【フジテレビ S-PARK めざまし他】宮司愛海Part31

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しがお伝えします2018/09/29(土) 18:51:54.35ID:zgkM0ZeH
2015年度入社フジテレビアナウンサー
宮司愛海さんを応援するファンのためのスレッドです

◆アンチ、荒らし、煽りなどは絶対スルー!
※sage進行でお願いします。

☆生年月日:1991年7月29日
☆出身地:福岡県
☆出身校:西南学院高等学校、早稲田大学文化構想学部
☆血液型: O型
☆身長:158cm
☆入社年:2015年
☆趣味:一人カラオケ、(ネット)ショッピング、ピアス集め
☆好きなもの:スニーカー、初めて触れるもの・こと、卵料理、音楽、寄席
☆特技・資格など: 
資格:漢検2級、日本語検定3級   
特技:人の顔を覚えること
☆短所:血行が悪いところ、すぐにお腹が空くところ、方向音痴なところ
☆お休みの過ごし方:昼過ぎに起きて布団を干す、あてもなくぶらぶら散歩する
☆私のモットー:「めげない」「人事を尽くして天命を待つ」
☆アナウンサーになっていなかったら:
初対面の人と話すこと、動き回ることが好きなので、営業のようなお仕事をしたいなと思っていました。
☆担当したい番組・ジャンル・夢の企画:
昔から周りの人を笑顔にすることに幸せを感じることが多かったということもあり、
テレビの前の皆様を元気づけ、笑顔にできるような番組に関わりたいです。

公式プロフィール
http://www.fujitv.co.jp/ana/miyaji/
http://www.fujitv.co.jp/ana/photo/miyaji.jpg
待機中

http://www.fujitv.co.jp/ana/profile/photoalbum/miyaji/photo/01.jpg
待機中

http://www.fujitv.co.jp/ana/profile/photoalbum/miyaji/photo/02.jpg


http://www.fujitv.co.jp/ana/profile/photoalbum/miyaji/photo/03.jpg


公式ブログ「まなみのまなび」
http://blog.fujitv.co.jp/manami/index.html
http://blogc.fujitv.co.jp/com2/manami/photo/manami_header.jpg


http://blogc.fujitv.co.jp/com2/manami/photo/manami_profile_photo.jpg
サムネイルの読み込み中にエラーが発生しました

公式インスタグラム
http://www.instagram.com/manami_miyaji/

2名無しがお伝えします2018/09/29(土) 18:53:59.08ID:bcRSR+4N

3名無しがお伝えします2018/09/29(土) 21:14:40.81ID:NCwctzAa

4名無しがお伝えします2018/10/02(火) 03:04:16.54ID:NRoZOnfy
レッツ、ミヤホーク!

5名無しがお伝えします2018/10/07(日) 00:23:53.95ID:P+cxYwou
後輩のゴリラ永島には勝てないまま
メインにはなれず
後輩のポンコツ久慈にも叩きのめされて
ついにめざましクビ
ビッチ宮司は終わったな

6名無しがお伝えします2018/10/07(日) 00:58:00.30ID:ZQDCLFZx
やりたくてしょうがなかっためざましのMCにはなれず
全く興味のないスポーツを嫌々やる宮司わらえるな
胸に詰め物してポジション守り切った永島が高笑い
後輩の久慈にも嘲笑れて惨めな宮司
宮司は泣き暮らして内心は気が狂いそうなんだろうな
宮司の精神ズタボロで鈴木唯がMCやってる

7名無しがお伝えします2018/10/07(日) 01:21:08.77ID:rLz3a1rj
最後に勝つのはミヤホーク!

8名無しがお伝えします2018/10/07(日) 09:36:36.92ID:jHQf8T3D
スポーツを首になった宮澤の基地があばれてるのが皮肉
宮澤が一人負けだと宣伝してやがる

9名無しがお伝えします2018/10/07(日) 15:20:55.19ID:amHzQl63
7

10名無しがお伝えします2018/10/07(日) 15:21:08.32ID:amHzQl63
8

11名無しがお伝えします2018/10/07(日) 15:23:13.27ID:amHzQl63
9

12名無しがお伝えします2018/10/07(日) 21:15:48.13ID:jWGzwqKD
後から来たゴリラ永島に完敗のビッチ宮司
後輩の久慈にも見下されるビッチ宮司
なりたくて仕方なかっためざましのメインにはなれないまま
争いから脱落
ゴリラ永島にまんまと追い出されたね

13名無しがお伝えします2018/10/07(日) 21:44:54.95ID:4Roqb28D
永島をスポーツに追い出してもよかったが、ダウン濱田に酷評されてるしなあ

14名無しがお伝えします2018/10/08(月) 00:21:00.62ID:ZCoe6LMz
とりあえずゴリラNG

15名無しがお伝えします2018/10/08(月) 18:51:51.74ID:Ct3skeDP
宮司が一番美人

16名無しがお伝えします2018/10/10(水) 17:30:19.84ID:Bv5PNxA3
局の方針が永島久慈びいきだからね。
実力だけじゃどうしようもないってか(呆)

17名無しがお伝えします2018/10/11(木) 23:52:40.93ID:FOTpE1es
ミヤホーク負けるな!
エースパイロット!

18名無しがお伝えします2018/10/12(金) 12:40:55.35ID:Q6LdH9ey
永島なんてどこがいいのかさっぱり分からない。

19名無しがお伝えします2018/10/12(金) 13:08:35.83ID:DU9oyO6n
永島は悪くないけど言い間違い系が多いな 宮司は安定感ある

20名無しがお伝えします2018/10/17(水) 10:42:56.49ID:j5s9ZMqx
皆様
本スレを何卒第32号扱いに!

21名無しがお伝えします2018/10/17(水) 11:32:38.32ID:y0VGJeDk
いうて次スレたてられるの果たしていつのことやら

22名無しがお伝えします2018/10/21(日) 20:38:35.41ID:nc/mgWzp
初?ビールかけ公開顔射されたぞ

23名無しがお伝えします2018/10/22(月) 02:14:52.06ID:hLxk8kKA
>>22
キャプはよ

24名無しがお伝えします2018/10/24(水) 00:40:22.72ID:qxP306aZ

25名無しがお伝えします2018/10/24(水) 01:09:09.19ID:5XMr4b7d
>>24
えっろ

26名無しがお伝えします2018/10/26(金) 03:48:58.91ID:QFvjgDfW
fight!だ

27名無しがお伝えします2018/10/26(金) 15:08:45.67ID:EdrSEYEd

28名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:50:02.20ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

29名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:50:05.51ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

30名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:50:20.89ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

31名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:50:23.97ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

32名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:50:39.71ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

33名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:50:42.52ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

34名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:50:57.86ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

35名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:51:00.64ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

36名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:51:16.30ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

37名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:51:19.41ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

38名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:51:34.79ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

39名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:51:38.00ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

40名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:51:53.17ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

41名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:52:23.84ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

42名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:52:27.55ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

43名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:52:42.92ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

44名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:52:45.87ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

45名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:53:01.72ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

46名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:53:04.84ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

47名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:53:20.14ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

48名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:53:23.63ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

49名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:53:39.33ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

50名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:53:42.19ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

51名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:53:57.48ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

52名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:54:00.54ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

53名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:54:16.27ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

54名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:54:19.14ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

55名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:54:34.56ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

56名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:54:37.70ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

57名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:54:57.26ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

58名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:55:01.34ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

59名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:55:16.92ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

60名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:55:19.97ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

61名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:55:36.10ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

62名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:55:39.28ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

63名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:55:54.66ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

64名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:55:57.60ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

65名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:56:13.46ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

66名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:56:16.44ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

67名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:56:32.03ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

68名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:56:35.09ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

69名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:56:50.87ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

70名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:56:53.67ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

71名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:57:09.12ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

72名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:57:12.36ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

73名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:57:27.89ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

74名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:57:30.88ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

75名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:57:46.21ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

76名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:57:49.26ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

77名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:58:05.18ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

78名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:58:08.20ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

79名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:58:23.57ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

80名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:58:26.70ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

81名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:58:42.53ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

82名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:58:45.51ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

83名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:59:00.93ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

84名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:59:03.97ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

85名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:59:24.81ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

86名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:59:28.37ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

87名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:59:44.16ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

88名無しがお伝えします2018/11/02(金) 12:59:47.23ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

89名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:00:03.07ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

90名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:00:05.86ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

91名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:00:21.18ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

92名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:00:24.20ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

93名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:00:40.10ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

94名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:00:42.88ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

95名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:00:58.31ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

96名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:01:01.63ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

97名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:01:17.38ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

98名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:01:20.02ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

99名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:01:35.47ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

100名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:01:55.79ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

101名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:01:59.38ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

102名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:02:15.02ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

103名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:02:18.27ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

104名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:02:34.16ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

105名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:02:37.11ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

106名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:02:52.53ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

107名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:02:55.49ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

108名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:03:11.25ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

109名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:03:14.25ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

110名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:03:29.53ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

111名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:03:32.77ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

112名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:03:48.55ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

113名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:03:51.29ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

114名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:04:06.74ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

115名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:04:09.81ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

116名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:04:25.56ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

117名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:04:28.65ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

118名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:04:44.09ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

119名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:04:46.97ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

120名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:05:03.31ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

121名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:05:07.75ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

122名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:05:23.03ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

123名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:05:26.22ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

124名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:05:42.13ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

125名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:05:45.17ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

126名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:06:00.58ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

127名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:06:03.83ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

128名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:06:19.85ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

129名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:06:22.62ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

130名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:06:38.05ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

131名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:06:42.47ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

132名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:06:58.26ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

133名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:07:01.15ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

134名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:07:16.60ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

135名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:07:20.34ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

136名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:07:36.17ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

137名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:07:39.02ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

138名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:07:54.26ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

139名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:07:57.59ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

140名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:08:13.41ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

141名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:08:15.92ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

142名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:08:31.31ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

143名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:08:34.28ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

144名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:08:50.18ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

145名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:08:53.08ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

146名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:09:28.96ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

147名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:09:32.26ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

148名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:09:49.90ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

149名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:09:52.85ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

150名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:10:16.20ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

151名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:10:31.70ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

152名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:10:34.78ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

153名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:10:50.68ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

154名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:10:53.67ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

155名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:11:09.15ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

156名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:11:12.24ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

157名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:11:28.16ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

158名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:11:30.79ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

159名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:11:46.20ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

160名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:11:49.89ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

161名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:12:05.67ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

162名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:12:08.82ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

163名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:12:24.14ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

164名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:12:27.17ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

165名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:12:42.85ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

166名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:12:45.59ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

167名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:13:00.88ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

168名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:13:03.66ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

169名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:13:19.53ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

170名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:13:22.44ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

171名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:13:37.87ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

172名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:13:40.90ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

173名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:13:56.97ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

174名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:13:59.99ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

175名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:14:15.42ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

176名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:14:18.46ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

177名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:14:34.41ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

178名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:15:02.16ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

179名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:15:05.70ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

180名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:15:21.53ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

181名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:15:24.97ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

182名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:15:40.46ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

183名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:15:43.36ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

184名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:15:59.30ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

185名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:16:02.34ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

186名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:16:17.77ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

187名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:16:22.09ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

188名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:16:37.79ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

189名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:16:41.66ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

190名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:16:57.18ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

191名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:17:00.66ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

192名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:17:16.56ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

193名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:17:19.18ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

194名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:17:34.68ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

195名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:17:37.64ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

196名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:17:53.39ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

197名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:17:56.15ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

198名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:18:11.56ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

199名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:18:14.71ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

200名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:18:30.61ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

201名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:18:33.52ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

202名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:18:48.98ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

203名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:18:52.24ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

204名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:19:07.99ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

205名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:19:11.09ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

206名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:19:26.45ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

207名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:19:29.51ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

208名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:19:45.98ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

209名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:19:48.88ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

210名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:20:04.15ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

211名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:20:07.07ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

212名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:20:22.94ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

213名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:20:43.78ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

214名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:20:47.31ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

215名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:21:09.28ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

216名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:21:12.20ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

217名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:21:28.15ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

218名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:21:31.09ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

219名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:21:50.58ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

220名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:21:53.49ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

221名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:22:09.36ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

222名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:22:12.08ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

223名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:22:27.50ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

224名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:22:30.37ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

225名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:22:46.31ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

226名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:22:49.03ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

227名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:23:04.35ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

228名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:23:07.43ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

229名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:23:26.16ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

230名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:23:29.96ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

231名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:23:45.19ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

232名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:23:49.04ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

233名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:24:04.92ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

234名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:24:07.85ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

235名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:24:23.20ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

236名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:24:26.50ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

237名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:24:42.42ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

238名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:25:08.91ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

239名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:25:12.43ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

240名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:25:28.19ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

241名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:25:30.99ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

242名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:25:46.36ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

243名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:25:49.50ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

244名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:26:05.24ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

245名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:26:08.25ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

246名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:26:23.60ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

247名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:26:26.86ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

248名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:26:42.81ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

249名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:26:45.77ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

250名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:27:01.24ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

251名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:27:04.14ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

252名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:27:19.85ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

253名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:27:22.73ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

254名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:27:38.10ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

255名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:27:41.50ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

256名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:27:57.30ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

257名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:28:00.16ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

258名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:28:15.85ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

259名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:28:19.27ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

260名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:28:35.24ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

261名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:28:38.14ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

262名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:28:53.56ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

263名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:28:57.31ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

264名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:29:13.32ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

265名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:29:16.19ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

266名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:29:31.55ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

267名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:29:34.60ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

268名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:29:50.36ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

269名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:29:53.14ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

270名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:30:08.48ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

271名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:30:11.52ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

272名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:30:27.39ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

273名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:30:30.07ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

274名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:30:45.44ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

275名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:30:48.42ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

276名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:31:04.23ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

277名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:31:07.08ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

278名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:31:22.37ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

279名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:31:25.43ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

280名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:31:41.37ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

281名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:31:44.24ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

282名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:31:59.73ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

283名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:32:02.77ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

284名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:32:24.22ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

285名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:32:28.40ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

286名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:32:43.66ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

287名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:32:46.47ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

288名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:33:02.27ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

289名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:33:05.12ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

290名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:33:20.46ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

291名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:33:23.54ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

292名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:33:39.27ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

293名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:33:42.50ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

294名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:33:57.96ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

295名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:34:00.81ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB瑞V人王争いはすbナに記者投票が緒Iわっているが=A
ヤンキ=[スのミゲル・ャAンドゥハー、ャOレイバー・ト=[レス両内野手bニ大谷の三つ巴bフ様相を呈してb「る。
ニャーヨークメデャBアとヤンキーャXファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

296名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:34:16.62ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

297名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:34:19.50ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

298名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:34:34.95ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

299名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:34:37.94ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

300名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:34:54.67ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

301名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:34:58.11ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

302名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:35:13.60ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

303名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:35:18.03ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

304名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:35:37.58ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

305名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:35:41.81ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

306名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:35:57.20ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

307名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:36:00.45ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

308名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:36:16.29ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

309名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:36:19.17ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

310名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:36:34.43ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

311名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:36:38.01ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

312名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:38:01.91ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

313名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:38:23.98ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

314名無しがお伝えします2018/11/02(金) 13:38:27.14ID:p+YeAfQC
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています