が、間違い解
説を平気で披露することですか? 恥ずかしくないのでしょうか? 

この書籍は、Q&A方式の解説ですが、アンサー部分が冗長ですし(弘文堂の同様の書籍と比較すれば、
明白)、全体的に文章が下手なので、結論が分かり難い箇所が多々あります。もう少し文章力のある人に
執筆を頼むべきでした。間違い解説や下手な文章であることを考慮すれば、この本も★1です。

改正法解説本をいろいろ眺めると、潮見先生がかかわる改正法解説本だけは、どれも間違いだらけでした
(疲れるから指摘しませんが、間違いは多数あり。)。間違いを全く指摘できず、絶賛するレビューも問
題だけれど。「潮見佳男」という名前だけで妄信し、法律を学ぶ意義が良く分かっていないから、「絶賛」
してしまうのでしょう。潮見先生がかかわる改正法解説本を読むと、私なら「違うだろーー!」と叫びた
くなりますが。このようなことから、潮見先生がかかわる解説本は、すべて★1と判断し、購入は止め、
読むことさえも止めた方がよいと考えます。間違った知識を得たい方は別ですが。

187氏名黙秘2017/10/12(木) 19:37:21.81ID:P4gYBGG/
<平成29年9月24日追記>
注目すべき改正法解説について。
「NBL 1106(2017.9.15)号」では、「連載 立案担当者解説(第1回)」を掲載しており、そこでは民法
(債権法)改正を解説しています。(商事法務のHP上、)解説担当者として、「筒井健夫(法務省大臣
官房審議官)、村松秀樹(法務省民事局参事官)、脇村真治(法務省民事局付)、松尾博憲(法務省民事
局調査員(弁護士))、前田芳人(法務省民事局付)」の名前・肩書を明示していますので、(自説に
固執し、デタラメ解説を行っている、潮見先生と異なり)職務上、「適切な解説」を行うことが予想され
ます。

すでに「NBL」を定期購読している方は別として、「NBL」を改正法解説の連載が続く間だけ購入するか―
―コピーもいいけど――、いずれ改正法解説の連載部分が合本されるのを待って購入するか、どちらかを
選択する感じでしょうか。デタラメ解説本が売れ続ける現在、この解説は不可欠のものとなりそうです。
(ただ、平成17年会社法制定時の立案担当者解説は、自説を展開したアホな解説を行っていたので――あ
れで立案担当者解説への信頼が地に落ちた――、その二の舞を演じることだけは止めて欲しい。また、平
成17年会社法の立案担当者解説は、制定条文につき、相当数、解説しないまま終わりという手抜き解説だ
ったが、改正民法の場合は、すべての条文を解説して欲しい。職務上の当然の義務だと思うけど。)

188氏名黙秘2017/10/12(木) 19:37:45.38ID:P4gYBGG/
<平成29年10月7日追記>
大村敦志=道垣内弘人編集『解説 民法(債権法)改正のポイント』(有斐閣、2017年)について。
改正民法415条について触れている「第5節 債務不履行等」の箇所は、加毛明・東京大学准教授が担当で
した。その内容は、改正民法415条が過失責任の原則を否定したのか否かにつき、明示的な議論さえもして
おらず、しかも結論は曖昧でした(潮見説は採用できるっぽいことは書いていましたが。)。問題なのは、
国会審議を完全に無視した記述であったことです。国会の議論と無関係に、同僚の古い論文等を参照し、
褒めたたえた内容となっており、正直、無意味極まりなく――ただし、社会のニーズなしに改正する意図
だったことだけは分かる――、完全に学者の趣味本です。

もっとも、「改正法案は従来の通説的な考え方やこれに基づく実務運用などを否定するものではない」
(法務省の小川民事局長の発言)を引用してしまえば、「(改正前の議論として)従来の通説判例を否定す
る理屈が――正しいというより――美しい」との論調さえも無意味と化すので、意図的に国会審議を無視し
たのだろうとは思いますが。

アマゾンの「商品の説明」には、「改正論議の過程で審議・調査に関わった研究者・立案担当者が丁寧に
解説」とあります。しかし、全体的に、国会審議への言及は見当たらなかったので、「国会審議を無視して
おいて、どこが丁寧な解説なんだろうか? しかも、結論がはっきりしないので、分かり難いし。白黒はっ
きりさせることが法律論のイロハでは? 法律論のイロハを見失った『使えない本』の典型だと思う。」と、
疑問に感じました。

そのため、読者対象は、学者のご高説を有り難がる人くらいしかなく、対象者が見当たりません。結論とし
ては、★1と考えます。購入は止めるべきです。

189氏名黙秘2017/10/12(木) 20:11:18.58ID:XC6vKnBa
そもそも、
小川さんの発言は学説の争いにはコミットしないと言ってるだけ。
「従来の通説的な考え方やこれに基づく実務運用」が何であったか
について言及しているわけではない。
そもそも実務が債務不履行において過失責任主義をとっていたかどうかに
ついても争いがある。
この人の書評はちょっとその辺の理解が抜けているね。全く役に立たない書評。

190氏名黙秘2017/10/12(木) 21:57:18.86ID:s0mqviHC
>>181
アリガd
まあ顔ぶれかそれかなあ

>>182-188
潮見は改正法絡みで、粗製濫造で雑多に本出しまくりで
ちょっとどれも読む気も買う気もしない。人間性を疑うレベル
アホの京大法さておきとして

>>189
実務≒過失責任主義、これはいいと思うぞ
むしろ改正法で自説に曲げたい人たちが、債権不履行=無過失責任を最近になって声高に主張し始めた感じ
この筋で書いてる改正法解説書、基本書は眉に唾付けて読み流したほうが賢明

191氏名黙秘2017/10/12(木) 22:02:04.21ID:qH9OsPJ8
>>190
いや、現行法実務においても、
特定物の引渡し債権なんかは事実上不可抗力でもないと事実上免責されないだろう。

192氏名黙秘2017/10/13(金) 01:43:10.41ID:cV5BF/Om
頭のいい人結論をお願い
シオミ説は独自説なの?

193氏名黙秘2017/11/06(月) 11:41:18.72ID:pv7SQq8P
講義 債権法改正
中田裕康、大村敦志、道垣内弘人、沖野眞已・著
(商事法務)
A5判並製/328頁
ISBN:978-4-7857-2581-5
定価:3,240円 (本体3,000円+税)
発売日:2017/12

民法(債権関係)改正案が2017年5月26日に国会を通過し、6月に
公布され、その後3年以内に施行される。今回の改正によってリ
ニューアルされたのは民法典の契約法の部分であり、国民生活に
おいても大きな影響を受けることになる。本書は、法制審議会の
メンバーであった執筆者4名が、法案について各所で行ってきた
講演内容を基礎として、改正法の簡潔な解説書としてまとめた
1冊である。

有斐閣のとどっちが使えるかな?買えるの一冊に限定するとして

194氏名黙秘2017/11/06(月) 23:51:22.77ID:UGoKJaMW
>>193
講演録に加筆したものだから、エッセンスしか載ってないだろう。
有斐閣のほうは書き下ろしだし、詳しい。

195氏名黙秘2018/01/07(日) 22:48:20.46ID:mgYxUcx2
講義債権法改正のレポ希望!

196氏名黙秘2018/01/09(火) 17:34:56.91ID:b6smprKX
今年中に受かっといて良かった。

197氏名黙秘2018/01/25(木) 13:26:23.10ID:HYew2N8v
一問一答 民法(債権関係)改正 (一問一答シリーズ)
筒井 健夫、村松 秀樹・著
(商事法務)
ボッタ価格:¥ 3,888
単行本:416ページ
ISBN:9784785726010
発売日:2018/3/12

法務省の立案担当者による民法(債権関係)改正の唯一の公式解説書!

2017年5月に成立した「民法の一部を改正する法律」が、(一部を除き)2020年4月1日から
施行される。1896年の民法制定以来、約120年ぶりとなる民法(債権関係)改正の全容を、
法務省の立案担当者が一問一答形式で明らかにする、唯一の公式解説書。

取引社会を基礎から支える契約に関する規定を見直すとともに、国民一般に分かりやす
いよう実務上のルールを明文化した今回の改正の経緯・趣旨・実務への影響を示す、
すべての実務家必携の一冊。

198氏名黙秘2018/01/25(木) 16:03:07.66ID:E0ViiD+8
>>197
>ボッタ価格
吹いた

学説まで踏み込んだ話はしないのか

199氏名黙秘2018/02/18(日) 19:25:06.09ID:Spr+XjVW
質問)
契約適合性における、「品質」「種類」「数量」「権利」って明確に定義・区分されて
いるのだろうか?


1)たとえば、
ソフトウェア開発請負契約をみてみると、ソフトウェアをDVDなどの「フィジカル化」
して引き渡す場合、これは有体物の引渡しを目的とする請負になるだろう。
この場合、当該ソフトウェアに問題がある場合、「品質」「種類」の不適合が
問題になるだろう。

2)では、ソフトウェアをデータとして引き渡す場合、これは無形の請負になるわけだが、
当該ソフトウェアに問題がある場合、「品質」「種類」の不適合が問題となるのか、
それとも、「権利」の不適合が問題となるのだろうか?

3)というのも、請負においては、品質・種類の契約不適合と、数量・権利の契約不適合では
その効果が異なるからだ。すなわち、数量・権利の不適合においては、当該不適合が
注文者の支持によって生じた場合の免責がなく、また、特別の期間制限も妥当しないのだ。
(民636条、637条は「種類」「品質」の契約不適合にしか適用されない)

4)上記3)は、おそらく立法の過誤だと思うのだが、皆さんどう考える?

200氏名黙秘2018/03/07(水) 18:57:56.06ID:hXv1lYtx
改正法案と、成立した改正法って

どこか違いがあるの?
六法の付録を比較する限り、何も違いがないように見えるのだが

201氏名黙秘2018/03/07(水) 18:59:26.11ID:gzGSG/Eg
修正されずに成立したからね。

202氏名黙秘2018/03/07(水) 19:06:10.74ID:hXv1lYtx
法案提出から可決成立まで2年以上
棚ざらしにして国会の審議って何してたの?

203氏名黙秘2018/03/11(日) 09:01:59.89ID:4JusFPc2
とても簡単なPCさえあれば幸せ小金持ちになれるノウハウ
知りたい方だけみるといいかもしれません
グーグル検索『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

CTPQO

204氏名黙秘2018/03/11(日) 13:48:47.17ID:W/SMxgJ9
CTPQO

205氏名黙秘2018/03/14(水) 19:55:22.09ID:yJm+0rrJ
塩みんの要綱仮案1円ゲット

とりあえずこれとポケ六だけで
民法改正マスターすることにした

206氏名黙秘2018/03/16(金) 10:11:36.90ID:GZ/AgfkS
オイラは改正法案200円でゲット
改正法はこの先ずっとこれだけでやるつもり

207氏名黙秘2018/03/19(月) 16:01:55.45ID:AN+tfssM
有斐閣の「民法改正のポイント」大村、道垣内編著

の対抗本だな。ただ、価格が倍以上のボッタ栗

詳解 改正民法
潮見佳男=千葉恵美子=片山直也=山野目章夫 編著
(商事法務)
A5判並製/592頁
ISBN:978-4-7857-2632-4
定価:7,020円 (本体6,500円+税)
発売日:2018/05

改正民法の要点を、研究者が改正の議論を踏まえてわかりやすく解説。
改正民法についての意義・制度趣旨・解釈論をテーマごとにわかりやすく
解説する。研究者が、改正の背景・趣旨、改正過程の議論を整理し、施行
によって何が変わるのかについて、今後の展望も踏まえて言及する。

208氏名黙秘2018/03/21(水) 10:48:44.44ID:z0jx7qMh
改正法第465条の5第3項の意味が(日本語として)分からない。

この条文書いたアホは誰や

209氏名黙秘2018/04/06(金) 20:45:12.65ID:xt/S6fmn
東弁の会報LIBRAに債権法改正の記事が載ってるよ。
債権法改正本を買う余裕のない人はDLして読むべし。
https://www.toben.or.jp/message/libra/pdf/2018_04/p02-27.pdf

210氏名黙秘2018/05/25(金) 10:07:47.89ID:AzrBauHr
弁護士専門研修講座 これだけは押さえておきたい! 債権法改正の重要ポイント
東京弁護士会 弁護士研修センター運営委員会・編
(ぎょうせい)
判型:A5 ISBN:978-4-324-10490-3
発行年月:2018/06
販売価格:3,024 円(税込み)
平成30年6月上旬発売予定。現在予約受付中です。

「弁護士専門研修講座」がリニューアル! 第1弾は「債権法改正」!
時効、保証、定型約款、法定利率など、債権法改正に関する特に重要な論点
について、改正を追いかけ続けてきた東京弁護士会法制委員会のメンバーに
よる講義を紙上に再現。
債権法改正のポイントを、講義を聴くように読み進めることで、しっかりと理解し、
実務に生かすことができます。

211氏名黙秘2018/06/06(水) 23:35:57.74ID:gylU7zIZ
債権化しちゃいけない物を債権化した罪ってのに注意しましょうね

新着レスの表示
レスを投稿する