【テレ朝】林美桜 part1【2017年新人】 [無断転載禁止]©2ch.net©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
テレビ朝日2017年新人アナウンサー、林美桜 はやしみおう
よろしくお願いします。
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

523名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:11:25.38ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。

524名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:11:44.08ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。

525名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:11:57.08ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

526名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:12:29.11ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

527名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:12:44.77ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

528名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:13:00.23ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

529名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:13:15.43ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

530名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:13:32.98ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

531名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:14:05.23ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。

532名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:14:29.62ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。

533名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:14:45.18ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

534名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:15:00.41ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

535名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:15:15.73ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

536名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:15:44.00ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

537名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:15:59.65ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

538名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:16:15.24ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

539名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:16:32.73ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。

540名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:16:50.46ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。

541名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:17:59.14ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。

542名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:18:14.87ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

543名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:18:30.09ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

544名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:18:45.44ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

545名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:19:00.75ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

546名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:19:24.28ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

547名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:19:41.24ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。

548名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:20:12.41ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。

549名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:20:28.35ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

550名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:20:44.83ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

551名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:21:14.09ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

552名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:21:29.80ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

553名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:21:45.26ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

554名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:22:00.49ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

555名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:22:19.08ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。

556名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:22:59.10ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。

557名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:23:14.76ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

558名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:23:30.40ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

559名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:24:00.85ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

560名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:24:16.29ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

561名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:25:02.60ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。

562名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:25:20.30ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

563名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:25:38.49ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。

564名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:25:56.45ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。

565名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:26:10.78ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

566名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:26:44.00ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

567名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:27:00.17ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

568名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:27:15.34ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

569名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:27:30.58ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

570名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:27:45.74ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

571名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:28:19.31ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。

572名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:28:44.56ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。

573名無しがお伝えします (ワッチョイ ffee-g+Va)2018/08/15(水) 14:29:00.24ID:tMMra3Gd0
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています