オブジェクト指向はオワコン

1仕様書無しさん2018/05/13(日) 21:06:00.27
オブジェクト指向はオワコン

2仕様書無しさん2018/05/13(日) 21:08:08.87
今どきのソースを見せてくり?

3仕様書無しさん2018/05/13(日) 21:08:35.08
関数型言語のソースコードでいい?

4仕様書無しさん2018/05/13(日) 21:09:12.29
OK牧場

5仕様書無しさん2018/05/13(日) 21:11:42.88
>>1
ということで、関数型言語でのソースコードよろしく

6仕様書無しさん2018/05/13(日) 21:12:13.29
>>4

7仕様書無しさん2018/05/13(日) 22:02:28.74
まだか

8仕様書無しさん2018/05/13(日) 23:56:41.25
お前らには手続き型が精一杯だったな

9仕様書無しさん2018/05/14(月) 08:50:07.39
NTTの公開されてるのもこんなのだし
https://macchinetta.github.io/server-guideline-thymeleaf/current/ja/ImplementationAtEachLayer/DomainLayer.html

1.
Entityの実装
業務データを保持するためのクラス(Entityクラス)を作成する。

2.
Repositoryの実装
業務データを操作するためのメソッドを実装し、Serviceクラスに提供する。
業務データを操作するためのメソッドとは、具体的には、Entityオブジェクトに対するCRUD操作となる。

3.
Serviceの実装
業務ロジックを実行するためのメソッドを実装し、アプリケーション層に提供する。
業務ロジック内で必要となる業務データは、Repositoryを介して、Entityオブジェクトとして取得する。

10仕様書無しさん2018/05/14(月) 08:57:25.15
>>9
それただのspring

11仕様書無しさん2018/05/14(月) 21:12:12.49
>>10
ただのトランザクションスクリプトでオブジェクト指向はオワコンと言いたかった

12仕様書無しさん2018/05/15(火) 07:11:45.83
DDDにも到達してねえのかNTT

13仕様書無しさん2018/05/15(火) 07:48:40.76
>>9だけでトランザクションスクリプトってわかる?

14仕様書無しさん2018/05/15(火) 08:42:58.55
振る舞いはなくて状態しかないよ

https://macchinetta.github.io/server-guideline-thymeleaf/current/ja/Overview/ApplicationLayering.html#id24

本ガイドラインでは主に、状態のみもつモデルを扱う。

Martin Fowlerの”Patterns of Enterprise Application Architecture (2002, Addison-Wesley)”では、 Domain Modelは、状態と振る舞いをもつものと定義されているが、 厳密には触れない。

Eric Evansの提唱するようなRichなドメインモデルも、本ガイドラインでは扱わないが、 分類上はここに含まれる。

15仕様書無しさん2018/05/15(火) 12:56:17.09
リンク先まで読んでないわ

16仕様書無しさん2018/05/22(火) 11:31:38.72
とても簡単な自宅で稼げる方法
参考までに書いておきます
グーグルで検索するといいかも『ネットで稼ぐ方法 モニアレフヌノ』

EIBHV

新着レスの表示
レスを投稿する