◆個人事業主専門スレ50本目(法人立入禁止)◆

1仕様書無しさん2017/10/10(火) 17:29:08.25
個人事業主として頑張ってる連中、ここに集え。

「一人で生きていけない弱者」とあったが、一人で生きていけるなんていうのは
無人島で一人で生きるか、それか投資家としての能力が尋常でない程ある人間
ぐらいしか、それを実現することはできないと思われる。

前スレ
◆個人事業主専門スレ49本目◆
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/prog/1500746207

274仕様書無しさん2018/04/27(金) 11:41:13.65
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/nenkin/nenkin/pdf/shogaikoku-hikaku.pdf
各国年金制度比較

英国は2046までに男性68歳支給になる
米国は2027までに67歳支給

他の先進国の制度を見る限りに、日本も68歳支給になるのは確実と思う
現行、65歳から68歳までくりさげると1.24倍ぐらいにできるんだけど
68歳支給だと、増額なしで繰り下げあつかいになってしまう

68支給前提ならもう繰り下げはせずに、68歳まで年金に加入
(現在、65歳までしか国民年金延長加入はできないが、
68歳支給ならこれも延長されるだろう)
繰り下げはせずに、68歳から受給して、
同時に、月に5万円ぐらい株の配当が入るような資産を作るという感じが
一番良いと思う

月5万円の配当は年、60万円の配当で、
年利4%なら、1500万円の株資産で実現できる
(年利3%なら、2000万円必要)

配当だけで実現するのはたいへんだが、株主優待も含めれば
それほど難しい数字ではないと思う

68歳までは投資法人を維持すれば、投資益年額80万円ぐらいまでは無税にできるし
最低等級厚生年金は、国民年金とほぼ同じ掛け金で、年金受給は5000円増える

275仕様書無しさん2018/05/01(火) 08:41:06.26
>>176
2chにしては久々に有用なレスを見た
良くやったぞ、誉めてつかわす

276仕様書無しさん2018/05/01(火) 09:48:11.56
法人でが赤字なら、配当の源泉税は取り戻せるから、ありですね。

配当月5万、給料月5万だけの会社ならなら、配当を無税で受け取れるうえに、
社会保険は国保+国民年金より安くなるね。

277仕様書無しさん2018/05/01(火) 12:32:04.23
つまり資産1500万から始める個人事業主が最強なんだな

278仕様書無しさん2018/05/01(火) 23:36:09.27
>>276
配当月に5万だとかなり資産が無いと実現できないけど
当面は給与による損金を青色の9年で蓄積できるので、
80万 x 9 = 720万円の損金を利用して、将来、利益と相殺もありですね

株配当の2割は利益に不算入だから、給与の損金に年金と保険の損金も加えて
最大月に12万ぐらいまでの株配当は無税に手に入りそうです

無税で月に12万の手取りはでかいw
本業の個人事業もあるわけだし

法人の株配当は、法人に留保する形ですが、そもそも株投資の金を
個人が貸してますから、配当が溜まったら個人に借金返済するので無税

279仕様書無しさん2018/05/01(火) 23:45:07.51
個人事業主の所得税をクレジットカード納付しましたが
4/27にクレカ会社で引き落としになってました

ヨドバシポイントが10000ポイント近く増えてました

決済手数料は7500円ぐらいかかるのですが、
https://kokuzei.noufu.jp/
一見2500円ぐらいしか儲からないのかあと思いますけど

この手数料は全額経費になります

今年の税率30%と見込んで、実際の手数料は5250円ぐらいで済みますので
1万ポイントもらえれば、差し引き4750円の得です

280仕様書無しさん2018/05/02(水) 02:35:40.15
企業型確定拠出年金はどうなん?

281仕様書無しさん2018/05/02(水) 06:47:08.65
>>279

?経費になるの?
何の経費?

282仕様書無しさん2018/05/02(水) 20:43:19.10
>>281
所得税の支払いの手数料は経費?と言われると確かに疑問かも
なんかで見た記憶はあったけど、税理士のコメントソースが見つからないし
今度、税務署電話相談に聞いてみるよ
決済手数料が経費にならなくても損はしないので
1%以上ポイント付くカードならやっても損なないと思う

283仕様書無しさん2018/05/02(水) 20:45:41.71
年金事務所から社会保険のカードが届いていた
今日朝気づいてれば、さっそく役所に国保脱退の手続きとか行けたんだけど
明日から4連休で出遅れてしまった
給与を定めてしまえば強制加入事業者だから加入できるのは当たり前で

あとは法人口座が作れるかどうかだなあ

284仕様書無しさん2018/05/02(水) 20:53:08.56
>>281
https://money-lifehack.com/diary/7288
>税務的な話として、手数料は支払い手数料で損金(経費)にできるので、
>翌年の所得税(法人税)や消費税が安くなります

所得税のクレカ決済手数料の経費について語ってる記事を見つけたけど
これ書いてるの、ただのアフィブロガーなんで、税務署に確認しないとだめだね

285仕様書無しさん2018/05/02(水) 20:59:11.17
>>280
俺はこれからiDecoに入るから詳しくは知らないけど
全額控除になるんだから入らないのはありえないと思う

286仕様書無しさん2018/05/02(水) 21:03:13.32
開業から1年経過したので、経営セーフティ共済に入りたいけど
納税証明書がいるので、所得税のクレカ払いしてるから、
まだ発行できないかもしれないので
もう少し待ってから入ろうかな
(ぎりぎり12月に年払いでも今期の節税に間に合う)

287仕様書無しさん2018/05/03(木) 14:21:06.01
日本商工会議所 平成29年度補正予算
小規模事業者持続化補助金
http://h29.jizokukahojokin.info/
>経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、
>原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)が出ます。

節税とは逆に補助金ゲットする方向もあるね
販路拡大で広告費75万円ぐらい拠出すれば50万円ぐらい補助が出るらしい
経営計画とか作るの面倒くさいけど


締め切り
平成30年5月18日(金) 【最終日当日消印有効】

288仕様書無しさん2018/05/06(日) 15:46:38.86
休日窓口が開いてたので、国保を脱退してきた
これで今期の上限マックスの国保請求は無くなった!

289仕様書無しさん2018/05/10(木) 15:38:43.18
国民年金基金脱退は、資格喪失届と健保のカードのコピーを送付らしい

iDeCoも加入申込書郵送を依頼したけど、開設完了まで2か月ぐらいかかるみたい

290仕様書無しさん2018/05/13(日) 15:26:26.37
事業収入が増えてきて、法人売り上げ0円では成立しない可能性が出てきた

仮に年間の経費を除いた売上が2500万とすると

個人事業主で売り上げると、お金を使わない控除で500万とったとして
(経営セーフティ満額、小規模企業共済、扶養控除、青色控除などなど)
課税所得2000万で、所得税530万(実行26%) 住民税200万
総額 765万(実行38%)

法人で売り上げると、控除が無いので(月額6.4万の給与ぐらい)
増益240万で、法人税363万 地方法人税15万 法人住民税46万
法人事業税82万
総額で、515万(実行21%)


すでに給与は変えられないので(厳密には法人設立3か月までは変えていいはず)
法人の損金は増やせないけど、それでも税率がかなり違う

法人で売り上げると留保金になるけど、これは将来無税で取り返せるとして、
このままでは、個人事業主側の控除枠が全部無駄になってしまうw

結局、売り上げが増えてくると、給与を年額400万ぐらい払って
法人と個人で節税することになるのかもしれないが
厚生年金と社保はできるだけ払いたくないんだよなあ

291仕様書無しさん2018/05/13(日) 15:36:40.69
法人で節税保険を200万買えば、増益は200万減って、
納税額は473万円ぐらいまで下がる

400万の保険を買えば、納税額は430万円

しかし、今期、法人で売り上げると来期からずっと法人売り上げになり、
法人成したのと変わらなくなってしまう

新規事業を厳密に個人で契約すれば、法人売り上げと個人事業の売り上げを
同時に計上することはできるんだろうけど

292仕様書無しさん2018/05/13(日) 16:01:41.32
法人業務の遂行に必要なソフトウェアを個人事業主として開発し
法人に年間使用料500万円で使わせればよろしい

これで個人事業主の売上500万で控除活用できる
法人も損金500計上でウハウハ

293仕様書無しさん2018/05/13(日) 17:09:26.21
>>292
それだと税務署に否認される可能性があるので
枕を高くして寝れないなあ

294仕様書無しさん2018/05/13(日) 17:17:22.00
以前、法人と個人事業でいくらまで売上いけるか比較したときは
法人税の実効税率を30%以上で計算して、
ちゃんと計算してなかったんだよな
それが盲点だった

ただ、法人税計算シミュレーションみたいなサイトで調べると

利益2500万時の法人税は1000万ぐらいになって
全然金額が違った
290の法人税計算は自分で作ったプログラムだけど
計算式が間違ってるようだ
やり直し!

295仕様書無しさん2018/05/13(日) 17:26:48.86
中小企業者等の法人税率の軽減特例、2年延長へ
https://profession-net.com/professionjournal/corporation-report-79/
15%の軽減税率の適用期限が2年間(平成31年3月31日まで)延長

延長されてた。
既存の法人税計算サイトは昔の税率のまま放置されてる場合があるので
当てにならない
ちゃんと財務省ソースを確認して自分で計算しないとだめだ

296仕様書無しさん2018/05/13(日) 17:44:37.57
利益2500万の時の法人税を計算し直すとめっちゃ増えた
800万超えるとやばい

法人税 4962344
地方法人税 218343
法人住民税 640142
法人住民税均等割 70000
法人事業税 1622539
総納税額 7513368 (実効税率 31%)

個人事業で所得2500万、課税所得2000万で計算して
納税総額 765万(実行38%)

ほとんど変わらなかった
やはり2500万ぐらいなら個人事業主で売り上げてもいいみたいだ

法人税には特別償却・特別税額控除
https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/houji313.htm
というのがあるが、町工場みたいに設備投資でもしないと
受けられないものばかり
日本はソフトウェア業を育成するつもりはないようだ

297仕様書無しさん2018/05/13(日) 17:49:19.43
1−3月は法人設立前で個人事業確定してるので

1-3月の売上500万を個人事業主で確定申告して
4-12月の売上2000万に分解すると

法人税総額581万
個人事業の方は500万程度なら経営セーフティ使えば税金0にできるはず

やはり個人ですべて売り上げるより、4月以降は法人にした方が
税金は200万ぐらい安くなるんだろうなあ

298仕様書無しさん2018/05/13(日) 17:58:40.64
>>292
それだと個人事業主の売上500万円が、役員賞与扱いになる可能性があると思う
法人から社長への利益配分は税務署も一番重視してそうだし

法人の損金500万がなくなって、法人税が増えて
個人も給与所得500万円扱いになる
個人側は問題ないかもだけど、法人側は150万円ぐらい追加納税かも

299仕様書無しさん2018/05/13(日) 18:00:09.00
いや
個人事業収入500万円が法人賞与500万円になれば
社保厚生年金も追加で払うことになりそう

300仕様書無しさん2018/05/14(月) 14:17:19.30
最強の節税は、家族を社員にして給与を払うことだよなあ
同族企業最強

不動産買っても減価償却ですぐに経費にならないしなあ
中古ベンツ買って転売も売れないかもしれないし、面倒くさい

301仕様書無しさん2018/05/14(月) 15:00:57.88
所得税をクレジットカードで払う場合の
トヨタファイナンスにはらう決済手数料は経費にできるのかのけんで
税務署の電話相談センターに確認したら
経費にはならない
とのことだった
(消費税の決済手数料なら経費になる)

決済手数料0.7%ぐらいだったと思うので1%還元クレカなら0.3%しかもらえないが
少なくとも損することは無いので良いと思う

302仕様書無しさん2018/05/14(月) 16:05:04.55
総収入800万
個人事業500万 給与300万で計算したら
所得税7.8万 住民税5000円

日本って税金が安いw

厚生年金 142560 月額11880
健保 303048 月額25253
総額 445607
法人の方で、さらに44万

年金+けんぽ で、89万円

303仕様書無しさん2018/05/14(月) 16:07:08.63
住民税の計算間違ってるっぽい

304仕様書無しさん2018/05/14(月) 16:22:39.89
個人側 事業500万
給与64.8万 所得税0 住民税5千円 年金けんぽ145569
給与300万 所得税額78000 住民税額162939 年金けんぽ445607

法人側 事業2000万
給与64.8万 総納税額 5817688 年金けんぽ145569x2
給与300万 総納税額 4916604 年金けんぽ445607x2

給与を300万に変えると法人側は90万円節税
個人側は53万円増税

年金に関しては将来戻ってくると考えるとやはり給与を上げるしかない
いくらにすれば一番得かはシミュレーションしたい
最適な給与を算出できるプログラムを作りたい

305仕様書無しさん2018/05/14(月) 16:47:17.08
https://www.freee.co.jp/kb/kb-launch/yakuin-housyu/
役員報酬は会社設立後3カ月以内に決める必要があるため、
初めの2カ月は役員報酬をゼロとし、3カ月目から支払うこともできます。


給与改定は議事録を作っておいて、
あとは年金事務所に給与改定の書類を郵送すればいいだけだな
税務の法的には6/22までは役員給与を改訂できる

306仕様書無しさん2018/05/14(月) 17:04:53.43
税務署に電話で確認したら、
設立時も決算後も同じだけど、給与は一度決定したらその年度は変えられないらしい
(変える場合は、減額か、昇進などの場合だけ)

一人会社だから議事録なんてどうにでもできるんだけど、
年金事務所に議事録出してるから、あれを指摘されると
言い逃れできないw

これは困った

どうしてもやるなら、決算期を変更して、もう決算してしまって、
それから給与改定すればいけるはず

307仕様書無しさん2018/05/14(月) 17:19:14.10
http://farsight.co.jp/infomation/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E6%B1%BA%E7%AE%97%E6%9C%9F%E5%A4%89%E6%9B%B4-%E6%89%8B%E7%B6%9A%E3%81%A8%E6%9C%9F%E9%99%90%E3%81%A8%E8%AD%B0%E4%BA%8B%E9%8C%B2/
1.株主総会決議(特別決議:2/3の同意)
2.定款変更手続 (登記手続は不要です)
3.税務署/県税・市税事務所への変更届出手続

6月末で一度決算しておくか 法人売上0で、
給与が3か月分
法人住民税均等割りは日割りだったはずだし

308仕様書無しさん2018/05/14(月) 23:18:23.19
税務的には
個人事業 500万 給与400万 ほぼ税金0
法人 売上2000万 損金で給与400万 利益1600万

これで、年間 納税+けんぽで400万円ぐらい(税率20%)
このへんが最適解と思える

個人事業にも売り上げを確保できれば、
個人と法人で経営セーフティを480万円使えるがでかい

あとは、どうやって売り上げを合法的に分散するかだなあ
このくらい売上あったら10年持続できる必要はない
5年継続できれば、株式配当で生活できる資産が作れる

309仕様書無しさん2018/05/15(火) 02:59:30.11
一番良い方法を編み出した

アプリ開発自体は今後も個人事業主で行い、経費もすべて個人事業で計上する
これは統一する
法人と個人で分散させると解れている証明が面倒くさいし、
経費も分離するのは証明の意味で面倒くさいから

で、広告代理店の契約を法人と個人で分離する
現在の契約は個人なので、これに法人契約を追加して、
個人の売り上げと法人の売り上げを明確に分離する

これに、先に法人決算して給与を変更する技を使えば、

個人事業で1000万
法人で1000万 給与400万
の理想的な売上分散ができる

契約時に明確に法人契約ができて、かつ、海外本社の代理店を選べば
消費税も不課税になるに問題ない

310仕様書無しさん2018/05/15(火) 19:56:31.80
今度フリーランスになろうかと思ってるんですが
皆さん契約書とかどうしてるんですか?
ネットで落としたものを適当に編集して使用してる感じですか?
参考になる資料とかあったらいただけると嬉しいです

311仕様書無しさん2018/05/19(土) 14:47:42.01
スケジュール的には、来週、法人口座の通帳届くはず
作れてるといいけどなあ

もしダメだったら、ホームページを作って
ジャパンネット銀行に申し込んでみようと思う

312仕様書無しさん2018/05/20(日) 13:40:58.30
ゆうちょ銀行 法人口座 断られた(T_T)
ググってみると、同様にバーチャルおオフィスで断られた事例が複数あるので
バーチャルオフィスのブラックリスト的なものがあるらしい

というわけで、次は楽天銀行かジャパンネット銀行で設立してみようと思います
こちらはバーチャルオフィスだから禁止にはなってなくて
あくまで事業実態があるかどうか

ジャパンネット銀行はホームページ作らないといけないけど
楽天銀行は、請求書など事業支払いの有無を証明できる書類があればいいらしい
月曜に電話して聞いてみる

313仕様書無しさん2018/05/20(日) 13:44:03.42
昔作って解散した法人のゆうちょ銀行法人口座が実は残ってるんだけど
この法人を復活させて、住所を変更するという方法も残っている

こちらのデメリットは、法人住民税を時効になってない過去5年分
請求される可能性があることと、
登記代がかかること
登記のための住所をさらに用意しないといけないこと
今作っている法人が無駄になる

といったデメリットがある
法人二つあれば、益金800万以内の安い法人税率を活用するメリットもあるけれど
さすがに法人二つはやりすぎ感がある

314仕様書無しさん2018/05/20(日) 14:29:08.98
>>312

ゆうちょで断られることあるのか!

315仕様書無しさん2018/05/20(日) 14:56:35.10
>>314
バーチャルオフィスはもうだめみたいですよ
住所で検索したらすぐわかるし

316仕様書無しさん2018/05/20(日) 17:09:59.57
>>312
あらら残念だったね
俺は生活しているマンションの1室の住所で法人口座作れたよ
最寄りのみずほ銀行

バーチャルオフィスにこだわらなくてもいいのでは?
みずほ銀行はちゃんと説明すれば同一支店で複数口座作ってくれる
初めに個人の総合口座を作った
次に個人事業主で仕事を始めて生活口座と事業口座を分けたいと説明して2つめの口座を作ってもらった
最後に法人を設立したので法人名義の口座作ってもらった

住所と離れた支店だと断られるらしいけど最寄りの支店なら
ちゃんとした理由があれば口座追加できる
同一支店に個人と法人の口座を作ることは他にもメリットがあって
振込手数料がかからないぞ!

317仕様書無しさん2018/05/21(月) 00:35:15.62
>>316
みずほで作れたのは凄いですね
都市銀行で法人口座作るのはかなり難易度高いと言われているので
持ち家ですか?

賃貸なので登記するわけにもいかないし
レンタルオフィスは借りれば安くても月2.8万円はかかるので
まずはバーチャルオフィスでやってみます

318仕様書無しさん2018/05/21(月) 14:00:37.28
楽天銀行のビジネス口座のサポートに電話してみたけど
ホームページに書いてあること以上のことは解らなかった
要するに、バーチャルオフィスだったり登記半年以内だったり
ホームページが無い場合は、
請求書などの他社が発行した書類のコピーが欲しいとのこと

WEBの広告代理店なんてネット完結で紙の書類なんてないし
楽天銀行自体がネット銀行なのになあ

319仕様書無しさん2018/05/21(月) 14:01:33.55
ホームページをえいやと作ったので、

ジャパンネット銀行と楽天銀行で同時に申し込もうと思います。
二つも口座はいらないんだけど、
順番にやってても時間がかかるし

320仕様書無しさん2018/05/22(火) 17:22:41.20
楽天銀行法人口座は、固定電話必須だったり、メールアドレスが
キャリアメールとかフリーメールだめとか、面倒くさい指定が多いので

ジャパンネット銀行にのみ申し込むことにしました
ホームページ作った上に、会社概要も添付して
さらに個人事業主としての昨年の損益計算書(税務署のハンコあり)
まで作れば、さすがに作れると思う
ここはかなり速いらしく、5日で開設できた人がいました

321仕様書無しさん2018/05/22(火) 18:04:03.36
>>320

事業が投資だけでホームページもない場合は、ジャパンネット銀行無理?

322仕様書無しさん2018/05/22(火) 18:35:44.51
ホームページくらい作ればええやん。

323仕様書無しさん2018/05/22(火) 18:37:04.99
レンタルサーバーはそんなに費用はかからんぜ

324仕様書無しさん2018/05/22(火) 18:50:57.73
>>322

事業が自己資金の投資だけなんだけど、HPでそう書けばOK?

レンタルサーバーとかは、メルアドをつくるためにもう借りてある。

新着レスの表示
レスを投稿する