【孔明のヨメ。】杜康潤 Part.2 [無断転載禁止]©2ch.net

1□□□□(ネーム無し)2016/09/13(火) 02:32:40.09ID:siG/Wc9p
杜康潤の作品について語るスレです。

<漫画>
・連載中
「孔明のヨメ。」(まんがホーム<毎月2日発売>)
 @〜B以下続刊(まんがタイムコミックス:芳文社)
・連載終了
「中国トツゲキ見聞録」@(ウィングス・コミックス・デラックス:新書館)
 web連載終了、Aは2014年8月23日発売予定
「杜康潤のトコトコ三国志紀行」全1巻(スクウェア・エニックス:スクウェア・エニックス)
「坊主DAYS」全2巻(ウィングス・コミックス:新書館)
<文章>
「三国志魂」上・下(コーエーテクモゲームス:コーエーテクモゲームス)
 荒川弘氏との共著

ドラマCD「孔明のヨメ。」2013年5月13日発売

作者サイト「居酒屋杜康亭」
http://www5f.biglobe.ne.jp/~tokoh_kikaku/
作者twitter
https://twitter.com/toko_wanko
※前スレ
【孔明のヨメ。】杜康潤
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/4koma/1405227944/

2□□□□(ネーム無し)2016/09/13(火) 05:03:12.09ID:XbOQ2pqh
即死防止保守

3□□□□(ネーム無し)2016/09/13(火) 06:47:09.10ID:QSK4Zh0+
1乙!
ここは20レスしなくても大丈夫なんだね。

4□□□□(ネーム無し)2016/09/13(火) 09:12:39.92ID:G5KQCLw4
>>1
あと、

・連載終了
江河の如く 孫子物語(KADOKAWA)

これもあるよー

5□□□□(ネーム無し)2016/09/13(火) 09:56:32.08ID:OXs3R6cW
>>4
ヤベっ忘れてたわ(汗)

孫子物語はもうちょいボリューム欲しかったわ

6□□□□(ネーム無し)2016/09/13(火) 17:44:08.45ID:iXX5p8PJ
>>1おつ

7□□□□(ネーム無し)2016/09/14(水) 05:16:32.79ID:KKAsudlN
1乙
中国突撃見聞録のAは発売予定じゃ無くて発売済みですよ
孔明たずねて20000キロ の方が主題っぽい

8□□□□(ネーム無し)2016/09/14(水) 06:27:08.73ID:93Pyd2F5
そもそも嫁の既刊情報もそのままだしね
1に現時点の情報色々書いちゃうとスレ立て時に更新できなくてグダるのはいろんなスレでのあるある

9□□□□(ネーム無し)2016/09/14(水) 22:05:41.54ID:Cgr2hDsh
>>1

襄陽って宮崎と同じくらいの緯度なんだけど、
孔明たちの格好って熱くないのかな?

10□□□□(ネーム無し)2016/09/14(水) 22:07:18.59ID:SCYd5F/l
次から>>2以降に作品の情報を書くといいかもね。
新スレって立てるときどうしてもあわただしいから。

11□□□□(ネーム無し)2016/09/14(水) 23:11:04.97ID:5iJNS19f
>>9
この当時は寒冷化してた説も。
胡人のお兄ちゃんも長城内にどんどん入ってくるしね。

12□□□□(ネーム無し)2016/09/15(木) 07:11:47.70ID:y4abXeJh
>>1乙です

しかし、今更ながら、将来この嫁ちゃんを孕ませるとか
孔明はただの犯罪者じゃないの(ry

13□□□□(ネーム無し)2016/09/15(木) 07:30:04.63ID:f6FZPU3v
>>12
長男誕生は入蜀後なんだよなぁ・・。
架空の娘あたりでてきそうだね。

不妊ネタは勘弁。

14□□□□(ネーム無し)2016/09/15(木) 09:56:27.23ID:RfiYa4Tm
長男は創作と史実のギャップが凄くて羅貫中を始め創作作家が扱いに悩んでいる感じ。

15□□□□(ネーム無し)2016/09/17(土) 14:31:50.36ID:RAYFIvPj
だいたいの奴の見た目が割りとイメージに近い中で
司馬イがどうなるかは気になる、あと反骨

16□□□□(ネーム無し)2016/09/17(土) 18:38:37.43ID:RYD8NfeW
司馬懿が出るまで連載続けるのか?
なら、龐統とかは余裕で亡くなるな。

17□□□□(ネーム無し)2016/09/17(土) 18:39:21.08ID:JQya9Bry
しばちゅうさんの首が回転するのは仕様

18□□□□(ネーム無し)2016/09/17(土) 18:59:50.53ID:3+peV7e3
ヨメちゃんが主役でいられるのは孔明が劉備に仕官するまでが限界だと思うんだよなあ
それ以降は夫婦ぼのぼのとかヨメちゃんの発明活躍とかしづらくなると思うから孔明仕官でエンドだと思う

19□□□□(ネーム無し)2016/09/17(土) 20:32:45.65ID:QDhB5aDu
つまり三顧の礼がクライマックス?

20□□□□(ネーム無し)2016/09/17(土) 20:59:12.72ID:09/sd9dm
劉備「こちらに諸葛孔明どのはいr」
ヨメ「あ、馬泥棒さん」
張飛「あ、あのときの坊主」

孔明「どうも孔明でs」
関羽「…春秋を売ろうとしていた御仁ではないか」

21□□□□(ネーム無し)2016/09/17(土) 21:28:06.05ID:SFUO62DA
南蛮遠征でヨメちゃんの兵器が大活躍するかな
それもあの絵柄では無理だろうな。

22□□□□(ネーム無し)2016/09/17(土) 22:18:06.58ID:E7FjK11D
別にデッカイ虫が出てきたりパワードスーツが出てもエエんやで

23□□□□(ネーム無し)2016/09/17(土) 22:24:52.53ID:+aKjn3DX
ところで前スレがまだ埋まってないんだが

24□□□□(ネーム無し)2016/09/17(土) 22:41:35.89ID:SFUO62DA
仲達を地雷で爆殺してもええんやで<反三国志ネタ

25□□□□(ネーム無し)2016/09/17(土) 23:16:57.70ID:gli71yB4
981から1日放置しても落ちなくなったのね
2chのDat落ち法則色々変わりすぎて今はどうなってるやら
ちょっと埋めてくる

26□□□□(ネーム無し)2016/09/18(日) 00:03:35.88ID:kgFMm9NV
前スレ埋まったぞ記念age

>>24
反三国志、どんだけ面白いんだろと思って読んだら、ご都合主義のオンパレードで
軽く目まいがした。

27□□□□(ネーム無し)2016/09/18(日) 00:21:13.48ID:qvMOdVdf
>>26
作品自体が地雷だよあれ・・

28□□□□(ネーム無し)2016/09/18(日) 00:32:33.60ID:vavwimmk
トゥザウオッ!トゥザウオッ!!

29□□□□(ネーム無し)2016/09/18(日) 02:51:14.94ID:+E9v76Kl
>>26
>>27
続三国志ってさらなる地雷があってだな。

30□□□□(ネーム無し)2016/10/01(土) 22:21:29.16ID:2icZLnek
荘園の自衛から話が転がっていって、秋の大運動会編になりそうな予感

31□□□□(ネーム無し)2016/10/01(土) 22:35:31.68ID:LsvKKgpa
そして、やけに手の長い人が投擲に参加するんだな

32□□□□(ネーム無し)2016/10/02(日) 07:52:18.21ID:R5u8fhnB
あの時代にもう清酒あったのか

33□□□□(ネーム無し)2016/10/02(日) 07:52:58.62ID:uCJxy479
>>32
あったんだねえ……

あ、でも、中国の清酒って、今で言う、何なんだろう?

34□□□□(ネーム無し)2016/10/03(月) 19:48:31.99ID:iCoMecs3
「糟糠の妻」という言葉が生まれたのが後漢の初め、つまり
その頃から「糟(さけかす)」という物があった訳だ
フツーに穀物を発酵させて上澄みだけ濾し取ったものの総称だろ
必ずしも現代の黄酒(紹興酒とか)や
日本酒の清酒に似ている必要はない

35□□□□(ネーム無し)2016/10/03(月) 22:26:12.64ID:2winpn39
この時代の酒は現代よりアルコールの度数は低いはず

36□□□□(ネーム無し)2016/10/03(月) 23:01:52.05ID:X/TY+mQi
黄酒(紹興酒等)=濁り酒、白酒(蒸留酒)=清酒……ってことなのかな?

37□□□□(ネーム無し)2016/10/03(月) 23:50:51.10ID:z9QLAJz4
>>35
時代はさかのぼるが、劉邦がやった一斗の一気飲み

あれも、アルコール度数が現代よりずっと低い酒なうえに
当時の一斗って現代日本の一升くらいだったっていう話

38□□□□(ネーム無し)2016/10/04(火) 02:40:44.83ID:/yVm0Ssb
あと文帝様の詔によると葡萄酒もあったそうな

39□□□□(ネーム無し)2016/10/04(火) 07:26:37.52ID:9zfVdPBv
ここは酒臭いスレでつね

40□□□□(ネーム無し)2016/10/04(火) 08:27:23.96ID:YDvgRyou
そもそも作者のペンネームが酒臭いからね

41□□□□(ネーム無し)2016/10/04(火) 08:56:04.87ID:F7PZkOq3
酔っ払ったヨメちゃんが見たい

42□□□□(ネーム無し)2016/10/04(火) 21:39:54.68ID:jde1YwWd
作者お寺の出身なのにな

43□□□□(ネーム無し)2016/10/04(火) 21:46:03.66ID:lQkEfLpN
お寺で何か問題が?(ビールぐびぐびしている住職(兄)を眺めやりながら

44□□□□(ネーム無し)2016/10/05(水) 00:39:56.97ID:99NzACCl
般若湯じゃよー

45□□□□(ネーム無し)2016/10/05(水) 05:10:36.30ID:N7RmFq+z
ビールは泡般若というらしい

46□□□□(ネーム無し)2016/10/05(水) 06:48:02.29ID:iwqSy2M4
宗派によっちゃあ坊主の飲酒OKだしなあ

47□□□□(ネーム無し)2016/10/05(水) 10:00:05.49ID:Ro8gt1GY
むしろ厳格に禁止してるとこのが少ないだろ

48□□□□(ネーム無し)2016/10/05(水) 12:58:39.80ID:l/W3XR7t
田舎の法事とか経験してたら坊さんが普通に酒飲むとか知ってるだろうけどそうでない場合は知らないと思うよ

知らない人は杜康さんの「坊主DAYS」を読もう!w
寺とか坊さんへの印象めっちゃ変わるぞ

49□□□□(ネーム無し)2016/10/05(水) 14:34:08.89ID:XYM72ked
>>48
ちなみに作中で語られてるほど兄上の頭の形きれいと思わないのは秘密だw

50□□□□(ネーム無し)2016/10/05(水) 18:29:31.48ID:iwqSy2M4
しかしまあ……日本は縄文・弥生期だってのに、酒を製造・販売・流通・銭での取引が
成立してたってのは、この漫画を読んで改めて驚くわ。

51□□□□(ネーム無し)2016/10/05(水) 22:26:41.68ID:i4UJe77K
でもこの時代の中国人のDNAはところてん式に押し出されて、現在の中国大陸にはいなくて
今のベトナムあたりの人らがそうらしいね

52□□□□(ネーム無し)2016/10/05(水) 22:38:30.75ID:85dz3BRQ
>>51
ギリシャもそうだってね

53□□□□(ネーム無し)2016/10/06(木) 00:10:46.27ID:Qupikzo+
後漢中期から胡人の流入って状態化してて関中の胡人と漢人の割合が五分五分だったからな。
献帝が長安脱出して洛陽に落ち延びる時の護衛も南匈奴が受け持ってたし。

なお、その南匈奴に西秦は滅亡される模様。

54□□□□(ネーム無し)2016/10/06(木) 07:02:35.85ID:XLAzEssk
ちょっと聞きたいんだが、
郭嘉が荊州に工作員を送った件で塩と鉄は具体的に荊州に打撃を与えてたけど
禁酒令の噂はどういう意図があってのことなんだろう?

55□□□□(ネーム無し)2016/10/06(木) 11:33:59.35ID:C/ljWJCo
食料事情が相当悪かったんだろうな

56□□□□(ネーム無し)2016/10/06(木) 11:38:34.17ID:7rgx8X8l
>>54
荊州の米を酒米に→兵糧を削る
酒や食糧の値上がり→インフレ→荊州の経済をガタガタに

57□□□□(ネーム無し)2016/10/06(木) 20:40:35.45ID:awez1ouP
こえーなー情報戦って

58□□□□(ネーム無し)2016/10/07(金) 02:20:41.55ID:GXGesOXt
この時代は貨幣経済もガタガタだからね

59542016/10/07(金) 07:28:04.96ID:VtMuv+Q7
>>55-58
やっぱりそういう理屈だったのですね。
酒の分の記述が軽かったんでなんか見落としてたかなーと引っかかってたんです。
ありがとうございます。

60□□□□(ネーム無し)2016/10/07(金) 08:54:07.40ID:yhPxlHcm
曹魏政権が貨幣ちゃんと流通するのって明帝曹叡の時代当たりからだからね。

61□□□□(ネーム無し)2016/10/08(土) 00:36:05.88ID:LfhckNgj
あの時期、貨幣経済やばかったの? 知らなかった……。

あれ? 徐母のお店は銭をどうしてたの? あのエリアだけは銭が機能してたのかな?

62□□□□(ネーム無し)2016/10/08(土) 01:28:26.36ID:wYZhlfsk
>>61
北は銭不足って趣旨のセリフがありますね

63□□□□(ネーム無し)2016/10/08(土) 03:00:21.05ID:0nGeNwMk
確か単行本でも触れられてるけど、董卓がクズ銭大量に鋳造してジンバブエ状態になっちゃったんだよね。

64□□□□(ネーム無し)2016/10/08(土) 04:57:10.15ID:USZBM7JN
>>61
荊州は劉表がしっかり押さえて、内政官としては優れていたし、戦乱から離れていたから
治安経済はよかったんだよね。だから、ヒトカネモノが集まっていた。

悪役で愚か者の印象が強い蔡瑁だけど、実態は荊州平定時に活躍した優秀な
将軍。加えてカイエツ、カイリョウの参謀もいた。だから劉表健在時には、独立
状態でいられたんだよね。

曹操も劉表の死を、待っていた節がある。戦闘経験に欠けた荊州兵とはいえ、
劉表のもとにこれだけの臣がいれば、曹操軍とはいえそれなりの被害は免れない。

65□□□□(ネーム無し)2016/10/08(土) 07:33:56.04ID:4+Hd1Icn
>>61
董卓「誰とは言わないがワシのせい」

66□□□□(ネーム無し)2016/10/22(土) 11:32:40.95ID:Ae/5y7ZH
現在、Amazon Kindle向け「孔明のヨメ。」6巻セットが、30%オフのセール中。セール期間は10/27まで。
https://www.amazon.co.jp/dp/B01K9DEJQ8

ただ、うちの場合、紙の本で全巻揃ってるからなぁ...w

67□□□□(ネーム無し)2016/10/22(土) 11:40:11.80ID:vtNWe9oP
もうKindleで全巻買ったわw

68□□□□(ネーム無し)2016/10/22(土) 12:39:23.45ID:SMsmg0vf
すまない、DMM電子書籍で50%還元購入してすまない
DMMは正月夏冬に50%還元するからその頃にまとめ買いしてるんだ
今も50%還元やってるけど

69□□□□(ネーム無し)2016/10/22(土) 14:52:14.21ID:rq9P20yg
この手の割引セールって、作家さんへの収入も割引されるんかと思ってた。
中規模出版社勤めの友達に聞いたら、そんなことはないそうな。

出版社に「ちょっと減らしていい?」的な打診はあるらしいが「ふざけんな」と
返信するとw

なので安心して、買う。

70□□□□(ネーム無し)2016/10/22(土) 23:35:29.02ID:q8UfyRqs
>>66
kindleでは234だけ持ってるんだけど、ちゃんと持ってない3冊で計算してくれたのはAmazon偉いw

71□□□□(ネーム無し)2016/11/11(金) 11:23:28.46ID:AQQjzU1A
一緒に風呂に入ってんのにエロい展開にならんのが凄いわw

72□□□□(ネーム無し)2016/11/11(金) 17:27:33.73ID:xCi2xQAV
>>71
ヨメちゃんのヌードですと?

73□□□□(ネーム無し)2016/12/03(土) 10:56:07.51ID:oZ1cddmZ
禁酒令ネタ来たな

74□□□□(ネーム無し)2016/12/03(土) 16:17:15.83ID:Sn+a2WOx
今月号よかった

75□□□□(ネーム無し)2016/12/03(土) 16:28:01.26ID:WaGKG5sV
>>74
軍隊司令官としての下準備がどんどんできていて、嬉しいような悲しいような(´・ω;`)

76□□□□(ネーム無し)2016/12/04(日) 00:46:12.42ID:51NfGiRN
師範の指摘のやさしさが、軍師であり宰相諸葛孔明の弱点になってしまったな。
劉備の最後の出陣を止められず、馬謖を大切にしすぎたがゆえに斬らざるをえなかったり。

77□□□□(ネーム無し)2016/12/04(日) 02:31:33.43ID:jTo9lEP0
馬謖さんのやらかしは向朗伝に見られるように伝達ミスも加わってるからなぁ

78□□□□(ネーム無し)2016/12/04(日) 20:06:35.87ID:51NfGiRN
経験豊かな王平を総大将にせず、大軍の引率の経験のない馬謖を期待値から総大将にしたからなぁ・・。
それも戦局を左右する要地を任せてしまったからね。馬謖の将来性も潰してしまった・・。

79□□□□(ネーム無し)2016/12/12(月) 16:06:09.08ID:glrG80Tq
新連載は唐王朝が舞台やぞ

80□□□□(ネーム無し)2016/12/12(月) 18:31:37.68ID:pmicSWwJ
新連載? どこで?

81□□□□(ネーム無し)2016/12/12(月) 22:17:48.90ID:X3z4TSNe
ニコニコで公式ニコニコ「梨花の下で 李白・杜甫物語」って連載が数時間前にアップされてたよ。

82□□□□(ネーム無し)2016/12/12(月) 22:24:00.48ID:NWyfUAdk
とりあえず
ニコニコ漫画で始まったのは確認できた

梨花の下で 李白・杜甫物語 プロローグ / 杜康潤

83□□□□(ネーム無し)2016/12/12(月) 22:46:57.93ID:X3z4TSNe
なお、唐王朝は巨乳がステータスなので
ちっぱいの人には居心地悪い模様

84□□□□(ネーム無し)2016/12/13(火) 00:02:05.43ID:ddKa97db
時代が数世紀離れててよかったね、嫁ちゃん…

85□□□□(ネーム無し)2016/12/13(火) 02:35:44.90ID:QRyX//Fl
ちっぱいじゃなきゃ女でも美貌と才覚次第で帝位簒奪まで起きるとんでもない時代だからね。

86□□□□(ネーム無し)2016/12/13(火) 08:08:10.66ID:qnJKw8p8
孫子もそうだったけど、別の時代別の人物でもしっかり曹操(三国志)と繋がるものがあるのが杜康さんらしいなあと思ったw
今回のはこのまま4コマじゃない普通の漫画でいくのかな

87□□□□(ネーム無し)2016/12/13(火) 12:18:29.20ID:QKbZHp87
曹操の子孫だと曹覇って画家が玄宗の時代に活躍してて杜甫から「丹青の引」って詩まで貰ってるな。

高貴郷公曹髦の流れらしいけど。

88□□□□(ネーム無し)2016/12/14(水) 00:27:25.45ID:GlP3bQkd
梨花の下でComicWalkerでも
13日から始まった

89□□□□(ネーム無し)2016/12/17(土) 23:47:48.14ID:tK/sRA82
この時代ざっくりとしりたい方は陳舜臣センセーの小説十八史略がオススメ。

煬帝SAN値ゼロで発狂〜李世民の国盗り物語〜玄奘さんのインドへの冒険〜武則天の粛清祭り〜玄宗のNTR〜安史の乱まで纏まってるから。

90□□□□(ネーム無し)2016/12/27(火) 16:10:41.72ID:8xVLhu09
更新されてた

91□□□□(ネーム無し)2016/12/29(木) 14:09:29.15ID:nfhcKv26
今年の最後の連載は劉備が野心出して来たあたりで終了か

92□□□□(ネーム無し)2017/01/02(月) 22:13:48.47ID:sb46yd6H
そろそろあの人死ぬのか

93□□□□(ネーム無し)2017/01/02(月) 22:36:57.52ID:FDX3x7zc
そんなに早く孔明死ぬの?
59巻まで駆け足でやるのか…

94□□□□(ネーム無し)2017/01/03(火) 01:13:17.18ID:pQR+u/eH
>>92
景升殿もまだまだ元気そうですがねぇ、、
まだ作中で特定個人が死ぬシーンってないよね?

95□□□□(ネーム無し)2017/01/03(火) 01:48:22.64ID:i+XhLJvK
リーチの方はいらっしゃる。

96□□□□(ネーム無し)2017/01/03(火) 10:26:51.36ID:OLyvscl1
>>93-94
郭嘉「よし、俺じゃないな」

97□□□□(ネーム無し)2017/01/03(火) 15:22:39.28ID:znkSDd/T
なんか、段々と戦争に巻き込まれていく流れができていて悲しい……(´・ω・`)

田舎の片隅のイチャイチャ夫婦物語だったのに

98□□□□(ネーム無し)2017/01/03(火) 15:57:19.90ID:obFv+mnE
これこそが孔明の罠…

99 【馬】 【B:89 W:70 H:76 (D cup)】 2017/01/03(火) 16:12:28.48ID:qsaHC1Xd
好評で続くと戦乱が近づく罠

100□□□□(ネーム無し)2017/01/03(火) 16:48:50.61ID:dj3BmMro
戦までいかない予定なら魯粛は出てこなかった気がする

101□□□□(ネーム無し)2017/01/03(火) 19:47:01.49ID:pQR+u/eH
調べてみたら、許昌の土を踏もうと試みて?踏めない方がいるんですねぇ
敵方がどういうリアクションするのか、、

102□□□□(ネーム無し)2017/01/06(金) 10:51:09.52ID:huNZ3jLj
蜀志先主伝だとこの時点で夏侯惇と于禁に攻め込まれて劉備が伏兵で撃退してるからな。

103□□□□(ネーム無し)2017/01/07(土) 23:59:16.17ID:7NrfzXSO

104□□□□(ネーム無し)2017/01/08(日) 00:58:52.67ID:AXs3cSZ9
>>103
やはり、おっぱい最強……

105□□□□(ネーム無し)2017/01/08(日) 17:34:43.10ID:l6RIBoyp
まぁ楊貴妃はライバル宮女から「肥婢」とか
罵られていたので、大きいのは乳だけじゃない人だったかと

106□□□□(ネーム無し)2017/01/08(日) 18:04:07.76ID:kG0H6baK
その頃はデブ=美女だしねえ

107□□□□(ネーム無し)2017/01/08(日) 21:18:07.96ID:RTohh3PJ
肥っている=富裕層って意味やからな。
まあ、唐代は女性でも騎乗してたからとんでもないデブはそんなにいなかったろうけど。

108□□□□(ネーム無し)2017/01/11(水) 12:20:36.18ID:rOCmEsMH
その一方で、昔の中国でも↓こんな逸話もあるんだよな

春秋時代の楚の霊王(「江河の如く」に出る平王の兄)は
腰が細く括れた女性を好んだので、宮女達は寵を得ようと
ダイエットに励み、いきすぎて餓死する者まで出たとのこと

時代は下って、前漢の成帝に寵愛された趙飛燕は
風に飛ばされそうなほどスリムだったとか
「環肥燕痩」という言葉で楊貴妃と並び称されている
(つうか↑これホントに褒めてるの?)

109□□□□(ネーム無し)2017/01/11(水) 14:38:57.33ID:kmpIhE3o
南北朝(中国)時代の斉(南朝側)に皇帝に東昏侯って足フェチの皇帝もいたな

110□□□□(ネーム無し)2017/01/11(水) 21:13:56.52ID:7RKkktwL
もう既に諡からしてアウトな皇帝だなあw

111□□□□(ネーム無し)2017/01/12(木) 19:06:00.27ID:G7V5K8e0
羽扇フラグ立ちましたな
ちゃくちゃくと軍資への道を行ってるなあ……

112□□□□(ネーム無し)2017/01/13(金) 09:16:00.88ID:qQwPBGK7
しれっとヨメちゃんが五丈原に同行する話にしたんでええんやで?

113□□□□(ネーム無し)2017/01/14(土) 22:30:26.80ID:kIy31qZm
五丈原辺りはガチで書いちゃうと鬱話になっちゃうからな。

第四次北伐当たりから内政ボロボロ(反乱や逃亡)魏の国力回復(貨幣経済が復活)劉禅と家臣団の関係が微妙(劉琰棄市事件)と無理ゲー状態

114□□□□(ネーム無し)2017/01/14(土) 23:08:07.85ID:3Y0LjNn8
内政がボロボロだったのは誰かさんが北伐しまくってたせいだし
劉禅がアレで家臣団との関係が微妙だったのは誰かさんがさっさと帝位簒奪しなかったせいだし

...あれ?

115□□□□(ネーム無し)2017/01/15(日) 08:17:19.53ID:W01qahvZ
「先帝の無念を晴らす!」
だったからね、仕方がないね

蜀は孔明が要求するレベルの人間が少ない(と孔明は思ってしまった)から何もかも孔明が自分でやろうとしてしまったのが悲劇
あと劉備政権は所詮蜀からすると余所者集団だから国家としてまとまるためには外征が手っ取り早い
この辺は秀吉が海外遠征に動いたのと似てる

まー、誰が悪いを突き詰めていくと関羽が呉とうまくやれなかったとか普段から部下に裏切られるようなことをしてた張飛とか孔明が必死に引き留めたのに呉との戦争に踏み切った劉備とかもだめって話になる
誰が悪いじゃないけどホウトウの早死にとか残念事項もあるし

116□□□□(ネーム無し)2017/01/15(日) 08:17:23.29ID:Qqf/1Y7J
しかし、この農夫が戦争マニアになるとはどうも思えなくてしょうがないw

117□□□□(ネーム無し)2017/01/15(日) 09:04:51.11ID:uunzkpws
ドヤ顔で孫権煽り立てるとかも想像つかんもんね

118□□□□(ネーム無し)2017/01/15(日) 16:13:12.15ID:mk4Or2Np
>>114
弱小勢力が分解しないためには漢の再興という大義名分が必要不可欠だからね。
もし守りに入って内政のみ専念していたら家臣団はバラバラになり滅亡する。

119□□□□(ネーム無し)2017/01/15(日) 18:18:31.04ID:DjgNYFxv
孔明が死んだのは実は劉禅期の前半という事を考えると簒奪したら余計蜀漢の寿命は縮んでたと思う。

120□□□□(ネーム無し)2017/01/15(日) 23:54:41.36ID:QWuxaOzA
で、嫁ちゃんって史実ではどの辺まで生きてたの?

121□□□□(ネーム無し)2017/01/16(月) 00:56:29.57ID:33TA0XiW
>>120
一説に五丈原と同じ頃と

122□□□□(ネーム無し)2017/01/16(月) 03:13:28.17ID:iqIxOKg4
ヨメちゃんもガチガチに検証すると悪名高い習鑿歯の襄陽記しか出てない人物やからなぁ。

伝承とか説話はかなり残ってるけど

123□□□□(ネーム無し)2017/01/22(日) 06:57:43.87ID:x3hQCTWM
誰も動いていないのにうどんが出て来て驚いてたら木偶人形が作ってたとか
孔明の秘密兵器・木牛流馬もヨメが作ったとか
エピソードはあるよな

124□□□□(ネーム無し)2017/01/25(水) 07:33:25.97ID:7MW4N8QM
孔明の個人的な記録は遺族や関係者に取材したくても、魏軍成都占領(息子の諸葛瞻と孫の尚が戦死)〜鍾会の反乱(皇太子と姜維と張翼など旧蜀関係者の大半が死亡)の後だから取材が極めて困難やからな。
正史ですら空白期間結構あるし。

125□□□□(ネーム無し)2017/01/27(金) 10:43:23.62ID:ItnIo4bD
更新来たな。

126□□□□(ネーム無し)2017/02/02(木) 15:33:15.18ID:2V8C3RhU
張飛様の悩み相談
とにかく肉食って酒飲め

127□□□□(ネーム無し)2017/02/02(木) 17:32:07.82ID:xuFIXF2B
>>126
北方謙三先生のお悩み相談コーナーみたいだねw

あの人は「ソープに行け!」だったが。

128□□□□(ネーム無し)2017/02/02(木) 19:50:19.52ID:fPyEb45t
今月号は羽扇誕生エピ

約1,300年後、東夷の国で戦の指揮専用の団扇(=軍配)が誕生するとは
よもや思うまいて

129□□□□(ネーム無し)2017/02/02(木) 20:35:49.70ID:HNNIUG3V
>>126-127
肉欲ってかw

130□□□□(ネーム無し)2017/02/03(金) 09:31:28.87ID:p6wa2qVm
今月号いいな
徐庶の熱意が空振りになるのをどう消化するのかが次の楽しみ

131□□□□(ネーム無し)2017/03/02(木) 12:54:31.98ID:/bX58Flh
若いころは孫堅を討ち取りエンショウやエンジュツなどと組み曹操を
くるしめたというのに
これが衰えというものか

132□□□□(ネーム無し)2017/03/02(木) 19:43:27.12ID:Kfv1Tvbx
荊州刺史就任の時、荊州は群雄割拠状態で無法状態だったからなぁ。
それを蔡瑁らと協力して掃討し、文人らが集う文化的にも産業的にも農業的にも豊かな州にした。

それを踏まえているから、劉備も20年前だったら・・といったんだろうな。

三国志演義では荊州平定のあたりが全く取り上げてないから、既得権益にしがみつく
温厚で優柔不断な爺さん扱いだったけど、戦歴も豊かな乱世の英雄のひとりだよね。

無能で悪役な蔡瑁も実際は、魏でも要職に就くぐらい有能な将軍だった。

133□□□□(ネーム無し)2017/03/02(木) 20:37:48.50ID:0GHVZK2H
当時の結婚適齢期とかから何となく予想はしてたけど、黄 承彦(月英パパ)作中で四〇台確定したね。
おなじで四〇台としては、ちょっとショックだ。

134□□□□(ネーム無し)2017/03/02(木) 20:47:41.51ID:0GHVZK2H
連投ごめん。
ひょっとして、劉備 玄徳と黄 承彦は同世代なの?。
だとしたら、(わざとなんだろうけど)そうは見えないよね。
どちらかというと、劉 表と近くみえる。
確かに、あのバイタリティーは四〇台のそれかもしれないけど。(俺自身はあまりバイタリティーがある方じゃないけどね)

135□□□□(ネーム無し)2017/03/03(金) 14:53:19.72ID:/yINB3Lj
最後に演義でも蒼天でも冷遇されてる曹仁さんが登場してきて草

正史じゃ超強いのに

136□□□□(ネーム無し)2017/03/03(金) 23:53:42.41ID:PLnP0i/I
>>135
蒼天航路では大器晩成タイプだよ。

樊城の戦いでは、援軍の于禁軍を破り絶対優勢の関羽軍相手に、水没した城を見事に守り切って、
関羽の命運を絶つきっかけを作ってる。

曹仁と関羽の一騎打ちは終盤の見せ場の一つ。オチもあるけど。

137□□□□(ネーム無し)2017/04/01(土) 23:51:31.27ID:eSGqrNkR
今月号は赤壁の伏線か(孔明、気象知識を船頭に学ぶ)

138□□□□(ネーム無し)2017/04/07(金) 15:32:27.98ID:TMiaoqlG
あぁ、仮面の忍者

139□□□□(ネーム無し)2017/04/07(金) 17:11:16.27ID:JbUza6vM
赤べこ

140□□□□(ネーム無し)2017/04/28(金) 15:43:47.99ID:4PTil4bu
梨花の下では早くも安史の乱の予兆が

141□□□□(ネーム無し)2017/04/28(金) 18:40:31.61ID:xASogHmJ
早いよね

142□□□□(ネーム無し)2017/04/29(土) 07:16:23.24ID:OQpYAK7S
梨花の下では登場人物ほぼ全員がバッドエンドってのが予想出来るのがね。

143□□□□(ネーム無し)2017/04/30(日) 11:29:30.63ID:ZksMQRwL
どうせみんな死ぬ
というか過去の人物なのでもう既に死んでいるな

144□□□□(ネーム無し)2017/04/30(日) 17:46:04.56ID:LJn8CTsV
孔明だってバッドエンドだしな

145□□□□(ネーム無し)2017/04/30(日) 17:58:16.29ID:9GtcSahq
三国志の有名どころの人物でハッピーエンドってどれだけいるんだよ…

146□□□□(ネーム無し)2017/04/30(日) 17:59:46.95ID:kPgfSbjR
おらんなあ……ハッピーエンド
司馬懿も、あれだし。

劉禅?

147□□□□(ネーム無し)2017/04/30(日) 18:38:02.48ID:So2HNYee
ハッピーエンドなためチョイ役に降格された説

148□□□□(ネーム無し)2017/04/30(日) 19:03:44.44ID:Onr/yfwq
>>145
あのなかでは、徐庶が魏の高官として生涯を終えている。
蔡瑁も高官になって厚遇をうけているんだよね。有能だったらしい。
趙雲も軍の重鎮として天寿を全うしている。

ハッピーエンドの基準をどこに置くかで決まるよね。

149□□□□(ネーム無し)2017/04/30(日) 19:22:20.74ID:s2H6q+OK
たとえ処刑でも本人が満足してれば良いと思うが、ハッピーエンドの基準は他人が決めるからなあ

150□□□□(ネーム無し)2017/04/30(日) 21:01:22.82ID:mfWKUHw5
死ぬまでアゲアゲ状態で行けましたって点でなら司馬炎までの司馬一族ぐらいだよなあ>ハッピーエンド
なお八王の乱

151□□□□(ネーム無し)2017/04/30(日) 21:50:34.18ID:ROFwlt8U
安史の乱だと
玄宗→退位後は息子や家臣に幽閉される
楊貴妃→乱の責任取らされ自殺
仲麻呂→準閣僚クラスまで出世するも念願の帰国は叶わずベトナム行き

李白と杜甫は本人の中では満足かも

>>150
3代連続で皇帝が毒殺されるからね。
恵帝(餅に毒仕込まれて死亡)
懐帝&愍帝(匈奴漢の捕虜になり傘持ちや皿洗いなどこき使われてから毒殺)
東晋も劉裕に簒奪された後に族滅。
おまけに明の李卓吾にフルボッコ。

152□□□□(ネーム無し)2017/05/01(月) 20:22:46.18ID:8svoZKe+
>>148
徐庶のポジがかつての陳群並みってのは聞くけど
最高でそのあたりってのは魏で評価されてたと言っていいのかどうなんだろう。
どっかのサイトに書いてあったけど楚の相ってのはでかいのかな。
初期劉備が平原の相ってのを考えるとね。

153□□□□(ネーム無し)2017/05/01(月) 22:30:43.88ID:2fKN5QB5
徐庶の最終ポストの御史中丞って司馬懿や鍾毓(鍾会の兄)みたく名士とか功臣の子弟が任命される場合が多いみたいだから、ガチの寒門である徐庶の立場的には大出世じゃね。

154□□□□(ネーム無し)2017/05/03(水) 09:32:47.64ID:0chjqBGG
ん、そういや徐庶母は、魏に徐庶の正体がバレて連れ去られ、結局死んじゃうんだよな?
このマンガのキャラ的には、とても死にそうに無いけど。

155□□□□(ネーム無し)2017/05/03(水) 12:13:48.88ID:lu/Mh5t+
自殺したのは演義側じゃなかったっけ
正史ではそのあたり別に言及してない記憶

156□□□□(ネーム無し)2017/05/03(水) 13:57:52.97ID:n+Qg3UBF
>>154
自殺は演義の設定だよね。

どの展開でも、暗い展開になっていくからほのぼの感をどう維持していくか・・。

157□□□□(ネーム無し)2017/05/03(水) 13:59:48.14ID:Vgagk/k4
劉備さんとこに雇われた時点で、終わりにするんじゃないかなあ?

158□□□□(ネーム無し)2017/05/03(水) 14:31:51.16ID:n+Qg3UBF
>>157
表紙にカットが毎回入るし単行本の売れ行きもいい看板作品だから、続けられるだけ
続けると思うよ。作者もツイッターで見る限りは続ける気満々だし、

159□□□□(ネーム無し)2017/05/03(水) 15:34:14.66ID:Vgagk/k4
となると、全50巻……じゃ全然足りないな

160□□□□(ネーム無し)2017/05/03(水) 15:36:16.43ID:dY17od6Z
ぶっちゃけ徐庶引き抜きどうすんだろうね?
これだけドラマにしちまったら「母親が誘拐されたので曹操のところに行きます」じゃ誰も納得しないだろうし

曹操勢力には三人とも恨み骨髄(塩と鉄、ついでにいうと母親と嫁ちゃん殺される寸前でもあった)だから
「才能を買われたから」ってわけにもいかないし

161□□□□(ネーム無し)2017/05/03(水) 16:00:21.49ID:K5PzoY2W
そこで孔明か嫁ちゃんのウラ工作が、みたいな話に持っていくんじゃないかね
かーちゃんの憤死関連もそういう偽装の一環とか…(願望込み)

162□□□□(ネーム無し)2017/05/03(水) 16:04:46.53ID:Vgagk/k4
徐庶の話は、演技読んでて「???}ってなったなあ。

騙されたことに気がついたら、曹操のところから逃げ出すとかすんだろうと思って
読み進めたのに特に動きがなく。「あれー?」って。

163□□□□(ネーム無し)2017/05/03(水) 16:25:21.48ID:n+Qg3UBF
>>160
中国の儒教思想の孝悌を絡めて説明すると思う。


この作者、中国に留学して図書館で史料を読み漁ったり、各地を巡ったりしているだけあって
文化的側面が作品によく反映させている。母親を見捨てることは悪徳という部分をうまく描くと
思っているよ。

164□□□□(ネーム無し)2017/05/03(水) 19:33:33.04ID:QOiEWNWN
>>162
横山三国志だと「曹操の世話になりすぎたので帰れなくなった」みたいな事になってたけど
その短期間でどうそこまで世話になったんだよと思ったわ。
どう見てもそれ以上に厚遇されてた関羽は帰ったのに。

165□□□□(ネーム無し)2017/05/03(水) 20:17:32.69ID:n+Qg3UBF
親が魏にいる限り、魏にとどまる(背けば親は殺される)というのは
孝悌の道に沿ったものとして後の世に評価されているんだよね。

常識が今とは違うから仕方ない。

166□□□□(ネーム無し)2017/05/03(水) 20:18:23.66ID:8+18eEy2
♪曹魏よいとこ一度はおいで
酒はうまいし、ネーチャンはきれいだ

これで釣れるやろ(konami)

167□□□□(ネーム無し)2017/05/03(水) 20:24:42.81ID:Vgagk/k4
>>166
張飛が行ったぞー

168□□□□(ネーム無し)2017/05/03(水) 21:23:53.32ID:boeohVWb
竹林の七賢メンバーの嵆康(けいこう)の、「与山巨源絶交書」って手紙に孔明と徐庶の別れのエピソードが引用されてるから魏でも結構有名な話だったんだろうね。

169□□□□(ネーム無し)2017/05/03(水) 22:58:33.60ID:t9M6yPo/
>>167

妃なら、歓迎するのに。

170□□□□(ネーム無し)2017/05/04(木) 12:22:18.64ID:f/xvVwHz
P26左4コマ目の子龍
レイヤーミスってない?

171□□□□(ネーム無し)2017/05/05(金) 07:01:30.52ID:/uqbAF1m
王陵「俺のオカンを煮殺した項羽絶許」

172□□□□(ネーム無し)2017/05/06(土) 07:22:13.64ID:sfjG3c0G
>>166
何晏「脱法ドラッグ五石散もあるでよ」

173□□□□(ネーム無し)2017/05/06(土) 08:47:28.70ID:VX43ER2Z
>>167
曹操「よし、美人画描かせろ」

174□□□□(ネーム無し)2017/05/06(土) 17:43:01.32ID:Tf7AerCN

175□□□□(ネーム無し)2017/05/06(土) 19:30:31.60ID:eq57Pq+W
笑府や落語の野ざらしを知らんのか?

176□□□□(ネーム無し)2017/05/15(月) 10:45:18.94ID:Nnixg+cz
徐庶もだんだん軍師っぽくなってきたな

177□□□□(ネーム無し)2017/05/16(火) 00:57:15.98ID:90SJ0fQ2
そしてますます
「これ曹操軍入りしないだろ…」と

178□□□□(ネーム無し)2017/05/16(火) 01:44:41.56ID:q95SOAVX
>>177
横山三国志でも感じてたから、この作品だとさらに増すべなあ

179□□□□(ネーム無し)2017/05/16(火) 02:36:01.34ID:CUs/icAx
曹純伝(曹仁伝のオマケ)に「曹純は劉備の娘二人を捕虜にした」って出る程の激戦(先主伝だと数十騎で逃走)だけどそのまんまの描写だと劉備が不人情過ぎるキャラになっちゃうからなぁ。

いまさらこのキャラになんて出来ないし

http://i.imgur.com/qwII4me.jpg
http://i.imgur.com/zc2lClX.jpg

180□□□□(ネーム無し)2017/05/19(金) 15:37:02.18ID:341SnK7U
Twitterより次巻は7月6日発売

181Jolly Rogers ◆0tkoCr0voc 2017/05/20(土) 09:31:26.79ID:scv6fjUo
>178
 徐母のあの豪快さを考えると、
「母が泣き言を手紙に書くような人か?」
って思いっきり看破しそうで話が変わりそう(w

182□□□□(ネーム無し)2017/05/20(土) 09:38:19.64ID:QsBAbhX/
蒼天みたく劉備の家族ごと捕虜になるとか話変えるんじゃね。

183□□□□(ネーム無し)2017/05/20(土) 18:42:35.46ID:pCQ1IM08
>>181
>>182
この作者だったらきちんと儒教思想の「孝」を説明しながら、親を見捨てられない
徐庶を描くと思う。当時親孝行は任官推挙の理由になるくらい重要視されていた。

後の史家は徐庶の孝を重んじ曹操に降ったことを高く評価したからね。

184□□□□(ネーム無し)2017/05/20(土) 18:54:27.61ID:zkwcCF3r
田豫が劉備の元を去ったのも母親の孝養が理由だしね。

185□□□□(ネーム無し)2017/05/20(土) 20:56:19.39ID:NzpgllSi
でも
徐母「私は息子を飲み屋の店主にするために育てたんじゃない」
徐庶「カーチャン…俺頑張るよ」
のイベントあるもんなあ

186□□□□(ネーム無し)2017/05/21(日) 05:55:30.29ID:auEGjQkB
劉備が悩む徐庶の背中押すんじゃないかなあ
お袋さん見捨てちゃいけねえよ、って
劉備も母親にいつか大事をなす人間になるようにって育てられたとかってエピがあったと思うんだけど
それを語りながら自分は親孝行できなかったけどお前はできる、曹操は能力ある人間はちゃんと厚遇するからお前さんなら心配ない、とか

187□□□□(ネーム無し)2017/05/21(日) 06:27:51.34ID:Wi7DJ/Qn
一連の塩鉄問題が足を引っ張る
厚遇されるなら、民の生活を何とも思ってないしカーチャンを口封じにぶち殺そうとした連中と働くのね、と

188□□□□(ネーム無し)2017/05/21(日) 07:56:40.63ID:sdu4LI4s
その責任者郭嘉はもうすぐ死んじゃうからそこら辺はチャラにできる?

189□□□□(ネーム無し)2017/05/21(日) 12:48:37.02ID:auEGjQkB
厚遇されるってことは意見を聞いてもらえるってことで、内から曹操の覇道のストッパーになれる可能性もあるとかいう人出てくるんじゃね?
それが詭弁であるとしても徐庶の気持ちに折り合いつけさせるために劉備なり水鏡先生なりがそういう話しそうだなあ

なお徐兄のこういう件を見聞きした孔明は後年姜維に対して同じことをやるのであった

190□□□□(ネーム無し)2017/05/24(水) 15:35:04.81ID:u1cT1gez
>>187
陸遜「ウチは外祖父を孫策に殺されてるんですがそれは」
陸坑「親父を憤死させた孫権絶許」

191□□□□(ネーム無し)2017/05/31(水) 19:42:49.26ID:RiTp6gb/
後年西晋王朝を滅ぼす劉淵も最初に認められたのが母親の葬儀での哭礼やからなぁ。

192□□□□(ネーム無し)2017/06/06(火) 17:21:38.65ID:qpt2qlQ2
今月号は「いい加減に孔明とヨメは独身の均をイジるのは止めて差し上げろ」やな

193□□□□(ネーム無し)2017/06/06(火) 18:05:02.69ID:C+7Nv9EY
>>192
ああ……まったくだ……。

ところで、まだ嫁ちゃんに子供はできないのか?

194□□□□(ネーム無し)2017/06/06(火) 18:45:13.42ID:qpt2qlQ2
子供はねぇ……ガチで描いちゃうと司馬師みたく娘しか産まれなかったんやろなぁとしか。

195□□□□(ネーム無し)2017/06/06(火) 21:24:41.52ID:TDJJMBVj
>>192
兄ちゃんも気を回して結婚を勧めればいいのに。
荘園を管理してるんだから十分生活はなりたつだろうし。

義姉が有力豪族のひとり娘だし、結婚の条件は揃ってる。

ちょっと孔明さん夫妻はその点鈍いというか、イライラするというか・・。

196□□□□(ネーム無し)2017/06/06(火) 23:33:46.34ID:ZFl7wygB
均よ、なぜ兄夫婦に旅を勧める?
なぜ家から遠ざけようとするのだ?

女連れ込む気だなw

197□□□□(ネーム無し)2017/06/06(火) 23:51:14.39ID:C+7Nv9EY
>>194
そうなの? 横山三国志で、孔明の息子みたいのが出てきた記憶……。
あれは養子なのかな。いや、単に、俺の記憶違いか。

198□□□□(ネーム無し)2017/06/07(水) 00:40:46.61ID:g6wTG7N2
あれはヨメちゃんが木材と鉄材とネジと歯車でトンテンカンテンと(ry

199□□□□(ネーム無し)2017/06/07(水) 10:47:44.06ID:MaM5nmcl
>>197
実子の瞻が生まれたのが晩年(226年生まれ)でそれまでは喬(ロバ兄の次男)が養子(228年に死亡。享年25歳)

ただ、作者はそこまでガチガチに描く気はないやろ。

200□□□□(ネーム無し)2017/06/07(水) 11:41:20.15ID:tX9fkvCt
>>199
おお、ありがとう。
そうなのかあ。

201Jolly Rogers ◆0tkoCr0voc 2017/06/07(水) 15:09:33.78ID:q/fc5wak
>197
 ちなみにその嫡男のヨメは劉備の孫(劉禅の娘)。
 まあ、劉禅の嫁は張飛の娘だが。しかも長女と次女の二人。
※ただし皇后となった長女が若くして亡くなったあとで、次女が新たに皇后となっており、
同時に妃だったわけではない

202□□□□(ネーム無し)2017/06/10(土) 17:00:19.41ID:1XWJfrCq
あと補足しておくと喬は途中で字が変更されているので加冠(元服の中華版)してから孔明さんのとこに養子に行ったっぽい。

203□□□□(ネーム無し)2017/06/10(土) 19:27:31.85ID:gswkEyHC
>>195
そもそも孔明夫妻自身が
結婚してる認識がまだないという可能性が…
学問の同志(スタート)→気になる異性→恋人同士

くらいのフラグ進行で

204□□□□(ネーム無し)2017/06/10(土) 21:52:23.15ID:ML/N5zqm
>>203
え、孔明は完全に妻と認識してるじゃん
夫婦の営みもやる気はあるけどヨメちゃんが童顔すぎるから困ってたり、
更にその辺の知識全くないことがわかって頭抱えてたりしてるじゃん
孔明は早いうちからヨメちゃんをちゃんと女として意識してるよ

205□□□□(ネーム無し)2017/06/10(土) 22:16:02.93ID:draPt0Db
子供が出来ても黄家の養子ないし預けるという技もできるしなぁ・・。
とーちゃんも荊州陥落時、劉jに付き従って青州に行くという筋もできるし。

206□□□□(ネーム無し)2017/06/10(土) 23:44:34.59ID:Likftlzq
ぶっちゃけ陳寿が簡素な記述にしてるから思い切り肉付け出来るからな。

207□□□□(ネーム無し)2017/06/11(日) 00:25:33.62ID:BBbJj/9P
女性作者らしいなぁと思うのは、男性は出さないと溜まる、性欲が増進するという
男性の生理をまるっと無視している(もしくは理解してない)からなぁ。

襄陽の妓館に行っても文句言えない状態。

208□□□□(ネーム無し)2017/06/11(日) 02:15:25.56ID:+smkH3k+
>>204
過去形な
もう営み始めていることを示唆する描写はある

209□□□□(ネーム無し)2017/06/11(日) 06:42:20.35ID:ZkUB7heJ
>>207
そんなの全年齢向けなら男性作家でもスルーしてることの方が多いじゃん……

210□□□□(ネーム無し)2017/06/11(日) 17:04:15.47ID:4jHeghtt
まあしばちゅうさん(司馬懿)もハルカちゃん(正妻の張春香)に高齢出産させてるからヨメちゃんも実子の贍を高齢出産したって解釈でもエエんやで。

211□□□□(ネーム無し)2017/06/30(金) 11:53:17.16ID:ZfT+35lH
今日はホーム発売日なのでお忘れなくage

ところで梨花も今日更新予定と予告されてたケド
7/11に延期されたな

212□□□□(ネーム無し)2017/06/30(金) 21:42:26.02ID:CxjkN5ng
いよいよ弟の均ちゃん結婚だけど、孔明のあの鈍感さはどうなんだろう?。
ヨメちゃん来るまで孔明に隠れて林ちゃんと付き合っていて、ヨメちゃんが友達として連れてきたから弟の彼女ではなくて、ヨメちゃんの友達としか思っていなかったのかね。

213□□□□(ネーム無し)2017/06/30(金) 23:58:52.65ID:XVk1H7Gl
班昭さんも「義妹との付き合いは大事」つってるのになぁ。

214□□□□(ネーム無し)2017/07/01(土) 03:51:24.47ID:khPi1kWj
これで嫁は林ちゃんじゃない流れになるのか?w

215□□□□(ネーム無し)2017/07/01(土) 06:32:46.60ID:DjQz/bwp
光武帝&曹操&高歓「本当に好きな女を正妻にするとは限らないんやで。」

216□□□□(ネーム無し)2017/07/01(土) 06:33:43.04ID:khPi1kWj
せんせい∩(´・ω・`) 均ちゃん庶民だってば

217□□□□(ネーム無し)2017/07/01(土) 07:44:55.01ID:EoptUeCp
>>214
「妻は林氏とも。」的なことが通説だから、そこ変えるとしたら大事でんがなw

218□□□□(ネーム無し)2017/07/01(土) 12:58:45.81ID:Z092EUW/
今月久々に伍子胥どんが出てたな

219□□□□(ネーム無し)2017/07/06(木) 04:15:16.90ID:iwHqrePi
7巻(電子書籍版)購入

220□□□□(ネーム無し)2017/07/08(土) 11:17:20.45ID:PUH8EHVf

221□□□□(ネーム無し)2017/07/09(日) 14:28:27.64ID:6wyA/ITp
>>220
作者がそれやっちゃダメだろw

222□□□□(ネーム無し)2017/07/11(火) 17:06:35.18ID:fGRr9m0J
>>220
クッソワロタwww

223□□□□(ネーム無し)2017/07/11(火) 17:10:36.88ID:PlJoc/z4
荀ケオカンポジションなら陳羣は風紀委員かね
http://i.imgur.com/9pkhFX9.jpg

224□□□□(ネーム無し)2017/07/11(火) 17:25:11.89ID:wA2AIgid
まあ、しかし、この人、中国史大好きなのだなあw

225□□□□(ネーム無し)2017/07/11(火) 21:07:37.62ID:AZyBzLz6
>>224
中国に留学して図書館に缶詰になった人だし・・
ちょっとした旅行感覚で中国に行く人だし・・

226□□□□(ネーム無し)2017/07/12(水) 01:17:41.06ID:OYEhdDkj
>>225
まさにその「エッセンス」を我々は楽しんでるんだなぁと

227□□□□(ネーム無し)2017/07/12(水) 10:22:34.71ID:Wv0LB8Cw
江河の如く(春秋戦国)
孔明のヨメ(後漢〜三国)
梨花の下で(盛唐)

このペースだと次は王安石当たり主人公にしそう

228□□□□(ネーム無し)2017/07/12(水) 20:27:36.24ID:3ExPbnaJ
んで、ヨメちゃんとはセクースしたのか?したのか?したのか?したのか?

229□□□□(ネーム無し)2017/07/13(木) 14:37:59.24ID:Pe0ESiK+
「「答えません!!///」」

230□□□□(ネーム無し)2017/07/30(日) 02:23:54.91ID:XuW2SZnm
>>228
劉備の軍師になり、出立する前日についに・・という気がするな。

その後長坂の戦い、荊州への退却戦があるからなさすがに嫁ちゃんを
連れて行くわけには・・。

231□□□□(ネーム無し)2017/08/02(水) 21:05:32.38ID:8B4LGzfT
ついに弟が結ばれたなぁ・・・めでたい。
兄の鈍さは天下一品。

232□□□□(ネーム無し)2017/08/03(木) 07:49:55.09ID:1jnuJ5ws
>>231
田舎は今日発売。辛いw

233□□□□(ネーム無し)2017/08/03(木) 12:10:00.50ID:J830frb7
一日遅れで読んだけど、郭嘉がBLキャラみたいになっとる、、w

234□□□□(ネーム無し)2017/08/03(木) 20:55:54.31ID:sMufouSE
もう時期死ぬからいいんだよ。

235□□□□(ネーム無し)2017/08/04(金) 10:05:53.37ID:q6ESFMN6
>>231
兄弟が結ばれたのか

236□□□□(ネーム無し)2017/08/04(金) 10:20:27.61ID:W4PQu5ua
やはり男の味が忘れられんのか

237□□□□(ネーム無し)2017/09/02(土) 00:09:25.31ID:s5KxHiKV
来月は徐兄との再会
(そして他の劉備陣営メンバーとはすれ違いに終わる)

238□□□□(ネーム無し)2017/09/02(土) 00:25:14.43ID:KNrX3hve
>>237
この旅行は史実なの?

239□□□□(ネーム無し)2017/09/02(土) 01:46:35.16ID:wsHiymng
史実ではないと言いたいところだけど、作者は伝承を集めたり、
中国に留学して図書館に篭りっきりで史書その他を読み漁ったみたいだから
正史以外にそういうエピソードがあったのかもしれない。

240□□□□(ネーム無し)2017/09/02(土) 10:55:18.22ID:FS1O6uDv
ネタバレはしないけど、シリアスな話を混ぜるのホント上手い

241□□□□(ネーム無し)2017/09/03(日) 00:31:37.44ID:k0QrxpCZ
今月の柱コメント見るまで、
作者男の人だとずっと思ってた……

242□□□□(ネーム無し)2017/09/03(日) 09:03:42.94ID:cZ4tzURs
>>241
ふいんきが似てると言われる竹本泉の逆パターンだな

243□□□□(ネーム無し)2017/09/03(日) 15:50:58.18ID:+ZD/7s2V
男顔負けのパワーだというのは
坊主兄貴の漫画で出てるな

244□□□□(ネーム無し)2017/09/03(日) 16:49:17.58ID:uhmzk7pa
中国旅行(では済まされないめっちゃハードな旅路だったけど)の話で、女性ならではの
苦労みたいなのもちょこっと触れてたからねえ…

245□□□□(ネーム無し)2017/09/03(日) 17:18:26.22ID:OI+qiFuW
まぁ師匠(荒川弘)が輪を掛けてパワフル姉さんだし…

246□□□□(ネーム無し)2017/09/03(日) 20:51:31.19ID:mAWf8Obu
サイン会で実物見たが見た目は至って普通の感じ
見聞録のようなアクティブって感じはしなかったんだよなあ

247□□□□(ネーム無し)2017/09/11(月) 19:51:22.93ID:QGaPXbpX
孔明のヨメも嫌いではない。
コミックウォーカーとpixivコミックにキトラがある。
梨花の下で 李白・杜甫物語が好きで4ページしかないのが悲しい。

248□□□□(ネーム無し)2017/10/02(月) 10:35:00.09ID:0olebnlT
いよいよ徐兄と孔明夫婦の戦場デビューが近付いて来たな

249□□□□(ネーム無し)2017/10/02(月) 12:31:00.88ID:zu1u8Sd7
いよいよ平和なときは終わりか

250□□□□(ネーム無し)2017/10/02(月) 12:47:16.50ID:HNR5x76H
蜀志先主(劉備)伝だと「先主は屯営を焼いて逃れたが夏侯惇と于禁を伏兵で破った」とのみ書かれる部分で劉備の傭兵隊長としての力量が見れる場面やな。
そういえば于禁さんはまだでてないんだっけ。

251□□□□(ネーム無し)2017/10/03(火) 08:35:21.89ID:Cx8mwAKc
夏侯惇が「あやつ」呼ばわりしてるの
曹操でおk?
(タメ口関係が史実だったとはいえ
 やりすぎのようなw)

252□□□□(ネーム無し)2017/10/03(火) 08:41:02.24ID:b9biSVSZ
「どうせ手紙来ても泣き入れてるだけだろw」に草。

253□□□□(ネーム無し)2017/10/05(木) 23:40:26.21ID:37FrDF71
表紙(と目次漫画)のかぼちゃって三人組の顔なんだなw

254□□□□(ネーム無し)2017/10/08(日) 21:34:36.17ID:1vyZisgE
>>248-249
ヨメちゃんの新兵器フォルダが火を噴くぜっ!!w


平和が終わるってことは、この作品も終わりに近づいてるんだろうな。

255□□□□(ネーム無し)2017/10/09(月) 01:54:28.30ID:j1WOoZXN
>>254
別に五丈原までやらない理由はない
正史に矛盾を起こさなければ、同行しようが自由

256□□□□(ネーム無し)2017/10/09(月) 03:01:31.48ID:FMd88L49
徐兄と士元に変わる劉備らが結構キャラ立ちしているから続いても不思議はないよね。
ツイッターのやり取りを見ていても打ち切り以外はやめるつもりはない感じ。

257□□□□(ネーム無し)2017/10/09(月) 04:04:59.24ID:RVBECB5p
あの絵柄で龐統の死をどう描くか見てみたい

258□□□□(ネーム無し)2017/10/09(月) 04:30:56.92ID:j43kOfKR
続くのは嬉しいが、嫁ちゃんの出番が減るのは悲しいなあ

259□□□□(ネーム無し)2017/10/11(水) 16:03:29.43ID:YCXhaGjn
>>257
龐統も正史だと謎の多いキャラだからな。
呉人と仲良かったり(周瑜の遺体を呉に運んだのが龐統)名士層と交流してたりとか。

260□□□□(ネーム無し)2017/10/11(水) 17:35:00.01ID:841wiGcg
>>258
成都入りあたりまでキンクリさせればヨメちゃんの出番作れるぞ。
成都入り(214年)から劉備の称帝(221年)まで殆ど記述がないから。
(別伝だと「蜀科」って法律の制定をやってたとか、法正の尻ぬぐいやってたとかの記述はある)

261□□□□(ネーム無し)2017/10/11(水) 21:03:57.58ID:bR5Pfth7
記述がないなら、開き直って描けばよろしい。
正史だって、大半が多分そうだろうってレベルだし。

262□□□□(ネーム無し)2017/10/11(水) 22:59:00.57ID:u1++fxxz
長坂の退却戦でも嫁ちゃんの出番は作れるしな。
罠を総動員して足止めとか。シリアス回が続くけど。

諸葛均もそこそこ出世してるから、一緒についてきてもおかしくないよね。

263□□□□(ネーム無し)2017/10/12(木) 01:31:06.67ID:gFT4P1Ab
この物語での蔡夫人は、ヨメちゃんを心配する良い叔母さん(ヒスだけど)だから、演技のような最期は迎えて欲しくないなあ。
まあ、蔡瑁はいつ首チョンパでも善いですがw

264□□□□(ネーム無し)2017/10/12(木) 19:47:22.73ID:CjC0QOjF
正史では劉jと蔡瑁ともに魏で厚遇されて昇進を重ねているから
蔡夫人も大丈夫だと思う。

265□□□□(ネーム無し)2017/10/12(木) 20:36:49.29ID:YGFQGm0J
正史準拠だとすると
徐兄も曹魏で順調に出世してくれるんだな
安心する

266□□□□(ネーム無し)2017/10/13(金) 04:05:50.93ID:pTecMA6G
正史だと、徐母は生きてるんだよね?(´・ω・`)

267□□□□(ネーム無し)2017/10/13(金) 04:45:04.72ID:b/Y6o02e
正史のほうが人があんまり死なないんだね?

268□□□□(ネーム無し)2017/10/13(金) 10:06:04.66ID:u9b5L8U+
むしろ、正史でも演義でも「落鳳破」になってしまう士元さんの方が悲惨じゃないスかね?

269□□□□(ネーム無し)2017/10/13(金) 14:24:19.05ID:GGejPMog
>>265

http://www.project-imagine.org/text/san_zhiguan2.html#yushi33
に出てる曹魏の歴代の御史中丞のメンツが凄いw
司馬懿だの陳羣だの諸葛誕だの杜恕(杜預の親父)鍾毓(鍾会のアニキ)荀俁(荀ケの息子)だの名士ばっか

270□□□□(ネーム無し)2017/10/13(金) 19:30:20.58ID:okUmKbkM
>>265
蜀漢だとほぼ間違いなく列伝入りしてた事を考えるとなぁ。
第四品は結構上なんだけど。

>>269
その話はたまに聞くんだけど就任時の年齢とか仕官年数が分かれば
そのあたりの面子と比べてどう扱われたのか分かると思う。
個人的には一段下くらいの扱いのような気がするけど。

271□□□□(ネーム無し)2017/10/13(金) 22:43:16.95ID:EZARS6vG
司馬懿は晋書宣帝紀だと220〜222年頃に御史中丞に就任してて年齢は40前半くらいかな。

272□□□□(ネーム無し)2017/10/13(金) 23:38:27.08ID:3Cct0lWX
のちに孔明さんも徐兄の地位を見て、魏は人材が豊富だから高位につけないんだろうと
言った感想を述べているからなぁ。高位ではあるが二線級の地位なんだろうね。

273□□□□(ネーム無し)2017/10/14(土) 03:53:45.50ID:ttCxWxZx
>>268
ドラマのThree Kingdomsでは「そうか、ならばこここそ俺の死に場所にふさわしい!
(劉備に蜀取りを決意させる作戦には最高の舞台だ、の意)」
とカッコいい脚色がされてて、この作品の士元にも合っていそうに思う。
まあ、悲しいんですけどね…

274□□□□(ネーム無し)2017/10/14(土) 07:04:30.26ID:FbCtrbHX
>>272
大臣級一歩手前って感じの地位かな。
他の奴は御史中丞から尚書(大臣)とか地方軍の司令官とかになってるから。

275□□□□(ネーム無し)2017/10/14(土) 08:27:30.70ID:B7UxrBxX
いまのところ名前と顔が出てる人物で死ぬ順は郭嘉、劉表、蔡瑁、士元かなぁ。意外とみんな死なない。

276□□□□(ネーム無し)2017/10/14(土) 12:55:40.56ID:A+fEdpmN
荀揩ヘ?

2772702017/10/14(土) 21:50:24.59ID:ANC31gWz
>>271
220年と言えば曹操が死んで後漢が終わり魏帝国の建国か。
その時期に四友の一人が就いていたと考えると結構でかい。
先代の重臣を立てつつ新皇帝の側近に就けるポジか。
陳羣は尚書なんだけどこれは曹操時代からの扱いの違いでこっちは先代の重臣に相当するからだろうね。

278□□□□(ネーム無し)2017/10/15(日) 08:49:28.18ID:TIDpqeA1
注釈に上げられてる「魏略」の記述に従うと徐兄は黄初年間(220〜226)に御史中丞に任官したと記述されてるので曹丕時代に任官したと思われるかと。あとこの時代は四品官クラスでも推薦がないと難しいので同僚や上司のウケもそれなりに良かったのでは。

279□□□□(ネーム無し)2017/10/15(日) 09:08:22.13ID:LEdpXW5R
家柄(庶民の出)とか考えたら、大出世じゃないかな?

280□□□□(ネーム無し)2017/10/15(日) 09:58:52.29ID:RUzJkguf
同時代だとガチの寒門(庶民)って闞沢(カンタク)ぐらいでその闞沢も孝廉の推薦貰ってから任官だからね。
後の時代だとケ艾(屯田民)や張華(羊飼い)がいるけどケ艾は司馬懿に張華は劉放(曹叡の秘書)に才覚を認められて出世コース。

281□□□□(ネーム無し)2017/10/21(土) 07:30:49.51ID:0y6/sLnt
御史中丞についてはこんなのも見つけた。南斉の武帝(在位482〜493)の頃に編纂された歴史書だけど。
http://sinyousyuden.blogspot.jp/2017/10/13.html?m=1#201710097
これによると司隷校尉(三品)の補完的存在だったそうな

282□□□□(ネーム無し)2017/11/02(木) 11:45:25.25ID:OU+UTVGJ
いよいよ徐兄のデビュー戦か

283□□□□(ネーム無し)2017/11/03(金) 06:14:56.50ID:DxacQYzL
新野の役人「あの2人、単軍師のこと『徐兄』って呼んでるのはなんでだろう?」

284□□□□(ネーム無し)2017/11/08(水) 22:03:07.64ID:dQTBBen1
孔明とヨメちゃんはセクースしたのか?

285□□□□(ネーム無し)2017/11/08(水) 23:30:14.94ID:jkA2SGil
諸葛瞻の誕生年を考えると…まだだな

286□□□□(ネーム無し)2017/11/08(水) 23:41:28.68ID:qrmABKFe
合体→妊娠確定でも無いしヤってはいるかも

287□□□□(ネーム無し)2017/11/21(火) 21:13:21.86ID:Ej8W6r/K
扉絵の月英が正座してるようにも見えるんだけど、これいいのかな?

288□□□□(ネーム無し)2017/11/22(水) 13:58:45.08ID:NdAs5RAj
梨花の下で 13話掲載 李白と別れて長安に戻った杜甫
次回更新は1月か

289□□□□(ネーム無し)2017/11/26(日) 14:14:47.71ID:HkvB3al+
>>284 285 286
この作風の二人だとまず人体の神秘という方向にシフトしてペッティング止まりじゃないか

290□□□□(ネーム無し)2017/11/27(月) 02:58:29.76ID:BnPwi5ow
そういや今作でも劉備は「戦下手」の設定やけど(実際は手練の傭兵隊長で長期間の対陣でも軍を維持出来る高い統率力の持ち主)
このあたりは軍師の見せ場作りのため仕方ないのだろうな

291□□□□(ネーム無し)2017/11/30(木) 23:28:57.27ID:WnsVmzSb
荒川さんの「百姓貴族」5巻に、荒川さんが描く(犬姿の)杜康さんがちょっと登場してた
2人で中国に行って、ゲロマズなトウモロコシとおいしい焼き芋を食べた話

…「人」がごった返してる市場に、メガネかけて直立歩行する牛と犬が混ざってる図が
なかなかシュールでしたw

292□□□□(ネーム無し)2017/12/01(金) 00:03:12.71ID:fqJOSKk0
神農「解せぬ」

293□□□□(ネーム無し)2017/12/02(土) 06:42:23.86ID:TJpwe8uG
さすがに誌風を考慮してか直接的な描写は避けてるのか

作戦は狼の口のラストを思い出す

294□□□□(ネーム無し)2018/01/05(金) 12:17:10.80ID:jDrUcry9
コミックス3月発売予定

295□□□□(ネーム無し)2018/01/05(金) 12:18:16.03ID:jDrUcry9
訂正。
新刊、3月7日発売。

296□□□□(ネーム無し)2018/01/05(金) 19:17:35.50ID:PpgOsqfh
曹仁が冷静な将として描かれていたことに好感が持てた。
やられ役で凡将というイメージが強いからね。

297□□□□(ネーム無し)2018/01/05(金) 19:25:53.69ID:WDnqdF0S
そう?
曹仁は昔から割と評価高いぞ
曹洪と間違ってるか蜀びいき作品ばっかり見てたんでは

298□□□□(ネーム無し)2018/01/05(金) 20:56:41.15ID:PpgOsqfh
>>297
ある程度三国志にハマっていれば優秀な将であるというのは常識だろうけど
演義ベースだとやられ役だからね。

以前一世を風靡した蒼天航路でも後半に入るまでコメディリリーフ扱いだったし。

299□□□□(ネーム無し)2018/01/05(金) 22:13:07.46ID:Z03CZSCc
>>298
割と演義寄りといわれる本作だけど、そこは曹魏好きの血がw

300□□□□(ネーム無し)2018/01/05(金) 22:39:18.16ID:JMSwonz8
ラストでいよいよ郭嘉の寿命が尽きた事について

301□□□□(ネーム無し)2018/01/06(土) 13:11:15.85ID:PxAB3ucL
さすがに表紙の犬に自分自身を使うことはなかったかw

302□□□□(ネーム無し)2018/01/24(水) 21:48:58.58ID:Bb7saemS
「八門金鎖の陣破り」のくだりをこんな風に
アレンジしたのは流石だな
超常的な設定を避け、実際に曹仁の陣立てを読むのは
実戦経験豊富な関羽の仕事に
(それも敵陣に動揺が起こってからのことに)
する辺りリアリティがある
しかも主役(孔明とヨメちゃん)が中心だった
先行ストーリーをきっちり伏線として生かすんだから

303□□□□(ネーム無し)2018/01/25(木) 12:56:17.51ID:LG4GhILW
あと正史の「先主は伏兵を設け自ら屯営を焼いて逃れる。夏侯惇ら(漫画では曹仁)はそれを追うも伏兵によって破られる」って
記述とも合ってるからね

304□□□□(ネーム無し)2018/02/02(金) 10:54:05.85ID:ckpPz3k6
弟はこれ別居した方が良くねw

305□□□□(ネーム無し)2018/02/02(金) 20:51:26.89ID:tQH4j9BU
兄夫婦が旅に出てる間イチャイチャベッタリだったんだろうなぁ・・

306□□□□(ネーム無し)2018/02/05(月) 21:03:46.58ID:bNTCGVgQ
ヨメちゃんセクースした?

307□□□□(ネーム無し)2018/02/06(火) 11:53:58.40ID:cx5KLGlY
二人とも色を知る年齢やからな
https://i.imgur.com/ZMGrkcT.jpg

308□□□□(ネーム無し)2018/02/06(火) 12:02:44.73ID:vA6RmK8M
もう、孔明はおっさんに近い年齢じゃないの? ちゃうの?

309□□□□(ネーム無し)2018/02/06(火) 14:22:22.80ID:a3EjKqre
アラサーと言ってはいけない

310□□□□(ネーム無し)2018/02/09(金) 22:53:38.64ID:fqZ+ZybK
中国4000年の歴史を感じさせるネットリとしたセクースを描いて下さい。

311□□□□(ネーム無し)2018/02/11(日) 10:49:10.32ID:tx6vKKit
孔明の下半身ネタは天の華地の風と蒼天航路でこれ以上ないくらいイジられてるけどヨメさんはまだイジられてないからな。

ちなみに天の華地の風はやおい描写抜きにしたら劉備陣営の微妙にギクシャクした人間関係をきっちり書いてる怪作。

312□□□□(ネーム無し)2018/02/13(火) 09:01:17.30ID:vWcoVX1f

313□□□□(ネーム無し)2018/02/13(火) 13:57:15.24ID:H7dsU4jD
8巻いったかあ。
一誌連載だけだよね? 息長いなぁ。

314□□□□(ネーム無し)2018/02/20(火) 07:30:20.68ID:bMuP1Utb
ウェブ連載で李白と杜甫の話もやってるで。

315□□□□(ネーム無し)2018/02/21(水) 23:42:24.17ID:luMgRpNU
>>314
16話来てたんだな

316□□□□(ネーム無し)2018/02/23(金) 03:56:49.29ID:xWL5zwGr
孔明とヨメちゃんの濃厚セクースまだ〜?

317□□□□(ネーム無し)2018/02/28(水) 20:38:49.43ID:aaE3gBQz
>>316
芳文社大粛清を生き残れるかどうかが先だな

318□□□□(ネーム無し)2018/02/28(水) 22:09:39.91ID:FC9U/2rq
雰囲気的には大丈夫そうだが
掲載の仕方は今まで通りとはいかない(減ページとか)かもだけど

319□□□□(ネーム無し)2018/02/28(水) 23:28:14.85ID:mp6mXR6E
単行本刊行数からみてホームの三本柱の一つだから、他雑誌テコ入れに移籍させられることがあっても打ち切りはないと思う。

320□□□□(ネーム無し)2018/03/02(金) 07:12:17.27ID:7n+OHa6C
蕭何「粛清を切り抜けるのも才のうちやぞ」

321□□□□(ネーム無し)2018/03/02(金) 09:03:59.29ID:qm7UPoCs
蕭何さんはいい人すぎて逆にやばかったじゃないっすか

322□□□□(ネーム無し)2018/03/02(金) 13:25:05.20ID:ZxirGFQT
張良「危なくなる前に逃げればよろし」

323□□□□(ネーム無し)2018/03/02(金) 13:28:22.23ID:1pZqjOsm
今月号感想

【朗報】ヨメの入浴シーン

【悲報】曹操軍、来月からお通夜に

324□□□□(ネーム無し)2018/03/02(金) 16:31:48.28ID:WqJujxYk
奉孝殿に次の戦は…

325□□□□(ネーム無し)2018/03/02(金) 20:08:42.34ID:WbVQyx75
張良は非常に有能だったわりに大権握った感があまり無いんだよな。
あと叛乱できるほどの基盤を敢えて貰わなかったりいい具合に身を引いた気がする。
あと過去の武勇伝も影響あるかも。

326□□□□(ネーム無し)2018/03/03(土) 13:17:17.01ID:+CiI4Smq
とりあえずKindleで予約したわ

327□□□□(ネーム無し)2018/03/03(土) 15:54:28.06ID:UvYCMN0b
>>325
孔明さんのように政戦両略でで縦横無尽に采配する宰相兼軍師というより、張良は帷幕の臣という感じで
権限は限定されているイメージ。

孔明さんは政治軍事すべてに大きな権限と能力を有していた一方、劉邦の臣は
軍事の韓信、政治の蕭何、戦略の張良と役割分担がなされていた印象がある。

328□□□□(ネーム無し)2018/03/03(土) 22:41:49.93ID:9RkBdFfJ
子房たんは客将の時期長かったからなぁ。周りからは劉邦の謀主とは見られてたけど

329□□□□(ネーム無し)2018/03/07(水) 12:56:55.78ID:Oop2UB5B
八巻電子書籍で読了。

まとめて読むといよいよデビューが近いてきたって感じですな。

330□□□□(ネーム無し)2018/03/12(月) 00:00:52.96ID:kIKsptW2
まとめて読むと面白さがひときわ際立つ気がする。
孔明デビューの前に徐兄のあの事件がなぁ・・。劉備一家と息があっているにもかかわらず・・。

ifを考えてしまう今日このごろ。

331□□□□(ネーム無し)2018/03/12(月) 02:34:06.13ID:wM4JE81Q
孔明さんは蜀志董和伝でも徐兄に触れてるのでやはり徐兄に去られたのはかなり痛かったんだろね。

332□□□□(ネーム無し)2018/03/12(月) 03:24:07.18ID:kIKsptW2
三国志演義のように悲劇のあとに無気力完了になるか、
三国志のようにある程度出世していくコースか。後者の気もするな。

敵対関係zの状態でもとも個人ベースでの交流や情報のやり取りはあたりまえ、
という士元の言葉が今後の伏線になっている気がする。

333□□□□(ネーム無し)2018/03/12(月) 04:46:02.47ID:uRwP942v
今の時点で劉備が溺愛してるあの赤子も、末路がアレだと考えると切ねえな…

334□□□□(ネーム無し)2018/03/12(月) 08:45:24.17ID:5A4wBab8
阿斗ちゃんは蜀志も華陽国志も年表みたいな内容やから

335□□□□(ネーム無し)2018/03/12(月) 19:29:46.90ID:WOEuK0gY
>>331
わざわざ「徐庶の1/10でも」とか言ってるあたりな。

336□□□□(ネーム無し)2018/03/12(月) 21:08:05.50ID:jsP+fHMZ
いよいよラストが見えて来た感じなのかな?
徐兄の悲劇の後、三顧の礼で終了するのか、それとも赤壁までやるのか、まさかの五丈原か
完結後に第二部として徐兄がいたころの孔明とヨメの日常話をやってくれないかな

337□□□□(ネーム無し)2018/03/12(月) 22:46:07.63ID:LJkafN1M
>>336
赤壁は絶対犬さん描きたいと思う
五丈原までヨメが居て差し支えないんだし
極端な話52代目?に会った犬さんは現代まで描く権利あるぜw

338□□□□(ネーム無し)2018/03/12(月) 23:22:46.80ID:kIKsptW2
作者は三国志愛のあまり中国に留学して、図書館に引きこもり、卒業後も頻繁に中国の史跡巡りを
している本格派。ネタは無尽蔵だと思う。編集部が打ち切りを宣告しない限りやめないだろうね。

呉の魯粛も出てきてるし最後まで行くつもりだと思う。

339□□□□(ネーム無し)2018/03/12(月) 23:40:54.79ID:8VCzmbM8
まあ今のところ打ち切る理由ないでしょ
単行本も具体的な部数出して宣伝してるくらいだし

340□□□□(ネーム無し)2018/03/13(火) 12:08:58.34ID:aWyXraU9
>>338
後に士元が周瑜の故吏になる伏線やからねから

341□□□□(ネーム無し)2018/03/13(火) 13:17:23.21ID:IVhI+gqY
>>337
赤壁ぐらいまではヨメちゃん孔明の近くでいられるしほのぼの路線もできそうだけどそれ以降はなあ
五丈原の頃なんて北伐にヨメちゃんさすがについていけないし国の情勢的にほのぼのどころじゃない

赤壁以降やるとしたら一回ヨメ完結させて主役を孔明に据えてヨメちゃんは脇役でたまにでるとかそういう形なんじゃないかなあ

342□□□□(ネーム無し)2018/03/13(火) 15:11:03.53ID:xt4nWd8m
>>341
>主役を孔明に据えて

解題『孔明のワナ。』
とかか...

343□□□□(ネーム無し)2018/03/13(火) 17:40:53.17ID:gVnyJjjw
杜康潤好きな人ならぜひこのゲームやってほしい
https://goo.gl/ZYU6JV

344□□□□(ネーム無し)2018/03/13(火) 22:13:09.36ID:wfNJT2Uk
>>341
もう一誌に連載をはじめて怒涛の歴史編とほのぼの日常編に分かれるといいなぁ。
でも長坂の戦いや荊州から落ちのびる修羅場とかヨメちゃんが同行出来るとは思えないのが気になる。

345□□□□(ネーム無し)2018/03/13(火) 23:26:45.58ID:Om9DhZ/p
正直な話、この作品の孔明には劉備に仕えたりせずにヨメちゃんと荘園を守りながら一生穏やかに暮らして欲しいわ

346□□□□(ネーム無し)2018/03/14(水) 12:01:56.83ID:YTFYjHJp
>>345
俺もそう思う。実は正史ではそういう一生だった、なんてことはないのか(ない)

347□□□□(ネーム無し)2018/03/14(水) 12:13:02.50ID:OSkDaImh
地味に心配なのは、遅咲きの荒川弘の元でアシしてた、更に遅咲きかつ荒川と同世代と思われる杜康センセの年齢w
連載開始からの作中時間1年半くらいじゃない?

348□□□□(ネーム無し)2018/03/14(水) 13:52:48.24ID:kWUws3hd
>>336
いろいろあって魏の武将の大半が地雷で爆死して
阿斗ちゃんも死んだ蜀が中国統一するエンドだよ

349□□□□(ネーム無し)2018/03/14(水) 14:02:36.41ID:+D3q3n7y
>>348
反三国志だと孔明も統一前に死んでなかったかいな

350□□□□(ネーム無し)2018/03/14(水) 14:35:31.86ID:o5Vru9ov
蜀が中国統一したら中華料理全般が辛いモノばかりに…?

351□□□□(ネーム無し)2018/03/14(水) 15:39:34.94ID:tqnV/XPQ
グルメリポーターの曹丕さんによると当時の蜀は甘い味付けが多いらしいぞ。

352□□□□(ネーム無し)2018/03/14(水) 15:52:59.64ID:o5Vru9ov
そうだったのか。それなら安心。(辛いものも多少好きだけど)

353Jolly Rogers ◆0tkoCr0voc 2018/03/15(木) 15:19:46.69ID:bKUWBh3U
>349
 ですな。ただその前に司馬懿は一族もろとも地雷で吹っ飛ばしているんで、一応後顧の憂いはなくなってますが。

 話戻すと、本編では呉の周瑜と魏の司馬懿がいつ出てくるか、ですかねえ……といっても司馬懿は蜀の丞相となってからの相手として出てくるので、出ないまま終わりそうでもあるけど。

354□□□□(ネーム無し)2018/03/15(木) 21:33:31.49ID:VyW8N3T/
しばちゅうさん仕官したの同時期だろうから出せない事はないけどね

355□□□□(ネーム無し)2018/03/15(木) 23:08:29.39ID:lIJHS+C2
若き日の司馬懿まで出すとキャラが出すぎて収拾がつかなくなりそう。

この作品かなりキャラ絞っている。劉備陣営では古株で文官の孫乾や糜竺が出てこないし
曹操陣営でも夏侯淵が未登場。

356□□□□(ネーム無し)2018/03/16(金) 07:19:44.96ID:/rcZdBAY
劉表陣営でも劉キ劉ソウが出てないしね。

劉備陣営はあんまり正史よりに描くと人間関係が分かりづらいからあえて演義よりで人数も絞ってるんだろうね

357□□□□(ネーム無し)2018/03/17(土) 17:45:54.57ID:cpcuhmt0
4コマ漫画で群像劇はさすがに難しい。

358□□□□(ネーム無し)2018/03/18(日) 12:19:58.75ID:kVkQnOWB
梨花の下での方もかなり登場人物絞ってるしな

359□□□□(ネーム無し)2018/03/19(月) 21:34:47.57ID:CGkqPioI
人数絞ってるのは確かだけど演義基準で考えれば夏侯淵はまだ出番ないし
劉表の息子sも出番は孔明が劉備に仕えるようになってからだしなあ
魯粛みたいに伏線的に先出しする必要もないからこの辺出番がまだないのは当然じゃないかなあ

360□□□□(ネーム無し)2018/03/20(火) 19:36:12.88ID:SYM0LXcs
魯粛登場の回はちと無理があった気がするけどこの人の事だから何か根拠というか元の資料とかありそうなんだよな。

361□□□□(ネーム無し)2018/03/22(木) 09:57:10.15ID:5BItbgfs
「転生したら孔明のヨメだった件」みてーな夢女子チートオナニー漫画としか思えない

362□□□□(ネーム無し)2018/03/22(木) 14:06:59.92ID:Y+8anZ5O
>>360
龐統伝で孫呉で名士扱いされてたとか周瑜の功曹だったとかが元ネタかね。

363□□□□(ネーム無し)2018/03/22(木) 18:26:01.41ID:ChrNr6xJ
>>362
そのあたりは問題無いと思うんだけど魯粛って触って武人と見えるほど体鍛えてるとは思えない。
あと孫堅の遺骸は孫策に引き取られてて墓は江東にあるはずなので墓参りを口実に荊州入りはちょっと。

364□□□□(ネーム無し)2018/03/22(木) 20:46:55.09ID:Cp9dCTkW
漫画だと魯粛は孫家に昔から使えてるような描き方だったしな。実際はこの時点では正式に官職貰ってなくて客将待遇。
まあ読者にわかりやすくするために盛ったんやろ

365□□□□(ネーム無し)2018/03/23(金) 00:30:54.30ID:gHEWHkts
呉の紹介も兼ねて、比較的自由人だった魯粛を使ったと思う。
ロバじゃなかった諸葛瑾だけではでは影が薄いからね。

孔明さんと魯粛は浅からぬ園になるしこの時点で出しても悪くはないと思う。

366□□□□(ネーム無し)2018/03/25(日) 08:27:48.05ID:rlc3jiEZ
まあ実際士元と孫呉の連中ってこの時点で結構付き合いあったんだと思うしね。
周瑜が病死した時も遺体を呉まで送り届けてるし。

367□□□□(ネーム無し)2018/03/28(水) 13:00:18.19ID:aCoQuqzv
杜康潤@3/7孔明のヨメ。8巻発売 @toko_wanko: 曹操高陵の発掘調査追加情報について、詳しいことはこちらのサイトにありました。
「高陵のお隣の墓は、長男・曹昴の衣冠塚かも」説が本当ならば、曹丕の細やかな配慮を感じます。そして、きっとお兄さんが好きだったんだろうなー…と思ってしまいます。
https://zj.zjol.com.cn/news/899783.html

https://twitter.com/toko_wanko/status/978636193507065857

お気に入りの人間には徹底的に尽くす曹丕クオリティ

368□□□□(ネーム無し)2018/04/02(月) 08:15:13.06ID:9hsCerVf
遂にきてしまったか

369□□□□(ネーム無し)2018/04/02(月) 08:57:30.97ID:CxkHHGeo
徐庶母にフラグが立ってしまった

370□□□□(ネーム無し)2018/04/02(月) 11:02:39.01ID:4icQ6qIC
母ちゃんにフラグが立ったが
郭嘉の死亡フラグも立ってる

371□□□□(ネーム無し)2018/04/02(月) 23:23:43.47ID:CCJjyVY1
情報と写し絵を持って帰ったら
なぜか曹操が徐母に惚れてしまった

とかいう展開希望

372□□□□(ネーム無し)2018/04/03(火) 01:21:03.09ID:DLmbmHHf
経産婦大好きやしなぁ

373□□□□(ネーム無し)2018/04/03(火) 01:25:50.26ID:+Xxoshbv
いやああ………徐母ぉぉ……

374□□□□(ネーム無し)2018/04/03(火) 01:31:05.26ID:xtWFMmP+
グルメリポーターの曹丕さんに店ごと拉致されたって話でもええんやで

375□□□□(ネーム無し)2018/04/03(火) 04:27:19.17ID:btl3B2Cb
徐母を曹操方に連れていかれてしまったのを知ったヨメちゃんの悲しむ姿は見とうない

376□□□□(ネーム無し)2018/04/03(火) 21:31:19.55ID:RYTVpNl1
曹操に下った子の不義を恥じて母者が自決&徐兄も一切心を閉ざす演義モードはありえないにせよ
全員が納得する展開も難しそうだし
あっけなく連れ去られて孔明自身無力さを痛感させられる最初の大きな挫折になるのか

あと徐兄が去り際に劉備に孔明を推挙したってのは史実扱いでいいの?
だとしたら話が大きく動くことになるな

377□□□□(ネーム無し)2018/04/03(火) 22:15:31.36ID:mvJGdbZF
徐庶を味方に引き込むために親を誘拐するって悪手でしかないと思うんだが
儒教の国の中国でそんな真似をしたことが知れ渡ったら曹操が被る不利益が半端ないぞ

378□□□□(ネーム無し)2018/04/03(火) 22:46:00.44ID:ADn7oLwG
>>374
その店に客としてきたはずの曹丕さんが
手が足りないからって皿を洗わされてたりして

379□□□□(ネーム無し)2018/04/03(火) 22:49:03.07ID:ADn7oLwG
そういや、あの工作員、鉄と塩の策の時に徐母の店に客として来てたな

380□□□□(ネーム無し)2018/04/04(水) 05:17:07.09ID:0yI3sAmt
>>377
>>376
演義の元ネタは多分、楚漢戦争で王陵の母ちゃんが項羽にとっ捕まって母ちゃんが「この母のために漢王劉邦様を裏切る事は許されないよ!」つって自殺する話が元ネタやろうね。

381□□□□(ネーム無し)2018/04/04(水) 21:24:26.50ID:7yT7QzSR
>>322
陳平「今こそ、亡き大王の恩に報いるべく謀略を尽くす。」

382□□□□(ネーム無し)2018/04/04(水) 21:34:42.32ID:hXbR3jrL
>>377
曹操はリアリストだからなあ
自分の都合が良ければ領土獲得のために父の仇とばかりに侵攻したりしたかと思えば
孔子の末裔たる孔融を自分に都合の悪い諫言したことを理由に斬首&一族皆殺しとか
自分に楯突いた献帝の皇后(妊婦)をにべもなく処刑するとかさ

383□□□□(ネーム無し)2018/04/05(木) 06:29:11.11ID:LfbUOf1h
まあ徐州侵攻って袁紹から援助貰ってるんで
実は2袁(袁紹vs袁術)の代理戦争的な側面もあるからね。

384□□□□(ネーム無し)2018/04/05(木) 12:19:44.73ID:Jln5gBMk
>>377
演義は曹操徹底して悪役だから悪手打たせるのは当然

それはそれとして、有能な人物の家族を平和的に迎え入れて丁重に扱い、子である人物にはいつでもうちにきてくださいと呼びかけるのは別に悪ではないよね?
別にこなかったら家族の命を取るとか曹操側は一言も言わないでしょ
実際がどうあっても形が整ってれば取り繕える

曹操が軍を動かすさいに一応でも帝の許可を得るのと同じだよ

385□□□□(ネーム無し)2018/04/06(金) 00:58:01.89ID:pJJquGNQ
なんか、作品楽しむためにも、ちゃんと三国志読まねばという気分w

386□□□□(ネーム無し)2018/04/06(金) 04:28:01.30ID:pNL9TxXA
先生、平和的に徐母が「荊州を離れて魏に向かう」というイメージが全く湧きません!
脅されて泣く泣く連れ去られる…というイメージは、それ以上に湧きませんけどw

387□□□□(ネーム無し)2018/04/06(金) 07:37:37.93ID:VyYWB/tg
徐庶には兄弟いたんじゃなかったかな?それと絡めてくるか

388□□□□(ネーム無し)2018/04/06(金) 08:02:35.30ID:vfwvZex8
>>381
あーたの頃って皇帝の生命が激安やった時代やんけ(三代目が呂后に四代目が陳平に殺されてる)

389□□□□(ネーム無し)2018/04/06(金) 09:42:46.59ID:+W0YVpyh
>>386
偶然曹魏エリアに足を踏み入れたところで戦で足止め
そこを見つかって偽手紙

390□□□□(ネーム無し)2018/04/06(金) 20:02:09.59ID:za6gL2h7
>>386
???「元直!私を義父と呼んでよいのだぞ!」

391□□□□(ネーム無し)2018/04/07(土) 01:22:46.83ID:jSmRDCAG
>>376
徐兄闇落ち化になったら作風的に嫌だが、
全く有り得ぬとも言えない気がする。

392□□□□(ネーム無し)2018/04/07(土) 02:15:33.41ID:sDwfbV8+
他の作品だと闇落ちとか結構書いてるな

393□□□□(ネーム無し)2018/04/07(土) 06:19:08.99ID:G38j5Fbg
闇堕ちワンコ……(´・ω・`)

394□□□□(ネーム無し)2018/04/07(土) 07:49:41.57ID:sDwfbV8+
>>390
曹丕「ワイは『仮子』って呼ぶで」

395□□□□(ネーム無し)2018/04/07(土) 07:52:58.58ID:pngqV1xb
いまんとこ、根っからの悪人というか善人要素ない人物って名無しキャラにしかいないな(当たり屋と蔡家使用人くらい?)

396□□□□(ネーム無し)2018/04/07(土) 19:35:01.33ID:aeNsNPp0
連環を読み切ってサボリ役人の背後に回る徐兄

徐兄「俺までウェルダンにされちまうだろうがああああ」

こんな闇落ちがいい

397□□□□(ネーム無し)2018/04/12(木) 18:03:55.23ID:AxJNKUii
>>395
そもそも三国志で根っからの悪人って少なくね?

398□□□□(ネーム無し)2018/04/13(金) 02:45:43.14ID:cFJPpKSy
十常寺とか

399□□□□(ネーム無し)2018/04/13(金) 07:09:58.35ID:hrvojnfb
公孫瓚とか陶謙とか馬超さんとか素でSAN値ゼロやんけ

400□□□□(ネーム無し)2018/04/13(金) 09:04:29.34ID:08N0q5V7
根っからの悪とは何か? ……っていう哲学的命題になりそうな(´・ω・`)

十常寺だって、自分たちのポジションキープに必死こいた結果であって、
そんなものは古今東西の平和な時期における宮廷闘争にも見られるわけで。

……平和な時代なら、孔明あたりは田舎で私塾でも開いてたんかね。
嫁ちゃんは……行き遅れ?

401□□□□(ネーム無し)2018/04/13(金) 13:07:11.74ID:Rv6WxgAB
そっちの字は十傑集や

402□□□□(ネーム無し)2018/04/13(金) 14:52:32.16ID:MaDuEcDD
ニコ動で80年代アニメの主題歌集をいろいろ聴いてたら、
ステップジュンの主題歌がちょっとヨメちゃんっぽいなーと思った。
あれは恋愛感情ありきで始まる話だけどね。

403□□□□(ネーム無し)2018/04/13(金) 16:35:39.98ID:Lx6fCKIi
>>400
基本的に宦官は皇帝が権臣に権力脅かされた時の最後の切り札だからね。

宦官と外戚の政治任用禁止だと曹髦みたく
権臣に脅かされても何も出来ないオチになっちゃうから。

404□□□□(ネーム無し)2018/04/14(土) 11:35:33.10ID:Y2WHNdKy
演義ベースっぽいのに張飛が益徳だったり結構変わってるよなこの漫画
別に悪いとかじゃなくて

405□□□□(ネーム無し)2018/04/14(土) 11:58:07.33ID:N8x6WDuA
この作品はいい意味でつまみ食いだからね。
留学した作者の知識をベースに物語を紡いでいる。

406□□□□(ネーム無し)2018/04/18(水) 14:49:22.36ID:dRysCfhY
徐庶が劉備軍団に入る前は比較的史実ベース(正史三国志や後漢書など)だったけど徐庶の場合エピソード殆どないから(劉備は徐庶を重く用いたって記述ぐらい)演義ベースにしないと話持たないって都合が。

407□□□□(ネーム無し)2018/04/25(水) 22:38:22.50ID:GR5z3LH9
梨花の下で
終わったなあ

別れたあとは暗い話多かったけど
きれいに終わったなあ

408□□□□(ネーム無し)2018/04/26(木) 16:58:35.93ID:SGFZZjwl
玄宗末期〜安史の乱はどうしても話が暗くなるからね

409□□□□(ネーム無し)2018/04/29(日) 00:58:00.06ID:upnB27K+
>>407
もう2、3倍ページ使ってくれてもよかったのに。

410□□□□(ネーム無し)2018/05/02(水) 09:30:29.98ID:chzWyXuk
程cキター
郭嘉まだ死んでないのか

411□□□□(ネーム無し)2018/05/03(木) 01:47:10.29ID:pL8H2HE7
密偵云々で死んだことを暗示していると感じた。

412□□□□(ネーム無し)2018/05/03(木) 04:14:03.48ID:++SDqqlx
均ちゃん&林ちゃん、期待通りのいい夫婦だな

413□□□□(ネーム無し)2018/05/03(木) 11:14:26.38ID:QQ4XOKmM
>>411
2コマ目の密偵の目元の描き方もそれっぽいね。

414□□□□(ネーム無し)2018/05/06(日) 07:52:31.38ID:U1+ygNuV
今後は、目次横が唯一の癒し所になる感じ?

415□□□□(ネーム無し)2018/05/07(月) 16:14:19.55ID:ovtT6/xQ
蒼天を越えられるのは、この漫画だけ。

416□□□□(ネーム無し)2018/05/13(日) 21:45:44.34ID:AT1V4a10
もう一つの雑誌に連載して月二話の体制で行けばかなりいい感じになると思う。
斬新な視点で面白い三国志ものだと思う。

417□□□□(ネーム無し)2018/05/14(月) 09:40:33.19ID:9NvElcqa
>>416
1誌で10ページの方がたぶん先生には向いてると思うの
twitter見てても梨花やってたこの数ヶ月アップアップじゃん。。

418□□□□(ネーム無し)2018/05/17(木) 21:28:42.70ID:Vgv6kqdp
梨花はその後の仲麻呂さんも描いて欲しいわ。安南(ベトナム)都護って軽く見られがちだけど江南の生産力が生命線だった当時の唐王朝にとっては重要なポジションだし。

419□□□□(ネーム無し)2018/05/19(土) 21:28:27.63ID:knOfhVZ6
>>376
たしか史実では劉備に仕えてる時点ですでに孔明のことは話して三顧の礼を提案した後母の件で魏に移るって展開だったと思う

420□□□□(ネーム無し)2018/05/19(土) 21:47:21.51ID:AlQOQ0r8
正史(諸葛亮伝)だと「曹軍の追撃に破られ徐庶の母を獲た」って記述なので逃げ遅れたか逃亡中に捕虜になったかどちらかやろ

421□□□□(ネーム無し)2018/05/19(土) 21:58:14.08ID:knOfhVZ6
実際は狙ってさらったんじゃなくて魏の勢力下に母が残ったから心配して魏に行ったってのは多分定説でしょ
で、昔は徐庶のことを「州刺史か群太守(今でいうアメリカの州知事位かな?)にはなれるだろ」呼ばわりしていた孔明が
徐庶の仕事が有力官庁の事務次官くらいの地位だと聞いて「徐庶がその程度って魏はそんなに人材に恵まれてるのか?」とビビったという話とセットで

422□□□□(ネーム無し)2018/05/21(月) 13:32:33.77ID:By2ig7kp
知事と事務次官ならある意味事務次官のほうが上じゃねーか

423□□□□(ネーム無し)2018/05/21(月) 19:57:40.65ID:7uVoN++s
勿論、そういう話

424□□□□(ネーム無し)2018/05/21(月) 21:07:21.60ID:Rio7n0oX
>>423 孔明の想像以上の地位にいちゃ人材恵まれてないことにならね?

425□□□□(ネーム無し)2018/05/21(月) 21:41:47.91ID:7uVoN++s
>>424
孔明が徐庶を評したのはお互い書生時代の話
当時の孔明は「そんなもんだろ」と思っていたが実際政治の場に立って周りの人間の実力を知ったら
「蜀の懐事情考えると、いてくれたら絶対閣僚入りさせるのに」と思い直したんだろ
ちなみにに仕事内容は州刺史(州刺史は複数の群太守の監督役件監視役、群太守が知事)その他の役人の監督役件監査役件公文書の管理・監査

426□□□□(ネーム無し)2018/05/21(月) 22:45:53.86ID:0wsGmEaL
そもそも後漢ら魏晋の御史中丞って朝議とかにも専用の席もってて皇帝から直接意見求められたりしてるので孔明さんの「徐庶がこの程度の地位にしかつけないのか」って発言自体が結構怪しい気が。

歴代のメンツ見ててもエリート士大夫ばっかりだし

427□□□□(ネーム無し)2018/05/21(月) 23:33:26.44ID:7uVoN++s
>>426
どっちかというと皇帝直属の秘書官・アドバイザー的な役割って感じなんで独自の権限どれだけ持ってたか分からない
こちとら素人で古代中国や平安時代の位官の知識はとんと疎いがやっぱり閣僚や古代〜中世の将軍職に比べると格下なんじゃないの

428□□□□(ネーム無し)2018/05/22(火) 03:36:28.87ID:ZFRN5xa4
難しいことはわかんないけど人を動かす権限ない地位だったら徐庶はもったいない気がする

429□□□□(ネーム無し)2018/05/22(火) 03:58:04.13ID:omCNE0Vq
一番近いのが検事総長(前漢だと御史大夫で後漢だと司空)の業務やってる次長検事だろうね。

4304272018/05/22(火) 19:01:21.21ID:zgtryCK8
言葉が足りなかったが閣議の上では皇帝の秘書官・アドバイザー的な役割をしていたっぽいけど
常時皇帝にびっちりついていたわけでは無く普段は省庁の長として独自の調査・監察を行っていたらしいから事務次官っぽいと書いた
実務ではそれなりに部下を動かして情報収集はしてたんじゃないかな
本で見ただけで中国史に対する高等教育は受けていないので分からんが

431□□□□(ネーム無し)2018/05/23(水) 17:07:54.56ID:ZA9FNrt5
そりゃ御史台(検察)の長官やからね

432□□□□(ネーム無し)2018/05/24(木) 14:40:08.53ID:/iDLW5JN
徐兄「仕官するなら執金吾、妻を娶らば黄月英」
くらいの気持ちで働いていればもっと出世できた可能性

433□□□□(ネーム無し)2018/05/24(木) 17:07:06.60ID:nfmC+zxL
光武帝は本人もチートでなおかつ呉漢とか言う狂犬(忠義と戦闘力が100オーバー)飼ってる反則みたいな君主やから

434□□□□(ネーム無し)2018/05/24(木) 18:05:59.45ID:z5nxjo3O
「徐庶がこの程度」というか場合によっては蜀漢の丞相になってた可能性すらあるからな。

435□□□□(ネーム無し)2018/05/24(木) 18:32:08.65ID:wDGd1Tvt
末期蜀なんて姜維と夏侯覇(二人とも魏の降将)が軍のトップ2だからね。

436□□□□(ネーム無し)2018/05/24(木) 19:27:46.63ID:oKOQ7prJ
>>434
それは演義設定
史実では劉備に仕えている時点で孔明の存在とそれを手に入れる方法を劉備に伝えていたとされる

437□□□□(ネーム無し)2018/05/26(土) 08:21:56.63ID:D9EpKsNb
軍師が決定的に不足していたから、荊州の関羽軍の軍師とか。

438□□□□(ネーム無し)2018/05/28(月) 10:02:26.62ID:b29Nyvx3
梨下もこれで終わりか。
単行本はもう少し加筆して欲しいわ

439□□□□(ネーム無し)2018/05/29(火) 13:07:06.63ID:iQJPPsIT
この作品の徐庶なら関羽も言うこと聞きそうだし、荊州が奪われることも無かった?

440□□□□(ネーム無し)2018/06/01(金) 14:03:18.23ID:Ug8jAIog
徐母が…

441□□□□(ネーム無し)2018/06/01(金) 14:48:55.83ID:RJ8A9uvA
徐母がぁ……

442□□□□(ネーム無し)2018/06/01(金) 15:50:14.76ID:9Sbj0IK6
なんとなく拉致は失敗しそうな予感

443□□□□(ネーム無し)2018/06/01(金) 23:50:43.69ID:2xvy8Sxa
警護なのか

444□□□□(ネーム無し)2018/06/02(土) 06:03:31.25ID:jllRL2YV
程Gアップのコマでなんで「病で」に傍点打っているにだろう?

445□□□□(ネーム無し)2018/06/02(土) 12:48:04.03ID:vst+uuI0
>>444
戦で死んだなら南陽行く理由に乏しくない?

446□□□□(ネーム無し)2018/06/02(土) 13:57:12.55ID:J6sVQE9a
>>443
まあ、人質にする相手を途中で盗賊に殺されても困るっちゃあ困るが
基本的には心婆さん誘拐させられる本来の部下ではない実行犯の心を落ち着かせるための方便だろうな
本当は本作の徐兄のキャラが描いてて大好きになってしまった作者が面白半分でそういう言葉をあえて使う嫌な奴って描いてる気がするが

447□□□□(ネーム無し)2018/06/02(土) 15:57:23.68ID:bPPdlVTY
>>444
暗殺してから病で死んだと偽装したんじゃないかと思った

448□□□□(ネーム無し)2018/06/02(土) 21:33:23.16ID:NiL58Gup
>>443
作戦の要の人物なのに、実行前に間違いがあったら元も子もないから、
それまでは間違いがないように守っておけ、ってことでしょ?
徐母を誘拐しないことには、徐庶への働きかけはできないわけだし

449□□□□(ネーム無し)2018/06/02(土) 23:57:31.35ID:J6sVQE9a
しかし、この漫画の孔明のキャラに対し三顧の礼をするとなるとかなりのアレンジが入りそうだな

450□□□□(ネーム無し)2018/06/03(日) 18:59:40.21ID:7+HjC3YA
よめちゃんの一言が仕官の最後の一押しになるんだろうね

451□□□□(ネーム無し)2018/06/04(月) 21:05:37.87ID:rEtm62KB
まあ嫁が主役の漫画だしね

452□□□□(ネーム無し)2018/06/04(月) 23:05:11.71ID:4lXvpII5
せっかく黄家蔡家側出身の嫁ちゃんの話なんだから簒奪者劉備として描いちゃえばよかったのにとかは思わなくはない

453□□□□(ネーム無し)2018/06/04(月) 23:07:51.62ID:V8KYkP0O
実際んとこ簒奪なの?

454□□□□(ネーム無し)2018/06/05(火) 06:55:45.33ID:H/Mp51Gi
劉備が蔡家から敵視されてたってエピソード(的盧云々など)は正史だと注釈者(孫盛や裴松之など)からツッコまれまくってるので
ネタみたいな感じで受けとればよか

455□□□□(ネーム無し)2018/06/05(火) 22:08:16.47ID:q4zytxHK
事実上、よめちゃんとワンセットで仕官かなぁ。孔明さんの影の補佐役よめちゃんとか。

456□□□□(ネーム無し)2018/06/09(土) 14:15:36.92ID:dDLAMFPd
新野に魏が攻め込んできたから劉備に協力してくれと徐兄が頼んで嫁ちゃんが戸惑うシーン
よく考えたら荊州が襲われるから助けてくれって言ってるんだから優秀で活動的な人間なら
内部の派閥にこだわってる場合じゃないとすぐ気づきそうな気がしてきた
まあ、徐兄の機転と人心掌握術を見せる演出だろうけど

457□□□□(ネーム無し)2018/06/09(土) 22:04:04.87ID:nivsIZGZ
あんまそのへんガチで描くと創作成立しなくなるから

458□□□□(ネーム無し)2018/06/09(土) 22:15:49.40ID:tYSxuafr
>>456
嫁ちゃんは劉表の治政による平和のなかで育ったんだから、なかなか乱世の実感がわかなくても
仕方がないと思う。実感がないから派閥など内向きのことが発想の最初に来るんだと思う。

そこが乱世にもまれた孔明さんとの違いだろうね。

459□□□□(ネーム無し)2018/06/09(土) 23:58:09.19ID:dDLAMFPd
>>458
まあ、徐兄と違って敵兵の弔いまで考えが回らなくて後で気づいて泣き出したくらいだしね

460□□□□(ネーム無し)2018/06/11(月) 15:15:06.19ID:qagw1Me0
ヨメが「死体で景観を作らなきゃ(真顔)」とか言ってたら嫌だわw

461□□□□(ネーム無し)2018/06/12(火) 02:14:36.98ID:pkXE/Dix
京観だろ

462□□□□(ネーム無し)2018/06/13(水) 20:27:52.10ID:jX59wKw1
京観と言えば流石にこの漫画、今のテンポだと司馬懿が出てくるところまでは達しないだろうな
せいぜい周瑜が出てくるkらどうかって感じ

463□□□□(ネーム無し)2018/06/16(土) 16:40:31.79ID:X6yZbntL
元々登場人物絞ってるし過去作の「江河の如く」も主要人物が孫武と伍子胥と闔閭だけで
范蠡も出なかったくらいだから。

464□□□□(ネーム無し)2018/07/01(日) 15:27:34.28ID:616d8shO
しばちゅうさんのヨメの方が、魅力的なんだが。

465□□□□(ネーム無し)2018/07/02(月) 05:03:52.79ID:ctnbhrjb
今月妙に読み応えあると思ったら二話分載ってるのか。

466□□□□(ネーム無し)2018/07/02(月) 17:56:35.63ID:D07iGdti
巻末の扇風機で赤壁の東南の風を起こすんだな

467□□□□(ネーム無し)2018/07/02(月) 23:09:47.03ID:LaLjuTD4
>>463
それは単にビジュアル的に描き分けられないからでは無いだろうか

468□□□□(ネーム無し)2018/07/03(火) 19:27:00.01ID:mjJs121y
ああ……いよいよなのかあ……。どこまで描くんだろう。
一つの区切りではあるんだが。

469□□□□(ネーム無し)2018/07/03(火) 22:23:11.72ID:pfUY/WP6
罠と分かってるけど行く、、
弟も生きてるといいなぁ

470□□□□(ネーム無し)2018/07/03(火) 23:16:02.62ID:2VtBzis+
あれだけ贔屓してた徐兄が抜けた後の作者のモチベーションが心配

471□□□□(ネーム無し)2018/07/03(火) 23:30:45.31ID:pFXt8G1q
>>470
もともと劉備陣営や諸葛亮贔屓だから大丈夫かと。

472□□□□(ネーム無し)2018/07/04(水) 09:50:37.78ID:DxB9NgGu
最新話読んだ
当方、この作品はいよいよ来る孔明出廬で終わりそうな気がするんだがどうだろう
まさか月英さんとセットで仕官なんて絶対に考えられないので

473□□□□(ネーム無し)2018/07/04(水) 11:57:30.45ID:2HtGcdVX
>>472
なんで「絶対」?
むしろ長坂なんか嫁ちゃんの本領発揮じゃん

474□□□□(ネーム無し)2018/07/04(水) 12:11:54.75ID:V7DyPMbO
>>471
しかも曹操様ラブなんだっけ

475□□□□(ネーム無し)2018/07/05(木) 19:45:26.41ID:w8sLXdGQ
元々は孔明と嫁ちゃんが好きだったんだろうけど、なんか描いてるうちに作者の中でどんどん徐兄好きになってった様な気がするんだ
仕官後孔明も嫁ちゃんも出番大幅に減ってたし

476□□□□(ネーム無し)2018/07/05(木) 22:41:47.41ID:7sgT0kxG
>>472
劉備一党のキャラ付けもきちんとしているし、曹操陣営も丹念に描かれている。
これからが孔明の本領発揮だし、面白くなるところだと思うな。呉も魯粛が出ている。

毎号表紙にカットスペースがあるくらい安定した人気を誇っているから編集部もやめさせないだろう。
本人が強く望むのなら仕方がないけど。

むしろ今回の2話構成で、別の雑誌にもテコ入れのため連載を分けて月二本連載体制ができるか
試していように思えたけどなぁ。

477□□□□(ネーム無し)2018/07/05(木) 22:47:14.39ID:7sgT0kxG
>>475
徐兄を曹操陣営の語り部にする前準備に思えた。

そこそこ出世するし、かーちゃんもおそらく店を開くだろうし、
曹魏の市井や内部事情を中立な視点で描くにはうってつけの存在。

士元が語っていた異なる陣営に知人がいて知人同士情報交換などを行う
という存在にもなりうるし。

478□□□□(ネーム無し)2018/07/05(木) 23:39:46.23ID:od0ytCzq
史実だと、子供はいつ頃できるのん?

本作でも、そろそろご懐妊してもまったくおかしくないラブっぷりだが

479□□□□(ネーム無し)2018/07/06(金) 00:26:13.64ID:HKqfp2F7
>>478
劉備に仕えるようになってから、10年だか20年だか経ってから
一人息子が誕生したんじゃなかったかな

……荒川さんと共著の三国志魂だと、ヨメちゃんが20年くらい
トンテンカンテンやって木材とネジとゼンマイで「造った」と
いうことになってるらしいがw

480□□□□(ネーム無し)2018/07/06(金) 00:57:07.04ID:EGd3cER8
>>478
諸葛果という娘がいたという民話があるみたいから、長女として前倒しで誕生させても面白いかも。

481□□□□(ネーム無し)2018/07/06(金) 05:05:23.29ID:XS0u7ggN
>>479
木牛・流馬・諸葛瞻か…ヨメちゃん凄えな!

482□□□□(ネーム無し)2018/07/06(金) 06:16:36.16ID:sO9l66hR
本編思いっきりシリアスなのに一気にギャグに振れるのかw

483□□□□(ネーム無し)2018/07/06(金) 06:42:16.93ID:Lr3bqnPM
そもそも瑾兄貴から貰った養子とかもでてないのに

484□□□□(ネーム無し)2018/07/06(金) 20:22:08.48ID:ALE8Yji2
そしてすべてをすっ飛ばして五丈原へ

485□□□□(ネーム無し)2018/07/06(金) 21:19:57.21ID:+vQG/QN2
きっと五丈原で孔明は隆中での嫁ちゃんや徐兄との暮らしを回想しながら逝くにちがいない

486□□□□(ネーム無し)2018/07/06(金) 22:16:09.27ID:7z7dd8qQ
はえーよ

487□□□□(ネーム無し)2018/07/07(土) 18:41:54.69ID:YWZuQ+iO
>>485
つうかそのラストだと孔明が仕官するまで描いたらいきなり五丈原で老けて死にかけの孔明が目を覚まして「色々あったな」ってオチになるな
で自分の木像見ながら「嫁ちゃんがいたらどんな仕掛けを仕込むかな」と考えたりとか

488□□□□(ネーム無し)2018/07/07(土) 22:06:40.15ID:L7snXw/a
ボーッとしながらホームの表紙見てたら、タイトルが「孔明のコメ。」に見えて駄洒落かと思った

489□□□□(ネーム無し)2018/07/07(土) 22:50:59.76ID:hAV9Qdud
>>479
実子の瞻が生まれたのが晩年(226年生まれ)でそれまでは喬(ロバ兄の次男)が養子(228年に死亡。享年25歳)

母親の記述がないところからすると身分のあまり高くない女性に産ませた可能性が。

490□□□□(ネーム無し)2018/07/17(火) 11:55:25.82ID:ID5/8Z4w
ヨメちゃんの涙が悲痛だなぁ
孔明も後に似たようなことする事になるのがまた…

491□□□□(ネーム無し)2018/07/18(水) 07:42:11.05ID:7YQbxNj2
徐兄が母ちゃんからマウントタコ殴りにあうまで待ったなし!

492□□□□(ネーム無し)2018/07/29(日) 10:29:26.28ID:8G3TUweg
>>473
長坂終わったら呉には孔明一人で行くからじゃね?
いつもの弟子スタイルで強引にいっしょに行くでなんとかできるような気もするけどw

ただ話進めれば進める程孔明ひいてはヨメちゃんに辛いことが重なっていくんだよね
劉備に仕えるようになると「守る」じゃなくて「攻める」戦も増えていくし
杜康さんの描き方だとたぶん敵を一方的に悪くは書かないから「敵の領土を取る」ことの負の面とかも出てくるだろうし
蜀攻めでは士元が戦死するし
「ほのぼのいちゃラブ」夫婦もののノリでやっていくのは割としんどいだろうなあという気はする
あと孔明がそれから出仕後の展開は黄承彦さんの出番が格段に減るというかほぼなくなろうだろうからそこが辛いな!

493□□□□(ネーム無し)2018/07/29(日) 10:46:54.83ID:on7qs4SH
先日単行本化された「梨花の下で」も「孔明のヨメ」と比較したら暗い話だったからね。

494□□□□(ネーム無し)2018/07/29(日) 17:59:47.05ID:PcIscZcE
暗い話になった時にホームの読者が受け入れられるかどうかだなー。

495□□□□(ネーム無し)2018/07/29(日) 21:08:12.71ID:DXi9bmoC
徐兄と徐母の描き方で今後の方針がわかる気がする。
悲劇として描くか、曹操側の文化を含めた語り部になるかどうかかな。

496□□□□(ネーム無し)2018/07/29(日) 21:45:37.57ID:QnS7KRgq
やべえ、「梨花の下で」もう単行本になってたのか

とりあえず尼でポチった
地方だから入荷する本に偏りがあってなー

497□□□□(ネーム無し)2018/07/30(月) 05:25:32.36ID:3+ppe5wp
うそ! 見落としてた。ありがと。

498□□□□(ネーム無し)2018/08/02(木) 10:06:54.61ID:Mzl351XV
最新話

結局母ちゃん生きてたか

499□□□□(ネーム無し)2018/08/02(木) 11:16:56.14ID:UbhRe8nS
血出しながらの決めポーズに吹いた。

500□□□□(ネーム無し)2018/08/02(木) 11:38:03.15ID:2Z0k5yUa
程cの「あんたも草書の名手なんだから文句あるなら自分で偽手紙を書けや」と言うド正論

501□□□□(ネーム無し)2018/08/02(木) 20:24:38.54ID:9vtAdSSv
徐母は史実に基づいて自殺はしない展開か
そして徐庶自身も旧主に刃をむける必要が無く民草に貢献できるように文官として曹操政権内の不正を裁く道を進むのか
曹操に劉備ほどの相手を選ばす民草全員に気を配るほどの徳は無いが部下を使い捨てにしない程度の義はあると感じて

502□□□□(ネーム無し)2018/08/02(木) 23:03:27.95ID:suS0vPie
冗談のつもりで書き込んだのに、半分マジだったw>>371

503□□□□(ネーム無し)2018/08/02(木) 23:11:18.02ID:oNPHNNYA
まあ徐母、きっちりキャラ立ちして、ヨメちゃんなんか実母相当に慕ってたしなあ

ここで史実寄りの死に方したら、ヨメちゃん闇落ちとか孔明激怒で復讐の鬼化とか、
一気に話の傾向が変わりかねないなーと思ってた

504□□□□(ネーム無し)2018/08/02(木) 23:30:04.51ID:suS0vPie
65ページ左2コマ目
「縁」が「緑」になってる

505□□□□(ネーム無し)2018/08/03(金) 22:50:56.89ID:A95aWeKo
今月号読んだけど、相変わらず先生上手い
通説と矛盾せず、でもオリジナリティ溢れてて今月号すごくよかった

506□□□□(ネーム無し)2018/08/04(土) 22:05:32.99ID:DYEJJ8x6
考えてみりゃ、あの稀代の未亡人好きだった曹操が、この作品の徐母を
気に入らない訳がないもんなあ…w

507□□□□(ネーム無し)2018/08/05(日) 07:16:46.49ID:J1f6eF0w
曹操は子供は男子だけで25人(女子入れると40人前後の可能性が)作ってるからね。
後家とか経産婦はとどストライクよ

ちなみに司馬炎さんは30人(男子26人女4人)

唐の玄宗(李隆基)は59人(男子30人女子29人)
太宗(李世民)は35人(男子14人女子21人)
太祖(李淵)は42人(男子22人女子20人)

508□□□□(ネーム無し)2018/08/05(日) 21:13:21.88ID:z/AoPtEA
>>507
徳川家斉は、男女合わせて53人の絶倫だ∩(´・ω・`)∩

まあ、でも、三国志の時代は血縁貴重だったろうし。いくらでも子は欲しかったろうなー。

509□□□□(ネーム無し)2018/08/05(日) 21:47:10.84ID:Tipp89UQ
>>508
ち...中山靖王...

510□□□□(ネーム無し)2018/08/05(日) 22:03:24.86ID:ks2O7hVf
>>509
つぼみ園の園長の顔が浮かんだ

511□□□□(ネーム無し)2018/08/06(月) 00:45:45.81ID:QGaBciE1
>>508
幼児の死亡率がめちゃくちゃ高いからとにかく子供を作っておく必要があるんだよ

512□□□□(ネーム無し)2018/08/06(月) 00:46:48.43ID:8FQXt6BG
>>511
そうだね

513□□□□(ネーム無し)2018/08/06(月) 18:21:00.45ID:C1Yc/gfL
偽手紙の件は畜生さん出てくるかと思ったけど出てこなかったな。

514□□□□(ネーム無し)2018/08/07(火) 02:52:04.76ID:KHgTuj3c
>>510
「王」の一文字のせいで、すぐに奥さんの顔のイメージが覆いかぶさる

515□□□□(ネーム無し)2018/08/07(火) 04:10:26.27ID:P3ZcFQk8
>>514
旦那様は「やすし」さんだしなあw

516□□□□(ネーム無し)2018/09/01(土) 11:03:25.55ID:o7CLIN+o
いよいよ三顧の礼
悲報
徐兄では奉行の穴ふさがらず

517□□□□(ネーム無し)2018/09/02(日) 03:21:28.39ID:pOQqU9ak
徐兄は史実でも高級官僚になってるし、作中では郭嘉みたいな策謀家・謀略家ではなく情報を整理して最良の決断をするテクノクラート系キャラとして描かれてるからな
それでも経済面でも軍事面でも伏龍・鳳雛に遠く及ばないとして描かれてるけど

518□□□□(ネーム無し)2018/09/02(日) 06:50:02.14ID:/++n9H2K
奉行の霊魂、祭壇付近に居てそうな感じが。
(P78下のコマをよく見ると、位牌に汗が)

519□□□□(ネーム無し)2018/09/02(日) 14:00:49.88ID:pOQqU9ak
「劉表は才あるものを相当無駄にしてるぞ」って曹操は郭嘉が塩の件で孔明たちにしてやられたことを知らないのかな?
当時は知らなかったとしても郭嘉自身徐庶のことを知って「塩の件の奴ってこいつかも知れないな」とか考えて曹操に改めて伝えなかったのかなあ

520□□□□(ネーム無し)2018/09/03(月) 00:20:58.95ID:M+1FiZQ0
>>519
塩の件が「劉表の配下にやられたわけではない」と見抜いたか、そもそも塩の話を知らんか

521□□□□(ネーム無し)2018/09/03(月) 00:42:54.20ID:kAoA8D63
>>516
赤壁で孔明、龐統、周瑜(ついでに徐庶の裏切り)に袋叩きにされても「奉行がいればこんな目に合わなかった」って言ってるくらいだから
それだけ好きだったってことかと

522□□□□(ネーム無し)2018/09/03(月) 04:06:53.67ID:AeiP5jFR
郭嘉は奉行(ぶぎょう)じゃない。奉孝(ほうこう)。

523□□□□(ネーム無し)2018/09/03(月) 04:14:09.00ID:KPovlD/2
郭嘉は奉行どころか奉行に弾劾されるような素行だしな…

524□□□□(ネーム無し)2018/09/03(月) 07:47:19.53ID:Bacr48q7
陳羣(君の下に羊)だっけ? 「あやつの不品行は目に余ります」って言ったの

525□□□□(ネーム無し)2018/09/03(月) 09:12:52.52ID:qs5JRFqi
奉行ってなんだろ・・と思ったが字(奉孝)か。

526□□□□(ネーム無し)2018/09/03(月) 10:21:18.97ID:HRHRRvPB
女にだらしない所も親近感を覚えてたんじゃね、曹操。

527□□□□(ネーム無し)2018/09/03(月) 11:44:36.46ID:qs5JRFqi
曹操も劉備も戦略的、戦術的に優れた軍師が早死にしたことで戦略上致命的な大敗北を喫しているんだよね。
曹操は赤壁で郭嘉の死を、諸葛亮は法正の死を劉備による夷陵の戦いの敗因として挙げている。

呉に至っては、周瑜、魯粛の相次いだ死によって攻めに転ずることすらあきらめさせている。

528□□□□(ネーム無し)2018/09/03(月) 14:02:03.30ID:tGddWxdD
単行本派で中国の歴史にも詳しくないので
>>516からずっと、徐兄さんが日本で言うお奉行様の
後任になる(される)のかなって思ってたわ

529□□□□(ネーム無し)2018/09/03(月) 15:00:02.71ID:HtdmQDR9
>>501
演義じゃなくて正史ベースだからその辺は大丈夫だね

>>516
いよいよ孔明出廬か
ここまでで完結するのかその先も進むのか
出廬以降の展開でヨメちゃんが絡めそうなところはあるのだろうか
無理矢理ひねり出したのが荊州陥落ぐらいしかなかったw

530□□□□(ネーム無し)2018/09/03(月) 16:12:07.86ID:4bmvdjXe
歴史では嫁ちゃんの実家って、どうなっちゃうの?(´・ω・`)

531□□□□(ネーム無し)2018/09/03(月) 18:08:56.69ID:/84dJLvS
ホームでの扱いを見ると、
まだ続きそうな気がしなくもない。

夫婦な生活完結以降、殆どの号で増ページ故
キャパオーバーになってないか気がかりだが。

532□□□□(ネーム無し)2018/09/03(月) 20:10:35.94ID:kAoA8D63
>>529
兀突骨大王を相手に地雷攻撃をだな・・・
ゴメン、とあるギャグマンガの影響で異様に兀突骨大王が気になる体質になってしまったんだ

533□□□□(ネーム無し)2018/09/04(火) 01:58:34.39ID:xNG6bACb
ウィキペディアなのでどこまで信用していいのかわからんのだが
「曹操は郭嘉を軍師祭酒(司馬師の諱を避けて軍祭酒と表記される)に上表した。」
とある。
司馬師の諱を避けて師を抜いているのなら、当時はまだ「軍祭酒」という言葉はなかったのではないか?

534□□□□(ネーム無し)2018/09/05(水) 01:30:44.73ID:MRKpx8m+
>>533
よくあるミスだな
歴史書は次の時代の人が書くし
三国志は晋時代の撰だから
どうしても晋時代の事情がのっかってくる

535□□□□(ネーム無し)2018/09/05(水) 12:40:09.38ID:7JrCBWdn
晋書に至っては唐王朝に編纂されてるからね。

536□□□□(ネーム無し)2018/09/05(水) 13:55:56.15ID:1tO+iTVO
諱を抜くとか勝手なことすると後世の人は困るってことを史官どもは考えなかったのか?

537□□□□(ネーム無し)2018/09/05(水) 15:52:14.66ID:BmHtMiT2
京都も司馬師の避諱で出て来た地名やからね。(それまでは首都の呼び名は京師)

538□□□□(ネーム無し)2018/09/05(水) 21:52:34.46ID:LGHbnxyi
避諱の場合は該当する漢字を使用する場合に代わりに使う漢字を決めておくから、ただ漢字を抜くだけというのはないんじゃないか?

539□□□□(ネーム無し)2018/09/06(木) 01:09:47.72ID:G+NySQ3N
>>538
どっちもある

劉邦のお陰で
クニの意味の漢字はほとんど国になっちまったなあ
(「連邦」とか「邦画」とかで使うけど)

540□□□□(ネーム無し)2018/09/07(金) 02:07:37.62ID:gr0GzRCO
>>530
その後の消息は不明。
曹丕の代に一時期襄陽を放棄してるのでその際に強制連行された可能性が。

541□□□□(ネーム無し)2018/09/07(金) 17:16:24.19ID:dWP28d5k
演義だとなんでか知らんけど夷陵で陸遜助けてるんだよね

542□□□□(ネーム無し)2018/09/08(土) 21:44:06.27ID:jvjAhC+B
まあ読者サービスでしょうね。
羅貫中は関羽敗死後から露骨に読者サービスやり始めるし

543□□□□(ネーム無し)2018/09/10(月) 18:15:12.59ID:ykFVuZus
郭嘉高評価なのは分かるけど使える権力の大きさと使いこなれの差は考慮してやれや丞相w

544□□□□(ネーム無し)2018/09/11(火) 20:33:20.19ID:7ltcmNZ8
>>543
郭嘉って美形設定無かったっけ?
郭嘉と違って徐庶と寝屋を共にする気は起きないと感じてくれtのだったらむしろ徐庶的にはラッキーだろ
結局武官にすらならず魏の官僚の不正を暴く立場になったこと考えると徐庶は三国志三国志演技登場の名士としては最も人民に尽くす道を勧めた役柄

545□□□□(ネーム無し)2018/09/11(火) 21:28:22.30ID:BHzv6+sc
徐兄は史実だとここからの足跡が殆どわからないからね。起家(仕官)の時期も不明だし
おそらくは曹操に孝廉か茂才の推薦貰ってるはずだけどその記述もなし。

嵆康の「与山巨源絶交書」に徐庶の名が出てくるのを見てると曹魏でも有名人だったようだけど。

546□□□□(ネーム無し)2018/09/11(火) 21:37:17.35ID:7ltcmNZ8
>>545
自主的に調査・研究しなくてもこのスレざっと読み返せば徐兄が魏でどんな役職についていたかくらいは分かるんだけどなあ
信頼できないなら調べればいいし

547□□□□(ネーム無し)2018/09/11(火) 23:18:02.46ID:8WXcjWIM
硯投げに元ネタがあったことに驚いた

548□□□□(ネーム無し)2018/09/12(水) 00:19:19.05ID:Z3lQWPSY
>>547
え!? あれ史実なの? それとも違う作品のネタとか?

549□□□□(ネーム無し)2018/09/12(水) 01:57:49.00ID:0eRo3crN
紅楼夢か

550□□□□(ネーム無し)2018/09/12(水) 07:37:00.61ID:1etd1pyb
>>548
先生のツイッターで元ネタの京劇について触れてるよ

551□□□□(ネーム無し)2018/09/12(水) 13:54:43.82ID:Z3lQWPSY
>>550
ありがと

552□□□□(ネーム無し)2018/09/12(水) 20:57:50.54ID:6ZScLX2z
荀イクの人材漁りが始まるのか…
いよいよアイツの登場か?

553□□□□(ネーム無し)2018/10/02(火) 04:46:41.81ID:pP4asEa1
一回目はそうきたか

554□□□□(ネーム無し)2018/10/02(火) 04:49:55.43ID:17gS2wv4
弟の嫁は客あしらいもまともにできんらしいw
今回のこれも三顧の内にカウントされるのか?

555□□□□(ネーム無し)2018/10/02(火) 16:39:27.11ID:G7ul3T9F
この辺り記録殆どないから大変だよな

556□□□□(ネーム無し)2018/10/02(火) 19:16:07.20ID:vMUq4xlM
年内には仕官を決める所まで行くのだろうか?
(今回を1回目とカウントするとしたら)

557□□□□(ネーム無し)2018/10/02(火) 21:57:04.28ID:jfCi1yvg
髭面の怖い顔2人を連れた耳の長い人が急に目の前で呪文を唱えだしたら
そりゃ怖いわなwwwww

558□□□□(ネーム無し)2018/10/02(火) 22:15:54.69ID:3k61PSjJ
弟嫁林ちゃんだけ一般人だからね
同じく一般人であるはずの徐母が特別なだけ

559□□□□(ネーム無し)2018/10/03(水) 00:04:48.96ID:JZINXAXi
劉備(挨拶をシカトされたと言う理由で督郵の家に殴り込んで鞭打ちの経歴)
関羽(逃亡犯の経歴あり)
張飛(同僚と揉めて殺害歴あり)

うん。一般人からみたらDQN三人組にしか見えんなw

560□□□□(ネーム無し)2018/10/03(水) 11:05:36.46ID:uaePiUkZ
この時代の中国大陸って、方言ってどのくらい偏ってたんだろ。
いま話に聞く上海語と北京語なんて、他国の言語だったが。

561□□□□(ネーム無し)2018/10/03(水) 11:48:33.64ID:k9u85ToR
>>555
大変というか創作の割り込む余地が大きいというか

562□□□□(ネーム無し)2018/10/04(木) 19:49:40.43ID:mRV5C3fB
現時点では劉備は孔明と顔を合わせたことはないんだっけ?

563□□□□(ネーム無し)2018/10/04(木) 20:06:42.60ID:SWKeip1s
ヨメちゃんの方は関羽と劉備とは対面してるな
双方覚えてるかどうかは別だが

564□□□□(ネーム無し)2018/10/04(木) 20:40:15.72ID:jYMEzT6+
孔明も関羽とは会って話してるでしょ、書物を売ろうとした時に
迷子のヨメちゃん(男装)を保護した流れで張飛とも会ってると思う

565□□□□(ネーム無し)2018/10/04(木) 20:58:33.06ID:8o8dkJG5
>>563
実はそれが1回目説(ないない

566□□□□(ネーム無し)2018/10/05(金) 08:09:52.92ID:uqbz5+2/
趙雲と孔明も顔合わせ済みだったし、玄徳だけ孔明の顔を知らないのか

567□□□□(ネーム無し)2018/10/05(金) 20:19:11.64ID:NmQ4rS5k
劉備の「変人ではいかんのか?」は今後の劉備軍団の未来を暗示してて草

568□□□□(ネーム無し)2018/10/05(金) 22:12:50.49ID:JeEybxWu
曹魏は優等生ぞろい、呉は荒くれぞろい、蜀は変人ぞろい、そんな感じではあるね。

569□□□□(ネーム無し)2018/10/16(火) 08:47:25.03ID:Cz3QxqaC
今月のホーム表紙の孔明フィギュア、
製品化したらウケないだろうか?

570□□□□(ネーム無し)2018/11/02(金) 09:16:10.73ID:PWwsgQDe
二回目は入れ違いかw
そしてモブ扱いのしばちゅうさん

571□□□□(ネーム無し)2018/11/02(金) 09:31:14.12ID:0PlrW7Hl
おお、今日2日か

572□□□□(ネーム無し)2018/11/02(金) 18:34:55.35ID:MkIb2ZyX
田舎売ってない。。。orz

573□□□□(ネーム無し)2018/11/02(金) 18:36:58.03ID:MkIb2ZyX
それはそうと、10/28の講演会聞いてきた民、誰かいる?

574□□□□(ネーム無し)2018/11/03(土) 06:11:45.80ID:prLcMz0G
三回目はどうなるんだろう

575□□□□(ネーム無し)2018/11/03(土) 07:35:39.22ID:HsXihVGf
3回目は会うんだろ?

576□□□□(ネーム無し)2018/11/03(土) 09:31:43.52ID:AuL+Bgfe
>>570
流石にそこまで続ける自信は無いので名前をはっきり出したくなかったのでは?
この頃は死刑にする理由は無いが重職につけると何しでかすか分からんし、だからと言って野において他の勢力に取られても困るしで
曹操に文官として飼い殺しにされてた時期だし
しかし「三顧の礼」が行き違いとして絵描かれるっていうこのスレの人の予測はズバリ当たったね

577□□□□(ネーム無し)2018/11/03(土) 09:46:11.67ID:AuL+Bgfe
関係ないけど遠山の金さんが南町奉行と一緒になって水野忠邦と対立してた時
南町奉行は大阪奉行時代の不祥事を理由に切腹に追い込まれたけど金さんは隙を見せなかったので
金さんは隙を見せなかったので大目付に栄転させることで実験を奪ったとか
(ただし南町奉行は大阪奉行時代に「大塩平八郎の乱」が起きて大塩平八郎に「あいつだけはぶっ殺す」と斬奸状描かれてるので正義の味方かどうか評価が分かれるらしいけど)
仮病の人も京観作るほど凶暴な性格だったんだから寒職時代は相当気を使ったんだろうね

578□□□□(ネーム無し)2018/11/03(土) 13:32:46.89ID:QuBD3lp3
「午睡してる間に」士元が訪ねてきたとか、
「寝入ってっる間に」嫁と徐兄が自分について話してるのを
「途中から起きてたけどそのまま聞いてた」とか。
3回目は今までやったエピソードが伏線となって帰ってくるのかな、楽しみ。

579□□□□(ネーム無し)2018/11/04(日) 08:15:54.60ID:zbbSzqfx
士元が魯粛んとこに行くのは後に周瑜の属官(郡功曹)になる伏線かな

580□□□□(ネーム無し)2018/11/04(日) 21:13:51.10ID:dlGWEnoQ
士元が孫呉に行ってしまうと、次は孔明のライバルとして蜀で再会するんだよなあ、そして・・。

581□□□□(ネーム無し)2018/11/04(日) 21:44:46.45ID:fnapDs4V
ただ劉備軍の中でも荊州参加組って孫呉と交流ある奴が多そうなんだよね。
孔明も頻繁に手紙のやり取りしてるし。

582□□□□(ネーム無し)2018/11/04(日) 22:12:24.91ID:zuYdwSzE
孔明はそもそも兄貴が呉に仕官するし
孔明が蜀で大きな顔ができたのは呉の幕僚とのコネが強い故の「お兄ちゃん助けて戦法(天下三分の計)」のおかげだと
主張する社会科の先生がいたなあ

583□□□□(ネーム無し)2018/11/05(月) 00:54:44.20ID:sKght437
劉備の蜀攻めは蜀志と呉志でだいぶ内容違うからそう言う発想が出てもおかしくはない。

蜀志じゃ単独で攻め取った書き方してるけど呉志じゃ呂岱が目付として派遣されたって記述があったりと食い違いがかなりある。

584□□□□(ネーム無し)2018/11/05(月) 04:27:11.83ID:u8Y+Ho7w
孔明の兄ちゃんてさー、呉で結構偉かったんでしょ?

なんで兄弟そろって、呉に行かなかったん?

585□□□□(ネーム無し)2018/11/05(月) 18:53:08.39ID:kwt4ghro
そりゃ、日本の戦国時代でも家名を遺すために、真田家みたく敵味方に別れたって例はいくらでもあるじゃん。

586□□□□(ネーム無し)2018/11/05(月) 19:35:20.04ID:u8Y+Ho7w
そんなに名家なの?

587□□□□(ネーム無し)2018/11/05(月) 21:28:50.18ID:LZdgumDw
>>584
兄ちゃんが偉くなる前に、パパンが急死
学業途中な十代の学生なので、パパン弟が幼い孔明と均さん兄弟を引き取った
叔父さん一家の転勤に帯同して育つが、孔明が16歳位の時に叔父さんが失脚アンド死亡
孔明と均は父の友人劉表の書生にジョブチェンジ
兄ちゃんは洛陽(董卓が暴れてる)で就職が決まらず、引っ越した先の揚州で孫権と出会う
数年後、兄ちゃんの生活が落ち着いた頃には孔明と均は荊州に引っ越して農夫になってたので兄ちゃんは仕送りで援助することにした

588□□□□(ネーム無し)2018/11/05(月) 21:35:55.25ID:ZrYPLWuN
>>586
実は前漢皇帝のご落胤の家系で諸葛瑾は前漢皇帝からの血統を認めるお墨付きを持っていた
魯粛に「漢なんか復興させようとしても民の為になんかならん。曹操は自分のことしか考えて無いし本気で民を救いたいならあなたが皇帝になりなさい。」
と言われてもさすがにウンとは言えなかった孫権が呉帝国を建てる気になったのは諸葛瑾が長子・恪の人間性に見切りをつけお墨付きを孫家に譲ったため
お墨付きの存在は知っていてもそれを持たない亮は劉皇叔を建てることで漢王朝を存続させようとした

589□□□□(ネーム無し)2018/11/05(月) 21:45:55.92ID:1pPwjmok
>>586
東漢末の司隷校尉を出さざるを得ない時点でお察し。

590□□□□(ネーム無し)2018/12/03(月) 09:24:03.64ID:53ypwMDm
いよいよ劉備軍団と対面近づいて来たけど「左将軍!あのボンクラ息子追い出して荊州乗っ取っちゃいなYO!」って絵がどうしても浮かばんw

591□□□□(ネーム無し)2018/12/03(月) 10:28:40.04ID:Dpw1L8oe
あの孔明さん、曹操のことになると静かな怒りとともに冷徹さを垣間見せるから曹操に対抗するためにあっさり提案するかも。
天下三分の計も士元や徐兄とやったゲームでの伏線があるし。

592□□□□(ネーム無し)2018/12/03(月) 15:35:47.59ID:l+Klv1Z7
追い出して云々はヨメちゃんが蔡夫人の姪、黄承彦さんの妻の妹というネックがあるからなあ……
ヨメちゃんへの愛と曹操への憎悪との板挟みになる孔明も見たいがw

593□□□□(ネーム無し)2018/12/03(月) 20:11:32.50ID:UKb2g43y
つか黄承彦が後押ししそう。
「蔡家なんぞ気にするな、ははん」ってな感じで。

594□□□□(ネーム無し)2018/12/03(月) 20:52:19.61ID:WMH8DGM0
なんかもう、畳みに入った感があるな

595□□□□(ネーム無し)2018/12/03(月) 21:11:35.49ID:o5I3+7Jj
うん。俺もそう感じるなあ……。

三顧の礼でお終いってのも、素敵ではないかと。

596□□□□(ネーム無し)2018/12/03(月) 21:47:59.99ID:CaiJNbYq
>>592
あと蔡瑁が実は曹操と孝廉同期で仲良しなのもね。

597□□□□(ネーム無し)2018/12/03(月) 23:14:11.80ID:BaxXfwyG
うーん
この流れで逆にどうやって三顧の礼で終われるのかわからん

598□□□□(ネーム無し)2018/12/03(月) 23:18:48.53ID:S+1rktzv
売れてるんだから雑誌社の方がなんとかして終わらせないようにするだろ
作者も描きたいことはいくらでもあるだろうし
ただどの辺を終着点にするかの設定が難しいけど

599□□□□(ネーム無し)2018/12/04(火) 03:04:56.68ID:91MmcwO/
最後はやっぱり秋風五丈原で

600□□□□(ネーム無し)2018/12/04(火) 03:13:54.11ID:saoAx34p
>>169
気づかなかったけど落語の「野ざらし」の話か

601□□□□(ネーム無し)2018/12/04(火) 05:16:34.63ID:d/jORhpO
野ざらしというか、元になった中国の笑話だね。(楊貴妃と張飛)

602□□□□(ネーム無し)2018/12/04(火) 14:08:21.80ID:WXEl8u40
>>598
同じ掲載誌でそんな引き延ばしされてる作品あったっけ?
時間経過があってストーリー色強い作品はわりときちっと終わってる印象があるが

続けるとしたら「孔明のヨメ」というタイトルでの連載を一回終わらせてからじゃないかなあ
三顧の礼が終わったら月英さん絡めるのどんどん大変になるし

603□□□□(ネーム無し)2018/12/04(火) 17:01:31.55ID:YUK0fIvG
>>602
何度も言うけど、まずヨメが史書に登場しないことは活躍の妨げにはならないし、長坂で民衆を誘導しながら追っ手を食い止めるための「防衛設備」なのであって、ここまで伏線を張っておきながら三顧の礼で終わるようなら、センセの意に沿わぬ打ちきりを疑うレベルだぞ

604□□□□(ネーム無し)2018/12/04(火) 17:36:12.85ID:WXEl8u40
>>603
史書に載ってる云々じゃなくて実際問題女人で宮仕えもしてない妻を連れ回すのは難しいでしょう
完全に荒唐無稽な路線ならともかく杜康さんは当時の情勢や文化や価値観をわりと重視するタイプだし
長坂の辺りは民衆と共に動くからできるとしてもその後は孔明は呉に出向くわけでどんどん月英さんと
ラブイチャしている場面を作るのが難しくなっていくでしょ
そもそも徐兄が劉備に仕える辺りわりとしっかり描いてるところでも月英さんの出番は減っていてタイトルに
偽りありになりがちだったんだし
コメディ路線で「孔明のヨメ」っていうタイトルではどう考えても限界はいずれくるよって話で
それで切る(終わらせるのか仕切り直しかはともかくとして)なら三顧の礼は区切りとしていいタイミングだよねって話だよ

っていうか「史書に登場しないことは活躍の妨げにはならない」の以上に「三顧の礼以降は月英さんには辛い状況が続くし
呉に孔明が行く時からめるの大変じゃね?(だからその前に終わらせるのでは)」ってのも何度もスレで出た話だよ

605□□□□(ネーム無し)2018/12/04(火) 17:58:35.42ID:saoAx34p
>>602
芳の4コマでは専用スレでほとんどの人にそう言われているのもあるし俺が個人的にそう思ってるのもあるが名指しするとファンが怒るので言えない

606□□□□(ネーム無し)2018/12/04(火) 18:07:23.46ID:YUK0fIvG
>>604
女人は「男装」で済む話だし、呉には普通に行くでしょ
ロバ様とも直接やり取りしてるし(姉君は出てこないのに)、直情径行な孔明には交渉は向かない、間に入ってとりなすの流れはむしろ今月号で示唆されてるような?

この先入蜀と馬謖と兀突骨は確かに難しいけど、三顧の礼で終了という説はやはり不合理だと思う

607□□□□(ネーム無し)2018/12/04(火) 18:15:43.09ID:saoAx34p
「連環の計」とか「兀突骨丸焼き」含める南蛮退治とかヨメちゃんの技術生かす好機だとおもうけど何年かかるかなあ

608□□□□(ネーム無し)2018/12/04(火) 19:32:59.73ID:d/jORhpO
>>602
長期連載がそんなにないけど、らいか辺りは普通に引き延ばし感あるな。
サザエ時空じゃなきゃ普通にやることやって終わってる

609□□□□(ネーム無し)2018/12/04(火) 19:54:57.71ID:LniX8Clw
三顧の礼で切ったら、10巻に回す分が
足りなくなるのでは?

>>602
タイスペになるけど、
恋愛ラボは引き延ばし疑惑持たれてるな。

610□□□□(ネーム無し)2018/12/04(火) 20:11:32.80ID:saoAx34p
俺が知ってる限りでは「あそこで終わらせておけば」と本スレがほぼアンチスレ化したところもあるが
具体名はファンが怒って荒らすかも知れんからあげない方がいいと思うぞ

611□□□□(ネーム無し)2018/12/04(火) 20:37:00.81ID:8Fgv4jCM
ムー編集長 UFO「存在する」「自衛隊は隠してる」「米国は正体を知ってる」「生きているうちに分かる」
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1543627498/l50

  安倍は水道代ドロボー!  宇宙人を総理にしろ!

612□□□□(ネーム無し)2018/12/04(火) 21:14:12.05ID:y/VEEMS8
UFOの正体は孔明灯

613□□□□(ネーム無し)2018/12/05(水) 09:19:20.02ID:SETXxWUs
?統の死ぬシーンをどう描くのか楽しみ。

614□□□□(ネーム無し)2018/12/05(水) 10:20:04.44ID:t7I+UcIP
この作者の三国志愛や発想力からすると、編集部の引き延ばし策をするまでもなく連載のネタは山ほどあるだろうから安心している。
なんせ三国志愛のあまり留学したり、むこうの図書館にこもりっきりだったり、隣町に行くように中国を訪問するくらいだし(本人談)。

ここんとこの増ページも人気と前半の最大のヤマということもあると思う。ヨメちゃんの視点から蜀の庶民文化を見るのも面白いと思う。
孔明さんの内政にも役立つと思うし。諸葛孔明の適性は戦術家というより内政や軍政家という評価があるというからね。

615□□□□(ネーム無し)2018/12/05(水) 15:53:16.94ID:5iN7inZX
>>613
むしろ死ぬ前の劉備との飲みの席での喧嘩とかどう入れるのかが楽しみ。
このエピソード採用した創作って中華ドラマのスリーキングダムと陳舜臣先生の「諸葛孔明」ぐらい

616□□□□(ネーム無し)2018/12/05(水) 22:03:40.71ID:SpYZVppz
項羽とUFO

617□□□□(ネーム無し)2018/12/06(木) 01:22:25.42ID:jdvhepFk
>>614
おーはし先生以降、抜けた穴が
中々埋まらない、というのも大きいかと。

ここ半年ほど、孔明or天ススの増ページが
常態化してるのを見ると。

618□□□□(ネーム無し)2018/12/06(木) 13:15:35.96ID:N6xTipDb
>>617
おーはし先生は芳が切った感あるのにな
つぼみ園ファイナルは入手苦労したぜ畜生

619□□□□(ネーム無し)2018/12/06(木) 16:45:46.64ID:69asmUjo
出蘆・赤壁・入蜀・劉備の死・五丈原と切るべき場所は色々あるけど何分今のテンポじゃ出蘆から入蜀まででも何年かかるやら
まあ、「時は流れて」と言って出蘆からその後の活躍少し描いて長坂の戦い・赤壁・入蜀と名場面に飛ばす手もあるが
史実にそってるこの作者も法正は展開が面倒くさくなるというか邪魔だから出さないだろうなあ

620□□□□(ネーム無し)2018/12/06(木) 17:14:33.88ID:/+cTnm9X
仮に法正出してもかなりマイルドなキャラにされてそう。
過去の創作でも「睚眥之怨」的な性格は殆ど描写されてないし
(この形容で語られたのは范雎と王猛)
https://i.imgur.com/qlT7ldn.jpg

621□□□□(ネーム無し)2018/12/06(木) 20:45:57.38ID:lDhoH7ji
作者さんのサイトには「孔明のヨメ」は
『三国志』一の軍師になる前の諸葛孔明と、妻の黄月英が主役の4コマ漫画です。
てあるから、『三国志』一の軍師になった時点で終わりにするんかな?どこだろ?

622□□□□(ネーム無し)2018/12/06(木) 21:23:44.10ID:69asmUjo
赤壁かなあ

623□□□□(ネーム無し)2018/12/07(金) 01:02:53.53ID:VredoCD6
「梨花の下に」や「江河の如く」と違って意図的に暗い話や重い話を省いてるのでその前に終わらせる可能性はあるかも

624□□□□(ネーム無し)2018/12/07(金) 06:11:21.08ID:B4ZCDNi6
>>623
徐母、、

625□□□□(ネーム無し)2018/12/07(金) 06:23:25.90ID:b3Okffwv
渾身の硯投げが色々持ってった感がある

626□□□□(ネーム無し)2018/12/07(金) 10:05:07.84ID:wc/cEoag
登場済みキャラで史実ネタを描いてないのは諸葛瑾、(諸葛恪)、魯粛、白眉あたり?
このへんの伏線の回収は構想に入ってるんじゃないかな

627□□□□(ネーム無し)2018/12/07(金) 16:47:57.66ID:c7wFlKkU
馬良は水鏡先生が弟子解散させるところでせっかくだから名前のある弟子を出したってだけで今後出番無さそうな気がする

628□□□□(ネーム無し)2018/12/07(金) 18:51:40.04ID:4je9RaMk
???「へーあなたがあの有名な白眉さん」

新着レスの表示
レスを投稿する