山崎夕貴 Part42山崎製ン [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しがお伝えします2017/08/25(金) 03:44:52.38ID:MiC5s2PY
フジテレビアナウンサー 山ア夕貴(やまさき ゆき)さんを応援するスレッドです。
本来の表記は「山ア夕貴」ですが検索その他の便宜上、スレタイは「山崎夕貴」としています。

☆プロフィール
http://www.fujitv.co.jp/ana/yamasaki/
・入社年 2010年
・誕生日 1987年8月4日
・血液型 O型
・出身地 岡山県
・出身大学 岡山大学経済学部
・第25代倉敷小町 岡山県倉敷市の観光をPR

☆ブログ:サラユキコウシン中(2010年入社アナ)
http://blog.fujitv.co.jp/ringo/
☆ブログ:濁点なしでお願いします(2016年移行)
http://blog.fujitv.co.jp/yamasakiyuki/index.html

☆出演番組
・めざましテレビ 月・火 午前5:25〜8:00(エンタメ担当)
http://www.fujitv.co.jp/meza/
・ノンストップ! 月〜金 午前9:55〜11:30(司会)
http://www.fujitv.co.jp/nonstop/
・ワイドナショー 日曜 午前10:00〜10:55(司会・隔週担当)
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/widna-show/index.html
・フルタチさん 日曜 午後7:00〜8:54(司会)
http://www.fujitv.co.jp/furutachisan/index.html

☆前スレ
【めざまし】 山崎夕貴 Part40【ノンストップ!】
http://medaka.2ch.net/test/read.cgi/ana/1499676412/
-
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured
【めざまし】 山崎夕貴 Part41【ノンストップ!】
http://medaka.2ch.net/test/read.cgi/ana/1501434350/

436名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:45:16.58ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

437名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:45:33.57ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、

438名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:45:37.47ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

439名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:45:53.81ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

440名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:45:58.06ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

441名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:46:14.85ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、

442名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:46:18.16ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

443名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:46:44.05ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、

444名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:47:00.80ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、

445名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:47:04.73ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

446名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:47:21.03ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

447名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:47:24.98ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

448名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:47:41.93ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、

449名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:47:45.42ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

450名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:48:01.71ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

451名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:48:05.77ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

452名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:48:22.40ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、

453名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:48:25.63ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

454名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:48:51.94ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、

455名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:49:08.13ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

456名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:49:11.73ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

457名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:49:28.70ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、

458名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:49:31.90ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

459名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:49:48.36ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

460名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:49:52.76ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

461名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:50:09.66ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、

462名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:50:12.98ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

463名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:50:29.22ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

464名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:50:32.81ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

465名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:50:49.50ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、

466名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:50:53.63ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

467名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:51:10.07ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

468名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:51:13.95ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

469名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:51:30.68ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、

470名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:51:33.92ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

471名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:51:50.13ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

472名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:51:54.04ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

473名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:52:10.74ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、

474名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:52:14.70ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

475名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:52:31.04ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

476名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:52:34.65ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

477名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:52:51.40ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、

478名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:52:55.38ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

479名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:53:11.75ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

480名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:53:15.63ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

481名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:53:32.50ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、

482名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:53:36.65ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

483名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:53:56.03ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

484名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:54:28.61ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、

485名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:54:34.98ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

486名無しがお伝えします2018/12/06(木) 14:54:50.52ID:R5LSaZBa
「翔平のプライベートな時間は、二刀流を続けるためにある」「自由時間はすべて、自らを高めるために使っている」
こう語るのは、日本ハム時代に大谷翔平と同じ5年間を投手コーチとして過ごした黒木知宏氏。
栗山英樹監督を含め、周囲の人が大谷というアスリートを語るとき、決まって「時間」という言葉が使われるのが特徴的です。
投手と打者。大谷は前代未聞の二刀流をプロの世界で、しかも、信じられないような高い次元で実現させてきました。
24時間365日という、すべての選手に平等である「時間」。
この「時間」と向き合い、「投手だけに時間を使う」「打者だけに時間を使う」のではなく「両方に時間を費やす」という至難の業をやってのけてきました。
そして、アメリカに渡っても、大谷こだわりの二刀流はさらに進化を遂げ、大リーグの舞台でも認められるスタイルになりました。
黒木氏の口から大谷の時間の使い方の話題が出たとき、こんなエピソードを思い出しました。それは今から3年前の生放送終わりのこと。
この年の2015年、NPBオールスターの初戦に先発登板したその日の夜、
★番組に生出演してくれました。
番組終了後、出演してくれた御礼に軽く食事に行きましょうと、番組スタッフがお店を予約しようとしたところ、彼はこう答えました。
「お店は予約していただかなくて大丈夫ですよ。僕はフジテレビの社食に行きたいです。社食に行きましょう!」
その10分後、大谷は夜深い時間のお台場フジテレビの社食で、社員に混じりながら美味しそうに牛丼を頬張っていました。
二刀流を実現できた裏側には、彼の時間に対するこだわりがあったのです。
「ナイターで18時にマウンドに上がる時にはすでに、翌日のタイムスケジュールがすべて頭の中に入っている」と言われているのもよくわかる気がしました。
冒頭の黒木氏の表現を聞いた時、大谷は緻密で妥協のないタイムマネジメント能力によって「大谷翔平」を作り上げていると確信しました。
日本に帰国し、会見で「肘の手術をして良かった」と答えた大谷。この言葉を聞いて、自らを作り上げてきた巧みなタイムマネジメント能力によって、
すでに投手復帰のタイムスケジュールはできていると感じました。
大谷を語る時、「時間」という言葉が常に頭を巡ります。来季以降、どのタイミングで二刀流が完全復活するのか、
楽しみで仕方ありません。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています