【テレ朝】☆久冨慶子Part28☆ミラクル9・スーパーJチャンネル・おかずのクッキング

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しがお伝えします 2018/09/16(日) 21:50:35.170
!extend::none

水曜8時「シュート!」でお馴染み
笑顔が素敵なテレビ朝日アナウンサー
久冨慶子(ひさとみ けいこ)さんの応援スレッドです。

☆プロフィール
生年月日:1988年6月27日
出身地:神奈川県
血液型:O型 身長:160cm
出身校:青山学院大学社会情報学部(2008年度ミス青学)
入社年:2012年

☆SNS等
公式ページ/ブログ
http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/personal/women/hisatomi/
本人Facebook
https://www.facebook.com/keiko.hisatomi5ch/
本人Instagram
https://www.instagram.com/keiko0hisatomi/

前スレ
【テレ朝】☆久冨慶子Part27☆ミラクル9・スーパーJチャンネル・おかずのクッキング
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/ana/1526324425/
VIPQ2_EXTDAT: none:verbose:1000:512:----: EXT was configured

2名無しがお伝えします2018/09/16(日) 21:52:12.10

3名無しがお伝えします2018/09/19(水) 02:10:46.68
886 名前:名無しがお伝えします (ワントンキン MM7f-4+8x) :2018/09/19(水) 00:00:31.24 ID:Cx0ma1FKM
礼実かわいい大好き

4名無しがお伝えします2018/09/23(日) 02:44:41.560
   | | | |
| ', i l  /  l    イ
| ', l イ//  l/ / /
|  ',!     l/ /    /
ヽ!          /   ;イ
   ┼  .| ̄|  /   //                 -────-    、
  |二|  | ̄|  レ/ / /           . : ´: : : : : : : : :l: : : : : : : : : : :\
  |_|  | ̄|  レ   /           /: /: : :/|: : : :|: : : : : : : l : : : : ヽ
   ┼ ノ .」     /.        /: : / \/ |: : : :|、 : : : : : |: : : : : :ヽ
   _ク_  ヽ/    /         /: : : :/ \/ __ノ|: : :.|∧ ゝ:_:_:_: : |: : : : : : : : .
  |__|__| 二|二   /        /:/: :.{: : :/   八: : |  ヽ \: : : | : : :|: : : : : :i
  |__|__| _|_  ./  /      {:/: :/: :|: :/ /⌒ヽ  \|  /⌒ヽヽ:.:|: : : }: : :} : : |
  / | | ヽ  |    /  ィ.      /: :/ : 八/ /   }     /   } 〉|: :/: : /: : .〈
     人    /イ//      /: :/: : : : / {_   ノ     {_   ノ∧人:/: : /: : : :∧
    /  \    /       | :/: : : : /   しノ ////// しし'/: : : : :/ :/ヽ: : : : |
  ノ     \  /イ      |/: : : : :.{       r-〜く     /: : : : :/:./ ノ : : |: :|
   __|_ ヽヽ   ./ ,.イ    |: : : :/ :丶    |/  ',   /: : : : :/: /Y: : : : :|: :|
    | ー     /,、-'´/   | : : ∧: : : \    {/   }  /: : : : :/: /: :|: : : : ハノ
    | ヽー      /     \/  \: : : :>─r ァ t─ァ/: : : /: /: :/: :ノ/
     |       /               \:_:_|.:.:.:/./厶ヾ" /|_/|_:/:.:ヽ/
     |      /          /YYY.:.:.:.:./.:ィ7ト、V.: /YYヽ.:.:.:.:.:.}
     |      ``‐-、._        /\ /.:.:.:.:く〃 // }}'.:.:.{  /∨.:.:./
     |      _,、-‐'"      /:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.{{i // ノノ.:.:. ∨.:.:.:.:}.:.:/
   | | | |    \

5名無しがお伝えします2018/09/23(日) 12:58:25.46M
慶子かわいい大好き

6名無しがお伝えします2018/09/23(日) 16:06:48.85
(´・ω・`)パ-ン
  ⊂彡☆))Д´)>>5

7名無しがお伝えします2018/09/23(日) 16:08:22.05
935 名前:名無しがお伝えします (ワントンキン MM92-hNe8) :2018/09/23(日) 00:00:18.59 ID:NO81J6sMM
礼実かわいい大好き

8名無しがお伝えします2018/09/23(日) 18:02:45.57a
今夜やべっち出るのかな

9名無しがお伝えします2018/09/24(月) 00:00:01.45M
慶子かわいい大好き

10名無しがお伝えします2018/09/24(月) 08:45:22.240
慶子って女子アナとしてのセールスポイント何もないね

11名無しがお伝えします2018/09/24(月) 09:01:56.400
キャピキャピしてるのが全てだったのに結婚したうえに辞めないんだもん

12名無しがお伝えします2018/09/24(月) 10:30:09.84M
>>10
虐げられても笑顔を絶やさない健気なところが魅力?

まぁ、それも女子アナとしての魅力ではないが…

13名無しがお伝えします2018/09/24(月) 17:45:12.80
(´・ω・`)パ-ン
  ⊂彡☆))Д´)>>9

14名無しがお伝えします2018/09/24(月) 17:46:59.10
966 名前:名無しがお伝えします (ワンミングク MM92-hNe8) :2018/09/24(月) 00:00:33.26 ID:pYVKEdS/M
礼実かわいい大好き

15名無しがお伝えします2018/09/24(月) 18:21:17.790
結局、パンティラインだけが唯一の功績か

16名無しがお伝えします2018/09/25(火) 00:00:01.58M
慶子かわいい大好き

17名無しがお伝えします2018/09/25(火) 07:42:33.38
(´・ω・`)パ-ン
  ⊂彡☆))Д´)>>16

18名無しがお伝えします2018/09/25(火) 07:44:12.03
>>16

982 名前:名無しがお伝えします (ワントンキン MM61-hNe8) :2018/09/25(火) 00:00:38.40 ID:D6pAjixTM
礼実かわいい大好き

19名無しがお伝えします2018/09/26(水) 00:00:21.46M
慶子かわいい大好き

20名無しがお伝えします2018/09/26(水) 00:48:46.22
(´・ω・`)パ-ン
  ⊂彡☆))Д´)>>19

21名無しがお伝えします2018/09/26(水) 00:50:22.56
13 名前:名無しがお伝えします (ワンミングク MM92-hNe8) :2018/09/26(水) 00:00:45.99 ID:qV8pH0roM
礼実かわいい大好き

22名無しがお伝えします2018/09/27(木) 00:00:02.49M
慶子かわいい大好き

23名無しがお伝えします2018/09/27(木) 15:54:48.91
(´・ω・`)パ-ン
  ⊂彡☆))Д´)>>22

24名無しがお伝えします2018/09/28(金) 00:26:16.44
29 名前:名無しがお伝えします (ワンミングク MM7f-WCLH) :2018/09/28(金) 00:00:02.50 ID:d73zyJ0OM
礼実かわいい大好き

25名無しがお伝えします2018/09/28(金) 20:53:43.270

26名無しがお伝えします2018/09/28(金) 22:31:35.13a
久富はJチャン残留か

27名無しがお伝えします2018/09/28(金) 23:03:28.270
堂ちゃん降りるなら久富に降りて欲しかった
久富はバライティー向けの声だろ、
ニュース原稿を読んで欲しくない声だわ

28名無しがお伝えします2018/09/28(金) 23:10:53.250
久冨な

29名無しがお伝えします2018/09/28(金) 23:20:08.150
分かってるよそんなもん、自局のアナなのに
漢字を間違えられるくらいなんだから
どっちでもよかろう
久富
久冨慶子

30名無しがお伝えします2018/09/29(土) 00:00:32.99M
慶子かわいい大好き

31名無しがお伝えします2018/09/29(土) 18:15:14.03a
久冨ちゃんのアンチって、TBSの吉田のアンチと同じ奴?
バラエティに出てる人を毛嫌いするキモいタイプの奴

32名無しがお伝えします2018/09/29(土) 18:40:07.690
>>31
Twitter見てると声がダメという書き込みは見るな

まあファンの私としてもそこは思うからね。仕方ない

33名無しがお伝えします2018/09/29(土) 19:04:26.73a
パンティライン消えたな等々死んだか

34名無しがお伝えします2018/09/30(日) 00:06:18.64M
慶子かわいい大好き

35名無しがお伝えします2018/09/30(日) 09:19:49.430
はいテレ朝で慶子が映っていたね

36名無しがお伝えします2018/09/30(日) 22:49:15.440
>>11
誰ですか?maco様ですか?宇賀さんですか?
出来ればmaco様に薄笑いの冷めた表情で
その言葉を本人に言ってほしいものですが、、
そんな的確な指摘をしたら
ケイコさんは泣いてしまいますよ?

37名無しがお伝えします2018/10/01(月) 00:02:39.30M
慶子かわいい大好き

38名無しがお伝えします2018/10/01(月) 00:26:39.72a
やべっちでひさぶりに久冨見たわ

39名無しがお伝えします2018/10/01(月) 01:29:48.030
おかずのクッキング降板決定ですね

40名無しがお伝えします2018/10/01(月) 02:06:16.93a
後任誰だか気になる

41名無しがお伝えします2018/10/01(月) 02:26:31.460
>>40
堂ちゃんらしい。

42名無しがお伝えします2018/10/01(月) 10:09:01.710
やべっちはおっぱいアナがメインで慶子はリポーターなのか?

43名無しがお伝えします2018/10/01(月) 11:39:03.65a
>>41
マジか堂の方がいいわw

44名無しがお伝えします2018/10/01(月) 14:18:32.00a
パンティラインと顔文字同じ時期に両方消えたけど実は自演だったのか

45名無しがお伝えします2018/10/01(月) 20:23:20.230
クズ久富wwざまあw

46名無しがお伝えします2018/10/01(月) 21:48:22.860
先輩人妻子持ちアナに仕事を取られた
お気持ちはいかがですか?こんなこと滅多に
ないよ!担当アナの年次が戻るってw

と言いつつ私はかなり驚いております
なにこの人事w

47名無しがお伝えします2018/10/01(月) 21:59:24.430
>>44
バーカ

48名無しがお伝えします2018/10/02(火) 00:47:33.020
>>46
ミラクル9も取られそうだな
後輩の三谷アナか、こちらも人妻だと大木アナだったりして

49名無しがお伝えします2018/10/02(火) 02:51:49.06a
2人ともまんまと消えたなやっぱ自作自演だったな

50名無しがお伝えします2018/10/02(火) 03:44:38.280
まあ久冨はいままで出演番組に関しては割と優遇されてたほうだからな
竹内や宇賀ほどではないにしても

51名無しがお伝えします2018/10/02(火) 07:28:09.54

52名無しがお伝えします2018/10/02(火) 07:36:03.760
小野真弓の系譜か

53名無しがお伝えします2018/10/02(火) 09:13:10.620
>>41
昔に戻っただけじゃん
(ワイスクの市川さんみたいに約束された代理)

54名無しがお伝えします2018/10/02(火) 10:50:57.47a
>>44
やっぱりかそうじゃないかと思ったwww

55名無しがお伝えします2018/10/03(水) 00:19:56.230
あんまり仕事にハングリー精神を持てない人なのかなあ

56名無しがお伝えします2018/10/03(水) 01:30:41.91

57名無しがお伝えします2018/10/04(木) 20:48:40.47r

58名無しがお伝えします2018/10/05(金) 01:32:53.67a
何で久冨が出れたんだ
だったら他のアナ達も出してくれ

59名無しがお伝えします2018/10/05(金) 01:47:48.52a
無知の叫びか

60名無しがお伝えします2018/10/06(土) 01:04:58.77a
これだけ過疎ってんなら次はもう建てなくていいよ

61名無しがお伝えします2018/10/06(土) 08:40:33.040
>>60
この勢いなら1000までの間に慶子が離婚して独身になっている可能性があるぞ
すると人気復活w

62名無しがお伝えします2018/10/07(日) 12:31:17.92d
不倫さえしなければいいんだよ

63名無しがお伝えします2018/10/07(日) 12:59:32.29r
お前らがぐだぐた言っている間も旦那とラブラブチュッチュツアンアンギシギシしてるんだよな

64名無しがお伝えします2018/10/07(日) 12:59:59.420
>>62
ホントこれだわ

65名無しがお伝えします2018/10/07(日) 15:18:44.820
ぐだぐた言ってくれる人がいるうちは
まだいいよね、ここは閑散としている(^^)
それが問題、こんなにも人気がなくなるとは

66名無しがお伝えします2018/10/07(日) 16:32:07.140
しゃーないよ。久冨さんは旦那とリア充しているんだから。めっちゃ幸せそうやん。

67名無しがお伝えします2018/10/15(月) 08:43:31.120

68名無しがお伝えします2018/10/15(月) 23:33:35.470
>>67
眼鏡姿、いい!!!!!

69名無しがお伝えします2018/10/17(水) 17:44:07.22p

70名無しがお伝えします2018/10/31(水) 20:02:30.950
くりぃむクイズ ミラクル9 出演放送中

71名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:04:39.180
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

72名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:04:54.900
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

73名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:04:58.260
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

74名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:05:13.580
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

75名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:05:16.410
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

76名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:05:32.220
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

77名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:05:35.200
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

78名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:05:50.490
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

79名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:05:53.750
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

80名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:06:09.470
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

81名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:06:12.100
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

82名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:06:27.410
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

83名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:06:51.760
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

84名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:06:55.230
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

85名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:07:10.930
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

86名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:07:13.920
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

87名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:07:29.330
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

88名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:07:32.490
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

89名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:07:50.580
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

90名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:07:53.520
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

91名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:08:08.990
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

92名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:08:12.090
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

93名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:08:28.080
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

94名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:08:30.780
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

95名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:08:46.170
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

96名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:08:49.170
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

97名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:09:04.960
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

98名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:09:07.880
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

99名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:09:23.180
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

100名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:09:26.150
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

101名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:09:41.890
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

102名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:09:44.750
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

103名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:09:59.970
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

104名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:10:03.280
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

105名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:10:19.070
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

106名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:10:21.880
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

107名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:10:37.250
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

108名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:10:40.250
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

109名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:10:56.050
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

110名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:10:59.200
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

111名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:11:14.540
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

112名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:11:17.520
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

113名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:11:33.260
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

114名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:11:36.200
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

115名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:11:51.660
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

116名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:11:54.700
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

117名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:12:10.450
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

118名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:12:35.000
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

119名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:12:38.450
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

120名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:12:54.200
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

121名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:12:56.980
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

122名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:13:12.300
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

123名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:13:15.310
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

124名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:13:31.000
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

125名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:13:33.750
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

126名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:13:57.920
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

127名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:14:26.290
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

128名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:14:29.820
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

129名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:14:45.560
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

130名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:14:48.260
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

131名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:15:03.510
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

132名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:15:06.200
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

133名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:15:21.850
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

134名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:15:24.570
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

135名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:15:39.860
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

136名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:15:43.200
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

137名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:15:58.930
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

138名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:16:01.820
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

139名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:16:17.070
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

140名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:16:19.750
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

141名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:16:35.700
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

142名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:16:38.640
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

143名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:16:54.020
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

144名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:16:57.040
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

145名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:17:12.870
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

146名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:17:15.660
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

147名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:17:30.990
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

148名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:17:34.020
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

149名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:17:49.810
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

150名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:17:52.730
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

151名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:18:08.050
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

152名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:18:10.930
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

153名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:18:26.730
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

154名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:18:29.490
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

155名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:18:44.760
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

156名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:18:47.920
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

157名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:19:03.660
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

158名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:19:06.890
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

159名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:19:31.230
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

160名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:19:53.960
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

161名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:19:56.690
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

162名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:20:12.010
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

163名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:20:15.010
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

164名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:20:30.810
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

165名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:20:33.410
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

166名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:20:48.850
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

167名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:20:52.080
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

168名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:21:07.900
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

169名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:21:10.880
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

170名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:21:26.200
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

171名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:21:29.730
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

172名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:21:45.670
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

173名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:21:48.530
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

174名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:22:03.870
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

175名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:22:06.890
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

176名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:22:22.790
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

177名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:22:25.750
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

178名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:22:41.120
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

179名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:22:44.170
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

180名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:23:00.480
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

181名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:23:03.260
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

182名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:23:18.640
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

183名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:23:21.410
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

184名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:23:37.570
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

185名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:23:40.240
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

186名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:23:55.530
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

187名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:23:58.540
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

188名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:24:14.300
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

189名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:24:38.350
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

190名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:24:41.800
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

191名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:24:57.100
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

192名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:25:00.500
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

193名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:25:16.280
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

194名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:25:19.210
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

195名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:25:34.530
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

196名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:25:37.800
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

197名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:25:53.480
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

198名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:25:56.460
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

199名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:26:11.900
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

200名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:26:14.700
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

201名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:26:30.440
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

202名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:26:33.320
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

203名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:26:48.680
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

204名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:26:51.720
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

205名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:27:07.510
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

206名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:27:10.560
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

207名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:27:25.820
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

208名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:27:29.340
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

209名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:27:45.130
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

210名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:27:48.000
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

211名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:28:03.520
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

212名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:28:06.490
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

213名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:28:22.430
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

214名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:28:25.270
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

215名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:28:40.640
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

216名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:28:43.990
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

217名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:28:59.830
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

218名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:29:02.720
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

219名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:29:18.020
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

220名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:29:20.990
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

221名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:29:36.740
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

222名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:29:39.650
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

223名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:29:54.980
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

224名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:29:58.060
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

225名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:30:13.820
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

226名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:30:16.570
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

227名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:30:40.160
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

228名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:30:56.030
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

229名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:30:58.780
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

230名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:31:14.160
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

231名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:31:17.080
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

232名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:31:32.880
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

233名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:31:35.760
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

234名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:31:51.090
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

235名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:31:53.990
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

236名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:32:09.760
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

237名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:32:12.570
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

238名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:32:28.260
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

239名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:32:31.650
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

240名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:32:47.460
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

241名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:32:50.710
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

242名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:33:06.010
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

243名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:33:09.080
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

244名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:33:24.840
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

245名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:33:28.010
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

246名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:33:45.080
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

247名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:33:47.970
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

248名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:34:03.970
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

249名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:34:07.050
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

250名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:34:22.390
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

251名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:34:26.770
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

252名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:34:42.470
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

253名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:34:45.210
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

254名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:35:00.640
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

255名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:35:03.670
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

256名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:35:19.370
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

257名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:35:22.120
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

258名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:35:37.340
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

259名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:35:40.240
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

260名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:35:56.100
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

261名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:35:59.040
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

262名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:36:14.180
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

263名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:36:17.240
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

264名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:36:33.210
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

265名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:36:35.890
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

266名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:36:51.230
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

267名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:36:54.690
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

268名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:37:11.050
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

269名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:37:13.720
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

270名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:37:29.060
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

271名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:37:32.270
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

272名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:37:48.070
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

273名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:37:50.990
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

274名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:38:06.340
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

275名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:38:09.750
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

276名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:38:25.460
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

277名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:38:28.170
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

278名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:38:43.400
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

279名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:39:17.040
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

280名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:39:20.590
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

281名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:39:36.290
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

282名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:39:39.570
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

283名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:39:54.860
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

284名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:39:58.170
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

285名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:40:14.040
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

286名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:40:16.880
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

287名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:40:32.080
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

288名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:40:35.210
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

289名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:40:56.870
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

290名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:40:59.990
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

291名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:41:15.540
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

292名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:41:41.570
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

293名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:41:44.970
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

294名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:42:00.260
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

295名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:42:03.350
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

296名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:42:19.090
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

297名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:42:22.000
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

298名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:42:37.460
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

299名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:42:40.710
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

300名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:42:56.380
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

301名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:42:59.690
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

302名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:43:15.090
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

303名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:43:17.890
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

304名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:43:33.580
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

305名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:43:36.410
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

306名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:43:51.770
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

307名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:43:54.740
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

308名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:44:10.530
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

309名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:44:13.680
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

310名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:44:28.970
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

311名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:44:31.790
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

312名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:44:47.540
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

313名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:44:50.410
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

314名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:45:05.890
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

315名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:45:09.500
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

316名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:45:25.260
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

317名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:45:28.240
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

318名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:45:43.600
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

319名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:45:46.440
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

320名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:46:02.270
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

321名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:46:05.770
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

322名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:46:21.040
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

323名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:46:24.040
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

324名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:46:39.800
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

325名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:46:42.710
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

326名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:46:58.040
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

327名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:47:01.220
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

328名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:47:16.880
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

329名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:47:19.930
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

330名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:47:35.330
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

331名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:47:38.600
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

332名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:48:13.480
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

333名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:48:16.510
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

334名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:48:31.860
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

335名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:48:35.010
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

336名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:48:50.720
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

337名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:48:53.540
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

338名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:49:08.710
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

339名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:49:11.550
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

340名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:49:27.380
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

341名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:49:30.240
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

342名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:49:45.460
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

343名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:49:48.370
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

344名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:50:04.100
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

345名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:50:06.680
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

346名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:50:21.890
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

347名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:50:24.720
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

348名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:50:40.530
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

349名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:50:43.290
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

350名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:50:58.600
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

351名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:51:01.720
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

352名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:51:17.580
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

353名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:51:20.330
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

354名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:51:36.270
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

355名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:51:56.230
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。

356名無しがお伝えします2018/11/04(日) 13:52:00.460
ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平。
投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。
そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。
ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。
11月12日(日本時間13日)に発表されるMLB新人王争いはすでに記者投票が終わっているが、
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレス両内野手と大谷の三つ巴の様相を呈している。
ニューヨークメディアとヤンキースファンは打率.297、27本塁打、92打点に加え、47二塁打というア・リーグ新人タイ記録を樹立したアンドゥハーの新人王を猛プッシュしていたが、
地元紙「ニューヨーク・ポスト」がついに白旗をあげた。
同紙は、ヤンキースとメッツのストーブリーグ特集の一つとして賞レースに注目。
★14日(同15日)に発表されるサイ・ヤング賞ではメッツのジェイコブ・デグロム投手の選出を予想する一方、新人王争いについては以下のように分析している。
「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」
寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。
大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。
昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。
しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。
ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。
しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。
通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさを
ついに認めた格好となった。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています