夜明け前 [無断転載禁止]©2ch.net

1夢見る名無しさん2017/05/13(土) 04:24:06.85O
個人的な日記。つらつらと。

113夢見る名無しさん2017/08/11(金) 12:00:13.99O
2017年8月10日

BSで路線バスの旅の再放送を見た。やはり、路線バスといえば太川、蛭子コンビがしっくり来る。今回のマドンナは川上麻衣子で、京都から出雲大社を目指す旅であった。

一日目、二日目は距離を延ばすことが出来ず、半分にも満たない距離しか進めていなかったが、三日目にうまく乗り替えが出来、松江まで進んだ。

しかし、楽勝かと思われていた最終日の四日目に思わぬ落とし穴があった。松江市内から出雲大社に向かうバスがなく、出雲大社への行き方も分からなかったが、大東行きのバスの時間が迫っていた為、一行は行き当たりばったりでそのバスに乗り込んだ。

結果として、この選択が見事にハマり、バスの運転手さんから出雲大社へのルートを聞き、無事に出雲大社へと到着した。

路線バスの旅の醍醐味は、やはりゴールに着くのか着かないのかが分からないドキドキ感である。それに太川、蛭子の個性派コンビのやり取りが見事に調和し、長年愛されるような人気番組となった。

特に蛭子さんはいつもマイペースで無神経に物をズバズバ言う。その一言一言が余りにも空気を読まないからこそ、逆に視聴者のことを笑わせてくれる。

114夢見る名無しさん2017/08/11(金) 21:18:17.76O
2017年8月11日

白波がテトラポッドにぶつかり弾けて散った。波は何度も押し寄せ、その度ごとに大きな音を轟かせながら、岸壁に勢いよくぶつかっている。

今日は防潮堤の上を歩いた。この防潮堤はまだ出来てからそれほど時間も経ってなく真新しい。上に上がると太平洋を一望出来る。

今日も天気は悪く、歩いている内に雨が降ってきた。防潮堤の上は人が歩く為に作られた訳ではないので、雨で濡れるとすべりやすくなるので足元に注意して歩いた。

いつも歩いているのは海の近くの公園だが、海は全く見えないので、たまには海を眺めながら防潮堤を歩くのも良い。お世辞にも綺麗な海とは言い難いが、やはり広大な海を眺めていると、自然と心が癒されてくる。

晴れの日ならもっと海も綺麗に見えるだろうし、そろそろいい加減に夏らしい快晴の日が訪れて欲しいものだ。

115夢見る名無しさん2017/08/13(日) 03:43:12.93O
2017年8月12日

私のママチャリが限界を迎えつつある。以前から多少調子は悪かったのだが、それでも普通に漕ぐことは出来、毎朝サイクリングでお世話になっていた。

しかし、今日サイクリングをしている途中、緩やかな坂道に差し掛かったところで異変が起きた。普段なら多少ペダルは重くとも特に何も起きることはないのだが、今日は急にペダルの感触が変わり、明らかにギアに何かが起きたことが分かった。

自転車から降りて、後ろのギアを見てみると、一番小さな歯車の歯がかなり尖り、中には先端が少し欠けているところもある。先程の違和感の正体はこれだろう。歯車が欠け、チェーンとうまく噛み合わなくなった。

自分の自転車は六段階のギアで、いつも一番重い6に設定してある。その6の歯車が壊れてしまったのだ。

その後は自転車はスピードが出なくなり、ガチャガチャと音がするようになって、家に帰るのも一苦労であった。ただ乗るだけなら出来るが、今後この状態ではサイクリングは難しいだろう。

この自転車は5年ほど使っており、最近は特に毎朝のサイクリングで酷使していた。スプロケットが壊れるまで自転車を使い込んだのは初めての経験だ。

この日記でもサイクリングのことばかり書いているように、私のママチャリは日夜苦楽を友にしてきた戦友である。苦渋の選択ではあるが、スプロケットの修理はお金がかかる為、今回の故障で、戦友を引退させようと思う。

五年間苦しい思いばかりさせて来てしまったが、その我が儘に反抗することも無く今まで着いてきてくれて、ただただ感謝しかない。ありがとう、私の戦友よ。あとは駐車場の片隅で、ゆっくりと休んでおくれ。

116夢見る名無しさん2017/08/14(月) 07:36:17.85O
2017年8月13日

自転車が限界を迎え、サイクリングが出来なくなったので、必然的に早朝の運動はウォーキングやジョギングが中心になる。丁度今月はウォーキングやジョギングに力を入れる方針だったし、そういった意味では良かったのかもしれない。

13日は自転車なら一時間ほどかかる道を時折ジョギングしながら3時間半かけて歩いた。雨は降っていなかったのだが、田んぼの砂利道がぬかるんでおり、足をとられないように気をつけながら歩いた。

同じ道を通っていても、ウォーキングとサイクリングではやはり景色が違う。ウォーキングは進む時間が遅い分、より多くのものが目に飛び込んでくる。流れる雲の動きなんてサイクリングをしてる時はほとんど見る余裕がなかったが、歩いている時は自然と目に入ってくる。

人生も似たようなところがあるかもしれない。休む暇もなく、日々の仕事や学業に忙殺されている間は、視界に飛び込んでくる景色も少なくなってくる。よく物事を見るためには、ゆっくりと歩きながら景色を楽しむだけの余裕が必要なのであろう。

117夢見る名無しさん2017/08/15(火) 12:08:22.66O
2017年8月14日

ネプリーグを久々に見た。いつもはニュースや鶴瓶に家族に乾杯を見ているが、昨日はやっていなかった為、ネプリーグを見た。

クイズ番組は全般的に好きだし、ネプリーグも好きな番組の一つではあるが、鶴瓶の家族に乾杯を見るようになってからはあまり見る機会がなかった。

昨日のネプリーグは高校生をゲストとして呼び、東大OBOGのチームと戦わせていた。高校生は開成、洛南、灘の全国的にも有名な進学校の生徒であった。

しかし、そういった有名校の生徒でありながら、滞納という漢字が書けなかったり、簡単な国旗が分からなかったりと、高校の名前に泥を塗るような間違えを犯していた。

しかし、東大OBOGは肖るという漢字が読めなかったりと、もっと酷い間違いを犯した為に、結果は高校生チームの勝利となった。

ネプリーグにはよく名門高校や名門大学出の人々が出ているが、それで本当にその学校を卒業したのかと思わせるような間違いをすることが多い。

そういった有り得ない間違いをすることが番組を盛り上げ、ネプリーグを人気番組にしたのかもしれないが、泥を塗られる学校側にとってはそういった間違いはあまり好ましくはないのだろう。

118夢見る名無しさん2017/08/16(水) 09:01:37.08O
2017年8月15日

昨日は72回目の終戦の日だった。終戦の日であるから、何か戦争に関する日記を書こうとしていたのだが、昨日の夜に思わぬ出来事が起きてしまった。

晩飯を食べ終わった時に口の中に違和感を感じた。舌で口の中を調べてみると、前歯の間に妙に空間がある。これはおかしいなと思って、鏡を見てみたら、前歯が一本根元から半分折れていた。

今まで奥歯が欠けたことはあるが、さすがに前歯が欠けたことは一回もなかったのでショックが大きい。今も傷心状態のまま日記を書いているが、正直何もやる気が起きない。

明日以降、日記は更新出来ないかもしれない。自分にとっては、そのくらい重大でショックの大きい出来事だった。

119夢見る名無しさん2017/08/20(日) 12:48:17.44O
2017年8月20日

五日ぶりの日記だ。
前歯が半分折れるというショッキングな出来事により、毎日つけていた日記が止まってしまった。

最初折れた時に気づいた時は本当にショックであった。鏡を見たら、一つの前歯が半分無くなっており、口角をあげてにっと笑うと、前歯と前歯の間に隙間が見えてしまう。折れる前に比べたら、やはり明らかに間抜け面になってしまった。

折れてから二、三日は心からふさぎ込んでしまった。事ある毎にふと鏡を見てしまい、欠けた前歯を見ては余計に憂鬱な気持ちになっていた。

しかし、四日ぐらい経つと、前歯が欠けていることにも慣れてきて、あまり暗い気持ちになることは無くなった。冷静に見ると、前歯の中ではあまり目立たない部分であり、笑顔を近くでまじまじと見られない限り、あまり分からないだろう。多少歯並びが悪くなった程度だ。

それに昨日の仙台育英の試合に物凄く勇気をもらった。9回の裏、2アウトまで大阪桐蔭に1点リードされ、そのまま試合終了と思われたが、思わぬ幸運で満塁となり、そのチャンスを活かし逆転サヨナラ打を放って、優勝候補を下した。

あんな試合を見せられて、奮い立たない人間はほとんどいないだろう。最後まで諦めなければ奇跡だって起きるのだ。前歯が半分折れたくらいで落ち込んではいられない。お金が貯まれば治すことだって出来るのだし、くよくよするようなことではない。

今から仙台育英の準々決勝を見る。ここまで来たからにはもう優勝しかない。大旗の白河の関越えを果たし、東北地方に初の優勝をもたらして欲しいものだ。

120夢見る名無しさん2017/08/21(月) 20:01:21.58O
2017年8月21日

仙台は今日も雨だった、と書いたらどこかしら昭和の歌謡曲のような雰囲気がある。

仙台は今日で31日連続雨となり、観測史上2番目に長い記録だそうだ。これは6月から9月までの夏の時期としては、83年前の昭和9年に記録した35日連続に次ぐ長さで、29年前の昭和63年の記録に並んだらしい。

この日記でも度々書いているように8月に入ってからほとんど晴れ間を見ていない。1日か2日くらい晴れ間を覗ける日もあったが、長雨の合間に少し青空が見えたくらいで、ここ一ヶ月まともに晴れた日はなかった。
空は常にどんよりとした曇り空で、しとしととした雨が毎日のように降っている。

ここまで来ると永遠に晴れることは無いのではないかと自然と疑ってしまうのだが、週間予報では久々に晴れマークが姿を見せ、梅雨のような天気は明日でようやく終わるそうだ。

自転車は壊れてしまったので青空の下でサイクリングを楽しむことは当分出来ないのだが、夏らしいギラギラとした日差しがここまで待ち遠しいものだと思った夏は、長い人生の中で今年が初めてとなった。

121夢見る名無しさん2017/08/23(水) 08:02:16.70O
2017年8月22日

22日もいつものように早朝の散歩に行こうとすると、後ろから突然呼ばれたような気がした。後ろを振り返ってみると、そこには引退させた自転車があった。自転車はどことなく寂しそうな雰囲気を醸し出している。

六速のギアが壊れてしまった為に引退させたのだが、他のギアは一応まだ生きており、自転車として漕ぐことは十分に出来る。どのくらい乗れるのか試しに乗ってみたくなり、久々に自転車を駐車場から引っ張り出してみた。

ペダルを漕ぐと、やはりがちゃがちゃという音がして、スピードもあまり出ない。やはりダメかなと思いながら乗っていると徐々に音は収まり、六速のギアほどではないがスピードも出るようになってきた。

いつも行っていた公園まで漕いでみたのだが、以前とあまり変わらない時間で到着することが出来た。自転車には十二分にお世話になった為に、完全に漕げなくなる前に引退させたのだが、自転車の意地を見せられたような気がした。

六速ギアがない為に遠出することは難しいだろうが、家から一、二時間の距離までは十分今の自転車の状態でも行けるだろう。引退させたばかりで申し訳ないとは思うが、今日の自転車はこれからもたまに乗らせてもらおうかなと思わせてくれるような走りをしてくれた。

122夢見る名無しさん2017/08/24(木) 12:56:41.04O
2017年8月23日

23日は久々に朝から空が青く晴れ渡り、太陽もその姿をはっきりと見せた。セミ達は久しぶりの日差しを喜ぶかのように懸命に鳴き続けていた。

朝からこんなにも晴れたのは実に1ヶ月ぶりだ。空の青さがこんなにも深い色だということすら忘れていた。やはり、人間は他の動物と同様に青空の下で生きるように設計されているようだ。頭上にどこまでも広がるアクアブルーは、ただそこにあるだけで心を潤してくれる。

日中は気温の方も上がり、久々の真夏日となった。エアコンも久々に使った。やはり、夏はこうであって欲しい。暑さがあるからこそ涼しさの有り難みが分かるというものだ。

猫たちも最近はずっと寒そうにしていて、時には布団の中に潜るようなこともあったのだが、昨日は両足を投げ出してぐたーっとなっていた。

123夢見る名無しさん2017/08/25(金) 12:44:57.57O
2017年8月24日

相も変わらずセブンイレブンの冷凍食品によくお世話になっている。以前も日記に書いた記憶があるが、やはりセブンの冷凍食品の中でもパスタのクオリティは高い。

パスタにも色んな味があり、その内の大体は食べてみた。どれも冷凍食品とは思えないくらいよく出来ているのだが、特にミートソースはとても美味しい。

実際に自分で作った時と同様の味が再現されており、それが200円ちょっとで買うことが出来る。その他にもナポリタンやカルボナーラなどがあるのだが、やはり個人的にはミートソースの出来がもっとも良いと思う。

最初食べた時には正直驚かされた。レンジでチンするだけでここまで本格的な味のパスタが再現出来るとは、冷凍食品業界と共に、コンビニ業界の進化というものは本当に恐ろしい。

124夢見る名無しさん2017/08/26(土) 04:37:39.79O
2017年8月25日

徐々に調子を取り戻してきた自転車に乗っていると急に雨が降ってきた。仙台は25日で35日連続雨となり、83年前の昭和9年の歴代一位の記録と並んだ。

26日も仙台は午前中に雨が降る予報がなされており、もしかしたら記録を更新して歴代最長の年となるかもしれない。

宮城県外で暮らしている人々にとっては35日連続雨という言葉を聞くだけでげんなりするかもしれないが、ここ数日の天気は今までとは少し趣が違う。

今までは一日中灰色の雲に空が覆われ、しとしとと雨が降る梅雨のような天気が続いていたが、ここ数日は逆にほとんど晴れている。しかし、時折通り雨があり、その短い時間の雨によって、連続降雨記録を伸ばし続けていた。

お世辞にも名誉な記録とは言えないが、もうここまで来たからには是非とも記録を更新して欲しい。今年の夏は雨の記憶ばかりだが、その記憶が歴代最長の記録となって、後世にも語り継がれるのならば、あまり悪い気がしないのは果たして自分だけだろうか。

125夢見る名無しさん2017/08/27(日) 04:28:31.60O
2017年8月26日

毎朝行ってる公園に向かう途中に雨が降り始めた。雨はその勢いを強め、数分で地面に水溜まりが出来るほどの勢いで一時間以上降っていた。これで仙台は36日連続で雨となり、83年前の記録を破って歴代一位となった。

激しい雨に打たれながら、日課のウォーキングやジョギングをしていたのだが、歴代一位の雨に打たれていると思うと、そんなに悪い気もしなかった。むしろ、雨が降り始めた時は新記録だということが頭をよぎって、多少なりとも興奮してしまった。

昨日書いたように決して名誉な記録ではないだろう。今年の夏の悪天候、日照不足によって、仙台は農作物への影響も懸念され始めている。夏らしい気候にならなかった分、消費は減り、地域への経済的な影響も心配されている。

しかし、それでも83年前の記録を破っての歴代一位という記録には心踊る部分がある。自分の残りの人生の中でこんなにも雨の記憶が強い年は、この先そう簡単には訪れそうもない。

126夢見る名無しさん2017/08/28(月) 20:33:30.77O
2017年8月27日

27日は前日までと違い、朝から快晴となり昼間は夏らしい気候となった。27日もいつも行っている公園でウォーキングとジョギングをしたのだが、久々に日差しに暑さを感じた。

三時間ほどその公園で運動してクタクタになったところで、今夏初めて自販機のアイスを買った。今までは雨ばかりで気温も上がらず、アイスを食べる気すら起こらなかったが、昨日は久々のアイス日和と呼べるような気候であった。

何のアイスを買おうかと悩んでいると、ソーダのアイスが目に入り、自然とそのボタンを押していた。買ったアイスは公園のベンチに腰掛けながら食べた。

味自体は普通のソーダのアイスであったが、夏の日差しの下、疲れきった状態で味わうアイスは格別であった。火照りきった体を内側から冷やしてくれる。

夏らしい気候がほとんどないまま今年の夏は終わりを迎えそうだが、夏の暑さが続く限り、週末の運動の際にはアイス休憩をしようと思う。

127夢見る名無しさん2017/08/29(火) 23:41:41.86O
2017年8月28日

Qさまの高校生大会を見た。出場者には昨年の高校生クイズに出ているメンバーがいたりと、クイズ好きには馴染みの顔が何人もいた。レベルの方も先日のネプリーグとは違い、それなりに高く、熾烈な争いとなっていた。

ただ、この大会で一番目立っていたのは高校生よりも、ゲスト参加したカズレーザーであった。難問でも難無く答え、この速さで押せるのかと思わせたのは、やはりいつもカズレーザーであった。

まだカズレーザーはテレビに出始めてから数年しか経っていないが、このQさまが彼の出世作と言っても良いかもしれない。彼の代名詞である赤いジャケットと金髪のオールバックを全国に知らしめたのは間違いなくこの番組であろう。

自分も初めて彼を見たときは衝撃であった。一見どこかのチーマーのような容姿をしていながら、誰よりも速く押し、誰よりも速く正確に答えていた。

クイズの実力もさることながら、トークもうまい。頭の回転が非常に速く、独特の世界観を持っており、新時代のお笑い芸人という形容が彼にはもっとも相応しいであろう。

128夢見る名無しさん2017/08/30(水) 00:26:23.10O
2017年8月29日

早朝家にいると、いきなり携帯が鳴り始めた。何事かなと思って、携帯を見ようとすると、外の方でもサイレンが鳴り始めた。

これはただ事ではないと思いながら、携帯を見てみると、緊急速報メールが届いており、北朝鮮からミサイルが発射されたので、頑丈な建物や地下に避難してください、という日本政府からの通知であった。

テレビをつけても、全局Jアラートが発表されたことを報道しており、アナウンサーたちが緊迫した声でそのことを伝えていた。外では防災無線から物々しいサイレンが未だに鳴り響いている。

正直避難して下さいと言われても、頑丈な建物も地下も近くにはない。どうしようもないじゃないかと思いながらテレビを見ていると、北海道上空を北朝鮮のミサイルが通過したという情報が報道された。警報が鳴り始めてから、わずか10分足らずの出来事だ。

その後、ミサイルは襟裳岬の1000キロ以上東の海域に落ちた。現時点では新型の中距離弾道ミサイルではないだろうかという見方がなされている。

テレビではミサイルや北朝鮮の解説と共にJアラートの問題点を報道している。うまく作動しなかった自治体も多く、緊急時の国民への情報伝達に課題を残した。

ネット上では自分と同様に避難しろと言われてもどうしようもないじゃないかと日本政府に不満を訴える声が溢れると共に、その政府に対する不満を表明する人々に対して不満を訴える光景が見られ、ある意味いつもの日常のやり取りが繰り返されている。

個人的にはここまで広範囲にJアラートを出す必要性があったのか、Jアラートを出す前に日本にミサイルが落下しないことは予測出来たのではないかと思うが、今の日本政府にはそういった自己批判的な検証は難しいであろう。

北朝鮮のミサイルに端を発した早朝の一騒動は様々な問題を炙り出したが、政府が述べるように危機感は最近高まったのではない。20年近く前から日本は北朝鮮のミサイルの射程内に入っており、本気で撃つつもりならばとっくの昔に日本国内に撃ち込んでいるだろう。

最近は日本のマスコミはやけに北朝鮮の危機を煽り、そのことによって政府の防衛費増大に正当性を与えてしまっているが、国民に必要なのはそういった扇動的な情報に安易に流されずに、自身の頭で冷静に判断することであろう。

129夢見る名無しさん2017/09/11(月) 20:17:21.15O
2017年9月11日

約2週間ぶりの日記である。この間には色々あって日記を更新する気持ちが全く起きなかった。前歯が折れたことなんて、大したことのないように思えるくらいの出来事があった。

詳細をここに書くことは避けるが、自分の人生や命に関わるような内容だ。正直言って、これからの人生の青写真を全く描くことが出来なくなるようなことが、この2週間の間に起きた。

この日記を書いたり、体を鍛えたりすることなどは、今の自分の為というよりも、将来の自分の為にやっていたことである。将来の存在を信じることが出来たからこそ、様々な努力を継続することが出来ていたが、そういった努力はもう無駄になってしまうのかもしれない。

この2週間の間もそういった諦めが頭の中にこびり続け、日記を書くことだけでなく、日常のあらゆることに対してやる気を失っていた。今もはっきり言ってやる気は回復していない。

自分の人生はいつもそういった側面がある。人生の岐路において、自分にはどうしようもないことで諦めなければいけないことが幾度もあった。普通の人には当たり前のように与えられている選択肢も、自分の人生の中にはなかったことが多い。

努力を継続しても、自分ではどうしようもないことでいつも潰された。何度も何度も嫌になるくらい、そういったことは繰り返されてきた。今回起きた出来事はそのような自分の人生に追い討ちをかけるようなことである。

半年後、自分はすでにこの世界にはいないかもしれない。しかし、日常の平穏と命ある限り、日々最大限の努力を尽くし、今の目標に手を伸ばし続けたいと思う。

130夢見る名無しさん2017/09/12(火) 21:57:05.65O
2017年9月12日

先月掲げていた運動だけで30000kcalを消費するという目標は達成出来なかった。結局、先月運動で消費したカロリーは約27000kcalに留まった。

やはり、先月下旬に生きることさえ諦めなければいけないような出来事が起きてしまったことがやる気を削ぎ、目標達成に影響してしまった。

今月も今のところ約5000キロカロリーしか消費出来ておらず、月に30000kcal消費するのは厳しい状況である。

昨日書いたように、今はまだ精神的に不安定な状態が続いており、明確な目標を設定して、それに向かって邁進していくことは難しい状態だ。

今はとにかく一日一日を精一杯生き、少しでも多く消費カロリーを増やすことが、朝の運動においての目標である。

131夢見る名無しさん2017/09/19(火) 03:45:33.66O
2017年9月18日

真っ暗な洞穴の中に放り込まれたような気持ちがずっと続いている。明かりを求めては、あちこち探しまわってはいるが、どこにもその明かりは見当たらず、自分の周囲を包むのはひたすら暗闇ばかりである。

私の家は父が公務員の中流家庭であったが、父はその所得に見合った生活を送らずに借金を重ね、家族に迷惑ばかりかけてきた。

特に母はその負担を誰よりも多く押し付けられてきた。父が放蕩三昧で経済的に困窮すると、母は身近な人に頭を下げて、お金を貸してくれるように頼み込んできた。

それは一度だけではなく何度も繰り返されてきたが、父は一度も反省することはなく、母はその度に苦労ばかりをしてきた。

そして、今回も父は何ら悪びれることはなく、大きな負担を母に押し付けてきた。負担を押し付けられた母は、いつも周囲には弱音を吐かずに気丈に振る舞い続けているが、そういった姿を見るたびに本当に胸が苦しくなる。

私は父には憎しみしか持ち合わせていない。もし、母がいなければ、間違いなくその憎しみに従い、父のことを殺害しているだろう。

父は私の憎しみがここまで深いことには気づいてはいないのだろう。昔から人の心というものを全く読めない人で、そのせいで他人の怒りや憎しみを多く買ってきた。

私はその深い憎しみを前進する為の原動力として変えていくつもりではあるが、私も人間である以上、いつその憎しみに全身を蝕まれてしまうかは正直分からない。

132夢見る名無しさん2017/09/26(火) 06:57:52.03O
2017年9月25日

先週の始め頃に自転車がパンクしてしまったので、良い機会だと思い、新しい自転車を買った。

新しい自転車は以前と同様にシティサイクルだが、フレームも普通のシティサイクルよりも太く、以前の自転車よりもクロスバイクに近い形をしている。

週末は早速その自転車に乗って、少し遠出をしてみた。目的地は角田市の台山公園にあるH2ロケットの実物大模型である。

新しい自転車は以前のものと比べて馬力があり、緩やかな坂道なら楽に登ることが出来る。角田市の中心部に向かう途中には多少坂道があったが、その坂道も難なく越えることが出来た。

阿武隈川沿いのサイクリングロードをずっと南下していた途中、霧がどんどん濃くなり周囲の景色がほとんど見えなくなった。その霧は角田市の中心部に着くまで消えることはなく、往路では道中の景色を楽しむことはほとんど出来なかった。

自宅から一時間ほど自転車を漕ぐと、角田市の中心部に着いた。その頃には霧もほとんど晴れており、空は青空が広がっていた。

角田は思っていたよりも中心部が栄えており、商店街も未だに営業している店が多いようだ。

中心部に着いてから少し道に迷ってしまったせいで時間は幾分かかったが、目的地である台山公園に到着した。
H2ロケットの模型は公園の小高い丘の上にあり、眼下には角田の街並みが広がっていた。

角田のシンボルであるロケットとそこから見える角田の風景を楽しんだ後、帰路に着いた。まだ少し自転車を漕ぎ足りないので、他にもどこかに寄ろうかなとは考えたが、久々の自転車での遠出なので自重した。

復路では霧も完全に晴れ、阿武隈川沿いから見える初秋の山々の景色を楽しむことが出来た。
時間にすると3時間半。距離は60キロ前後といったところだろう。

買い換えたばかりの自転車での久しぶりの遠出は、出発前は多少心配があったが、自転車にも体力的にも特に問題はなかった。

これからは紅葉の季節である。角田のさらに向こうにある丸森には、宮城県内でも有数の紅葉の名所があるらしい。新しい自転車にも大分乗りなれて来たので、週末は再び自転車で遠出をする機会が増えそうだ。

133夢見る名無しさん2017/09/26(火) 19:19:18.89O
2017年9月26日

日が昇るのも徐々に遅くなり、早朝は日に日に肌寒さが増し、秋の気配も濃くなって来た。

最近も早朝の運動は毎日続けている。今日も日が昇る前に家を出て、自宅から15キロ弱離れた公園までサイクリングをしてきた。

その公園は東日本大震災の時に津波被害のあった場所に最近出来たばかりで、平日の早朝はほとんど人もいない。その公園までサイクリングで行き、30分ほどウォーキングやジョギングをしてから帰って来るのが日課となっている。

その公園に行く途中の道は今週末に行われる復興マラソンのコースにもなっている。この週末にはスタート地点から何キロかを示す標識が一キロ毎に立てられ、その標識には地元の小学生が書いた絵が載っている。

子供達のみずみずしい感性によって描かれた絵は、ランナーの励みにもなるだろう。

自分は今回の復興マラソンに参加することはないが、前々からフルマラソンに挑戦したいとは思っていたので、早朝の運動で体を鍛え続け、近い内に参加してみたいと思う。

134夢見る名無しさん2017/10/01(日) 04:02:41.50O
2017年9月30日

9月も最終日を迎えた。季節は夏から秋へと急速に変わりつつあり、早朝の肌寒さも一日一日厳しくなっている。

今日は村田町へとサイクリングをしてきた。まずは白石川沿いを西へ進み大河原町へと向かった。白石川沿いを進んでいると、沢山の桜が並んでいる並木道が見えてきた。

全国的にも有名な一目千本桜である。

ここには初めて来てみたが、白石川の清流の傍らに佇む桜並木は、花が無くとも見応えがあった。春には薄紅色の花が通りを彩り、人々の心に深い感動を与えてくれるのだろう。

大河原町を一通り見て回ったあとは、県道14号線をずっと北上した。県道14号線は交通量が多いわりに、歩道の道幅が狭かったり、歩道がなかったりする場所も多く、自転車で通るのは大変ではあったが、とにかく北上し続け、なんとか村田町へと着いた。

村田町では城山公園を訪れた。ここには以前、伊達政宗の七男宗高が治めた村田城があり、公園の到るところにその痕跡が残されていた。特に本丸があった場所は見通しの良い高台で、古い蔵が建ち並ぶ村田の街並みを一望出来た。

城山公園からの風景を楽しんだ後は、来た道を戻りそのまま家へと帰った。時間にすると往復で4時間半、距離は70キロ前後であろう。

今月も色々あったせいで一ヶ月の目標消費カロリー30000kcalを達成出来なかったが、来月はどんなことがあろうと、その目標を必ず達成してやるつもりだ。

135夢見る名無しさん2017/10/02(月) 20:47:40.58O
2017年10月1日

10月最初の日曜日、宮城県内ではみやぎ東北復興マラソンが行われた。10月最初の日曜日、宮城県内では東北みやぎ復興マラソンが行われた。

このマラソン大会は今年が初開催であり、東日本大震災で津波被害にあった名取市、岩沼市、亘理町の二市一町の沿岸部にかけて行われた。

マラソンのコースになっている沿岸部の道路は、自分もサイクリングで頻繁に通っている道路であり、開催直前の日曜の朝もいつもと同じようにサイクリングをしてきた。

いつもなら早朝は人通りもほとんど無く、車もたまに通る程度なのだが、今回は様子が違った。

沿道の所々にテントやテーブルが用意されており、同じような格好をした運営スタッフの人達が大会に向けて忙しく準備をしていた。

そういった風に日が昇ったばかりの頃から懸命に動く人々を横目に、自分はいつもの公園までサイクリングをし、道路が通行止となる前に帰ってきた。

午前9時からは復興マラソンのテレビ番組が地元のテレビ局で放送され、ランナーがスタートする様子や開催場所である三つの自治体の紹介などが行われた。

午後からも同様にマラソンの番組が放送され、レースの結果やランナーの生の声などが放送されていた。

どのランナーもここが被災地であることを強く自覚し、復興していく被災地の様子や沿道から声援を送ってくれる被災者の方々に対する感想を述べていた。

普段見ている景色をテレビで見るのは多少違和感はあったが、一万人以上のランナーが地元の街を楽しく走っている様子を見て、自分もいつか参加してみたいなという気持ちがより一層強くなった。

136夢見る名無しさん2017/10/02(月) 20:49:35.54O
冒頭の文章直したの消し忘れたw

137夢見る名無しさん2017/10/03(火) 19:53:33.51O
2017年10月2日

青々と生い茂っていた草花が秋の色へと変わりつつある中、黄金色に染まった田んぼは所々稲刈りを終え、今年の役割を終えようとしている。

そんな秋の風景を眺めながら、いつもの道をサイクリングしていると、沿道には週末に行われた東北みやぎ復興マラソンで使われたものがまだ沢山残されていた。

エイドステーションとなったテントや、規制線を作る為のコーンなどだけではなく、余った給水用の飲み物も箱のまま道端に置かれていた。

盗もうと思えば簡単に盗めるような状態で放置されていた為、不用心だなと思いつつ自転車を漕いだ。

一万人以上も参加したマラソン大会の直後なので、道路は多少汚れているのかなと思っていたが、道端に捨てられたゴミもほとんどなく、
ランナーの皆さんのマナーの良さと、運営スタッフやボランティアの方々の努力というものが、その様子からは強く感じられた。

週末にはあんなに賑わった道も一夜明けただけで、いつもと同じ静寂を取り戻していた。マラソン前と変わることはなく、車通りも少なく人通りもない為、黙々とサイクリングを楽しむのには本当に最高の場所である。

138夢見る名無しさん2017/10/05(木) 03:11:04.59O
2017年10月3日

沿道に所々あった復興マラソンの開催を知らせる看板は撤去され、海沿いにある田舎町は完全に日常へと戻った。

その復興マラソンで使われた玉浦希望ラインが10月3日から開通されるということなので、いつもと道を変えてサイクリングをしてみたのだが、早朝はまだ開通されてはいなかった。

冷静に考えれば当然で、昼間に開通式などのセレモニーをやってから開通するのだろう。新しい道路を通ることは諦め、毎朝行っている公園へと向かった。

いつも行っている公園は犬を散歩している人が一人いるだけで、他には誰にもいなかった。震災の影響でこの公園の近くに民家は存在せず、一番近い家でも1、2キロは離れている。

なので早朝は散歩しに来るような人は珍しく、自分とその犬の散歩をしている人以外はほとんど来ない。公園の敷地もかなり広いので、一人くらい人がいたとしてもほとんど関係ない。

他人に気兼ねをすることなく、自由に歩き、自由に走ることが出来るため、自分にとっては今もっともお気に入りの公園の一つとなっている。

139夢見る名無しさん2017/10/06(金) 03:40:45.11O
2017年10月4日

復興マラソンでも使われた玉浦希望ラインが10月3日開通した。この道路は津波の多重防御策の一環として建設され、4、5メートルかさ上げされており、津波の勢いを減衰させる為の役割が期待されている。

前日まであった道路への侵入を防ぐ為の車止めは撤去され、信号も灯りが点っていた。道路に入ってすぐのところには緑色の標識が設置されており、そこには玉浦希望ラインと白文字で書いてある。

早速開通したばかりの道路を通ってみたが、やはり新しい道路というのは素晴らしい。凹凸もないので、自転車のペダルは滑らかに進む。

車はたまに通るが、人通りは全くなかったので、調子に乗ってどんどんスピードを出してしまう。道路からは復興工事が進む浜側の景色と、岩沼市民が暮らす内陸側の景色がはっきりと見える。

玉浦希望ラインに入ってから30分も経たない内にT字路に差し掛かった。左側は県道亘理塩釜線に通じ、右側は本来なら復興マラソンのメイン会場となった岩沼海浜緑地の北ブロックの方に繋がっているのだが、まだ工事中で通行止となっていた。

今までは日課のサイクリングでは海沿いの道を通ることが多かったのだが、玉浦希望ラインの開通により、この道路を自転車で飛ばす機会が増えそうだ。

140夢見る名無しさん2017/10/06(金) 03:59:19.72O
2017年10月5日

今日は早朝のサイクリングをしなかった。最近はほぼ毎日のように運動していたのだが、やはり連日運動していると、自分が思っている以上に体に疲労が蓄積されていく。

いつもなら起きて自転車を漕いでいる時間帯にベットの中でまどろんでいた。飼い猫たちが家の中を走り回っている音が聞こえる。

ウチの猫たちは早朝が一番元気だ。日が窓に差し込むくらいの時間帯になると、一番小さなメス猫が10歳を越えるオス猫にちょっかいをかけて追い回す。

このメス猫は非常に活発で運動能力も高いお転婆娘だ。数年前に家族の一員となったのだが、先ほどの高齢のオス猫にいたずらばかりしている。そのオス猫も遊び相手として付き合っているせいか、以前より明らかに痩せた。

今日もそろそろ朝を迎える。猫たちはすでに起きているようだ。日が昇ると共に、猫たちの運動会は始まりを告げるのだろう。

141夢見る名無しさん2017/10/08(日) 14:07:28.31O
2017年10月6日

夜寝ていると携帯が急に鳴り始めた。普通の着信音ではなく、緊急メールを受信した時の音が鳴り、また北朝鮮がミサイルでも発射したのだろうかと寝惚けたままの頭で考えていると、地面が大きく揺れ始めた。

揺れはかなり大きくなり、起きたばかりの自分はベッドに座ったまま、ただ揺れが収まるのを待った。揺れは15秒ほどで止んだが、揺れが収まった後も天井からぶら下がっている照明は激しく横に揺れたままだった。

携帯を手に取り、Twitterに接続してみると、地震速報が早速表示されており、速報によれば福島県浜通りで震度5弱で、自分が住む宮城県南部でも震度4の強さであった。

久々に地震速報の音を聞いたが、やはりあの音は何度聞いても慣れるものではない。それに寝ている時に鳴り始めると、余計に焦りが増す。

今回の地震はそこまで大きくはなかったので目立った被害はなかったようだが、東日本大震災以降地震がある度に強く身構えてしまう自分がいる。二度とあの日と同様の恐怖や不安は味わいたくないものだ。

142夢見る名無しさん2017/10/08(日) 15:45:38.79O
2017年10月7日

6日の夜から雨が降り始め、7日は一日を通してパッとしない天気であった。特に午前中はそれなりに雨が強く、時折どしゃ降りとなることもあった。

しかし、それでも自分はサイクリングに行こうと決めた。平日はサイクリングに中々長い時間を取れない分、週末の時間は貴重だ。

台風レベルの悪天候でない限りは、週末は少しでも長く運動をしたい。一ヶ月で30000kcalを消費する為には、週末にどれだけカロリーを消費出来るかにかかっている。

よって、私は雨の中でもサイクリングに出掛けた。行ったことのない場所に行ってみようかなとも考えたが、雨の日に初めての場所に行くのはリスクが高いと思ったのでそれはやめた。

最近福島方面に行ってなかったので久々に福島の方に行くことにした。いつもの道を通り、一時間ほどで山下駅に着いた。雨は相変わらず止む気配はない。

山下駅より南の地区はまだ復興工事をしているところが多く、通行止めの道路も多かったのだが、以前通行止めとなっていた道路も舗装されて綺麗になったりしていた。

しかし、新しい道路が通行止めとなっていたり、最後に来た二ヶ月前とそこまで大きく変わってはいなかった。

雨が降り続ける中、宮城県と福島県との県境付近にある磯浜漁港に着いた。天候が悪いせいで波は高く、海は荒れ、釣り人はほとんどいなかった。

そこで少し海を見た後、福島県の新地町へと入り、内陸の道路を通って帰ってきた。初めて内陸側を通って来たが、やはり県境付近は坂が多く、海沿いの道を通った方が楽だということが分かった。

久々に福島方面へと自転車を走らせてみたが、二ヶ月程度では大きな変化はなく、復興を実感するのはまだまだ先のことになりそうだ。

143夢見る名無しさん2017/10/10(火) 06:11:51.79O
2017年10月8日

日曜の朝は霧が深かった。最近自転車で遠出しようとする日の朝は霧が深いことが多い。

今日の目的地は白石市の白石城である。白石市は宮城県の中でもっとも南部に位置する市であり、福島県との県境の市だ。

白石川沿いを自転車で走り、大河原町にある一目千本桜の下を通った。そのままサイクリングロードを白石方面に向かい、県道50号線へと入った。ここから先は初めて通る道である。

県道50号線は柴田と白石を繋ぐ道路であり、山のすぐ麓を通っているところが多く、道路の横には東北本線の線路が通っている。その為、自転車で走っている時に何度も電車と擦れ違った。

県道50号線を通っている途中に白石市に入り、そのまま白石川を沿うように、白石市の中心部を目指した。

白石大橋を渡ると、河川敷を人が沢山歩いていた。何事かなと思って見てみると、川沿いのグラウンドには白石市内の地区の名前が書かれたテントが複数たてられていた。どうやら地区対抗の運動会が開催されるようだ。

その光景を横目に、そこから10分ほど自転車を走らせたら、この日の目的地である白石城へと到着した。

まだ朝の八時前だからか、運動会が開催されているせいか、白石城周辺は散歩している人もおらず、ゆっくりと荘厳な天守閣を眺めることが出来た。

白石城を十分堪能した後は、白石の街中を少し眺めてから元来た道を帰ってきた。時間にすると往復で5時間、距離にすると70キロ強といったところだろう。

小さい頃に引っ越してしまったので全く記憶はないが、白石市は自分の生まれ故郷でもある。
自分が生まれた街でありながら、ほとんど行ったことがなかったので、生まれ故郷の街並みを堪能するのが今回のサイクリングの一つの目的でもあった。

江戸時代に作られた水路が張り巡らされた町の景色は美しく、伝統と文明がうまく調和された街並みは県内でも屈指の美しさであろう。

144夢見る名無しさん2017/10/11(水) 19:14:55.07O
2017年10月9日

8日にルヴァン杯準決勝第二戦、川崎対仙台が等々力競技場で行われた。仙台は第一戦を3-2で勝利しており、この試合引き分け以上で初の決勝進出となり、負けた場合も状況によっては進出が決まる。

川崎は決勝進出する為には勝利しかない為、序盤から猛攻を仕掛け、仙台はなんとか凌ぐ展開が続いていた。

前半29分、裏に抜け出した三好が冷静にゴールへと流し込み川崎が先制点を奪う。

その直後、仙台は中野がミドルシュートを川崎ゴールに突き刺したが、これはクリスランのキーパーチャージによって取り消されてしまった。

前半は川崎ペースのままで試合が進んだが、その後スコアは動かず、1-0のままで前半は終了した。

後半開始直後再び試合が動く。49分、エウシーニョが放ったシュートのこぼれ球を三好が再び押し込み、川崎はリードを2点に広げた。

このまま川崎ペースのまま試合が終わるかと思われた52分、奈良がこの日2枚目のイエローカードを受け退場。この退場を機に試合展開は一変した。

その直後、仙台はペナルティエリア内でドリブル突破を試みた中野が豪快なシュートをゴールに突き刺し、仙台が一点差へと迫る。

仙台はあと一点取れば決勝進出が決まる為、猛攻を仕掛けるが決定力を欠き、そのまま時間は悪戯に過ぎていった。

逆に後半終了間際、途中出場した長谷川に豪快なミドルシュートを決められ万事休す。試合は3-1で終了し、仙台は準決勝敗退が決まってしまった。

仙台は初戦3点を先制しながら、川崎にアウェーゴールを2点奪われてしまったのが結果的に響いてしまった。川崎は初戦から追いかける展開であったが、焦りもなく試合巧者ぶりが際立った。

仙台は初のルヴァン杯決勝まであと一歩というところまでいったが、やはり川崎と比べると、試合の運び方の稚拙さが目立ち、経験不足を露呈しまった。

仙台が初のタイトルを手に入れる為には、チームとしてもう一皮も二皮も剥ける必要がありそうだ。

145夢見る名無しさん2017/10/11(水) 19:16:21.72O
2017年10月10日

岩沼市で遺体が発見されたというニュースがやっていたので、どこで見つかったのだろうかと思ってニュースを見ていると、毎朝行っている公園がテレビに映った。

遺体が発見されたのは東日本大震災で津波被害にあった場所につくられた二野倉公園の南側の空き地で、8日の朝に散歩していた人が発見し、警察へと通報したらしい。

遺体は仙台市の太白区に住む54歳の女性で、全身の到るところが骨折しており、車にひかれた後その空き地に遺棄されたとみられている。

自分はその公園に毎日のように行っている。月曜の朝も丁度行ってきたが、まさかそういった事件があったとは想像もしなかった。パトカーが止まっているのは見えたが、あまり気にせずに散歩やジョギングをしていた。

宮城県の沿岸部は復興工事の影響もあり、震災前より交通量も多く、大きなトラックなどがスピードをかなり出して毎日走っており、自分自身もヒヤリとしたことが何度かある。

被害者の女性が事故にあったのかは定かではないが、もし車でひかれた後に遺棄されたのならば、犯人は自らの罪を素直に認め、一刻も早く自首して欲しいものだ。

146夢見る名無しさん2017/10/12(木) 01:49:37.39O
2017年10月11日

水曜の朝、岩沼の事件が発覚してから、初めて事件現場の公園へと行ってみた。公園は一部がまだ規制線が張られ、立ち入りが制限されているような状態であった。

事件現場付近にはパトカーが二台停まっており、その中には警察官の姿も見えた。

普段なら自分以外にも犬の散歩をしている人がいるのだが、その人の姿は見当たらず、公園を歩く人影はなかった。おそらく遺体の第一発見者はその人なのではないかと思う。

公園には津波から避難する為の丘が二基あり、その犬の散歩をいつもしている人は片方の丘の上で犬をノーリードで散歩していることが多かった。

その丘からは事件現場である空き地がよく見え、人が倒れていれば一目で分かる。

以前の日記でも書いたが、自分はその公園に毎日のように行っているが、遺体が発見された朝の六時頃は自分とその犬の散歩をしている人しかほとんどいない。

公園は民家から少し離れた場所にあるため、早朝に散歩に来るような人はほとんどいないのが実情だ。

報道されている通り、この公園は千年希望の丘と呼ばれている場所に含まれている。

千年希望の丘はその名の通り、千年先まで人々の命を守るために建設されており、震災で亡くなった人々の鎮魂や慰霊と共に、震災の記憶を伝承する為の場所としての意味合いもある。

そのような鎮魂の場所に自らの犯した罪から逃れる為に遺体を遺棄するということは、震災犠牲者に対する冒涜であり、決してあってはならないことだ。

犯人が捕まり、自らの犯した罪を自覚し、悔い改める日が一日でも早く来ることを切に願う。

147夢見る名無しさん2017/10/13(金) 16:51:25.90O
2017年10月12日

10月22日投開票となる衆院選の序盤情勢調査が、大手新聞各紙によって一斉に発表された。

どの新聞でも与党が今の議席をほとんど維持してしまうだろうという論調は一貫しており、小池百合子東京都知事が代表を務める希望の党は、党結成当初ほどの勢いはなく推定獲得議席は伸び悩んだ。

多くの党が現有議席の維持や減少が見込まれている中で、希望の党から排除されたリベラル系の民進党議員で構成される立憲民主党が唯一、議席を大幅に伸ばすとみられている。

今回の衆院選は解散当初から国民不在の動きが目立っている。

安倍政権は野党が求めていた臨時国会の開催を3ヶ月も見送っておきながら、臨時国会冒頭で衆議院解散を宣言した。

この解散には野党やメディアだけではなく、多くの国民も疑問を抱いており、森友加計問題の疑惑隠しだという批判がなされている。

対する野党にも解散後は不可解な動きが目立った。議員の離党が相次いだ民進党の前原誠司代表は野党第一党でありながら、民進党の事実上の解党を宣言し、出来たばかりの希望の党への合流を決めた。

希望の党は改憲及び安保法制賛成の立場であり、民進党とは180度異なる考えの政党である為、合流をした民進党議員達には右左双方から厳しい批判の声が上がっている。

大儀なき解散と急激な政局の変化によって、国民は完全に置き去りにされてしまった。

そのような国民不在の政界に対する異議として、一部の言論人からは投票棄権を訴えるような意見もなされているが、投票を棄権しても何も物事は改善することはなく、そういった政界に結果として無言の承認を与えてしまうものだ。

野党の急激な変化によって、有権者は中々選択することが難しい状況ではあるが、保守勢力の拡大により大きな転換点となる選挙になることは間違いなく、有権者は大切な一票を無駄にすることのないようにして欲しいものだ。

148夢見る名無しさん2017/10/15(日) 03:29:52.87O
2017年10月13日

雨が降り頻る中、早朝に地元の街をサイクリングしてみた。最近は週末に近くの街に出掛けることが多く、周辺の街の地理については以前よりも大分詳しくなってきた。

しかし、平日にサイクリングするルートはほとんど同じの為、地元の街については意外と知らないところも多く、良い機会だと思い、雨の中散策してみた。

大抵の人というのは日常の生活パターンもある程度固定化していて、地元の街でも通る道と通らない道がはっきりと別れている。

普段通らないような道を通ってみると、見慣れた景色でもまた違った趣がある。こんなところに新しい道路が出来たんだとか、この店は昔と違う店に変わっているなとか、思わぬ発見もあるものだ。

東日本大震災以降、変わりゆく沿岸の景色をずっと眺めてきたが、今回の雨中サイクリングで内陸の方にも色々と変化があったことを確認出来た。

田舎の街なので都会の街のような頻繁な変化がある訳ではないが、復興の歩みと共に新しい街になりつつあるのは間違いない。

149夢見る名無しさん2017/10/17(火) 13:00:16.70O
2017年10月14日

空は多少雲が多かったが、久しぶりに週末の朝霧はなく、自転車で遠出をするには良い気候であった。

今日の目的地は丸森町だ。丸森町は宮城県の最南端に位置する市町村で、福島県から阿武隈川が流れ込む。丸森は阿武隈ライン舟下りが有名であり、舟の上から阿武隈川沿いの四季折々の景色を楽しむことが出来る。

そんな丸森町を目指して、阿武隈川沿いのサイクリングロードをひたすら南下した。

角田の東根橋付近までは何度か行ったことがあるが、その先にはまだ行ったことがない。サイクリングロードもどこまで続いているのか分からなかったが、とにかく自転車を漕ぎ続けた。

家から一時間も経たない内に東根橋を通り過ぎ、川沿いをそのまま南下し続けた。東根橋を少し過ぎたところに角田市民ゴルフ場があり、早朝からゴルフを楽しむ人々の姿が見えた。

更にその先には角田市陸上競技場があった。ここではベガルタ仙台レディースがよく試合をやっているが、家から自転車で一時間もかからない距離にあるのは初めて知った。この近さなら観戦にも来れるだろう。

サイクリングロードはまだ続いており、そのまま川沿いを進み続けた。途中で国道113号線へと入り、丸森の中心部を目指した。

数年前に出来たばかりの丸森大橋を渡り、少し行くと今日の目的地である丸森駅に着いた。そこから元来た道を通り、そのまま帰宅した。距離にすると往復で70キロ強、時間は4時間かかった。

丸森は舟下りが象徴するように紅葉の名所が多く楽しみにしていたのだが、まだ葉は色づいておらず、少し時期が早かったようだ。

紅葉がまだ見頃ではなかった為、今回は観光地にも寄らずに帰ってきたので、来週以降も丸森方面へと足を伸ばしてみよう思う。

150夢見る名無しさん2017/10/17(火) 13:47:57.00O
2017年10月15日

今日もいつも行っている公園に行って、長めのウォーキングとジョギングをしようと思ったが、仙台空港のすぐ横に公園があることが分かったので、そこを少し見て来ようと思った。

いつも行っている公園と仙台空港は五キロも離れておらず、すぐに帰って来れると思っていたが、この見通しが甘かった。

仙台空港の近くは工業地帯で、皆が知っているような会社の工場が建ち並んでいる。道も入り組んでおり、海の方の道は復興工事の為に通行止めとなっているところも多く、思うように進むことが出来なかった。

公園の大まかな場所は調べてから行ったのだが、どこに行っても見当たらず道に迷ってしまった。仙台空港周辺の道を進んでいると、いつの間にかトンネルに入ってしまった。

このトンネルは仙台空港の地下を通っているらしく、トンネルの中は換気の為かゴーっという轟音がずっと鳴り響いていた。

自転車通行可能な歩道はあったのだが、照明も暗く、トンネル内は真っ暗で何が落ちているか分からない為に、パンクしないかとヒヤヒヤしながら自転車を走らせた。

トンネルを抜けても目標の公園は見当たらなかったので、そのまま海の方の道を通って、いつも行っている公園へと戻ってきた。

結局、目的の公園は見当たらずに、仙台空港周辺の道路を一時間以上もさまよってしまった。その後、いつもの公園でウォーキングやジョギングをしてから家へと帰った。

家に帰ってから公園の場所を調べてみると、トンネルをくぐらずに、内陸の方に少し進んだところにあるようで、完全に道を間違ってしまっていた。

その公園からは発着陸する飛行機が間近で見れるようなので、近いうちに行ってみようと思う。

151夢見る名無しさん2017/10/19(木) 03:51:25.82O
2017年10月16日

クライマックスシリーズファーストステージ第三戦西武-楽天が、16日メットライフドームで行われた。
第一戦は楽天の先発投手則本の炎上で西武が大勝したが、第二戦は背水の陣の楽天が先発投手岸の好投で4-1で勝利した。

一勝一敗で迎えた第三戦、この試合を制した方がファイナルステージに進出する。

楽天は一回表ウィーラーの内野安打で幸先よく一点を先制する。

楽天先発投手の美馬は一回裏にいきなりノーアウト三塁のピンチを迎えるが、後続の打者を巧みに打たせて取るなど4回3分の2を一失点に抑える好投を見せた。

楽天は四回にも相手投手の暴投に乗じて一点を追加し、投げては美馬の後を継いだ高梨、栄家豪、ハーマン、福山が西武打線をきっちりと抑え一点も与えなかった。

また楽天は八回にウィーラーのソロホームランと桝田の2ランホームランで三点を追加し、5-1とし最終回を迎えた。

最終回は楽天の守護神が浅村にソロホームランを打たれ一点を返されるが、後続の打者をしっかりと抑え、楽天は5-2で勝利し、敵地でファイナルステージ進出を決めた。

初戦則本が大炎上で大敗をした時には、正直今年はもうダメかなと思った自分がいたが、第二戦、第三戦と投打ががっちりと噛み合い、素晴らしい試合を見せてくれた。

この勢いのまま福岡で行われるクライマックスシリーズファイナルステージでも、自分達の野球をし、日本シリーズ進出を決めてもらいたいものだ。

152夢見る名無しさん2017/10/19(木) 16:14:42.49O
2017年10月17日

17日に『世界の村で発見!こんなところに日本人3時間SP』が放送された。

この番組は、世界各地に住む日本人を芸能人が訪ね、その生活やその地に住むようになった経緯と半生などを紹介する番組である。

海外旅行にほとんど行ったことのない自分にとっては、海外の文化や生活を知る為の良い情報源であり、放送されれば欠かさずに見るようにしている。

最初のリポーターはおバカキャラで有名な鈴木奈々であった。

鈴木奈々はスリランカを訪れていたが、スリランカでも自由奔放なキャラは健在で、あまりにもうるさすぎる為に現地の人々に注意されている場面が度々あった。

鈴木はスリランカのシーギリヤに住むゲストハウスオーナー兼漫画家の日本人の下を訪ねた。

シーギリヤには世界遺産にもなっているシーギリヤロックがあり、岩山の上に作られた宮殿の遺跡から見えるシーギリヤの広大な自然は正に壮観であった。

このような見たこともない建築物や景色を見せてくれるのがこの番組の醍醐味の一つであり、自分がこの番組に魅せられている理由の一つでもある。

153夢見る名無しさん2017/10/19(木) 17:06:01.91O
2017年10月18日

18日の早朝もいつも行っている公園に自転車を漕いで行った。公園はまだ先週あった死体遺棄事件の影響で半分規制されており、公園で散歩しているのは自分だけであった。

いつものように公園の園道でウォーキングした後にジョギングをしていると、前方から誰かが近づいてきた。珍しいなと思って見ていると、その人は警察の制服を着ており、警官であることが分かった。

何か話を聞かれるのかなと思って多少身構えながらジョギングをしていたが、警官は会釈をしただけで通り過ぎてしまったので、少し拍子抜けしてしまった。

事件が発覚してからすでに一週間以上経つが、被害者の死亡の経緯や遺体が遺棄された経緯も分かってはないようだ。

事件直前に被害者の女性と会っていた男性が重要参考人として、警察から話を聞かれているような報道がなされていたが、その後その男性がどのように事件に関与していたのか続報もない。

公園には規制線が貼られているのと共に、二台のパトカーが深夜から早朝にかけても停まり続けている。その中には今回擦れ違った警察官のように、車内で当直勤務をしている方もいる。

そういった警察官の負担を減らす為にも、事件が一日でも早く解決し、規制線が一刻も早く解除されることを祈るばかりだ。

154夢見る名無しさん2017/10/24(火) 03:32:23.90O
2017年10月19日

福井県の池田中学校で中学2年の男子生徒が今年3月に自殺した問題で、男子生徒の母親が手記を発表した。

この件は男子生徒が、担任や副担任による過度な叱責などの行きすぎた指導によって逃げ場を失い、自殺したとみられている。

母親は公開した手記で、息子を失った悔しさや学校への怒りが書きつづっており、自殺の原因となった担任や副担任に対しては、
「子供を教える立場にありながら、自らが犯した、重大な責任に気付かず、悪いとも思わず、反省もせず…。今だに、子供達を教える立場にいる人達に、怒りと悲しみを感じています」という強い言葉で非難した。

近年、自殺者数は年々減少しているが、小中高生の自殺率は増えており、15歳から20歳では自殺が死因のトップとなっている。

学校という場はただでさえ閉鎖的で、子供達にとっては逃げ場がない。その中でもっとも身近であり唯一の大人である先生からも、いじめに近い指導をされてしまっては、一層追い詰められてしまうだけだ。

こういった悲しい事件が二度と起きないように、国は遺族の思いを汲み、再発防止に努めて欲しいと思う。

155夢見る名無しさん2017/10/24(火) 03:33:41.00O
2017年10月20日

クライマックスシリーズファイナルステージ第3戦ソフトバンク対楽天が、ソフトバンクのホームであるヤフオクドームの本拠地で行われた。

第1戦、第2戦は塩見、辛島の楽天先発陣が好投し楽天が二連勝。一勝のアドバンテージがあるソフトバンクに対し、楽天が二勝一敗とリードし、この第3戦目を迎えた。

楽天はエースの則本が先発したが、この日もファーストステージの西武戦同様にピリッとせず、三回までに五点を失った。

それでも楽天打線はアマダーのホームランなどで食らいつき、試合は5-5の同点のままで終盤を迎えた。

しかし、八回裏、則本の跡を継いだ二番手福山が中村晃に勝ち越しの2ランホームランを浴びてしまい、結局試合は7-5のままソフトバンクが勝利した。

今日の試合の最大の誤算はやはり則本の不調である。ファーストステージの西武戦でも同様であったが、コントロールがバラツキ、ストレートにいつものようなノビのある球威がなかった。

いくら打線が奮闘しようが7失点もしてしまえば、勝利は遠のくだけで、やはり短期決戦でのエースの不調による敗戦はただの一敗にとどまらずに、非常に手痛いものがあった。

156夢見る名無しさん2017/10/24(火) 03:36:02.72O
2017年10月21日

連日雨の日が続き、21日の朝も雨であった。普段なら週末は自転車で遠出をするが、台風も近づいており、いつ天気が急変するのかも分からないので、この日はやめておいた。

しかし、サイクリングはしたかったので、近場を少し探検しようかなと思った。平日はいつも海沿いの道を通って、岩沼市にある公園へとサイクリングをしているが、今回は岩沼の山側を少し走ってみた。

岩沼駅は震災後に東口に以前よりも広いロータリーが作られ、駅周辺にも高層マンションがいくつか建てられるなど再開発が進んでいる。

その岩沼駅を起点に西の方へと進んだ。岩沼の道路は自転車専用レーンが整備されているところも複数あり、街中でも快適に自転車を走らせることが出来た。

岩沼は小さい頃から頻繁に訪れてはいるが、駅の東側に商業施設が集中している為、西側にはあまり来たことがない。駅から続く道路は両脇に住宅が建ち並び、ずっと進んでいると小高い丘が見えてきた。

その丘にも多くの住宅が見えた。岩沼の西側は完全に仙台のベッドタウンと化しているようだ。雨も降り続いており、坂を登る元気もなかった為に、そこから阿武隈川の方へと南下し、それからは阿武隈川沿いを海の方へと進んで、いつもの公園へと向かった。

いつもの公園は二週間ほど前に起きた事件の影響によって、まだ半分が規制されており、警察以外は誰もいなかった。

そこでいつものようにウォーキングとジョギングをしてから帰ってきた。

小さい頃から慣れ親しんだ街にもまだまだ知らない場所がある。これからも雨が降った日を中心に地元にある未知の風景を探していくつもりだ。

157夢見る名無しさん2017/10/24(火) 03:37:43.11O
2017年10月22日

22日、第48回衆議院議員選挙の投票日を迎えた。

急激な政局の変化による報道量の増加などによって国民の関心は高く、20日までの期日前投票をした人の数は前回の1.5倍という、その関心の高さを裏付けるような数字も出ていた。

しかし、日本列島には超大型で勢力が非常に強い台風21号の影響で全国的に荒天になっており、投票日当日の投票率の低下が懸念される。

自分が住む宮城県でも朝から雨が降り続いており、いつ大荒れの天気となってもおかしくないような状況であった。

そんな状況の為に、天気がこれ以上悪くなる前に投票を済ませてしまおうと思い、朝一で投票所へと向かった。

まだ、日曜の8時前だからか、投票所にはあまり人はおらず、自分以外には2、3人程しかいなかった。
投票所の係員に入場券を渡し、選挙区、比例代表、最高裁国民審査の順で投票した。

自分の選挙区は自民、希望、共産の三候補者が出馬しており、自民も希望も個人的には支持できないので、消去法で共産の候補者に投票した。

比例区は信念を貫き、希望の党には合流せず、草の根からの民主主義を掲げる立憲民主党へと投票した。

日本の最高裁の違憲審査に対する消極性には以前から強い不満を持っているので、国民審査は一人の人を除いてすべてバツをつけた。

22日は宮城県知事選挙も行われており、最後に知事選に投票した。

現職である村井氏には大きな不満は無いが、政策的に新自由主義的な政策が多く、他県に比べて福祉政策を軽んじている部分には不満があった。

それに選挙前に公職選挙法違反で警察に警告されるなど、多選による驕りが最近見られる為、対立候補の多々良氏へと投票した。

すべての投票を済ませ、雨が強くなる前に帰宅した。初めて投票に行った時には多少緊張した記憶があるが、慣れてくるとすぐに終わるものだし、面倒臭さもそれほど感じない。

自分の投票先は、比例区以外は議席には繋がらないとは思うが、選挙は国民が政界に意思を伝える数少ない機会だ。その機会を活かさない手はないだろう。

158夢見る名無しさん2017/10/24(火) 19:15:29.270
それでもやることにしたよ。。。
金額気にしながら働くのもなんだかなーと思って。。
楽しくやるよ(笑)

159夢見る名無しさん2017/10/29(日) 19:10:00.29O
2017年10月23日

第48回衆議院議員選挙の投票日を終え、即日開票された。

結果は野党乱立により、与党が漁夫の利を得る形になり、与党は公示前より議席を減らしながらも、313議席を獲得し、定数の3分の2の議席を再び確保した。

政権選択選挙と銘打って、定数の過半数の候補者を擁立した希望の党は議席を伸ばせず、公示前より7議席少ない50議席に止まり、公示前16議席から三倍以上議席を伸ばし、54議席を確保した立憲民主党が野党第一党となった。

社民は公示前と同じ2議席を確保し、共産と維新は公示前よりも議席を減らし、それぞれ12、11議席となった。

投票率は台風の影響で思ったよりも伸びなかったものの、戦後最低だった14年の衆院選を上回り53.68%となった。

比例代表の議席は、自民66、公明21、立憲37、希望32、共産11、維新8、社民1、得票率は、自民33.3%、公明12.5%、立民19.9%、希望17.4%、共産7.9%、維新6.1%となった。

共同通信の出口調査によれば、政党支持率は、自民36%、立憲14%、希望12%、公明5%、共産5%、維新4%で、無党派層は19%であった。

また 無党派層に限った比例代表の投票先は、立民31%、自民21%、希望18%、共産10%、維新9%、公明6%、社民2%となり、立憲民主党の野党第一党への躍進は無党派の大きな支持を受けたことによるものだと分かる。

今回の衆院選は結果的に民進党議員の変節により、希望の党という改憲勢力が増え、左派、リベラルにとっては厳しい結果になったが、その中でも立憲民主党という新たな受け皿が誕生し、野党第一党になったことによって希望が見える選挙ともなった。

自民党一強政治を一日でも早く終わらせる為に、立憲民主党には掲げた理念を貫き、これからも軸がぶれることがないよう、頑張ってもらいたいものだ。

160夢見る名無しさん2017/10/29(日) 19:11:11.19O
2017年10月24日

大型で非常に勢力の強い台風21号は、23日未明に静岡県に上陸し、関東地方を通過し東北沖へ抜け、23日夕方に北海道の東で温帯低気圧に変化した。

台風21号はその勢力の強さによって、日本列島の至る所に大きな被害を与え、自分が住む宮城県内でも冠水、浸水被害が相次いだ。

24日の朝にいつものようにサイクリングに出掛けたが、冠水した道路にはどこかから流されてきたとみられる草や土砂が散乱していた。

地元の街を流れる川は今まで見たことがないくらいに増水しており、河川敷には流されてきたゴミが溢れていた。

いつも行っている公園の前の道路もまだ冠水したままであり、車が通る度にジャブジャブという水を掻き分ける音が周囲には響いていた。

公園に行った後にいつも通っている海沿いの道路も冠水したままであり、膝くらいの深さの水溜まりの中には動けなくなった車も止まったままであった。

冠水したままで通れない道路が何ヵ所かあり、帰って来るのに一苦労はしたが、この辺りはそこまで大きな被害はなかったようなので一安心した。

161夢見る名無しさん2017/10/29(日) 19:12:10.72O
2017年10月25日

カイロソフトのゲームは相変わらず面白い。中毒性があり、時折無性にやりたくなる時がある。

特に財閥タウンズVが好きだ。財閥タウンズは財閥を運営し、街に住宅や会社、商店などを建設しながら、街を発展させていいくシミュレーションゲームだ。

カイロソフトのゲームはゲームバランスが絶妙でヤリコミ要素も多く、何度やっても飽きない。

この財閥タウンズも街の発展具合などによって点数が付き、そのハイスコアを更新する為に何度も試行錯誤している。

ゲーム内に出てくるキャラクターも二等身でとても可愛らしく、そういった沢山の可愛らしいキャラクターがちょこまか動いているのを見ているだけでも癒されるものがある。

162夢見る名無しさん2017/10/29(日) 19:13:28.19O
2017年10月26日

今年も球児たちの運命を左右する日がやってきた。26日プロ野球のドラフト会議が行われた。

逆指名制度が無くなってからは、希望の球団に入団する為に野球浪人するような選手は減ったが、それでも12球団の思惑が交錯する中で、選手たちのその後の野球人生を左右するようなドラマが毎年繰り広げられている。

今年はなんと言っても早稲田実業の清宮が一番の注目株であろう。清宮はリトルリーグ時代からメディアに頻繁に取り上げられ、一躍時代の寵児となった。

清宮に対しては7球団が一位指名し、抽選の末日本ハムが交渉権を獲得した。7球団競合は高校生としては1995年の福留孝介と並ぶ最多指名だ。

日ハムはダルビッシュや大谷など高卒選手の育成に関しても十分な実績があり、清宮がこれから野球選手として成長していくのには適した球団であろう。

一日でも早く球界を代表するような選手になって、高校通算111本の本塁打数は伊達ではないことを証明して欲しいものだ。

163夢見る名無しさん2017/10/29(日) 19:14:43.73O
2017年10月27日

秋の気配が深まるにつれて、街中には黄色や赤色が増えてくる。地面に溜まった落ち葉が風に吹かれてカラカラと音をたてていた。

日に日に夜が長くなり、日が昇る時刻が遅くなってきた。早朝サイクリングをしていても、夜空を見上げる時間が増えている。

少し前まではサイクリングを始める頃にはすでに日が昇っていることが多かったが、最近はサイクリングをしている間に日が昇る。

秋の日の出は色が深い。空気が澄み渡っているせいか、朝焼けも鮮やかだ。赤く染まった空の中にはうろこ雲が広がっていた。

秋の朝は少し肌寒いが、まだ子供だった頃には気づくことの出来なかった美しさが沢山秘められているように感じることが多くなったのは、歳を重ねたせいなのだろうか。

新着レスの表示
レスを投稿する