X



鋼の錬金術師 連載中 錬成陣2つ目 [無断転載禁止]©2ch.net
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
0001粗筋の錬金術師垢版2017/01/01(日) 17:04:30.90ID:???
月刊少年ガンガン 平成13年8月号にて連載された「鋼の錬金術師」
この漫画について色々語りましょう
なお、この作品は粗筋書きが真理に到達したおかげで、2日に1話のペースで連載されるようです
たまに真理の代償にガンガンを"もっていかれ"へんな時期に休載したり合併号になったりすることもあるがきにしないでね

※注意※
連載中スレとは連載終了した漫画作品を第1話〜最終話まで順々に、
『現在連載されているもの』つまり現在進行形で語り合うスレです。

●ただし、あらすじは単行本基準で進行していきますが、
●まれにページが多く、やむを得ず同シナリオでも複数に分ける場合があります。
●(「第1話・A」とか「第2話・前」等)
●スレ住人から教えられた場合は別ですが、この場合、
●区切りのいい所や一定のページで一旦切り上げる場合があります。ご了承下さい。

ネタバレ発言はご法度。現在明かされてる情報のみで語り合いましょう。
連載中スレにそぐわない話は楽屋裏スレで行いましょう。
次スレが立ったら or 連載終了して合図があったら楽屋裏! 現代に戻って好き放題に語り合え!

関連スレ等

前スレ
鋼の錬金術師 連載中
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1475310260/
連載中スレの楽屋裏 第34幕
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1358072497/

連載中スレまとめ
http://rensaimatome.blog.fc2.com/
連載中スレ過去ログ倉庫(更新停止中)
http://rensai.nobody.jp/
0002粗筋の錬金術師垢版2017/01/01(日) 17:05:03.06ID:???
リゼンブールでは今日も駅長さんが声をあげていた
そこにエドが声をかける アルがいないようだけどどうかしたのか聞いてみると
「セントラルに置いてきた オレは誘拐されてきた」 「?」
そろそろ少佐が何を企んでるのか問いただそうとするが、少佐は意味深な笑みを浮かべるばかり
と、そこに二人を出迎えたのはマスタング大佐の部下、ブレダ少尉だった …なんで?とエドも首をかしげ

  <第40話 西の賢者>

ブレダ少尉が二人をサ店に案内し、中にいた出入国コーディネーターのミスター・ハンを紹介する
リンの付き人の老ニンジャ、フーじいさんから話は伺っている、との事で
ブレダ少尉は早速、ミスター・ハン出国ルートの相談をしようとするが
肝心のエドはパスポート未所持、なのだが…
「バカヤロ パスポートがあったら足が付いちまうだろ」
「それって密……
そういいかけたエドの口を、アームストロング少佐が強引に遮り
三人は有無を言わさぬといった形相でエドを睨みつける…

「…のヤローども 何を企んでるか知らねーけどつまんねぇ事だったら承知しねーぞ!
 で?どこに行く気だ?」
「東だ!」

その頃ウロボロスの潜伏する地下では、エンヴィーの怒声が響き渡っていた
どうやらラースがマスタング大佐を逃がした事に憤っていたようだ
その側でラストを失ったグラトニーがしょぼくれて涙を流していたが、ラースはエンヴィーの怒声に何も応えず…
そこに、お父様がラースに問う

<ラース… なぜ焔の錬金術師を逃がした>
「利用できるから生かして返しました」
0003粗筋の錬金術師垢版2017/01/01(日) 17:05:28.61ID:???
その言葉に…お父様は自身の背に繋がれた配線を外して立ち上がる

<使えるか?>
「ロイ・マスタング…彼は優しすぎる それが強さであり弱点でもあるのです
 扉を開けさせてみせましょう」

…その言葉に、お父様は僅かに笑みを浮かべ、焔の錬金術師はラースに一任する事を命じ
お父様はそのまま歩いて何処かへと向かうのだった エンヴィーもその言葉に従うしかなく…
「…っ!おいラース! 奴ら本当に生かしておくつもりか!!」
「兵力を削いで飼い殺しにしておく 任せておけ」

アルの方は、丁度入院中のマスタング大佐のお見舞いに向かうところ
とはいえ傍目から見たらアルの方がよほど重症そうであるが
「この馬鹿者!」……丁度マスタング大佐の病室前で、突然大佐の怒声が響き渡る
「敵の言葉を信じて戦意喪失だと!? ホークアイ中尉ともあろう者があきれるな!
 うろたえるな! 思考を止めるな! 生きる事をあきらめるな!!
 軍人なら 私の副官ならもっと毅然としていろ
 引き続き私の背中を任せる 精進しろ」
その言葉に、ホークアイ中尉は僅かに目を伏せるのだった

だがそんな大佐を横で寝てるハボック少尉が茶化す
反論しようとするが傷に響きうずくまる大佐
しばらく言い争いになろうとするが、やっぱり傷に響き口げんかもままならない様子

「だいたい何故この私が野郎と同部屋なのだ ふつうは美人看護師付き個室だろうが!」
「我慢してください
 敵が寝首を掻きに来るかもしれない状況ですから 部屋は一緒の方が護衛しやすいんです」
「それだ!
 何故奴らはこの絶好の機会に我々を殺しに来ない!?
 人死にがいつ出てもおかしくないこの病院と言う場所で…何故だ?」
0004粗筋の錬金術師垢版2017/01/01(日) 17:05:45.63ID:???
そんな疑問に思案を寄せる最中、フュリー曹長とアルが二人の見舞いに顔を出す
アルの方は出歩いて大丈夫なのか、ホークアイ中尉が心配するが
〔大丈夫です 人造人間<ホムンクルス>の気配がわかる人が付いて来てるんで〕
病院の屋上では、ランファンが赤十字の旗の上に立ってアルの身を護衛してくれていた
ただ、ホムンクルスの気配がわかると言うのがどういう事なのかアルもまだちょっとよくわかんない様子
ホークアイ中尉の体調も心配するフュリー曹長だが
中尉は僅かに目の下にくまをつくりながらも「これが私の仕事だから」と気丈に振る舞う

それはそれとして、中尉は病室の皆に一枚の地図を広げてみせる
中尉が第三研究所に入ってからの大扉までのおおよその距離を算出したとの事
研究所を中心に円を描いて見た結果…
〔大佐 これ! 第二研究所が範囲に入ってる〕
「まてまて もっと面白い所があるぞ 中央司令部外郭……… 大総統府もギリギリ届いている」
大総統もホムンクルスと繋がっている可能性もあるか思案する大佐
だが、ダブリスではホムンクルスの一味を大総統が自ら掃討したのはアルも目撃している
『殲滅』と言う点が少々引っ掛かるところはある物の…
それに、大佐たちに救護車を要請してくれたのも大総統である
味方と見て良いか…? 大佐も難しい顔でそう呟くのだった

「ヒューズは『軍がやばい』と言っていたから……
 軍の存在をおびやかす規模の組織と考えるのが妥当だろう
 上層部のどこまで入り込んでるかわからんが 楽観視できない事は確かだ」
「しかし敵を引きずり出し 一掃する事ができれば…」
「うむ この国を一気に駆け上がる事が出来る」
0005粗筋の錬金術師垢版2017/01/01(日) 17:06:01.42ID:???
バリーの件では軍とつるんで暗躍する組織の尻尾でもつかめれば上場とは思っていたが
予想以上のでかい魚がつれた、と語る大佐 
大きすぎる気がしないでもないが、大佐は戦り甲斐があっていいと剛毅な態度で臨む
ホークアイ中尉やハボック少尉にはもっと働いてもらう、との言葉に
「信用できる手駒をもう少し増やしていただけるとありがたいのですが
中尉も苦笑い気味にそういいながらも敬礼を返す  が、ハボック少尉は
「あー……その件ですが 俺一抜けさせてもらいます
 俺の両足 感覚無いんスよ すんません リタイアっス」

病院を出たアルが、不意に兄がマスタング大佐を嫌っている理由がわかった気がする、と言う
〔普段は理不尽な事も呑み込んで 口では目的優先って言ってるけど
 いざ身内の事になるとあぶなっかしい位自分の事をかえりみなくなる
 兄さんとすごく似てるんだ〕
「同属嫌悪?」〔子供だよね〜〜〜〜〕 アルと曹長で、ひとしきり笑いつつ
「そう言うアルフォンス君は大人かい?」 その言葉に、アルは僅かに黙し…
〔大人だったら…禁忌を犯してまで元の身体に戻ろうなんて考えないよ〕

その頃エドの方は、砂漠の暑さにうだっていた
何度もあぢーとぶーたれるエドに、若者が情けないとアームストロング少佐が叱りつけるが
「あのな!こちとら鋼の手足ぶら下げてんだぞ 熱がこもってヤケドしそうなんだよ!」 シュー
ブレダ少尉もまだ着かないのかミスター・ハンに聞いてみると
丁度双眼鏡でクセルクセス遺跡が見える位置までたどり着いたようだ

「あれがクセルクセス遺跡の中心
 かつて栄華を極めた王国の市街地も今は東西を行き来するキャラバンの中継地になっているだけだ」
0006粗筋の錬金術師垢版2017/01/01(日) 17:06:46.82ID:???
一行の到着を待っていたフーじいさんだが、なんでエドも一緒に来てるのか首をかしげ

「そりゃこっちの台詞だなんでじじいがここにいるんだとかなんでオレがこんな辺境まで連れて来られにゃならんのだとか色々訊きたいけどとりあえず水!!」 \水〜〜〜/
「む…なんかわからんがスマン;」

とりあえず遺跡の池で水に浸かって一息つくエド

「クセスクセスってーと『東の砂漠の賢者の話』でしか知らなかった」
「東の賢者カ?」
「そう オレ達の国に錬金術を伝えた術師のおとき話
 一夜にして滅んだクセルクセス王国の生き残りが
 建国から間もなかった頃のアメストリスに流れ着いて錬金術を広めた …って伝説」
「似た話はどこにでもあるものだナ
 我々の国では『西の賢者』と言われていル
 我々の国…シンから見て西方から流れついた錬金術師の話があル
 その賢者が来てから 我が国の錬金術は飛躍的進歩を遂げタ」
「そちらさんの錬金術って医学方面が得意だっけ」
「うム とは言っても古来のそれは妄想と創造の産物で とても錬金術とよべる代物ではなかっタ
 水銀に不老不死の効果があると信じて飲み続け 三代にわたって水銀中毒で死んだ皇族の話もある程ダ
 そこに西から来て錬金術を伝えた偉人がいタ
 彼の技術と古来よりシンに伝わる技術が合わさり今の錬丹術となったらしイ
 我々は彼の事を尊敬をもって呼んでいル 『西の賢者』…ト」

その伝説にエドも、リンがクセルクセス遺跡を一目見たかった、と言った理由がわかった気がした
0007粗筋の錬金術師垢版2017/01/01(日) 17:07:07.93ID:???
遺跡内部は、荘厳な神殿が未だそのままの姿で残されていた
これほどの技術をもっていながら、本当に一夜で滅んだのだろうか
…するとエドは、神殿に刻まれた五角形のような巨大な紋章が目に止まる
と、フーじいさんに声をかけられ、改めて遺跡の奥に向かう たどり着いた場所で、エドが見た物は…

―私がいた東部 あそこはいいぞ 都会の喧騒も無いし 何より 美人が多い―

マスタング大佐に討たれたはずの、マリア・ロス少尉
その姿に、エドは苦笑気味に大佐の言葉を思い出すのだった

その姿にアームストロング少佐も号泣しながら抱きつきにかかる!
しかし、ロス少尉はすばやく身をかわした

我輩感動 (じりじり
セクハラでうったえますよ (じりじり

「死んだはずの人間が国内にいちゃどこでバレるかわかんねぇからよ
 国外に出しちまうのが一番安全だわな
 だいたい怪しまない方がおかしいっての
 大勢の目の前でこれ見よがしに連行するわ
 軍にとって不名誉である同僚殺しをでかでかと新聞に出すわ…
 パフォーマンスが過ぎたってこった」

号泣しながらもロス少尉に付きまとうアームストロング少佐
ロス少尉も涙目でそんな少佐から逃げ回るのでした
0008粗筋の錬金術師垢版2017/01/01(日) 17:07:28.29ID:???
場面はリゼンブールに戻り 一人の男性が駅長と駅員さんにただいま、と声をかける
…誰だっけか、と二人とも首を傾げるが、どうやら二人ともその人物を思い出したようだ
豊かな顎鬚を蓄えたその人物は、焼け落ちた一本杉の側にある廃墟に足を運び
どこかその光景に、茫然としたような表情を浮かべ…

ピナコ婆さんの家では、丁度婆さんがアルバムを開き子供達の思い出に浸っていた所
すると、横で寝ていたデンが不意に飛び起き、突如唸り声を上げ…

「ピナコ 俺の家が無い」
「…………ホーエンハイム……!!」

困り顔で訪れたその人物は、エルリック兄弟の父親 ホーエンハイムであった
そんな彼にデンが警戒するように吠える
「……昔から動物には嫌われてばかりだ」

現れたホーエンハイムと共に、一陣の風が吹き…
その風にまくられたアルバムには、若かりし頃のピナコ婆さんと

「ほんとに… 昔から何ひとつ変わらないね あんたは」

おおよそ40年の歳月を経ても、未だ変わらぬ姿のホーエンハイムの写真が写されていた
…ピナコの言葉に、ホーエンハイムのメガネの奥の瞳が、どこか冷たい輝きを見せていた…

<続く>
0009マロン名無しさん垢版2017/01/03(火) 07:29:10.82ID:???
これはやはりエドの父親=お父様ということなのか…?
あ、ロス少尉はある意味わかりきってたんでノーコメ
0010粗筋の錬金術師垢版2017/01/03(火) 17:03:10.49ID:EjDag8yJ
  <第41話 小さな人間の傲慢な掌>

ヒューズ准将殺害事件の犯人、マリア・ロス少尉を殺害したと思われていたマスタング大佐
全ての事の始まりは、新聞にロス少尉がヒューズを殺害した記事と
そこに大佐にかかって来た、ファルマンからの一本の電話である
そこにファルマンの電話を取ったバリーが、大佐に面白い話があると告げると
「なんだとバ…

 やあバーニーか 久しぶりだな
 ファルマンにねだって仕事場まで電話をかけてくるとはそんなに私の事が好きかね はっはっは
 いやしかし困ったな 軍の回線を私用に使うのはいただけない」
〔やーんごめんなさーい(くねくね
 バーニーちょっとマスタングさんとお話したかっただけなの
 ふたりの将来にかかわる大事なお・は・な・しv〕

大佐の突然の無茶振りにしっかり応えるバリーにファルマンもずっこけ
で、改めて大佐が外からファルマン宅にかけなおして

「私だ」〔アホなマネさせんじゃねェよボケナス〕
「いや おまえが機転のきく奴で助かったよ 軍の回線だと盗聴のおそれがあるからな」

バリーはマリア・ロスを正面から堂々と留置場から出してやる、と大佐に持ちかける
大佐から段取りの指示を受けつつ…ファルマンには事情の説明がめんどいのでぶん殴って気絶させておきました
0011粗筋の錬金術師垢版2017/01/03(火) 17:03:31.92ID:???
電話が済み、大佐はブレダに買出しを頼む
「豚の骨と肉… 炭素… アンモニア… なんですか?」
「焼死体をひとつでっちあげる」
「じっ…人体錬成!?」
「バカ言うな あくまで『人間の焼死体のようなもの』だ
 完全な人体である必要は無いから内臓や諸器官も適当でいい」
「そんなもん検死に出されたら一発でバレますよ」
「鑑定など出来ない位ケシ炭にする ロス少尉の歯科カルテの写しはホークアイ中尉が入手済みだ
 人間の歯の主成分はカルシウムとリン あと少々のナトリウム等
 そして治療に使われる金歯・銀歯… 材料さえ揃えば錬成は容易い」
「…………錬成できるんですか?」
「専門ではないがそれなりに知識は持っている 焼死体を作るのは得意だ」
夕陽が沈むなか、大佐はブレダに急ぐように命ずるのだった

・・・
その後留置場に乗り込んだバリーがリンと遭遇し、そこで取り引きを持ちかける
バリーの身体の秘密を教える代わりに、ロス少尉をシンの密入国ルートで国外退去させる
逃走先が決まれば後は―――

―――――

ロス少尉の眼前にマスタング大佐が立ちはだかったあの時
大佐は側に会ったゴミ箱から、人間の形を模したダミーを引きずり出し
「君は今夜ここで死ぬ」 地面に置いたダミーに焔を放つ
街の一角に激しい爆発が起こり、焼け焦げたダミーに茫然と座り込むロス少尉を強引に引っ張り
ゴミ箱の中に押し込むと、中の壁に穴が空いており、そこからハボック少尉が引っ張り込もうとして
と、ロス少尉の識別章に気づき、その鎖を切って大佐に渡し
これを焼けたダミーの側に置けば、ロス少尉の殺害完了……となるはずであったが
そこに駆けつけたエドの怒声が微かに聞こえてきた ハボックも予定外と僅かに冷や汗を浮かべるが
とりあえずは大佐が何とかしてくれるであろう、とロス少尉を連れてしばらくスラムに身を潜めさせるのだった

―――――
0012粗筋の錬金術師垢版2017/01/03(火) 17:04:00.67ID:???
で、スラムでフーじいさんと合流しロス少尉はそのままじいさんと同行
ブレダ少尉はここで合流する約束を取りつつ別行動を取りアームストロング少佐に「リゼンブールで待つ」と連絡を取って
そしてエドの身柄をアームストロング少佐が ご く 自 然 に 連れ込んだという訳である
ひとまずは、大佐達サイドとエド達サイドとでの情報交換タイム

エドの言うホムンクルスの情報に難しい顔の一行 
…と言うかこうして考えれば考えるほど、ロス少尉賢者の石とか全くの無関係である
そんななか、ブレダ少尉は本当にヒューズを殺してないのか問う ロス少尉も当然その言葉を否定して…

「そうか よかったよ こいつを使う事にならなくて
 万が一ロス少尉が犯人だったら 情報を訊き出した後に撃ち殺すよう大佐から命じられていた」

その言葉にロス少尉とエドも僅かにたじろぎ…本当にヒューズ中佐…准将が死んだのだと思い知らされる
ヒューズ准将婦人に会って事件の事を説明したと言うと、ブレダ少尉に思いっきりげんこつ喰らった
「被害者家族に事件の裏側を教える事がどんな危険な事かわかってんのか ええ この豆はよ!!」#
エドのアンテナを掴んで締め上げながらブレダ少尉も信じらんねーと頭抱え
「で?なんて言われた?」「…………『納得する方法で前へ進め』って言われた」
その言葉に、アームストロング少佐は「どうする?」とエドに問い、エドは僅かに目を伏せて…

「禁忌を犯したオレ達に協力してくれる人達がいる
 怒ってくれる人がいる だまって支えてくれる人がいる
 二人で元の身体に戻ろうと約束した弟がいる
 そして事件の事を知ってしまって 後戻りできない状況にある

 ならば 前に進むしかないじゃないか!」

エドはその顔を上げ、拳を握り締めながらはっきりと強い意志で語る
0013粗筋の錬金術師垢版2017/01/03(火) 17:04:17.34ID:???
「もう誰一人失わない方法で もし目の前で誰かが犠牲になりそうになったらオレが守る
 難しい事かもしれない
 この手で守れるものなんて自分の身ひとつで一杯なのに 更に他のものまで守ろうだなんてただの傲慢かもしれない
 でも身の程知らずと言われようとも 今のオレにはこれしか思いつかない
 ………やっぱオレ 馬鹿か」
苦笑い気味になるエドに、「まったく馬鹿でごーまんなガキ」といい放つブレダ少尉だが
「だがそういう真っ直ぐ馬鹿は嫌いじゃない せいぜい気張れや」 少尉はそう励ましてくれた

…その後、ロス少尉はフーじいさんの案内でシンに亡命する事に
いつまでもここにいられないし、国に戻るわけにも行かない
とはいえ、せめて両親にロス少尉が生きてる事を知らせておくか尋ねるが
「いえ 万が一私が生きている事が両親の口から漏れれば取り返しのつかない事になりますから
 人を殺した娘を持った親として辛い日々を送る事になると思いますが仕方ありません」
同僚のブロッシュ軍曹も落ち込んでいたが、すぐ顔に出るから教えちゃダメと注意しとく
そんな言葉にエドも苦笑い、少尉との別れにアームストロング少佐も涙ぐみ

「アームストロング少佐 ブレダ少尉 マスタング大佐に伝えていただけますか
 あのままだったら策にはまって殺されていた私を生かして逃がしてくださった事に感謝します
 もし有事の際は遠慮なく呼び戻してください
 恩に報いるため その時が来たら命をかけて働かせていただきます!」
ロス少尉がそう告げて、3人に敬礼を向ける 
アームストロング少佐とブレダ少尉も敬礼を返す
エドも複雑な表情でたどたどしい敬礼を向けようとして…ロス少尉が手を差し伸べる

「エドワード君 元気でね」   「ビンタの借り…返せなかった」

その手を握り締め…ロス少尉は一行と別れるのだった
0014粗筋の錬金術師垢版2017/01/03(火) 17:04:42.05ID:???
砂漠超えが始まり、ロス少尉はフーじいさんにシンがどんなところなのか聞いてみる
じいさんがいうには人も贖罪も豊かな懐の深い良い国と語る
「この砂漠を越えたら楽園があると思っていいんですね」
「うム …ただしこの砂漠越えがなかなか過酷でナ 気をつけろヨ
 今からあまり水分を浪費するナ」
別れに涙するロス少尉に、フーじいさんはそう声をかけるのだった

ロス少尉と別れ、エド達もアメストリスに戻る準備 
だがその前にエドが調べ物があるといって一人遺跡の奥に向かい
……一人で遺跡の奥に向かうエドに不審な男たちがその様子を伺う……
遺跡の奥、五角形の紋章のような物を刻んだ広間の前に戻ってくるエド

(錬成陣… …とは違う)
中心部に二頭の竜 それを囲うような五角形の隅に、太陽が五つ…?
第五研究所の錬成陣と酷似しているようだが…上の方が欠けてて肝心の全容が掴めない 
もぎゃー!!とエドが頭を抱えてると、その後ろから何者かがエドに襲い掛かろうとし…!
それを見もせず避け、容易く襲い掛かる暴漢を取り押さえるエド
……取り押さえた暴漢をよく見てみると、その人物はイシュヴァール人であった
それに気づくと同時に、多数のイジュヴァール人がエドの周囲を取り囲む
悪いが捕まって欲しい、とエドに告げるイシュヴァール人達

「イシュヴァール閉鎖地区の解放
 およびイシュヴァラの聖地を踏みにじる国軍の撤退に要求するために人質になってくれんか 少年よ」
「バカバカしい あの軍がこんなガキ一人のために指一本たりとも動かす訳無えだろ」
「世論は変えられるかもしれん 子供を見殺しにしたアメストリス軍……とな
 イシュヴァール内乱も引き鉄は一人の子供の死だった
 何が歴史を変えるきっかけになるかわからんのだよ 少年」

しかしその暴挙を、シャン様と呼ばれたイシュヴァール人の老婆が止める
0015粗筋の錬金術師垢版2017/01/03(火) 17:04:58.12ID:???
老婆とお付の少年がエドに詫びの言葉を述べるが
我々の全てを奪い、荒野へ追いやったアメストリス人を許す事は出来ないと語るシャン様
ではなぜそのアメストリス人であるエドを助けるようなマネをしたのか問うと
全てのアメストリス人が悪人ではない事を知っているから、と語り
なんでもシャン様、そのアメストリス人に命を救われた事があると言う

「シャン様も僕もあの内乱で死にそうな怪我をした時にアメストリスの医者に助けられた
 イシュヴァールがあんなになってしまって 正直君達が憎いけど
 今僕が生きていられるのもその医者のおかげだ 全てを憎む事はできない」
「―――間接的にオレもその医者に助けられた事になるのかな
 医者か… オレの知ってる医者夫婦も内乱の時 イシュヴァールに行ってたよ」
その言葉に…少年から意外な名前が出てくる
「医者夫婦って……ひょっとしてロックベル先生!?」「え?知ってんのか?」
「知ってるも何も僕達を助けてくれたその先生だ!」

思わぬ縁、と少年も声を上げずっと礼をいいたかったと言う少年
その言葉にエドもどこか穏やかな表情を浮かべ
…二人がどんな最後だったか聞くと 少年は僅かに躊躇し…
「ロックベル夫婦は… 助けた患者に…イシュヴァール人に殺された」
「…そんな 理不尽な事があるかよ……」

シャン様の脳裏に、その時の光景が浮かび上がる
脅える少年を抱きしめるシャン様 その眼前には憎しみの形相を浮かべる一人のシュヴァール人
その右腕には、複雑な文様が重なった入れ墨が刻まれていた…

……シャン様達イシュヴァールの人たちとの別れ際、エドはシャン様からの伝言を頼まれる
「もし機会があったらロックベル夫妻の墓前に報告をしておいてくれるか 感謝と 謝罪とを」
0016粗筋の錬金術師垢版2017/01/03(火) 17:05:12.52ID:???
こうして、ひとまずリゼンブールまで戻ってきた一行
少佐たちはこのまま中央へ戻るが、エドの方はピナコばあちゃんの所で一旦腕の整備をしてから戻ると言う
ばあちゃんの家に行く前に、とりあえずロックベル夫婦の墓の前に挨拶に行こうとするが
墓地を訪れると、エルリック兄弟の母の墓前に誰かが立っている様子
……その人物の後姿に、エドは眼を見開き

(まさか… うそだ… そんな…)

エドワード・エルリックとホーエンハイムは、その再会を果たす…

<続く>
0017マロン名無しさん垢版2017/01/03(火) 20:48:23.46ID:???
くねくねバーニーかわいい♪
あと「泣くな」ではなく「水分を浪費するな」っていうのかっこいい。
0018マロン名無しさん垢版2017/01/03(火) 22:46:52.99ID:???
タイトルが意味深だが誰の事を指してるんだろう
エドのことではないのは確かだとは思うが
0019マロン名無しさん垢版2017/01/04(水) 23:17:09.48ID:jpi6Dur8
人間としての傲慢を罪ではなく美徳として捉えてるのでは
俺にはエドが自分の傲慢を受け入れたうえで、傲慢な願いを小さな手で叶えようとしてるように見えた
っていうかアニメだとイシュバールの内乱って
「表向きは一人の子供の死だが実は軍の特殊部隊が動いていた」って事になってたし裏が有るかも
一応アニメは漫画のネタバレは全部されたうえでストーリーは別物にしたらしいが
この親父がどういう立ち位置になるかは気になる
アニメ版は悪人じゃなかったが好きにはなれなかったからなぁ
0020マロン名無しさん垢版2017/01/05(木) 07:31:47.48ID:???
なるほど、傲慢というものをそう言う視点で見ればたしかにエドに当てはまるか
傲慢と言うとどうしてもネガティブなイメージが付き気味だが
その罪を前に進む糧にしたエルリック兄弟に合ったタイトルだと思えてきたわw
0021粗筋の錬金術師垢版2017/01/05(木) 17:00:40.96ID:ZnXUF4ML
鋼の錬金術師 10巻 2005年4月11日 初版発行
掲載・月刊少年ガンガン 平成16年9月号〜12月号

作者近影・コメント

本屋にて買い物中の牛さん
「生体解剖00円 B級戦犯軍法法廷資料000円 ザ・殺人00円
 殺しの心理学00円 陸軍兵器考00円 SAS全史00円 法医学00円」
レジに行ってから『しまった』って思う事あるよね

9巻のカバー絵がなかなか好評だった様で沢山の感想をいただきました。
「俺の背中に付いて来い!ってやつっスね!!」とか
「男は背中で語るんだね!!」とか
「皆に背中を預ける感じがいいね!!」とか。

………「大佐の正面書くのがめんどうだったから」なんて言えない…… ……言えないよ……

あらすじ
エドワードとアルフォンスの兄弟は、
幼き日に喪った母を錬金術により蘇らせようと試みる。
しかし、錬成は失敗しエドワードは
左足と弟のアルフォンスを失ってしまう。
なんとか自分の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成し、
鎧に定着させることに成功するが
その代償はあまりにも高すぎた。
そして兄弟はすべてを取り戻すことを誓うのだった…。
0022粗筋の錬金術師垢版2017/01/05(木) 17:01:07.18ID:???
      CONTENTS

 第38話 反撃ののろし
 第39話 錯綜のセントラル
 第40話 西の賢者
 第41話 小さな人間の傲慢な掌

P10 タバコを銜えるラストのラフ なんであいつはこんなまずいモノを吸うのかしら

カバー裏おまけ



鎧の錬金術師 第13002話 『ラブ☆スイーツは陰謀の味』

(主役(プリマ)の座……わたすものですか…!!)

「アップルパイにスパナが!!!」
「食べる前に気づけよ!!」



セレブ鎧
アルヘッドに今度は腕が生えました 
ソファにねこと一緒に座りながらワイングラス片手に足組み エドもおもわず突っ込み

本日の背表紙
ケンカしあうバリー鎧と肉体&ラスト
あと地上に落っこちる誰か(たぶんロス少尉)
0023粗筋の錬金術師垢版2017/01/05(木) 17:01:42.60ID:???
[おまけ]
ホーエンハイムの帰宅シーンにて
「ピナコ 俺の家が無い」
「……… ホ ー ム レ ス ……!!」


おまけ4コマ

[もしもエドとアルの立場が逆だったら]

「ごめん兄さん…右腕一本じゃ兄さんの魂しか…」
〔…ってうおー!!身長でけェ――!!!キャッホー!!!〕

〔タッカーてめこのヤロー!!(ガスガスガス)やりやがったなこんちくしょ――!!(バキドカ)〕
「やめて兄さん やめ…タッカーさん死んじゃうよ!! 誰かこの人止めてー!!!」

〔オラオラどこ見て歩いてんだ(通行人にぶつかり
 わははははでかい身体は目立ってしゃーないのう!!〕
後ろでアルが街の人に頭下げつつ

・・・
(よかった…鎧の体がボクでよかった……!!)
〔そのままの兄さんでいてね〕(ホロリ

[非道なりホーエンハイム]

兄さんは父さんの事が大嫌いです
エドの口汚い父への罵倒の言葉に、ホーエンハイムはぱんつを二つもって
「おいエドワード あんまり言葉が過ぎると父ちゃん怒りますヨ
 おしおきだ 俺のパンツとおまえのパンツを一緒に洗ってやる」 洗濯機にぱんつぽーい
その光景にエドの叫びが響き渡るのでした アルも思わずふんどし隠し
0024粗筋の錬金術師垢版2017/01/05(木) 17:01:59.74ID:???
[そこだけホークアイ中尉命名]

「作戦コードネームを発表します  私 リザ・ホークアイは『エリザベス』
 ジャン・ハボック少尉は『ジャクリーン』
 ケイン・フュリー曹長は『ケイト』
 ヴァトー・ファルマン准尉は『ヴァネッサ』

 ハイマンズ・ブレダ少尉は『ブレ子』」

σ(;゚Д゚) 

「『ブレ子』。」


担当と打ち合わせ中の牛さん
<39話ですが、シリアスな話なのでコメディ部分は削りましょう>
「そうですね その方がしまりがあっていいですね」
<その分ページをアクションシーンに回して…>
「ボインは残していいんですか?」

< ボ イ ン は残さなきゃダメだろ!!>

「下村さんが担当でよかったと今 心から思います」
0025粗筋の錬金術師垢版2017/01/05(木) 17:02:20.51ID:???
次巻予告

 一つの真実が
 見えた。

「そうだ! "あそこ"にいるのはおまえだ!!」

「真理は残酷だが正しい」

 ホーエンハイムが残した言葉に
 エドは一つの疑問を抱く。
 真実を知ろうとするエドの前には、
 非情な現実が立ちはだかる。
 真理は残酷だが正しい。
 しかし、そこを乗り越えた時、
 エドは一つの答えを見つける…。

「また我らの邪魔をするか 傷の男<スカー>よ」

鋼の錬金術師 11巻
2005年7月発売予定!!
乞うご期待!!
0026マロン名無しさん垢版2017/01/06(金) 17:19:16.88ID:???
エドが完全にチンピラwww
いくらデカくなってももうちょい理知的だろうがファンサイトでも似たようなネタが有るだけに
作者だからこそここまで滅茶苦茶やれるんだろうなw
0027マロン名無しさん垢版2017/01/06(金) 18:10:27.17ID:???
ホーエンハイムはなんだか普段ちょっととぼけてる雰囲気があるなw
ある意味アルは父親のこういう部分を受け継いだんだろうな
……あれ?そうなるとエドの気性の荒さは実は母親譲り…?
0028マロン名無しさん垢版2017/01/06(金) 23:46:07.36ID:???
次巻はシャンバラの公開に併せてくるのか
つってもテレビ版の終わり方考えると漫画版に関係有る情報は出てこないだろうけど
ガンガンでここまでメディア化成功したのはグルグル以来だし否が応でも気になるな
0030マロン名無しさん垢版2017/01/07(土) 16:39:18.59ID:???
>>27
若い頃はエドのように血気盛んだったのかもしれんw
年とると丸くなるからな
0031粗筋の錬金術師垢版2017/01/07(土) 17:05:34.72ID:xd+mYunC
ホテルのフロントでは、兄がまだリゼンブールに来ていないとピナコばあちゃんに言われアルもびっくり
そろそろ旅費も尽きかけてるし、片腕が無いままで不便なのだが…

<ああそうだアル!大変だよ!>
〔何? …え……? 父さんが……?〕

  <第42話 墓前の父>

母の墓の前で再会するエドとその父ホーエンハイム 
その姿にエドは激昂した表情を向け、ホーエンハイムはどこか目を丸くして…

「大きく…なったな?」(ななめ
「なんで疑問系なんだよ」(#
「中央あたりで有名だぞおまえ 史上最小国家錬金術師だって?」(ななめ
「最年少だッッ」(##

…人体錬成をした事を問われると、エドもホーエンハイムから目を反らし
妻トリシャの死を嘆くホーエンハイムだが、エドはてめえの責任だと父を責める
……どうにも会話がかみ合わない父にエドも頭を抱えつつ
ホーエンハイムは何故家を焼いたとエドに問うと、エドは後戻りをしないための覚悟だと答えるが

「ちがうな 自分の過ちを その跡を見たくないからじゃないのか
 嫌な想い出から逃れるためか? 寝小便した子供がシーツを隠すのと一緒だ

 逃げたな エドワード」

「てめぇに何がわかる!!!」 「わかるさ」
0032粗筋の錬金術師垢版2017/01/07(土) 17:06:03.48ID:???
…ばつが悪そうに父から顔をそむけ、帰路に着くエド ホーエンハイムも一緒に
「付いてくんな!!」
「ピナコん家に帰るんだろ? 俺もそっちなんだからしょうが無いだろう
 ……… 髪伸ばしてるのか おそろいだ」
ぶちンと、ついにエドも堪忍袋の緒が切れて、後ろ髪をばばっとみつあみにしてぎっと睨み
そのままお怒りの形相で一人ずんずんと歩いていくのでした
「……………俺の若い頃にそっくりだな」

その夜…一人ベッドで横になるエド 
それを見ていたホーエンハイムに赤子時代のエルリック兄弟の姿が浮かぶ
眠るエドの前に立ち、そっとその頭を撫でようとするが…
ホーエンハイムは僅かに躊躇し…結局エドの頭を撫でる事は出来なかった

「人体錬成なんて…なんで誰もあいつらを叱ってやらなかったんだ」
「あの状況で叱れるもんか あんた親だろ 叱ってやりなよ」
「………… どうやって叱っていいのかわからん」
酒を片手にホーエンハイムはそう呟く 部屋の隅ではデンがホーエンハイムを警戒して唸り声を上げていた
「なんで電話の一本も入れてやらなかった!! トリシャはずっと待ってたんだよ!
 あの子らだって父親(あんた)がいれば母親をつくろうだなんて思わなかっただろうに!
 かわいそうに あの子らは母親の死を二度見てしまったんだよ」

ホーエンハイムを責めるピナコの言葉に
「母親を作る…か」
そう呟き…デンが何かに気づいたか部屋の外にでると
ホーエンハイムは不意に切り出す
「…ピナコ あいつらが人体錬成で失敗してできたものを後片付けしてくれたのはおまえだったな

 本当にそれはトリシャだったのか?

 たとえば瞳の色… 声…… 髪の色…」
0033粗筋の錬金術師垢版2017/01/07(土) 17:06:28.37ID:???
………その言葉に、ピナコには心当たりがあった…
「…どういう事だい?あれはトリシャじゃなかった……?
 全く関係無い物を作ってあの子らは身体を持ってかれたって言うのかい!?
 そんなひどい話があるかい!!」
ピナコの叫びをよそに、ホーエンハイムはデンの出て行った扉を横目で見やり…
……その物陰に潜んでいたエドも、父の言葉に眼を見開いていた……

朝になって、ホーエンハイムはまたどこかへ向かうつもりのようだ
と、そこに壁に飾ってある写真に目が止まり エルリック家族4人が写った写真を譲ってもらう

「ピナコ…おまえやっぱりいい奴だな
 昔から何ひとつ変わらない俺を不審な目で見る事も無く昔どおり接してくれた
 お礼にいい事を教えてやるよ
 じきに酷い事がこの国で起こる 今のうちによその国へ逃げとけ」
「…この国は年がら年中酷い事だらけさ なんで今更逃げなきゃならないんだい
 それにここを帰ってくる場所にしてる奴らがいるんでね」
「……………忠告はしたぞ」

家をでて背を向けながらピナコに手を振るホーエンハイム
「残念だよピナコ もうおまえのメシが食えなくなるなんて」
どこか冷たい眼差しを浮かべ、ホーエンハイムはそう呟く…

と、ここで場面はアルの方に代わる 
十年くらいは行方不明だった父さんが田舎に帰っているとの事をリン達に説明するアル
会いに行かなくていいのかリンが聞くが、アル曰く会っても何を話していいかわかんないそうで
とはいえ嫌いと言うわけでもなく…と言うよりは嫌いになれるほど父と接した記憶も無いのだが
〔でも錬金術の話はしたいな 父さんの残してった蔵書をみるかぎりかなりできそうな人だったから…
 ―――って あ――――…〕
なんだか不意に頭を抱えるアルの姿に、リン達が首をかしげ
〔きっと兄さんの事だ 父さんに無駄に反発して錬金術の話なんてこれっぽっちもしないにちがいない
 最悪ぶん殴ってるかも………〕
「容易に想像できるわね……」
0034粗筋の錬金術師垢版2017/01/07(土) 17:06:59.14ID:???
リンの方は父親と仲は良いほうなのか聞いてみるが
仲がいい所か会話すらした事が無いと語るリン その言葉に二人も申し訳なさそうにするが
「なんか勝手に俺の人生想像してなイ? 相手は皇帝なんだヨ 気易く話せる相手じゃないねェ」
「…シン国の?」「そウ」〔じゃあリンって皇子様?〕「そウ」

その言葉に、二人は…さながら白馬の皇子(プリンス)チックなリンの姿を浮かべて…
なんかツボに入ったみたいでしばらく笑いが止まんなくなった二人でありました

「や ごめん あまりにもあまりだから………」
「だからね ほら 俺のお嫁さんなれば将来皇后様ヨ?玉の輿ヨ?
 どうだろウィンリィちゃん ひとつ嫁ニ…」
「だめよぉこの国には機械鎧技師(あたし)を必要としてくれる人がいるからv」(スパナで顔面ボギャ
「そーかああははははハv」 「若――ッ!!」

「…にしても皇子が行きだおれたりご飯たかったりってどうなの」
「まあ確かにありがたみないなァ 皇子っても20人以上いるしナ」
「正式には皇子24人 皇女19人でス」
「シンは50からの少数民族が集まってできている国家ダ
 その各民族の首相の娘が皇帝の妾として召し上げられ 皇帝の子を産ム
 俺の母はヤオ族代表として皇帝に嫁いで俺を産んダ 俺は皇帝の第十二子にあたル
 十分に次の皇帝の座を狙える位置にいるんダ」

その言葉にウィンリィも絶句し、アルのほうも相続件はどうなってるのか聞いて見る
まさしくその相続権が、今のシンで直面している問題
皇帝が病に犯され、もはや先も長くない そのためシンでは各部族での覇権争いによる潰しあいがなされているそうで

〔そっか…自分が死にそうだから不老不死にすがる……と…
 あれ?でも不老不死の法を持ち帰っちゃったら現皇帝が死ななくなるって事だから…〕
「リンにはいつまでたっても玉座がめぐって来ないじゃない」 ねえ
0035粗筋の錬金術師垢版2017/01/07(土) 17:07:18.06ID:???
「今の皇帝は先が長くないって言ったロ 
『不老不死の法らしき物』を持ち帰って一時的に喜ばせてやればいイ
 生きてるうちに俺の一族の地位を少しでも引き上げてもらウ あとは自分で玉座をぶんどル
 俺はヤオ族50万人の命運を握ってこの国に来タ 賢者の石とそれにまつわる伝説を頼りにネ

 そして君の身体の秘密を知っタ

 鉄の身体に魂の定着… 滅びる肉体の無い君は不老不死に一番近イ」
…だがその言葉に、アルは頭を抱えながら笑い声を上げて…
〔無駄だよリン 不老不死どころかまっとうな人並みの人生分もあやしいもんだ
 時限爆弾付きなんだよ この身体〕

同じ頃、マスタング大佐は病院の待合室で点滴を受けながら本を広げていた
そこにいつぞやロス少尉の検死を担当した検死官が横に座る どうやら腰痛の診断に来た様子で
……同じ席の少し離れた位置で、小声でマスタング大佐に離しかける検死官

「"あれ"を焼いたのがおまえさんだと聞いてピンときたよ 何企んでる」
「…企んでるとわかってて"あれ"をロス少尉と断定したのか」
「言ったはずだぞ 『もう少し上手く焼け』ってな 焼死体にしては腕の角度がおかしかった
 葉型が一致したから一応はロス少尉本人としたがな 鑑定医が俺じゃなかったら危なかったかもしれんぞ」
「ロス少尉が脱走した日に 軍の工場で大規模な火災があっただろう
 かなりの数の死傷者が出たからな 焼死体に詳しい 貴方が詰めているとふんだ」
「…あきれるな イシュヴァール以来会ってない俺をアテにしたのか」
「戦友だからな」
「『戦友』なんてユルい仲かよ 懐かしいな おまえさんが焼いて俺が解剖
 イシュヴァールは巨大な人体実験場だった
 戦友なんかじゃねぇ 共犯者だろ
 あんまり危なっかしい綱渡りしてるといつかしっぺ返し喰らうぞ」
「…もう喰らってしまった」
0036粗筋の錬金術師垢版2017/01/07(土) 17:07:42.67ID:???
マスタング大佐が広げていた本には脊髄の図解が乗せられていた
検死官の見解に寄れば、兵役復帰は難しいとの事だ……

同じ頃、ハボック少尉は煙草を加えてぼーっとしていた
灰が落ちそうな煙草に、ブレダ少尉が灰皿を差し出してくれた
「あ――…… せっかく一本だけ許可貰ったのに…
 は……『女に刺されて退役です』なんて笑えるよな」
「鋼の大将みたいに機械鎧<オートメイル>にはできないのか?」
「下半身丸々神経信号が途切れてるから無理だとよ」
「…ねェよ おめえに隠居生活なんて似合わねぇよ!」

忌々しげにそう呟き、ブレダ少尉は病室を後にするのだった
・・・その後ブレダ少尉はマスタング大佐と合流し
…ハボックの足に関して、ドクター・マルコーがいる、と進言する
ドクター・マルコーは医療系の錬金術師で、何より賢者の石の持ち主… 希望は残されている

「俺の休暇 延長ききますか?」
「どうとでもしてやる ―――行け!」

村の診療所で子供達の治療に当たっていたマウロことドクター・マルコー
お仕事も一段落つき、休憩にしようと思った矢先、そこにブレダ少尉が尋ねてくる
だが、その背後の付き人は、グラトニー…!? 
とっさに戸を閉めようとするが目の前の『ブレダ少尉』に無理矢理こじ開けられ、診療所内に乗り込まれ
……エンヴィーが元の姿に戻り、その正体を明かす…!!
0037粗筋の錬金術師垢版2017/01/07(土) 17:08:51.17ID:???
「そう怖い顔しなさんな 取って喰おうって訳じゃないんだからさ
 実は最近手駒が少なくなっちゃって困ってんだよね
 また一緒に働こうじゃないかドクター 中央に来い!」
胸倉を掴み、そう命ずるエンヴィーを前にマルコーも苦悶の表情を浮かべ…
「もう……かんべんしてくれ…!!」
「いや あんたは断る事ができない ラストが言ってたはずだよ 変な気を起こしたら…
 この村を地図から消してやるってね…!
 死ねば逃げられると思ってるの? 甘いねェ
 イシュヴァール人 国内の死刑囚…
 賢者の石でずいぶん同胞(にんげん)を殺してきたね ドクター・マルコー

 あんたには!平和にのうのうと生きる場所も!死んで楽になる権利も無いんだよ!!
 いいかい?変な気を起こして抵抗すればこの村は消滅
 そして自殺してもこの村を消滅させてやる
 選択肢はひとつしか用意されていない わかり易くていいだろう なあ?
 さあ 一緒に来てもらおうか」

それからしばらくして…本物のブレダ少尉がマルコー宅を訪れるがどうやら留守のようで
近所の人にここの診療所の人が留守なのか聞いて見ると

「あれ?あんたさっき先生の所に入ってった人だよね
 だってさっき軍服でここに入ってっただろ?」

…その言葉に、ブレダ少尉は診療所の扉を蹴破るが
すでにマルコーは賢者の石諸共拉致されてしまった後だった…

<続く>
0038マロン名無しさん垢版2017/01/07(土) 18:31:03.93ID:???
あれトリシャママンじゃなかったのかもしれないのか
兄弟の理論が間違ってたのかそれとも間違いはなかったのに別のものになったということなのか
これがどういうふうに繋がっていくんだろう
0039マロン名無しさん垢版2017/01/07(土) 22:50:01.84ID:???
ホーエンハイムの惚けた態度と冷たい態度とのギャップが凄まじいな…
…さすがに母親のことを遠まわしにエドに教えたのは何か裏があるとは思いたくないが…
本当に思わぬところから抉ってくるからな、油断はできん
0040マロン名無しさん垢版2017/01/07(土) 23:26:09.30ID:???
人体錬成の結果に言及できるわけだしアルの言うようにかなりできる練金術師なんだろうな
さすがあの兄弟の父親なだけはある
家を燃やした裏の心理を指摘してきたのも良かった
気づかなかった読者には提示になるし気付いてた読者は指摘が入って安心しただろう
ホーエンがとりあえず大人ではあることも分かったしね
ピナコさんと友人でもあるし悪い人間ではないと思いたいが、メシが食えなくなるというのは不穏だね
0041粗筋の錬金術師垢版2017/01/09(月) 16:57:27.06ID:eFy1Pi5B
冒頭、アルはリン達に自分の身体が時限爆弾付きの不安定な代物である事を語る

〔鉄の身体に人の魂 拒絶反応という爆弾が待っているはずだ
 明日かあるいは10年後か 100年後か1分後か…
 いつその時が来るか それはボクにもわからない
 わかっただろう この身体は不老不死には程遠いんだよ〕

  <第43話 泥の川>

アルの言葉にウィンリィも愕然とし、それが本当なら一日でも早く元の身体に戻らないとと言うが
「いや 待ってくれヨ
 その身体がやばくなったら魂を他の物に乗せ換えて生き続ける事はできないカ?
 痛みを感じない 食べ物もいらなイ 便利でいいじゃないかその身体…」
しかしそのリンの言葉に、ウィンリィが「いい訳ないでしょ!!」と叫び声をあげる
「……何も 知らないくせに…!!」

どこか悲痛な表情を浮かべるウィンリィ…そのまま一言謝り部屋を出て行ってしまう
そんなウィンリィを追い、アルが部屋に入り声をかける
〔……もー… いつも兄さんやウィンリィが先に怒るからボクは怒るタイミングを逃しっぱなしだ〕
なんて冗談交じりに笑ってみせるアルだが…
ウィンリィの脳裏には、兄弟が人体錬成に失敗した日の夜の事が浮かぶ…

―――――

右腕を失うエドの看病を夜中まで続けるウィンリィ 眠気に耐えつつ廊下にでると
廊下の隅で座り込む、鎧のアルの姿があった

「アル…眠れないの?」
〔…うん どうやらこの身体は眠る事ができないみたいだ〕
「寒く…」 〔…もないね 何も感じない身体だし〕
0042粗筋の錬金術師垢版2017/01/09(月) 16:58:16.04ID:???
〔夜ってこんなに長かったんだね
 ついこの前まで 夜は兄さんと錬金術の話や将来の事で語り合って…
 話し疲れたらたっぷり寝て幸せな夢を見て… 一晩がとても短かった
 今は一晩がとても…… …とても長くて 余計な事ばかり考える…!!〕

そう言ってアルは、頭を抱えて縮こまってしまう…

―――――

その姿を知っているウィンリィには、今の姿がいいなんてとても思えなかった
「ねぇ 元の身体に戻れるよね?」 その言葉に、アルは答えられず、ただ俯くばかり…



「返せ…返せよ!! 弟をあんな身体にしやがって… 持って行った弟を…
 たった一人の弟を返せ!!」
暗い闇の中、光りに手を伸ばし追いかけながらそう叫ぶエドだが…

             返せ?何を言ってるんだおまえは
                弟の魂を引き戻し
                 眠れない身体
                痛みを感じない身体
               ぬくもりを感じない身体
               泣けない身体にしたのは!
             
            鋼の錬金術師!! 他ならぬおまえだ!!
                 おまえのその手だ
          弟が鎧の身体になったのは真理(オレ)のせいじゃない

【  】のその言葉と共に、エドの背後にはタッカーさんと合成ニーナの姿があり…

「おまえが弟を救いの無い身体にしたんだ エドワード・エルリック」
0043粗筋の錬金術師垢版2017/01/09(月) 16:58:51.58ID:???
               いや 弟だけじゃないな

【  】がそう言うと、エドの身体に影のような手が絡みつき…

【エドワード こんな姿のままじゃいやだわ 早く生き返らせて】

その眼前に、母親だったものがエドにそう願い…
そしてその背後には、巨大な瞳が―――



―――そこで、寝ていたエドの目が覚める 目覚めると丁度ホーエンハイムが出て行くところであった
窓からホーエンハイムの姿を見据えながら、エドは父の言葉を思い出す…

―それは本当にトリシャだったのか?―

ピナコばっちゃんの整備では、腕も脚も異常無しとの事 
そのオートメイルの具合からもウィンリィはしっかりやっているのだろうと見るばっちゃん
……エドは、ピナコにどこか重い表情で声をかけ、手伝って欲しい事がある、と言う
その言葉と共に、エドのオートメイルの関節部が僅かに痛む…

…エドとピナコは、焼け落ちた家の前にたどり着き…

「この辺だ ここに"あれ"を埋葬した」

その言葉に、エドの心臓が跳ね上がるほどの強烈な鼓動を伴い
エドの脳裏に錬成した母親の姿が浮かび、エドの腹の奥が締め付けられる…

「やめるかい」
「…いや 手足の付け根が痛む 天気が変わりそうだから早く済ませよう」
0044粗筋の錬金術師垢版2017/01/09(月) 16:59:32.21ID:???
母親の埋めた地面を掘り起こす二人 するとちょうど雨が降り始め
ピナコがエドに声をかけようとすると、エドは膝をつき嗚咽の声をあげる…

「胃が…ねじ切れそうだ……」
「当たり前だよ!おまえにとっちゃ最大の精神的外傷<トラウマ>だ!!
 ……もうやめよう おまえが壊れちまう」

…しかし、苦悶の表情を浮かべながらエドは…
「確認しないと前へ進めないだろ 錬金術師は真理を追い求める者だ
 自分に都合の良い所だけ見て それで済まされて良い訳が無い」

―逃げたな―

「逃げて…たまるか!!」

自分の口を拭い、エドは気丈に前に進もうとする…
・・・そして、ついに二人は母親の亡骸を掘り当て… そこからでた髪の毛を水で洗うと…

「ばっちゃん……母さんの髪は栗色だった… ……… 黒 だ…!!」

降りしきる雨の中…母親の残骸の全体を掘り当て、その遺骨を観測するピナコ
「大腿骨の長さから 生前のだいたいの身長がわかる 骨盤を見れば性別も判明する
 これにトリシャの特徴は見当たらない

 これは お ま え の 母 親 で は な い 」

その残酷な現実に、エドは膝を折りくずおれる…
0045粗筋の錬金術師垢版2017/01/09(月) 17:00:45.22ID:???
(全く別人… いや…別の『もの』!?
 やはり無関係のものを作ってこの子らは身体を持って行かれたのか
 あまりにも理不尽な…!! じゃああのアルは…)

もしや、アルも本当は全くの別物なのでは…ピナコの脳裏にその考えがよぎるが
不意に…降りしきる雨の中、エドが狂ったような高笑いをあげる…

「そうだ 死んだ人間はどんな事をしても元に戻らない これは真理だ
 人体錬成の完璧な理論だの禁忌だのと… 何をやってるんだオレは」
「エドしっかりおし 気をたしかに持つんだ!」
「大丈夫だよ 気をたしかに………か
 そうだな あの日から今さっきまで"これ"は絶望の象徴だった」
 だが今は"これ"が希望に繋がる なんて事だ…答えはスタート地点にあったんだよ ばっちゃん」

絶望の奥底で、エドが見い出した希望は
「アルは元に戻れる!!」という、確信であった…!

場面は変わり、夜のセントラルでは… ヨキさんがぐでっと倒れて行きだおれてるメイを見つけた
声をかけても返事は無く… 辺りをうかがい金目の物は、と物色しようとすると
パンダに腕かじられた ぼきごきもぐばくめきょもりもり
ヨキさんたまらずドケザ パンダが殺ーーッと頭を下げるヨキさんに威嚇

しょうが無いので助けてあげる事にしました メイちゃんふかぶかと頭下げ
「ははは敬え崇め奉れ」 がぶ 「すいませんやめてください」
とりあえずこんなスラム街で何をしているのか聞くと、エドワード・エルリックを探していると言うメイ

「なぬ――!!?あのクソガキの事か!! 知ってるも何も奴にはえらい目に…」
なんかメイちゃんのエドへの想像がどんどんゴージャスになって来ました ヨキさんもおもわずツッコミ
(ん? そういえばあいつ国家錬金術師だったな)
「ヨキさんは彼が今どこにいるか知ってますカ?」
「ふっふっふ…まかせろ! 私の下僕がそのうち見つけ出すはずさ!!」
にやりと笑みを浮かべるヨキさん おでこがぺかり
0046粗筋の錬金術師垢版2017/01/09(月) 17:01:57.76ID:???
夜の川沿いの道を歩く、一人の老紳士 …その前にスカーが立ちはだかる…
「ジョリオ・コマンチだな?」「…なんの用かね?」
スカーが答える前に、彼の衣服のフードが脱げ…その姿にコマンチはニヤリと笑みを浮かべる

「ほ!イシュヴァールの亡霊が現れおったわ!
 額に傷のイシュヴァール人…イーストシティで死んだと聞いたが…」
「貴様ら国家錬金術師を全て葬り去るまで我は神の所へは行けぬ」
「この私を銀<しろがね>の錬金術師と知って戦いを挑む その意気や良し!!」

その言葉と共に、コマンチは素手の掌に隙間無く書き込まれた錬成陣を見せつけ
スカーに向け地面から剣を、その前面から鎖付き刃を飛ばし攻撃を仕掛ける!!
「ほっほ!なつかしい戦場の感覚!! 貴様らに奪われた左の足がうずくわ!!」
間髪いれずチャクラムを錬成しスカーに投げつけながら、同時に剣を錬成し
自らのコートを円状にみせかけるような動きで幻惑させながら、そこから多量のチャクラムを投げつける
しかしスカーもその猛攻を凌いでみせる コマンチが地面に多量のブレードを錬成させるがスカーもそれをなぎ払い
そしてコマンチが強襲を仕掛けるが、その一撃はスカーの左足をかすめる
その義足で川沿いの杭に立ち、スカーの実力を褒めたてるコマンチ

「ほ!おしい! その左足斬り落としてやろうと思ったがかすっただけか なかなかやるな
 だが壊す事しか知らぬ未熟なその手 我ら作り出すものに敵う訳が無い」
コマンチに左足を斬られ、膝をつくスカーだが…
「…かすっただけか」
そう呟くと、コマンチの義足が突如折れる! 
その身体はそのまま河に落ちてしまい…そこにスカーに顔面をつかまれる!!

(錬成物!!早く武器の錬成を……… 岩でもなんでもいい…! 錬……
 ……… 水しか………!!)

コマンチの帽子が浮かぶ河の水に、赤い血が浮かび上がる…

<続く>
0048マロン名無しさん垢版2017/01/10(火) 06:26:01.35ID:???
コマンチさんのご冥福を祈ります
次の単行本カバー下背表紙に出てくるかな
0049マロン名無しさん垢版2017/01/10(火) 19:15:19.38ID:???
キツイ現実から逃げず向き合った結果がアルが元に戻れるという希望なのは上手いね、救いがある
0050マロン名無しさん垢版2017/01/10(火) 20:25:26.85ID:???
つまりこれ賢者の石が有ろうがどれだけ代価を払おうが死者というか消えた魂は蘇らないってこと?
アルが戻れるって事はアルは生きた魂で肉体は魂と違い戻せる?
0051マロン名無しさん垢版2017/01/11(水) 02:18:06.82ID:???
自分の頭ではさっぱりだから次号待ちだなー
しかし兄弟の錬成したものって結局なんだったんだろう
金髪に茶の遺伝子から黒髪なんだよな
既出ホムンクルスが黒髪なのと関係あるのかな
アニメの設定があれだったから勘繰ってしまう
0053粗筋の錬金術師垢版2017/01/11(水) 17:15:31.80ID:bHSoC75l
  <第44話 名前の無い墓>

雨は止み、日が差し始めたころ…
エドは自分が錬成した人の墓を作りたい、とばっちゃんに言う

「……墓石になんて刻むんだい?」
「……………わかんね
 わかんねーけどこれ…… あの時たしかに動いてオレを見ていた
 たった一瞬でも人間だった オレが作って死なせてしまった…… 人間だ
 墓 作るよ」

(母親でも何者でもない 形すら人ではなかったこれを『人間』と言うか
 この子は人間と言う物の定義が広すぎる
 もっとも…そうでなくては今のアルを人間ではないと認める事になるのかね)

しかし問題としては、兄弟が錬成したのが母親で無いとするならば
エドが練成した、アルの魂はどういう代物なのか… ピナコも疑問を口にするが
「うん 確認しなきゃならない事が沢山ある
 ばっちゃん オレとアルは間違い無く母さんの子供だよな?」
「ああそうだよ 二人とも出産の時はあたしが取り上げたんだ
 間違い無くトリシャとホーエンハイムの子供さ」
「うん うんよし 魂の情報は間違ってなかったのに失敗した… …よし」

ひとつひとつ、エドは自身の理論に穴が無いかを確認しつつ
その後エドは、イズミ師匠の元に電話をかける 師匠に聞きたい事があると言うエドだが…
<…師匠はお子さんを錬成したときの事を覚えてますか?>
その言葉に、僅かに苦々しい表情を浮かべる師匠
「―――ああ 忘れるものか (忘れるものか……!!) それがどうかしたか」
<オレとアルが錬成した母さんは母さんではなかったんです>
「なんの事だ?何が言いたい?」
0054粗筋の錬金術師垢版2017/01/11(水) 17:15:59.06ID:???
僅かに言いよどむが…エドは意を決し
<師匠が人体錬成してできあがったお子さんは 本当に師匠の子供でしたか?>
……その問いに、師匠は眼を見開き… 青ざめた表情でその電話を切るのだった

ロックベルの墓の前で、ピナコはロックベル夫妻の最後をエドから伝えられる
…ただ、どんな死に際だったかを聞かれると…「聞いてない」と偽り顔をそむけるエド
その姿にピナコもだいたい察してしまったようで
父、ホーエンハイムは何処に向かったのか聞いてみるが、ピナコも何も聞いてないそうだ

「あ!!忘れとった!! あいつに会う事があったら伝えとくれ トリシャの遺言」

―ピナコさん あの人が帰ってきたら伝えてもらえますか あの人に
 約束守れなかったって… 先に逝きます ごめんなさいって… 伝えてください―

なんの約束なのかはピナコも知らないそうだが…とにかくホーエンハイムにはよろしくと願うピナコ
なんれオレがとエドも気が気でないが

「あんなボンクラでも父親にゃかわりないだろ
 帰ってきた晩に長い事おまえ達の面倒見てくれてすまないって頭下げられたよ
 親として何もしてやれないって」
「け! 親をやる気が無ぇだけだろ! …会ったらな 一発殴った後に伝えといてやるよ」(ちっ

ひとまずエドは中央に戻る事にする もしかしたら兄弟の縁を切られるかも、とエドも呟き…

その頃中央のホテルでは、いつまでたっても金ヅル(エド)が帰ってこず
ウィンリィもお困りの様子でガーフィールさんに電話をしてました ホテルのフロントもにらみ
と、そこにちょうどエドが帰ってきて ウィンリィも会うや否や涙目で「ばか――っ!」と叫ぶ
そのまま僅かに複雑な表情でぐいぐいエドの背中押し押し
0055粗筋の錬金術師垢版2017/01/11(水) 17:17:31.28ID:???
で 「なんじゃこりゃ―――!!!」 盛大にエドの叫びが響く
ボロボロになったアルの姿と……二人でもりもり大量にメシ食ってるリンとランファンの姿にエドも驚愕
とりあえずリンとランファン追い出しアルの修復を始めるが…その様子がおかしい事にエドが気づき…

「人造人間<ホムンクルス>にバリー・ザ・チョッパー…
 オレのいない間にえらいお祭り騒ぎだな おまけに相容れない身体と魂の拒絶反応か…!」
「アルは元に戻れるよね?」
「あたりめーだ オレが戻すっつったら戻す!!
 アル オレな あの時錬成した母さんらしき者の遺体を掘り起こして確認してきた
 結果として! あれは母さんではないという結論に達した」
…その言葉に、さすがにアルもショックを受けるが
「文句はあとで聞く おまえが元の身体に戻れるという確信を得た」
エドの言葉に、アルもウィンリィもそろって驚きの声を上げる
「――で 二人に質問なんだが…
 ウィンリィを…その… よ……嫁にすんのどっちだって兄弟ゲンカした話 覚えてるか?
 アルに聞いて知ったんだけど両方ふったって? 理由は?」

せーの 〔『あたしより背の低い男はいや』〕
     「『あたしより背の低い男はいや』」

エドの心につうこんのいちげき 
で、それが何の関係があるのか聞くとエドが知らないアルの記憶の確認だとの事
他にも色々あんなことこんなこといっぱいあるけど聞いてるエドのほうがもう限界そうでした

「つまりだな オレの知らない…知り得ない記憶 その鎧の身体になる前…
 10歳までの記憶があるって事は あの日オレがその鎧に定着させたアルは本物のアルって事だ
 じゃあ10歳以降の記憶… 鎧の身体になってからの記憶はどうだ?
 脳ミソを持ってないのに鎧になってからの記憶と経験はどこに蓄積されている?」
〔これは?〕(血印指し
「それはあくまでおまえの魂を定着させるためだけの印だ
 思うに どこかに存在するアルの肉体は 今も活動していて脳は働いている」
0056粗筋の錬金術師垢版2017/01/11(水) 17:17:55.33ID:???
エドのその説に、バリーの事を浮かべるアル バリーも魂とは離れた場所に肉体が存在していた

「錬金術において人間は『肉体』と『魂』と『精神』の三つから成ると言われているが
 オレは『肉体』と『魂』をつなぐのが『精神』だと考える」
〔肉体と魂は引かれあう… 精神によってつながっているから……!!〕
「そう アルの魂と消えた肉体はどこかで精神によってつながってるんじゃないか?
 オレはあの日 無意識に『持って行かれた』と言った
 『死んだ』ではなく『持って行かれた』んだ おまえは
 持って行かれたのは母さんを錬成するための材料としてではなく 真理の扉の『通行料』…
 そうだ あいつはたしかに『通行料』だと言った
 そしてオレはまた右腕という『通行料』を払っておまえの魂を引っぱり出した

 母さんは『死者』だ 存在しない者をあの扉から引っぱり出すのは不可能だ
 だがアル おまえの魂を引っぱり出せた事…
 それがおまえが『生者』として存在する証だとオレは思う
 あの時 真理の扉の中で手を伸ばしたオレは………
 "母さんのようなもの"に手が届かなかった
 アル 思いだせ! お前が手を伸ばした先に… オレが見たものよりさらに先には…」

真理の先で、母さんのような物に手をつかまれた瞬間…
アルが見た物は 母さんではなく【アル】自身の姿であった…

「そうだ! "あそこ"にいるのはおまえだ!!」
〔思い出した……ボクはあの時… 母さんだと思っていた者の"中から"兄さんを見ていた……!!〕

あの存在にアルの魂が定着しなかった事は不幸中の幸いだが、今にして思えばあれが拒絶反応だったのだろう
……その後、ホテルの方にイズミ師匠からエドを訪ねて電話がかかってくる 
師匠は人体錬成に関して、シグさんの髪の毛、師匠の血、息子の遺骨を材料に錬成を行ったが
だが錬成された子は肌の色、髪の色も夫婦からは生まれるはずの無い色をしていたと言う
何を突き止めたのか、エドに問う師匠に「死んだ人間は 失われた者は再構築できないという確信」と答えた
…電話を切る前に、師匠はエドに「ありがとう」と伝えた …なにがありがとうなのかちょっとエドも困惑
その話をアルに伝えると…
0057粗筋の錬金術師垢版2017/01/11(水) 17:18:52.31ID:???
〔…ああ そうか
 あの錬成の日から今日この日までボクは自分の事を責め続けていた
 でも口に出すのが怖かった 母さんを…… 母さんをあんな姿にして殺したのはボクだ…と!
 ずっと ずっと怖くて言えなかった…!!〕「オレもだよ」
〔兄さんありがとう ボクは母さんを殺していなかった…………!!〕

その言葉と共に、アルは自らの顔をその手で覆う…
…同じ頃、師匠もまたその瞳から流れ出る涙と共に、自らの顔をその手で覆い
「報われた気がするんだ 私はあの子を二度殺してはいなかった…!
 それでも私達がしでかしたことは許されるものじゃない」

―忘れるものか 血の海に沈むあの小さな手を
 今でも夢に見る 一日だって忘れた事は無い これは当然の罰なのだ―

「私は二度と子供を望めぬ身体にされ 家族のぬくもりを求めたあの兄弟は…
 アルは何も無い孤独の世界へ全てを持って行かれ
 エドはただ一人の家族と立ち上がる足を持って行かれた
 真理は残酷だが正しい」
「だがあいつは立ち上がった」
「そうだね あの子なら いつか真理に打ち勝つかもしれない」

場面は兄弟の側に戻り…
母さんを殺していなくてもアルをそんな身体にしたのは自分自身だとエドは言うが
しかしそんなエドの言葉をアルが止め、賛成した自分も同罪だから一人で背負わないでほしいと兄を諭すアル
0058粗筋の錬金術師垢版2017/01/11(水) 17:19:16.41ID:???
〔……ヒューズさんが死んだ時
 他の人が犠牲になるくらいなら元の身体に戻らなくていいって…正直思ったよ
 人ならざる身体を持ってても 自分の存在に意義を持って奔放に生きてる人たちを見て
 そういう生き方もあるんだと思ったし… 周りの人もこんな身体のボクを人間として扱ってくれる
 拒絶反応という爆弾を抱えてるって言っても
 生身の人間だっていつ事故や病気で死ぬかわからないんだから命の危険度は皆と同じだ
 普通に生きようと思えば この身体になんの不自由も無い
 …でもやっぱりダメだ もう……

 もう…… 一人の夜はいやだよ…!!〕

星明りに照らされながら、そう告白するアルのその姿は
泣けないアルの身体が、涙を流しているようであった…

〔元に戻りたい理由はただそれだけだ… 元の身体に戻りたいよ………!!〕
「…オレも おまえの笑った顔が見たい」
〔でももう誰も巻き込みたくない だから兄さん ボクは周りの人を守れるくらい強く在りたい!
 もう誰一人失わない道を進んで 身体を手に入れる!〕
「はっは!同じ事考えてた!
 もうグダグダ悩んでるヒマは無ぇ やってやるさ
 真理の野郎ぶっとばして あそこからおまえの身体を引っぱり出してやる!」

こうして、二人は新たに前へ進む決意を固める …その後ろからウィンリィがとてとて着いてきて
ふと…エドの背中が大きくなったように感じるウィンリィであった

・・・場面は変わり病院内の大佐達 残念ながらドクター・マルコーの確保は失敗に終わってしまった
もうブレダ少尉の有給も使い切ってしまい、これ以上は自由に動く事ができない
もはや手詰まりか…そう呟きつつ、大佐が自分の病室に戻ろうとすると
ちょうどハボック少尉の親と退役軍人局の人が部屋から出て行くのが見えた
ハボック少尉は留置場襲撃犯捕獲の際の負傷が理由で退役、と言う事になったとハボックが言う
0059粗筋の錬金術師垢版2017/01/11(水) 17:19:32.19ID:???
大佐達がハボックを引きとめようとするが、ハボックの意志は堅いようで…
「自分がもう使えない人間だってわからないほどバカじゃないっス
 動けない駒はこの軍にはいらない
 …んて目してんだよ 捨ててけよ!! 置いて行けよ!!」
ハボックがそう叫び、大佐の胸倉を掴み上げる!?
「あんたこんな下っ端にかまってる暇あんのかよ!!ヒューズ准将との約束があるんだろが!!
 見ろよ 人に支えてもらえなきゃ上半身すらまともに起こせねえこの体たらくを
 同情なんて…いらねンだよ!!」

切り捨てていってください、と大佐に懇願するハボック その言葉に、大佐は…
置いて行くから 追いついて来い とハボックに告げる
そして上で待つと言い残し、大佐は病室を後にするのだった

「ハボック少尉 あの人はね
 生きる事を諦めようとした私でさえ見捨てようとしなかった
 また背中を預けると言ってくれた 捨てられないのよ
 そういうバカが一人くらいいても言いと思うわ」

…やはり少々無理をしていたのか、廊下では傷口を押さえる大佐の姿があった
無理をなさらないで、とのホークアイ注意の言葉も聞かず、大佐は自身の軍服を持ってくるよう命ずる
……その眼差しは、ホークアイ中尉に有無を言わせる事を許さなかった
0060粗筋の錬金術師垢版2017/01/11(水) 17:19:49.77ID:???
その頃アームストロング少佐は、ちょうどブロッシュ軍曹と出くわしたところ
ロス少尉に関しては…本人に口止めされてるため「東は美人が多くて良い所であった」とごまかした 肩ぽん
と、軍曹はなにやら憲兵司令部から回ってきた情報があると言う
その書類に、アームストロング少佐は忌々しげにその書類を握り締め、大佐とエルリック兄弟にも伝えるよう指示

<憲兵司令部より全市に通達
 イーストシティで死亡と思われた『傷の男』<スカー>が再び中央に現れた模様
 被害者は新たに三名 全て国家錬金術師
 目撃した憲兵の情報によると 特徴は額に大きな十字傷
 加えて右腕全体に入れ墨の入ったイシュヴァール人 繰り返す・・・>

「また我らの邪魔をするか 傷の男<スカー>よ」

その報告に、大総統も忌々しげにそう呟くのだった

<続く> 
0061マロン名無しさん垢版2017/01/12(木) 07:27:17.44ID:???
大佐はなんだかんだで仲間を捨てられないんだな…
この甘さがウロボロスに付け入る隙を与えなきゃいいんだけど
大総統も色々大佐に向けて思惑があるようだし、ちょっと危険信号でてるかもしれん
0063マロン名無しさん垢版2017/01/12(木) 19:39:56.34ID:???
アルの肉体が真理の向こう側に存在している、というのはわかったが
そうなると肉体の方はあの真理空間でどうやって生き長らえているのだろうか
バリーの方はホムンクルス勢が管理していたのだろうけど

あるいは真理の向こう側は、こことは少し違う平行世界的なものが存在しているのかな
0064マロン名無しさん垢版2017/01/12(木) 20:15:30.12ID:???
ご都合的に時間の流れが止まってるとか遅いとかかなぁ
でもそれだとちょっと陳腐な感じだし違う気がする
陳腐と言えばおとうさまが兄弟の父親ぽい雰囲気を醸してるけど、その展開は正直陳腐で鋼の練金術師らしくないから違うと思ってるんだけどこの感覚分かってもらえるだろうか
0065マロン名無しさん垢版2017/01/12(木) 21:49:41.61ID:???
お父様なあ
なんというかホーエンハイム=お父様と言う感じがあからさますぎて
ミスリードを狙ってるような可能性もあると警戒するのはわかる気がするw
父親=ラスボスというのも王道って言えば王道なんだけどさ
やっぱりエルリック兄弟とおとんは分かり合って欲しい
0066マロン名無しさん垢版2017/01/12(木) 22:31:26.86ID:???
ミスリードを警戒できるような知性はないので(泣)世界観にそぐわないという完全メタ読みなんだよ
感覚的なので言語化し難く説明できないから思い込みと言われたら返す言葉がない反面ほぼ確信してる
そんな週刊誌みたいな展開は似合わない、がおとうさま初見の感想
0067粗筋の錬金術師垢版2017/01/13(金) 17:13:00.52ID:qlWzWaI4
冒頭、スカーが潜むスラムに戻ってくると、なにやら怪訝な表情を浮かべるスカー
なんだこいつらは、とちまーんとした小娘、メイを指差しヨキさんに問いただすスカー
メイの言によれば、スカーの主であるヨキさんに命を救われたとふかぶかと頭下げ(パンダも
主と言われてスカーはヨキさんを睨み ヨキさん目そらし
さっさと立ち去れ、といいかけるスカーだが…パンダに見上げられスカーもずっきゅん
と、メイがスカーの右腕に刻まれた入れ墨 それが錬丹術の構築式であることに気がつく

「竜脈…地の力の流れを知り それを使う術
 入れ墨はわが国の錬丹術の流れをくむものですネ」
「……おまえはシン国の者か
 己れの兄はシンから来た旅人にもらった書物から錬金術に興味を持ったと言っていた
 入れ墨は兄の研究の成果だ」
「お兄様は今何ヲ」

「死んだ 国家錬金術師に殺された」

  <第45話 傷の男再び>

〔 腐 っ て た ら ど う し よ う 〕
アルの方は、なんだか真理の方にある自分の身体の事が心配なようだ
睡眠も栄養も取ってない状態の自分の身体が、バリーのように崩壊していたとしたら…!
その想像にあるも声を上げ、ウィンリィもうろたえる中 エドは自身の仮説を二人に話す

「母さんを錬成しようとした時 魂の情報としてオレとアルの血を混ぜたよな?
 そして二人一緒にあっちに持って行かれて一度分解された…
 その過程でオレの精神とアルの精神が混戦してしまった可能性は無いだろうか?」
〔何が言いたいのさ?〕
「こっちのオレとあっちのアルがリンクしている可能性は無いかって事だ
 ほら オレって年の割に身長ちいさ…… ちい…ち…   …………チイサイシ…」
(みとめた……!!)(トラウマと向きあった…!!)
0068粗筋の錬金術師垢版2017/01/13(金) 17:13:30.19ID:???
つまりアルの肉体の成長分をエドが背負っているというだろうか 
その節にウィンリィもとっぴょーしもないと呆れるが

(そういえば 気付けば兄さんってしょっちゅう寝てる…
 ボクの肉体の分まで睡眠とってくれてる…? まさか…でも…)
〔へへ…そうだといいな 同じ血を分けた兄弟だもんね〕
「おうよ!二人で一人前!」
そういって兄弟は互いの拳を合わせる 希望も見えてきたとエドが両手を挙げるが
結局なんだかんだ小うるさいアルに、エドもその顎小突き
いつまでもガキじゃねーとぶーたれるエド そんな姿にウィンリィもちょっと目を丸くした様子を見せ
とりあえずは明日ガーフィールさんの所に戻る、とウィンリィは兄弟と別れ…
部屋の外でウィンリィは、エドの大きくなったように感じた背中を浮かべる

(そうだよね いつまでも子供じゃないんだ…)

その後兄弟は、どうやって扉を開けるか、という問題に頭を悩ませていた
通行料があれば扉を開ける事ができる 問題は何を犠牲に…
〔『手足のもう一本くらい』って考えてるだろ 「!」
 そんなの嫌だよ!! 一緒に元の身体に戻るって約束したろ!?〕
「わ…わかってるよ! そうだよな 約束だもんな」
自身のその考えを見透かされ、エドも苦笑気味にそういうのだった
……やはり賢者の石か、アルがそう提案するがあれも人の命を使った代物、という意味では同じ事だし…

…不意に、エドはウロボロスの者達が言った人柱という言葉を思い出す
貴重な人柱だから、ウロボロスの者達はエルリック兄弟に死なれては困るという事だが…
ラストの言葉から、扉を開けた者が人柱確定と言う事らしいが…ひとまず情報を整理してみる兄弟
0069粗筋の錬金術師垢版2017/01/13(金) 17:14:12.21ID:???
「あっちに行って帰って来れるだけの力量を持った術師を奴らは『人柱』と言っている?
 ……奴ら 人柱(オレたち)に扉を開けさせてなにかするつもりか?
 そもそも人造人間<ホムンクルス>を造ったのは誰だ?
 奴らに指示を出してるのは誰だ?
 軍の研究機関か? だとしたらそんな大仕事を大総統が知らないはずは無い
 じゃあなぜ大総統は人造人間グリード一味を掃討した?」

……グリードの謀反、に何か鍵があるのか思案をめぐらせるが…
今になってグリードとの取り引きを断ったのが失敗したと頭を抱えるエドだがあれは結果オーライとアルがフォロー
あの時グリードとの取り引きに応じていたら、大総統は本気で兄弟を裁いていたかもしれない

〔めちゃくちゃ強かったよ大総統……… 人間じゃないみたいに………〕
「人造人間<ホムンクルス>だったりして」

その言葉は確信を得ていたのだが、確証がない以上は笑い話にしかならないわけで 兄弟ため息
とりあえず人造人間<ホムンクルス>に話を聞くか、とするエド
たまには特権を使わないと、とエドは銀時計を持ち上げて……

その後第三研究所を訪れ、エドはいったん入り口のアルの元へ戻る
だが地下への入り口は無かった…と言うよりも塞がれていたと言うエド
その現場に僅かに壁を錬成した跡を目撃したエド とはいえこれで手掛かりも途切れてしまったが…
するとそこにブロッシュ軍曹が慌てた様子でエルリック兄弟に駆け寄ってきた
スカーが生きていた、との報告にエドも驚愕し…軍曹から手渡された資料に眼を見開くエド
スカーの新たな情報として右腕全体に入れ墨を施した男、との情報にエドの顔にいやな汗が滲む…

……兄弟は一度ホテルに戻り、アルにスカーがウィンリィの両親の仇である可能性があると話す
ウィンリィには黙っているつもりのようだ もう泣き顔は見たくない、との思いは兄弟とも同じで…
なんにしても、スカーとはもう一度対峙する必要がある ウィンリィの両親の事を聞くのか、アルが言うと
0070粗筋の錬金術師垢版2017/01/13(金) 17:14:32.21ID:???
「それもあるけどもうひとつ――― 人造人間<ホムンクルス>をおびき出す
 奴らはオレの事を『貴重な人柱』『生かされている』と言っていた
 つまりオレに死なれちゃ困るって事だ オレが傷の男<スカー>に襲われて危機に陥ったら…」
〔奴らは出て来る…………? 確率は低いよ?〕

何もやらないよりはマシだとエドは言うものの… そもそも兄弟そろってスカーには一瞬でのされている
さらに仮にホムンクルスが来たとしてどうやって捕まえる気なのか… 
痛いところを突かれてエドもちょっと声が小さくなるが するとそこに窓からリン達が来襲
どうやらその作戦にリン達も乗ってくれるようだ 何企んでるのかいぶかしむエドだが

「やだなー友達だロ?協力すんのは当り前v
 ―――てのは建前デ こっちも人造人間<ホムンクルス>の情報が欲しイ
 俺達はある程度まで近くにいれば奴らの気配を察知できル
 君達が奴らをおびき出ス 俺達は奴らの気配を追って先回りしてふん捕まえル
 俺達は一度奴らと戦った事があるから捕まえるにしてもいくらかやり易いだろウ
 どうだイ 一匹捕まえさせてみないカ?」

エドもその作戦に乗る事を決める ホムンクルスを持ち逃げしないように釘を刺しておくが
リンは一飯の恩もあるから約束は守るとする と、そこにアルがリン達が頼んだルームサービスの伝票を見せ

部屋から思いっきり追い出されるリンでした アイヤー
そんなうるさいエド達にウィンリィが文句をいいに来た
そういえば明日はウィンリィがラッシュバレーに帰る日…と言いかけて
エドは自身の腕がスカーに破壊されてしまった時のことを思い出した

「待て ラッシュバレー行きはキャンセルしてもう少し中央にいろ
 まあその なんだ ほら 腕壊れるかもっつーか うん たぶん壊すっつーか なあ?」
「壊す予定あるんかい!!」

しこたまスパナでどたまぶん殴られました ああっ、エドの魂が…! ;w;> 兄さーん!
0071粗筋の錬金術師垢版2017/01/13(金) 17:14:57.81ID:???
その後エドは中央の市街にて、市民たちの大小様々なトラブルを色々解決して回っていた
そんなエドの噂はたちまち中央市街に知れ渡っていた 
中央市街でもちきりな自分のうわさにエドがくしゃみ一つ とそこに大佐がエドの前に顔を出す
……車の中の大佐に、ロス少尉とのいきさつに関して小声で話すエド
話はハボック少尉の件に移ろうとして…
「待て 乗りたまえ 情報交換といこう     ……やっぱり降りたまえ」
アルがでかくてぎゅうぎゅう詰めにされる大佐でした

「マルコーさんと賢者の石が行方不明!? なんで…… ……くそっ!!
 まるこーさんはかつて軍の研究所で石を作っていた それはイシュヴァールで利用されたと言っていた
 賢者の石 人造人間<ホムンクルス> 軍の暗部 イシュヴァール… どういうつながりだ?
 イシュヴァールで何があった!?」

…その問いに大佐は答えず、スカーの件に話題を移す  
スカーとはもう一度戦う必要があるというエドだが …するとホークアイ中尉が銃を抜き
その眼前にスカーが姿を見せる…!

「……………来てしまったではないか鋼の……」
「どーした?雨も降ってねーのにびっしょりだぜ? ――っと 待った中尉!!撃っちゃダメだ!!
 大佐をマネて釣りしてみようかと思ってんだよ!!」
スカーがその指を鳴らし、地面から走る破壊エネルギーが一行に襲い掛かる!
〔すみませんね大佐 兄さんをエサに人造人間<ホムンクルス>を引っ張り出します
 兄さんは人造人間<ホムンクルス>にとって死なせてはならない人材だから〕
「何をバカな…
〔犠牲者を出さずに!!進むって決めたんだ!! ボクか兄さんがエサになるしか無いでしょう!!〕
「……ずいぶん確率の低い賭けだな
 人造人間<ホムンクルス>が出て来る前に傷の男<スカー>が憲兵に撃ち殺されたらどうする?」
〔そこはほら 大佐達が上手くやってくれるでしょう?〕
「この私をアゴで使うか いい度胸だ!!」
0072粗筋の錬金術師垢版2017/01/13(金) 17:15:21.23ID:???
エルリック兄弟は互いに両手を合わせ、スカーに向け攻撃をしかける!!
リン達もすでにスタンバイ完了 ホムンクルスの襲来を待ち構える
兄弟はスカーが憲兵達に撃ち殺されないよう、付かず離れずの位置を維持しながらその猛攻をどうにか凌ぐ
しかし、さすがにそう長くはもちこたえられそうもない 
スカーの手がエドの顔をかすめ、早くリンにホムンクルスを見つけてくれるよう願うが…

その頃大佐達は、近所にあったフュリー曹長の別宅にて無線機をいじくる
憲兵司令部にチャンネルを合わせ、偽情報を送り込む大佐
「こちら中央3区憲兵隊 現在傷の男<スカー>と交戦中! 至急応援頼む 繰り返す 至急応援頼む!
 うあっ!!貴様何をする!! ぐわっやられた (ブツン
 よし!次は17区だ!! ははははは 楽しくなってきたぞ!!」
そんな様子の大佐に、ホークアイ中尉もちょっと呆れ顔でした

大佐の出した偽情報の影響で司令部は大混乱
そんななか大総統…『ラース』は車を降りてグラトニーを呼ぶ
すると、裏路地の物陰からグラトニーがその姿を現す
その気配を察知し、リンとランファンは即座に動く!

エドとスカーの対決に場面は戻る スカーの地面を破壊する技に足場を崩され
落石がエドの頭を打ち、僅かに立ちくらみを起こしてしまい…
その隙を付き、スカーが一気に踏み込んでくる!!

(どっちだ!? 人体破壊か機械鎧破壊か…)
「南無三!!」 とっさにエドはオートメイルの右腕でスカーの分解術を受け止めてみせる!
どうにかスカーの破壊術の性質を見切り、そのエネルギーの相殺に成功したようだ
……その衝撃でスカーの衣服が破け…そこから現れた、入れ墨を刻んだ右腕が露わになる
まさか本当に、スカーがウィンリィの両親の仇なのか…
0073粗筋の錬金術師垢版2017/01/13(金) 17:15:54.85ID:???
リン達の方は、ちょうどグラトニーを捉え顔面に蹴りをぶち込んでいた
二人掛かりでグラトニーを取り囲むが、そこにラースもグラトニーに追いつき…

「ほぉ…あれの気配がわかるのかね
 そうか エンヴィーが追いつめられたのはそののうりょくのおかげか

 邪魔な能力だ 排除する」

そう言ってラースは二本のサーベルを抜き…
ランファンは人間には用はない、と言おうとするが
次の瞬間、ラースは電柱を一瞬で駆け上り、その上に立つランファンに迫り!
ラースの剣が、ランファンを切り刻む!!

<続く>
0074マロン名無しさん垢版2017/01/13(金) 20:19:06.69ID:???
スカーのかわいいもの好き本編に採用すんなやw
エレガント声でパンダにときめくスカーとか半分ギャグキャラだぞw
0075マロン名無しさん垢版2017/01/14(土) 17:41:00.66ID:???
どこまで参考にして良いか分からんが
アニメから考えると親父は非人間的生命で原因では有っても黒幕ではないって線だと思う
それよりスカーの兄が意外と重要人物ぽくて何かありそう
東西の錬金術で何の理由もなく東を選んだとは思えないし
0076マロン名無しさん垢版2017/01/14(土) 18:20:37.43ID:???
スカーの兄かあ
イシュヴァール編やってくれればスポット当たるかな
アニメ版のイシュヴァールではなんかグラン准将とキンブリーが高笑い上げてた印象しかないけどw

本編に関しては、ランファンが大総統を「人間」だと誤認したのは何かあるのかな
老化の代償で賢者の石の残機ストックが劣化しているとか…?
0077マロン名無しさん垢版2017/01/14(土) 18:34:16.03ID:???
仮にホムンクルスの目的が人間になりたいとかなら
最新型の大総統が年を取るとか人間に近くても当然だろうけど、んなわけねえよなあ
0078マロン名無しさん垢版2017/01/15(日) 01:11:25.32ID:???
ラストの台詞からしてその線はないような
登場時から人間を見下してるし大佐との会話もホムンクルスは進化したより高度な人間という認識だったし
物語のほぼ冒頭に完全な人間の話題が出てるからそちらの人間なら有り得るかも
ただこの完全な人間はおそらく老化するタイプの人間じゃないとも思う
0080マロン名無しさん垢版2017/01/15(日) 14:52:21.65ID:???
イシュ編があるならほぼ確実に戦争についてだろうね
戦争に触れられるのは不安だなあ
少年漫画でどこからどこまで描くかという取捨選択の判断が他よりも厳しいんじゃないかと思うんだよ
もし失敗したら作品として大きな痛手になるし
漫画の上手い人なので杞憂かもしれないけど
0081粗筋の錬金術師垢版2017/01/15(日) 17:09:15.40ID:oXSTd9tL
鋼の錬金術師パーフェクトガイドブック2 掲載

(イズミ・ハーネット 18歳 訳あって北のブリッグス山にいます
 訳あって…つーのは置いといて とりあえず叫びたい

 やばい… 死にそう………!!!)

若かりし頃のイズミ師匠 その身は北の雪山の猛吹雪にさらされていた

             師  匠  物  語 
              ししょうものがたり

場面は少しさかのぼり… イズミはとある高名な錬金術師、シルバ・スタイナーの下を尋ねる
どうやら彼を訪ねて弟子入りを希望しているようだが、どうもその御方、高齢すぎてちょっとボケ気味
とはいえ弟子の件は了承してくれた   が
「一ヶ月」とイズミにナイフを投げ渡すシルバ
ナイフ一本でブリッグス山を一ヶ月生き延びれば弟子にしてやる、と鋭い眼光を向ける
その条件にイズミも困惑するが…何か深い理由があるに違いない、と考え……





「あぶない!! 天国が見えた!!」
がばっと雪山で横になってたイズミが慌てて目を覚ます
とりあえずやる事は大量にあるが…これのどこが錬金術の修行なのかとうなだれるイズミ
…そこにブリッグス要塞所属の山岳警備兵がイズミの背後から銃口を向ける…!!

「ここで何をしている」 「いや その 修行をですね…」
「こんな季節に山に修行に入るバカがいるか」
「…そのバカなんですが;」
0082粗筋の錬金術師垢版2017/01/15(日) 17:09:41.29ID:???
山岳警備隊に連行されそうになって、ここで修行しないといけないイズミは兵士を説得しようとするが
ブリッグスでは弱き市民などという肩書きは通用しない、とゴーグルから鋭い視線を覗かせる

「ブリッグスの掟は『弱肉強食』!!油断すればこちらが喰われる!!」
「あんた 今いい事言った!!」

そういうとイズミは、兵士に金的ぶちこむ!!
兵士から食料を奪い、どうにか今日を行きぬく事が出来たのでした
(私はここで一ヶ月生きのびなきゃいけないの…!なんとしてでも!) きりりっ

…滞在7日目 などと言ったもののやっぱり無理そうでした

(ふふ…もう動けない… 大自然の中では塵芥に近いこの私… このまま狼のエサにでもなっちゃうのね
 ああ なんてちっぽけな存在 こんな所で死ぬくらいなら修行あきらめてさっさと下山しときゃよかった
 もう山を降りるだけの体力も無いわ… 18年か…短い人生だった…)

沈む夕陽の傍ら、イズミはもはや諦め……
「………って死ねるか――――――ッッ!!!」 あ、持ち直した
やけっぱちで焚き火に薪をガンガンぶち込むイズミ すると近くで狼の吼える声が聞こえてくる
どうやら狼が鹿を襲っているようで…狼の群れが鹿を仕留めたところで
イズミがナイフをもって飛びかかってくる!! 狼たちも唖然

「ああムカつくわ! 私が死んでも何事も無かったかの様に日は沈んでまた昇るのよね!!(鹿肉がつがつ
 まったく世の中の流れは強くて早くて残酷だわ!!」

滞在16日目 イズミは兎を追いかけたり山岳警備隊をぶちのめしてたり
さらに襲い掛かるボス狼に蹴りをぶち込み、鹿も素手で締め上げる
0083粗筋の錬金術師垢版2017/01/15(日) 17:10:07.73ID:???
「この世は大きな力に従って流れてるのよね!!
 しかしその流れの元になっているのは!! 我々のような小さな存在の集まりであり
 我々無くして大きな流れは存在しない!!」

滞在24日目 だいぶ山暮らしも安定してきたようで
猛吹雪を焚き火と鹿の毛皮、衣服のシーツで身を包み夜も寝て越せるようになった
そして、イズミは巨大な熊と対峙し…!

「大きな力の流れを知り その力を利用する小さな存在!!
 それが錬金術師!! そう!!すなわち基本は……」

襲い掛かる熊の鋭い一撃をいなし、そのままイズミは熊の巨体を投げ飛ばしてみせる!!

               「一は全 全は一なり!!!」

なんやかんやで一=全に辿り着くイズミ 夕陽を背に流派東方不敗ちっくなポーズで決めっ

「おお 師よ… これを学ばせるために私をこの過酷な地へ放り込んだのですね…」

ブリッグス山の麓の町では、山岳警備隊がやられたとの噂話があった
隣国ドラクマの密偵だとか女スパイだとかいろんな話が飛び交い、ブリッグス兵の名も地に落ちると嘆く兵士達
…そこにイズミが熊を肩に抱えて酒場に乗り込んでくる! その姿に兵士達も唖然
そしてシルバ爺さんに一ヶ月生きのびた、と錬金術のすべを求めるイズミ …なのだが……
「あ――れんきんじゅつ わしの弟の事じゃな――」
実は爺さん、シルバの兄で格闘家のゴルド・スタイナーだということで 
弟はとっくに死んでると聞きイズミもがっくりうなだれ orz
0084粗筋の錬金術師垢版2017/01/15(日) 17:10:36.60ID:???
しかしブリッグス山を一ヶ月生きのびた事で、ゴルドの魂に火がついた!
我が弟子となれ!!と高らかに叫び、その身に闘気を迸らせる…! 

が ブチギレイズミに思いっきりぶっ飛ばされるのであった

[大陸暦 一八九七年 ブリッグス国境警備兵の記録]

 この年の始め ドラクマとの国境付近山中で兵が謎の女に襲われる事件が多発した
 同一人物によるものと思われる襲撃・略奪は一ヶ月程続いた後 ピタリと止んだ

 その後 北のブリッグス山で謎の女を見た者はいない―――――



 END
0086マロン名無しさん垢版2017/01/16(月) 19:29:57.72ID:???
熊を投げ飛ばすその格闘技術をどこで見につけたんですか師匠
と言うかこの人ほんとになんで錬金術師やってんだろw
0089マロン名無しさん垢版2017/01/17(火) 15:22:03.06ID:???
かのハーメルンのバイオリン弾きでも
魔法使いになるためにはヒンズースクワットと人食いサメ退治が必要だと言ってるからなにも問題はない
0090粗筋の錬金術師垢版2017/01/17(火) 17:02:15.75ID:???
鋼の錬金術師 11巻 2005年8月22日 初版発行
掲載・月刊少年ガンガン 平成17年1月号〜4月号

作者近影・コメント

牛まめちしきー
リアル牛には上あごの前歯がないんじゃよ―――

〆切明けに指圧に行った時の事。
眠気でうとうとしながら
「次回の話どうしよーかなー」などと
考えていたため、先生に
「右肩こってますね」と言われて
思わず「機械鎧<オートメイル>ですから」と
答えてしまうところでした。
マンガと現実がごっちゃに……!!

あらすじ
エドワードとアルフォンスの兄弟は、
幼き日に喪った母を錬金術により蘇らせようと試みる。
しかし、錬成は失敗しエドワードは
左足と弟のアルフォンスを失ってしまう。
なんとか自分の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成し、
鎧に定着させることに成功するが
その代償はあまりにも高すぎた。
そして兄弟はすべてを取り戻すことを誓うのだった…。
0091粗筋の錬金術師垢版2017/01/17(火) 17:02:43.29ID:???
      CONTENTS

 第42話 墓前の父
 第43話 泥の川
 第44話 名前の無い墓
 第45話 傷の男再び

P92  グラトニーのラフ 舌を出した不気味な笑み
P183 ホーエンハイムのラフ

カバー裏おまけ



真理空間にて

           真理ーおやつ持ってきたわよー(真理の扉ギィー
             
                 ちょっ……待っ……
              ノックぐらいしろよ母ちゃん!!

エロ本読んでて慌てる【  】 ってかおかんいたの!?



アルのフンドシが地下鉄の通風孔から風がぶわっv おーもーれつー

本日の背表紙
空中をぎゅーんとすっ飛ぶコマンチ爺さん
0092粗筋の錬金術師垢版2017/01/17(火) 17:03:27.21ID:SCVs8cdF
おまけ4コマ

[帰ってきたあんちくしょう (おみやげ付)]

「あ!!ヴァン・ホーエンハイム!
 きっさまァァァァァァァ!!!どのツラ下げてもどって来やがった―――――ッ!!」

母親の墓前に立つ父ホーエンハイムの姿を目撃するエド
怒りのエドが父に向け殴りかかろうとするが

「はいおみやげ」(えっちな本見せ

・・・・・・!!! その時エドに衝撃走る・・・・っ!!

           ぎゅ――――→ん
父尊敬メーター ■■■■■■■■■□ \MAX/


マスタング大佐、29才の独白

29才29才って言われてるけど
実はもう作中では30才になってるんだよね ぶっちゃけ(お酒のグラスからん

牛さん興味なさげ(じゅーすぢゅー
0093粗筋の錬金術師垢版2017/01/17(火) 17:04:08.20ID:???
次巻予告

 真実を求め…
 猛る者たち―――!!

返り血のような物をあびたランファンは、虚ろな表情でどこか儚げな笑みを浮かべ…
「捕ったぞ 人造人間<ホムンクルス>!!」
頬から血を流しながら、リンはそう宣言してみせる

「やあ 鋼の錬金術師君」
コーヒーカップを片手にそう語りかける大総統

大総統は、何者かに「見事なり!!」と感嘆の声をあげる

 エルリック兄弟×軍部×大国シン!共同戦線開始!
 しかし圧倒的な戦闘力をほこる人造人間たち!
 極限の戦いの中で、エドたちが
 人造人間の秘密を手にするために、失った代償は…!?

「イシュヴァール人みつけたあ!!」


鋼の錬金術師 第12巻
2005年11月発売予定!!乞うご期待!!
0095マロン名無しさん垢版2017/01/17(火) 21:39:20.36ID:???
そんなアイテムでメーターマックスまで稼げるのかw案外チョロいなエドw
大佐は三十路おめっとさん
0096粗筋の錬金術師垢版2017/01/19(木) 17:02:52.21ID:Bma6pczP
田舎道をのんびり走る一台の馬車
だが、どうやら馬がなにやら落ち着きがない様子 まるで何かにおびえてるようだが…?
…その馬車にはホーエンハイムの姿もある 貰った写真を見てどこか笑みを浮かべていた
そんな様子のホーエンハイムに、同乗者の奥さんが声をかける

「ご家族の写真ですか? 嬉しそうに見ていらしたから」
「ええ…久しぶりに家に戻りましてね 上の息子に会いました
 すっかりでかくなって強い目をしていて もう父親は必要なさそうでしたよ」
「ケンカ別れでもして来たんですか?」
「ははは そんなもんです もう家に帰る理由も無くなった
 なぁに またそのうち会えるでしょう 同じ錬金術師ですから」

…だがそこに野盗たちが襲撃をかける!
とっさに馬車の乗り手が信号弾を放つが、野盗の銃撃に腕を撃たれてしまう
野盗たちが馬車を止め、銃口を突きつけて乗り込んでくる
ホーエンハイムが乗客たちに覆いかぶさるような体制になって野盗たちを説得しようとするが
夜盗は問答無用でホーエンハイムに銃撃を浴びせる!
……だが、ホーエンハイムは平然と立ち上がりぬうっと野盗達の前に立つ
困惑しながらも、ならば頭をぶっとばそうとライフルを放つが…

・・・
信号弾に駆けつけてきた救助の部隊が馬車に気がつく
野盗たちは何もとらずに逃げてしまったと言う まるで化け物にあったような悲鳴を上げて…

「ひどいな…こんなに撃ちやがって ああよかった 写真は無事だった」
衣服に幾多もの銃撃の跡を刻まれながらも、平然とするホーエンハイム…
声をかけたご婦人も、その身体におびえた反応を見せ
「何者なの…!?」という言葉に、ホーエンハイムはどこか儚げな表情を浮かべて答える

「化物だよ」
0097粗筋の錬金術師垢版2017/01/19(木) 17:03:11.49ID:???
  <第46話 遠くの背中>

場面はリン達とホムンクルスの対決に戻る
ランファンはどうにかクナイでわずかに斬撃を反らすことで致命傷をまぬがれたようだ
だがその傷は深い さらにグラトニーが追撃を仕掛けようとするが
飛び上がった瞬間、リンがその顔面を切り裂く!
倒れるランファンに逃げるようにいうリンだが、その前にラースが立ちはだかる

「この私の眼から逃げられると思っているのかね?」
「たしかにやばそうダ… …けどやってみないとわからないヨ」

ランファンを抱きかかえながら剣を構え…激しい斬撃を掻い潜り、ラースの攻撃をどうにか受け凌ぐ
「ほう…闘い慣れているな
 常に私の死角…左目側に回り込むか… ならば!
 グラトニー!」
次の瞬間、再生したグラトニーの巨体がリンの退路を阻み
グラトニーのハンマースイングがリンを吹き飛ばす!!
屋内の廃墟に吹き飛ばされ、二人もそこに乗り込んでくる

「さて 人目のつかぬ所に来てもらったので色々と訊こうか
 君達は何者だ 目的は何かね 何故グラトニーの中がわかる」

リンはその問いに答えず、逃げ道の算段 しかしその試みはラースに見透かされる

「愚かな そして解せんな
 その荷物になっている者を捨てれば君一人だけでも逃げ切れるだろうに何故そうしない?」
「……荷物だト?
 ならば訊くが 貴方は弱き者や仲間が傷つき倒れているのを見捨てる事ができ…
「 で き る  そうして生きてきた そこになんの躊躇も無い」
0098粗筋の錬金術師垢版2017/01/19(木) 17:03:28.25ID:???
リンはラースのその言葉に言葉を失い…
「貴方は…この国で一番偉い人だナ たしかキング・ブラッドレイ大総統
 王は民のために在る者 民無くして王は在りえなイ
 キング・ブラッドレイ! 貴方は真の王にはなれなイ!」
リンはラースに向けそう言い放ち…それと同時にランファンが閃光弾を放つ!
視界を奪われた隙に逃げ出そうとするリンだが、それをラースの投げるサーベルが阻む!?

「どうした こちらの目はまだ生きているぞ」
……眼帯に隠された、ウロボロスを刻んだ左目が露わになる…!
(ちなみにグラトニーはその隣で閃光に悶え
「ふ…この眼帯に感謝するのは生涯で初めてだな 上手く閃光を防いでくれたわ
 『真の王』…と言ったな小僧 なんと青臭い唾棄すべき理想論か

 真の王など この世のどこにも在らぬ!!」

…同じ頃、ウィンリィとグレイシアさん、娘のトリシャがヒューズ准将の墓参りに顔を出していた
ウィンリィは、「どうしてみんな私の知らないところで居なくなっちゃうんだろう」と呟き…
「私の父も母も 『すぐ帰ってくるからいい子にして留守番してるんだよ』
 …ってイシュヴァールに行ってしまって二度と帰ってこなかったんです
 最後に見たのが戦場に行く両親の大きな背中
 その背中がだんだん小さくなっていって 寂しくて泣いちゃって
 でも仕事に誇りを持って出て行くその後ろ姿を頼もしく思ったのを覚えています
 私 ヒューズさんに自分の父親の背中を重ねていたのかもしれません
 私が失って もう二度と手に入らないもの 父と母と………その真ん中で笑ってる自分……
 ヒューズさんとグレイシアさんとエリシアちゃんに自分のそれを重ねてて
 そこに家族みたいに迎え入れてくれたから うれしかったです とても」

そんなウィンリィに、たまにはヒューズさんの所に会いに来て欲しい、とグレイシアさんは言う
「あの人 けっこう寂しがりやだから」 どこか儚げな笑みをウィンリィに見せて…
0099粗筋の錬金術師垢版2017/01/19(木) 17:03:49.10ID:???
町に戻ると、なんか街の人たちからエルリック兄弟が暴れまわっているという声が聞こえてくる
その言葉にウィンリィも仰天し、ちょっとお怒りで兄弟を探しに向かおうとするが
国家錬金術師殺害犯人もそれに関わっていると聞くと…

……あの日、最後に見た両親の背中と、エルリック兄弟の背中が重なる……

スカーの猛攻に晒され、エルリック兄弟も次第に押されはじめる
さらに行き止まりに追いつめられてしまう、エドは咄嗟に配管を昇って逃げようとするも
配管はスカーに破壊され、まっさかさまに落ちるエド その真下でスカーが待ち構え…!
それをアルが咄嗟に地面を延ばした手のようにして受け止める事で何とか凌ぐ
追撃の分解術を飛んで避けるエドだが、近くの住人が家屋の崩壊に巻き込まれかける
それを咄嗟にシーツをネット状にする事で、住人を家屋の崩壊からどうにか救うことができた
後で直す、とだけ言っといてエドはスカーとの戦いに戻るが…

(まだ人造人間<ホムンクルス>は出て来ないのか… リンからの信号弾は上がっていない
 兄さんもしんどそうだな 時間をかせぐか…)
〔傷の男<スカー>!! 自分も錬金術を使ってるくせに なぜ錬金術師を神に逆らう者として毛嫌いする〕
「イーストシティでも言ったはずだ 貴様ら作る者がいれば壊す者もいると」
…スカーの答えに、アルの脳裏にはキメラ化したニーナの姿が浮かぶ…
〔……壊す事しかしないその好意が何を生み出すって言うんだ…
 神の名を出して殺しを正当化したいだけじゃないのか!?
 ショウ・タッカーも…… その娘のニーナも神の代行者をかたって殺したのか!?〕

「タッカー…… そうか……貴様らもあの合成獣<キメラ>にされた娘を見たのだな
 『何を生み出す』……か 先日倒した錬金術師も言っていたな
 『我ら作り出すものに敵うわけが無い』と……
 生み出す技術だと!?その自惚れがあの合成獣<キメラ>の娘を生み出したのではないのか!?」
0100粗筋の錬金術師垢版2017/01/19(木) 17:04:10.76ID:???
その言葉に……エドの脳裏には夢で見たタッカーの言葉が思い返される…

―おまえのその手が 弟を救いの無い身体にしたんだ―

…エドは激昂しながらもスカーに向けなぜニーナを殺す必要があったと叫ぶが
スカーは仮にニーナが生きていても実験動物とと同じ扱いを受け、二度と人間として扱われる事はない、と返す
その言葉に、エルリック兄弟は反論できなかった

(…そうだ あの時ボク達はニーナが実験室送りになるかもと心のどこかで薄々感じていたはずだ
 どうにもできない問題を先送りにしただけじゃないか 何もしなかった… 何も……!!)

そこに群衆をかき分けて、ウィンリィもその戦いの場に向かおうとし…

「―――たしかに… オレ達錬金術師は間違いを犯してきた
 だからと言ってあんたのやってる事を認めるわけにはいかねえ!
 傷の男<スカー> ひとつ訊きたい事がある
 神の代理人って奴は人の為に尽くした医者の命も兵器で奪うのか?」
ウィンリィがその戦いの場に辿り着いた、その時
「アメストリス人のロックベルという医者夫婦に覚えは無いか」
スカーに、そう問いかけるエド ウィンリィの姿に気づいたアルがそれを止めようとするがすでに遅く
「内乱のイシュヴァールに赴いて殲滅戦の命令が出た後もイシュヴァール人を助け続けた…
 傷の男<スカー>!! てめえを助けててめえが殺した医者の夫婦に覚えは無いか!!」

そう叫ぶエドだが……その場に居たウィンリィの姿に気づいてしまい…
エドの話に、ウィンリィは顔面蒼白で膝をつく……
0101粗筋の錬金術師垢版2017/01/19(木) 17:04:33.86ID:???
「どうして…父さんと母さんが何したって言うのよ…
 殺されなきゃならないような事はしてないでしょう!?

 返してよ!! 父さんと母さんを帰してよ!!」

頭を抱えて泣き叫ぶウィンリィ その叫びにスカーは何も答えず…
地に膝をつきながら、ウィンリィはその場に落ちた拳銃に手を伸ばす……

「待て ウィンリィ やめろ…"それ"はだめだ ウィンリィ!!やめてくれウィンリィ!!」

エドの静止も聞かず、ウィンリィは 憎しみと銃口をスカーに向ける…!

―恨みたい気持ちはわかる だが復讐は新たな復讐の目を育てる―

向けられる憎しみに、スカーの脳裏に師父の言葉が浮かぶ…

―堪えねばならんのだよ―

<続く>
0102マロン名無しさん垢版2017/01/19(木) 20:18:28.16ID:???
> 真の王など この世のどこにも在らぬ!!

あー言っちゃったよ…これ確実に大総統ホムンクルス切り捨てるわ
こういうこと言い出すって事はお父様も王だと見なしてないって事だろうし
0103マロン名無しさん垢版2017/01/20(金) 09:21:52.74ID:???
自分がキングと呼ばれることに対する憤怒?
なんかようやく名前らしい言動だな
0104マロン名無しさん垢版2017/01/20(金) 15:07:08.08ID:???
ホーエン年をとらないだけじゃなく銃弾も平気なのか
化け物かあ確かになあ
ホムンクルス達となんらかの関係はありそうなんだけど(ホーエンはお父様じゃない派)どういう関係なのかは想像もつかない
0105マロン名無しさん垢版2017/01/21(土) 06:34:28.36ID:???
>>104
お父様が自分をベースに造ったホムンクルス(所謂クローン的な)とかかねえ。
本来は肉体の衰えを感じたお父様が自分の魂を移植するための空っぽの器として造ったけど
自我が生まれて創造主に反乱を起こしたとか?
だったらもっと若く作れよとは思うが。
0106マロン名無しさん垢版2017/01/21(土) 10:41:42.63ID:???
あれでも少しづつ2、30年に一歳くらい老化してるとか
反乱したのがすっごい昔で老化してあの見た目とかかも
0107マロン名無しさん垢版2017/01/21(土) 13:02:14.83ID:???
>>102
ホムンクルス切り捨てはたぶんないと思うかな
そういう路線の漫画じゃないと思う
>お父様も王だと見なしてない
王というか神のイメージ
天にまします我等が父よっていうあれ
0108マロン名無しさん垢版2017/01/21(土) 13:05:23.37ID:???
そういえば遺跡の図は神というか太陽信仰っぽくも見えるな
まさか絶対神イシュヴァラが黒幕・・・もっと無いなw
0109マロン名無しさん垢版2017/01/21(土) 14:48:55.59ID:???
さすがにそれだと自分を崇める国のイシュヴァールを自分で潰した邪神になるしw

ウィンリィはさすがに覚悟完了して欲しくないなー
現状戦えないメイン女性ってウィンリィしかいないし
0110マロン名無しさん垢版2017/01/21(土) 15:15:14.37ID:R7oXr5fA
ニコニコアニメスペシャル「鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST」1話〜17話一挙放送
2017/01/21(土) 開場:16:30 開演:17:00
lv287489914
0111マロン名無しさん垢版2017/01/21(土) 16:20:15.11ID:M5eJlPdr
https://goo.gl/hiAKfw
これ本当?ショックだね、、
0112粗筋の錬金術師垢版2017/01/21(土) 17:09:05.68ID:NelA9Nsj
  <第47話 戦場の少女>

中央市街のとある工事現場のおっちゃん 鼻歌交じりにバケツに水を汲もうとして
蛇口をひねると 突然後ろのビルが爆発!?
さすがにおっちゃんも困惑するが、するとそこにランファンを抱きかかえたリンが落ちてくる!!
ビルの高所からどうにか着地し、リンはその場を逃げ出すのだった

「閃光弾に発煙弾に手榴弾とは… やれやれ 無茶をする子供だ
 私も若い頃はあれ位の無茶を平気でしたものだったがな
 まったく…年は取りたくないものだ 目では追えても身体が言う事をきかん」

ビルの高所から、逃げるリンを見てそう呟くラース
グラトニーの方はまだ視力が戻らないようだが、臭いで追えることはできる様子
グラトニーに指示を出しつつ、ラースは眼帯を直し一人ごちる

「やれやれだ 傷の男<スカー>も片付けねばならんというのに」

……場面は、スカーに銃口を向けるウィンリィの場面に戻る
震えながら銃口を向けるウィンリィに、エルリック兄弟は銃を下ろすよう説得するが
スカーはウィンリィを横目で見やり… 
「あの医者の娘か… おまえには己れを撃つ権利がある
 ただし撃てばその瞬間に己れはおまえを敵とみなす!!」
そう宣言し、ウィンリィを鋭く睨む…!

「撃てないのなら戦場から出て行け 邪魔だ」

エドに向け地面を崩すスカー 石飛礫にも怯まず真っ直ぐ突っ込で壁を蹴り
掴みかかるスカーの腕を掴み空中で反転するが、スカーも落下するエドを待ち構え…!

「 撃 つ な ぁ あ あ あ あ あ あ !!!」

エドの顔面をつかもうとするスカーだが、ウィンリィをかばう姿のエドに、その動きが止まる…!?
0113粗筋の錬金術師垢版2017/01/21(土) 17:10:12.39ID:???
その一瞬、スカーの脳裏には、自分を守る兄の姿と
その二人に◎の錬成陣をかざす錬金術師の姿が浮かぶ
鋭く睨みあげるエドの眼に、兄の姿が重なり……

そこにアルがスカーの腕に蹴りをぶち込む!!
スカーは一度壁を破壊し、その場から逃げ出そうとし
ウィンリィは兄に任せ、アルがスカーの後を追いかけるのだった

エドは震えるウィンリィの手を握り締めるが…
「撃てなかった…敵なのに…
 だって…父さんと母さんを殺したんだよ… なんで……
 エドもアルも 殺され…っ どうして……!!」

「ウィンリィ おまえはさ ラッシュバレーで赤ん坊取り上げて母子を救っただろ
 オレに立ち上がるための手と足をくれただろ
 おまえの手は人を殺す手じゃない 人を生かす手だ」
そういって、エドはウィンリィの手からゆっくりと銃を放してあげる…
エドの言葉に、ウィンリィはエドの胸でなきじゃくる…

「…憲兵さん こいつを安全なところに頼む
 ウィンリィ アルがまだ闘ってるから… オレ行くよ
 ごめんな 戻って来たら全部話す」

そういってエドは、ウィンリィに自分のコートをかけて上げて
再びスカーとの戦いに向かう …ウィンリィはエドのコートを握り締め
「なんで…… なんで待つ事しかできないの……」 そう呟くのだった

大佐の方は無線を傍受し情報収集 そろそろ動いてもいい頃だろうとホークアイ中尉を援護に向かわせる
郊外に使える空き家のメモを渡し、何かあればここで落ち合うように命ずる
ロッカーからライフルとフュリー曹長のスペア眼鏡を借りる中尉 レンズベキョ
兄弟の援護に向かおうとし…現場に出てきたらダメと大佐に釘を刺すホークアイ中尉
そんな中尉の言葉に、マスタング大佐もどこか苦笑を浮かべていた
0114粗筋の錬金術師垢版2017/01/21(土) 17:10:49.75ID:???
リンの方はグラトニーに追いたてられるが
気がつけばだんだん人気の無いところへ誘い込まれてしまった 歯噛みするリン
ラースもじわじわとリンを追いつめようとするが… どうやらスカーも近くでやりあっているようだ

「……私はこっちを片付ける おまえは傷の男<スカー>の所へ行け」
「え〜?こっちの女の子のがいい〜〜 女の子の方が肉がやわらかくておいし〜〜〜」
「……さっさと傷の男<スカー>の所へ行け」

「若… 左腕が…もう使い物になりません もう闘えません
 私ごときにかまっていてここで若までも倒れてしまっては元も子も無いではありませんか
 民無くして王は在りえない しかし王が居なくては民は行き場を失います
 我ら一族の悲願のためにも若には生きて返ってもらわねばなりません」
抱きかかえられたランファンは、自分を捨ててリンだけでも逃げるように説得しようとする
リンはただ一言 捨てんぞと断ずるが… ランファンはクナイを自分に向け
「……何を考えている? おいランファン!!馬鹿な事を考えるな!!」
リンの静止も聞かず、ランファンは歯を食いしばり、そのクナイを自身に―――

ここで場面はスカーとそれを追うアルの戦いに移る
アルの中身の事に言及し、そんな不幸な身体になってもまだ錬金術を信じるのかと忌々しげに吐き捨てるが
アルは貯水タンクの水を、スカーの横からパイプを錬成させて水を溢れさせるがスカーもそれを横っ飛びで回避

〔たしかにこの身体だと不自由な事はたくさんある
 だけど不自由である事と不幸である事はイコールじゃない 哀れに思われるいわれは無いよ!
 兄さんが錬金術でこの世に繋ぎ止めてくれた命だ
 今のボクを否定する事は兄さんを…錬金術を否定する事になる
 ボクは錬金術の可能性を信じてる… 信じたい!〕

……スカーはそれ以上は何も言わず…貯水タンクから落ちる水を蒸発させ
それを目くらましにアルに強襲を仕掛ける! 
だがそこにエドの飛び蹴りが飛んでくる! だがスカーもそれを咄嗟に受け凌ぐ
改めてスカーと対峙する兄弟だが・・・そこにグラトニーが宙から降ってきてその戦いに乱入する!
襲い掛かるグラトニーに人体破壊をぶちこむスカーだが、その一撃を意に介さず体当たりをぶち込む
0115粗筋の錬金術師垢版2017/01/21(土) 17:11:23.49ID:???
「リンの奴『先回りして捕まえる』だなんてほざきやがって…
 くそっ…何やってんだあいつは!!」

ラースの方は地面に落ちる血痕を追うが、曲がり角で見た光景にラースはその眼を見開く
地に倒れるランファンの腕から溢れる血が滴り落ち…

場面はエルリック兄弟の側に戻り…マンホールから突然リンが飛び出してくる!?
飛び出したリンが爆弾のピンを引き抜き、グラトニーの口内に爆弾をぶち込む!
グラトニーがその爆弾を飲み込み…爆弾が爆発しグラトニーの身体をバラバラにさせる!!
辺りに血飛沫と肉片が飛び散り…グラトニーの肉体が再生を始めるが
リンは「頑丈なワイヤー!!」と指示を出す その言葉にエドは即座に線路をワイヤーに錬成させ
再生するグラトニーの肉体に、そのワイヤーが絡みつく!!

「再生力があり過ぎるのも困りものだナ 内側から盛り上がる自分の肉で自らワイヤーに締め付けられる
 捕ったぞ 人造人間<ホムンクルス>!!」

場面は再びラースに移り… 血の滴り落ちるランファンの腕を前に
ラースはただ一言「…見事なり!!」と感嘆の声をあげる
ラースの目の前では……ランファンの腕が引きちぎられ、野良犬に括り付けられていたのだった
地に落ちる血痕はマンホールの前で途切れ…下水道の中にランファンの姿があった

(ここなら… 水に流されて血の跡を追えまい)
「どうだ… 出し抜いてやったぞ化物め………!!」

<続く>
0116マロン名無しさん垢版2017/01/21(土) 17:56:50.24ID:???
> まったく…年は取りたくないものだ 目では追えても身体が言う事をきかん

全盛期どんだけのバケモノだったんだよこのお方…
0117マロン名無しさん垢版2017/01/22(日) 22:28:05.95ID:???
サブタイトルの通り、今回はウィンリィとランファンが主役だったな
……ランファンちゃん覚悟完了しすぎだわ、リンはちゃんと責任とらなきゃ
0118マロン名無しさん垢版2017/01/22(日) 23:43:15.79ID:???
作者の最強はプライドとか言う発言があったと思うが
ここまでみる限りじゃラースが最強にしか見えないよなあ
アニメはそれで大総統をプライドにしたのかもしれんが
漫画版プライドがどんな奴かすげー気になる
0119マロン名無しさん垢版2017/01/22(日) 23:54:53.74ID:???
>>118
おまけにラストやグリードのような硬化能力があるわけでもないし
単純に目の良さと技量だけでこの強さだからな…
グラトニーとエンヴィーも隠し玉がありそうだから、大総統も何かしらの奥の手があると考えると
最強ポジションのプライドの責任は重大だなw
0120マロン名無しさん垢版2017/01/23(月) 13:26:15.90ID:???
ランファンの表情に物凄いゾクッとした・・・
腕なくして苦痛に顔を歪めてるのにしてやったりって感じで
リョナ趣味はないのだが誇り高い女戦士や女騎士とかに物凄い興味出てきてしまった
俺にこんな性癖が芽生えるとは
0121粗筋の錬金術師垢版2017/01/23(月) 17:09:48.90ID:ZjLgRzRK
無事、人造人間<ホムンクルス>のグラトニーを捕獲する事に成功したリン
その状況にスカーも困惑するが…突然、スカーの足が銃撃を受ける!?

  <第48話 待ち人の約束>

スカーの足を撃ちぬいたのは、車に乗って眼鏡をかけたホークアイ中尉
リンもその車に捕獲したグラトニーを乗せその場から逃げ出そうとする

〔ちょっと待ってよ中…〕
「アル!! 憲兵が見てる!無関係を装え!
 大佐はいけ好かねえ奴だが信用はできる 後で情報が入るのを待とう まず今やるべきは………」
足をやられ、よろけるスカーにエドが鉄拳をぶちこむ!
「捕まえるぞアル!!」
〔うん!! ロックベル夫妻殺害の件 その他諸々…出るところへ出て裁いてもら…〕
そのままスカーを捉えるべく、兄弟が仕掛けようとするが
〔うべぇ!?〕 …突然アルが横から少女メイに飛び蹴りをぶちこまれる!
更にアルを踏み台にし、エドのアゴにもドロップキック!!

「無事ですか傷の男<スカー>さん!!
 わが恩人の下僕さんに寄ってたかって何をするんですかこの 豆 男 !!」 びしーっ
「んだとこの豆女!!」#

憲兵達も集まってくるがここは退却、とメイがクナイを貯水タンクと石炭に投げ飛ばし
地面に錬成陣を描くと、クナイを突き刺した二箇所が爆発を起こす
その煙に巻かれ、エルリック兄弟はスカーを見失ってしまうのだった

リンの方はホークアイ中尉の案内で隠れ家に向かおうとするが
死にそうな仲間が一人居るから迎えに行きたいと言う その言葉に中尉も渋々従う
リンを乗せた車を、大総統もその姿を目撃する 僅かに笑みを浮かべ、ここは自身の負けを認める大総統であった
0122粗筋の錬金術師垢版2017/01/23(月) 17:10:21.24ID:???
裏路地では負傷したスカーに、ヨキさんが周囲は憲兵がいっぱいでしばらくは動かない方がいいと助言
足の方はメイが治療にあたり、錬丹術を発動させその傷口を塞いでくれた
錬成光が迸ると、スカーの足から血が止まる光景にヨキさんもその術があれば医者要らずと感嘆の声をあげる
ただメイが言うにはそこまで万能な代物でもないとの事で

「大地に龍脈という力の流れがあるように人間の体の中にも力の流れがありますかラ…
 流れが止まってしまっている所は治せませン あとは無い腕を生やしたりも無理ですネ」

…スカーはウィンリィから向けられた憎しみの眼差しを思い出していた…
(……己れも あんな目をしているのか…)
「どこまで行っても憎しみは憎しみしか生まんのか…」
自身の右腕を見て、スカーはそう呟く…
と、そこに憲兵隊のサイレンの音が近くに響く 逃げる準備をする一行だが
メイはいつの間にか連れのパンダを見失ってしまい…

その頃、車に乗ったエルリック兄弟は ちょうどそのパンダをアルがもってました
アルの両手で抱きかかえられパンダも汗だらだら この非常時にそんなんもってきたアルを叱りつけるエドだが
その指がパンダにがぶーされた エドもお怒り
そのままパンダはアルの指にもかじりつくが

//=w=// 大丈夫 痛くないよ おちついて (ウフフフフ

平然とするアルの姿に、パンダは決定的な敗北感を突きつけられるのであった ガーン
軍の司令部に着き、兄弟を待ってたウィンリィの姿にエドもほっと一息
そこに同席していた大総統も、紅茶を片手にエルリック兄弟に挨拶
鋼の錬金術師の大切な身内だからと、大総統が丁重に扱ったと語るが…
兄弟が入ると、大総統も入れ違いでその部屋を去るのだった

「何話してたんだ?」
「何も…あんた達とは幼馴染で昔から一緒だったとかとりとめのない話
 エド 父さんと母さんの事 いつから知ってたの? 約束よ 全部教えて」
0123粗筋の錬金術師垢版2017/01/23(月) 17:11:06.23ID:???
・・・ホテルへの帰り道、エルリック兄弟とウィンリィを乗せた車内では重い空気が漂う…

―そう 父さんと母さんは最期まで人のために尽くしてたんだね
 安心した… やっぱり父さんと母さんはあたしの誇りだよ
 でも何よりもまず生きて帰ってきてほしかった… 待つのはつらくて 怖いよ―

ホテルに戻ると、ウィンリィにガーフィールさんから電話がかかっているとのこと
何の用か電話に出てみると、なんでも店のほうがウィンリィの客でてんやわんやらしい
お客さんの声によると、ウィンリィに見てもらったほうが調子がいいとの事で
そんな賑やかな、ウィンリィを求める声…
自らが手放すところだった、その掛け替えの無いものの大きさに、ウィンリィは涙を流す…
その後、ラッシュバレーに帰るウィンリィを兄弟が見送ろうとして…

「――あの時 止めてくれてありがとね
 あたしには待っててくれる人達がいるんだよね その人達に顔向けできなくなるところだった」

…同じ頃、軍病院でハボック少尉の見舞いに来た母親 
病室に入るとちょうどハボック少尉が握力訓練の筋トレ中 まだ傷口も塞がっていないのにと心配するが
「だって身体がなまるもんよー
 ダチにゃおまえに隠居は似合わねえって言われて 上司にゃとっとと登って来いって言われて…
 ひでー奴らだよまったく じっとしてらんねーじゃねぇか」
ひでー奴らだと悪態をつくが、ハボックは軍にいなくても追いついてみせると決意を固める…


 「耐えてみせるさ」                    「皆 待ってるから…」

             「「皆のおかげで耐えられる」」

互いに強い意思を見せる、ウィンリィとハボック 
場所や立場、境遇は違えど、前へ進むもの同士、その言葉が重なるのだった
0124粗筋の錬金術師垢版2017/01/23(月) 17:11:23.91ID:???
…ウィンリィを乗せた列車が出る間際…エドはウィンリィに何かを言って
しかし発射のベルで上手く聞こえなかったが、エドはその言葉を無視しずんずん歩いていって…
その足が止まると、ウィンリィに振り返り

「今度おまえを泣かせる時は嬉し泣きだ!!
 絶対アルと二人で元に戻って嬉し泣きさせてやっからな! 覚えてろ!!」

そう宣言するエドに、ウィンリィは笑顔を向ける
別れ際のエドの背に、ウィンリィは子供の頃のエドの姿を思い出し…
自分を守ってくれたエドの背中が浮かび上がる

(―――ああ そっか…… あたし……ずっと前から惚れてたのかもしれない)

ホテルに戻ろうとするエルリック兄弟に、車に乗ったマスタング大佐が声をかける
今ホテル前は憲兵や軍人達が来ていたそうで、スカーを取り逃がした件もあって
このまま帰ったら出られなくなると大佐が迎えに来てくれたようだ
ホムンクルスのグラトニーは今は郊外の空き家に確保してあるとの事で、大佐もそちらに向かおうとするところ

「…まだ治りきってないだろ 運転して大丈夫なのか?」
「動かせる駒が少ないのでは 自分が動くしかないだろう」
「仲間少ねーのな人望無ぇんじゃねーの?」
「君に言われたくないな(# ………途中で一人拾っていくぞ」

そういって大佐が迎えに行ったのは、ロス少尉の検死を勤めた検死官、ノックスであった
「…またヤバい橋か このクソガキ」
「話が早くて助かるよ "共犯者" ―――と言いたいところだが
 たしか貴方には家族がいたはずだ 迷惑だと言うなら断ってくれていい」
その言葉にノックスは暫し黙し…すぐに道具をもってくる、と大佐の頼みを聞き入れる
「かまわんよ イシュヴァールから帰って妻とはすぐに別れた」
0125粗筋の錬金術師垢版2017/01/23(月) 17:11:54.68ID:???
中央市街の明かりから離れた郊外にある空家にて、自分の腕をぶった切ったランファンの治療に当たるノックスさん
部屋の外でリンはランファンの治療を待つ そんなリンにエルリック兄弟は申し訳なさそうに謝罪するが

「『オレ達が巻き込んだ』ってカ? なんて顔してんダ
 勘ちがいするなヨ 共同戦線だと言ったはずダ 
 話を持ち掛けたのはこっちだし単なる利害の一致で協力したんだから君達が気に病む必要は少しも無イ
 不老不死なんて求めるからにはそれなりの犠牲は覚悟して国を出て来ていル

 …そうダ 一族の運命を背負うからには覚悟してたはずダ
 覚悟が足りなかっタ 甘かっタ 俺よりもランファンの方が覚悟があっタ」

リンは自身の覚悟の足りなさを悔やむ
治療は一段落し、エルリック兄弟は何かできる事はないかと横になるランファンに声をかける
…ランファンは代わりの腕が必要、と機械鎧を求める エドのいい技師を紹介するとの言葉にランファンも笑顔で返す

その最中で、リンとマスタング大佐が互いに自己紹介と握手を交わし
互いに軍、シン国の皇族との関わりが持てた事を幸いとする二人 
それになによりの収穫… 
「…おい なんだこれは」 ワイヤーでがんじがらめにされたグラトニーの姿にノックスも目を丸くし
それがホムンクルスだと二人が言うが、その言葉にノックスも唖然
「俺が頭悪いのか?おまえさんが狂ってんのか?」
「どっちでもない 複数の生きた人間を犠牲にして作られると言う賢者の石
 そしてその石を核に作られた化物… それが人造人間<ホムンクルス>だ
 更にどうやらこいつは軍上層部の一部と繋がりがあるらしい」

……その言葉をリンが遮り、キング・ブラッドレイもホムンクルスの可能性があると語る
さすがにその言葉には一行も「……… …は?」と素っ頓狂な声をあげる
0126粗筋の錬金術師垢版2017/01/23(月) 17:12:40.79ID:???
「バカな!この国のトップが人造人間<ホムンクルス>!? 何が目的だ…」
〔…て言うか大総統が人造人間<ホムンクルス>なら家族や周りが気付かないはず無いよ!〕
「それなんだがグラトニーの中にはたしかに人ならざる人の気配があるのにブラッドレイにはそれが無イ
 あきらかに人間の気配と一緒なんダ」
書物に寄れば人造人間は生殖能力を持たない生命体だとの事
大総統の息子、セリムは養子で血縁者はいないとノックスは語る
……しかし、その衝撃の事実にもマスタング大佐は不敵な笑みを浮かべてみせる

「は!! 化物か人か… なんにせよ大総統の椅子から引きずり下ろしやすくなったぞ!!」

ただ、その後グラトニーを巡って大佐とリン、エルリック兄弟で言い争いになる
……言い争いの最中に聞こえた、マスタング大佐の名にグラトニーが反応し……

「マスタング…? マスタング………
 ラストころした… ラスト… マスタングたいさ…

 ロイ・マスタング!!」

突如、グラトニーの腹が割け 裂けた割れ目から瞳のような物が覗き込み
空き家の一角が、丸ごと削り取られる!?

<続く>
0127マロン名無しさん垢版2017/01/23(月) 20:55:47.36ID:???
ウィンリィが乙女になってしまわれた!
ちくしょうエド爆発しろ
0128マロン名無しさん垢版2017/01/23(月) 21:47:07.78ID:???
今回大総統その気になればウィンリィをどうとでも出来たろうにそれをしなかったのは
余裕か慢心かあるいは信念か
いずれにせよ自分の喉元に刃突きつけられててそれに気づいてないって状況恐ろしいな
0129マロン名無しさん垢版2017/01/24(火) 02:28:17.36ID:???
食欲と色欲が仲良いのって公式設定だったのか
アニメオリジナルの設定だと思ってた
0130マロン名無しさん垢版2017/01/24(火) 19:41:08.56ID:???
わりと漫画もラストラスト言ってたような
食べていい?腹を壊すからやめなさいみたいなやりとりもあったし
ラストが死んだ時も泣いてたような
0131マロン名無しさん垢版2017/01/24(火) 21:36:58.64ID:???
んーむ、つまり大総統自身は普通の人間と同じで残機1のままなのか?
あるいはそういう気の流れを遮断するようなものが働いているのか

後なんだかスカー組がメイが増えたことで第三の主人公パーティ枠になってきたような気がする
錬金術師サイドがエルリック兄弟で、軍人サイドが大佐
んで歴史の影に属するアウトロー組って感じに……ってこれほとんどデビルズネストだな
0132マロン名無しさん垢版2017/01/24(火) 23:48:25.08ID:???
今回は色々と好きだな…ノックス先生渋いわ
アニメみてないけど、最初からラストとグラトニーは姉弟みたいな仲良しな印象だった
悲しんでるのみると、作られた命でも感情があるんだとかなんか変な気分になるな
0133マロン名無しさん垢版2017/01/25(水) 05:26:51.19ID:???
メイとパンダが生き別れにと思ったらアルに確保されてて和んだ
ナシカw
0134粗筋の錬金術師垢版2017/01/25(水) 17:05:32.79ID:EsavRWxs
一瞬で、空き家の一角を削り取ったグラトニー
ワイヤーを引きちぎり、その瞳が妖しい輝きを見せるその姿に、エド達も戦慄する…

  <第49話 人中の化物>

同じ頃、大総統府にて…廊下を歩く大総統…『ラース』に『プライド』と呼ばれた者が扉越しに声をかける
スカーに逃げられ、グラトニーも捉えられた失態を責め立てるプライドだが
そんな失態に、ラースはどこか嬉しそう、とプライドが語る ラースもそれを否定せず
「少し…楽しい」 そう答える 予定外の事が立て続けに起きる、この状況だからこそ

「60年前…生まれてすぐに『キング・ブラッドレイ』のレールの上に乗せられ
 こうして今 父上の予定通りにこの国のトップに座っている
 邪魔する者はいなかった…   否 父上が排除した
 予定通りの台本を用意され 私はそのままに生きて来たのだ」
『しかしここに来てレールが外れるような事が引き起こされている……と?』
「マスタング大佐とエルリック兄弟と外の国から来た者達…
 若い者にいい様に掻き回されているのだぞ この老獪な我々が
 若者の時代がすぐそこまで来ているのかもしれんぞ プライドよ」
『…ラース 君は長く人間と接しすぎた
 忘れないでください 我々は人間(かれら)が『化物』とよぶ存在だという事を
 ……先ほどの君の反逆とも取れる発言は父上には報告しないでおきましょう』

ひとまずグラトニーに関しては、すでに憲兵隊の情報からある程度の目ぼしはついているそうで
…場面は変わり、大総統府の地下 そこに幽閉されているドクター=マルコーの姿があった
エンヴィーがドクターにお食事をもってきてくれたが、どうやらあまり食事には手をつけていないようで…
ドクターは『人柱』とは何なのか 自分に何をさせる気なのかエンヴィーに問うが、それに秘密と返し
頬杖つきながら、大人しくしていれば面白いものが見れると不敵な笑みを見せて…
「面白いものだと……?」 その言葉に、ドクターは憤りを露わにする
「強大な賢者の石を作るためにこの国の人々を大量に巻き込もうとしているのに…!!
 今 貴様らがやっているのはこの国を全部利用して巨大な錬成陣を作ること…
 その錬成陣は 賢者の石を作るためのものではないのか?
 そして次に血を見るのは… 北だ!」
0135粗筋の錬金術師垢版2017/01/25(水) 17:06:12.28ID:???
その推察に、エンヴィーもいい線いってるとニヤリと笑みを浮かべる
「で?気付いたところで今のあんたに何ができる? 今まで何もしなかったあんたに!
『余計なことをしたらこの村を消してやる』と脅されて…
 この国の人民が危機に陥りつつある事に気付きながら何もしなかっただろう?」
この国の人口とマルコーの村の人達を天秤にかければどちらを優先するかは決まりきってるのに、と煽るエンヴィー
その言葉にマルコーは「…人の命は足し算や引き算ではない!!」と声を荒げる
マルコーの言葉にエンヴィーはひとしきり笑って 『人間』の付け入りやすさを嘲笑う

と、そこにブラッドレイ大総統…ラースがその前に姿を現す
エンヴィーにグラトニーが捕まったと伝え、その言葉にエンヴィーも驚愕
とはいえグラトニーの場所には目ぼしがついているので、エンヴィーに救助を依頼するラース
「…っとにしょーがないなぁ 暴走してなきゃいいけど」
ナイフに突き刺したステーキにかぶりつき、エンヴィーはそう愚痴るのであった

場面はマスタング大佐達の空家に戻り…
外で警備をしていたホークアイ中尉も、突然抉られた空き家の一角に唖然とし
大佐の救援に向かおうと、その抉られた跡に足を踏み入れるがそこに大佐の静止が響き
次の瞬間、ホークアイ中尉のライフルの先端が『何か』に抉り取られる
もう一歩踏み込んでいたら、中尉の手ごと抉り取られていたところだ
……そして、ホークアイ中尉の目の前には
腹が縦真っ二つに股まで裂け、その身そのものを巨大な大口と化したグラトニーが姿を現す…!
大佐達の方は崩れた空家からアルが咄嗟にその身をかばい、どうにか難を逃れる
…マスタング大佐の姿に気がつくと、裂けた腹から飛び出た肋骨を伸ばし
地面をぞりっと削り取ってしまう…!

空き家に残っていたランファンをリンが救援に向かう 
「何があったのですか」
「化物が… 腹の中に化物を飼っていた…
 周りをバックリ飲み込みやがった!!」
0136粗筋の錬金術師垢版2017/01/25(水) 17:06:44.37ID:???
まさに化物と言うべきグラトニーのその姿に、エドも背筋を凍りつかせる…
「こんな… こんな化物をも造り出すのか… 錬金術ってやつは…」
仕方ないので大佐はグラトニーを倒すことにする せっかく捕まえたホムンクルスだが生き残る方が優先である
グラトニーに向け焔を放つ大佐だが、その焔を前にグラトニーは激しい雄叫びを上げると
……グラトニーの巨大な大口に、大佐の焔が飲み込まれてしまった グラトニー無傷

「使えね――!!」#
「だったら君が何とかしてみせろ!!」
〔て言うか付いて来ないでよ!!あいつが狙ってんの大佐だよ!!〕

グラトニーの丸飲み攻撃から必死で逃げ出す三人 ひとまず林で散開するが
マスタング大佐にグラトニーが追いつく! そして大佐に向けグラトニーの目が妖しく輝き
そこに咄嗟にホークアイ中尉が銃撃を浴びせる!! 
その銃撃にグラトニーは体勢を崩し、グラトニーの丸呑みは僅かに大佐の横を逸れる
しかし飛び散った気の破片が大佐の身体を打ち、脇腹の傷に響かせる
脇腹を押さえながら、大佐は自身の不甲斐なさを恥じる

空き家のノックスの方は車にエンジンをかけ、ランファンとリンを乗せ大佐たち三人の到着を待つ…
「冗談じゃねぇ!!俺は一般人だぞ!
 こんな訳わかんねー闘いに巻き込まれて死んでたまるか!!」
グラトニーは唸り声を上げながらマスタング大佐を追いつめようとする
と、そこに膝をつく大佐の姿を見つけ…グラトニーはその肋骨を伸ばし大佐の上半身を削り取る!!
だが、削り取り飲み込もうとした大佐は、木で作った人形に大佐のコートとズボンを着せただけの偽物であった

ダミーに引っ掛かっているうちに、大佐達一行はどうにか脱出成功
ホークアイ中尉が大佐の肩を担ぎ、エドがさっさと乗って帰れと大佐を車に押し付け
0137粗筋の錬金術師垢版2017/01/25(水) 17:07:23.44ID:???
「この状況でのこのこ帰れと言うのか!!」
「足手まといだ!!」〔帰って!!〕「本気で役に立ってません大佐!」

ズタボロ言われて大佐も精神的に大ダメージ
そんな大佐に、自分の仕事をしろと諭すエド 軍のトップがホムンクルスなら放っておける問題ではないのだ
ノックスはエルリック兄弟とリンにも早く車に乗るように言うが… 三人はその場に残ろうとする
「満席だろ 行ってくれ」
「馬鹿野郎!!」「戦場に子供だけ残して行ける訳無いでしょう!?」
「そちらさん達… 詳しくはわからないが人造人間<ホムンクルス>や賢者の石よりでかいものを狙ってるんだろウ?」
「こっちはなんとしても あのグラトニーって奴から情報を引き出さなきゃならないんでね
 ここに残ってあいつと闘う 子供だからとかそんなの関係無ぇ
 今回の作戦の言いだしっぺはオレらだ
 自分のケツは自分で拭かなきゃならねぇよ」

エド達の意思は固いようで… ホークアイ中尉は
「持って行きなさい」とエドに拳銃を差し出す それを前にエドは躊躇してしまい…

〔それは… …人を殺す道具だ〕
「あなた達の命を守る道具よ」 

……エドの脳裏には銃を手にとった時のウィンリィの姿が浮かび…
「…借りとくよ」とエドはその銃を受け取る すると近くから轟音が響く
近づきつつあるグラトニーの迎撃に、三人は向かう…

「…っとにガキどもが…粋がりやがって!! ああいうのが早死にすんだよ!!」
0138粗筋の錬金術師垢版2017/01/25(水) 17:08:04.26ID:???
ノックスも憤慨しながらも止むを経ず車を出す
車の中でホークアイ中尉に、大総統がホムンクルスの疑いがあることを話していた
自分の目で見ないことには確かな事はわからないが…

「じゃあイシュヴァール殲滅戦の命令を出したのは人造人間<ホムンクルス>だったかもしれないのか?」
「もしも人間のふりをしている人造人間<ホムンクルス>が他にもいて
 我々の周りで生活しているとしたら… やっかいだな」
「へっ!やっかいよりも気色悪いよ!」

マスタング大佐達がグラトニーとの戦いの場から離れる中、崖の上にはそちらに向かう一頭の黒馬の姿があった

【ロイ・マスタングはどこだ!!
 よくもラストを!! 許さんぞぉおおぉおおおおお!!!】

森を抉り取りながら雄叫びを上げるグラトニー エド達も少し離れた所でその様子を伺っていた
「…闘うって言っちゃったけどぶっちゃけおっかねぇ…!!」
「口調変わってるゾ…」〔どうやって捕まえる?〕
せめて大人しかった状態に戻ってくれればいいのだが… 
そこにグラトニーの飲み込みが一行のスレスレを抉る 悲鳴を上げて逃げる一行
「大体飲み込んだ質量はどこに行ってんだよ!!」 謎だ!!
「知るカ!!人造人間<ホムンクルス>ってものは錬金術の分野だろウ!?」
〔ああもう埒があかない!!〕

……するとそこに、リンとパンダが何かに気がつく パンダが振り向くとそこには一頭の黒馬…
「止まれ グラトニー」 その黒馬が言葉を発しグラトニーを止め
黒馬がリンの姿に気がつくと、馬はメキメキと音を立てながらその姿を変化させ
そして、エンヴィーが一行の前にその姿を現す…!!
「やぁ 鋼のおチビさんはお久しぶりだぁ!」

<続く>
0140マロン名無しさん垢版2017/01/25(水) 18:33:17.43ID:???
削られる効果範囲どんだけ先よ
一般人居そうな場所じゃないからまだいいけど…
大総統はやっぱり何だか格好いいな
しかしエンヴィーは飯運んだり(なお自分で食べた模様)グラトニー探しに来たりと割とこき使われてるなw
時系列がちょいちょい前後してそうだけどマルコーさんの牢屋近いならついでに助けに…は辛いか
0141マロン名無しさん垢版2017/01/25(水) 22:08:05.47ID:???
大総統はある種、『大総統』でいる自分に疲れちゃってるのだろうかね
まあある意味老い故の達観とも言えるだろうが
(人造人間にそんな感情があるかはともかく
0143マロン名無しさん垢版2017/01/26(木) 06:36:45.09ID:???
敷かれたレールの上を歩いて来てたことに驚き
そういうイメージとは真逆だったよ
バックがお父さまにホムンクルスならそうなるよなあ
実力があって今の地位が分不相応でもないしで気付かなかった
0144マロン名無しさん垢版2017/01/26(木) 14:59:21.81ID:???
ホークアイ中尉かっけえな
つかこれ国の上層部や大総統に気付いたヒューズも凄かったんだな
ストーリー上死なせるべき人間は死なせる作品だが
ここに来て大総統含め大人連中が未来を若いのに託して死ぬとか有りそう
0145マロン名無しさん垢版2017/01/26(木) 19:28:04.29ID:???
大総統は徹底したリアリストというか
弱肉強食を是としてるというか
人間が自分たちを打ち倒すならそれはそれでよし、但し手加減はしないよ、って感じかな?
0146マロン名無しさん垢版2017/01/26(木) 22:47:09.64ID:???
腰の軽いキャラではないから人間側につくのは違和感あるかな
0147マロン名無しさん垢版2017/01/26(木) 22:59:50.08ID:???
しかし大総統は大人気だなw
グラトニーが本気出したのに全部大総統にもってかれてるじゃねーかw

でも実際どっちを選ぶのか、その動向はかなり気になるからわかる気はする
最期までホムンクルスの側に立つか
「一人の軍人」として人間側に立つ、と言うのも無いでもないと思う
0148マロン名無しさん垢版2017/01/27(金) 07:24:47.14ID:???
>軍人として人間側にたつ
???
もしよかったら解説プリーズ

地味にプライド初登場初喋りの気がするけど違ったっけか
自分はおおってなったんだけど
0149マロン名無しさん垢版2017/01/27(金) 07:37:56.65ID:???
ちょっと言葉たりんかったかな
アメストリスの市民を守る一人の軍人として、という感じ
まだウロボロスの動向はわからんけどアメストリス国民にとってロクでもないことになるのは間違いないだろうし
0150マロン名無しさん垢版2017/01/27(金) 13:29:14.61ID:???
レスサンクス
グリード処刑の時も合わせてお父さま一派として大総統(軍人)になったような感じだから優先する役目はホムンクルス側じゃなかろうか
味方化って週間少年漫画でありがちだけど必ずしも胸熱な展開でもないと思うんだよ
0151粗筋の錬金術師垢版2017/01/27(金) 17:18:03.96ID:et6JQ81o
鋼の錬金術師 12巻 2005年12月22日 初版発行
掲載・月刊少年ガンガン 平成17年5月号〜8月号

作者近影・コメント
最近ノンフィクションものばっか観てます。
動物ものとか弱いんじゃよ〜〜(どおお

「事実は小説よりも奇なり」と昔の人が言ったとおり、
ドキュメント番組など観ているとだばだば泣いてしまって
「やっぱ作り話<フィクション>はかなわねぇなぁ」と思う。
そんな事を先輩のマンガ家さんに話したら
「作り話<フィクション>だからこそ、本来なら救いの無い話にも
 救いを作ってあげられるんだよ」とおっしゃった。
 なんだか、マンガ魂が引き締まる思いがした。

あらすじ
エドワードとアルフォンスの兄弟は、
幼き日に喪った母を錬金術により蘇らせようと試みる。
しかし、錬成は失敗しエドワードは
左足と弟のアルフォンスを失ってしまう。
なんとか自分の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成し、
鎧に定着させることに成功するが
その代償はあまりにも高すぎた。
そして兄弟はすべてを取り戻すことを誓うのだった…。
0152粗筋の錬金術師垢版2017/01/27(金) 17:18:31.22ID:???
      CONTENTS

 第46話 遠くの背中
 第47話 戦場の少女
 第48話 待ち人の約束
 第49話 人中の化物

P181 ランファンのラフ 仮面は外し

カバー裏おまけ



[小豆] 赤くて、小さい、豆。
だがその姿はエドの逆鱗に触れた!! ぶち
0153粗筋の錬金術師垢版2017/01/27(金) 17:18:59.77ID:???


「俺は焔の錬金術師」   作詞 ロイ・マスタング

パッチン パッチン 指パッチン
パッチン パッチン 指パッチン

俺は焔の 錬金術師  大総統になる男

ゆめ
公約 は ミニスカ ハーレムだ
今日も 今日とて カガミの前で
パッチン ポーズの練習さ

君のハートに 火をつけよう (ズキューン!
俺のハートも 熱く燃えるぜ (バキューン!
今夜の火力はちょっとすごいぞ(バズーカ!
メラメラ 超メラバーニング (バーニン!
俺も おまえも 酸欠さ   (フラフラ!
■■気楼のむこうの君にカンパイ (幻覚だ!
しん 
 
*{覚えておきたまえ! 俺の名前は! ロイ・マスタング!(もやせ!
 {覚えておきたまえ! 俺の(×名前)は! 国軍大佐! (ドカーン!
                階級

≪セリフA≫ 「おまえ ボイン好きだろ… 俺は……ふとももだ」
≪セリフB≫ 「捨ててけよ……」

*≪くり返し≫

本日の背表紙 *死亡者無し 青空おんりー
0154@ズレてたので修正;垢版2017/01/27(金) 17:20:18.63ID:???


「俺は焔の錬金術師」   作詞 ロイ・マスタング

パッチン パッチン 指パッチン
パッチン パッチン 指パッチン

俺は焔の 錬金術師  大総統になる男

ゆめ
公約 は ミニスカ ハーレムだ
今日も 今日とて カガミの前で
パッチン ポーズの練習さ

君のハートに 火をつけよう (ズキューン!
俺のハートも 熱く燃えるぜ (バキューン!
今夜の火力はちょっとすごいぞ(バズーカ!
メラメラ 超メラバーニング (バーニン!
俺も おまえも 酸欠さ   (フラフラ!
■■気楼のむこうの君にカンパイ (幻覚だ!
しん 
 
*{覚えておきたまえ! 俺の名前は! ロイ・マスタング!(もやせ!
 {覚えておきたまえ! 俺の(×名前)は! 国軍大佐! (ドカーン!
                     階級

≪セリフA≫ 「おまえ ボイン好きだろ… 俺は……ふとももだ」
≪セリフB≫ 「捨ててけよ……」

*≪くり返し≫

本日の背表紙 *死亡者無し 青空おんりー
0155粗筋の錬金術師垢版2017/01/27(金) 17:20:46.42ID:???
[おまけ]
*うそ次巻予告

【おぬしだけが変身できると思うなよ……!!!】
エド達の前に姿を現したエンヴィー
それを前に、パンダもその真の姿を解放させんとする……!!   ウソデス


みなさまこんにちわ 荒川です
毎月たくさんのお手紙ありがとうございます なかなか返事が書けなくてすみません

おわびにもなりませんが今回は いただいたお手紙の中でよくある質問にお答えしたいと思います

  <牛小屋日記 答えろ牛!!編>

あ!!この年賀状お年玉切手シート当たってるー!! しかも交換期限過ぎてるー!!

[Q.キャラの誕生日教えて!!]
この質問が一番多い! えーと、ぶっちゃけ 決 め て ま せ ん。 ゴメン
基本的にキャラのデータと言うものに興味の無い人間なので物語を作る上で必要の無い物は決めない事が多いです
星座、血液型、スリーサイズも(体のサイズは生きてりゃ変動するしねぇ。
*身長はおおまかに決めてますけど あ、でも戦闘力の数値化は好きだ

ちなみに師匠<マスター> 衛藤ヒロユキ先生は、
「数値を決めちゃうと自由度が下がるしね」
と、おっしゃってました 同感。
でもエドの生まれ季節だけは決めてあるよ、冬って
作中で「もうすぐ16」って言ってて物語も冬にむかってるよ
ちなみに北国基準で言うと冬って一年の半分近くあるんだけどね フッ ←北海道生まれ
「結局アバウトなんだな!!」 エドもお怒り
0156粗筋の錬金術師垢版2017/01/27(金) 17:21:14.31ID:???
[Q.ネタはどんな時に思いつきますか?]
夜、ふとんに入ってからが多いです 枕元にメモ帳を置いといてネタを思いついたら暗闇でメモります
でもうとうとしながらメモる事が多いので… 昨日のメモどんなだったか見てみると

[鋼将軍] [うだつのあがらないロイ・マスタング]

……… メモがおおざっぱすぎて何のネタか思い出せない

[Q.漫画家になる前は何してたの?]
北海道で農業してました 牛飼ってイモ作ってましたよ
上京後の読み切り時代は警備会社
家訓は「働かざるもの食うべからず」 「鋼の〜」に働く女性が多いのはこれが理由です
北海道で農業ってーとゆったりまったり悠々自適なイメージがするみたいですが、
女子供総出で働かないと食っていけない所が多かったりするのですよ

[Q.将来の夢とかある?]
宇宙に行く!! 他星に土地を買って畑を作る!!  むりなら銀座でベコ飼うだ

[Q.キャラの筋肉いいよね]
細っこいとメシ食わせてもらってないみたいでかわいそうじゃないか――っ!!!(くわっ
人間何がつらいってメシ食えないのが一番つらいぜ さあ食え これも食え(ご飯盛りおかず盛り
―アシスタントさんを肥え太らせるマンガ家さんの図―
ここに来るアシさんみんな「ここに来ると太る」と言う。

[Q.犬好き?]
大好きv 過去に三回くらい犬に噛まれてるけど大好き (あたまかじられ
0157粗筋の錬金術師垢版2017/01/27(金) 17:21:41.46ID:???
[Q.ゲームは好き?]
どっちかっつーとアーケード派でした 格ゲー好き
あとはコー●ーの三国志か… でもすで張角で天下統一したっきり
ここ数年なかなかゲームをするヒマが無くてほとんどやってないのですが
最近友達が持ってきたスーパーマ●オ3に燃え直してたりします T)))
でもゲームしてると地が出るよね。

オラー!!どけー!!ぎえー!!うおー!!死ぬかと思った!!
「荒川さん口調がエドになっとるよ」
ええ!! やだなあ!!

[Q.「鋼の〜」の世界にクリスマスとかバレンタインなどのイベントはあるの?]
無いですよ キリスト教のある世界ではないしチョコ会社の陰謀も無い。
「貴様の血は何色だ―――――ッ!!!」(マスタング大佐血涙で牛さん締め上げ
「アホだらァ!!わしの身体にゃ墨汁が流れとるんじゃあ――ッ!!!」(牛さん殴り返し

<とりあえず終>


おまけ4コマ

[対人造人間最終兵器]

ラースと対峙するリン ラースのウロボロス目にみかん汁ぴゅー
「目が!!目が――――ッ!!!」(ごろごろ悶え
「目に頼りすぎだブラッドレイ!!」 はははははは

腹裂けグラトニーのおなかの目玉にレモン汁ぴゅー
「目が!!目が――――ッ!!!」(ごろごろ悶え
はははははは
0158粗筋の錬金術師垢版2017/01/27(金) 17:21:59.12ID:???
[やめてよ・・・・・・]

「おっとっと、上にぶつかるよ おっとっと
 うわーこのベッドせまいなー 足ちぢめなきゃ寝れねーや
 ジーンズのすそ上げ? いえけっこうです このままで」(シャッシャッ

・w・> 何してんの兄さん

「………背が 高くなった時のための… イメージトレーニング」(シャッ

アルも思わず真顔

[増田 英雄 30才]

「マスタング大佐は普段ふらふらへろへろしてるけど
 あの内乱の活躍で『イシュヴァールの英雄(ひでお)』とよばれてるらしいぞ

「うむ!マスタング君の鬼神のごとき働き……
『イシュヴァールの英雄(ひでお)』とよぶにふさわしいものだったよ」

「さすが イシュヴァールの英雄(ひでお)は容赦ないわね」

読み仮名は 正確に……!! orz

「撃つなウィンリィ!!」 エドが咄嗟にスカーに向けるウィンリィの銃口をそらし
 あっ 流れ弾が牛さんに…!! 
0159粗筋の錬金術師垢版2017/01/27(金) 17:22:21.50ID:???
次巻予告
「キングブラッドレイ大総統が人造人間<ホムンクルス>だった… …とか」
マスタング大佐は軍将校にそう問い詰める

【お父さん】【誰か…】【タすけて】【…兄ちゃん】
その助けを求める何者かたちの声に、エドは眼を見開き…

<何やら騒々しい 誰か来るな>

 グラトニー、エンヴィー
 真の姿を現す人造人間たち。
 その人造人間を造った人物とは一体!?
 その謎へ導かれるように集まっていく人々!
 一方、真実を探るマスタングは、
 司令部へと向かうが
 そこに待っていたのは…!?

 目をそらすな――――― 真実は、その足元に…

「戦るか?ガキども」
エドの鉄拳を受けながらもエンヴィーは平然とし 彼の片目が黒く変色する…

鋼の錬金術師 13巻
2006年3月 発売予定!! 乞うご期待!!
0162マロン名無しさん垢版2017/01/29(日) 14:37:32.95ID:???
〔うだつのあがらないロイ・マスタング〕

……いつもじゃん
0163マロン名無しさん垢版2017/01/29(日) 15:06:28.33ID:???
そういえば12巻の分だと誰も死んでなかったんだな
ランファンが相当危なかったから何とか死ななくてよかったぜ
0164粗筋の錬金術師垢版2017/01/29(日) 16:58:49.63ID:gU32ibLZ
突如現れたエンヴィーを前に…エドはいきなり怒りの蹴りをぶち込もうとする!!
「…どぁぁ るぇぇ がぁ… ミジンコゾウリムシドチビか―――ッ!!!」
エドの飛び蹴り! しかしエンヴィーはすばやくみをかわした

  <第50話 腹の中>

どうやらエンヴィーはエド達とやりあう気はないようだが…エドは問答無用で殴りかかる!!
「5回目エ!! さっきと今で2回!!
 そして第五研究所の地下でオレの事を3階 チビ って言った!! 忘れたとは言わせねェぞ!!」
「…すンごい記憶力…」 エンヴィーもげんなり

ホムンクルスも顔負けの極悪スマイルを見せ付けるエド ぐぇへへへへへ
エドの攻撃を高く飛んで避け、グラトニーと合流するエンヴィー
マスタング大佐は飲んではだめだというエンヴィーの言葉にグラトニーもラストの敵なのにと嘆く

「ふん…まーたおまえか糸目の」
「ドーモ 今日は俺に捕まりに来てくれたのかナ?」
「残念 こいつを迎えに来ただけだよ(グラトニーぽみ
 ……と言いたいところだけどおまえはぶっ殺しとかないとね
 グラトニー! 焔の大佐とエルリック兄弟はダメだがあの糸目は飲ませてやる
 腹減ってるだろ? 頭からバックリいっちゃいな!
 いいかい?くれぐれも兄弟は飲んじゃダメだ あの糸目だけだぞ」

その言葉に、光明が見えてきたと呟くエド どうやらホムンクルスはエルリック兄弟を狩れない様子
ついでにグラトニーも少し大人しくしてくれたようだ …となれば……
エドは壁を作りグラトニーとエンヴィーを分断させる!
グラトニーはエルリック兄弟が、エンヴィーはリンが引き受け、リンが先手をとりエンヴィーに剣戟を浴びせる
0165粗筋の錬金術師垢版2017/01/29(日) 16:59:42.39ID:gU32ibLZ
「…のヤロ さすが『キング・ブラッドレイ』と斬り結んだって言うだけはあるな!」
「お褒めの言葉ドーモ あんたハ…奴と違ってスキだらけダ!!」
リンは即座にエンヴィーの脇腹に剣の一撃をぶち込むが
その瞬間リンの身体に、鞭の如く変化されたエンヴィーの腕が絡みつく!

「成る程…肉を斬らせて骨を断つ…カ」
「前の闘いでおまえは一筋縄ではいかないのを知ったからね
 どうだい?おまえらニンゲンにはできない芸当だろ?」

そのままエンヴィーはリンの身体を締め上げる腕を蛇に変化させる
絞め殺されたいか、噛み殺されたいか あるいは切り刻まれたいか、その腕を刃に変えて舌なめずり
…だがリンは地面の土を蹴り上げそれで目潰しを仕掛ける!
一瞬の視界をとられた隙を付き、エンヴィーの刃の腕を掴んで蛇の腕を切り落とし
続けざまにその身体を袈裟斬りにしてエンヴィーの拘束を逃れる事に成功する

「ヤ……ロウ… 目潰しなんてセコい手使いやがって…」
「家柄のせいで小さい頃から暗殺の危険にさらされ続けてるんでネ
 強くセコくならざるを得なかったんだヨ」
…大人しくしていれば危害は加えないと言うリンの態度に、エンヴィーは怒りを露わにする
「糞が…ニンゲンふぜいが見下してんじゃねぇ!!」
「人間なめるなヨ 人造人間<ホムンクルス>!!」

エルリック兄弟の方は、グラトニーの身柄を巨大な井戸に落っとこしていたところ
これで捕まえた、と思われたがグラトニーは自分の大口から伸びる肋骨を伸ばし軽く脱出
脱出したグラトニーに地面を錬成させた拳でぶっ飛ばし、アルが羽交い絞めにするが
グラトニーはアルの巨体を投げ飛ばす! エドもそのまま投げ飛ばされたアルに潰されてしまう
0166粗筋の錬金術師垢版2017/01/29(日) 17:00:00.86ID:???
リンの方は襲い掛かるエンヴィーの足を容易く切り裂き、倒れるエンヴィーに止めを刺そうとするが
…エンヴィーはその身をランファンの姿に変化させ
その姿にリンも一瞬動きを止めてしまい…グラトニーがその隙を狙う!
だがエドがリンを助けようとその場に駆けつける
「待っ…」 (くそっ!!人柱を飲ませる訳には……)
エンヴィーもエドを飲ませまいとそこに割ってはいる アルもその手を伸ばすが
次の瞬間、エドとリン、エンヴィーは諸共にグラトニーに飲み込まれる……!!

アルの腕とエンヴィーの上半身もそれに巻き込まれ…エンヴィーの下半身が霧散する…
……次の瞬間、アルはグラトニーの肋骨を掴みながら押し倒す!
〔兄さん!!リン!!兄さん!!
 兄さん!! くそぉおお!!出せよ!!兄さんを!!
 出してくれ!! 兄……〕
「むり 飲んじゃった」
淡々とそう告げ、グラトニーは腹の大口を閉じてしまう
……アルは膝を折り、慟哭の叫びを上げるのだった……

大佐達の方は無事脱出に成功、ノックスの家にランファンを匿うことにする
礼を言うランファンだが、俺は医者の仕事をしただけ、と煙草に火をつけるノックス
寝てる場合じゃない、とリンを助けに向かおうとするランファンだが

「バカ野郎!!その身体で何ができる!!」
ノックスの言葉に、自らの腕を失った自分の姿に気がつく…

「腕…… 本当にないんだ…」

そう呟き、ランファンの瞳から僅かに涙がこぼれ落ちるのだった…
0167粗筋の錬金術師垢版2017/01/29(日) 17:00:18.71ID:???
そしてマスタング大佐は、中央司令部に単身乗り込もうとするところ
まずは司令部内での敵と味方を明確にし、外堀からじわじわ味方を増やす算段のようだ
中立の立場もこの国のトップが人造人間と知れば立ち上がるはず…
だが大佐がグラトニーと接触した事が既に知られているかもしれない
慎重に事を進める心構えで行き、大佐と中尉は軍服を調え大総統府の巨大な門前に立つ
「さて! これは栄光の門か魔窟の入り口か… 中尉はここで待っていろ」「はい」

「万が一私に何かあったら君だけでも逃げろ」「いやです」
「命令だ」「承服できません」
「強情だな 気に食わん命令でも飲み込みたまえよ」「裏表の無い性格だと自負しております」

そんな中尉の態度に大佐もため息をひとつついて… かなわず戻ると中尉に手を振るのであった

・・・と、言ったもののどこから大総統を崩すかはノープランの大佐
どの辺りからふっかけるか…というか自身の目で大総統が人造人間なのかも確認してないし…
どうしたものか難しい顔をしていると… なんだか気のよさそうな褐色の軍将校が笑顔で背中スパーン
めっちゃ傷に響いた 倒れて震える大佐
気を取り直して大佐は、軍将校、レイブン将軍と話をする
「中央には君をよく思っていない者もいるようだが 私は期待しとるよ」
笑顔でそういってくれるレイブン将軍に、ヒューズ准将の言葉を思い出す

―おまえさんを理解して支えてくれる人間を一人でも多く作っとけよ―

レイブン将軍、どうやらマスタング大佐の上司だった老将軍、グラマン中将のことも良く知っているそうで
変人だが頭は回る人物で、東部の田舎に置いておくのは… といいかけて大佐も東部出身だったと謝罪
大佐もそれを笑って田舎者なりに早くなじもうとしていると返す
0168粗筋の錬金術師垢版2017/01/29(日) 17:00:33.62ID:???
「なるほど…君が市内視察によく出ているのはそのためか」
「ええまあ あとは治安維持も含めてですが… 視察の際に市民と世間話をよくしますね
 市制に流れる一見くだらない噂話の中に まれに事件の手掛かりが含まれていたりしますから」
「ほう!最近何か面白い噂話はあったかね?」
「さあ…ジョークに近い噂ばかりで…
 傷の男<スカー>がネコにエサをやっていたとか 死なない人間が現れたとか…

 キング・ブラッドレイ大総統が人造人間<ホムンクルス>だった…

 …とか」

……そんな言葉にレイブン将軍も思わず噴出して、二人で大笑いして
「つまらんよマスタング君 君ギャグセンス無いね」 10点!!
「いえ 私が流したうわさではなく……;」
まーそんなゴシップ話でもお茶請け程度にはなるだろう、と大佐を会議の席に誘うレイブン将軍

・・・だが・・・その会議場の重い雰囲気は、とてもゴシップ交じりの冗談話ができる雰囲気ではないが…?

「さて さっきのジョーク… そうそう 大総統が人造人間<ホムンクルス>という話だったか 続きを」
鋭い眼光を纏わせ、マスタング大佐にそういい放つ将軍
「どうしたねマスタング大佐」さらに会議場の奥からそこに現れたのは…

「 続 き を 」

キング・ブラッドレイ大総統本人……!? その姿に大佐も驚愕の表情を浮かべ……
……ここに至り、大佐はヒューズの残した遺言 その真意を理解する…

(…ああそうかヒューズ… 『軍がやばい』ってのは国軍の存在をゆるがす危機ではなく…
 軍そのものがやばいという事か…!!)
0169粗筋の錬金術師垢版2017/01/29(日) 17:00:53.56ID:???
・・・・・・グラトニーに飲み込まれたエド
その姿は謎の暗い、血の海のような空間の中にあった
(……… ……… 右手……動く 左手も…動くな 両足… よしよし五体満足)
自身の肉体の無事を確めて起き上がり…その空間のひどいにおいに咳き込み声を上げるエド
(ひっでぇ臭いだな なんでオレこんな所に…
 そうだ…リンと一緒にグラトニーに飲まれそうになって…
 ……… 飲まれ…て…

 ……? あの感覚 どこかで…)

グラトニーの腹の大口から覗き込む瞳を思い出すエド
…そこで、自身の居る場所が血の海のような場所である事に気付く
アルやリンを探すが、あたりには瓦礫や燃えた木材、人骨が散乱するばかり…

「なんだよここ… 誰か… ここはどこなんだ――――ッ!!!」

<続く>
0171マロン名無しさん垢版2017/01/29(日) 21:44:33.91ID:???
大佐どうすんだコレ。
手出したらもう軍人生命もリアル生命も終わりそうだし
口八丁で乗りきれるんだろうか。
0172マロン名無しさん垢版2017/01/29(日) 22:08:52.99ID:???
大佐が死ぬのは流石に無いと思うぞ (五体満足で済むとは言ってない
一応お父様にも大佐に真理の扉を開けさせると宣言したからね、大総統
そういう意味でも利用価値がある内は危害は加えないであろう…といいなあ
0175マロン名無しさん垢版2017/01/30(月) 02:09:43.99ID:???
同時並行的にストーリー進んで群像劇っぽくなってきてる気がする
この手のストーリー進行って手塚治虫が好んで用いてたが
ガンガン所か0年代の漫画作品で記憶に無いな
0176マロン名無しさん垢版2017/01/30(月) 07:28:14.72ID:???
そういやあの血の池地獄の白骨死体、服装から見るにコーネロ教主か?
…意外ときれいに食ってたんだな、グラトニーw
0177マロン名無しさん垢版2017/01/30(月) 08:36:21.89ID:???
そういや今のところ生き物は錬成出来ないけど周りの血から肉みたいなものとか錬成出来ないのかな?
0179マロン名無しさん垢版2017/01/30(月) 16:18:52.08ID:???
アルの手も大丈夫なのかな
あれじゃ錬金術仕えないんじゃ…
0180マロン名無しさん垢版2017/01/30(月) 20:34:46.87ID:???
地面に書くタイプの錬金術が使えなくなったわけじゃないだろうし
…と思ったがそもそも繋ぎ合わせる腕も腹の中だったな、その辺の鉄板で代用できないもんか
0181マロン名無しさん垢版2017/01/30(月) 21:18:33.89ID:???
>>179
自分の身体で輪を作ることが必要なわけだから
指でオッケーの形とかジャンプして両足の裏をくっつけて輪を作ったりとか
0183粗筋の錬金術師垢版2017/01/31(火) 17:05:30.25ID:oc9S9kIg
  <第51話 闇の扉>

謎の血の池空間を一人さ迷うエド 一体どうなってるのか、ここはどこなのかエドも困惑
「あーもうこうなったらグラトニーでもいいや!いるなら説明しやがれ!
 アルー!!グラトニー!!バカ皇子―――!!」
「バカとはなんだバカとハ」
返事があった リンがたいまつをもってエドの前に現れる
無事だったかと駆け寄ろうとするがその足が止まる エンヴィーが化けていやしないか警戒するエド

「あのな…なんなら君達が泊まってたホテルで
 俺達が食ったルームサービスのメニューを上から全部言ってやろうカ?」#
「よし本物のリンだ」
「そっちこそニセ者じゃないだろうなこのマ
「 誰 が 豆 粒 だ !!」「よし本物だナ」

本人確認も済んだところで状況確認 ここがどこなのかリンに訪ねるが彼も分からない
リンが言うには暗闇の向こうもひたすら暗闇でどこまでいっても終わりが無いと言う
そんなバカなとエドがリンのもっていたたいまつを取り上げるが 
そのたいまつの棒、人骨だった エドもびっくり

「ああ その辺に転がっていた死体やら木やら拝借して松明にしタ
 この暗闇で明かり無しに歩いてたら気が狂うところだヨ 火元があって助かっタ」
「火元? なんの火だこれ」
「あの大佐の炎がグラトニーに飲まれてたからそれじゃないのカ?」
「あ 思わぬ所で役にたってんじゃねーか大佐の奴」

……そこで自分たちがグラトニーに『飲まれた』と言うことを思い出す
だがなぜこんな所に居るのか…いくらなんでもグラトニーの腹の中がこんなに広いわけは無いが…
しかしよく見てみると、その近くには彼らが先ほど居た廃屋の瓦礫やホークアイ中尉の車もあった
まさか本当にグラトニーの腹の中なのであろうか…
エンヴィーがリンを飲ませたがってた辺りろくでもない場所なのは間違いなさそうだが…
0184粗筋の錬金術師垢版2017/01/31(火) 17:05:57.17ID:???
するとそこで、エドが何かに気がつく エドが見つけたのはアルの手であった
手だけと言う事は本体はこちらには着てないのであろう とりあえずは安心か
「しかし困ったな―― ここがどこだかさっぱりわかんねぇし…
 アル 心配してるだろうなぁ……

 ぬおおおおお!!都合よく目覚めよオレの精神感応<テレパシー>能力!!」
「一人でやってロ!!」

当ては無いがしばらくその謎の空間を歩く二人
星が見えないから夜と言うわけでもなさそうだし、生き物の気配もないから野外でもなさそうだが…
おまけにそこいらに転がっている死体やら瓦礫も時代がバラバラの代物ばかり…
出口はあるかは知らないが『出口がなけりゃ作る!』と言ってのけるエド …だがどこに?

「………   …あっ!!足元!! とりあえず地面はある!!」

一先ず足元の血を井戸状の囲いをつけて取り除く どうやら足元の地面は血の塊に近い代物
とりあえず分解して大穴を明ける その穴に松明を投げ込んでみるが




「………」「地面に当たった音がしない…」
「壁ダ!! 壁探そウ!!」「うんそうしよう!!」

ふたりはにげだした!!
0185粗筋の錬金術師垢版2017/01/31(火) 17:06:15.08ID:???
その頃中央のスラム街では、メイがパンダのシャオメイを探してまわっていたが見付からないようで…
野良犬にでも食われたんじゃないか?とヨキさんが心無いことを言うが
思いっきり泣かれた ヨキさんもあわてて謝り

「あの子…シャオメイは生まれつきの病気で大きくなれなかった大熊猫なんでス
 身体が大きくなれず他の大熊猫に捨てて行かれたのを私が拾っテ…
 以来姉妹のように育って来ましタ
 私の一族… チャン族はシン国50の民族の中で権力なんて無いに等しい最下層の一族なんでス
 だからですかネ 立場の弱い者同士引かれあったと言うカ……
 うん 最初は同情だったのかもしれませんン」

そう語りながら、シャオメイとの出会いを思い出すメイ
雨にうたれて座り込んだパンダに蓮の葉っぱを傘代わりに差し出すメイ あ、かじられた

「でも家族同然に育ってきて苦労も一緒にしてきテ…
 私にとってかけがえの無い存在になったんでス
 あの子がいたから耐えられた事もいっぱいありましタ
 今回の砂漠越えだってあの子と一緒だから耐えられたんでス」

…そもそも何故そんな過酷な砂漠を越えてまでこの国に来たのか、ヨキさんが聞くと不老不死の法を得るためと答える
不老不死の法を持ち帰り、皇帝陛下からの信用を得ることができなければ、一族の命運すら…
そのためにもメイはシャオメイと一緒に砂漠越えを…
そこまで言って、また思い出して泣きじゃくるメイ 
そんな姿にヨキさんもうろたえ…スカーは静かに立ち上がる
足を治してくれた礼と言って、どうやらスカーもシャオメイ探しを手伝ってくれるようだ
0186粗筋の錬金術師垢版2017/01/31(火) 17:06:40.64ID:???
「おっかない顔してるけど良い人ですネ!」 ぐす
「いや…… あいつの一族…イシュヴァールの民はな 先の内乱で滅びてしまったんだ
 おまえの所の弱小一族の存亡ってのに思うところがあるんだろうよ」

メイもその後ろをついていき、一緒にシャオメイを探す事にするのであった

……場面はエド達に戻り、謎の空間内で左右と上に銃撃をしてみる
だがリンの耳でも反響音はどこにも無いとのことで
「ありえねー! なんだこの広い空間!!」
…もはや何時間歩いたのかもわからないほどその空間をさ迷い歩く二人
……だが、リンがついに力尽きてしまったか、膝をつき流木にもたれかかってしまう
しっかりしろとリンを励ますエドだが…
「…先…行けヨ… 俺にかまうナ…おまえ…だけでも先に…行ケ…」
「かっ!!この根性無し!! ほんじゃオレ一人で行かせてもらうぜ!!
 本当にオレ一人で行っちゃうぞ!!(ふりむき
 本当だからな!!(ふりむき 捨ててくぞ!!」


「ふん ぬ お お お お お お お お 」

松明を口にくわえながら、気合の雄叫びを入れてリンを担ぎ上げるエド
「……一人で行くんじゃなかったのカ」
「おう! オレの帰りを待ってる奴がいるからな! おめーと共倒れなんてまっぴらだ!
 けど…おめーにも待ってる奴がいるんだろ…!!
 つーかなぁ! てめ…まだ喋るだけの体力……ある…なら…… 歩けっ………」

遺跡の踊り場のような場所で倒れこむ二人
さ迷い歩いても血の海に体力がとられるだけだし 空腹も限界が近く…
0187粗筋の錬金術師垢版2017/01/31(火) 17:07:05.95ID:???
「知ってるか?リン 革製品って食えるんだぞ」 
エドが靴の血をじゃーっと戻していると、ふとそんな事を話す
「ガキの頃に見た映画でな…革靴を煮込んで食うシーンがあった…」
「待て 靴っテ…」
「あ!しまった鍋が無ぇな その辺の物でテキトーに錬成して…と」「…おイ」
「水は…この血の海を精製すればいいか」「おーイ」

「…この野郎…俺が皇帝になったら『皇帝に靴を食わせた男』とシンの歴史書に口汚く書いてやル…」
「マジ?やったね 『エドワード・エルリック シンの歴史に名を刻む』ってかっこよくね?」

……なんだかんだ言って革靴を食べて、どうにか空腹は凌いだ二人
自分をかばったばかりにこんな所に放り込まれたことを謝罪するリン
その言葉に、ガキのころの修行に比べればたいした事はないと言ってのけるエド

「ここがどこだかわかんねーのは困るけどよ
 とりあえずピンシャンしてるからおかげで出口が探せる」
「前向きだなァ」
「前向きっつーか生きる事にねちっこいだけだ
 ちょっとでもあきらめたらアルの怒号と鉄拳が飛んで来るからな 弱音吐いてらんねぇよ」

というわけで行軍再会と行こうとする二人 リンも溜息をつくが
…誰かが近づいてくるのをリンが感じ取る するとそこに現れたのは、共に飲まれたエンヴィーであった
その姿に 「出口教えてクダサイ!!」 超下手で頼み込むエド  だが出口など無い、とエンヴィーは言う
エンヴィーの言葉からも、やはりここはグラトニーの腹の中ということなのだろうか…

「腹の中であり腹の中じゃぁない 鋼のおチ…錬金術師サンはここがどこだかもう気付いてんじゃないのかい?
 覚えがあるだろう? あんたは過去に経験してるんだから」

その言葉に…エドはあの巨大な瞳…あれが真理の扉に似ていることを思い出す
だがあの時通った真理の空間はこんな暗闇の血の海ではなかったはずだが…?
0188粗筋の錬金術師垢版2017/01/31(火) 17:07:27.11ID:???
「へえ…本物はそんな場所なんだ
 これは… グラトニーは"お父様"が作った 擬似・真理の扉だ
 "お父様"の力を持ってしても作る事ができなかった 本物の扉にはなれなかった失敗作さ
 ここは そうだな…現実と真理の狭間といったところかな 出口も出る方法もありはしない
 誰もここを出られない 力尽き寿命が尽きるのを待つだけだ
 皆ここで死を待つしか無い……!!」

そのエンヴィーの言葉に、リンも、エドも愕然としてしまう… 

「出口が無い…… ここで死ぬ……?」
「ちょっと待ってくれよ オレが死んだらアルはどーすんだよ 約っ…約束してんだよ…………!!
 だいたいなんなんだ どいつもこいつも『扉』…『扉』って!!
 『扉』を開けた人間が必要って…
 いや待て待て そもそも『扉』を自ら造ろうとするくらいに必要としているおまえの"お父様"って誰だ?
 ブラッドレイ大総統か?」
「ブラッドレイ? は! あんなガキがお父様な訳あるか!」
「あれをガキ扱い…」
「大総統も…造られた人間なんだな?
 …最悪だ 第五研究所… 人の命を使った賢者の石… 人造人間<ホムンクルス>…
 大総統もと言う事はイシュヴァール戦もからんでるな…」

顔を覆いながらそう推察するエドの言葉に、エンヴィーは邪な笑みを浮かべて見せ

「イシュヴァール! ははは!あれ程見事な内乱は無いね!
 覚えてるかい?あの内乱が勃発したきっかけを!」
「…? 確か軍の将校がイシュヴァールの子供を誤って撃ち殺したって…」

「そう!! この エ ン ヴ ィ ー が! 子供を撃ち殺した張本人!!」
0189粗筋の錬金術師垢版2017/01/31(火) 17:08:02.83ID:???
突然のその告白に……エドはその言葉を理解できないかのように放心状態と化して…
「気持ちよかったねあれは 弾丸一発でみるみる内乱が広がっていく様は壮快だった!
 本当に人間ってやつは操り易い面白い生き物だ! 愉快だったよ!!
 ああちなみにね 当時イシュヴァールへの軍事介入に反対していた穏健派将校に化けて撃ってやったんだぁ!!
 そいつは後で軍法会議で裁かれちゃってねぇ!
 ジャマな奴を一人抹殺して内乱も起こせて一石二鳥!!」

嘲笑うかのようなエンヴィーの笑い声がその場に響き…エドは、そんなエンヴィーにゆっくり向かって…
激昂するエドの鉄拳がエンヴィーの顔面に突き刺さる!
…だが、その鉄拳を受けながら、エンヴィーはビクともしない
エドの拳を受けながら、エンヴィーのその片目が黒く変色する… その姿にエドもたじろぎ
「どうせここで全員死ぬんだ 冥土の土産にいいもの見せてやるよ」
そう語りながら、エンヴィーの身体から錬成光が迸りその肉体を変化させていく…
エンヴィーが変化を始める中、リンは以前エンヴィーと戦ったとき地面が相当陥没していたことをエドに話す
つまりエンヴィーの本体はかなり でか   い…… そういいながら二人の視線がだんだん上にいって…

そして、正体を現したエンヴィーの姿は…
さながら幾多の人間の身体をその肉体に貼り付けた、巨大なトカゲのような姿と化すのだった
「なんだこリャ!! どこが人造"人間"だヨ!!」

「ドうだ」『これガ』【オレの】[俺の]{私の}「姿を」
血の海から突き出す尻尾の攻撃を避けるリンだが [コの姿を]
それを即座に掴み上げ、リンの身体を血の海に叩きつける!!
さらにエドもその巨大な尻尾の一撃に吹き飛ばされる…!!
【見ルな】『僕を』{見るな……!!}
0190粗筋の錬金術師垢版2017/01/31(火) 17:08:48.49ID:???
…その頃廃屋近くの森、朝日が昇り始めるがアルは未だ兄を失った現実に絶望し、うなだれていた……
グラトニーもアルの周りをうろうろしながらどうするか困っていた様子

「〜〜〜〜 おとーさまにおこられる…」

…だが、グラトニーが不意に発したその言葉に、アルの瞳に光が戻る
〔おとーさま…?父親がいるの?〕「いるよ〜〜〜」
〔人造人間<ホムンクルス>を造った人?〕「つくったよ〜〜〜」

……アルはエドの言った、グラトニーの飲んだ質量はどこに行ってるのか、と言う言葉を思い出し
グラトニーのおなかぶにぶに グラトニーおなか触られてちょっと恥ずかしそう

〔…何かからくりがあるんだ… 人造人間<ホムンクルス>を造った人がいる…
 そうだ まだ兄さんは死んだと決まった訳じゃない… 
 しっかりしろ!二人で元に戻るって決めただろ!! ボクか兄さん片方でもあきらめたら終りだ!!〕
そう叫びながら自身の頭を叩いて自分に活を入れる
〔大佐も言ってたじゃないか! うろたえるな! 思考を止めるな! あきらめるな!
 グラトニー!! ボクを連れて行け!! その父親の所へ!!〕

兄を救うため、アルは自ら虎の穴に足を踏み入れんとする…!
…同じ頃、ホークアイ中尉もまた大佐の教えを胸に、静かに大佐の帰還を待ち続ける…

<続く>
0192マロン名無しさん垢版2017/01/31(火) 19:24:24.62ID:???
まさに吐き気を催す邪悪だな、エンヴィー

んで、グラトニーはいわゆる真理の再現品(失敗作だが)となると
ホムンクルス連中は、いわゆる真理…錬金術の性質をそれぞれ七分割させた存在、とかだったりするのかな
あるいはグラトニーだけが明確に特別品なのか
0193マロン名無しさん垢版2017/02/01(水) 13:50:23.34ID:???
ここで39話エンヴィーの伏線回収か
これほどまでエグい姿だとは…
0194マロン名無しさん垢版2017/02/01(水) 18:19:11.04ID:???
よし落とし穴を空けて大タル爆弾を錬成するんだ、エド
大丈夫、爆弾の一つや二つくらいリンが隠し持ってるはずだ
0196マロン名無しさん垢版2017/02/01(水) 22:48:11.77ID:???
まだ見ぬ連中は分からんが7人中一番酷い死に様になりそう・・・
しっと団もこいつとは一緒にされたくないだろうな
0197マロン名無しさん垢版2017/02/01(水) 23:00:04.09ID:???
>>196
問題は誰がエンヴィーに引導を渡すかだよな
ヒューズの恨みがある大佐はもちろん本命だが
今回の件でスカーも候補に挙がってきたし
あるいは非情になりきれない兄弟に代わってリンが手にかける、と言うのもありそうだし…うーむむ
0198マロン名無しさん垢版2017/02/01(水) 23:05:05.46ID:???
ボロボロに弱ったところを見下してたモブにやられるってパターンもありえるぞ。
0200マロン名無しさん垢版2017/02/02(木) 13:50:54.91ID:???
嫉妬さんなんだから嫉妬してる誰かに殺されるんじゃね
体硬くする能力なのに自由なグリードに対する自由に姿変える能力なのにお父様に従うエンヴィーとかどうだ
グリード死んだけど
0201粗筋の錬金術師垢版2017/02/02(木) 16:58:49.59ID:9GNEHqYV
冒頭、アルはグラトニーに"お父様"のところへ連れて行くように言う
アルの言葉にグラトニーはちょっとくびをかしげ

「おまえ扉あけた?」〔うん 開けた開けた〕
「連れてったらおとーさまよろこぶ?」〔喜ぶよーめっちゃ喜ぶよー〕

そう語るアルに、グラトニーはにっこり笑顔を浮かべるのでした

  <第52話 魔窟の王>

そのころ大総統府では、軍部高官が人柱候補に関して会議の最中
現在人柱として確認済みなのはエルリック兄弟、マルコー医師もそろそろいけそうとのこと
爆弾狂のキンブリーの方は、扉を開ける神経は持ち合わせていないそうだが…

……マスタング大佐は、軍の事実を知っていながら未だ生き長らえてはいた
紅茶を入れる大総統に 「何故この状況で私を生かしておくのですか」 と問う大佐
その問いに、大佐の立場を理解させるため…そう答える大総統

「………いつからですか いつから軍は人造人間<ホムンクルス>に頭を垂れたのですか」
「この国が生まれた時から仕組まれていた事だよ」
ずっと自分たちの足掻きを嘲笑っていたのか… その表情を険しくさせ、憤りの感情を浮かべる大佐
ヒューズの葬儀に震えていた大総統 その姿も偽りだったのか…
「たかが軍人ひとり 死んだくらいで誰もかれも騒ぎすぎだ
 軍服をまとった時からそれが死に装束になる可能性が高い事くらいわかっていただろうに
 ヒューズ准将の子…名をなんと言ったか… 葬儀の最中にやかましい事この上なかったな
 実に腹が立ったよ」
そう言い放ち、大総統の顔は『憤怒』の感情を浮かべてみせる
大総統も人の親でありながら…その言葉に憤慨する大佐 

「子供…セリムか …あれはよくできた子だ」
「尊敬すべき父親が人造人間<ホムンクルス>だと知ったらどうなるか…」
0202粗筋の錬金術師垢版2017/02/02(木) 16:59:42.54ID:???
「脅しかね? 無駄な事だ あれは私にとっての弱点にはなりえんよ」
涼しい顔でそう返し、自分の心配をしたほうが良いといい放つ大総統…

その頃フュリー曹長はブラックハヤテ号にごはんあげていたところ
顔をべろべろ舐められながら、未だ戻らぬホークアイ中尉を心配するが…
するとそこに、人事局の人が曹長を尋ねてきたとのことで

しばらくして、大総統府で大佐を待ち続けるホークアイ中尉の下に、フュリー曹長が顔を出す

「……中尉 今朝寮に人事局の者が来まして 自分………
 南方司令部勤務を言い渡されました 僕だけではありません
 ブレダ少尉は西方司令部へ ファルマン准尉は北方司令部へ転任が決まったそうです」
その命令にホークアイ中尉も絶句 中尉の元にはまだ何も…
そう言いかけた所で、その人事局がホークアイ中尉を尋ねてくる
大総統補佐官のシュトルヒから、直々に書類を手渡され…その中身を確認すると
「これはっ…!! なんですかこのありえない人事は!!」
その命令に、ホークアイ中尉も驚愕 一体どこに飛ばされるのか…

「リザ・ホークアイ少尉を 明朝より中央司令部…
 大 総 統 付 き 補 佐 に…!!」

「―――という訳だ 悪いね マスタング大佐」
自身の信頼の置ける部下を根こそぎ切り落とされ、大佐も愕然としてしまうのだった…

そのころパンダを探すメイの方は 工事現場のおじさんに聞いて見るとその姿を見たと言う
なんでも一本角のでっかい鎧が連れて歩いていたとか…
「はっ!!もしや昨日のアレ!?」
うろおぼえでなんか凶悪な笑い声を上げるモヒカンアル(あとなんかいたちっこいの)の姿を思い出す
その怒りの炎を燃やし、アルの後を追うメイ
スラムの裏路地でアルの姿を見つける、その肩にもしっかりシャオメイが乗っかっていた
すぐにその後を追いかけようとするが、それをスカーが止める
0203粗筋の錬金術師垢版2017/02/02(木) 17:00:27.27ID:???
「あの太い奴…たしか人造人間<ホムンクルス>と呼ばれていた
 不死身に近い再生能力をもっている うかつに手出しできん」
「不死身だなんて願ってもなイ! 追いかけましょウ!」
「うかつに手出しできんと言っただろう 簡単にいく相手ではないぞ」

しかし虎穴に入らずんば虎子を得ず、とメイはすぐにその後を追いかける
スカーはグラトニーと行動を共にするアルを警戒するが…
近くに憲兵が通りかかったため、やむなくスカーもその裏路地、地下の入り口に足を踏み入れる

……内部は案外しっかりした造りの地下に通じる階段のようだ
その入り口では、なにやら地鳴りのような音が微かに響くが…?
するとメイも青ざめた表情を浮かべている事にスカーが気付く

「いえ…ここ… ……変……
 この国に入ってから違和感を感じていたのですがなんと言うカ… その感覚を表現しようが無くテ…
 でも今その感覚がわかりかけてきましタ…
 足の下をたくさんの何かがはいずり回っていル……」 

アルの肩にのるパンダも、なにやらおびえてしまっている様子
アルもそんなパンダを心配し声をかける 
グラトニーの案内についていくとかなり大規模な地下水路の道に出る
……だがその通路、いたるところに人骨と血の跡が…!! ;○w○> ぎえっ
グラトニーが言うには門番の仕業らしいが、一緒にいれば教われないとの事で…
…天井の上の金網では、なにやら獰猛な唸り声と怪しい目の光が…
〔何かいるし…… 目を合わせちゃダメだよ…〕 パンダもアルに抱きつき ひしっ
0204粗筋の錬金術師垢版2017/02/02(木) 17:00:59.72ID:???
〔お父様とやらの所はまだまだ先?〕「まだまだ先だよー」
〔そのお父様なら飲まれた人達の行き先を知ってるよね〕
「たぶんねー おとーさまもの知り
 なんでも知ってる なんでも作れる みんな作ってもらった
 おれもラストも エンヴィーも!」

グラトニーのその言葉と共に、場面はエド達とエンヴィーの対決に移る
エンヴィーの前足部分から人の顔がボコンと溢れ、その肉体からずり落ちる…

ぎゃはははははは ゲラゲラゲラゲラ
「どうだ」『みないで』[オレを]「わしを」
[見るなよ]【はははははすごい力だ】『私を』[誰か]「なんで」【愉快だ】
ゲラゲラゲラ オギャアオギャア

「ちっとも愉快じゃねえっつの…」
エドもエンヴィーの様々な言動にそう吐き捨て、血の海から武器を錬成させる シュミワルイ
「闘れるか?」「どうかナ さっきので肋骨を二、三本やった」
「オレも似たようなもんだ 正直きついな」

で 「「ダッシュ!!」」 ふたりはにげだした!!
暗闇に逃げて体勢を立て直そうとするが、エンヴィーもそれを逃がすまいと二人を追い攻撃をしかける!
リンもその巨大な腕をどうにか剣で遮るが、肉体の表面にあふれ出る人間達の腕がリンをつかみ、投げ飛ばす!!
吹き飛ばされたリンの姿に、エドが助けに向かおうとするが

『殺して』 エンヴィーの表面に湧き出てくる人間が、エドにそう懇願する
『タスけて… おねがい… 殺して』エンヴィーの肉体からずるりと這いずり、涙を流して懇願するが
次の瞬間その口から新たな顔がけたたましい笑い声を響かせて湧き出てくる
高笑いを上げるその脳天に、リンが剣を突き刺す!!
0205粗筋の錬金術師垢版2017/02/02(木) 17:01:27.36ID:???
「ぼさっとするなバカ野郎!! 何をためらってル!!」
「人が……中に人がいた… 助けを求めてる!!」
「違ウ!! 化物ダ!! 割り切レ!!あれは化物ダ!!」

リンが突き刺した傷跡から、さらに人の顔が次々とあふれ出してくる…
喜び、哀しみ、懇願、笑い、様々な声がエドの心をかき乱す
「うるさい!!やめろ!! やめ……

[あ そ ぼ う よ]

その言葉に、エドの脳裏にニーナの姿が浮かんで…
エドの身体にエンヴィーの巨大な前足が叩きつけられる!!
……もはや力尽きてしまったエドに、エンヴィーがその大口を開けると
口の内部からあふれ出た人たちが、エドの身体を口内に引きずり込む…!
エンヴィーの体内に飲み込まれようとする中… エドはその内部にある赤い石に気がつく

(…なんだ? 赤い……石 そうか…人造人間<エンヴィー>の核… 賢者の石だ…
 探してた… こんな近くにあるのにとどかないなんて)

……不意に、エドが倒れた間際に見た、朽ちた遺跡の壁画が脳裏に浮かび…
…その壁画が、クセルクセスで見た巨大な陣と重なり…エドはその眼を見開き!
次の瞬間、エドの足がエンヴィーの歯を蹴破る!!
「出せエンヴィー!! うえっぷ 口の中臭ぇんだよ
 てめ…この野郎 出せっつってんだろが!! 前歯全部へし折るぞ!!」
[一緒に]{おマえも}『なんデ わかってくれないの』【一緒に死のう】
「うるっせぇ!! こいつら黙らせろ!!
 この空間から出られるかもしれねぇ!! 協力しろ エンヴィー!!」
 
0206粗筋の錬金術師垢版2017/02/02(木) 17:01:51.17ID:???
ここで場面はスカーのほうに戻る
襲い掛かるキメラ達を、メイとスカーは次々に蹴散らしていく!

「ずいぶんと変わった門番ですネ」
「合成獣<キメラ>と言う奴だ 錬金術が生み出した悲しき生物よ」

襲い掛かる三つ首犬に、メイがクナイ状の刃を投げつけ、そこから錬丹術を発動させ首のひとつを削り取る!
それでもまだ生きている三つ首犬に、スカーの分解術で止めを刺す
だが、二人の周囲にはまだまだ大量のキメラが取り囲んでいた 
…不意に、メイが何かを感じ取り、青ざめた顔で震え上がる

「下……いやダ… 下…… やっぱり何かいまス」
「まだ下に合成獣<キメラ>が大量にいるのか やっかいだな」

「違いまス これは… 人……?」

最深部に座する、お父様の存在を感じ取るメイ
お父様もまた、侵入者の存在を感じ取っていた

<何やら騒々しい 誰か来るな>

<続く>
0207マロン名無しさん垢版2017/02/02(木) 17:31:42.64ID:???
お父様ホーエンハイムにそっくりやん
まあ別人なんだろうけど
0208マロン名無しさん垢版2017/02/02(木) 18:14:13.40ID:???
エンヴィーの口は臭いと…(メモ)
グラトニーは純朴で可愛いな
つかおとーさま見覚えあると思ったらよりによって親父さんと似てるのか
0209マロン名無しさん垢版2017/02/02(木) 19:39:38.07ID:???
メイちゃんが完全にスカーのパートナーになってきてる件
スカーがロリコン扱いされないか心配デス
0211マロン名無しさん垢版2017/02/03(金) 12:10:56.21ID:???
前から思えたが女が人体錬成すれば心理くんは女版心理くんになるん?
0212マロン名無しさん垢版2017/02/03(金) 12:27:02.57ID:???
真理くんが自分の写見という立ち位置ならありえるな

なにそれいやらしい
0213マロン名無しさん垢版2017/02/03(金) 18:36:56.25ID:???
いやぁ男でも女でもあの白ぬりグラトニーじゃねーの? >真理くん


おっぱいの有る無しは区別されるだろうけど!
0214マロン名無しさん垢版2017/02/03(金) 19:29:10.01ID:???
イズミ師匠の過去掘り下げれば出てくるかもねー>>女真理くん

まあ、修行編やったからないかな
鬱な話になりそうだし
0215マロン名無しさん垢版2017/02/03(金) 23:47:04.78ID:???
大総統・・・やり場の無い怒りに身を焦がしていてて罪名通りのキャラだなあ
まぁ国が真っ黒なのは予想の内だが家族もなんとも思ってないのはショック
人間側につくとしたら家族絡みだろうと思ってたし
グリードも人間についたと言うよりお父様の下が嫌だったんかな
0216粗筋の錬金術師垢版2017/02/04(土) 17:20:28.61ID:vSjXQ8+Z
冒頭、リンがエドの折れた腕に添え木をしてあげて応急処置
エドの話では外にでられると言う話だが
エドが示す遺跡の残骸は、どうやらクセルクセス遺跡の一部のようだが…?

「これがグラトニーの腹の中にあるって事はよ… 証拠隠滅とちがうか?
 てめぇらがクセルクセスで何をしたかだいたい読めてきたぜ なあエンヴィー!」

  <第53話 魂の道標>

―本当の親の名も顔も……自身の名すらも覚えていない
 いや…… 名を付けられる前に捨てられたか買われたか―――
 ただ 物心ついた時から白衣をまとう者達に見守られていたのは覚えている―

「この国を背負って立つのは君かな? 君かな? 『●●●●●』」

―『大総統候補』 それが自身の名の変わりだった
 我々大総統候補は一ヶ所にに集められ様々な教育を受けた
 剣術・銃術・軍隊格闘 あるいは帝王学・人間学…………
 自分がこの国を動かす人物になる そう信じどんな訓練にも耐え……
 やがて 体力・精神力ともに充実した頃―――

「この者もだめでした」「次だ」「次は『●●●●●』です」
とある大総統候補の一人が、ベッドのある簡素な部屋に連れてこられる
横になると、その人物は白衣の人たちにベッドに縛り付けられ…
隣の部屋に目を移すと、そこには実験に失敗した大総統候補達の遺体が転がっていた

そして眼鏡をかけた白衣の人物は、注射器に入れられた賢者の石を見せつけ
さらにその前にはお父様の姿があり……

<君で12人目だ 我が『憤怒』を受け入れるのは君か? はたまた別の誰かか?>
0217粗筋の錬金術師垢版2017/02/04(土) 17:21:01.55ID:???
そして『●●●●●』の肉体に、賢者の石が注入され…悲鳴と共にその肉体に激痛が走る!

―賢者の石は他人の魂が多数含まれている高エネルギー体だ
 生身の人間の血液に入れられると 肉体の持ち主との拒絶反応で暴れまわり その肉体を乗っ取ろうとする
 私以外の大総統候補は生身の肉体を破壊され無惨な死を遂げた
 私は体内の賢者の石と闘い のたうち回り死線をさまよった
 私の身体は石による破壊と石による補修を繰り返した
 元の身体が完全に死ぬか賢者の石に打ち克つか… 地獄の終わりはそのどちらかだったのだ やがて―――

「素晴らしい! 我々は世紀の瞬間に立ち会えた! ここに新たな人類が誕生したのだ!
 おめでとう!君は選ばれたのだ! この国を次の段階へと導くリーダーに!!
 なぁに心配する事はない! あとの事はあのお方に任せておけば良い!
 経歴も財産も家族も友達もなんでも用意してくれるだろう!
 そうだ!この国のリーダーにふさわしい名を付けねばならんな!

 君の名は今日から――― キング・ブラッドレイ」

―名も無き実験体の左目は腐り落ちたが 人を超えた能力を見につけ身体の保持に成功した
 ただひとつの魂と 『憤怒』 の感情を残して―

とある一人の大総統候補の回想を追え、マスタング大佐との会話にその場面を戻す

「ただしここに残るそのたったひとつの魂が 賢者の石にされた誰かのものなのか
 元々の己のものなのかはもう…… わからんのだ」

……大総統の話に、マスタング大佐は人造人間ではなく 人間として生きることはできないのか問うが
「我々は君達とは違う」と、人間に戻る事はできないとはっきり語る大総統

「この目と身体能力は人間を超越した 目的を持って造られた君達より優れた品種だ
 君達人間が人間であることに誇りを持っているように 我々にも人造人間としての矜持<プライド>がある
 あの女も―― その矜持<プライド>を持って死んで行っただろう?」
0218粗筋の錬金術師垢版2017/02/04(土) 17:21:28.30ID:???
その頃アルはグラトニーの案内で最深部に辿り着く
さっそくお父様に人柱を連れてきたと報告するグラトニー アルもまだ心の準備ができてないのに
……だが、アルの前に姿を見せた、お父様のその姿に 〔父……さん?〕 アルは、父の面影を見る…

場面は更にエドの方に変わり
エンヴィーの協力で近くにある遺跡の瓦礫を一ヶ所にかき集める
初めてその壁画を見た時は、第五研究所地下でみた賢者の石の錬成陣と同類のものと思われたが…

(太陽は『魂』 月は『精神』を表す錬金術記号だ 『肉体』を表す記号は石…これは壁画そのもので…)
「おいおい 何黙りこんでんだヨ」
「いや この壁の全体像な 人体錬成の陣だ
 しかも陣を形作る基礎がな "当たり前の人間"を表してる
 ―――で閃いたんだが 生きた人間を人体錬成し直すってのはどうだ?

 死んだ人間の人体錬成は不可能だ
 無いものねだりで代価を払わされたあげく 錬成された者は正しい人の形を成す事も許されない
 だが今ここに生きてる人間を… オレがオレを錬成するのはどうだ?」
「すでに在るものをそのまま練成し直ス?」
「そう たとえば水を水に 鉄を鉄にって具合にだ
 しかも『人体錬成』だ 扉が開く可能性は高い」

この空間が偽りの真理の扉であれば、本物の真理の扉をとおれば元の空間に戻れるのではないか、とエドは推察する
失敗すればリバウンドで行使したもの…エドに全て跳ね返るが…
真理の扉を開ける前に、エドはエンヴィーに聞きたい事がある、と言って
遺跡の地面にクセルクセスの大壁画を大まかに書き写す
0219粗筋の錬金術師垢版2017/02/04(土) 17:27:32.96ID:???
「二頭の竜の頭上に描かれているのは神を表す文字を上下ひっくり返したもの
 上下逆さ…すなわち神を地に堕としめ… 自らのものとする
 出来上がるのは交わる雄と雌の竜 雌雄同体は"完全なる存在"を示す錬金術の比喩表現だ
 ただ考えるだけならいい 問題は… 太陽を飲み込む獅子の図 これは賢者の石を示す記号
 賢者の石の材料は生きた人間… そうだなエンヴィー」
【そうだよ 正確には生きた人間から魂だけを抽出し凝縮した高エネルギー体だ
 精神や肉体は残りカスに過ぎない】
「以前クセルクセス遺跡に行ったが あれほどの技術を持った国が一夜で滅ぶなんて考えられなかった
 移民として他国に行ったって話もないしな

 おまえらよぉ クセルクセス国民全員 賢者の石にしちまったな?
 自身を人体錬成したのは誰だ? そのさい国民全てを巻き込んで 強大な賢者の石と言う付加価値を己につけて
 神をも超える存在になろうとしたのは何者だ!?
 そいつはおまえら人造人間<ホムンクルス>を暗躍させて
 この国でクセルクセス滅亡の再現をやろうとしてるんじゃないのか?」

その問いに、エンヴィーは怪しい笑みを浮かべここから出られたら教えてやると答え
そしてエドの前に自身の賢者の石を見せつけ、回りくどい事はやめようと語る
……エドは、エンヴィーの肉体からあふれ出てくる人たちに目をやり…
「これみんな クセルクセス人なんだな?」
【ちっ 何を今更ためらってんだよ おまえさぁ 南でグリードと闘りあったって言うじゃないか
 けっこうボコったんだろ?奴をさぁ もう気付いてんだろ?その時の再生にも石のエネルギーが使われたって
 同情なんていらないんだよ
 おまえの弟も今は魂だけの存在だってな?
 その弟を人間と認めたいから 似たようなこいつらも人間と思いたいだけだ
 子供騙しの感情だ 貴様ら下等生物に同情されるなんて虫唾が走る!!】
0220粗筋の錬金術師垢版2017/02/04(土) 17:28:04.85ID:???
彼らの精神も肉体も、すでにクセルクセスで朽ち果て、あとはエネルギーとして消費されるだけの存在だとエンヴィーは言う
もはや彼らを『人間』と呼べるものへ還る術はありはしないのだ…
僅かに頭を下げるエドに、エンヴィーの人たちがそっとエドの頭に手を添えた

そして…その人たちを見上げ
「すみません 使わせてもらいます」
エドがその両手を合わせ、真理の扉を開こうとする…

(ああ あの手を合わせる錬成のポーズ… 何かに似ていると思ったら………)

 ま る で 神 へ の 祈 り じ ゃ な い か 

真理への扉が開き、、巨大な瞳が一行を覗き込む
リンも意を決しその扉へと飛び込み、その足が分解されていく…!
(グラトニーと飲まれた時と同じ感覚……)
エンヴィーも真理の扉に飲まれる様に苦悶の声をあげ

……その身体から溢れ出る人たちが、ありがとう、と僅かに安らぎの顔を浮かべていた……


肉体と魂は精神によってつながっている オレの肉体の一部は真理の扉の前にある
 ならば余計なあがきは無用!! 精神を道標に…精神に全てを委ね流れのままに… 扉へ!!)

            へぇ… 身体取り戻しに来たんじゃないのか

そしてエドは真理の前にたどり着くことができた
……だが、エドの背後には真理の扉がもうひとつ…?

そこでエドが見たのは 真理にもっていかれた、アルの肉体…!!

(そうか…オレとアルの精神が混線しているという仮説を立てたが…
 混線しているなら オレがアル側にたどり着く可能性だってあったんだ!!
0221粗筋の錬金術師垢版2017/02/04(土) 17:29:23.08ID:???
エドはアルの元へ駆けつけようとするが、その瞬間真理の扉から開く手の影がエドを扉に引きずり込もうとする
引きずりこまれながらも、アルに一緒に来いと叫ぶが

               だめだよ 君はボクの魂じゃない
                  一緒に行けない

どこか儚げな表情を浮かべ、【アル】はそう返す……

「……っっ っく…っ……そおおっおおおおおおお!!
 アルフォンス!! いつか…必ず迎えにくるぞ!! 待ってろ……!!」

そう言い残し真理の扉が閉じられ…ひとり残された【アル】は、その言葉に僅かに頷くのだった…

場面は地下のアル達に移り
突然、グラトニーの腹が縦に裂け…血と悲鳴が溢れ、グラトニーの腹の瞳が涙を流し
そして、グラトニーの腹の中からエンヴィーの巨体がその姿を現す……!!
エンヴィーの身体の人達に引っ掛かってる兄をアルが引きずり出し
鎧のアルの姿に、エドとリンはどうにかグラトニーの腹の中からの脱出に成功したことを確認
……そしてアルはエドの身体に思い切りタックr だきつく ゴキ
肩のトゲもゴリゴリ刺さってエドも悲鳴をあげる さすがに大げさだとエドも声を上げるが
〔兄…よかった 生きてた… 生きてた…〕
生きていてくれた兄の姿に、アルはうずくまって膝をついてしまうのだった……

(そうだ…身内を全て失って一人取り残される恐怖と絶望をオレは知ってるじゃないか)

エドも悪かった、とアルの頭を撫でてあげて…ふと周りの様子に目をやる
………そこでエドが見た、"お父様"のその姿は……
エルリック兄弟の父親、ヴァン・ホーエンハイムであった……!!

<続く>
0222マロン名無しさん垢版2017/02/04(土) 22:33:07.13ID:???
お父様は兄弟の父親より老けてるよね
近親だったりするのかな
しっくりこないけど
0224マロン名無しさん垢版2017/02/05(日) 01:41:46.30ID:???
んーどこまで参考にして良いかわかんないが
アニメをある程度参考にするならホーエンハイムは古代クセルクセス人(乗り移りかホムンクルスかは保留)
で、王国を滅ぼしたのはお父様で親父の身内(双子?クローンホムンクルス的な存在?流石に妻では無いだろう)
で、人体錬成の時の扉はよく分からんが、お父様の狙いは賢者の石では無く人を超えること(大総統的にはすでに超えてるがさらに超越するのが狙い?)
みたいな感じか?情報量一気に増えてついてくのが大変だが
ありえんとは思うが、お父様は親父の妻で王国を滅ぼしたときに雌雄同体になったとか言い出したら笑うw
0225マロン名無しさん垢版2017/02/05(日) 10:30:13.47ID:???
アニメ見てないけどそんなだったのか
もう何年も会ってないなら老け具合は参考にならないと思う
…人間なら

ホムンクルスのプライドか
ホムンクルスと人間は異種族ってことになるが、子供出来るのか?
いや、家族も用意してくれるって事はほかの2人もホムンクルス?
0226マロン名無しさん垢版2017/02/05(日) 10:40:29.93ID:???
お父様≠ホーエンハイム派終了のお知らせ
…って書こうとしたらここの皆はお父様とは別物と見てる感じかな

手合わせ錬成が東方での拝み=神への祈りという表現は素直に感心した
0227マロン名無しさん垢版2017/02/05(日) 13:07:03.88ID:???
手合わせ錬成と祈りの類似はマンガ夜話でも指摘されてたね
自分は夜話で聞くまで考えつきもしなかった
0228マロン名無しさん垢版2017/02/05(日) 18:41:00.91ID:???
と言うかこの作者がお父様=親父とかやるように思えない
エドとアルがホムンクルスだったとか言い出したら分からんが
家族絡みの絆は別離含めやたら丁寧に描いてるし
人間で家族を捨てたとかは大総統とかマルコー位だろう
あと作者にお父様=親父なのか聞いてもはぐらかされてばかりだし
顔を出して同じ分、逆に何か裏が有るとしか思えない
0229マロン名無しさん垢版2017/02/05(日) 19:10:02.80ID:???
お父様は双子の兄弟で二人で錬金術を極めようとしていたが、ひょんな事から袂を分かつ事に…ってなったら、からくりサーカスみたいだな。
0230マロン名無しさん垢版2017/02/05(日) 19:24:29.47ID:???
同じくやりそうにないと思う
ないと思うけど万が一同一人物だったとしてもそれはそれでちゃんと面白く描いてくれそうな安心感もあるんだよね
0231マロン名無しさん垢版2017/02/05(日) 19:26:16.01ID:???
元々同じ存在だったとかないんかな
理由はわからんが悪ホーエンハイムと善ホーエンハイムに分裂したとか
0232粗筋の錬金術師垢版2017/02/06(月) 17:38:03.09ID:7YjckxBP
鋼の錬金術師 13巻 2006年4月22日 初版発行
掲載・月刊少年ガンガン 平成17年9月号〜12月号

作者近影・コメント

アシスタントさんに背景の指定を出すときに
原稿に付箋を貼ってそこに内容を書くのですが、
たまに居眠りをしているので気がつくと
とんでもねー事を書いていたりします。
最近のヒットは「ここ甲子園よろしく」と
「この辺までペンギン村!!」。

あらすじ
エドワードとアルフォンスの兄弟は、
幼き日に喪った母を錬金術により蘇らせようと試みる。
しかし、錬成は失敗しエドワードは
左足と弟のアルフォンスを失ってしまう。
なんとか自分の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成し、
鎧に定着させることに成功するが
その代償はあまりにも高すぎた。
そして兄弟はすべてを取り戻すことを誓うのだった…。
0233粗筋の錬金術師垢版2017/02/06(月) 17:38:27.83ID:???
      CONTENTS

 第50話 腹の中
 第51話 闇の扉
 第52話 魔窟の王
 第53話 魂の道標

カバー裏おまけ

表 本編51話にて

「エルリックテレパシー!!受け取れ弟―――ッ!!!」 ビビビ



「エド!?」 なんかピナコばっちゃんが受信した



アルの兜の角をぷっちん するとでかいプリンが!

思いっきりアルにぶんなぐられました グーで

本日の背表紙
*本日も死亡者無し
0234粗筋の錬金術師垢版2017/02/06(月) 17:38:48.88ID:???
おまけ4コマ

[黄金狂時代]
グラトニーの腹の中で、革靴食べようとしていたときのこと

「んまっ!!! なんなのこれハ!!」
「高級牛皮ブーツの煮込みですわよ お義母さま」

「こんなもの食べられるわけないわ!! エドワードさんはアタシをうえ死にさせる気かイ!?」
「あらひどいわ! お義母さまに生きのびて欲しくて心をこめて作ったのに…」 ほほ

「これが食べられないというのならそこらの汚水でもすすっていてくださいな!! さあ!!さあ!!」ぐいぐい
「くっ…なんて鬼嫁だイ!! ここは悪魔の住む家になってしまったヨ!!」 ヒィィィ

「なにやってんの」 エンヴィーさんいらっしゃい
「ヨメシュウトメごっこ。」「どこで覚えたそんなこと」「昼のドラマ」


お父様、賢者の石の行商なう
<賢者の石ー 賢者の石いらんかねー>
「おっちゃんひとつおくれ」 牛さんよれよれ 締め切りまであと0日
0235粗筋の錬金術師垢版2017/02/06(月) 17:39:11.05ID:???
次巻予告

 力が欲しい…

 手に入れるため

 守るため

 維持するために

 絶対的な力が必要だ…!

 シン国皇子リンの想いが

 新たな罪を生む。


 望 ん だ の は 、 新 た な 罪 。

鋼の錬金術師 第14巻
2006年7月発売予定!! 
乞うご期待!!
0238マロン名無しさん垢版2017/02/06(月) 21:38:25.29ID:???
2巻連続で死亡者なしだからそろそろどでかい爆弾きそうだな…
0239粗筋の錬金術師垢版2017/02/08(水) 17:00:55.36ID:fOEY/fC3
ウロボロスの組織が潜伏する地下にて
エルリック兄弟はお父様…ホーエンハイムの姿に驚愕の表情を浮かべていた

  <第54話 愚者の足掻き>

……だが何やらお父様、どうやらホーエンハイムとは別人の様子…?
急にその身を寄せて兄弟に問いただして、一息ついてはまたずいっとその顔を近づける様に
エドもちょっと内心気色悪いと困惑気味 
お父様にホーエンハイムとの関係を問われ、アルが父親と答えると
突然お父様が食いつき、エドの頭を鷲づかみ!

<驚いた!! あいつ子供なんぞ作っておった!!
たしかおまえ達の姓は『エルリック』ではなかったか? ん? ん?>
「『エルリック』母方の姓だ!!ホーエンハイムと母は入籍していない!!
 あいつとは戸籍上の繋がりは無いんだよ!!」

……お父様の姿に、リンはその眼を見開きパンダもおびえた様に配管に抱きついて震え上がる
エルリック兄弟も、お父様とホーエンハイムとの関係が見えず困惑するが
何やら考え込んで一人でぶつぶつ言い始める なかなか話の通じないお父様にエドもイラついてきたが
ふとお父様は失ったアルの腕と怪我をしているエドの姿に気がつく
するとお父様はアルの腕に触れ 一瞬でアルの腕を元通りにする!?
さらにエドの腕と肋骨の骨折まで、一瞬で治療させてしまう
お父様の術に、エルリック兄弟も面食らい…

(待て…今こいつ…!! この男…なんのモーションも無しに術を発動させた!!)
(しかもボクの腕を装甲を薄くせずに 元の厚さに生やした!?)

他に怪我はないかお父様が聞くと、リンも怪我をしているとアルが言うが
リンは震えながらもお父様に剣を向ける…!
0240粗筋の錬金術師垢版2017/02/08(水) 17:01:17.66ID:???
「…なんだおまえハ…… ありえなイ…なんだその中身…… なんの冗談ダ!!」
<そのまま返そう な ん だ お ま え は >

剣を向けるリンに、お父様は冷たい眼差しで睨み、グラトニーに食べていいと命ずる
それをエドが止めに入る ここは人柱の顔に免じて見逃して欲しいと頼むエドだが
お父様はそれを<私には必要の無い人間>、とエドの言葉を一蹴する…

「気に入らないナ その目 その態度 さすが人造人間<ホムンクルス>の親玉ってところカ…
 人間を『おろか者』と笑い捨てル…奴らと同じ目ダ」
<『おろか』?そんな事思いはせん おまえ達人間は地を這いずる羽虫を見て『おろか』と思うか?
虫ケラがあがいてもレベルが違いすぎてなんの感慨もわかないだろう?
私がおまえ達人間に思うのは それと同じだ>

お父様のその傲慢な言葉にリンも歯噛みし…
同じく、お父様の言葉にブチギレのエドが地面を伝う破壊エネルギーをお父様に放つ!

「だ―――めだ!!ケガを治してもらったけどやっぱ相容れねぇ!!
 どうやらそっちのヒゲが諸悪の根源らしいな!サクッとぶっとばしてサクッと帰らせてもらおうかい!」
「待テ!あいつなんかやばいっテ!まず出方をうかがっテ…」「ああ!?めんどくせぇ!!」
「『将を射んと欲すればまず馬を射よ』って言葉を知らんのカ!!」
「将を射んと欲するなら将を射っちまえばいいだろが!!」 ズドンと!

エドの過激発言に、リンも内心馬鹿なんじゃないかと思い始めてきた
「短期決戦だ ザコはかまってらんねぇ!!」
〔その様子じゃ長く闘えないだろ?〕
「……一国の皇子が一般人に情けをかけられるとはまいったネ」
0241粗筋の錬金術師垢版2017/02/08(水) 17:01:56.00ID:???
しかしそこにエンヴィーの巨体が一行に立ちはだかる!!
だが二人も周囲の配管をホムンクルス二人に伸ばそうとするが
配管はエンヴィーを素通りし、お父様に向けて延びていく!
その配管がお父様の身体をがんじがらめにしようとするが、お父様もその身体に巻きつく配管を一瞬で分解してしまう
その光景にエルリック兄弟も面食らうが、間髪射れずエドはエンヴィーの巨体を足場に駆け上り
「さっきチビっつった分な!」(ついでに脳天にエルボーぶち込み)

そしてお父様に飛び蹴りを放つがそれを壁で遮る 
アルも地面を手のように伸ばしてお父様に向けるがそれを容易くそらし
その背後からリンが剣を振るおうとするが…突き出した壁がその身体に突き刺さる
ノーモーションで錬成術を発動できるお父様の力に兄弟も困惑しながらも、攻撃の手は止めないが
…お父様は溜息を一つつき、軽く足踏みをすると

ぶわっ と波動のようなものが放たれる……!?

その波動が放つ空気の振動は、内部を探索するスカー達も感じ取り
中央市街を一瞬、異質な空気が流れていく…

・・・その空気の変化を、中央から遠く離れた山を登っていたホーエンハイムも、感じ取っていた…
山の向こう側に多数の鳥達が飛び去っていく光景を暫し睨む…
と、どうやらホーエンハイムの方は山の中に彼が向かう目的地がある様子
しかし山の案内人がいうには、その目的地にはなにもないそうだが…?

…場面はお父様と対峙する兄弟達に戻る エドは地面に手をつき、その眼を見開き…
兄弟は互いに両手を合わせ、地面に手をやるが… 何 も 起 こ ら な い 

(錬金術が発動しない!?)
0242粗筋の錬金術師垢版2017/02/08(水) 17:02:14.52ID:???
困惑する暇もなく、兄弟はエンヴィーに取り押さえられ、リンもグラトニーに押さえ込まれてしまう

【くっくっ…本当にこの下等生物どもときたら…
 大きな力を得た途端に喜び勇みやがって それがどんな物かも知らずに使い続ける!!
 今の繁栄も自分達の力だけで成し遂げられたと思ってやがる!! 滑稽だ!! 愚か者どもめ!!】
「てめぇら何を企んでる!? グラトニーから出たら教えるって約束だぞ!!」
【おまえら虫ケラとした約束なんて覚えてないなぁ】「あ……てめっ!!」

そんなエンヴィーを喋りすぎと叱りつけるお父様
ここまで一般人の侵入を許すとは情けないと部下達に小言を洩らし
お父様はグラトニーが押さえつけるリンに目をやり

<威勢の良い奴だな 体力もありそうだ
そうだな どうせ殺すにしても人間と言う資源を無駄にしてはいかんか…
使える駒を増やせるかもしれん>

そういうとお父様は自らの額に指を当て…額から第三の目が開く!
さらにその目からボコボコと音を立てながら血の涙を溢れさせ…一個の賢者の石となる

<今ちょうど 強欲<グリード>の席が空いている>

【へえ…あれをやる気だねお父様
 人造人間<ホムンクルス>を造るんだよ
 血液の中に賢者の石を流し込んでやるんだ うまくいけば人間ベースの人造人間が出来上がる】
「待て!!賢者の石は高エネルギー体って…」
【そうだよ おまけに石の中の魂との肉体争奪戦になる
 でもあいつの身体がそれに耐え抜く事ができたら強大な力を得られるだろう
 ま たいてい石の力に負けて死ぬけどね】
0243粗筋の錬金術師垢版2017/02/08(水) 17:02:51.54ID:???
エンヴィーのその言葉に…エルリック兄弟はどうにかエンヴィーの拘束から逃れようと抵抗するが
その巨体を跳ね除けられるはずも無く、錬金術も発動させる事が出来ず…
…そこでエドは、自身がもっていた銃の存在に気付き、エドはエンヴィーにその銃を向ける 
だが、エンヴィーは自らの身体から湧き出る亡者達を向けエドの銃口をさえぎる

しかし、リンは手を出すなとエドに叫ぶ 何があっても手を出すなと言うリンの叫びにエドも困惑し…
……そして、リンの頬の傷口に賢者の石を垂らし、その傷跡から賢者の石がリンの体内に潜り込み
その瞬間、リンの身体に激しい激痛が走る!!
賢者の石が自身の肉体を支配せんとし、叫び声を上げながらも絶対に手を出すなとリンは言ってみせる
そして……

リンの中では、賢者の石に使われた人間たちの魂が、不気味なうめき声を上げながらリンの肉体を次々に貫いていき
そしてその眼前には、硬化グリードの顔が亡者達の魂に浮かび上がる…!

【がっはっはァ!!なんでガキがこんな所にいる!?
 迷子か!? まあいい!!おまえの身体よこしな!! この強欲<グリード>様が使ってやるよ!!】
その言葉に、リンは激痛に悶えながらも不敵な笑みを浮かべながら、自身の拳を握り締め…
「いいだろウ…欲深き者ヨ…この身体…くれてやる!!!」

そして、グリードがリンの肉体を大口を開けて飲み込もうとして…!!

一際激しい衝撃がリンの肉体を打ち…そこで賢者の石の反応は収まったようで
リンは、よろめきながら立ち上がり…
……否、その人物は、もはやリンではなく…

「……リン?」
「んあ? ああ この身体の持ち主の事か
 ――っは! がっはっははははは!! なかなかいい身体だ!!生んでくれてありがとよ親父殿!!」

新たなホムンクルス、グリードと化した存在となっていた……

<続く>
0245マロン名無しさん垢版2017/02/08(水) 18:35:40.98ID:???
あーなるほど
これで王とは何かという構図にしてリンと強欲対大総統のリベンジマッチで最終決戦へと雪崩れ込むのかも
全員倒す必要は無いっちゃ無いんだし強欲だけ生き残るかも
0246マロン名無しさん垢版2017/02/08(水) 18:39:17.61ID:???
人と心を交わすことで唯一生き残ることになった人造人間
ってなかなか皮肉が効いてそう

てか強欲倒すとなったらリンを殺さなきゃだよね?
0247マロン名無しさん垢版2017/02/08(水) 19:21:22.14ID:???
強欲 【力が欲しいか?】
リン 「力が欲しいからくれてやル!」

つまりこういうこと…あれ、これだと強欲いつかデレるなw
0249マロン名無しさん垢版2017/02/08(水) 22:11:30.10ID:???
席が空いてるって、そういうものなのか…
大総統からうん十年あけて、2例目サックリ大成功?
0250マロン名無しさん垢版2017/02/08(水) 22:15:45.83ID:???
そんな拒絶してる感無いからじゃない?
むしろ受け入れてやる!ってなもんだからすんなり行ったとか
0252マロン名無しさん垢版2017/02/09(木) 06:47:05.34ID:???
こうなった以上
・グリードに支配されたと思ったら逆に支配し返す
・なんやかんや意気投合して共存する
・心中して共に果てる
の三択だろうからなあ。
賢者の石(不老不死)を手に入れるという目的上3番目は無さそうだから
共存ルートかね
しかしこれはメイは後継者レース大きく水を開けられた形だな
0253マロン名無しさん垢版2017/02/09(木) 07:34:14.01ID:???
リンのアレが衝撃過ぎるがお父様の錬金術封じも気になるところだ
そもそもお父様と言うのはホムンクルスを生み出したと言う意味じゃなくて
錬金術その物を生み出した父と言う意味合いなのだろうか?それで自由に力の操作ができるとか
0254マロン名無しさん垢版2017/02/09(木) 08:28:14.46ID:???
これメイも色欲ぶっこまれたりしたら変なものに目覚める人いそう。
0255マロン名無しさん垢版2017/02/09(木) 08:43:36.30ID:???
>>254
そういえば、強欲は再利用だけど色欲は消えたんだよな
こっちも復活するのかね
0256マロン名無しさん垢版2017/02/09(木) 10:16:10.27ID:???
色欲は石ごと消え去ったから無いでしょ

復活したら逆に嫌だ
0257マロン名無しさん垢版2017/02/09(木) 18:08:30.33ID:???
「死んだ者はどうやっても蘇らない」は鋼の錬金術師のテーマのひとつであるだろうしね
ただお父様のやりたいほうだいっぷりを見るに、色欲mk2くらいは平気で出してきそう
0258マロン名無しさん垢版2017/02/09(木) 19:55:19.36ID:???
アームストロング少佐に色欲突っ込んだらやばそう。
色々な意味で
0259マロン名無しさん垢版2017/02/10(金) 04:45:34.94ID:???
無効化の理屈がよく分からないんだがこの状態で錬丹術って機能するんだろうか?
0260マロン名無しさん垢版2017/02/10(金) 11:59:13.00ID:???
そんな東洋医学と西洋医学みたいな差があるのかねえ
とは言えワザワザあからさまな東洋系出してきたわけだから有りうるか
0261粗筋の錬金術師垢版2017/02/10(金) 17:01:46.68ID:cEWndKKr
冒頭、場面はグリードにその肉体を奪われようとするリンの所まで戻り
即答で自分の肉体をグリードにくれてやるといい放つリンに、さすがのグリードも困惑

【…ふつう拒絶しねぇか? 得体の知れない赤の他人だぞ?】
「俺はシンの皇帝になる男ダ
 他人の二十や三十受け入れるだけのでかい懐が無くてどうス… …ル ぐはっ!!」
だがその肉体を貫く魂たちに、リンも苦悶の声を上げる
そんなリンをでけぇことをいうガキだと笑い飛ばし
リンもリンで、不老不死の秘密がある賢者の石を
さらに強大な力を得られるのなら願ったりかなったり、と自身を貫く亡者にかじりつきながらそういい放つ
そんなリンに、グリードも思い切りのいい奴は好きだと笑い飛ばし
【だがどうなっても知らんぞ!?後悔すんなよ!?止めるなら今のうちだぞ!?】

「手ぶらで帰ったら腕ぶった斬ってまで尽くしてくれた臣下に合わせる顔が無いだろがッッ!!!!!」

グリードに向け、リンの怒声が響き渡る…!
そしてリンは、自らの頭を抱え「力が欲しイ…」そう呟く
「手に入れるためニ… 守るためニ… 維持するためニ… 絶対的な力が必要ダ…!
 リスクは元より承知!! 来い強欲<グリード>!! 受け入れてやル!!」
そういい放つリンに、グリードもニヤリと笑みを浮かべ…

【その強欲さ…気に入ったぜ どれ…おまえの覚悟とやら… 見せてもらおう!!!】

・・・
こうしてリンの肉体を媒体に、新たなホムンクルス、グリードが誕生するのだった…

  <第55話 二人の強欲>

とりあえずグラトニーが新しく生まれたグリードに挨拶
お父様にも片膝をつき、生んでくれたことを感謝する言葉を述べる
……グリードと言う言葉にエドが反応するが、どうやら彼は以前のグリードとは別物のようだ
0262粗筋の錬金術師垢版2017/02/10(金) 17:02:13.40ID:???
「リン…は…?」
「リンって奴は友達か? 面白いガキだったぜ 奴は俺をすんなり受け入れやがった
 悪いな この入れモンはグリード様がもらっちまったぁ!!」

そう言い放ち、高笑いを上げるグリード 兄弟はその事実を信じられなかった…
…するとそこに一匹のキメラが現れ… キメラは血しぶきをあげ倒れ、その前にスカーが現れる!!
スカーと行動を共にするメイは…お父様の姿にその背筋を凍らせる

「いやダ…あの人 いやダ…人だけど人じゃなイ……!!」
「ふん…たしかに どれもこれも人ではないな」

スカーもその周りにいるグラトニーとエンヴィーの姿にそう呟く
と、そこにパンダのシャオメイがメイを見つけて飛び込んでくる
シャオメイとの再会に涙するメイ グリードもよくわかんないけどその再会を祝福(拍手ぱちぱち
スカーは取り押さえられているアルの姿も見つけ、ホムンクルスとはグルではないことも確認し

「む… 鋼の錬金術師!」
「エ!? どこでス!?エドワード様はどコ!?」「あれだあれ」「どこにもいないじゃないですか!」
「だからアレだと言っている あの小柄なのが 鋼の錬金術師だ」

・・・スカーのその言葉に
メイの頭の中で思い描いていたあれやそれやのシンデレラストーリーが崩壊した瞬間であった
「乙女の純情を弄んだわねこの飯粒男ーッ!!!」「なんだとこの飯粒女!!」
〔兄さんあの娘に何したんだよ!? 責任とんなよ!!〕「なんもしてねぇ!!」
メイちゃんごっつしょんぼり orz
0263粗筋の錬金術師垢版2017/02/10(金) 17:02:37.31ID:???
…スカーの存在にホムンクルス達も気づき、術の使えない今が好機と
グラトニーがスカーの始末をしようと飛び掛るが…スカーは飛び掛るグラトニーに向けその指を鳴らし
人体破壊がグラトニーの腕を吹き飛ばす!? 
さらにメイの錬丹術が(エルリック兄弟ごと)エンヴィーの巨体をぶっ飛ばす!!
その光景にさしものお父様も眼を見開き、エンヴィーも何故錬金術が使える!?と驚愕
その隙を付きエルリック兄弟はエンヴィーと距離を置き、両手を合わせ地面に手を置くが…

・・・
〔やっぱ発動しない!!〕「なんでだ――っ!!!」 兄弟逃げ
【あっ…待て!! 『なんで』はこっちのセリフだ!! なぜおまえらここで錬金術が使える!?】
どうやら二人が術を使えるのは彼らも想定外の事態のようだが…
事態はわからないが状況打開のチャンスと見たエドは、スカーにイシュヴァールの真実
即ちその犯人が目の前のエンヴィーであると語り …その言葉に、スカーは静かにその怒りを燃やし…

「詳しく話を聞かせてもらわねばならんようだな 答えろ 何故我らは滅ぼされねばならなかった?
 答えによっては貴様らを神の元へ…」
…ホムンクルスたちに詰め寄るスカー、その背後でグラトニーが再生しスカーに襲い掛かろうとし…
スカーの人体破壊がグラトニーの顔面を潰す!!
「否 我らイシュヴァールの同胞が居る神の元へは行かせん
 安息も救いも与えられぬものと思え!!」
スカーの怒りが地面を砕き! エンヴィーと対峙するスカー
その凄まじい破壊ぶりにグリードも人間(ノーマル)のくせにやるなあと感心する
お父様に命じられ、グリードも参戦しようとするが…それをエドが阻む

「オレは信じねーぞ リン」
「間違えんじゃねーよ 俺は グ リ ー ド だ!」

そう返し、グリードは自身の手を硬化させる…!
0264粗筋の錬金術師垢版2017/02/10(金) 17:02:52.59ID:???
……メイもリンの姿をしたグリードの姿に気づくが…グラトニーに追い立てられてそれどころでない
スカーの分解術に、お父様はなにやら考え込み…まるで無造作にスカーの眼前に踏み込む!?
とっさにスカーもお父様の顔面に人体破壊をぶち込むが…
「……… うーむ 本当に発動している 人体破壊… いや分解か」
お父様の破壊エネルギーがスカーに襲い掛かる!! だがスカーもそれを咄嗟に離れて凌ぐ

(こいつっ…!力の循環をさせた素振りも見せずに術を発動させた!
 あと一瞬逃げるのが遅かったら全身粉々にされていたところだ!!
 どこかに錬成陣を隠し持っているのか!? いやそれよりも…
 人体破壊で 傷 ひ と つ 付 か ん だと!?)

メイもスカーの助けに向かおうとするがグラトニーに阻まれる
倒れるメイにグラトニーが襲い掛かろうとするが、それをアルが妨害しメイを救い出す
「く…助けてくれなんて言った覚えハ……」
〔何を甘い事言ってんだ君は!! 奴らは自分達には無益な人間には容赦しない!! 早く逃げるんだ!!〕
メイを抱きかかえ部屋の外に逃げ出すアルだが、その眼前にはキメラの大群がその行く手を阻む…!
そこにお父様にやられたスカーもそこに滑り込んでくる
錬金術が使えないだけでこのざまと、自身の無力さを嘆くアル…
メイの状態も芳しくない…スカーにメイを連れて外に逃げる事はできないか聞いて見る

「この己れを逃がすと言うのか?あの医者の娘にとって敵であるこの己れを」
〔ああ 今すぐにここで殴り倒したいね!
 でも今はこの娘は逃がすのが先だ!正直おまえなんかに頼むのは腹わたが煮えくり返る…〕
「貴様はどうする」
〔なぜか今ボクも兄さんも錬金術が使えない 体術だけで合成獣<キメラ>の群れを突破するのは無理だ
 けど奴らにとってボク達兄弟は貴重な人材らしい ここに残っても殺される事はないだろう〕
「…残念だが今の己れの状態ではその娘を守りながらここを突破するのは無理だ
 自分の身ひとつで手一杯だな そして地上に逃げる気は毛頭無い」〔え?〕
0265粗筋の錬金術師垢版2017/02/10(金) 17:03:53.50ID:???
そういうとスカーは側の水路の水を蒸発させて霧を発生させる
さらに配管を分解させ塵のようなものを通路に充満させ…
アルの頭を投げ飛ばすと、配管とぶつかり…その衝撃で粉塵爆発がおこる!!

爆発を眼くらましに、まんまと逃げおおせるスカー
エンヴィーがアルの身体を押さえつけながら、グラトニーに臭いで追うよう命ずるが
グラトニーは倒れた状態で起き上がる事はできなかった

【バカ野郎!死にすぎだ!もう再生力が残ってないのか!】

エドの方はグリードのどてっぱらに蹴りをぶち込むが、それを硬化させて受け止める
「…のバカ皇子!!しっかりしろ!!」
「グリードだ!」「知るか!リンに身体返せ!!」
互いの身体をぶつけあい「できねぇ相談だ!!」とグリードはその爪を振るう
岩をも砕くその一撃を避け首筋に蹴りをぶち込むがこれも硬化させた装甲に受け止められる

「スカしやがってこの阿呆が!! おめーの国は……ランファンはどーすんだ!!」

そう叫び振るう拳は、グリードの顔面に突き刺さり
……グリードだった者のその赤い瞳が消え…『リン』の瞳が、エドをにらみ……
次の瞬間グリードの掌低がエドの顎を打ち、よろけたところを腕ひしぎで押さえつけられてしまう
・・・こうしてエルリック兄弟は、ホムンクルス達に取り押さえられてしまうが……

〔兄さん…〕「あいつ…中にいる!」

エドはグリードの中に、確かなリンの存在を感じ取るのだった…

<続く>
0266マロン名無しさん垢版2017/02/10(金) 18:24:32.28ID:???
このお父様の圧倒的な力は大魔王バーン様を思い出すな
とはいえ兄弟は殺されない事がわかってるからあそこまで絶望的じゃないが
0267マロン名無しさん垢版2017/02/10(金) 19:23:48.16ID:???
メイはともかくスカーも普通に使えるのか
リンは案外すぐ身体取り返せそうだな
0268マロン名無しさん垢版2017/02/10(金) 22:54:17.32ID:???
錬丹術が使えるのは後々説明が入るとして
スカーが使えるのは何で?封じてるのは錬金術じゃなくて再構築?
っていうかお父様構成物質からして人間と違うのか
0270マロン名無しさん垢版2017/02/11(土) 00:39:35.19ID:???
錬金術と錬丹術は仕組みが違うってことか

でも兄貴が錬丹術から引用したって描写あったっけ
0272マロン名無しさん垢版2017/02/11(土) 01:59:00.38ID:???
ホムンクルスのグラトニーは人体分解できて、お父様は分解不可能?
ホムンクルスですらないのか?
0273マロン名無しさん垢版2017/02/11(土) 13:22:24.42ID:???
鋼の錬金術師もとうとう一話アニメ化換算していけば50数話で4クール相当か
再アニメ化しないかなあ、1期は1期で受けてたけどやはり忠実な方もみたい
0274マロン名無しさん垢版2017/02/11(土) 13:27:47.75ID:SQEzs5A5
素というか人間としての戦闘力で言えば大総統に次ぐと思ってたスカーが
なんか種が有るにせよ手も足も出ないとは
最強らしいプライド出す前にこんなラスボス見せちゃって大丈夫か
0275マロン名無しさん垢版2017/02/11(土) 13:29:35.63ID:???
人体破壊が効くってことはホムンクルスは構成物質とかは人間と同じだけどお父様は違うのかな?
0276マロン名無しさん垢版2017/02/11(土) 13:50:53.04ID:???
錬金術そのものを無効化する何かがお父様の身体にあるのか(オーラバリアみたいな)
…とも思ったがお父様の言を見るに人体破壊の直撃を食らってなお無傷っぽいんだよなあ
色々突拍子も無い言動と相まっていろんな意味で不気味なお方だ
0277マロン名無しさん垢版2017/02/11(土) 13:58:42.68ID:???
読み返してたら額からボコォっとグリードの核石出てきてたから、人体組織じゃないなら体内に血のかわりに賢者の石でも流れてるって事なのかな
それだとほかの部分は何よって事になるけど
0280マロン名無しさん垢版2017/02/12(日) 10:53:34.63ID:???
そーいやデビルズネストの構成員でトカゲ男は生き残ってんだよな
作者が覚えていれば新グリードと何かしら絡ませる事になるんかね
0282粗筋の錬金術師垢版2017/02/12(日) 17:01:40.61ID:hllK2wM8
冒頭、お父様は倒れたグラトニーの側に座り込み
<石の再生力を使い果たしてしまったか 心配するな息子よ>
お父様は自身の腕をグラトニーのどてっぱらに突き刺す!!
さらにその奥にある賢者の石が、お父様の指に吸われていき
賢者の石を抜き取られたグラトニーの肉体は霧散するのであった

<また造り直してやる 記憶もそのままにな>

  <第56話 円卓の獅子>

その後エドはひとまずシャワーを浴びてりふれっしゅ中
シャワーを浴びながら、アルの肉体が真理の空間に存在していたことを話す
アルもぐっと拳を握り締め、また一歩目的に近づいたとエドもアンテナを立てて言う

〔あれ?でも扉を通ってって…通行料は?〕
「エンヴィーの中の賢者の石を使った エンヴィーの石はクセルクセス人の魂を集めて作られたものらしい
 戻るべき肉体も精神もとうの昔に朽ち果てて 今はただ消費されるだけのエネルギーになってる」
〔そんな… 理屈ではそうかもしれないけど…〕
「自分自身の人体錬成は成功する事が証明された 通行料が…賢者の石があれば扉をくぐれる
 あとはおまえの肉体を引っぱり出すだけだ」
〔でもエネルギーって言ったって元は……〕「悩んでるヒマは無ぇ 早いとこあそこから出さねぇと」
〔兄さんはそれでいいの!? ボクは…〕
「おまえはあの身体を見てないからっっ!!」

そう叫び、エドはアルの前に飛び出す 全裸で

           全裸 の 錬金術師
           FULLCHIN ALCHEMIST

〔とりあえずパンツはきなよ兄さん 中にね あの女の子がいるから〕
0283粗筋の錬金術師垢版2017/02/12(日) 17:02:10.68ID:???
アルの言葉に、エドも思わず悲鳴が飛び出る 
その悲鳴を聞きつけたエンヴィー(おそらく)が部屋に入るが
エドは石鹸で滑っただけとごまかしといた −w−> 尻もしまえよ

一先ず、アルの鎧の中に匿っているメイは早く医者に見せてやりたいが…
とりあえずノックス先生の所が打倒だろうか 鎧の中ではメイが苦しそうに息を切らせていた
あとはラースに任せてある、とエンヴィーは部屋に入るよう促す

……その部屋にはマスタング大佐も大総統…ラースも同席していた
大佐に何があったか聞くと、自分の部下は皆四方にバラけさせられ
さらにホークアイ中尉は大総統付き補佐にされたと聞き、体のいい人質だとエドも憤慨

「上層部の『一部』どころではなかった 『 全 て 』真っ黒だ」

大総統は錬金術師三人を前に、ただ一人紅茶を手に静かに佇む 武器は側に置いたサーベル一本のみ
(我々国家クラスの武闘派錬金術師三人と相対しても勝てる自身があるという事か)
頬杖をついて大総統を睨むマスタング大佐 
…不意にアルの中のメイが咳きをつく アルが咳払いしてごまかし

「だっ…大総統!! ――以前オレが入院してた時!見舞いに来てくれましたね
 あの時はまさかそっち側の人間とは思いませんでしたよ まんまとだまされました」
「『余計な事に首を突っ込むな』『軍内部全て敵と思え』『時が来たら働いてもらう』
 と言ったはずだ 君達は我々にとって貴重な人材だ 余計な事は知らんでいい
 ただ時が来るまで大人しくしていろ そうすれば悪いようにはせん」
「ではその時が来たら オレ達『人柱』と呼ばれる者以外の一般人はどうなるんですか?」
「余計な事は知らんでいいと言ったはずだ 鋼の錬金術師」

鋼の錬金術師… 大総統のその言葉に、エドは忌々しげにその口端を歪める
0284粗筋の錬金術師垢版2017/02/12(日) 17:02:41.13ID:???
「『鋼の錬金術師』…か この二つ名をもらった時は重っ苦しいとは思ったが
 まさかこんな嫌な重みになるとはね
 この二つ名 捨てさせてもらう」
そういってエドは、自身の血に塗れた銀時計を大総統につっかえす
元々は軍の狗と呼ばれる屈辱も、兄弟が元の身体に戻るために割り切った代物
だが軍のやろうとしている禍々しいたくらみに加担させられるくらいなら
そう吐き捨て、エドは国家錬金術師を止めると宣言するが…

「狗の証…血にまみれておるわ 持っていたまえ 鋼の錬金術師」
「いらねえ 他の術師にも言いふらしてあんたらの計画を頓挫させる」
「いや 君はこれを持ち続けなければならなくなる 自らの意思でな
 なんと言ったかな あの娘

 そう ウィンリィ・ロックベルだったか

 君達の幼馴染の娘 機械鎧<オートメイル>技師 リゼンブール生まれ 君達にとって家族にも等しい存在
 今はラッシュバレーで仕事をしていて…友達とお得意様にも恵まれている 素直ないい娘だ」

大総統のその言葉に、エドの顔にいやな汗が溢れ出る…
激昂するエドの姿に、大総統は正直ものだな、と笑みを見せ

「で?どうするね? いらんと言うなら斬って捨てるが」 

銀時計を指で小突き、エドを鋭く睨み上げる大総統…
……結局、大総統の言葉通り、エドは銀時計を持たざるを得なかった
と、アルは兄弟が元の身体に戻るための旅は続けさせて欲しいと大総統に頼む
大総統も余計な事はしなければ、とその頼みを聞き入れてくれた
…マスタング大佐の方はどうするか、と話題は移り
その問いに大佐は飼い犬にはなっても負け犬にはなれないと言ってのけ
「何より私の野望のために 軍服を脱ぐこともこれ(銀時計)を捨てる事も今はできそうにありません」
0285粗筋の錬金術師垢版2017/02/12(日) 17:02:59.30ID:???
話も終り、一行を下がらせる大総統 …退室の間際、大佐は大総統に一つ問う

「ヒューズを殺したのは貴方ですか?」 「いや 私ではない」
「では誰が」 「ひとつ、という約束だ」

…それ以上は何も聞けなさそうだ 大佐も改めて退室しようとして
不意に大総統がアルを引きとめ… その胴体にサーベルを突き刺す!?
……サーベルを引き抜くが、特に血の跡も確認出来なかった
僅かに怪訝そうな顔をするが、サーベルを収め一行を下がらせるのであった

((あぶなかった!!!)) (頭の上を剣が…!!)
メイはアルの足にその身を隠すことでどうにか命拾い
大佐にノックス先生の住所と、あと小銭を要求するエド
「金!?」「いいから早く!!」「ちょっと待……」
「かッ!!シケてんな!! こんだけしか持ってねーのかよ!!ペッ!!」「チンピラか君は!!」
そんな兄弟に呆気に取られるエド…とそこで中尉の安否を思い出す大佐
大総統府の門前に息を切らせながらも戻ってきた大佐 そこで大佐がみた者は…!!
筋肉モリモリマッチョマンの大男であった…!! (アームストロング少佐です

「む?顔色が悪いですぞ大佐」
「女性との待ち合わせ場所に筋肉ヒゲダルマが立ってて血色よくなる男がいるか?」

周りを見渡すがホークアイ中尉の姿はないようで…
さすがに丸一晩は待ってなかったか、あるいはすでに大総統に呼ばれてしまった後か
その安否を祈る大佐の後ろから、ホークアイ中尉が声をかけてくれた
どうやら単なるご用達に言ってた最中で、その間少佐が代理を引き受けてくれたとの事で
「……………逃げなかったのか」
「『何があってもあきらめるな』と言ったのはどこのどなたですか?」
0286粗筋の錬金術師垢版2017/02/12(日) 17:03:16.54ID:???
そう語る中尉に、大佐も頭を掻いて
「あとで『逃げた方がマシだった』なんて言うなよ中尉!」「何を今更!」
そういいながら二人で車に乗るのでした

エルリック兄弟の方は、ウィンリィの安否を確認するために電話ボックスからウィンリィの元に電話をかける
だが、ウィンリィの身を心配するエドの態度に、ウィンリィは「気色悪い」とバッサリ
普段がアレだから全然信用の無いエド そのまましばらく言い争いになりそうだったが

≪ありがとね 電話嬉しい 二人ともありがと≫

ウィンリィのその言葉に、エドも改めてウィンリィを気遣いつつ
溜息交じりで電話を終えて… その背後からリン…改めグリードが
「こういう必死さが付け込まれるスキになるんだよな!」と背後から声をかけられ兄弟びっくり 
少し揺さぶられただけで自分の弱点になりうる存在に連絡を取ってしまう兄弟を
こんなに付け入りやすい相手も無い、と笑みを浮かべるグリードにエドも苦悶の表情を浮かべる
と、改めてグリードは…リンに頼まれた、と言ってなにやら文字の書かれた布を兄弟に渡す
シン語で書かれているようで兄弟もグリードも読めないようだが グリードは
「"こいつ"を待ってる女に渡してくれとよ」
そういって自分の…『リン』の肉体を指すグリード 
どこに居るのか知らないと兄弟は言うが、グリードは渡してくれとの一点張り

「渡しに行ったら後を尾行て来てその女を殺すんじゃないのか?」
「んなセコいマネするかよ それに女と戦う趣味はねぇ」

そういって肩をすくめるグリードは兄弟の元を立ち去るのであった

「……… おい リン!」
「………グリードだ」
0287粗筋の錬金術師垢版2017/02/12(日) 17:03:38.66ID:???
改めてノックス先生の所にメイを連れてくる兄弟 先生の診断では、打撲だけで命に別状はない様子
でも女性二人にベッドとソファーを取られて、ノックス先生寝る場所が無いけど
と、そこにランファンがアルの姿に気づき起きて来た 
リンの姿が見えず心配するランファンだが、とりあえずは生きてる、とリンからの伝言を渡す
その布には、こう書かれていた

 我 得 到 賢 者 之 石

賢者の石を手に入れた と書かれた言葉にランファンは涙を浮かべる
……だが、リンは…リンの安否を問うランファンに、アルは答える事は出来なかった……

……大総統府の屋上に、そのリンの肉体に宿るグリードの姿があった
グリードに体の調子はどうだ、と声をかける大総統…憤怒<ラース>

「調子はすこぶる良いぜ 聞いたか?この身体シンの皇子だってよ!
 面白いぜぇこいつ 皇帝になる力を手に入れたくて自ら強欲(オレ)を受け入れやがった」
「……真の王とはなんぞやとその皇子に問答した事がある 国も民も全て守り 背負うとぬかしおったが…
 バカめ 欲をかいて全て失ったではないか 愚かな人間の皇子め」

「 や か ま し イ  人 間 を な め る ナ 」

グリード…否、一瞬見せた『リン』の言葉にさしものラースも目を丸くする
「………つー訳よ "こいつ"スキあらば俺を乗っ取ろうと虎視眈々だぜ」
「ふっふ… その身に化物すらも飲み込もうと言うのか どこまでも強欲な人間よ!」
ラースもかすかに笑みを浮かべ、その場を立ち去るのであった

その後、エドはスカー戦であちこちぶっ壊したときの後始末に出ていたところ
という訳でさっそく錬金術で街を修復するエド
「あれ?そういや錬金術…使える…」

エドの鮮やかな手際に、側の憲兵もさすがと笑い飛ばす
なんでも昼前に近場の錬金術師に協力を要請したが、なんでも術が使えないとうろたえて使えなかったとのことで
0288粗筋の錬金術師垢版2017/02/12(日) 17:03:59.31ID:???
…昼前といえばちょうどエドたちがお父様の所にいた頃だ
エルリック兄弟だけでなく他の錬金術師も使えなくなっていたのだろうか…?

以前瓦礫からかばった時のご婦人のところにもベランダの修復をしてあげるエド
(相変わらずのヒドいセンスだけどご婦人も口にはしないでおいた
やっと全部片づいた、とエドもぐってり ご婦人にお茶に誘われるが遠慮しておくエド
色々問題は山積みだが…眠くて考えもまとまらない
頭を抱えるエドに、ご婦人がありがとうと手をふってくれた

……その言葉に、エドはエンヴィーの亡者たちが言った「ありがとう」の言葉を思い出していた
どこか儚げな表情を浮かべ…しっかりしろ、と自分の頭を小突く

(あれは肉体も精神も無いエネルギー体だ それは理解する
 だがこのどうにも胎にストンと落ちない感覚… オレの本心は納得していないって事だ
 これからどうする?まだ賢者の石を追い求めるか?
 あのホーエンハイム似のヒゲ野郎がやろうとしてる事を指くわえて見てろってのか?

 ! あの豆女と傷の男<スカー>の錬金術…
 中央の錬金術師が術を使えなくなった時に奴らは使う事ができた
 あのヒゲに対抗できる オレ達とは違う系統の錬金術…?
 …まだまだ錬金術には可能性がある…か!!)

その頃スカーはウロボロスの根城を、キメラを撃退しながら一人探索 
エドの証言では彼らが内乱を起こさせたと言うが、その目的は そしてお父様は何者か…
色々謎は深まるが…、するとそこに何者かがスカーに声をかける
天井裏の通路のスカーに気付いたのは、ホムンクルス達に幽閉されていたドクターマルコーであった

<続く>
0289マロン名無しさん垢版2017/02/12(日) 17:20:14.80ID:???
グラトニーマジかよとか思ってたのに風呂場に駆け込むエンヴィーで吹いてしまったw
パンダも顔赤らめるのヤメレw

リンなかなかしぶといじゃないか
いい感じに共生してるから楽しみだ
0290マロン名無しさん垢版2017/02/12(日) 17:35:01.90ID:???
大総統こええよ
ウィンリィの存在ホムンクルス側に知られてるてヤバくないか。大総統とグリードはともかくエンヴィー辺りに今後利用されそう
0291マロン名無しさん垢版2017/02/12(日) 19:05:23.64ID:???
やっぱクセルクセスに鍵があるんだろうな
で、ふと思ったが
親父とお父様両者が長命で、敵が国の建国時から関わってるとするなら
お父様=東の賢者、親父=西の賢者でクセルクセスの生き残り
錬金術の変換に要するエネルギーはアニメみたいに平行世界の魂とかで
お父様が広めた錬金術は無数にある平行世界の一つだけしか知られて無くて
お父様はその平行世界とのリンクを自由に出来る
錬丹術は無数にある平行世界から術者が選んで発動に使用してるってのはどうだろう?
源流はどちらもクセルクセスのはずなんだし、他は間違っててもお父様=東の賢者ってのはかなりありうる線だと思うんだが
0292マロン名無しさん垢版2017/02/12(日) 19:41:21.01ID:???
大総統の「大人の汚さ」は流石と言ったところだな あれは兄弟じゃ太刀打ちできん
そしてマルコーはヤバそう? 国家錬金術師と知ってスカーが見逃すとは思えんが
0293マロン名無しさん垢版2017/02/12(日) 19:56:53.36ID:???
お父様と親父は始まりのホムンクルスかなんかだと思ってる
たくさんいたクローンホーエンハイムの生き残りとか
0294マロン名無しさん垢版2017/02/12(日) 21:56:51.01ID:???
リンはグリードが表に出てる時は左目が
リンが表に出てる時は右目が露出してるな
単なる演出以上の意味はないだろうけど
いずれ単行本のオマケ四コマで強制チェンジとかネタにされそう
0295マロン名無しさん垢版2017/02/13(月) 18:20:23.49ID:???
視力検査で人格も視力も変わりそうとか想像して笑ったわw
ドット絵時代のゲームみたいに振り向けば入れ替えとかできそう
0296粗筋の錬金術師垢版2017/02/14(火) 17:09:18.86ID:9T/7+whb
  <第57話 イシュバールの傷>

冒頭、大佐はアームストロング少佐にこの国の真実を語る
大総統がホムンクルスだという事実に、アームストロング少佐も驚愕してしまう
「………!! ………我輩は この国の弱き人民のために闘いたいと思っていました
 我輩だけではありません 多くの者がそう思い軍を信じ籍を置いております
 なのに上が… 寄る辺となるべき軍自体がすでに手遅れとは…」
その残酷な現実に、アームストロングは項垂れてしまう……
「軍を辞めてはどうだ 少佐 君の性格だとここにいてもつらいだけだろう」

大佐の言葉に、少佐はイシュヴァールの戦いを思い出し…

「あの時 イシュヴァールで我輩は戦いなら逃げました
 軍のやり方が間違っている… …そう強く思っていて それなのに逃げたのです
 己れの戦場に背を向けたのです 我輩は戦場に残ってその『間違っているもの』と戦うべきだった!!
 イシュヴァールから逃げ戻って今日この日まで 信念を曲げ逃げた己れを恥じなかった日はありません

 今また軍が戦場だと言うのなら 我輩一人どうして尻尾を巻いて逃げられましょうか!」

そう語りはっきりと戦う意志を見せるアームストロング少佐
大佐はどうするのか問うと「『野望があるからまだ辞めん』と言ってやった」と言い放つ
大総統の重大な秘密を教えたと言う事は、大総統が倒れても後ろにはまだ巨大な存在が居る、という事だ

「意外と余裕ですね」
「どうかな ただ…ラストとか言う人造人間<ホムンクルス>と闘った時もそうだったが
『兵器』だ『化物』だの言われる自分が本当の化物と闘っている時にこそ
 己がただの『人間』である事を実感できるよ」
0297粗筋の錬金術師垢版2017/02/14(火) 17:09:44.47ID:???
場面はアルとランファンに移り、リンに起こったことを語る
自分で賢者の石を受け入れた、との言葉にランファンも歯噛みする…
〔ごめん ボク達が止めていれば…〕
「おまえ達を責める気は毛頭無イ 護衛の役目を果たせなかった自分に腹が立っているのダ
 若ハ… まだその"グリード"という奴の中にいるんだナ?
 主が踏ん張っているというのに臣下が休んでいられようカ」
そういって起き上がり、ランファンは腕が欲しい、とオートメイル技師を要請する
すぐ腕をつけると言い出すランファン 
アルがリハビリに時間がかかると説得するがランファンの意志は固く……
そのランファンの瞳に、かつてのエドの瞳を思い出すアル

〔だーめだこりゃ テコでも動かない眼だ 兄さんと一緒だ〕

まあロックベルのところの女衆とは気があいそうだ、とアルも溜息
とはいえそれには体力の回復が不可欠、とノックス先生からご飯をもらってこようとすると
そこにメイが部屋をひょっこり覗き込んで… ランファンにクナイを投げつける!?
だがランファンもそれを咄嗟に本で受け止めて凌ぐ
どうやら二人はシンでは敵対関係にあったようだ …状況のわからないアルがおろおろ
ランファンは腕を失いながらもメイと立ち向かおうとして、メイもクナイを構える

〔ちょっとまってよ!!なんの事かわからないけどケンカはやめ…〕
「「ひとの国の事情に口を出「さないデ!!」「すナ!!」 ;○w○>て はいっ!!

そして、二人の戦いが幕を開けようとして……
「なにやっとんじゃ―――――!!!」#
ノックス先生がシチューの器を二人のどたまにぶちこんだ
0298粗筋の錬金術師垢版2017/02/14(火) 17:10:27.68ID:???
先生にお叱りを受ける二人、ノックス先生が背中を向けると二人がぎっと睨み…
「やめっ!!」怒られた
「おめーらなにか?これ以上うちを散らかしてくれるってのか? そーかそーか
 医者の家から未知の病原菌が出て全員死亡なんつってな 楽しーなぁええおい」
「「………ごめんなさイ…」」
散らかった衣服にキノコまで生えてる男所帯の部屋と先生の言葉に三人も震え上がるのでした

〔ノックス先生 ここいつから掃除してないの?〕
「…四年くらい」〔うわぁ〕

…ふと、散らかった部屋の中に家族の写真のようなものを見つけた
ノックス先生に大切なものなんじゃないかとその写真を見せるが
別れた女房と息子だ、と写真をポイ
〔えっ… ぞんざいに扱わないでよ!〕「なんでだよ 俺の物をどーしようが俺の勝手だろうが」
〔……家族の中が悪いのは なんだか嫌だな
 …うちは母さんが死んじゃっていないし 父さんは帰って来ないし 家もないし……
 生きてて家があって仲もいいのになんでバラバラなの? そんなの嫌だよ〕
アルの追求にノックス先生も頭をがしがし掻きつつ…
「つまんねぇ話だぞ? 別れたのは内乱のあとだ
 イシュヴァールの殲滅戦を終えて帰って来てからだった
 平和な場所にいても戦場の光景がフラッシュバックしたり
 不眠症になったり 寝られても悪夢を見たり
 そしてその悪夢にうなされてる俺を起こしてくれた女房を 敵兵を間違えて殺しそうになったり
 そうなったらもう一緒にはいられねぇだろ
 本当につまんねぇ話しか無ぇよ イシュヴァールは
 誰もかれも内乱にかかわった奴は傷だらけだ」
0299粗筋の錬金術師垢版2017/02/14(火) 17:11:35.66ID:???
場面はスカーの側に移る、地下で見つけたドクターに素性を教えるように言うスカーだが
天井の金網からスカーの血が滴り落ちるのを見て…ドクターは辺りをうかがい

「私はマウロという医者だ 外の状況が知りたい 降りて来てくれ
 君のケガも看よう 大丈夫だ しばらくは見回りは来ない」

…その言葉に、スカーは天井裏から出てドクターの前に姿を現す
額に十字傷のイシュヴァール人、スカーの姿にドクターも驚愕し
自らの顔を覆い、神の名を呼ぶ……

「なぜ医者がここにいる? 幽閉されているのか?」
「ああ 奴らに協力させられていた そしてこれからまた利用される」
「奴ら… 人造人間<ホムンクルス>と呼ばれる者達か?
 あれはなんだ イシュヴァールの全てを知っていると言うではないか」
……同じ頃、玉座に座るお父様の 肉 体 から小さなグラトニーが湧き出てくる……
「そうだ 人間では敵わぬ圧倒的な力と未知の技術でこの国を影から動かし続けてきたらしい
 何も… 何もできぬままこうしてここに捕らえられた自分の非力さが憎い……!!」

従うのを良しとしないなら、闘うよう促すスカー 脱出の手助けはしてくれると言うが
ドクターは街をひとつ人質にとられており、逃げたり自殺したりすればその町を潰されてしまう
0300粗筋の錬金術師垢版2017/02/14(火) 17:13:03.46ID:???
「民族をひとつ潰された我らがそんな話に同情すると思っているのか」
「わかっている さぞや我々が憎かろう だから頼みたい事がある

 私を殺してくれ

 私の本名はティム・マルコー 賢者の石を作りイシュヴァール殲滅に加担した錬金術師だ
 私の研究は沢山のイシュヴァール人の命を奪った 君達の敵だ
 私が人造人間<ホムンクルス>どもに協力する事を拒否しても自ら死を選んでも無関係な町人が殺される
 そして恐らく私がこのまま生き長らえても『人柱』としてより多くの犠牲を出す実験に加担させられるだろう
 だから殺してくれ
 外部からの協力者に殺された事にすれば人質の件にはかからない
 そして『人柱候補』とやらの私が死ねば奴らの計画を阻止…あるいは遅延させることができる
 自分ではどうにもならない事態の所へ錬金術師殺しの君が来たのは僥倖としか言いようがない
 傷の男<スカー> 私には君が神に見える 殺してくれ!!今ここで!!
 私は死をもって奴らに一矢報いる!!」
……次の瞬間スカーの手がドクターの顔面を掴み、地面に思い切りたたきつける!!
「まだイシュヴァールの話を全て聞いていないぞ!! 貴様らあの地で何をやった!!
 全て話せマルコー!! この右手が貴様を破壊せぬうちに!!」
ドクターの顔面を締め上げながら、スカーはイシュヴァールの真実を問いただす

夜も更けた頃、ようやく街の修復に疲れきったエドが目を覚ました
アルもまだ帰ってきてないし… と、ホークアイ中尉の銃を借りてたことを思い出した
とはいえこんな夜遅くに尋ねては迷惑だろうか 明日司令部にもっていこうかとも思ったが
今中尉は大総統付き補佐になって…  ―斬って 捨てる―  大総統の鋭い眼光が脳裏に浮かぶ
背筋ぶるり 今日のうちに返すことを決めるエド
という訳で中央司令部で引越し準備中のブレダ少尉がホークアイ中尉の住所を教えてくれた

ちょうどホークアイ中尉、シャワー中だったけどブラックハヤテ号が尋ねてきたエドにわんわん吠える
借りてきた銃を返しに来たエドに、とりあえず身体を拭いてからエドを出迎えようとする中尉
……シャワーを終えた中尉の背には 複雑な文様を刻んだ錬成陣のようなものと、火傷の様な傷跡が残されていた

<続く>
0301マロン名無しさん垢版2017/02/14(火) 17:20:00.19ID:???
なんかついにイシュバールの事語られそうだな。つか最後の中尉の背中に全部もってかれた。中尉もなんか厄ネタ持ってんのかよ…
0302マロン名無しさん垢版2017/02/14(火) 17:21:43.86ID:???
軍服脱いだら何だこの・・・

け し か ら ん 腰 は !
0303マロン名無しさん垢版2017/02/14(火) 17:26:55.42ID:???
( ゚∀゚)o彡゚  おっぱい!おっぱい!
< ゜w゜>o彡゚ くびれ!くびれ!
0304マロン名無しさん垢版2017/02/14(火) 18:38:03.97ID:???
ロイの錬成陣だよなこれ
やっぱり二人はただならぬ関係だったのか
0305マロン名無しさん垢版2017/02/14(火) 19:05:02.69ID:???

中尉の背中…
…え?

一瞬(*゚∀゚*)ムッハーしたらマッハで置いていかれたんだけど
もやもや考えながら読んでたのに全部ぶっ飛んだんだけど
次回ちゃんとやってくれるんだよなこれ?
0306マロン名無しさん垢版2017/02/14(火) 20:44:11.49ID:???
中尉の細腰と背中の模様に全部持ってかれて話吹っ飛んだわ
シャワーシーンえろすぎ
0307マロン名無しさん垢版2017/02/15(水) 15:17:47.01ID:???
裸体に対する住民の一体感よ

中尉も錬金術関係者だったとは予想外
実は錬金術使えたりするんだろうか
訳ありで術は封印してる?
術師だと設定盛りすぎだから思うけど
0308マロン名無しさん垢版2017/02/15(水) 15:28:02.37ID:???
実は大佐の妹弟子で色々あって挫折したとかじゃないのかね
話の流れ的にイシュバールが絡んでそうだが
0309マロン名無しさん垢版2017/02/15(水) 17:28:20.04ID:???
中尉の裸体で話題が集中しているなかあえておっさんの話題を振る
マルコーさんはある意味生存フラグめいた物が出てきたかな
殺してくれ、と言うセリフが出た人物がほんとに死ぬような目に会うのはめったに無いし

あとお父様の身体からグラトニーが湧き出てくるのが、なんていうか凄いえげつなく感じる…
上手く説明できないけど、こうなんか嫌悪感がえごい
0310マロン名無しさん垢版2017/02/15(水) 17:35:10.90ID:???
>>309
スカーも真の敵の存在を知ったわけだし
「全て終わったら殺してやる」とか言いながら
最終的には殺さず終わるパターンかなと。
0311マロン名無しさん垢版2017/02/15(水) 20:33:01.61ID:???
神から外れた道を選んだ男が政府に反する錬金術師から見ると神に見える…というのはなかなか皮肉だな
ただ、偽名使ってからの即訂正はジワったw
0313マロン名無しさん垢版2017/02/15(水) 22:02:26.90ID:???
ノックス先生といいドクターマルコーといい
アームストロング少佐とかもアレだしホークアイ中尉の背中もおそらくイシュヴァール絡みだと考えると
イシュヴァール戦どれだけろくでもない戦場だったんだよ・・・
0314マロン名無しさん垢版2017/02/16(木) 07:17:23.07ID:???
民族殲滅戦争なんて傷しか残らないだろうし仕方ない
ホロコーストであれルワンダであれ読んでるだけでおぞましいのに渦中なんて気がふれるだろうさ
0315粗筋の錬金術師垢版2017/02/16(木) 16:59:33.34ID:???
鋼の錬金術師 14巻 2006年8月22日 初版発行
掲載・月刊少年ガンガン 平成18年1月号〜4月号

作者近影・コメント
本日実写 ブラックハヤテ号のお人形に踏まれる牛さん

 牛 肉 3 秒 前 。

あらすじ
エドワードとアルフォンスの兄弟は、
幼き日に喪った母を錬金術により蘇らせようと試みる。
しかし、錬成は失敗しエドワードは
左足と弟のアルフォンスを失ってしまう。
なんとか自分の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成し、
鎧に定着させることに成功するが
その代償はあまりにも高すぎた。
そして兄弟はすべてを取り戻すことを誓うのだった…。

      CONTENTS

 第54話 愚者の足掻き
 第55話 二人の強欲
 第56話 円卓の獅子
 第57話 イシュバールの傷
0316粗筋の錬金術師垢版2017/02/16(木) 17:00:09.09ID:???
カバー裏おまけ


真・エンヴィーさんは

「出席とりまーす」
「新井ー」 「はい」
「荒巻ー」 『へーい』
「井上ー」 [は〜い]
「上野ー」 『うあー』
「江頭ー」  {あー}
「尾田ー」 [うぇーい」

代返にたいへん便利ですね。


10巻 43話
人体錬成したエルリック兄弟の母親の墓を掘りあけようとしたシーンにて
土の中から現れた髪の毛を救い上げると…

「………大佐だ…!!」(#

本日の背表紙
今日も死亡者なし

P49  お父様のラフ
P95  グリード(リン)のラフ
P173 真エンヴィーのラフ
0317粗筋の錬金術師垢版2017/02/16(木) 17:00:51.47ID:???
おまけ
54話 一文字抜かすと第惨事の巻
お父様が強烈な波動を放出させ、錬金術封じを実行するシーンにて

 ぶ っ

エルリック兄弟「   」(白目
リン「   」(白目

すごい屁。

<牛小屋日記  今巻は大盤ぶるまい 描きおろし大増量!!!編>
[大盤ぶるまいその1]
5月某日、新宿で酔っぱらった名先生から強奪ゲフンゲフン いただいた鋼のラクガキ
柴田亜美先生 岸本聖史先生 大久保篤先生 豪華面子による描きおろしラフ画

[大盤ぶるまいその2]
なんとこの巻は!!おまけページが11ページもあります!!
(*たんに本編があまりかかれなかったから11ページも余っただけです
という訳で余裕な牛さんがおたよりを紹介

[本編よりおまけの方がおもしろいですね]

 本 望 だ ッッッ!!!(くわっ
0318粗筋の錬金術師垢版2017/02/16(木) 17:01:16.56ID:???
[60歳下の弟]
<新しいきょうだいが増えましたよみなの衆> えっ?それほんとパパん!!
という訳でおにゅーグリードデビュー

「よろしく兄ちゃん!!」<仲良くするんだヨ!>


(ボインの妹がよかったなぁ…) ちっ
「ぐれるぞ」

[シャ●プーハットってまだ売ってる?]

東方の島国「SEN・TOU」なる公衆浴場があるらしい!
入場料を払えば広〜い浴場とお湯がつかいほーだい!らしい!

というわけでホークアイ中尉、仕事帰りに行ってみることに(いそいそ


[イレズミの方入浴おことわり] ダメ!!

無情にも貼られたその張り紙に、ホークアイ中尉とスカーもショック

「壊しちゃって。」「えッ」
「壊しておしまいこんなガッデム銭湯。」右手でバコンと 「ちょっ……いいの!?」
「大丈夫。あなた元々テロリストだからあなただけ捕まれば無問題。」
「 待 て オ イ ィ !!!」
0319粗筋の錬金術師垢版2017/02/16(木) 17:01:56.44ID:???
*描き下ろし短編

冒頭、幼い頃のアルフォンスが泣き声をあげていた
なんかエドがアルの頭を本で叩いていじめているようで、母親のトリシャが止めに入る

「ほんとに困ったお兄ちゃんねぇ
 エドはお兄ちゃんでしょ? 弟を守ってあげなきゃいけない立場なのよ?
 ほら アルに謝って」

母がそう言うが、エドはべちっとアルのどたまはたき だーっと逃げ
頭をはたかれアルも大きな泣き声を上げてしまうのでした

  <おまけのエルリック家>

エドは廊下に座り込んで、どうせアルの方が大事なんだとぶーたれ
……そんなエドの様子を伺う視線がひとつ 父ホーエンハイムがトイレの戸をちょっとあけて覗き込んでました

「おかあさんはいつもアルのことみかたするんだ
『おにいちゃんなのに』とか『おにいちゃんだからがまんしなさい』とか
 おかあさんはきっとぼくのことがきらいなんだ」

そう言って拗ねるエドに…ホーエンハイムはバケツに水を汲んでエドに差し出す
アルフォンスをいじめた罰、といってバケツをもって立たせる

バケツを持たされ、エドもその重さに苦悶の顔を浮かべ…
0320粗筋の錬金術師垢版2017/02/16(木) 17:02:26.02ID:???
ホーエンハイムが物音を聞き、トイレの戸を開けると エドはバケツを下ろしてました

「なんだ もうやめたのか」
「おもいもん そんなのずっともってるのむりだもん」(プイ
「そうか おまえはすぐあきらめたんだな "それ"な 赤ん坊と同じくらいの重さだ
 おまえが生まれた時もこれくらいの重さだった トリシャはこの重いのを何ヶ月もおなかに入れてた
 おまえはすぐあきらめた だがおまえの母さんはおまえが生まれるまでずっとずっと持ち続け守った
 おまえを嫌っている人間ができる苦労ではないだろう 愛情が無いとかそんな事いうな」

父の言葉に、エドはぷいと目をそむけ……

その後、母さんの後をついてくアルを見つけ
エドがずんずんアルに突っ込んできて、その手を振り上げ…!
アルの頭をわしわし撫でて 「うん よし!」 自分の中でとりあえず納得したようで
そのままずんずん歩いてアルのもとを去るのでした


「……あなた エドに何か言ったでしょ」
「いやなんも〜 あーそうだ あいつに言うの忘れた
『トイレットペーパー取ってくれ』トリシャ」「はいはい」

 [END]
0321粗筋の錬金術師垢版2017/02/16(木) 17:02:47.05ID:???
次巻予告

「イシュヴァール殲滅戦の開始だ じき内乱は終わる」
錬成陣を刻んだ発火布を装備する錬金術師がそう語り
そして国家錬金術師達と兵士達が集結し、イシュヴァールの戦いが始まる…

 
 そ し て イ シ ュ ヴ ァ ー ル の 真 実 が 語 ら れ る 。

 傷ついた身体と荒んだ精神。
 横たわる死の臭いに
 次第に追い詰められていく兵士達。
 そして戦争というこの舞台で、
 軍は賢者の石の実験を行う…。

鋼の錬金術師 第15巻
2006年11月発売予定!!
乞うご期待!!
0323マロン名無しさん垢版2017/02/16(木) 23:51:34.46ID:???
ホーエンハイム、案外ちゃんと父親してるじゃないか
どこぞのネルフ司令官みたいなレベルまでは行かないにしても
割とダメ親方面にいってると思ってたのにw
0325マロン名無しさん垢版2017/02/18(土) 06:15:25.87ID:???
描いてる人ら実質ハガレン終了後のガンガンを任せたい人材じゃねえのか
単行本は凄い売れ行きだが雑誌はそこまで振るわないし
衛藤ヒロユキは師匠筋だから頼みにくいし
0326粗筋の錬金術師垢版2017/02/18(土) 17:00:45.89ID:bOiOLNH0
冒頭、若かりし頃のロイ・マスタングは、彼の師匠の前に顔を出していた
マスタングは軍人の道を選び、ゆくゆくは国家錬金術師として国のために働きたいと言う
そんなマスタングに、師匠はやはりまだ『焔の錬金術』は早いと僅かに笑みを浮かべる

「まだ…ですか 結局今まで錬金術の基礎しか教えてくれませんでしたね」
「当たり前だ 軍の狗になり下がるような奴には基本を教える事ですらもったいない」
「『錬金術は大衆のために』―――ですか?」
マスタングも軍に協力する事が民衆のためにつながると考えていたが、師匠は聞く耳持たない

「師匠…… 師匠ほどの知識があれば国家資格を取るのも容易でしょうに
 正直師匠ほどの方がこんな極貧でくすぶっているのは耐えがたい
 国家資格を取って研究費の支給を受ければ師匠の研究も更に上に…」
「その必要はない 私の研究はとうの昔に完成している
 最高最強の錬金術だ 使い方によっては最凶にもなり得る そして満足してしまった
 錬金術師は生きているかぎり真理を追い求めずにはいられない生き物だ
 考える事をやめた時 『錬金術師』は死ぬ
 だから私はとうの昔に死んでしまった人間だ

 力が…… 力が欲しいか ロイ」

次の瞬間、マスタングの師匠は血を吐いて倒れる!?
「君の成長を…見届けてから…授けようと思っていた 残念だ…私にはもう教える時間が無い…
 だが私の研究の全ては… 娘が知っている…
 君が私の錬金術を…力を正しい方向に使うというなら秘伝を授けてくれるだろう…」
血を吐き倒れる師匠になんども呼びかけるマスタングだが、もはや……
師匠を抱きかかえながら医者はいないかと叫ぶマスタング その前に娘のホークアイがおびえた表情を浮かべる…

  <第58話 破滅の足音>

と、ここで物語は現在に戻り…ホークアイ中尉を訪れたエドの姿に目を丸くし
エドはブラックハヤテ号に押し倒されて顔面を踏んづけられてました 
0327粗筋の錬金術師垢版2017/02/18(土) 17:01:29.25ID:???
ハヤテ号おこられました(おすわり
と、部屋の中にあるダンボールの山を見つける 
引越しと言うわけではなく中央に来てから荷物を片付けるヒマも無いそうで

「大佐に聞いたんだけど大総統付きだって?」
「ええ そっちの話も聞いたわ ウィンリィちゃんが標的にされてるって事も」
…と、アパートの住人がそこに通りかかり、廊下でする話でもないとエドを家の中へ誘う中尉

「銃……何発か使ったけど人は撃ってないよ
『撃たずに済んだ』じゃなくて『撃てなかった』んだ
 仲間が危ないって時にも引き金が引けなかった」

そういって俯くエドに何があったか問うホークアイ中尉 その問いにエドは僅かに目をそらし
スカーがウィンリィの両親の敵であったことを語るエド

「あいつが傷の男<スカー>に銃を向けた時心底『嫌だ』と思ったんだ
 急に銃が怖い物に見えてさ
 気がついたら傷の男<スカー>の真ん中に飛び出して銃押さえ込んであいつに撃たせなかった
 殺したいくらい憎かったと思うんだ 今まで見た事ないくらいわんわん泣いてたもん
 あいつ いつも明るく振る舞ってたから気付かなかったけど…
 身内亡くした苦しみを今までずっと抱えてたんだよ
 だからオレもアルも絶対死なねぇって約束して… でも今回色々あって…
 結果的に生きて戻れたけどもしかしたらまたあいつを泣かすような事になってたかもしれない
 ほんとダメだ 心配かけてばっかで覚悟無くて リンが助けてくれなかったらどうなってたか……」
「生きて帰って来れたからこその悩みね
 そうやって悩んで這いずり回って格好悪くたって生きのびなきゃ 大切な人のためにも
 守ってあげてね 「え?」
 大好きなんでしょ ウィンリィちゃんの事」

その言葉にエドが飲んでた紅茶吹き出し、となりのハヤテ号にぶっかけた
0328粗筋の錬金術師垢版2017/02/18(土) 17:02:09.86ID:???
顔真っ赤で必死でただの幼馴染だとぶんぶん首をふるエド(ハヤテ号もプルプル
…重荷にさせてしまった、と銃を持たせた事を謝罪する中尉
銃の手入れをする中尉のその仕事の早さにエドも目を丸くする

「中尉はさ… それ重荷に思った事無ぇの?」
「重いとか辛いとか今更言う資格は私には無いもの
 過去に人の命をたくさん奪ってるから そしてこの道を行くって決めたのも自分だから」
「人の命って…イシュヴァール?」「そうよ」
その言葉に…エドはイシュヴァールの話を中尉に求める
大佐は聞いても何も話さないし ウィンリィの両親や、スカーの事
内乱の発端となった事件など、自分の知らない事ばかりで嫌になると語るエド
ホークアイ中尉は、主観でしか語れないけど、と前置きし…

そして…ホークアイ中尉の口からエドワードに
ノックス先生からアルフォンスに
ドクター=マルコーからスカーに
また、イシュヴァールで闘ったアームストロング少佐と、マスタング大佐の脳裏に
それぞれの、イシュヴァール殲滅戦が、思い返される……

―――――

まだ×字傷の無い頃のスカーの姿から、物語は始まる
スカー(本名不明なので変わらずスカーと呼称させる)は彼の兄の元を訪れるが
彼の兄とその仲間達は、どうやら錬金術を学んでいる最中の様子 そんな彼らにスカーも苦悶の表情を浮かべる

「この時世にまだそんな物をやっているのか!」
「『そんな物』はないだろう
 これを見ろ 東の大国シンの錬金術だ いや『錬丹術』と言うらしい」
そんな兄に錬金術はあるべき姿のものを異形へ変成させる手段、もうやめろと説得するスカー
だが兄も兄で万物の創造主イシュヴァラ神へ背くわけではない、と反論
あくまで人々を幸福へ導く技術としての錬金術だと主張する兄だが…
0329粗筋の錬金術師垢版2017/02/18(土) 17:02:46.27ID:???
「新しい風を入れようとしてアメストリスに付いた結果どうだ!?
 奴らが我々に何をしてくれた!? 罪も無い子を撃ち殺しその内乱が始まったではないか!!」
「アメストリスは我々の宗教には寛大だった!干渉して来なかったし宗教弾圧もしなかった!
 イシュヴァラ神の存在を認めてくれたではないか!」
「それはそうだろうよ!
 異民族を統治するのに手っ取り早い方法は宗教を認める事だ!!ただの政治的判断にすぎない!!」

言い争いになりそうな兄弟をヒゲのおじさんが仲裁に入る
…とはいえ、実際研究のし甲斐がある技術だと兄も語る
シンの錬丹術は地中の「竜の脈」なる存在に重点を置いてると言う
「竜の脈」とは地上のどこに行っても必ず存在する大いなる力、とのこと
その存在にイシュヴァールの神、地神イシュヴァラに近いものを感じる兄

「不思議な縁だ せっかく縁があるんだからもっと知る努力をするべきだ そうすればもっと理解しあえる
『一は全、全は一』と言ってな 我々は世界の大きな流れの中の小さな一でしかないと言う思想だ
 小さな一が集まって世界という大きな流れを作る だから不の感情が集まれば世界は負の流れになってしまう
 逆に正の感情を集めて世界を正の流れにする事もできる……と解釈している
 世界の大いなる流れを知り 正しい知識を得たい そのために私は錬金術を学んでいるんだ」

兄の住まいを後にしたスカー 
帰り道ではアメストリスの軍人をぶっ飛ばしたと誇らしげに語るイシュヴァール人と
墓地で嘆き、自らの顔を覆うイシュヴァール人の姿を目にする…

「こんな世の中で本当に理解しあえると言うのか 兄者よ」

……場面は変わり、とある戦地診療所で治療を受けるイシュヴァール人
だがその医者がアメストリス人打という事もあり、治療など受けられないと憤慨
0330粗筋の錬金術師垢版2017/02/18(土) 17:03:12.30ID:???
「同属がイシュヴァール人を殺しまくってるから人助けして点数稼ぎか!? 偽善者め!!」
「偽善で結構!! やらない善よりやる偽善だ!
 私は君の治療さえできればどう思われようとかまわない
 早く足を出してくれ 次がつかえている
 君がゴネればゴネるだけ他の者が手遅れになる」

・・・という訳で治療の方は一段落するが、薬が不足しているようでその医者夫婦…
ロックベル先生たちもこまりがお 薬の業者さんも医者も治療器具も不足してるそうで…
…だが、じきに軍による大粛清が始まると二人に伝えるおじさん
もう十分やったから国に帰ろうとロックベル夫婦を説得するが…

「『よくやった』から終わりになんてならないんだよ
 だってまだここにはこんなにもたくさんの患者がいるんだから
 しかもみんな医者にかかる金の無い人ばかりだ
 アメストリス人もイシュヴァール人も関係無い
 ただ一人の医者としてこの状況を見過ごせるわけが無い」
「それに私達アメストリス人がいるとわかれば国軍もここを標的にしないでしょう」
気持ちだけ受け取っておく、としてその場にとどまるロックベル夫婦であった

かっこつけて帰りそびれた、と旦那さん溜息 娘のウィンリィにはすぐ帰ると約束したのに
「君だけでも帰せばよかったな」
「何を言ってるの 患者を置いて帰ったなんて言ったらそれこそウィンリィにもお義母さんにも怒られるわよ」

これからは配給も滞るだろう 手も足りない、これから苦労するが
それを苦労結構と笑い飛ばす奥さん ロックベル家の女は根性と肝っ玉が売りとの事で
そんな夫婦に、イシュヴァール人の子供が何か手伝えることはないかと声をかける
その言葉にロックベル夫婦の表情も明るくなり、色々手伝ってもらうことに

(大丈夫だ まだ頑張れる 我々は理解しあえる 必ずこの内乱は終わる)
0331粗筋の錬金術師垢版2017/02/18(土) 17:03:39.05ID:???
場面は変わり、とある軍司令部 
リゼンブールもイシュヴァール人の襲撃を受けたとのことで忌々しげに吐き捨てるハクロ将軍
そこに一人の兵士が見て欲しいものがある、との報告が上がる
イシュヴァール商人から没収したトラック その荷台の中にはライフル銃がわんさか詰め込まれていた
一目見て、その銃が南の隣国アエルゴのものだと気付く将軍 ただアエルゴのものと示す刻印は全て削り取られているが
恐らくアエルゴは、自国に近いアメストリス領地であるイシュヴァールを煽り、こちらを疲弊させるつもりであろう

「7年もねちねちと内乱を続けられる勢力がイシュヴァールのどこにあるのかと思っていたが
 アエルゴというパトロンがいたか」
「これ以上長引かせるのは得策ではありませんな」
「イシュヴァールの奴らはゲリラ戦を得意としていて厄介この上ない
 内乱鎮圧にいくら兵を送り出しても足りんぞ」
「どれ まず足元の掃除から始めるか」

コーヒーを片手に、大総統はそう呟き…
軍はまず、内乱に加担、内通しているとしてアメストリス軍に所属するイシュヴァール人を牢に投獄する
言いがかりだと訴えるイシュヴァール軍人だが、聞き入れられるはずも無く、牢屋で苦悶の表情を浮かべる
そして…

「本日 キングブラッドレイ閣下は『大総統令三〇六六号』に署名なされた」

幾多の国家錬金術師達…
若かりし頃のアームストロング少佐に、コマンチ爺さん
爆弾魔のキンブリーと思わしき男に、褐色肌に鋭いヒゲのいかつい軍人

そして、ロイ・マスタングもまた、イシュヴァール殲滅戦へと参戦する…!!

「イシュヴァール殲滅戦の開始だ じき内乱は終わる」

<続く>
0333マロン名無しさん垢版2017/02/18(土) 20:54:07.10ID:???
夫妻の所に仲間の医者達が駆けつけたのはほっこりしたな。
0334マロン名無しさん垢版2017/02/19(日) 02:02:31.20ID:???
パトレイバーでも似たような台詞あるよね>やらない善より
昔の作品だから未読の人もいるかもしるないけど
0335マロン名無しさん垢版2017/02/19(日) 17:18:58.86ID:???
まあ敵国に通じてるかもしれん兵士を追いとくことなんて出来ないだろうしな
非情なようだが軍としてはそこまで不当ではないとは思う
……これで彼らが賢者の石の材料にされる理由付けにされた形でないのなら、だけどなあ
0336マロン名無しさん垢版2017/02/20(月) 01:53:41.80ID:???
7年間って相当だな、事情が良く分からんが血の紋刻むだけなら
その時点で相当流血してるだろうし
アエルゴとのパイプ断たせて適当な落とし所探った方がいいんじゃないかと思うが
賢者の石の調達とかの事情も有るんかなあ
しかしスカーの兄ちゃん髪の色以外はアニメ版準拠っていうか作者がデザイン提供したのか?
だとすると実は凄いキャラなのだろうか
0337マロン名無しさん垢版2017/02/20(月) 09:42:43.39ID:???
アエルゴは単純に敵国のアメストリスに対抗するためにやってんのかな
以前ウロボロスの組織の手が、国外に伸びてるかもってレスがあったけど
イシュヴァールの内乱を煽っているのも、実はウロボロスとかだったりして
0338マロン名無しさん垢版2017/02/20(月) 09:45:39.12ID:???
エンヴィーとかいるし確実に煽ってはいるだろうな。大総統と軍上層部が軒並み一味なんだし。
0339粗筋の錬金術師垢版2017/02/20(月) 17:10:22.51ID:ehfLstAu
冒頭、舞台は第五研究所 
足を撃たれたイシュヴァール人たちが、大広間に刻まれた錬成陣の周囲に配置される
その様子をホムンクルスのラスト、ドクター=マルコーら研究者達が見守り…
…その錬成陣が発動し、突如周囲のイシュヴァール人が苦しみだす!?
そして彼らの肉体に錬成光が走り …彼らの命は尽き、その中心の台座に賢者の石が作り出される…

  <第58話 背徳の錬金術師>

イシュヴァールの荒野に配置される歩兵達 
その歩兵には後のデビルズネスト構成員、ロアの姿もあった
…地平線の丘の向こうで強烈な爆発が上がる その凄まじい火柱に兵士達からも声が上がる

市街地では兵士達がイシュヴァールの制圧中
しかしイシュヴァールも激しい抵抗を行いながら、闘えない女子供を街から脱出させんとする
だが、街の出口には巨大な壁のようなものが民達の逃げ道を阻む
その壁の向こうでは、それを錬成したアームストロング少佐が地面にその拳をつき立て
そして、壁の向こうでは闘えない民達が、兵士達の制圧を受ける…!

・・・壁の向こうで聞こえてくる、銃声と人々の悲鳴に、アームストロング少佐は壁に頭を当て震え上がる・・・

……制圧が終り、イシュヴァール人の死体だけが転がる町並み
アームストロング少佐は自らの神経を磨り減らしたかのような眼を見開いた形相でその町をさ迷い歩く…
…その戦場は、弱者を助け、強者との戦いに心を躍らせる、彼が思い描いていた戦場とはかけ離れた物だった
突如聞こえた物音にアームストロング少佐は身構える 物陰には女生と老婆が、アームストロング少佐を睨み上げ…
その姿に、アームストロング少佐は雄叫びを上げながら拳を振り上げ…!!
少佐は壁をぶんなぐり、彼女達に逃げるように叫ぶ その言葉に二人は空いた穴から脱出をし
…その二人は去り際に、アームストロング少佐のほうを振り向き 

次の瞬間、二人の身体は爆炎に消し飛ばされた

その光景に、アームストロング少佐は膝をつき愕然としてしまう……
0340粗筋の錬金術師垢版2017/02/20(月) 17:10:45.49ID:???
膝をつく少佐に、後ろ髪を束ねたオールバックの髪型をした、一人の男が声をかける
「危ないところでしたね アームストロング少佐
 敵を見逃すなんて真似…… 他の物に見られたら軍法会議は免れませんよ
 立てますか?」
……少佐はその言葉に答える事ができず、、ただ震え上がるしかできなかった…

場面は変わりまた別の戦場
機関銃の制圧射撃で前に進めないアメストリス軍 手榴弾でぶっ飛ばそうとするが
そこをイシュヴァールの僧兵たちがその腕を掴み、腹をぶんなぐる!
悶絶する兵士と、ピンを抜いた手榴弾を放置し、僧兵達は次の戦場へと向かう

「か〜〜っ 強ぇな」「イシュヴァールの武僧は一人でこっちの十人分くらいあるんじゃないのか?」
「おい退却退却!! 焔の錬金術師が来るぞ!!
 ケツに火ィ点けられたくなかったらさっさと退けグズども!」

・・・次の瞬間、待ち構えるイシュヴァールの兵士達を凄まじい焔が飲み込む…!
爆炎に飲まれ、焼け焦げたイシュヴァール人 マスタングがその黒焦げになった兵士の前に立ち…

「錬金術師か… これが…おまえ達の望む…錬金術の使い方か…
 人々のための技術では… なかっ…

マスタングの放つ焔が兵士に止めを刺し、マスタングはその場を立ち去る…

戦いはひとまず一息ついて… アメストリス軍の拠点では足をやられたコマンチ爺さんが悶えていた
そんな様子にあんだけ元気があれば大丈夫、とヒューズ大尉が呟く
隣の兵士が国家錬金術師を見たけど凄かった、と声を上げる 
人間業じゃないとかたる兵士の言葉にヒューズも少し複雑そうで…
0341粗筋の錬金術師垢版2017/02/20(月) 17:11:26.50ID:???
と、そこにちょうどマスタングの姿を見つけ、ヒューズが声をかける 背中ばんばん叩いて気さくに挨拶
「おい久しぶりだなロイ おっと!今は『マスタング少佐』か」
「正しくは『少佐相当官』だ 実際は大尉と同じ権限しか無いよ」
二人はその拳を軽く突き合わせる、マスタング少佐が顔を洗いながら互いの近況を話すが

「おまえ…目つき変わっちまったな」 どこか淀んだ、マスタング少佐の瞳に気がつく
「そう言うおまえもな 人殺しの目だ」

そんな二人が士官学校で思い描いて、語り合っていた『美しい未来』のことを思い出す
その未来にこんな凄惨な戦場は含まれてはいなかったが…
戦場での生活はどうか、とヒューズが尋ねるが、マスタングは「何も」と返す

「大砲ぶち込んで追い込んで包囲して焼き尽くして 残りはシラミつぶしに銃殺 それのくり返しだ
 …なぁヒューズ
 この殲滅戦 反乱を抑えるためだけが目的だとしたらリスクが大きすぎやしないか」
「それは俺も考えてた イシュヴァールはたいした資源もこれと言った商業的価値も無い
 ここまで軍備を浪費させておいて得られるのが『東部の安寧』だけか?
 西も南も一触即発なこのご時勢に?」

…あるいはイシュヴァールにそこまでする何かが存在するのか…暫し考え込む二人
と、そこにヒューズ宛に手紙が届けられる 彼の『美しい未来』から、とその顔が綻ぶ

「グレイシア…女か?」
「中央にいるんだ!ずっと俺の帰りを待っててくれてる」
そういって笑顔を浮かべたかと思えば、こんどは奥さんがほかの男がちょっかいかけていやしないか不安になるヒューズ
「ヒューズ…一言忠告しておく 映画や小説でよくあるパターンだ
 戦場で家族や恋人の話を持ち出して幸せを語る奴は高確率ですぐ死ぬ!その変でやめとけ!」ビシィ

……そこに瓦礫に潜んだイシュヴァール人が二人に強襲を仕掛ける!!
マスタングは発火布を着けておらず、ヒューズの投げナイフも間に合わない…!
だが次の瞬間、そのイシュヴァール人のこめかみに狙撃を受け、倒れる
「大丈夫だロイ 俺達にゃ『鷹の目』がついてる」
0342粗筋の錬金術師垢版2017/02/20(月) 17:11:48.57ID:???
『鷹の目』とは、なんでもまだ無名の狙撃兵だが腕利きで仲間内で話題になってる人物だと言う
とはいえ士官学校生徒を前線に引っぱり出さないといけないあたり、軍の内情も知れるが…
……塔の上でライフルを構える『鷹の目』は、マスタング少佐をその照準で覗き込む……

夜になって、陣地に戻った二人は件の鷹の眼に声をかけるが
その人物は、かつて自分が錬金術を教わった師匠の娘、リザ・ホークアイであった……

(ああ…なんという事だ この人も人殺しの目になってしまった)

イシュヴァール地区の軍本部にて、ドクター=マルコーが将軍達に完成した賢者の石を届けに来た
よくやった、と将軍達がマルコーを褒め称え、これさえあれば殲滅戦はすぐに終わると賢者の石を手に持ち…

「頼んだぞキンブリー少佐 おっと紹介がまだだったな」
「ゾルフ・J・キンブリー 紅蓮の錬金術師です よろしく ドクター」

後ろ髪を束ねたオールバックの男、キンブリーがそういってかすかな笑みを見せる

……司令部を出て、マルコーは自らの行為にその顔を覆う……
と、そこに軍医のノックスが声をかけ ……突然あたりに悲鳴が響く!?
ノックスが言うには、イシュヴァール人を使った人体実験だという その言葉にマルコーも驚愕

「貴方が…医者がそんな事をやらされているのか!?」
「医者…そうだよな 医者なんだよなぁ
 聞いたかい カンダ地区でイシュヴァール人の治療を続けてるアメストリス人の医者夫婦がいるってよ」
「なんだって!? バカな…自殺行為だ!」
「『バカ』…かね それは安全圏からのもの言いだ
 方や強権にへつらい人を殺す医者 方や弱者に付き人を生かし続ける医者―――
 なあマルコーさんよ なんで俺は医者なのに人殺ししてんだ?」

……その問いに、マルコーは答える事ができず…
0343粗筋の錬金術師垢版2017/02/20(月) 17:12:28.91ID:???
同じ頃、マスタング少佐は再会したホークアイと話をしていた

「父が……怖かったんです 研究に没頭する姿は何かに取り憑かれたようでしたから
 それでもその大いなる力は多くの人々に幸福をもたらすものだという父の言葉を信じていたんですよ

 ―――そう信じていたんです
 錬金術は人に夢や希望を与え 軍はこの国の未来を守る者だと……
 教えてください少佐 国民を守るべき軍人がなぜ国民を殺しているのですか
 人に幸福をもたらすべき錬金術がなぜ人殺しに使われているのですか」

マスタング少佐も、その問いに答える事はできなかった……

・・・自分の部屋で錬金術の研究書を読みふけるスカーの兄
だが、シン国の物と思われる書物を読み進めるうちに、何か違和感を感じ取る…

「この国の錬金術は何かがおかしい…!!」
その眼を見開き、スカーの兄はそう呟くのだった

<続く>
0344マロン名無しさん垢版2017/02/20(月) 17:32:17.43ID:???
なぜ錬金術が人殺しに使われるかって言えば人殺しに使えるからとしか。
0345マロン名無しさん垢版2017/02/20(月) 17:49:18.63ID:???
アームストロング少佐、よくこれで精神やられなかったな…
少佐のようなタイプはこの惨状に耐えられるとも思えないが
あるいは耐えられなかったから「逃げた」のだろうかな
0346マロン名無しさん垢版2017/02/20(月) 21:14:35.97ID:???
錬金術自体はただの技術だからね
包丁だって使い方しだいだ
0347マロン名無しさん垢版2017/02/21(火) 00:59:35.83ID:???
ウインリィの両親は死ぬしキンブリーは爆殺しまくるしスカーの兄も死ぬし
悲劇のほとんどがここに集中してんだな
きっかけはエンヴィーの凶弾だが元より火種も有ったんだろうしやるせない…
つか大佐組だけ語られると思ってたらマルコーのエピも挟んで
最近その傾向はあったが急激に群像劇の様相になってきたな
0350マロン名無しさん垢版2017/02/21(火) 23:24:57.30ID:???
あのさ…ちょっと疑問なんだけど
コマンチ爺さん あ れ で 出 番 終 わ り ?
出番来たと思ったら退場とかあんまりじゃないですかー(涙
0353粗筋の錬金術師垢版2017/02/22(水) 17:02:51.85ID:aIbE6ILo
マスタングの師匠が死んだあの日からしばらくたち…その墓前に立つマスタングとホークアイ
何から何まで世話になってしまって、と申し訳なさげに謝罪するホークアイ
そんな彼女に弟子としてできる事はなんでもする、とマスタング少佐も言ってくれた

「…他の家族や親戚はいないのか?」
「母はとっくに亡くなりました 
 父も母も家族とは疎遠だったようで親戚の話も聞いた事がありません」
「君はこれからどうする?」
「これから考えます 幸い父は学校にだけはきちんと行かせてくれたので…
 一人でなんとか生きて行けると思います」

そんなホークアイに、何か困った事があれば軍部を尋ねるといい、と名刺を渡すマスタング少佐
とはいえ軍人なので…死なないですむかどうかの保障はできないが……

「こんな職業だからいつか路傍でゴミのように死ぬかもしれない
 それでもこの国の礎のひとつとなって皆をこの手で守る事ができれば 幸せだと思ってるよ
 そのために錬金術を学んだのだけれど… 師匠にはとうとう秘伝を教えてもらえなかった
 …いや 青臭い夢を話してしまったな」

照れくさそうに頭をかくマスタング少佐に、ホークアイは「素晴らしい夢」と言ってくれた
…不意に、父の残した秘伝について語るホークアイ 
その秘伝は並みの錬金術師には解けない暗号で隠されているそうだが…
ただそれは書物のような形ではないそうだが どうやって残したのかマスタング少佐が尋ねると…
……ホークアイ中尉のその首筋に、彼女に刻まれた刺青がわずかに顔を出す

「その夢…背中を託して良いですか
 皆が幸せに暮らせる未来を信じて良いですか」
0354粗筋の錬金術師垢版2017/02/22(水) 17:03:14.82ID:???
・・・
あれから暫くたち…イシュヴァールの戦いで再開してしてしまった二人
お互いのその幸せな未来を信じていたのに…何故こんな事になってしまったのか
どこか遠い目で呟くホークアイに、マスタング少佐は俯き何も答えられなかった…

  <第60話 神の不在>

「『なぜ』?それが国家錬金術師の仕事だからです」

隊列を組み前進するアメストリス軍 闘う国家錬金術師達
それらを指揮する大総統の姿

「なぜ国民を守るべき軍人が国民を殺しているのか」

街中を吹き飛ばす激しい爆発に、焼け焦げた遺体 
布をくるまれた遺体の山 イシュヴァールの荒野に倒れるドルチェットと思わしき人物

「それが兵士(われわれ)に与えられた任務だからです」

ケガ人の治療を賢明に続けるロックベル夫婦 朽ちた廃墟で涙を流す少年
そして、人の愚かさを嘲笑う人ならざるもの…… 

「ちがいますか?」
……兵士達にそんな話を聞かせるのは、紅蓮の錬金術師、キンブリーであった
しかし、マスタング少佐をはじめ兵士達は彼のように任務として割り切る事は難しいようで
するとキンブリーは、ホークアイに目をつける 
さながら『嫌々やっている』という顔だという彼に、ホークアイも殺すのは楽しくないと答えるが……
0355粗筋の錬金術師垢版2017/02/22(水) 17:03:40.93ID:???
「そうですか? 相手を倒した時
『当たった!よし!』と自分の腕前に自惚れ仕事に達成感を感じる瞬間が少しでもないと言いきれますか?
 狙撃手さん」
キンブリーの言葉に、ホークアイもその顔を青ざめて眼を見開く…
「……それ以上言うな!!」マスタング少佐が彼の胸倉を掴んで止めるが、涼しい顔で言葉を続けるキンブリー
「私からすればあなたがたの方が理解できない 戦場と言う特殊な場に正当性を求める方がおかしい
 錬金術で殺したら外道か?銃で殺したら上等か?
 それとも一人二人なら殺す覚悟はあったが何千何万は耐えられないと?
 自らの意思で軍服を着た時にすでに覚悟があったはずではないか?
 嫌なら最初からこんなもの着なければいい 自ら進んだ道で何を今更被害者ぶるのか
 自分を哀れむくらいなら最初から人を殺すな
 死から目を背けるな 前を見ろ あなたが殺す人々のその姿を正面から見ろ
 そして忘れるな
 忘れるな
 忘れるな
 奴らもあなたのことを忘れない」

キンブリーの言葉に、マスタング少佐もホークアイもその顔から嫌な汗がにじむ……
…と、ここで作戦開始を告げる鐘がなり、仕事の時間と襟を正して自分の持ち場に向かうキンブリー
ヒューズとの別れ際、マスタング少佐は「なぜ闘う」と問いかける

「簡単だ "死にたくねぇ"ただそれだけだ 理由はいつだって単純だよ ロイ」

……しかし、アームストロング少佐は彼らのように割り切ることも、戦うこともできなかった
上官が闘えと怒声を上げるが
アームストロング少佐はイシュヴァール人の子供の亡骸を抱きかかえ、泣いて震えるしか出来ず…
苛立つ将軍は代わりの国家錬金術師を要請するが、流石にそうすぐには…
0356粗筋の錬金術師垢版2017/02/22(水) 17:04:43.57ID:???
「ええい…グンジャ地区はもう片づいたと言うのに…」歯噛みする将軍、フェスラー准将
味方陣地ではおびただしい兵士の遺体の山が積み上げられていた
どうやら敵との戦力差は相当な物のようだ 
さらにアームストロング少佐も闘えない状況では…作戦の練り直しを進言する兵士だが
フェスラー准将は「突撃だ!!」と喚きたてる …ロクに策も出さない准将にヒューズ達兵士からも苛立ちが浮かぶ
他の将はすでに制圧を完了し次に向かっているようで手柄を焦る将軍… そこにグラン隊が到着したと報告が上がる
その顔に幾多の戦いの傷跡を刻んだ、褐色の巨体が彼が歴戦の猛者であることを伺わせる

前線の兵士の前に出て、戦線をこじ開けると土嚢をまたぐグラン大佐
大佐ほどの御方が先行する事は…と兵士が止めるがそれを一喝するグラン大佐

「我が名は鉄血の錬金術師 バスク・グラン!!
 鉄と血!! すなわち兵器と兵士!!!
 この身こそ戦の先駆けにならんでなんとする!!!」

そう言い放ち、鉄板に術式をびっしり書き込んだ手甲を構え

「 ぬ ぅ ら ァ ァ ア ア ア ア 」

自らの鉄拳を互いに合わせ雄叫びと共に自身の錬金術を発動させ
家の壁から大砲、鎖鉄球に刃 ありとあらゆる火器、兵器、武器が雪崩の如く錬成される!!
街の一角に激しい爆発が起こるその様に兵士達からも驚嘆の声が上がり
自ら最前線に立ち戦の先駆けとなるその姿に、兵士達の士気も高められる!
フェスラー准将もその活躍に上機嫌になるが…それを側で聞いていたヒューズは内心苛立ちを浮かべる
…と、そこに味方が孤立したとのことでヒューズ大尉に救援を命ずる
「いっ…アイサー!」(俺かよ!!)

兵士達に指示を出し、ハリー隊の救援に向かうヒューズ隊
「いいかてめーら!! なるべく死ぬなよ!!」 GO GO GO!!
0357粗筋の錬金術師垢版2017/02/22(水) 17:05:01.21ID:???
イシュヴァール人の強襲を受け、その身にナイフを突き立てられるアメストリス兵士…
同じ頃、イシュヴァール人の拠点に乗り込む兵士達だが
その瞬間そこに立て篭もった者達が、ダイナマイトの導火線に火をつける…!
爆発に巻き込まれ血塗れで倒れる兵士が、涙を流しながら何度も死にたくないと呟き
衛生兵を要請するヒューズの叫びは、爆発にかき消され・・・

・・・そこに、彼らの前に白旗が掲げられる
兵士の前に現れたのはイシュヴァラ教最高責任者のローグ=ロウであった
彼はヒューズ大尉達の前に出て、キング・ブラッドレイ話がしたいと言う

「我が命と引き換えに 今生き残っているイシュヴァール人の助命を乞う
 イシュヴァールの要である大僧正ローグ=ロウの首だ 不満があるかね?
 もう…双方死ぬのは私で最後にして欲しい」
……その言葉に、ヒューズ大尉は僅かに目を伏せ、軍帽を脱ぎ上に話を通す、と彼らに言う
だがフェスラー准将はそれを良しとせず戦闘を続けろと怒鳴り散らす が……

「どうした早くしろ!!命令が…
「フェスラー准将 ご存知ですかな?
 戦場における仕官の死因の二割が 部下に殺されたものらしいですよ」

グラン大佐がそう言うと同時に、彼の放ったライフル弾がフェスラー准将の胸を貫いた
「……流れ弾だ」「流れ弾ですね」流れ弾による不幸な事故であった
「うーむ フェスラー准将がこうなっては仕方が無い わしが指揮を執るしかあるまい」
「礼を…言うべきでしょうか?」
「礼など受け取れぬわ 其方と大総統閣下との取り引きが上手くいく事をただ祈るのみよ」
0358粗筋の錬金術師垢版2017/02/22(水) 17:05:25.53ID:???
その後、大僧正と大総統との会談の席が設けられるが…

「ほう…貴様一人の命で残り数万のイシュヴァール人を助けろと?
 自惚れるな 貴様一人の命と残り数万の命とで同等の価値があると?

 自惚れもたいがいにせよ 人間

 一人の命はその者一人分の価値しか無く それ以上にもそれ以下にもならん
 替えはきかん 殲滅もとめん」
冷たくそういい放つ大総統に、信徒から神の天罰が下ると怒号が浴びせられるが
その怒声にも大総統は涼しい顔で返してのける
「神だと? さて不思議な
 この状況でいまだ私に神の鉄槌は下らないではないか
 イシュヴァール人が滅びようとしている今になっても神は現れん
 いつどこに神は現れ 貴様らを救うのかね?
 そもそも神とはなんだ? 弱き人間が寄辺が欲しくて作り出した偶像ではないのか?
 偶像がこのキング・ブラッドレイを倒すか?滑稽な」

そう告げる大総統に、大僧正も怒りに震え信徒達も去りゆく大総統に罵声を浴びせながら連行されていった…
…その光景を見ていたヒューズ大尉は、隣の兵士に宗教は何を信じてるか聞いて見る

「はっ これといって信奉しているものはありませんが…
 この先特定の宗教を選ぶ事になったとしてもイシュヴァラ教は選びません」
「はっ…俺もだよ 神サマに見捨てられた宗教なんざ願い下げだ」

……夕陽が沈む中、大総統はその光景を見て一人呟く
「―――そう…… 神は人間によって創りあげられた 人の手によるものにすぎん
 ならば我々に鉄槌を下しに来るのは神ではなく あくまで"人間"だろうな」
0359粗筋の錬金術師垢版2017/02/22(水) 17:05:44.39ID:???
イシュヴァールとアエルゴとの国境線のゲートでは
アエルゴへの亡命を望むイシュヴァール人でごった返していたが、その国境の門は堅く閉ざされていた
金網越しにアエルゴの兵士に開けてくれと叫ぶが、兵士はその訴えに目をそらすのみであった…
・・・その姿に、スカーの師父も憤りを露わにする

「イシュヴァールに武器を与え国軍を煽っておきながらいざとなったら見捨てるのか…
 我々を使い捨てにするのか…!!アエルゴ人よ!!貴様らもイシュヴァール人を見殺しにすると言うのか!!
 おのれ… この屈辱忘れんぞ…
 世界のすべてがイシュヴァールを否定しようとも 必ず生き残ってやる!!!」

同じ頃、ロックベル夫婦の診療所では、イシュヴァール人の子供ばかりが運ばれるようになってきた
その瞳に涙をにじませながらも、死なせまいと懸命の治療を続ける夫婦
リゼンブールでは、エルリック兄弟と娘ウィンリィが、二人の帰りを待ち続ける…

軍部でも、ロックベル夫婦の医療行為は少々問題になっているようで
キンブリーはその資料に目を通しながら「意志を貫く人間は好き」とその行為に好意を抱く
その言葉に上官のヒゲがちょっと不機嫌そうになるが… 話を戻して
どうやらロックベルの診療所の影響で、軍も前進する事が難しいとの事
「うむ…二人を保護するにしても敵陣の真っ只中だ かなりの損失が見込まれる
 本当に困ったものだよ 助けに行く前にその二人が

 "偶然 戦火に巻き込まれて死んだり"したらどうしよう

 なあ 紅蓮の錬金術師」
「………そうですね 偶然に」

スカーたちの近くにも国軍が迫りつつある、兄にも研究はほっといて逃げるように言うが
そこで兄の両腕に刻まれた入れ墨のような物に気がつく
彼なりにアレンジした錬金術の成果らしい 右腕の模様が分解を示し左腕が再構築を示している
そんな事より国軍が、と声を荒げるのを仲間のイシュヴァール人が止めに入る
0360粗筋の錬金術師垢版2017/02/22(水) 17:06:11.39ID:???
止めに入った仲間達にも、スカーの憤りは収まらない
神に逆らう研究を未だ続ける兄に憤慨するスカーだが…

「たのむからおさえてくれよ おまえの兄の研究がイシュヴァールを救うかもしれないのだから
 聞いたか?国家錬金術師の事を… 兵器として投入され恐ろしい力でイシュヴァール人を蹂躙していると言う話だ」
「知っている!もうすぐそこまで来ているとも聞いた! それと兄と何の関係が有る!?」
その言葉に、仲間達三人は互いの顔を見合わせ…
「国家錬金術師に対抗し得て 更にそれを越える強大な力で国軍に攻撃を与える方法を見つけ出すかもしれない
 力を超える力で……錬金術で奴らに報復を! 血の報いを!!」

そう語る彼らの姿は、どこか下卑た卑屈な笑みを浮かべているようにも見えた…

(…見ろ兄者… これが兄者が傾倒する錬金術だ…)
「人のため幸福のためと願っても 誰もそうは見てくれぬではないか!!」

……その時、彼ら一行を突如爆発が襲い掛かる! ついに国軍の攻撃が始まったのだ…!!
丘の上には、紅蓮の錬金術師、キンブリーの姿があった…
0361粗筋の錬金術師垢版2017/02/22(水) 17:07:05.32ID:???
   アメストリス暦1901年 ×月 ×日
          作戦時刻 ××:××

   イシュヴァール地方   カンダ区

作戦:イシュヴァールの町を見下ろせる丘に陣取り
    イシュヴァール人を殲滅せよ

最優先攻撃目標:
    イシュヴァール人潜伏拠点 「神 田」
                       カンダ

「さあて 仕事をしましょうか」

   眼 下 の 敵 に 照 準 せ よ 

<続く>
0363マロン名無しさん垢版2017/02/22(水) 20:37:25.39ID:???
俺の知ってるグラン准将じゃない
というかここまで熱い男にしてくれたんだ
スカーとの対決を描いた外伝に期待してもいいってことだよな!
0364マロン名無しさん垢版2017/02/22(水) 21:07:26.50ID:???
ここに来てアニメって一部意図的に漫画とはキャラを大きく逆にしていた気ガス
グラン准将は良識派で軍の暗部に関わって無くてデンドロビウムじゃ無いことにも驚いたが
キンブリーもアニメ版とはかなり趣が異なる
しかしスカーの兄が錬金術でアレって事は、腕はアレって事か…?経緯は違うんだろうけど。
0366マロン名無しさん垢版2017/02/22(水) 21:37:12.42ID:???
アエルゴは当然使い捨て前提で支援したんだろうな。イシュヴァールが騙されたのはやっぱ強くても純粋な少数民族だからか。
0367マロン名無しさん垢版2017/02/23(木) 13:24:59.60ID:???
>>366
外交なんて利用し利用されあい騙し騙されあいみたいなもんだしな
気の毒だがああなる前に亡命しないと
聖地から離れるなんて軽々に決断できないのも分かるが
割り切れないのが人間とするならキンブリーは割り切りすぎだし、こいつもホムンクルス?怠惰には見えんが
0369マロン名無しさん垢版2017/02/23(木) 16:58:58.80ID:???
キンブリーがプライドだとするなら大総統との会話シーンに矛盾が出るんだよなあ
ただ、プライドが錬金術の使えるホムンクルス、と言うのはいい線行ってるかもしれない
今の所お父様以外は肉体変化オンリーだし
0370マロン名無しさん垢版2017/02/23(木) 17:07:39.83ID:???
仮に錬金術が使えるホムンクルスだとアニメラースと重なる部分があるな
ただあっちはエドの腕持ちで使えるだけだがキンブリーはどうなんだろう
0371マロン名無しさん垢版2017/02/23(木) 21:10:24.48ID:???
今回はなんだかタクティクスオウガみたいなBGMが流れてそうw
0373マロン名無しさん垢版2017/02/24(金) 00:43:15.35ID:???
神では無く人間が我々に鉄槌を下すだろうとか
人間以上の存在とか言いつつも大総統は心底に人間へ何らかの思いを抱いているのだろうか
家族への思いではなくても、お父様への怒りで反逆とかならねぇかなあ…
0375マロン名無しさん垢版2017/02/24(金) 10:02:32.32ID:???
期待してるところ悪いけど反逆展開は興醒めだからないと思う…
0376マロン名無しさん垢版2017/02/24(金) 13:26:34.51ID:???
なんかスカーの本名は最終回になっても明かされない気がしてきた・・・
0377マロン名無しさん垢版2017/02/24(金) 13:30:24.08ID:???
つかイシュヴァール人の名前が出てきたのローグ・ロウだけか。
0378マロン名無しさん垢版2017/02/24(金) 15:58:32.41ID:???
ということは実は凄い重要人物の可能性があるな
なんせスカーにヌッコロされたチョイ役のグラン准将がコレだし
0379マロン名無しさん垢版2017/02/24(金) 16:02:05.26ID:???
あの人だったら内乱激化する前にも話し合いの場を設けようとかしたはずだが大総統が拒否ったんだろうな。
0380粗筋の錬金術師垢版2017/02/24(金) 17:20:41.50ID:iF6ewGcZ
「ああ いい音だ… 身体の底に響く実にいい音だ
 脊髄が哀しく踊り 鼓膜が歓喜に震える
 そしてそれを常に死と隣り合わせののこの地で感じる事が出来る喜び…
 なんと充実した仕事か!!」

賢者の石をその口に咥えて、歪んだ笑みを浮かべてみせるキンブリーが
錬成陣を刻んだその両手を掲げる…!

  <第61話 イシュヴァールの英雄>

…次の瞬間、地面を陥没させるほどの凄まじい爆発が街に襲い掛かる!!
その凄まじい威力に流石はキンブリー少佐と兵士達からも声が上がる が
「んんー…… いまいち美しくない…」 なんかあんまりキンブリーのお気に召さなかった様子
兵士達もその様子に流石に困惑する 一人先に向かおうとするキンブリーについてく兵士だが
次の瞬間迫撃砲がキンブリーを襲う! だがキンブリーはそれを駆け寄ってきた兵士を盾にすることで凌ぐ

「しっかりしてください 私を護るのがあなた方の仕事でしょう
 ああ…上着が汚れてしまった」

平然とそういい放つその姿に、兵士達も背筋を凍りつかせる…

その頃、スカーは国軍兵士を相手に大立ち回りをしながら家族を探す
するとそこに声をかける一団をみつけ、なんとか兄者たちと合流することが出来た
ここからどこに逃げるか思案する一団だが、兄はスカーに彼の研究書を託す

「おまえは厳しい修練を積んだ立派な武僧だ 私よりおまえの方が生き残る確率が高いだろ?
 見ろ…闘いに放り込まれたとたん足の震えが止まらない…なさけない兄だ」

……そこに、彼らを悠然と見下ろす一人の男…キンブリーの姿に一団が気づくが
次の瞬間、キンブリーの放つ破壊エネルギーが一行に襲い掛かろうとする!!
とっさに兄がスカーをかばうがその爆発は諸共にその一行を巻き込んでいく……!!
0381粗筋の錬金術師垢版2017/02/24(金) 17:21:26.62ID:???
その凄まじい爆発とイシュヴァール人の悲鳴が上がる様に、キンブリーも歓喜の声を上げる
…爆心地に居たスカーの兄は重症ながらどうにか生き長らえていたが
スカーの方は爆発のせいでその腕をちぎられてしまっていた…
「くそ……血が止まらん…死んでしまう…
 腕は… 私の弟の腕はどこだ… 父さん 母さん 皆… 誰か…!!」
……そこで兄は、自身の錬成陣を刻んだ腕に気がつき
兄は、スカーのちぎれた腕の傷跡に、その手を添えて…

「生きろ 死んではいけない」

その瞬間、兄の錬金術がスカーに放たれ―――――

・・・
どうにか一命をとりとめ、ゆっくりとその視界が開かれようとするスカー
どうやらロックベルの診療所に運ばれたようで、傷が開くから動かないように助手の人が言う
その視界には兄の腕が移されていたかに見えたが…次の瞬間、スカーの眼に映ったのは

兄の刺青が刻まれた、自分自身の腕だった

「な んっ… な ん だ こ れ は ぁ あ あ あ ぁ あ あ 」

狂乱のスカーの叫びが響き渡り…
発狂するスカーにはもはや、アメストリス人への怨念以外の感情は存在せず
側にあったナイフを手にとり、スカーはロックベル夫婦へ襲い掛かり―――
0382粗筋の錬金術師垢版2017/02/24(金) 17:22:23.34ID:???
…血塗れの重症でありながら、スカーは兄の研究書を片手に小高い丘の上に向かう
丘の上から見下ろされる、その光景は…もはや荒れ果てた街しか残っていなかった…

同じ頃、ちょうどキンブリーの部隊がロックベル夫婦の診療所を訪れていたところであった
ロックベル夫婦は、既に遺体となった姿となって発見された
手間をかけさせてこれかと兵士達も悪態をつくが…

「戦い敵を倒すのがあなた方兵士の本分 人の命を助けるのが医者の本分
 この人達は本分を貫き通したのですよ 私は意思を貫き通す人が好きです」
そういって、キンブリーはその遺体から家族の写真を抜き取り、その写真に目を通す
「残念ですね 生きているうちに顔を拝んでおきたかった」

・・・ついにイシュヴァールの殲滅戦も、ただ一人の老人を残すのみとなった
マスタング少佐が、脇腹に傷を受け座り込む老人の前に立ち…
「ご老人 あなたが最期だ 何か言いたい事はあるか?」
…その言葉に、老人は僅かに笑みを浮かべ 「恨みます」 そう、言い放つのだった


「―――本部了解 諸君 最期のダリハ地区が落ちた
 イシュヴァール全区 完全に国軍の管轄に入った」
ついにイシュヴァールの殲滅戦が集結し…その報告にヒューズ大尉は、やっと帰れると呟く
戦いが終り…瓦礫に座り込むマスタング少佐に、兵士達が酒を片手に声をかけた
彼らは皆マスタング少佐に所属する部隊 とはいえ末端の兵卒でしかないから少佐も彼らの事は知らなかったようだが

「なさけない… 長く闘っていながら支えてくれた仲間の名をあまり覚えていない
 死んでいった部下の名も覚えていないのがほとんどだ
 ましてや手にかけたイシュヴァール人の事などなにひとつ…!!」
0383粗筋の錬金術師垢版2017/02/24(金) 17:22:55.11ID:???
マスタング少佐の言葉に、その兵士は酒を一飲みしつつ
「貴方は悩みながらも俺達を置いて逃げなかったし
 その火力でいつも先頭きって敵陣に切り込んで 俺達下っ端をムダ死にさせなかった
 強火力で敵をなぎ払っていく様は…… 『信頼』 ただその一言に尽きる
 焔の錬金術師がいたから 俺達は死ななかった
 俺達にとっちゃ貴方は英雄なんだ そんな顔せんでください
 貴方のおかげでこれだけたくさんの兵が生き残れました 感謝します少佐」
「君達も…生き残ってくれてありがとう」

互いに敬礼を返し、別れる兵士達とマスタング少佐

・・・
「この戦いで私の若い理想は打ち砕かれた
 この国を護るなどと言っても 実際はたった一握りの人を守るのが精一杯ではないか
『これだけたくさんの兵を護れた?』 "これだけしか"助けられなかったのだ 愚かな自分は!
 そんな己に腹が立つ!!」

自らの不甲斐なさに、憤るマスタング少佐 そんな少佐にヒューズ大尉が一人の力はたかが知れてると仲裁し
一人の力ではたかが知れている、だからこそ自分でも守れるだけの、僅かでも大切な物を守る、と決意する
「下の者が更に下の者を守る 小さな人間なりにそれくらいはできるはずだ」
マスタング少佐のそんな言葉に、子供の理論とヒューズ大尉も呆れ顔だが
「青いといわれようとかまわん!
 理想とか綺麗事というが それを成し遂げた時それはただの"可能な事"に成り下がる
 理想を語れよヒューズ 士官学校のあの頃のように 理想を語れなくなったら人間の進化は止まるぞ」
「…おまえ考え方は変わったけど根っこは青臭いままだな! てぇことは……だ
 この国丸ごとみんな守るにゃネズミの天辺にいなきゃならねぇな」
そういって、二人は大総統のいる高みを睨む そんな青臭い理想にヒューズも一口乗ってやると言ってくれた
……自身を睨むマスタング少佐の姿に大総統も気がつき…

(ほほう… この喧騒の中で勝利に酔いしれていない男がいる
 私を… いや……すでにその先を見ているか 焔の錬金術師!!)
0384粗筋の錬金術師垢版2017/02/24(金) 17:23:24.05ID:???
イシュヴァールの殲滅戦も終結し、軍の将軍達が集まる部屋にキンブリーが顔を出す
賢者の石の返還を求める将軍達だが…キンブリーはおもむろに賢者の石を飲み込んでしまう!?

「さて これで――― 私が賢者の石を持っている事を知っているのは貴方がただけですね」

その瞬間、爆発の振動音が辺りに響き渡り…
その部屋を出たキンブリーは、狂気の笑みを浮かべながら高笑いを上げるのであった
……爆発に焼け焦げた部屋には、死体しか存在しなかった、と思われたが
「ヒュー♪ やるねぇ紅蓮の」
軍の紋章を刻んだ旗の裏に潜んでいたエンヴィーが、キンブリーの所業に感嘆の声をあげていた

場面はイシュヴァールの道端に、イシュヴァール人の子供の為に簡素な墓を作るホークアイに移る
そんな彼女に「戦は終わった」とマスタング少佐が声をかけるが…
「まだ私の中でイシュヴァールの戦いは終わっていません いいえ…一生終わらないでしょう
 貴方を信じ父の研究を託したのは私 国民の幸福を願い士官学校に入るのを決めたのも私
 それが望まない結果になったとしても事実から逃れる事はできません
 否定し償い許しを乞うなど殺した側の傲慢です

 お願いがあります マスタングさん 私の背中を焼いて潰してください」
「何をっ… そんな事できる訳…」
「せめて!! 償えないのならせめて新たな焔の錬金術師を生み出さぬように
 この背中の秘伝が使いものにならないように
 そして父と錬金術の縛めを下ろし リザ・ホークアイ個人になるために お願いします」
…はっきりと、強い意志をもってそう願うホークアイに、マスタング少佐も僅かに目をそらし…

「どれ位焼けば死ぬか…あるいは生活に支障は無いか
 火傷の深度も範囲も思いのままになってしまった
 皮肉なものだ この戦いで人を焼くのに慣れすぎた」
0386粗筋の錬金術師垢版2017/02/24(金) 21:21:02.29ID:???
「欺瞞だな そうやって自分をごまかして手を汚し続けるのか」
「そうです 手を汚し血を流すのは我々軍人だけがすればいい
 イシュヴァールのようなあんなおもいをするのは我々だけで十分でしょう
 錬金術師が言う通り この世の理が等価交換で表せるのなら
 新しく生まれてくる世代が幸福を享受できるように
 その代価として我々は屍を背負い 血の河を渡るのです」
その言葉にマスタング少佐は僅かに目を伏せ…彼女を自身の補佐官に任命する
彼女に自身の背中を任せる…即ち、自身が道を踏み外したら彼女が自身を殺してでも止めろと言うことである
その言葉に、彼女も「お望みとあらば地獄まで」と答えるのであった

「私は非力な人間だ それ故に全てを守るには君達の協力が必要だ
 私が君達の命を守る 君達はその手で守れる数だけ…わずかでいい 下の者を守れ
 その下の者は更に下の者を守るだろう
 何があっても生き意地汚く生きのびろ 生きて皆でこの国を変えてみせよう」

背負うべき仲間達と共に、未来の為に、守るべきものを守ると決意する軍人達…

・・・そして、家族も、仲間も、自らの住まう地も、すべてを失った男が一人荒野をさ迷い…

「……だがこの歩みを進める力はなんだ?

 ……復讐だ!!!

 この身ひとつ ただ復讐のために…生きのびてやる!!」

そして男は名を捨て、神を捨てて、復讐の鬼と化す……

<続く>
0387マロン名無しさん垢版2017/02/24(金) 22:52:00.73ID:???
キンブリーはどっちかと言うとアレだ
ヒソカとかヤザンとかあんな感じのバトル・戦争ジャンキーなだけっぽい
独自の美学がある感じだからある意味そいつらよりめんどくさいがw
0388マロン名無しさん垢版2017/02/24(金) 22:59:37.60ID:???
エンヴィーはなんであんな所にいたんだろうな。上層部はみんなホムンクルス側なんだしキンブリー始末する意味はないような。
0389マロン名無しさん垢版2017/02/24(金) 23:32:07.61ID:???
キンブリー意志を貫き通す人が好きとかますますプライド臭いけどエンヴィーの反応見るに違うのか
0390マロン名無しさん垢版2017/02/25(土) 00:06:50.22ID:???
国家錬金術師の実戦投入現場だし人柱候補の偵察でもしてたんだろう
てかやっぱスカーの手=兄貴の手なのか
アニメはそこんとこだけ切り取ってああしたんだろうけど
こうなるとアニメが原作のネタバレをどう取捨選択したのか気になってきた
0391マロン名無しさん垢版2017/02/25(土) 02:13:09.67ID:???
中尉と大佐の関係性は萌えと燃えが入り混じって凄い特別感有るな
こういうの好きだわ
0392マロン名無しさん垢版2017/02/25(土) 07:22:55.83ID:???
というか高エネルギー体のはずの賢者の石を呑み込んで大丈夫なのかw
0397マロン名無しさん垢版2017/02/25(土) 17:43:54.20ID:???
>>396
クセルクセス遺跡でエドにからんだイシュヴァール残党のリーダーだったはず
というか今回の話でもスカーが夫婦に襲い掛かるシーンでお付の少年と一緒に出てる
0398粗筋の錬金術師垢版2017/02/26(日) 17:07:58.84ID:Yrkg5xkx
鋼の錬金術師 15巻 2006年12月22日 初版発行
掲載・月刊少年ガンガン 平成18年5月号〜8月号

作者近影・コメント

「ゾウの肉はカタイんだ ゴムみたいな歯ごたえで」
「戦場でこんなぶっとい蛇を輪切りにして醤油と砂糖で甘辛く煮て」 
\ふおお/ 牛さん震え

本編を書くにあたり第二次大戦で
前線を経験した方々の話を聴いて回った。
書物や映像よりも鮮明で強烈な
その様々な話の中で、とある方が
テーブルの上に目線を落として
ぽつりとおっしゃった
「戦争の映画とかね、そんなのは見ないですよ」。
その一言が一番心に残っている。

あらすじ
エドワードとアルフォンスの兄弟は、
幼き日に喪った母を錬金術により蘇らせようと試みる。
しかし、錬成は失敗しエドワードは
左足と弟のアルフォンスを失ってしまう。
なんとか自分の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成し、
鎧に定着させることに成功するが
その代償はあまりにも高すぎた。
そして兄弟はすべてを取り戻すことを誓うのだった…。
0399粗筋の錬金術師垢版2017/02/26(日) 17:08:24.14ID:???
      CONTENTS

 第58話 破滅の足音
 第59話 背徳の錬金術師
 第60話 神の不在
 第61話 イシュヴァールの英雄

カバー裏おまけ

\クールビズ!!/

エルリック兄弟のクールビズスタイル エドはコートの袖無くしアルはふんどしが半分に
「それ省エネルックじゃん」


エルリックテレパシーふたたび!!

「エルリックテレバシー!! 受け取れ弟―――ッ!!!」 う お お お お お 

 ・w・> …

#・w・> イラッ

なんかとどいたらしい。

本日の背表紙
イシュヴァールの民の皆さんが長蛇の列で天に昇る ロックベル夫婦も仰天

P84  キンブリーのラフ
P126 グラン将軍のラフ
0400粗筋の錬金術師垢版2017/02/26(日) 17:09:04.86ID:???
おまけ
61話 丘からイシュヴァールの町を見下ろすシーンのスカー
そのシルエットが晴れると…頭にネクタイ巻かれておなかに顔を書かれていました 宴会芸をやらされていた様子

わーい今回もおまけぺージいっぱいですよー
そんな訳でまた皆さんの質問にお答えするコーナーです!!

  <牛小屋日記 答えろ牛!!編2>

[Q.キャラの名前はどうやって決めてるの?]
さて取り出しましたるは西洋人名図鑑 ででん
てきとーに 開く!! ・・・・・・「ジャン」!!
ジャン・ハボックにしよーっと(かきかき) 

{ほぼこんな感じでけっこういいかげんです
 軍人さんの苗字は戦闘機や航空機メーカーの名前から取る事が多いです
 連載初期の頃やデビルズネストの人々は酒屋のチラシから取ったりね}

[Q.エドとアルの苗字は やはり『エルリック・サーガ』から取ったのですか?]
すんませんエルリック・サーガって読んだ事無いっす;
そういや指輪物語とかハリポタとかクトゥルー神話とか…
ファンタジー好きなら押さえとけって有名どころを全くと言って良い程読んでないねぇ

「いちおう『ファンタジー』に分類されるマンガ書いてるのにそれでいいのか…?」 エドも困惑

[Q.ゾルフ・J・キンブリーの「J」って何のJ?]
え――…… 「ジャジャジャジャーン」のJ?
{ほんとにいいかげんです}
0401粗筋の錬金術師垢版2017/02/26(日) 17:09:34.80ID:???
[Q.スカーの本名は]
決めてあるけどヒミツ
本名を出さない事に意味があるのでそれは追い追い本編で語られるでしょう
(連載がきちんと続けば)

「己れまだまだ名無しのままかよ!!」

[Q.『鋼の〜』が実写になったらどんな役者がいい?]
あ、これは友達とかアシさんとよく話します アルは全員が「CG」って言います
「オレは?」主人公だしかっこいい役者を期待するエドだけど
えーと… マメ山田か 猫ひろし? (エド思わず血吹き出し

ヨキは西村雅彦 グリードは布袋寅泰 ラスト姐さんは叶姉妹のどっちか? ブラッドレイは渡哲也…?
\なんで西洋系ファンタジーなのに全員日本人やねん!!/

大佐は当然シブくて格好いい役者を当てられることを期待するが
牛さんとアシスタント達全員一致で「ミッチー。」(及川光博)と答えました 大佐ずっこけ

ちなみにカントクはチャウ・シンチーがいい!!「どっちの方向に持ってく気だよ!!」

[Q.エドのデコの傷がきになる]
うわ、こまい所に気付くなぁ;

3巻の48(スライサー)戦でつけられた刀傷が最初です。
以降、その傷により皮膚がうすーくなってるので何か当たるとすぐ裂けるようになったらしい。
治したくてもバトル続きで治るヒマが無いそうで

まあ本音は顔にベタが入ると画面がしまるって理由でエドを流血させるのにちょうどいいだけだったり
0402粗筋の錬金術師垢版2017/02/26(日) 17:10:31.58ID:???
[Q.グラン准将は、あんなに強いのにスカーにやられてしまったの?]
やられてしまったよー その時の様子をレッツリプレイ!!

―――――

ある日のセントラルシティの夜 お酒をのんでお家に変える途中のグラン准将
その後ろをスカーがこそこそ付いていき… 准将のスキを付いて人体破壊!!(グシャー

―――――

という訳で圧勝さね アシさんから大顰蹙だが牛さんもどこ吹く風で逆切れする始末でした

{そんなこんなでサクリとやられてしまったグランですが
 連載初期の頃から設定してあったキャラなのでやっと描けてうれし楽しかったです。}
二つ名の由来はビスマルクのあれです。 ターンエーヒゲ。∀
{コマンチ爺さんはもう少し描きたかったな…
 まあそんなの見たいのは私だけだろうからざっくりけずりましたが}(ぶいーん

というわけで今回はお開き…と思った矢先にアシスタント達からも質問があると言う

[Q.ホークアイ中尉のスリーサイズは?]
もっとまともな質問せんか!!!
「だって14巻の最終ページ!!」「この腰のくびれ!!」「くびれ!!」
「細い!!」「ウエスト細い!!」
ええいウエストだ腰だくびれだとやかましい…中尉はウエストが細いんじゃなくて!!
(軍人だから鍛えてて)肩ハバががっちりあって(そこそこの年だから)尻がバイーンなんだよ!!!
対比でウエストが細く見えるそうで アシさん連中orz

そのまま牛さんとアシさん連中でみにくい口論が展開されるが   中尉におこられました
えーー…こんなにぎやかな人々と相変わらずおもしろおかしくマンガ描いてます
どうぞこれからも鋼の錬金術師をよろしくお願いします
0403粗筋の錬金術師垢版2017/02/26(日) 17:11:05.35ID:???
おまけ近況
『あの錬金術が今世によみがえる!ネットの錬金術で積金1億円!』
……というバラまきメールが来たよ


おまけ4コマ

[エドワードと魔法のランプ]
アラビアンなエドが古いランプをこするとランプの精があらわれた!!

〜・w・〜> 願いを3つかなえてあげましょう(ヒゲつきアル

「マジ!!?? オレの身長のばして…」〔無理〕
「身ちょ…〔だめ〕

「……願い事3つぶん使って身長3センチだけでいいから伸ば… 〔 や だ 〕


[君の瞳に…]
鎧のマスクが無表情なのがご不満なアル もうちょい表情豊かならモテるのかなー(鏡見つつ
瞳が無いのが無表情に見える原因なのかと感じたエドが、アルの目の光に瞳を書き足そうとしてあげるが

◎w◎> ちょん

(こわっ!!!);
0404粗筋の錬金術師垢版2017/02/26(日) 17:11:43.76ID:???
[兄の真心]
腕を失ったスカーに、兄がその命を救わんと彼の腕を錬成させる
…目が覚めたとき、スカーの腕は

ドリルになってました

「 な ん じ ゃ こ り ゃ あ あ あ あ あ あ 」
「ドリルだわ…」「かっこいいなぁ…!!!」 
機械鎧技師のロックベル夫婦にはぐっとくるものがあったようです


[トイレかしてくだサーイ]
〔ボクは寝ない身体なので夜はとてもたいくつです
 でもこの前『コンビニ』っていう24時間営業しているお店をみつけました!!
 どんなお店かな!!いい暇つぶしになるといいな!!〕
という訳でコンビニ前にたどり着いたアル   が

"フルフェイスメット"の方 入店おことわり!!

その張り紙にアルもショック とそこにスカーが通りかかって…

# w > おい傷の男 壊しちまえよこんなガッデムコンビニ(ちっ
「また己れかよ!!!」

[この先見たけりゃ追加料金]
とある旅館のテレビの前に学生達が集まる 
どうやらいかがわしい内容のアレを見ているようですが もうすこしでお楽しみの山場というところで

100円を入れてください(ブツン
「あ"――――っ!!!」

「―――って感じだよな真理の扉」〔なにそれ〕
0406粗筋の錬金術師垢版2017/02/26(日) 17:16:54.67ID:???
次巻予告

 物 語 の 舞 台 は 

 そこに――― 役者は集う

「イシュヴァールの事 話してくれてありがとう」 中尉にそう礼を言うエド
「この枯れた年寄りにご使命だよ」 東方司令部のグラマン将軍がそう語り笑顔を浮かべる
「ほんのお礼です」 キンブリーはそう言いながら、何かを錬成させ…!

 歩みを止めるものなどいない ―――求めるものは違えど

「我々はまた戻ってくるぞ」 ランファンとフーの二人は、闇夜の市街の中、そう別れを告げ
そして、スカーとキンブリーが運命の再会を果たし…

「アームストロング少将だ」 二人の部下を従え、玉座に座る一人の長髪の軍人がサーベルを携え何者かを待ち構える…

 北 へ !

スカーの兄が言う
「この国の錬金術はどこかおかしい」
その言葉の意味するものは!?
舞台は北へと移り、そこに役者が集う。
キンブリーも出所し、さらに新キャラクター登場!
アームストロング将軍とは!?

鋼の錬金術師 第16巻
2007年3月発売予定!!
乞うご期待!!
0410マロン名無しさん垢版2017/02/27(月) 00:37:22.31ID:???
少将は少佐より細そうだな
それでも親的にいかついおっさんだろうけど
0411マロン名無しさん垢版2017/02/27(月) 19:46:28.63ID:???
わからんぞ、妹みたいに突然変異の正統派美形兄貴かも知れんw
0414マロン名無しさん垢版2017/02/28(火) 09:00:23.23ID:???
妹が居るんだから姉が居てもおかしくないしメスゴリラだろ
0415マロン名無しさん垢版2017/02/28(火) 13:39:09.93ID:???
実写版のキャスト妄想が中々笑えたが実写化よりは、もう一度アニメ化してほしいなあ
0416粗筋の錬金術師垢版2017/02/28(火) 17:26:01.42ID:IvcauZSg
  <第62話 夢の先>

イシュヴァールの話を終え、場面はエドとホークアイ中尉の元へと戻る
大総統の地位を狙う大佐の目的はエドも理解したが…アメストリスが軍事国家である以上
内乱や他国との衝突など、結果として他国の人間を殺す事になると指摘するエドだが
ホークアイ中尉が言うには、今はほぼ軍の傀儡となっている議会をしっかり機能させ
徐々に軍備を縮小させ、民主制に移行させつつ生き残りの道を探る、との事で

「軍備縮小の中には国家錬金術師制度の廃止も含まれるわ」
「なるほど   いや待った!それって……」
「そう 乱世の英雄は平和な世においてはただの大量殺人者になる
 大佐だけでなく人体実験をしていたノックス先生他諸々…
 もしかしたら私もイシュヴァールでの非道を裁かれる事になるでしょうね
 軍人でいる事が…軍服一枚が今の私達を守っているのよ」

だがそれではただの自滅の道でしかないが…
それでも『下の者を守る』と言った以上、大佐はどんな手段を用いてもそれを実行するであろう
しかしイシュヴァールの内乱の発端となったのはホムンクルス達の陰謀によるもの
……だが、それでも実行したのは自分自身、と中尉はその瞳を鋭くさせていい放つ

「私も大佐も…おそらくヒューズ准将も思っていたでしょう
『沢山の人の人生をその人の許可無く終わらせた
 その私達が勝手に死にたい時に死ねる訳が無い』……と
 だからせめて私達の次の世代には笑って幸せに生きてもらいたいのよ」

…その言葉に、自分を犠牲にして弟を助けようとした自身の姿が浮かぶ
ホークアイ中尉にも自分の身体を二の次に考えてる事を言われて、エドも僅かに俯く

「私達の心配をする前にやる事があるでしょう? アルフォンス君もあなたも元の身体に戻る事
 沢山の人があなた達が元の身体に戻る日を待ってくれてるはずよ」
0417粗筋の錬金術師垢版2017/02/28(火) 17:26:36.26ID:???
とりあえず話を終え、何か情報が入ったら伝えるようにすると言う中尉
錬金術師でない自分がホムンクルス達に一番近い所に配置されてしまった、と中尉も困り顔で呟く
とはいえ前向きに考えれば、いつでも大総統の寝首をかける、なんて冗談交じりに言ってみたり
そんな中尉にエドも「おっかねー」とため息ひとつ

「……中尉 イシュヴァールのこと話してくれてありがとう」

と、ここで場面はノックス先生とアル達のほうに移る
イシュヴァールでは『人類のための進歩』と自分を偽り、何人もの死体を解剖し続けた
…もはや医者としての資格なんて無い、と悟ったノックス先生はそれから検死官になった、と語る
コーヒーを飲み干し、年寄りの話はもう終わりとして…

「メイ ランファンもいるんだろ?
 ケンカすんなよ おっさんは子供が殺し合うのなんざ見たかねぇんだよ」

その言葉にメイとランファンは僅かに目を伏せる…
と、流石にそろそろ遅いのでアルの方が帰り支度 
メイがそんなアルにまだ礼を言ってなかった、と声をかけられ…鎧さンとのメイの言葉にアルが自己紹介

〔エドワード・エルリックっていたでしょ 小さい錬金術師 ボクあれの弟なんだ
 君 この鎧の中に入ったからわかると思うけど ボクはちょっと訳有りで身体が無いんだ
 他の人には秘密でお願いね〕

……その言葉に、あ の 凶暴な兄にそっくりなのか戦慄するメイちゃん アルも失敬なとお怒り
〔兄さんよりうんと身長高いに決まってるだろ!!〕
「顔つきハ?」〔あんな風にキツくないよ!!やさしい顔してるもんねボクは!!〕
「髪はどんなノ?」〔スキッとさわやか金の短髪!! ケンカも兄さんより強いし!!でも短期じゃないジェントルマンさ!!〕

長身 金の短髪 やさしく強いジェントルマン それらの情報をまぜまぜした結果
メイちゃんの新たなストライクゾーンに見事的中したようです
「早く身体が戻るといいですネ!!」(目きらきら
〔? うんありがと〕
0418粗筋の錬金術師垢版2017/02/28(火) 17:27:00.45ID:???
……夜道を一人歩くアルが、イシュヴァールでのノックス先生の言葉を思い出す
母さんの喜ぶ顔が見たいだけだったはずなのに、どこで間違えたのか…そう思案するアル
と、そこにエドが迎えに来ようとしてたようでちょうどばったり合流し、時計台の前で座り込む二人

〔イシュヴァールの話を聴いて ボクちょっとヘコんだ…〕
「うんオレもだ オレ達みたいなガキに包み隠さずごまかさず 全部話してくれたよ
『錬金術師は真理を追い求める者』なんて… 偉そうな事言ったって身近なことでさえ知らないじゃないか」
〔そっか… 大佐は目的を果たしたその先も見てるんだ〕
……その言葉にエドは、アルが元の身体に戻ったら何がしたいか聞いて見ると
〔そうだなぁ…… ……聞いても笑わない?〕「笑わねぇよ なんだよ」

〔アップルパイが食べたい〕

その言葉にエドもおもわず吹き出してしまった お怒りのアルから笑いながら逃げるエド
とりあえずどうにかお怒りを抑えつつ、そういう兄の方はどうなのか聞いて見る
「ん―――……元の身体に戻るっつー目的でいっぱいいっぱいだったからなぁ…
 とりあえず師匠とかリゼンブールとかに『戻りました』って挨拶回りか?」
〔あ そっか お世話になりまくりだもんね …みんな笑って迎えてくれるよね?
 皆の笑顔… 見れるよね?〕
「ああ 前にオレ おまえの笑ってる顔が見たいって言ったけどよ
 アルだけじゃなく皆の笑ってる顔も見たいよ」

それに、状況は厳しいとはいえ光明は見えてきているとエドは言う
中央地下でのお父様との対峙の際、他の術師も錬金術が使えなかったが…
スカーとメイは錬金術を発動できていた 恐らくは二人の使っているものに、兄弟の知らない何かがある

「あの豆女はノックス先生の所にいるんだよな 明日問い詰めてやる!
 まだまだドン詰まりじゃないぜ……!!」
0419粗筋の錬金術師垢版2017/02/28(火) 17:27:37.98ID:???
さらに場面はスカーとドクター=マルコーに移る
…話を終え、イシュヴァール人の命から使われた賢者の石でイシュヴァール人を殲滅された事実に
スカーはマルコーの胸倉を掴み上げ、その怒りを露わにするが
マルコーを投げ飛ばすと、壁をぶん殴ってどうにか怒りを抑える…
……マルコーにはキンブリーの話を更に詳しく求め
さらに兄の残した研究に関して、スカーには解読できなかった部分もある
兄は『この国の錬金術がおかしい』と言っていた 
それに関する何かがあると見てマルコーにその解読が出来るか問うと、マルコーもやってみようといってくれた

「よし ここを出してやる」「いや出るのはまずいと言ったはずだ!」
「貴様が己れに殺されればいいのだろう 服を脱げ」

えっ

……それから暫くたち、エンヴィーとお父様がマルコーの元に食事を届けにやってきたが
次の瞬間二人が目にしたのは、見まみれでバラバラの肉片にされたマルコーの遺体と
VENGEANCE(復讐)と描かれた血文字であった その光景にエンヴィーも驚愕するが…
……お父様はマルコーの監視につけていたキメラが一匹足りないことに気付く

(マルコーは生態の研究が得意な錬金術師だ…)「…ふむ」

こうしてウロボロスからの手を逃れたマルコーがスカーに連れられスラムを歩く
どうやらマルコーの身柄はスラムにその身を隠すつもりの様だ

その頃エルリック兄弟の方はメイを尋ねる予定だったが
ノックス先生の家に電話するとすでに出て行ってしまったと言う
残念ながら行き先も判らず、メイの足どりは途絶えてしまったかと思われたが…
「逃がさんぞ小娘ェェェェェ!!! 国家錬金術師の恐ろしさ 思い知らせてくれるわ!!」 
エドは極悪な形相でそう叫ぶ 国家錬金術師の地位をフル動員させてローラー作戦を敢行する!
つもりだったが職権乱用だとアルにとがまれる 角がエドのおでこにぶすり
派手な行動は大総統に目を付けられているからダメだといわれエドも思いとどまる
(思い切り回りの市民からは目立っていたけど
0420粗筋の錬金術師垢版2017/02/28(火) 17:28:25.33ID:???
同じ頃、ちょうどメイちゃんがスカー達一行と合流…と、なんだか面子が一人増えている
それがノックス先生の話で出てきたドクター=マルコーだと知るが、ノックス先生の名前が出てマルコーは俯いてしまう
さらに賢者の石の製作者だと知り、メイはそれに食いつくが
「よせ そんな物求めるな 欲してはいかん」
どこか遠い目でそういい放つスカー… 
「…で?なんで旦那は敵にも等しい人間を連れて来たんですか?」
「利用価値があるからだ」

…するとスカーはいきなりマルコーの顔面を人体破壊で潰す!?

「顔の表面だけ破壊した 
 娘 こいつの血を止めてやってくれ 血を止めるだけでいい
 顔はマルコーだとわからぬ位くずれていた方が都合がいい これから移動するのでな
 己れが兄から受け継いだ研究書を隠した場所―――
 ―――北だ」

マスタング大佐の部下達が四方に転属されることが決まり、ブレダ少尉はハボックの病室を訪れる
…差し入れと称してリハビリ用にダンベルを持ってくるがハボックご不満
「もっとこう…おねーちゃんがいっぱい載ってる雑誌とかよぉ」ギブミーボイン
「うるせぇ 俺達がいない間サボるんじゃねえぞ」
しっかり留守番してろ、と言ってハボックに背を向けながら手を振るブレダ少尉

フュリー曹長もハヤテ号にお肉の差し入れをしていると、そこにファルマン准尉も挨拶
准尉の方はチェス盤(バリーを家で匿ってたときの借り物)を大佐に返しに来たとの事で
遠い北国暮らしになり、溜息が混じりながらもフュリー曹長に別れを告げる

そしてホークアイ中尉も、マスタング大佐の下から別れる
互いに敬礼を向け、お仕事サボらないでくださいといい残して部屋を出る中尉 
そんな言葉に大佐も溜息ひとつ付き ……広くなってしまった事務所に一人、佇む…
…すると、大佐は折り畳まれたチェス盤を開き
0422マロン名無しさん垢版2017/02/28(火) 17:56:18.57ID:???
イシュヴァールの流れに乗り遅れたけど、アメストリスは上司の当たりハズレが激しいなあ…
とりあえずマスタング大佐とグラン准将の所属は色々安定してそう
ただアームストロング少佐とジャジャジャジャーンの下だけは絶対やだw
0424マロン名無しさん垢版2017/02/28(火) 18:02:14.39ID:???
大佐の構想は成功するのかな。余程巧くやらないと中尉意外に背中から撃たれるが。
0425マロン名無しさん垢版2017/02/28(火) 20:57:14.80ID:???
東部のグラマン将軍懐かしいな ってか大佐の女好きキャラはこの人の仕込みかw
で、ふと思ったんだけど
中央軍部がまっ黒なのはもう語られている通りだが、四方の地方軍はどうなんだろう
東方司令部責任者のマスタング大佐が中央の件に関して何も知らなかったわけだし
地方の軍隊に呼びかけて、中央を打倒するクーデターみたいな展開もありえるだろうか

グラン准将が生きてたら(厄介払いもかねて)地方軍を任せられていたんだろうなあ、惜しい人を亡くした
0426マロン名無しさん垢版2017/02/28(火) 22:20:29.30ID:???
殺人的にウマイアップルパイ食べたい…

女好きのチャラ男が世を偲ぶ仮の姿ってたまにあるけど、バーは酒の力で情報集まりやすいってのもあるのかな
グラマンさんはグラマー好きだからあんな名前かと思ったよごめんね
…てかあのチェス板ってそういう意味だったんか
0427マロン名無しさん垢版2017/03/01(水) 02:20:51.54ID:???
個人的な関係を築くならアームストロング少佐、部下になるならグラン准将って感じだなあ
大佐は有能じゃ無い人材には感情移入しないようにしてるのかも
無名の人の死を忘れないように心掛けてもそんなに割り切れるもんじゃ無いだろうし
0428マロン名無しさん垢版2017/03/01(水) 04:55:51.37ID:???
アップルパイの下りでひょっとして荒川先生(というか作品のテーマ)には「欲望大事」とかも有るんだろうか
誰かを救いたい傲慢な願い、アップルパイ食べたい暴食、眠れる身体が欲しい怠惰
ウインリィとイチャイチャしたい色欲、我が子を犠牲にする外道に対する憤怒
嫉妬は思いつかなかったけど、強欲の扱いを見るに7つの大罪全てを人間らしさと捉えてる気がする
0429マロン名無しさん垢版2017/03/01(水) 16:51:13.19ID:???
チェス盤にメッセージとかなんだこのハードボイルドな大佐
オシャンティか
0430マロン名無しさん垢版2017/03/01(水) 20:07:41.01ID:???
スカー組も大分大所帯になってきて第三勢力化してきたな
しかしこの面子で行くとヨキもしかしてミスターサタンポジに来るかな
0431マロン名無しさん垢版2017/03/02(木) 01:41:04.02ID:???
イヤ流石にヨキが活躍はねぇだろw
ま、あっさり死んだアニメと違い生き残りはしそうだけど道化役で終わるよ
もしも大活躍したら鼻でスパゲッティ食べてやるよwww
0432マロン名無しさん垢版2017/03/02(木) 08:42:34.61ID:???
アニメじゃ軍に擦り寄ってイシュヴァール人売ろうとしてラストに殺されたんだっけ
まぁあっちは完全にインガオホーか
0433粗筋の錬金術師垢版2017/03/02(木) 17:01:41.65ID:???
メイの手掛かりを求めて数日が立つが、未だその情報すら入手できていない兄弟
もう中央にはいないのであろうか… するとそこにマスタング大佐が兄弟に声をかける
「げっ大佐!!何故ここに!!」
「何故って…アルフォンスは遠くからでもよく目立つ」〔そうでした…〕
大佐にも事情を説明し、何か情報があれば教える事にする

「本当は大佐に借りなんか作りたくねぇんだけどよ」(ぶつぶつ
「そうだ 借りといえば! 金を返したまえ 大総統府で小銭貸しただろう」
「チッ!覚えてやがったか!しょーがねえな!」 ((チンピラ…))
という訳で渋々小銭を返そうとするのだが…

「やっぱまだ借りとく 大佐が大総統になったら返してやるよ」

  <第63話 520センズの約束>

「…誰に聞いた?」「ホークアイ中尉に イシュヴァールの事も教えてもらった」
「……… 鋼の 
 金は貸したままにしておく 必ず返してもらうぞ」
「んじゃそん時ゃまた小銭借りるさ 『民主制になったら返してやる』ってな
 それも返したらまた借りて何か約束取り付けるぞ」
「…つまり私はかなり長生きせねばならんという事か」
「そーだよ 中尉とかに心配かけさせてんじゃねーぞ」

そういって大佐と兄弟はホテル前で別れるが…大佐の車がなんか直ぐ止まった
するとその側にいた女性に声をかける大佐 さっそく女遊びしているその光景に兄弟あんぐり
お怒りで兄弟部屋に戻ると…部屋の中に何者かが待ち構えていた
ベッドの上であぐらを書いていたその人物は、リンの付き人フー爺さんであった
0434粗筋の錬金術師垢版2017/03/02(木) 17:02:03.69ID:???
……その夜になって、フーはランファンの潜伏先を訪れるが…
「…腕を無くし……… 若を守りきれず…
 …この…… …有様か……」
そう言いながら俯くランファンをにらみ…ランファンの頬に平手打ち!
ここが潜伏先でなかったら小一時間怒鳴りつけるところと、ランファンの失態に怒りを露わにするが…

「…いのか… 腕…… 無いのか」
「ごめんなさい爺様 ごめんなさい」
「…バカ者 バカ者……!!」

フー爺さんはランファンの姿に涙ぐみ…震えてその場に蹲ってしまうのだった…

その後、ランファンに代わりの腕としてオートメイル技師を紹介しようとする話になるが
その技師にウィンリィを紹介するつもりだったが…大総統らホムンクルスに目を付けられている
大総統に顔が割れているランファンがウィンリィを尋ねるのはよろしくないであろう
ならリゼンブールのピナコばっちゃんならば…と言うがフーじいさんがそれを拒否してしまう

「おぬしらが我らに力を貸してくれようとしている事モ
 そのロックベルという技師を敬い信用しているのもよくわかル
 だからこそ世話になる訳にはいかんのダ」
〔でも放っとけないよ…〕
「だめダ!感情に流されうかつな事をすれば共倒れダ!
 事を成すには時として情に対するこだわりを捨てるのも必要ダ わかるか小僧」
……その言葉に、エドもどうにか納得しその言葉に従う事にする
フーじいさんも十分力になってくれたと語り、いい医者にもかくまってもらったとノックス先生を見やる
深く頭を下げ感謝するフーじいさんとランファンの姿に…
ノックス先生は動揺し震えながらも、素直になれないのか冷たい態度で接してしまう
そんなノックス先生に、エドも苦笑気味な顔になるのでした

……どうやらシン皇帝の容態は悪化の一途をたどっているようだ 
早く不老不死の法を手に入れねばならぬ状況 …ランファンは大総統府を見据え…
「待っていろ 魔窟の住人どもよ 我々はまた戻ってくるぞ」
0435粗筋の錬金術師垢版2017/03/02(木) 17:02:46.48ID:???
大総統府の門の上では、リン…グリードが静かにその場に佇んでいた…

ランファン達がでていき、がらんとした家の中で一人、ランファンの言葉の思い出すノックス先生
…と、そこに誰かが尋ねてくる 玄関を開けるとそこを訪れたのは…別れたはずのノックス先生の妻と息子であった
なんでも母と近くによる用事があったので尋ねてきたと言う
互いの近況を話しつつ、自分は変わらず死体の相手…と言い掛け
「…いや つい先日二人ほど治療したな 笑えるよな この俺が人命救助だとよ」
その言葉に妻と息子の表情が明るくなり…息子の方は今医者を目指していると言う
その言葉にノックス先生も驚愕するが、息子も父がイシュヴァールでしたことを知ってなおそれを目指すと言う

「父さんのした事は許されない事だ 償いきれない事だ だからって逃げていいのか!?
 人の命を救う技術があるのに怖いからってそれを捨てるのか!? 何もしないのが一番ひきょうだ!!
 やっと本文を取り戻したのならそれを続けようよ 俺も一緒に人の命を助けるよ!」
「なんでおまえ… そんな…一生懸命…」
その言葉に、息子は「家族だからだよ」はっきりと乞う答えて見せた
…ノックス先生は二人を家に入れ、コーヒーでも淹れて上げる事に
湯のみを手にし、ノックス先生は一人呟く

「もしも神サマってのがいるならよ 見のがしてくれよ
 こんな俺でもよぉ… 家族とコーヒー飲むくらいの幸せは願っていいよな…?」

そう呟きながら、ノックス先生はとめどない涙を溢れさせるのだった…

その頃メイは、イーストシティ駅にその姿があった
買出しの袋を両手に抱えながらとてとて笑顔で歩くメイちゃん
すると側の兵士からスカーの情報が入っているとの声が聞こえてきて…
そちらに目をやっていると、メイちゃんがうっかり老婦人とぶつかってしまった
互いに謝りながら辺りに散らばった食料品を袋に戻し 老婦人がメイの独特な喋りに気がつく
なんでもここはただの中継点でこれから北に向かうとの事で
と、そこに電車が出発の時間になり始める 老婦人に礼を言ってメイちゃんはなにやらコートの人物を引っ張っていった
0436粗筋の錬金術師垢版2017/03/02(木) 17:03:31.90ID:???
ここで場面は獄中の爆弾魔…キンブリーへと移る
キンブリーは鼻歌交じりで賢者の石をいじくり…
人が近づいてくるとキンブリーはおもむろに賢者の石を飲み込んでしまう

「出ろキンブリー 出所だ」

それから暫くして、スーツ姿で身だしなみを整えたキンブリーが刑務所を出る
刑務所の廊下を歩きながら隣の看守にどういう風の吹き回しかと聞くが看守は何も答えず

「だいたいなんで上官5人殺して死刑になってないんだよおまえ! どんな手使った?」
「いえ何も 人徳じゃないんですか?」
「笑わせんな爆弾狂が!イシュヴァール人を笑いながら殺したって聞いてるぞ」

こんなイカレ野郎を出所させるなんて、と吐き捨てる看守にキンブリーは笑顔で握手を求める
看守がその握手に応え…突然キンブリーが何かを錬成させる!?
自分の腕を見ると…腕に付けた時計に爆弾が!? しかも爆発までもはや10秒足らず…!
外そうにも上手く外すことができず、そうこうしているうちに爆弾の時計がせまり…!!
………腕時計からひよこのおもちゃが飛び出してきた

「つまらないおもちゃです お子様にでもプレゼントしてあげてください」

涼しい顔でそう言ってのけ、キンブリーは刑務所を出るのであった
外に出ると、側にあった車からちょいちょい手招きする人物 
そのお迎えの車に乗り込むと、運転手の軍人…否、エンヴィーがその正体を明かしニヤりと笑みを浮かべる
どうやらキンブリーもウロボロスの組織とは付き合いがあるようだ

「―――ということは仕事をくださるのですか?」
「ドクター・マルコーを覚えてるかい?」
「ええ 賢者の石を作っていた研究者ですね よく覚えていますよ」
「そのマルコーが逃げた…… …かもしれない まだはっきりしてないんだよ
『傷の男<スカー>』と呼ばれるイシュヴァール人と逃げてる可能性がある」
0437粗筋の錬金術師垢版2017/03/02(木) 17:04:14.52ID:???
…イシュヴァール人、と聞いてキンブリーの目が冷たい鋭さを帯びる
とはいえスカーの抹殺とマルコーの奪還だけで自分を出したはずはない、とキンブリーが問いただすと
マルコーへの見せしめに町をひとつ消してやると笑みを浮かべて話すエンヴィー
その言葉にキンブリーもかすかな笑みを見せ…腹を押すと自分の体内から賢者の石を出す
久しぶりに賢者の石が使えると言うが、エンヴィーはそれだけじゃ足りないかもと新たな賢者の石も差し出す

「これは…またイシュヴァール人を使って作ったのですか?」
「マルコーの下で医師の研究をしてた奴らだよ」
「ドクター・マルコーの部下ですか ほんとにえげつない」

そういいながらも二人は笑みを浮かべて見せるのだった…

その頃大佐はヒューズの墓参り中 …と、そこにメイとぶつかった老婦人が大差に声をかける
傍らの葬儀を見て、いつ自分がああなるのかなんて話してそんなご婦人にまだまだお若いと言い掛けて
ご婦人は指輪の付けてない左手を見せて…… 
大佐は暫し硬直し 「グラマン中将?」 老婦人の正体に気がついた
老婦人改めグラマン中将、大佐が最終手段を使ったとあって念には念を入れてきっちり変装して来たとの事で
(後ろで大佐が笑いを堪えつつ

「いやあさすが変人と名高いグラマン中将 予想外の変装です」
「ふふん 褒め言葉として受け取っておこう」 

グラマン中将に、中央上層部が真っ黒であることを伝え、中将はそんな大佐に大した物だと言うものの
同時に焦りすぎだと指摘 その結果部下を散り散りにされては元も子もない
「ふーん レイブン将軍もか…
 少し昔…… わしが中央にいた頃にね レイブンに訊かれた事があったよ
『なあグラマン 完全なる不死の軍団に興味は無いか?』……とね」
その問いにグラマン中将は『不死などくだらん』と一蹴するが、その直後に東方に左遷されたと言う
以降は東部地方でのゴタゴタを尻拭いする羽目になってしまったとの事だが
さらにリオールの暴動の件(1,2話参照)では東部軍の出動で混乱は迅速に対処できた
…のだが、途中で中央軍が出張ってきて東方軍は追い出され、さらにその後リオールの治安は急激に悪化していると言うが…
0438マロン名無しさん垢版2017/03/02(木) 19:34:07.62ID:???
「…中央の奴らなーんか企んでるよねぇ
 あーやだやだ!わしの引退まで平穏無事でいてくれんもんかなぁ!」
「またまたご冗談を グラマン中将ともあろう御方が地方の長で平穏に納まっている気など無いでしょう?
 イシュヴァールを経験する屈強な兵を擁する東方軍を持っておられるというのに」
…その言葉にグラマン中将は、ひとしきり笑い声を上げてみせ
「わしに泣きつく時が来たらと思いチェスの駒の中に極秘連絡用メモを忍ばせておいたがいやはや…
 わしを焚き付けるためにここに呼んだか!!
 やれやれ… 中央が面白い事になってきたおかげで…
 この枯れたじじいの中で消えかかっていた野望の火種がまた燃え上がって来たわい」
そう呟き、眼鏡の奥の瞳が鋭い眼光を宿す
「本気を出すと化粧が崩れますよ ご婦人」 と大佐に言われてキャラを思い出すグラm…老婦人
と、そこで大佐のもっていたパンダの絵を見て …どこかであんなのを見たような…?
0439マロン名無しさん垢版2017/03/02(木) 19:34:37.40ID:???
同じ頃、エドも図書館の蔵書になにやら唸り声を上げながらにらみあい
どうにも国立図書館でもシン国の錬丹術に関する資料はほとんど見付からないようで…
いっそシンに向かって本場の錬丹術を学ぶかとも考えたがオートメイル装備で砂漠越えは無理がある…
…本を本棚に戻してると、突然本棚の上からアームストロング少佐の顔がにょっきり エドも仰天
なんでも少佐、今日は大佐の使いとして情報を提供しに来たという
それに寄ればメイはイーストシティから東回りに北に向かったとの事だ
それだけの情報があれば動ける、と直ぐにでも出立しようとするが
少佐はエドを引きとめ、一枚の封筒を手渡す 少佐が言うにはとある人物への紹介状だと言う

「役に立たんかもしれんが持って行け そして会え
 もしかしたら力になってくれるかもしれん
 北方司令部より更に北… ドラクマとの国境を守り"ブリッグスの北壁"の異名を持つ将軍―――
 アームストロング少将だ」

その険しい北国にある国境守備を任された将軍 アームストロング少将
褐色の人物と後ろ髪をみつあみで縛ったいかついモヒカン 
二人の副官を側に置いた長髪の人物が、玉座に座り静かにサーベルを突きたて佇む…

<続く>
0442マロン名無しさん垢版2017/03/03(金) 12:19:17.73ID:???
キンブリー器用だなw
でもあれ、隠す時以外手元に無いと下水道行きじゃw
0443マロン名無しさん垢版2017/03/03(金) 12:46:35.09ID:???
この作者ほんとおっさん描くの上手いなぁ
ノックス先生もグラマン中将もすごいいいキャラしとるよ
0444マロン名無しさん垢版2017/03/03(金) 13:28:24.04ID:???
ノックスさん…これはガンガンの主要読者である10〜20代の読者にはちょっといい話くらいにしか映らないかも知れないが
10年後に読んだらかなり刺さる内容だ…
0445マロン名無しさん垢版2017/03/03(金) 15:09:26.23ID:???
言いたいことはわかるけどね
誰しもが整った環境にいられるわけじゃないから若くても分かってしまう人間もいるんだよ
0446マロン名無しさん垢版2017/03/04(土) 03:40:25.03ID:???
> さらにリオールの暴動の件
あっ、ロゼちゃん…(察し)
0447粗筋の錬金術師垢版2017/03/04(土) 17:27:26.29ID:2Yfi1CDf
エドがアームストロング少佐から紹介状をもらっていた頃
アルも図書館で錬丹術の資料に関して調べていたがやはり手ごたえはイマイチのようで
メイの離れたところを錬成させる遠隔錬成が使えれば便利なのであろうが…
と、そこになんだかアルをきらきらした瞳で見上げる少年の姿があった

  <第64話 ブリッグズの北壁>

どうやら少年、アルが鋼の錬金術師、エルリック兄弟だと知ってるようで目を輝かせながら声を上げる
その子供に何をしているのか聞かれ、シン国錬丹術の事を調べている最中だと応えるアル

「へぇー シンの国の…
 でもエルリック兄弟はこの錬金術先進国アメストリスで国家資格を取れるほどの腕ききなんでしょう?
 なんで今更他国のマイナーな錬金術を調べてるんですか?」

その言葉にアルもちょっと言葉に詰まる まさか自分の身体のことや人造人間の事を話すわけにもいかないし
…というわけで〔世界平和のためだヨ〕とごまかしといた 
と、そこにエドがアルに直ぐに出る支度をするよう言うが
エドも自分を見てその目を輝かせる側の少年の姿に気がつき

「鎧さんの兄さんってことは国家錬金術師のエドワードさん!?
 うわぁ!!噂どおり 小 さ い 錬金術師だぁ!!」

だがその言葉が(当然)エドの逆鱗に触れた! 少年の顔面掴みながら目の前でパンチ素振り
…だが、そこに突如エドに銃が突きつけられる
「セリム様から離れろ」 SPの言葉でその少年が大総統の息子、セリム・ブラッドレイだと判り驚愕

大総統の奥さんも混じり、突然の事に二人に謝る奥さん
なんでもセリム、エドにずっとあこがれてたそうで その言葉にエドもアンテナぴーん
0448粗筋の錬金術師垢版2017/03/04(土) 17:27:57.36ID:???
〔セリム君は錬金術が好きなの?〕
「はい!僕も錬金術を習ってエドワードさんみたいな国家錬金術師になるのが夢です
 そしてお義父さんの役に立ちたいんです!」

父の役に…満面の笑みでそう語るセリムの姿に僅かにエドの表情が曇る
母が言うには夫婦の間には子供が出来ず、遠縁の子を養子にもらったのがセリムだという
大総統の様子は最近はどうなのか、と奥さんに聞いて見ると
まだまだ現役で働くつもりだとちょっと溜息混じりに語る奥さん
「あの人昔っから仕事一辺倒でね でも仕事はできるけど女心のわからない唐変木だったわぁ
 もー失礼な男でビンタ張ってしまってねぇ!それが縁でお付き合いを始めて!
 最初のデートがこれがまた… …ってあらいけない!のろけ話になってしまったわね」
満面の笑みでのろける奥さんに兄弟げんなり
セリムと奥さんとの別れ際、帰ったら義父さんに自慢しよう、と笑みを浮かべるセリム

〔…奥さんも息子さんも大総統が人造人間<ホムンクルス>だって知らないのかな〕
「どうかな 知ってても知らなくてもキツいよな」

場面は北部の軍司令部、そこで腕を組みスカーの情報を待つキンブリーへと移る
キンブリーの態度に北部の軍人もあまり良い印象は持たないが中央の命令とあって渋々従う
と、そこにノースシティ駅でスカーらしき男を目撃したとの情報が入った
「同行者は?」「一名確認 中年男性で髪は黒 中央からの報告どおりです」
…その報告にニヤリと笑みを浮かべ、キンブリーは紳士帽を被り現場へと赴く

その証言どおり、駅の貨物車ターミナルにてスカーともう一人の連れの姿が確認できた
だが北方司令部の兵士達だけはバックアップだけだと言う 
目の前にいるのに撃てないとはどういうことかと憤慨するが、それも中央の命令だとのことで
…貨物車両の中にその身を潜めようとするスカーと連れの人物 
だがそこにキンブリーが乗り込んでくる 
「ドクター・マルコーですね お迎えに上がりました もう逃げられませんよ」
だがそれでもマルコーと思われる人物は貨物車の奥へと逃げ出そうとする しかしキンブリーにその肩をつかまれ
……コートの帽子が脱げると、その人物 ヨキさんでした キンブリーも困惑
0449粗筋の錬金術師垢版2017/03/04(土) 17:28:55.92ID:???
そのスキにスカーが強襲を仕掛けるが、キンブリーもそれを咄嗟にかわしてみせる

…暗い貨物車の中を、ガス灯が照らし…キンブリーとスカー、互いの姿を露わにさせ

イシュヴァール人を殲滅した、憎き敵を前に 自身が取り逃がした、獲物を前に
二人の激しい戦いが、始まろうとしていた…!

その頃メイとマルコーの二人は、北の雪山を歩いて進んでいた
スカーとヨキが囮になってくれたおかげで二人はノーマークで済んだものの
スカーに壊され、しわがれた治りかけの顔面には北国の空気はなかなか厳しそうだ

景色の晴れた山の向こうに見える北の国境、ブリッグズ山脈の光景にメイも声を上げる
と、どうやらスカーの示した場所ももうすぐそこのようで…

雪山の廃屋にて、スカーの兄が残した研究書を見つける二人
兄の術はシンの錬丹術とアメストリスの錬金術を融合させた秘伝、メイの目当てである不老不死の法は見付かるであろうか
「さあどうかな これは希望の書か はたまた絶望の書になるか…」

同じ頃、ウィンリィがエルリック兄弟が泊まるホテルに連絡を取ろうとしていたが
どうもすでにホテルを出た後のようだ ホテルのフロントの言によれば、兄弟は北に行くとのことだが…
兄弟が北に向かった、と聞き…「あらまぁそれは… 死ぬわね」ガーフィールさんがそう断言 きらりん

丁度兄弟もブリッグズ要塞に向かう道を馬車に乗って向かっている最中 エドがうわさをされてくしゃみ一つ
ブリッグス要塞に向かう山道の前までたどり着く一行だが、どうも山の天気が変わってきているようで
「あー君!大きい方の君! それ機械鎧<オートメイル>?」
〔いえ ただの鎧です〕「あっ オレ機械鎧<オートメイル>だけど」
「早く行きな 死ぬよ あとこの柵からこっち軍の所有地だから 道路から出たら死ぬよ」
そういって立ち去る馬車のおじさん その言葉に兄弟は首をかしげ…
0450粗筋の錬金術師垢版2017/03/04(土) 17:29:38.39ID:???
・・・その後直ぐに、兄弟はおじさんの言葉の意味を理解する
一気に荒れだした山の猛吹雪にエドも悲鳴を上げる しかも道も完全に見失った
「あああ安心しろアル! イズミ師匠は修行時代に冬のブリッグズ山に一ヶ月放り込まれて生還したらしいぞ!」
〔ウソだ!!絶対ウソだ!! こんな中で一ヶ月も生き延びられる訳がない!!〕
クマも倒したと言う話だがアルも信じられない 
すると目の前に白い息を吐く巨大な黒い影…! クマー!? 
兄弟が仰天するが次の瞬間クマ…否、クマのようなモヒカンヘアーの大男がチェーンソーつきのオートメイルで攻撃を仕掛ける!!
兄弟も咄嗟にかわすが、次の瞬間アルがネットガンの網に捕らえられてしまう!
目の前の人物、どうやら同じアメストリス国軍のようだが兄弟をドラクマの密偵だと思っている様子
説得しようにも大男は問答無用で仕掛ける 
…そこにエドのオートメイルの付け根が突如痛み、思うように動かせない…!?

その隙を付かれ、大男のクローに鉄の腕を掴まれてしまい、雪山に倒れこまされる
さらにチェーンソーのエンジンに火を入れ エドの鉄腕が削り取られていく!!

「おおらァ!! ナマクラ機械鎧<オートメイル>もらったァ!!」
「このっ…… もらうのは…てめーの腕だ!!」 
機械鎧破壊を仕掛けるエドだが…エドの分解術が大男のオートメイルに効果がない…!?
そうこうしているうちにどんどんガリガリ削られていくエドの腕
そこにアルが自身の頭を投げ、受け取ったエドがチェーンソーにアルの兜の髪飾りを絡ませる
髪飾りを巻き込み動作不良を起こすチェーンソー どうにか脱出に成功するが

「やるな小僧 ノーマルの機械鎧<オートメイル>でよく頑張った だがここまでだ」

大男がそういい放つと…兄弟はいつの間にかブリッグスの兵隊に囲まれてしまっていた
止むを経ず兄弟も両手を上げて、またこの展開かとエドもげんなり
0451粗筋の錬金術師垢版2017/03/04(土) 17:30:02.80ID:???
と、そこに目の前の壁のような建物の高所から何者かが姿を現す
その姿にモヒカンの大男、バッカニア大尉が目の前の人物を前に姿勢を正す
…そして彼らの前にアームストロング少佐が紹介すると言った
少佐の姉 オリヴィエ・ミラ・アームストロング少将が姿を現す…! 少佐に全然ニテナイ
少将に素性を問われ、彼女に用があるとまずは警備兵を退かせる事を要求するが

「ボディチェックをしろ」
「んなっ 怪しい者じゃないって!」
「知らん 有名人の名を騙る事など誰にでもできる」

…早速アルの肉体の事が北部兵士にバレてしまうが
と、そこに兵士がアームストロング少佐の紹介状を見つけ
これを読んでくれば怪しい者ではないと判るとエドが言うが…
アームストロング少将は封筒に書かれたのが確かに弟の筆跡だとわかると
なんと中身も似ずに破り捨ててしまう!?

「紹介状など私には無意味だ 私以外の他人が付けた評価などいらん
 私は私の目で人を判断する

 入れ 鋼の錬金術師 先に言っておくが子供扱いはせんぞ
 ここは天険の地ブリッグズ 弱肉強食の世界だ」

その言葉と共に雪山の吹雪が次第に晴れ…
エルリック兄弟の目の前に、ブリッグズの谷間にそびえ立つ巨大な要塞を目の当たりにするのだった

<続く>
0454マロン名無しさん垢版2017/03/04(土) 20:06:04.28ID:???
流石に大総統がホムンクルスて家族は知らなそうだなフード脱がせたらヨキだった時のキンブリーワロタ
0455マロン名無しさん垢版2017/03/04(土) 20:18:50.96ID:???
てっきり美形兄ちゃん系キャラだと思ってたがいい意味で騙された
紹介状破いたりキツそうな姉ちゃんだけどそのわりにはいやな感じがしない
言ってることがしっかりしてるからかな
面白くなりそうだ
0457マロン名無しさん垢版2017/03/04(土) 21:27:11.21ID:???
>>455
キツそうなのは確かだけど、アームストロング家の人間だからか
そのぶん裏表のない性格っぽいのもそんなに悪い印象を持たないのかもね
まだちょっとしか出番がないからはっきりとは判らんが、悪人ではなかろう

キンブリーは自分の腕以外信用してなさそうだな 実際腕利きだから仕方ないが
なんていうか、付いてけなくなった下っ端兵の裏切りとかそういう要因で命を落としそう
0459マロン名無しさん垢版2017/03/04(土) 23:03:17.95ID:???
抜いだら腹筋割れてる系女子で二の腕なんかスイカかもしれんぞ
雪山で厚着だから分からんな
0460マロン名無しさん垢版2017/03/05(日) 02:39:47.43ID:???
大総統一家切ないようなどこまで信じていいのかわからないようなでもどかしい
ヨキ見たキンブリーで声出してワロタw
…が、アームストロング家の遺伝子謎すぎてこっちまでキンブリー化したわ
0462粗筋の錬金術師垢版2017/03/06(月) 17:18:54.12ID:cIxeS6vr
ブリッグズ要塞の威容にエドも大はしゃぎで声を上げる
そんなエドにアームストロング少将からお叱りを受ける
「なめたマネしてると その頭の上のアンテナむしり取るぞ!!」
まさに熊に睨まれた兎 エドも思わず頭抱え ピギャー

  <第65話 鉄の掟>

要塞内部にて、エドがオートメイルでの不具合に関して説明を受ける
その原因は表在性凍傷 いわゆるしもやけだとの事
「こんな機械鎧<オートメイル>で長時間吹雪の中歩いたら
 金属から伝わる冷えで接続部分の肉が凍傷になるのよ
 潤滑油を変えなきゃ動きが鈍るし」
しかし兄弟と対峙した大男、バッカニアは平気で動き回って…
と、噂をすれば丁度そのバッカニア大尉も医務室に姿を現す
どうもチェーンソーに絡まったアルの頭がまだ取れない様子
というわけでバッカニア大尉のオートメイルをメンテしつつ北国のオートメイルの性質を説明

「北の機械鎧<オートメイル>はね
 柔軟性と軽量性 加えて寒さに強いものでなくてはならないの
 頑丈さも大切だけど使用者の身体に負担のかからない作りじゃないとね
 試行錯誤の結果生み出されたのが
 ジェラルミン 炭素繊維 ニッケル銅などを組み合わせた機械鎧<オートメイル>」
「なるほど あの機械鎧破壊では壊せねーはずだ
 "機械鎧=鉄が使われてる"と思い込んで鉄分解してたよ」
「加えてオイルも寒冷地仕様
 バッカニア大尉のクロコダイルの場合更に発動機による排気熱で肩周りの凍傷を防いでるのよ」
0463粗筋の錬金術師垢版2017/03/06(月) 17:19:19.35ID:???
そんな話にわざわざ弱点を教えなくても、とバッカニアが顔を出す
とはいえ相手も国家錬金術師だからいいでしょと先生も返す
…こんな豆が少佐相当官 上官とあってバッカニア大尉も複雑そう
「マイナス7度以下の冷気に3時間以上手足をさらさないこと
 凍傷の目安よ 覚えておきなさい」
そう言ってエドのコートを投げ渡す 加えてオートメイルも早めに寒冷地仕様にする事を勧める
エドもその言葉にちょっと苦い顔になりつつも、差し出されたコーヒーに口をつけ…
「コーヒー代100センズ!」 飲んでたコーヒー噴出した
「汚ねぇ〜〜 中央司令部のよりまずいし」
「油断するほうが悪いのよ」 〜♪

で、何のために司令部も通さずブリッグズ要塞に来たのかバッカニアが尋ねる
その言葉に紹介状を読まずに破り捨てたアームストロング少将に怒りを露わにするエドだが
「呼んだか赤チビ」 そこに少将が一行の前に現れた 
* 赤=エドのコートの色
どうもエド、アームストロング少将のキツい性格がおっかないようで

「さて 私の弟アレックスと親しくしていると聞いた ……… アレックスは元気か?」
(あれ…紹介状を一行も読まないで破り捨てるくらいだから仲悪いのかと思ったら…)
(なんだかんだで弟思い?)
…ところがアルが〔とても元気です!〕と答えると、少将思いっきり舌打ちした
と、それはともかくアームストロング少将が本題として自分に会いに来た理由を求める
加えて、アルの鎧の中身が空なことも、包み隠さず全部である
その言葉に兄弟も顔を見合わせ…なるべくなら人に聞かれたくない話もあるし軍法会議物の話もあるのだが…
どうも一から話さないとダメなようだ 少将のキツい性格からしても見逃してくれなさそうだし
極力大総統や中央軍部、ホムンクルスの事は伏せるようにしつつ 少将にまずは人体錬成の話から始め…
0464粗筋の錬金術師垢版2017/03/06(月) 17:19:33.72ID:???
……と、いう訳で兄弟がパンダを連れた娘、メイを探しているという事を教えたところで大体説明を終える

「よくわかった」「じゃあ協力してくれ・・・
「貴様らが 深く考えず軽い気持ちで事を起こし
 うかつな行動で騒ぎを広げる粗忽者であることはよくわかった!
 そんなうかつな者を私の城に置きたくない
 まったく…中央の奴らは何故こんなのを野放しにしておくのか… さっさとでていけ」

少将の厳しい言葉に、兄弟も返す言葉が無く…

「…と言いたいところだが錬丹術には興味がある
 貴様らその錬丹術の娘とは知り合いなのだな この国には無い技術だ 欲しい
 技術はいくらあってもいいものだ 特にドラクマという大国と接しているこの地ではな
 使い方によっては錬丹術も良い武器になりそうだ」
〔ちょっと待ってください!錬丹術は医学に特化した技術ですよ それを攻撃兵器に使うなんて…〕
「やかましい 国の内側でキャンキャン吠えるだけの狗めが
 貴様らの生活の安寧は国境を守る者あってこそだという事を忘れるな
 北の国境線は私が引く その力になるならどんな技術でもいただく
 技術はいくらあってもいい 一の代価で十の戦果を得る事も可能だからな
 貴様ら錬金術師は一の代価から一のものしか得られぬと言うが クソくらえだ
 そんな法則ぶち破ってやればいい」

そういうわけで錬丹術の娘探しは、ブリッグス要塞の物が引き受けてくれると言う
その間兄弟には何か仕事を与えるよう、副官のマイルズ少佐に命ずる
「『働かざるもの食うべからず』だ」 「………ごもっとも」
0465粗筋の錬金術師垢版2017/03/06(月) 17:19:58.83ID:???
話を終え…それなりに修羅場なれはしていそうだが中身はまだまだ甘ちゃんだ、とバッカニア大尉に語る少将
それに…エルリック兄弟はまだ自分達に話せない秘密を隠している、と言う事も見抜いていた

マイルズ少佐に連れられる兄弟 仕事と言うが何をさせられるのか聞くが返事は無く…
「…さっき 医者が皆ワケ有りって言ってたけど あんた…マイルズ少佐も何かあるのか?
 オレ達の秘密だけ根掘り葉掘り訊かれてフェアじゃねーよ」
エドのその言葉に、マイリズ少佐は足を止め…自身のサングラスを外すが…
そこから露わになった赤い瞳に兄弟は驚愕する
〔赤い目…〕「イシュヴァール人!?」
だが、イシュヴァール出身の軍人は殲滅戦の前に皆粛清されたはずだが
それに関しては彼自身はイシュヴァールの出身ではないとの事で

「たしかにイシュヴァール人の血は流れているが祖母・父…ついでに妻もちがう民族だ
 祖父の血が濃く出てな この肌と目の色だ

 わが先祖の地 イシュヴァールではずいぶんやってくれたな アメストリス人よ」

そういい放つマイルズ少佐に、エルリック兄弟も冷や汗気味になるが…
エドは息を深くついて、マイルズ少佐に返す
「イシュヴァール人こそうちの田舎を焼いてくれたり
 オレ達の幼なじみの両親を殺してくれたな」
互いの辛辣な言葉と共に、暫しにらみ合いになるが…不意にマイルズ少佐の方が笑い声を上げる

「そういう切り返し方をしてきた奴は初めてだ
 辛辣な物言いだが私を対等に扱ってくれてありがとう」
「…オレを試したな?」
「いや失礼 あの内乱のあと普通の人はこの目を見るとまず引くようになった
 イシュヴァール=哀れみの対象……ってね 正直…いちいち説明するのにうんざりしてる」
0466粗筋の錬金術師垢版2017/03/06(月) 17:20:17.21ID:???
エドの方はイシュヴァール人の自分に対して、哀れみも恐怖も見せなかった
マイルズ少佐の言葉に、民族とだと衝突しがちだが個人となら対等に話し合えると思う、と語るエド
その脳裏には、クセルクセス遺跡でであった老婆、シャンとそのお付の少年の姿が浮かんでいた

マイルズ少佐も殲滅戦当時から少将の下で軍に在籍していたが
彼は軍の粛清規約にわずかに外れていたことで命拾いした
祖父達イシュヴァール人の親族は、殲滅戦で皆命を落としてしまったが…
親族を殺した軍を憎んでいないのか、エドが問うが

「君は本当に恐れずになんでも訊くんだな」
「え あ…気に障ったら謝る ……たぶん 自分の無知さが嫌だから訊くんだと思う」
「国家錬金術師が『無知』ねぇ…

 憎んださ それと同時に私を追放せず補佐として使い続けた少将に疑問を持った
 イシュヴァールの血を引きしかもこの容姿
 ここの兵達に波風を立てるかも知れない私をなぜそばに置くのか……
 少将に食ってかかった事がある」
そう語り、その時の事が思い返される…

―――――

「何を寝惚けた事を言っているのだ マイルズ
 人種・民族・男女・貴賎・エトセトラ… 差別は戦場において自軍の死傷率を増加させる
 ここブリッグズは落とされてはならぬ地
 いかな事があろうとも 末端の兵ひとりひとり隅々まで
 主の意志の元に強くかつ柔軟に動かねばならない 何事にも動じない屈強な一軍であらねばならない!」
0467粗筋の錬金術師垢版2017/03/06(月) 17:21:20.03ID:???
アームストロング少将がそういい放つその背後で、兵士達は皆姿勢を正し整列し
少将は彼らを背に、サーベルを地に突きたてその表情を鋭くさせる

「マイルズ 貴様の中にはイシュヴァールだけでなく多様な民族の血が流れているな
 それは多様な価値観を持ち様々な角度からこの国を見る事ができる血だ
 生まれも育ちも血も生粋のアメストリス人である私が上に立つには貴様のような者が必要だ
 四の五の言わずに付いて来い マイルズ」

―――――

「実に合理的 そしてごまかしの無い言葉だった
『それでももし私の中のイシュヴァールの血が国軍を許さぬと騒いだらどうするか』
 と訊いたら 少将はなんと言ったと思う?

『よろしいかかって来い 国軍代表としていつでも決闘を受けてやる』
0468粗筋の錬金術師垢版2017/03/06(月) 17:21:46.94ID:???
 ―――だとさ」
「うへぇやな女 うしろに部隊並べといて言うかよ」
「いや あれはマジで一対一(サシ)でぶった斬ってやるって目だったね」
そう語りながらマイルズ少佐もやな汗だらだら エルリック兄弟も震え上がり

要塞内の通路を歩きつつ、ブリッグズの掟 「弱肉強食」に関してマイルズ少佐が語る
即ち兵士も将も同じ天秤に乗っているという事 力無いものは死に、力ある者が生き残る
そこには人種も民族も男女も無い、実にシンプルな真理だと語るマイルズ少佐
と、不意にエドが階段につまづいてしまい…その背後に巨大なツララが落下する!?

「そこに躓かなかったら君の頭はかち割れていたな
 これも弱肉強食 君は運が強い者だったから生き残った」

その言葉にエドも苦笑い… で、マイルズ少佐が言うには君達の仕事、と天井のつららを指差して…

という訳でエルリック兄弟、要塞でのお仕事スタイルに装いを改めつつ
兵士達から仕事の説明を受ける 手に持ったカマ状の棒で建物内外のつららを落として回る仕事とのこと
という訳で早速やってみるが …外のつららはエドだと届きませんでした
エルリック兄弟の要領の悪さに兵士達も愚痴をこぼしつつ
新任の少尉に任せるかとその少尉を呼ぶと その人物、大佐の部下であったファルマン准尉であった
意外な再会にお互いびっくり 
なんでも北方司令部からさらにここに転属させられてつらら落としをさせられてるとのことで
と、そこでファルマンが少尉に昇進したことにも気付くが

「でも超下っ端の仕事してるって事は…」〔出世コース外れたね…〕
( 言 う な !!!) ファルマン少尉涙でダッシュ
0469粗筋の錬金術師垢版2017/03/06(月) 17:23:42.36ID:???
…場面は列車でのスカーとキンブリーの対峙に移る
「ゾルフ・J・キンブリー 紅蓮の錬金術師 己れを覚えているのか」
「ええ よく覚えていますよ 貴方イシュヴァールのカンダ地区にいた
 仕事した範囲で目に入った人間の顔はよく覚えています あの時貴方の周りにいたのはご家族?
 貴方にそっくりで眼鏡をかけた方がいましたっけね
 左脇腹から大量の血を流し たいそうな苦悶の…
0470粗筋の錬金術師垢版2017/03/06(月) 17:24:11.52ID:???
怒りのスカーが右腕を振り上げ、放つ分解エネルギーが列車を破壊する!
それを少し離れた貨物車両で見ていたヨキさんもうろたえ、あんなんと付き合いきれんと逃げようとするが
走る列車の上では逃げ場など無く…

スカーの体術と分解術に、久々の実戦で体が鈍っているキンブリーは防戦一方
だが所詮は壊すことしかできない相手…そう思っていた矢先
スカーの投げた鉄パイプが、キンブリーのどてっぱらを貫く!!

「左脇腹… だったな」

深手を負い、座り込むキンブリーにスカーが止めを刺そうとするが…

「……残念…… …ですね 
 同じイシュヴァール人を 二度も…仕留めそこねるとは…
 そして…」
そういってキンブリーは両手を合わせ、列車の繋ぎ目を爆破する!!
「この私が『逃げ』とは…とてつもない屈辱ですよ 傷の男<スカー>…!!
 く…ははは 次は必ずケリをつけませよう 三度目の正直です」

切り離され、離れていく列車を前にスカーは苦悶の表情で叫ぶしかできなかった…
と、さすがに列車の機関士たちも異常に気がつき列車を止める
後ろの貨物車両が無く、さらに最後尾には脇腹に鉄パイプが突き刺さり血を流すキンブリーの姿に機関士たちも驚愕するが
キンブリーは深手を負いながらも、機関士の胸倉を掴みあげながら、このまま列車を走らせろと命ずる
0471粗筋の錬金術師垢版2017/03/06(月) 17:24:45.98ID:???
「いいぞ…そうだ…死が追ってくる… 死を築く者は死に追われるのだ…
 常に死と隣り合わせ… 魂をかける仕事こそ…美しさがある なんとやりごたえのある…
 私の戦場…!!」

場面はブリッグス要塞に戻り、ファルマン少尉がエルリック兄弟を要塞内の施設を案内
兵器開発層を抜け、ブリッグズの最下層へたどり着き、その最下層を伝う超巨大なパイプラインに兄弟も声を上げる
ブリッグス要塞の生活ラインはすべてここに集まっており、要塞上部がいくら攻撃されても地下はビクともしないと言う

…と、その最下層で作業する兵士が、何か異変があるとのことだが…?
地面に耳を当てるとなにやら地下からガリガリと音が聞こえてくる まるで岩を掘っているような…?
まさか北の隣国ドラクマからの襲撃か…!? さらにその音、もはや直ぐそこまでせまっている…!

「 めん どー くせー  ああ めんど くせー
  めんどくさくて 死にそうだ けど 死ぬのも めん ど くせ―――」

その地下では、肩にウロボロスのイレズミを刻んだ大男が愚痴りながら地下道を掘り進める
…新たなホムンクルスの魔の手が、もはや直ぐ其処までせまりつつあった…!

<続く>
0473マロン名無しさん垢版2017/03/06(月) 21:49:38.94ID:???
キンブリーのキャラ好きだけどなあ
しかし少将キッツイな
弟と真逆だww
0474マロン名無しさん垢版2017/03/07(火) 01:32:11.08ID:???
「マイナス7度以下の冷気に3時間以上手足をさらさないこと」
…実体験だろうか。
0475マロン名無しさん垢版2017/03/07(火) 06:51:09.34ID:???
善人か悪人かと言われればまず間違いなく悪人だし
外道ではあるけどゲスというのもまた違う気がする
何つーか不思議なキャラではあるな、キンブリー
0476マロン名無しさん垢版2017/03/07(火) 12:47:19.65ID:???
言動に芯が通ってりゃ善悪関係なく印象いいことが多いと思う
取り乱した命乞いもしないし
0477マロン名無しさん垢版2017/03/07(火) 12:50:36.32ID:???
イシュヴァールで死から目を背けるなの時の話も筋が通ってたしな。
0478マロン名無しさん垢版2017/03/07(火) 14:20:41.44ID:???
漫画のキャラなら自分や家族、親しい人間が実際に犠牲になるわけじゃないからね
0479マロン名無しさん垢版2017/03/07(火) 16:48:02.57ID:???
          ____
       / \  /\  スカーは私の獲物です キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ   だっておwwwwwwwwww
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


ってならんのはある意味キンブリーのキャラが立ってるからだろうなw
バリーと似てるようでまた別物の狂人っぷりが危ない魅力を引き出してると思う
0480マロン名無しさん垢版2017/03/07(火) 17:54:18.83ID:???
一本筋通ってるように見せかけてエゴだらけの印象だな、キンブリー
変態はキャラ立ちが良くていいね
0481マロン名無しさん垢版2017/03/07(火) 20:05:13.01ID:???
筋が通るとエゴは相反しないしね
両立できる
バリーも良いキャラだったな
0486マロン名無しさん垢版2017/03/07(火) 22:01:45.72ID:???
他のメンバーが生き生きと外を走り回ってるのに、素手で穴掘りとか罰ゲームみたい(小並感)
0489粗筋@所用につき早出し垢版2017/03/08(水) 14:41:05.37ID:???
鋼の錬金術師 16巻 2007年4月22日 初版発行
掲載・月刊少年ガンガン 平成18年9月号〜12月号

作者近影・コメント

最近
どこでも何でもかんでも
『萌え』って
使いすぎだと思います。

「萌えっててのはさァ、萌えってのはさァ―――ッ!!!」 もっとこう・・・!!

あらすじ
エドワードとアルフォンスの兄弟は、
幼き日に喪った母を錬金術により蘇らせようと試みる。
しかし、錬成は失敗しエドワードは
左足と弟のアルフォンスを失ってしまう。
なんとか自分の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成し、
鎧に定着させることに成功するが
その代償はあまりにも高すぎた。
そして兄弟はすべてを取り戻すことを誓うのだった…。

      CONTENTS

 第62話 夢の先
 第63話 520センズの約束
 第64話 ブリッグズの北壁
 第65話 鉄の掟
0490粗筋の錬金術師垢版2017/03/08(水) 14:41:47.11ID:???
カバー裏おまけ


 錬 金 術 師 養 成 ギ プ ス !!

 これをつければ君もみるみる錬金術師に!!

どうみても大リー○ボール養成ギプスです 本当にry


               よいこの
                 V
     ☆とてもやくにたつ かがく☆

16巻で北に向かうエルリック兄弟、だが北ってどっちだっけ…
そんなあなたに 電磁石! (メガネをかけたリザ先生シャキーン

  <おしえて!リザせんせい!2>
   電磁石をつくろう!!

まず軟鉄心の周りに銅線を巻きつけます(エドの機械鎧腕に銅線ぐーるぐーる
そして 通電!!(銅線のさきっぽ電池にばしっ

「 ほ げ あ !!」 しびびびび

はい このように電流を流してる間軟鉄が磁化し磁石となります (しびれたエドの腕がN極指し
迷子になった時はためしてみてね! 軟鉄を使うのがポイントよ!
「てーかエドのオートメイル用鋼は炭素が1%以上含まれてるから軟鉄じゃないよ」
*軟鉄 炭素含有0.02%以下の鉄

  @編集部注:ためさないでください。@
0491粗筋の錬金術師垢版2017/03/08(水) 14:42:25.04ID:???
本日の背表紙
本日死亡者なし

P142 ノックス先生のラフ

おまけ
ノックス先生のお顔 ビフォー

これを 分解! ギャー
さらに再構築! ギャー

するとどうでしょう アフターのお姿は年老いた中年から絶景の美形に!!

ハガネ美容整形クリニック b
電話 03−XXX−XXXX


おまけ4コマ

[エドワードと魔法のランプ2]

前回の続き 身長はのばしてくれなかったランプの精であったが…

〔他の願いならなんでもかなえてあげますよ〕
「他の願い?うーん……」(腕組み考え
〔ほら 一番大切な願いがあるでしょう? ほら 君の弟が、さあ
 ね 身体について、とかさ あるでしょ?〕
「あ!!! そーだよな 大事な願い事があったよな!!アルフォンスの身体について!!!
 よーし じゃあ願いを言うぞっ!!

 アルの身体がもとに戻ってもオレの身長を抜かさないようにして下さい。」 きりっ
〔ケンカ売っとんかワレ〕
0492粗筋の錬金術師垢版2017/03/08(水) 14:42:56.79ID:???
[大バクロ大会]

「老婦人と見せかけて実はグラマンじいさんでした」 じゃーん
「なんですって―――ッ!!?

 ―――と言いつつ実は私もマスタング大佐ではないのです」 顔面べりっとして中からホークアイ中尉が
「なんじゃと―――ッ!!?」

「いやすまん実は俺も死んでねーんだわ」 墓からヒューズがむっくり
「「な、なんだって――ッ!!!>」

「パパー実はエリシアボーイフレンドがいるの」 将来をちかったv
「うそだ――ッ!!!! 信じねえ!!!」

[現地調達]

バッカニア大尉との戦いで、アルの兜のふさふさがちりちりになってしまった かっちょわるい!
兄さんに相談しようとするが、ねむたいせいか自分で調達して治せと冷たい態度
で、エドは一人お布団に入り……

「……最近頭のてっぺんがうすくなってきたような………」
〔そう?〕 ふぁさ・・・

エドの頭がちょっとはげて来てたが、アルのふさふさは無事元通りになりました


「アル 元の身体に戻れたら何したい?将来の夢とかさ」
〔モテモテウハウハはーれむアルフォンス王国建国。〕

若者よ 夢は大きく!!
0493粗筋の錬金術師垢版2017/03/08(水) 14:43:21.45ID:WkPIqDC6
次巻予告

出口の無い真実の中 恐怖が闇を育ててゆく…。

レイブン中将 大総統 キンブリー そして新たなホムンクルスの顔が並び
その後ろの景色では、暗い洞窟内の 闇 が牙を向く・・・

 こ の 闇 を 一 体 誰 が 止 め ら れ る と い う の か 

鋼の錬金術師 17巻
2007年8月発売予定!!
乞うご期待!!
0494マロン名無しさん垢版2017/03/08(水) 19:39:24.12ID:???
>「萌えっててのはさァ、萌えってのはさァ―――ッ!!!」 もっとこう・・・!!

まあ言わんとする事はわからんでもない
0495粗筋の錬金術師垢版2017/03/10(金) 17:51:02.95ID:GV2ZKofh
キンブリーに逃げられたスカーの乗る貨物車両 
取り残された貨物車の瓦礫には、泣き叫ぶヨキさんの姿があった
もう嫌だと泣きながらスカーにはつきあいきれんと一人逃げ出そうとするヨキさんだが
その足をスカーに捕まれてしまった 思わず悲鳴を上げるヨキさん

…線路の向こうから警鐘音と列車の明かりが見える おそらく鉄道保安隊であろう
ヨキさんに逃げるよう促すスカーだが

「逃げるって………私は何も悪い事してないぞ!!
 おおおおまえに付き合ってたらこの先命がいくらあっても足りん!!
 も…もうおまえに付いて行く理由も無い!!
 私は鉄道保安隊に保護を求めて…
「おそらく――― 今奴らの所に駆け込んだところで
 指名手配犯の傷の男<スカー>といたというだけでまともな扱いは受けんだろうな
 あのキンブリーという男の記憶力はたいしたものだ 貴様の顔も覚えられただろう
 先程そいつに重症を負わせたからな 己れと連んでいた貴様を何事も無く解放するとは思えん
 最悪その場で射殺」「わ――――っ!!!」

涙目で叫ぶヨキさん 結局まだまだスカーと付き合うはめになりそうであった

ブリッグズ要塞では、深手を負ったキンブリーが重傷を負ったため麓の病院に収容されたと言う話があり
ブリッグズ支部で全面協力をするよう軍からの要請が来る

「キンブリー…紅蓮の錬金術師は受刑中ではなかったか? 脱獄?」
「いいえ 正規の手続きで出所したらしいですよ お上のツルの一声で」
「……………気に入らんな」
0496粗筋の錬金術師垢版2017/03/10(金) 17:51:44.98ID:???
そのとき突如要塞に警報が鳴り響く!
「アームストロング少将!! 最下層に侵入者有り!! 地下からです!!!」
その報告と同時に、ブリッグス要塞最下層の地下から巨大な大男が姿を現す…!

  <第66話 雪の女王>

突如現れた大男に驚愕する最下層の一行 …彼の肩に刻まれたウロボロスの入れ墨にエドが気付く
そのまま暫しにらみ合いになる両者だが…   「ぐう」 寝てた
大男のマイペースさにエルリック兄弟も少し困惑 
…どうやら彼の出現は鋼の錬金術師の行動とは関係はない様子だが…?
ただ、兄弟が大男と話をしてた光景がブリッグズ兵士達に不信感を与えてしまう ファルマン少尉他人のフリ
なんだかやばい雰囲気…とそこにバッカニアの銃撃がエドの足元に撃ちぬかれる!
やはりドラクマの密偵だったかと怒りを露わにするバッカニア大尉だが
そんな騒ぎをお構い無しに…大男は巨大なパイプを投げ捨てる

鈍重な動きで辺りをうろつく大男 兵士達も大男に銃撃を浴びせるがその肉体に銃撃が弾かれる
さらに偶然エレベーターに乗り込んでしまい、大男が開発層へと上がっていってしまう
…上がってきた大男を待ち構える兵士達だが、一歩踏み込むと兵士達も一瞬怯み…
そこへアームストロング少将が大男にバズーカ砲をぶちこむ!
……だが、バズーカ砲の直撃に大男は傷一つつけることができない
続けてブリッグズの兵士は大男に対抗するため戦車を持ち出す

「試運転は済んでいるのか?」
「ンなもんいらねェですよ 開発班の自信作ですぜ?」

そして大男に向けて戦車砲(信管は抜いた)を放ち、見事顔面に命中! ……だが
「 い…… でェ―――― いた がるのも めんど く せぇ――― 」
戦車砲の一撃に平然とし、さらにその削れた顔面が再生する様にさしものブリッグズの兵士も戦慄
だがアームストロング少将は怯まず次弾を放つよう指示 
その一撃がどてっぱらに刺さるが大男は平然と腹に刺さった砲弾を抜き取りポイ
さらに三両で一斉射撃を仕掛けるが、やはりビクともしない… 
0497粗筋の錬金術師垢版2017/03/10(金) 17:52:27.39ID:???
愚痴りながら自分の仕事をこなそうと、瓦礫をポイ捨て その瓦礫が兵士を潰そうとするが
エドが咄嗟に地面から巨大な手を錬成させ、その兵士を救出する事に成功する

「無理だ将軍!あれは殺しても殺しても死なない!」
「なにぃ?」「どういう事だ!!貴様なぜあれの事を知っている!!」
そう問われ…エドは答えられず苦悶の表情を浮かべるしかできない
「……ワケ有りか」
「喋らん奴にだらだらと付き合ってるヒマは無い
 とろくさいのは好かん!私の質問に答えられる所だけ答えろ!
 正直にだ!偽れば斬る!

 貴様らドラクマの密偵か!?」「違う!!」
「"あれ"は密偵か?」「たぶん違う!」
「"あれ"はおまえ達の事を知っているのか?」「…知らないみたいだ」
「"あれ"の正体はなんだ?」「…答えられない!」
「"あれ"は誰の命令で動いている?」「答えられない!!」

何故答えられないか問われ…エドは苦悶の表情で「……察してくれ」と搾り出すしかできなかった
とはいえ、要塞内の兵士の味方をする気があるか問われれば、エドはそれを肯定する
大男の身体に関しても、大まかな部分は人間と同じはずと話し…
アームストロング少将は何か策を思いついたようだようで、バッカニアに戦車用燃料を要請
「無駄だ将軍!あいつ火を着けても簡単に死なないぞ!」
「焼く?阿呆か! 殺せんのは先の攻撃でよくわかっている
 殺せないなら機能を停止させてやるだけだ 火炎よりもキツいのをくらわせてやる」

そこにバッカニア大尉もエドのどたまをつかみ、ブリッグズ流を見せてやるとあくどい笑みを浮かべる
…だがエドもここに万が一、あの大男の仲間がいて敵に自分の行動が筒抜けになっていないか、と警戒するが
バッカニアはアームストロング少将の見る目を信じろ、と返してみせる
「……あんたはオレ達を信じてくれるのか?
 今のオレ達はめちゃくちゃうさんくさい状況だぜ?」
「さっき咄嗟に仲間を助けてくれただろう あれで十分だ!」
0498粗筋の錬金術師垢版2017/03/10(金) 17:53:01.25ID:???
なんなら脅されて無理矢理でもいい、とバッカニア大尉はにたりと笑い銃口をエドに向ける
「力に従え!!ブリッグズはそういう所だからな!!」 ;・Д・>て ひとさらいー!!
という訳で(ついでにファルマン少尉も拾って)作戦開始
先ずは戦車で大男を無理矢理エレベーターに押し込まんとするが
だが、押されながらも大男は戦車を持ち上げようとする!
ひっくり返されそうになるがさらに僚機の戦車も追加し強引に押し切り
主砲を勢いよく叩き込んで、どうにかエレベーター内部に大男の身体を押し込む事に成功

暫くして大男はを乗せたエレベーターが止まり 8番ゲート前に出る
のしのし歩く大男を、バッカニアが物陰から奇襲を仕掛け、その巨体を投げ飛ばす!
転がされた大男に、頭から戦車燃料をぶっかけることに成功する   ・・・が
「…で これからどうやってゲート外に押し出すんだよ!!まさかこの先考えてないのか…」
バッカニアもうなるが、するとエレベーターがチンと音を立て…

「どけ 赤チビ」

アームストロング少将が戦車と共にその場に現れ、大男を主砲の一撃でぶっ飛ばす!
ぶっとばされ、ゲートの外まで追い出す事はできたが、柵に阻まれ後一歩届かない…
「もう一発だ!!」「弾切れです!!」
「戦車の体当たりで突き落とすか?」
「さっき三台がかりだったじゃないスか!!サシでは負けますぜ!!」
「どうする…… あと少しなのに…!!」

だったら、これはどうだとファルマン少尉が銃撃を撃ち込む!
だが狙ったその先は、大男ではなくその上のつらら 
大男の頭に落下した巨大なつららが命中し、さすがによろける大男
その隙を付き、エルリック兄弟が大男を外へと蹴り出す!!
0499粗筋の錬金術師垢版2017/03/10(金) 17:53:38.10ID:???
こうして大男はブリッグズ要塞の外部へと投げ出され…
次第に、その身体が凍りつき始める…
「寒冷地仕様の混合燃料だ 
 極低温下でもおかまい無しに気化してその気化熱であっという間に体温を奪うぞ
 加えてこのブリザード 脳ミソまで即凍りつく!」
バッカニア大尉の言葉通り、大男は一瞬でその肉体が氷に覆われてしまい、雪原に倒れるのだった
「そこで春まで冬眠していろ のろまめ」

一騒動終え…心臓部を直接攻撃されるのは想定外だったようで今後の防衛柵を練る必要があると
アームストロング少将はそう呟く その横でエルリック兄弟が縛られてたけど
「あの……これ……」
「我々に無理矢理手伝わされた …の方が都合が良いのだろう?
 それとあのデカブツがなんなのか判明するまで逃がさんからそのつもりでいろ」
なお兄弟の知り合いならなにか知ってる可能性あり、とファルマン少尉も一緒に縛られてました

「それにしても不審者を懐に入れてしまうとはなんたる屈辱!!」
〔今まで入られたことなかったんですか?〕
「私がここに来てからは無い 20年近く前になるか…
 真冬の山中で山岳警備隊が襲われる事件があったな
 謎の女に一ヶ月間 食料やら装備やら奪われ続けた後ぱたりと襲撃が止んでな
 ドラクマの密偵ではないかと言われている」

少将の言葉に、兄弟は即座にイズミ師匠を浮かべるのであった
…大男の空けた穴を探索しようとする一行だが、そのトンネルはどこまで続いてるのかはるか向こうまで暗闇が続く

外で凍りついた大男には、年には念を入れて凍結状態を維持させるよう兵士達が燃料を浴びせ続ける
……その肉体が凍てつきながらも、大男の心臓部は僅かな鼓動を刻み続けていた……

<続く>
0500マロン名無しさん垢版2017/03/10(金) 18:00:40.68ID:???
スロウス?ちょっと強すぎませんか
と思ったけど錬金術で直接分解したらどうなるんだろ
0501マロン名無しさん垢版2017/03/10(金) 19:53:58.05ID:???
戦車のデザインはV号戦車が近いかな?
…っていうかいきなり技術力進みすぎだろw いきなりWWU式の戦車かよw
0502マロン名無しさん垢版2017/03/11(土) 02:17:26.29ID:???
内燃機関が有っても航空機が無いなら陸上兵器がその分発達してるって事では
まぁ作者の言動的に割とその辺適当っぽいが、自分はそんなに違和感感じないな
0503マロン名無しさん垢版2017/03/11(土) 02:41:21.17ID:???
まあ、兵器ってのは激戦区でモリモリ進化するし…
とはいえ砲撃の衝撃受けた後も戦車乗せて動けるとは頑丈なエレベーターですね…
しかし、ファルマンのファインプレーが霞んだ事に哀愁を覚えた
イズミ師匠コワヒ
0504マロン名無しさん垢版2017/03/11(土) 05:13:52.93ID:???
ファルマン地味に活躍しててワロタ
しかし少将察しがいいな
0507マロン名無しさん垢版2017/03/12(日) 07:38:26.37ID:???
スロウスはまだまだ本気出してないだろーけど
一戦交えた感じでは耐久全振りのパワータイプか
間違いなく再戦する時はアームストロング少佐とのヘビー級王座決定戦だなw

とはいえスロウスが肉体変化能力を持たないなら、ホムンクルスの中でも最初期ナンバーと言う感じかな
そういう面でいくと、ホムンクルスの進化部分が見て取れて楽しい

・スロウス(初期モデル、特殊能力なし(?)
 ↓
・ラスト(部分硬化、爪を鋭くできる)
 ↓
・グリード(全身硬化)
 ↓
・エンヴィー(肉体変化、他人や動物の変化に加え腕を刃にしたりも可能)

真理の扉の再現品のグラトニーや人間ベースの大総統はこの中には混ざれないとして
残り一人、プライドをこの枠組みに入れようとするとどんな感じになるかな
0509粗筋の錬金術師垢版2017/03/12(日) 16:59:44.93ID:o7TNQzok
大男襲撃の騒動から一夜明け…寝ていたエドが欠伸をしながら寝返りをうつが
寝返りをうった時にガシャ、と異音が響き…コートをめくるとエドの両手は木の手錠で繋がれ
……そこでようやく、牢に入れられてる自分達の今の状況を思い出すのだった げんなり

  <第67話 この国のかたち>

兄弟についているバンダナに何か進展は合ったか聞くが、今のところは特に無いそうで
バッカニア大尉とファルマン少尉は大男の開けた穴を探索中でまだ戻ってない
アームストロング少将も現場に出ており、マイルズ少佐はなんでも病院にいるとか
「キンブリーって錬金術師が入院してるんだと
 こっちに来る列車で傷の男<スカー>とやりあって重症だそうだ」

丁度マイルズ少佐もキンブリーの見舞いに病院に向かおうとする所
大男の方は日陰に移して監視を続ける様子
車に乗り込み、運転手に面会のため病院に向かうと伝える
「ゾルフ・J・キンブリーが入院してるそうだ」「へ!?それって…」
「ああ イシュヴァール人を殺しまくった奴だ」

病院にて、キンブリーからスカーの情報を受け取るマイルズ少佐
(やれやれ 手間のかかる 白黒ネコに加えて傷の男<スカー>捜索か)
「了解した 傷の男<スカー>の件は我々に任せて君は養生していろ」
「待ちなさい 私の仕事だと言っているでしょう
 あなた方は引っ込んでいてください ブリッグズ兵はでしゃばらず大人しく砦を守っていればいい
 イシュヴァール人は私の獲物です」

横になりながらもそういってのけるキンブリーに、マイルズ少佐は自身のサングラスを外し
その紅い瞳を露わにさせ、キンブリーを睨み上げる

「残念ながら殺人鬼をのさばらせておくほどブリッグズの兵は微温くない
 ここの掟は弱肉強食 油断すれば殺られる わかるか? あ?
 そのザマで何ができる紅蓮の なめた口きいてるとこの命綱(点滴)ぶっこ抜くぞ」
0510粗筋の錬金術師垢版2017/03/12(日) 17:00:07.47ID:???
サングラスをかけ直し、キンブリーの面倒はブリッグズ支部が見る事になっていることを伝え
大人しく養生してるようキンブリーに言うマイルズ少佐であった

「ふっふ…イシュヴァール人はやはり面白い」

と、そこに入れ違いでレイブン中将もキンブリーの病室に顔を出す
「昨夜報せを聞いてすっ飛んできたよ 心配で心配で」
「貴方がたが心配してるのは これでしょう」 そう言って二つの賢者の石を見せるキンブリー

「よろしい 引き続き仕事をたのむよ」「しかし私はこの体たらく」
「心配ない 錬金術の使える医者を連れて来た そして石がある あっと言う間に全快だ」

大穴を探索するブリッグズ兵たちのほうも、丁度帰ってきたところ
先遣隊の報告によれば、とにかくデカイ、ちょっとした軍隊が通れそうな穴が延々続いていると言う
「端まで行き着けませんでしたよ
 とにかく進んでも進んでも終わりが無いので一旦引き上げてきました」
探索のための部隊を交代させ、再度穴の探索を行う 先遣隊が通った辺りまでの安全は確保されてるとのこと
アームストロング少将は、自分達とエルリック兄弟の分の馬も下ろしトンネル内部へと入る

…トンネルをある程度進んだところで、少将が馬を下りるように命じ
「さて ここなら人目も耳も気にする事は無い 貴様らが知っている事を全て話せ 今度こそ全てだ
 隠し立てするな あのデカい怪物が出てきてそれについて質問した時
 貴様は『察してくれ』と言ったな それはすなわち私なら察してくれると信用しての言葉だ
 あの局面でそんなあいまいな返答をすれば斬られてもおかしくないというのに
 貴様はあえてその言葉をしぼり出した
 自分の命を天秤にかけてでも守らねばならぬもの… そして察して欲しいもの…
 たとえば 人質」
0511粗筋の錬金術師垢版2017/03/12(日) 17:00:32.04ID:???
アームストロング少将は、出会って間もないエルリック兄弟の現状を見事に見抜いていた
そして兄弟は、アームストロング少将に力を貸して欲しいと頼むのであった

改めて、エルリック兄弟が話したウロボロスの組織に関する情報を受ける少将たち
幼なじみにマスタング大佐の部下達を人質に取られているという状況に
東方司令部とは何度か訓練をしていたからハボック少尉はホークアイ中尉等有能な兵士を失うのは惜しいところ
…なのだが、マスタング大佐に関しては「どうでもいい」と一蹴された

「そうだな いっそとっとと失脚してくれればライバルが減っていいな」
大佐の(元)部下ファルマン少尉なみだ目 大佐がんばれー

ひとまず問題はこれからどうするか、だが…兄弟にこの地下道をどう見るか尋ねる少将
その言葉に、兄弟はアメストリス全国の地図を広げて見る
どうやらこのトンネルはドラクマからの代物ではなく、国内に円状に掘られているものと見るエド

「錬金術において円は力の循環をつかさどる重要なファクターだ」
後は方程式、とエドはイシュヴァールに印をつけ
ファルマン少尉に国内の流血を伴う事件を挙げて欲しいとして…

「1558年7月  リヴィエラ事変
 1661年10月 カメロン内乱
 1799年2月  ソープマン事件 場所はフィスク
 1811年3月  ウェルズリ事件
 1835年10月 第一次南部国境戦は今のサウスシティ北西
 1911年5月からフォトセットの南で第二次南部国境戦」
「西のペンドルトンの辺りは?」
「今国境戦でドロドロだ まずい戦いをして兵がかなり死んでる
 ………そして1914年 リオールの暴動 死者多数だ」
0512粗筋の錬金術師垢版2017/03/12(日) 17:00:54.12ID:???
…だがリオールではエルリック兄弟が教主の正体を暴いた後東方司令部にその件を報告したはずだが…?
それに関しては、確かに東方軍が暴動を防いだが後から中央軍に指揮権を奪われてしまったと言う
それからリオールの状況が悪化 中央軍は暴動を静観し仕事らしい仕事もしなかったとのことで…
しかし今はファルマン少尉にそのことを責めても何にもならないと地図の作業を続けるよう促す少将

…そして、それぞれの地点を繋ぎ、現れたのは第五研究所で見た賢者の石の錬成陣であった…!
こんな巨大な錬成陣で賢者の石を作ろうとしたら、どれだけの人間が犠牲になるのか…

…同じ頃、マルコーさんもメイに国の領土を使った賢者の石の錬成に関して語る
「『この国を使って賢者の石を作ろうとしているのだろう?』…と エンヴィーに訊いた事がある
 だが奴は笑って言った 『おしい いい線いってる』とね
 依然私はエドワード君に『君なら真実の奥の更なる真実に気付くだろう』と言った
 『真実』は賢者の石の材料が生きた人間である事
 『真実の奥』はそれを指導した者達の存在
 『更なる真実』は国土全部を使っての賢者の石錬成
 だがそこで終わりではない まだ何かある」

エルリック兄弟も、まだ更なる真実のさらに奥がある、と確信していた
…するとエドが一番古い事件 1558年のリヴィエラ事変に関して尋ねる
アメストリスが建国して直ぐに起こった事件で、当時隣国だったリヴィエラに宣戦布告無しで戦争を仕掛けた
そこでファルマンが気付く すべての事件に軍が関係している、と
そう 建 国 の 時 か ら 
アメストリスは始めは小さな国だが周囲の小国を併呑しながら徐々にその領地を広げていった
つまり…ホムンクルス達はこの国を利用して何かをしようとしているのではなく
何かをするために、一からこの国を作り上げた と言うことなのであろうか…

「つまり軍事国家の方が都合が良かった…と? 軍事国家である必要があったからそうなっただけ?」
「合理的だな 全て奴らの予定通りに進んだと言うことか」
0513粗筋の錬金術師垢版2017/03/12(日) 17:01:14.08ID:???
〔じゃあヒューズさんは……!!〕
「ああ 殺される前に賢者の石の錬成陣を見ている
 おまけに軍法会議所勤務だったから軍の事件を調べるのに事欠かない」
〔この国が建国からおかしいって事にいち早く気付いたんだ…〕

歯噛みするエルリック兄弟と、アームストロング少将
この地図を見る限り、残っているのはこのブリッグズ周辺のみ… 果たして中央の企みとは
すると其処に、中央のレイブン将軍がここにきていると言う報告が入る
考える間も与えてくれないか 舌打ちしながらそう呟く少将だが

「アームストロング少将 少将の肝っ玉を信用して…つーか少将にしかできないと見込んで提案
 レイブン将軍に鎌かけてみてくれないか?」

同じ頃、訪れたレイブン将軍にマイルズ少佐が応対 少将ももうすぐ戻るとマイルズ少佐も言う
レイブン将軍も堅苦しい訪問ではないとするが…と、マイリズ少佐には付き人に中を案内して欲しいと頼む
帽子を脱いで挨拶をするその人物は、先ほどまで重傷を負っていたはずのキンブリーであった…!

ひとまず戻ってきたアームストロング少将とレイブン将軍との会談が行われる
先日の地下からの襲撃者に関して話をする少将

「なんとか撃退しましたけどこれがまあいわゆる化物って奴でして
 殺しても殺しても死なないのですよ
 私はドラクマの生物兵器ではないかと思っているのですが エルリック兄弟が…
 たまたま鋼の錬金術師とその弟を保護しまして 謎の生物の襲撃があったのはその日の夜ですよ
 兄弟はなにか知ってる風なのですが何も喋らない
 大総統府直轄の国家錬金術師がドラクマのスパイかもしれないなんて大問題ですから牢に繋いでおきました
 取調べなさいますか?」
「ん ああそうだな 何も喋らないのか?」
「ええ 謎の生物兵器についてはだんまりで ここに来た目的も生体錬成の研究がどうこうと…
 なんとも歯切れが悪く怪しい事この上ない」

……二人の会話は、隅に接続したマイクを通じて配管通路に潜む兄弟達も聞いていた
0514粗筋の錬金術師垢版2017/03/12(日) 17:02:05.90ID:???
「国家に対する裏切りを画策しているかもしれませんので拷問してでも吐かせようと思いましたが
 ほら 私も女の端くれですので あんな子供をいたぶるのは心が痛んでどうにも踏み切れなくて」

少将のそんな言葉に、バッカニア大尉も思わず噴き出す
レイブン将軍も流石に子供には甘いかと笑い声を上げ

「私も本来なら子供のひとりやふたりいてもおかしくない歳なのですがね 
 すっかり行き遅れてしまいまして まったく…歳は取りたくないものですね
 私は老いが恐ろしい あのドラクマの生物兵器…あれは素晴らしい身体をもっていました
 不死の身体 夢のようではありませんか」

その言葉に、レイブン将軍の笑みが僅かに鋭い眼光に変わり…
0515粗筋の錬金術師垢版2017/03/12(日) 17:02:35.91ID:???
「夢ではない日が近づいている――― と言ったらどうするね?
 なあ少将 完全な不死の軍団に興味はないか?」
レイブン将軍はニヤリと笑みを浮かべ、アームストロング少将にそう切り出す

場面は変わりメイとマルコーの潜む山小屋にて、錬丹術の事を聞くマルコーさん
錬丹術師の言う『流脈』と呼ばれる代物がマルコーさんにはいまいちピンと来ないようで

「えっとですネ まず地球そのものの『気』がありましテ
 簡単に言うと山の頂から噴出したあと 地下へ入り土地を潤していく力でス
 大地の中を流れる力の河…とでも言いましょうカ その力の流れが入り口・出口を理解して使うト…
 流れに乗って離れた場所への錬成が可能になりまス これは万物に応用できる力なんですヨ!」
と、実際に遠隔錬成を披露して実演してみせるメイ(クナイの刺さった地面にパンダ錬成



万物、と言う事は人体にもその流れが存在するのか尋ねるマルコー メイもそれを肯定し
例えば、とマルコーさんの背中を指でぶすり 「おげぁ!!」 悲鳴を上げるマルコーさん
腰を押されただけで足の先に電気が走るような衝撃が走り、マルコーさん悶絶
「ちなみに首筋を押すト」(ズブス
「目―――――ッ!!! 目が!! 目がーッ!!
 なんで押されたのは首なのに目に衝撃がくるんだ!!」(悶え
とりあえず自分の身体で遠隔錬成の理屈は理解するマルコーさん
ちなみにアメストリスのほうでは、流脈ではなく地殻変動のエネルギーを使っているらしい
地殻変動を利用する基本方程式は、なんと訳350年以上前から確立していたと言う
伝説によればその術式をもたらしたのが"東の賢者"と言われているが…

「でも…違うんですヨ この国に入ってから感じてた違和感…
 先日中央地下ではっきりしたんですけド…
 足元を流れるこの力は地殻変動のエネルギーと言うより
 たくさんの人が蠢いている感ジ……」
0516粗筋の錬金術師垢版2017/03/12(日) 17:03:04.17ID:???



夜空の中、どこともしれぬ大地に立つホーエンハイム
ホーエンハイムは人名のようなものをつらつらと並べて…
「使わせてもらうよ」と言うと…突如自身の胸をその指で貫く!?
…自身の身体から溢れ出た血が、地面に落ち 

その血が、地の中へとズルズルと不気味な音を立て吸い込まれていく…

<続く>
0517マロン名無しさん垢版2017/03/13(月) 01:02:22.75ID:???
ついにヒューズの見つけた真相に追いついたか…なかなか感慨深いものがある
0519粗筋の錬金術師垢版2017/03/14(火) 17:05:21.16ID:Lo9Qfbax
子供時代のエルリック兄弟がベッドで寝息を立てている
その寝姿と、自身の手をホーエンハイムが眺めているが…
そんなホーエンハイムに「撫でてあげればいいのに」と、妻トリシャが声をかける
だが「俺みたいなのが触って化物が伝染ったら困る」と言って、ホーエンハイムは寝室を出てしまう
そんな事で移るならとっくに私が伝染している、とトリシャも呆れ顔であった

「この身体になってからたくさんの死を見てきた
 友人は皆先に負い死んで行くし 馴染んだ風景も変わって行く
 人は相変わらず間違いを繰り返し 歴史から何も学ぼうとしない
 だがそれらも大きな世界の中の流れのひとつと思えば悲しみは少しで済んだ
 世の中にはまだ見ぬ美しいもの 不思議なものが山ほどあり
 それらの驚きに出会うたびこの身体を受け入れて生きて行くのもいいもんだと思ってた
 
 …………そう思っていたんだ トリシャ 君に会ってそして子供ができるまではね
 俺は年をとらないのに俺の血を分けた息子達は見る見る歳をとり成長していく
 急に 恐ろしくなったよ

『ああ 俺は本当に化物なんだな』って……」

どこか遠い目で、ホーエンハイムはそう呟く…

  <第68話 家族の肖像>

その後また月日はたち…エルリック家に写真家さんが招かれる
まだ皆で撮ってなかったから、と妻が呼んでくれたようだ
けど急な話でホーエンハイムもちょっと困ってしまうが… 足元には息子二人が父の顔を見上げ…
「はいエドだっこして」(持ち上げて夫にわたし
「えっ あっ おいトリシャ〜〜 まいったな…」
ホーエンハイムがエドを持ち上げ…エドが父親ににっこり笑顔を浮かべる
0520粗筋の錬金術師垢版2017/03/14(火) 17:05:47.31ID:Lo9Qfbax
「私だってね いつか化物みたいなしわくちゃのおばあちゃんになるわよ
 でもね どんな姿になってもいつでも皆で一緒に笑って写真を撮りたいの
 だからずっと家族でいて 自分から距離を置いて遠い存在になったりしないで
『化物』だなんてそんな言葉で自分を傷つけないで

 あなた 笑って」

……エドを抱きかかえるホーエンハイムのその顔は、大粒の涙を流していた……

―こんな身体になったのは自分の過ちが元だ
 だから受け入れて生きてきたしずっとこのまま… この身体のまま生きて行くつもりだった
 だが今は違う おれはトリシャと子供達と一緒に… 一緒に老いて死にたい―

だが、父は気付いてしまった アメストリス国土を使った錬成陣の存在に
ホーエンハイムは本を閉じカバンを出して…
その後、ホーエンハイムはブランコの整備中 これならしばらくは安心…と思ったら自分が木から落ちた
子供達には何もしてやれなかったから、これくらいは…トリシャにそう言って
そして、ホーエンハイムは旅立ちの決意をする…

「子供達には俺の身体の事は言うな」
「はい 子供達起こさなくていいの?」
「うん 顔見たら俺泣いちゃうかも」「バカね 泣いたっていいわよ」

と、其処に子供達が寝惚けまなこで起きて来た アルがおしっこというのエドはその付き合い
…ホーエンハイムは息子二人を見つめ……そして「じゃあな」と言い残して扉を開け あさひがまぶちい

……そして、それから父は帰ってくることは無かった……

場面は現在に戻り、夜空の下ホーエンハイムは焚き火のそばであの日の写真に目をやる
そして夜空を見上げ 「もう少しだ……」 そう呟くのだった
0521粗筋の錬金術師垢版2017/03/14(火) 17:06:31.74ID:???
場面は変わりブリッグズ兵士が探索を続ける地下トンネル内部
どうも通信機が繋がらず本部との連絡が取れない様子 
とりあえず、一人報告に戻らせてもう少し進んでみる事に
……だが、トンネルの先の暗闇に何かが這いずるような音が僅かに聞こえ始める…
兵士達を散開させ、その何かを迎え撃とうとするが トンネルの先の暗闇が僅かに広がり始め……

そして、その暗闇が一気に広がり、影の中に眼と歯が形作られる…!?

とっさにその闇に銃をむけようとするが、闇が刃を形作り兵士達を切り刻み
闇の刃と牙が兵士達を蹂躙しつくし…報告に戻ったスミスにもその闇の手が伸びる…!

ブリッグズ要塞のトンネル入り口に、先遣隊が戻ってきたかと思われたが
戻ってきたのは興奮したように暴れまわる馬一頭と、その手綱に残った腕一本のみであった…

場面はアームストロング少将とレイブン中将との会談に戻る
存外早く食いついてきたレイブン中将に、少将も僅かに不信感を抱く
ここはひとまず下手に出て少しでも情報を引き出しておくべきか…
そう思案するアームストロング少将の手を、レイブン中将が両手で握ってアプローチ

( ぶ っ た 斬 っ て し ま い た い !!!!!)

どうにかブチギレを押さえつつ、どう反応していいかと困った反応を見せるが
レイブン中将は笑みを浮かべながらも、興味が有るか無いか、二択以外の答えを許さない
……ひとまずはもう少し詳しく、と情報を引き出しつつもレイブンの焦りを感じ取るアームストロング少将

「その『不死が夢ではなくなる日』が来たら私だけでなく
 我がブリッグズ砦の兵もその恩恵にあずかれると言う事でしょうか」
「その日がきたら な」
0522粗筋の錬金術師垢版2017/03/14(火) 17:07:31.59ID:???
(という事はその日に"なるまでは"保障してくれんという事か
 こいつらの尻馬に乗ればこのブリッグズでよからぬ事件を起こす手伝いをさせられる…
 受け入れなければ私は用無しという事でおそらく…左遷
 私の変わりの都合の良い駒などいくらでもいるだろうしな
 さて どう答えるのがベストか…)

と、其処に突如ノックの音が響く どうやら地下トンネルでの異変を報告しに来たようだが…
先遣隊に異常ありk、と報告にアームストロング少将もそちらへと向かう(レイブン中将もさあさあと押し出し
少将たちが動き出し、潜んでいたエド達もそれ移動だと動き出そうとするが
と、今はエルリック兄弟は牢につながれている事になってる、とロープを錬成
〔兄さんきっちり縛らないと〕
「そだな 軽く縛ってたら怪しまれるから厳重に…」
「よし任せろ」(ファルマン少尉がエドの身体ロープでぎにゅ―――
「いででででェ!!!なんか恨みあんのかファルマン准尉!!」「少尉だ!」

めちゃめちゃ強めに縛られながら移送され、エドも苦い顔 こしがいたい
丁度その場面にキンブリーを連れたマイルズ少佐とはちあう
エルリック兄弟の名に、鋼の錬金術師とキンブリーも反応を示し
「なるほど 二つ名通りの姿……
(エド指し
(エド指し
(エド指し
(兄さん見
 あ こっちですか」
(久しぶりだなこのやりとり)#
「よろしく 鋼の錬金術師殿」
0523粗筋の錬金術師垢版2017/03/14(火) 17:07:58.46ID:???
丁度エルリック兄弟とキンブリーが顔を合わせた頃、アームストロング少将も現場に到着
トンネル探索に入った部隊に異常有り 隊からの連絡も無く…
ただ スミスの乗った馬と、彼のものと思われる腕だけが帰ってきたのみであった
切り口は鋭利な刃物で削られたような傷跡 馬も興奮してしまい使い物にならない
先遣隊がどうなっているか、情報も無く… その言葉にレイブン中将がスミスの腕を手に持ち

「これはいかんなアームストロング少将 
 うーむ全くもっていかん このような危険な穴は塞がなければ
 例の不死身の生物兵器はどこへやった? 穴に戻して入り口を塞げ 少将」

スミスの腕を持ちながら、下卑た笑みでアームストロング少将にそう命じる
「ここの掟だろう? 強者に…… 力に従え アームストロング少将」
そう命ずるレイブン中将を鋭く睨むアームストロング少将… 

大総統府にて、大総統に連絡を取るキンブリー 引き続き中将に従うよう大総統は命じ
キンブリーは鋼の錬金術師に会ったことを大総統に話す
"謎の生物兵器"に関しては何も喋らないので牢につながれている、と話し鋼の件は大総統の指示か問うが
大総統も北にいると言うのは初耳 シンの錬金術を調べている所までは知ってはいたが

「そうか よりによってブリッグズに……
 ふむ… クギは刺してあるがもうひとつ刺しておくか」

受話器を下ろし、大総統はそう呟く
…その後、ラッシュバレーにあるガーフィールさんのオートメイル工房に一本の電話が届く
顔パックで美肌のお手入れ中のガーフィールさんが電話に出る
軍から届けられたその電話は、ウィンリィに用事があるとのことだが…?

<続く>
0524マロン名無しさん垢版2017/03/14(火) 17:30:34.76ID:???
レイブン中将ちょっとキモいぞw
そしてウィンリィ人質フラグ
0525マロン名無しさん垢版2017/03/14(火) 18:11:49.18ID:???
前回ラストが不穏だったが今回でホーエンハイムは味方でほぼ確定した感じだな
大佐もそうだけどつくづく不器用な大人が多い
0526マロン名無しさん垢版2017/03/14(火) 19:10:43.66ID:???
アニメといいこっちといいホーエンハイムには何度も泣かされる
0527マロン名無しさん垢版2017/03/14(火) 20:10:06.26ID:???
ホーエンハイム…(´;ω;`)
ノックス先生の話といい泣かせるわ…
0528粗筋の錬金術師垢版2017/03/16(木) 17:05:48.96ID:nhZubyZh
「鋼の?あーあやしいですよねあいつ 生態錬成の研究でここに来たって言ってますけど」 しれっ
「ドラクマの生物兵器でしょ?あのでかいの
 エルリック兄弟が手引きしてたんじゃないんですかい?」 しれっ
「何も喋らんのでぶんじばって牢に入れてありますよ
 あのデカブツについて絶対何か知ってますよ」 しれっ
「ドラクマのスパイですよ!!早く連れてって中央で裁いてくださいよ!!」 しれっ

エルリック兄弟に関して、レイブン中将にしれっとそう証言するブリッグズ兵士達
そして、獄中の兄弟の前にレイブン中将がその姿を見せる

  <第69話 ブリッグズの礎>

中将の姿に、エドは大佐の言葉を思い出し僅かに敵意のこもった視線を向けつつも挨拶
中将は人払いをさせ、兄弟に余計な事は喋っていないか問う 兄弟も一応は約束だからと答え…

「不服そうだね」
「そりゃそーですよ 人質まで取られて不満じゃない方がおかしいでしょう」
「君は子供だからわからんだろうけどね 物事は大きな目で見なければいけないよ
 我々がやろうとしている事はこの国の… いや世界のためになる事だ
 この計画に参加できる事を誇りに思いたまえよ」
将来きっと我々に感謝する時が来る!と饒舌に語るレイブン中将
エドはその様子に冷たい視線を向ける…
それはそれとして、いつになったら牢を出してくれるのかレイブン中将に願うアル
心配はいらんとアルをなだめつつ、地下の大穴のことも心配いらないと語る中将

「アームストロング少将は例の人造人間<ホムンクルス>をトンネルに戻して
 元通り穴を塞ぐそうだよ 少将もこちら側の人間になった」

レイブン中将の言葉に、エルリック兄弟は絶句してしまう…
0529粗筋の錬金術師垢版2017/03/16(木) 17:06:34.89ID:???
トンネルを塞ぐ現場では、部下ヘンシェルが少将の決定に異を唱えるが
少将は黙って従え、と異論を挟むことを許さない…
その光景を上の通路で眺めるキンブリーとマイルズ少佐
「力に従え……ね 難攻不落"ブリッグズの北壁"も権力に屈しますか
 まぁその方が賢いやり方です」
その言葉に、マイルズ少佐はサングラスの奥からキンブリーを睨みつける…
と、そこに冷凍保管されていた大男のホムンクルスが移送されてくる
運び出され、むくりと起き上がる大男 
先ほどまで凍り付いていたその身が即座に復活する様に兵士達も騒然とするが
彼はレイブン中将が話を付けてくれるようだ

「おはよう『スロウス』 よく眠れたかね」
「 だれ オレ まだ寝たい 」
「おいおい 君にはまだ仕事がある; 『プライド』に言われているのだろう?
 君の仕事を成しとげるようにと」

…『プライド』の名が出ると、スロウスと呼ばれた大男も面倒だけど、とその穴に飛び込み
そしてスロウスは素手でトンネルの穴を掘り始めるのであった

「心配する事はない こいつはドラクマのスパイではない
 中央軍のために仕事をしている…… 合成獣<キメラ>だ
 この国を更に強大にするために働いている とは言えまだ極秘の作戦だ
 さぁ 早くこの穴を塞いでくれ ブリッグズの諸君よ
 君達は秘密を分け合った…同士だ」

両手を広げ、にやけた笑みを見せながらレイブン中将がそういい放つ…
0530粗筋の錬金術師垢版2017/03/16(木) 17:09:13.58ID:???
その頃マルコーさんたちは、スカーの兄の残した研究書を読み解いているがなかなか苦戦気味
どうやら肝心な部分は古代イシュヴァール語で書かれているようで、普通の人には読めないようになっている
文字自体が読めないのでは暗号も解けず、ひとまずはスカーの帰りを待つしか無いようだ
しかし、マルコーさん達が潜伏する廃墟にブリッグズの兵が忍び寄るが
その背後からスカーが兵士の首筋を打つ 兵士を気絶させてマルコー達に場所を移すよう指示するのであった

場面はブリッグズ要塞に戻り、兵士達が空いた大穴を塞ぐため急ピッチで作業中
レイブン中将は、先遣隊の死は自分達選ばれた者が世界を統べるための小さな犠牲、と言ってのける
「選ばれた者のために下の者は犠牲になる……と?」
「そう 『弱肉強食』だ 弱き者やおろかな者が国の礎となり 強き物がその上に反映する」
イシュヴァール内乱も、すべては計画の一部、とレイブン中将はニタリと笑みを浮かべる…

一方キンブリーは大総統との定時連絡中 丁度電話も終り側にいたマイルズ少佐にお待たせしましたと声をかける
と、レイブン中将に話す事があると今どこにいるか聞くが …マイルズ少佐はその問いに答えず…
「瀕死の重傷だった貴様がその日のうちに全快してここに現れた レイブン中将とともにな
 どんな魔法を使った?」
「貴方には関係ない事です レイブン中将はどこです?」
「待て まだ聞きたい事がある
 そもそも上官殺しで刑務所にいた貴様がなぜいきなり出所できた?」
「言ったでしょう? 貴方には関係の無い事だと」
あくまでもキンブリーはそう返し……暫し、にらみ合う二人……

再びアームストロング少将とレイブン中将との会話に戻り
中将の言によれば、アメストリスが出来たときからこの計画は始まったとのこと
ようやく、私の代で計画を完成させる そのためにもスロウスを休ませるヒマは無いと語り
中将ががっついていたのは焦りか、と合点がいく少将
アームストロング少将の肩に手を添え、上にかけあい君の椅子を用意させよう
そう肩をなでながら語るレイブン中将 

 だ が
0531粗筋の錬金術師垢版2017/03/16(木) 17:09:54.02ID:???
「私のために新たなイス用意していただかなくとも結構」

次の瞬間、アームストロング少将のサーベルがレイブン中将の腕を貫く!?
「スミスの腕は左でしたか?右でしたか?
 老いとは本当に恐ろしいものですねレイブン中将
 貴方も昔は本気でこの国を想う 若く気高い軍人であったでしょうに」
「な…何をするアームストロング!! こんなっ…
 せっかくイスを用意してやるというのに… 選ばれた人間になれるというのに!!」
「言ったでしょう 新たなイスなど不要と
 その腐りきった尻を乗せている貴様の席をとっとと明けろ 老 害!!!」

そして、少将の件がレイブン中将の身体を縦一閃に切り捨てる!!
(その光景に周囲の兵士達もぐっとにぎりこぶし

「貴様…不老不死を…捨てると言うのか… 目の前にある… のに…」
「その不老不死とやら 仲間を捨て 国民を裏切ってまで手に入れるものですかね」
「このブリッグズの地下で文字通り礎となられるがよかろう レイブン将軍」

切り裂かれ、倒れるレイブン中将の身体が、鈍い音を立ててコンクリートの沼地に沈む…
サーベルに付いた薄汚い血を手袋で拭き取りつつ、マイルズに連絡を入れるようバッカニアに指示
均し途中のコンクリートに手袋を捨てて、しっかり均しておけよと兵士達に指示を出す

通路を歩きながら、ヘンシェルはどうかあの穴を塞ぐのは考え直すよう少将を説得するが
アームストロング少将は要塞の物陰にちょいちょい手招きすると
バッカニアがニヤリと笑みを浮かべて、新たな地下の入り口を開いてみせる
こんな事もあろうかと、エドがあらかじめ抜け道を作ってくれていたのだ

一方その頃、中央市街のマスタング大佐 
車に乗せた女性からキンブリーに関する情報を訊く大佐 レイブン将軍も何らかの関わりがある様子
と、女性にその情報料を差し出しつつ送っていこうか聞く大佐 
しかし女性はここで降りるとの事で、手を振り別れる大佐と女性
…そんな大佐に「振られたね お兄さん」と花屋のおばちゃんが声をかける
0532粗筋の錬金術師垢版2017/03/16(木) 17:10:24.26ID:???
「あのテの女はどでかい花束持ってドーンとアタックするのがいいよ てな訳で花買わない?」
「振られ男が花束持って一人寂しくアパートに帰れと?遠慮しとくよ」
「なぁに あんたを振る女がいれば拾う女もいるさ
 "ブリッグズの北壁"オリヴィエ・ミラ・アームストロング少将から伝言があるよ ロイ・マスタング」

「―――面白い ワゴンの花全部買わせてもらおうか」



ブリッグズ砦にて、睨みあうマイルズ少佐とキンブリーに場面は戻る
ずいぶんと突っかかるマイルズ少佐に、キンブリーも流石に不満を露わにし始める
挑発とも取れるようなキンブリーの言葉に、マイルズも「だまれと言っている!!」言葉を荒げて叫ぶ
そんなマイルズ少佐にキンブリーも肩をすくめ……
と、そこに兵士がアームストロング少将からの伝言があるとマイルズ少佐に言う

「『作戦完了』 『時間稼ぎはもういい』だそうです」
その言葉にマイルズ少佐も溜息混じりにサングラスを直し
「やれやれ やっと"アレ"と会話しなくて済むか 演技とはいえ不毛な会話をしてるとしんどくてな」

涼しい顔でキンブリーにレイブン将軍の姿が見えなくなってしまった、と言うマイルズ少佐
だが、キンブリーはむしろ私にはありがたい、と紳士帽を直しつつ

「レイブン中将にもし何かあったら私個人の判断で自由に動いてよし
 …と大総統から許可をもらっているのですよ

 さて と 用事があるので麓まで車を出していただけますかマイルズ少佐
 わかりますか?今や私の行動は大総統の行動に等しいという事です」

キンブリーの言葉に、マイルズ少佐の顔に嫌な汗が浮かぶ……

その頃エドはいまだに牢から出られずイラつき気味 
そんなエドをなだめつつコーヒーを差し出す顎鬚の機械鎧技師さん
0533粗筋の錬金術師垢版2017/03/16(木) 17:10:56.97ID:???
「焦る気持ちもわかるけどな 次に動く時のために身体を休ませとくのも大切だぞ」
「……こんなに色んな事が起こって時間だけだらだら過ぎてんのに じっとしてらんねーよ」
そう呟きながら、差し出されたコーヒーに口をつけ…口をつけちゃった
「もしかしてこれ100センズ?」「いんや俺のは200センズ」
「返品」(飲んだコーヒーだぱーと戻し)「不可」

と、そこにキンブリーが訪れる キンブリーの姿に兄弟は露骨に胡散臭そうな顔を浮かべてみせる
そんな二人に動じず、兄弟に客人を連れて来たと言うが
兄弟の前に姿を見せたのは、ウィンリィであった…! その姿に兄弟思わず叫び
そのまま暫く言い争いになる三人であるが
0534粗筋の錬金術師垢版2017/03/16(木) 17:11:44.71ID:???
「まあまあ落ち着いて皆さん
 聞くところによると鋼の錬金術師殿は北国用機械鎧に換装していないと言うではありませんか
 その事を大総統に話したら気にかけておられましてね
 こうしてロックベル嬢を手配してくださったのです
 お二人とも 大総統閣下がたいそう心配していましたよ」

ウィンリィの肩に手を添えながら、エルリック兄弟を睨みつけるキンブリー
その姿に、エドも苦悶の表情を浮かべる…

<続く>
0535マロン名無しさん垢版2017/03/16(木) 18:50:35.66ID:???
レイブンバッサリは久々にスカッとするシーンだなw
しかしウィンリイ連絡受けてから来るの早くね?
0537マロン名無しさん垢版2017/03/16(木) 19:57:48.45ID:???
>(その光景に周囲の兵士達もぐっとにぎりこぶし

やっぱ兵士達もレイブン中将の態度には辟易してたんだなw
いきなりあんな横暴押し付けてたらそりゃあなあ
というか中将にもなってやってる事がスカウトマン程度ってどうなのよw

まあそもそも大総統にも中将の死は折り込み済みなあたり
その仕事もあんまり信用されてなかった様子だけど
0538マロン名無しさん垢版2017/03/17(金) 17:36:17.16ID:???
>こんな事もあろうかと
やはり科学者、技術者ポジは一度はこの展開があるな
元祖の真田さんは偉大である
0540粗筋の錬金術師垢版2017/03/18(土) 17:16:58.36ID:oRfNPgdn
場面は少しさかのぼり… 麓の町でいかつい軍人達に警護されながら迎えを待つウィンリィ
ぬーんと威圧的な姿にウィンリィも少し堅苦しさを感じるが…
と、そこにキンブリーが紳士的にお迎え

ブリッグズ行きの車の中で、ウィンリィの両親に関して話を始める

「ご両親の遺体を収容したのは私の隊でした
 あと一歩間に合わず 私の隊が着いた時にはすでにイシュヴァール人に……
 医の倫理に従って最期まで意思を貫き通した方々でした 生きてるうちにお会いしたかった

 写真を かわいらしい娘さんと一緒に写っている写真を大切そうに持っておられました
 そのお嬢さんが貴女ですね? お会いできて光栄です ウィンリィ・ロックベルさん」

そう語り、キンブリーは笑顔を見せるのであった

  <第70話 始まりの人造人間<ホムンクルス> >

という訳で場面はブリッグズに戻り、エドのオートメイルを整備中のウィンリィ
しかしなんでエドが牢に入ってんのか問いただすがエドはちょっと言いにくそうにして…
それを「単なる手違いですよ」とキンブリーが言って、直ぐに出られると笑顔を見せる
……エドはキンブリーを警戒し、あまり信用しないようウィンリィに言うが
「え?なんで? 紳士的でいい人だよ?うちの親にも好意的だったし」
「紳士的って… あいつのイシュヴァールの話とか…」

―主観でしか語れないけど―

(主観… …そうか イシュヴァールの話はあくまで中尉の主観なんだよな…)

ホークアイ中尉の言葉を思い出し… 
―ウィンリィちゃんのこと大好きなんでしょー でしょー でしょー デショー ―
余計な事まで思い出した 周囲を跳ね回るほど動揺するエド
0541粗筋の錬金術師垢版2017/03/18(土) 17:17:17.75ID:???
動揺を抑えるため、元素を並べ立てるエド そんなエドにウィンリィも困惑
「…なんでこんな変なのに惚れたんだろ」 呆れ顔で溜息ひとつ
「あ?なんか言ったか?」「なんでもないわ よっ!!」 ぐりっと神経繋ぎ エドも悶絶

という訳で寒冷地仕様に換装完了 その軽い感覚にエドもちょっと落ち着かない様子
とはいえウィンリィも全体の強度こそ落ちてるが要所部分はしっかり強化してるとのこと
と、そこにバッカニア大尉もその場を訪れ
「なんで貴様牢を出ている?」 しれっ
「さぁね ま これが国家錬金術師の力ってやつ?」 しれっ
しれっと白々しい会話をしつつ、どうやらバッカニアもオートメイルの換装に来ていた様子
クロー型の腕ではなく人間型の腕のほうがしっくり来ると言い 
鋭い爪を装備したオートメイルにウィンリィもその目がきらきら輝く バッカニアもふふんと鼻息ならし

「ん?なんだ? 鋼の錬金術師の整備師? このかわいい娘が?」


 殺!!!

理不尽な一撃がエドに襲い掛かるのでした 部屋を出るバッカニア
なんならブリッグズの整備士に仕事場を見るかと誘われ、ウィンリィもうきうき気分
そんな彼女にエドもあまり浮かれないように注意を促す
「…砦の中 色々危ねーからよ」 背後にいるキンブリー達を警戒するエド…
そんなエドにウィンリィも笑顔で応えるのだった

真剣な表情でメモを取りながら整備士の話に聞き入るウィンリィ
「ご両親に似て仕事熱心ですね とても私の好みです
 ああ ご心配なく 私ロリコンの気はありませんから」
換装もすんだところで、キンブリーは姿勢を正し「仕事の話をしましょう」と切り出す

そのころアルの方は、まだ牢に入れられていた
0542粗筋の錬金術師垢版2017/03/18(土) 17:17:59.98ID:???
〔あの〜〜〜 なんでボクは出してくれないのかなっと〕
「キンブリー様の命令だ」「今は鋼の錬金術師だけ出すように言われている」
(くっそぅ…ボク達を一緒に行動させないなんて徹底してるなぁ…
 ウィンリィの件もクギを刺すだけじゃなく
 わざわざ目の前に連れてきて『我々の手の内だ』って強調してるし

 ……それだけボク達の事を放っとけない存在として見てるって事か
 焦っちゃダメだ… チャンスを狙うんだ…)

抜け穴の前にて、先遣隊の安否を案ずるブリッグズ砦の面々
すでに一週間はたっており、食料の面からも精神的な面からも生きているかはギリギリであろう

「アームストロング少将
 穴の奥がどうなっているのか 何者が待ち構えているのか全くわかりません 
 もし我々が24時間起っても戻って来なかった時は 見捨ててください
 穴を塞いで知らぬ存ぜぬを決め込んでくださって結構!」

そう言って笑みを見せるバッカニア大尉 少将も「そうしよう」と答え…抜け穴の入り口が閉じられる
…抜け道を資材で塞ぐ兵士達に、今のうちに言っておくと少将が告げ

「レイブン中将の件は私が独断でやった事にする 諸君らは何も見なかったし聞かなかった
 事が露見した場合は私に責任の全てをふっかけて 私を見捨てろ」
「…アイ・マム 了解です」

横穴からトンネルへ進入する、バッカニア率いる救出隊
闇の中には、鬼が出るか蛇が出るか…隊員達も息を呑む…
0543粗筋の錬金術師垢版2017/03/18(土) 17:18:24.12ID:???
場面は花屋のおばちゃんから情報を受け取るマスタング大佐に移る
北もずいぶんと物騒になって来ており、先手を打つためにも大佐に連絡を入れたと語るおばちゃん

「ブリッグズの屈強な兵を擁しているなら東方軍と繋がりをつけなくても十分戦れるんじゃないのか?」
「そうはいかん ブリッグズは専守防衛に長けた集団
『先手必勝』という言葉があるけれど それは攻守ともに秀でた者だからできる事
『攻』に長けた東方軍と組むのが最善―――というのがオリヴィエ様の考えだよ」

たしかに北方軍の守りの厚さには、合同訓練の際にも苦戦を強いられたもの、と肩をすくめる大佐
その少将のタッグ相手として選ばれるとは光栄と大佐も笑い声を上げるが

「いや オリヴィエ様が欲しいのはあくまで東方軍の力だから
 むしろマスタングは消えろってさ」 ああそう#
「……ひとつ聞くがもしも私が保身のためにこの情報を大総統に売ったらどうする?」
「『ありえない』『マスタングはそういう男ではない』――とさ」「光栄だね」

花屋のおばちゃんとの別れ際、彼女が何者か問うと…
おばちゃんもアームストロング家に代々仕える花屋のおばちゃん、とその正体を明かすのだった きらりん

「…ヒューズよ 理解して支えてくれる人間ってのは結局のところ
 共に闘った事のある戦友から出てくるものなのだな さて… …この花どうしよう」

車から溢れるくらいこんもりつみあがったお花を前に、マスタング大佐も困り顔であった

場面は救出隊の探索するトンネルに戻り…丁度先遣隊が襲われた跡にまでたどり着いた
辺りには倒れた馬と、バラバラになった兵士の身体、金属までサックリやられており
もはや先遣隊の安否は絶望的かと想われたが… 其処に物音が響く 銃を向けトンネルの先を照らすと
其処にいたのは、生きていた先遣隊であった…! 救出隊も歓声を上げる
0544粗筋の錬金術師垢版2017/03/18(土) 17:18:55.24ID:???
彼らはどうにか生き残る事ができたが、他は皆息絶えてしまったと言う…
……生き残った兵士はおびえた表情で早くここを出ないとと言って…
「あれが来る…… 明かりはダメだ… 影 がっ… 逃げ…… 影が来る…!!」
その言葉通り、トンネルの奥の影に目玉が浮かび…救出隊にもその魔の手が伸びようとするが
……目玉が何かに気がついたように、トンネルの奥のほうを向き…ずるずると影は其処から退いて行く…

場面は変わり、大総統補佐として職務を果たすホークアイ中尉
大総統の周りはいつもガードマンに固められてて、さしもの中尉も肩がこると心の中で愚痴り
大総統婦人にて、閣下に急ぎの書類を届けに来たとの事だが、ちょうど今留守との事で
とりあえず書類はご婦人に預ける事にするが……
突如、背後にただならぬ気配を感じる!? 
…だが後ろに立っていたのは大総統の息子セリムであった 
とりあえずホークアイ中尉に行儀よく挨拶をして、お布団に向かうセリム

「セリムは本当にお義父さんが好きね 将来軍人になりたいのかしら」
「聡明なご子息ですね」
「ほほほ そうでしょう?自慢の息子よ
 私達夫婦の血を引くこなら自慢すると『親バカもたいがいに』
 なんて言われるけど養子だから遠慮なく大いに自慢できるわ! なんてネv」
「人懐こいのは奥様の家の系列の血でしょうか?」「あら セリムは主人の系列よ」
「…え 奥様の遠縁の子……では?」
「いえ あの子主人の遠縁の子よ」

…大総統婦人のその言葉に、ホークアイ中尉はその眼を見開く…
……ひとまず今日は書類を渡すだけなので、と大総統府を後にしようとする中尉だが…
0545粗筋の錬金術師垢版2017/03/18(土) 17:19:36.32ID:???
(大佐の話によるとキング・ブラッドレイは幼少から実験体として育てられ天涯孤独の身
 人造人間<ホムンクルス>になった経緯からすると遠縁も何も……親戚など一人もいない!!
 それにさっきのあの感覚… あれは… あの子は…)

足早に大総統府を後にしようとするホークアイ中尉だが……

「 気 付 い ち ゃ い ま し た ? 困りましたね うちのお義母さんおしゃべりで」

暗がりの物陰から、ただならぬ圧力を放ちそう語るのは、セリム・ブラッドレイ…
0546粗筋の錬金術師垢版2017/03/18(土) 17:20:03.26ID:???
「…さっき一瞬奇妙な殺気を感じました どこかで感じた…どこだったか思い出せなかったですけど…
 けれど今背後に立たれてはっきりと思い出しました
『グラトニー』という人造人間<ホムンクルス>に背後を取られたときの感覚です
 セリム・ブラッドレイ あなたは一体何者ですか」
…その言葉に、この状況で自分の正体を問うホークアイ中尉をたいした度胸と褒めるセリム
同時に銃を抜かないのもいい判断と言って、彼女では自分には勝てないと断言してみせる
「それはありがたいですね で?あなたもグラトニーと同じ人造人間?<ホムンクルス>
 …いいえグラトニーとは比べ物にならない圧力を感じるわね」
「そう たしかにグラトニーと同じだけれど 奴と同じレベルだと思われるのは心外です

 私は『始まりの人造人間』 名は『傲慢』<プライド>です」

その言葉と共に、セリム…<プライド>の背後から影の化物が浮かび上がる…

……場面はブリッグズで、キンブリーと顔を合わせるエドに戻る
仕事、と言うのはどういうことかとキンブリーに問うエド 
それに笑顔で国家錬金術師として働けと言うこと、とキンブリーは答える

「断る…って言うのはどうせ通用しないんだろうな」
「ですね  大総統からの指示はみっつ ちなみに全て私と行動を共にせよとの事

 まずひとつめ 北へ逃げたと思われる傷の男<スカー>の探索
 みつけるだけです 後始末は私の仕事

 ふたつめ 同じく傷の男<スカー>と逃げている可能性があるドクター・マルコーの捜索
 これもみつけたら後は私の仕事

 そしてみっつめ このブリッグズに 血の紋を刻む」

<続く>
0547マロン名無しさん垢版2017/03/18(土) 20:00:40.15ID:???
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
0548マロン名無しさん垢版2017/03/18(土) 20:24:07.63ID:???
うへぇ…そうきたか… プライドの正体の衝撃もさることながら
コレは確かに最強だわ…事実上影が発生するところなら無敵じゃないか
トンネル探索隊の言から、完全な闇だと展開できないのがどうにか付け入る部分となりそうだが
0550マロン名無しさん垢版2017/03/18(土) 22:43:52.08ID:???
不死身でなければ本体ダイレクトアタックでわんちゃんあるか、てとこだがなぁ…
そしてホークアイ中尉の安否が心配です
命はともかく影に取り込まれて洗脳、操られ的な事にならないかと
0551マロン名無しさん垢版2017/03/18(土) 23:16:52.65ID:???
プライドの正体普通にびっくりした
つか大総統周りがあれすぎて奥さんもなんかあるんじゃないかと疑っちまうぞw
0553マロン名無しさん垢版2017/03/18(土) 23:37:42.75ID:???
お父様と対を成す、いわば"お母様"か
……有りそうだなあ、この漫画女性陣強いしw
0554マロン名無しさん垢版2017/03/19(日) 00:16:40.07ID:???
母親の死を契機に始まりだった二人の最後の敵は母親とかまじにありそう。
0555マロン名無しさん垢版2017/03/19(日) 08:09:42.14ID:???
アニメ否定派だったんだが、もしもコレ知ってた上でああしたならGJだ
完全に頭から抜け落ちてたからすげー衝撃
0556マロン名無しさん垢版2017/03/19(日) 13:45:04.30ID:???
横綱相撲みたいな漫画だからラスボスは普通にお父様だと思う
0557マロン名無しさん垢版2017/03/20(月) 03:00:03.82ID:???
セリムこえええええええ
ウィンリイ危機一髪やら大佐の花いっぱい運動やらみんなぶっ飛ぶわw

しかし先遣隊1週間も飲まず食わず?でよく生きてたな
中尉が来て戻ったのならセリムは断続的に見に来てたのか?
影(本体?)の伸縮時速何百キロなのかと
0558粗筋の錬金術師垢版2017/03/20(月) 17:01:17.65ID:qDcreyqD
「『始まりの人造人間』…と言ったわね それはどういう意味?」
「言葉通りです それ以上の意味もそれ以下の意味もありません」
どこか微笑を浮かべながら、ホークアイ中尉にずりずりと音を立ててプライドの影が伸びる…
次第にその影がホークアイ中尉の身体に絡み付き
彼女にこちらの仲間にならないか、と誘うプライド だがホークアイ中尉もそれを拒否し…
「そうですか 残念です じゃあ…」 その影が彼女を締め上げ、彼女の頬をその影が切り傷をつけるが

「ムダな脅しはやめてくれないかしら 今ここで私を殺してもそちらに利点がないでしょう?」

圧倒的な力の差を見せ付けられながらも、中尉は気丈にプライドを睨みつける
…その言葉に、プライドも彼女の身体から影を退かせて行く
このことを口外すればどうなるか…彼女に脅しをかけるプライド
「私はいつでも貴女を影から見ていますからね」

…影が引き、ホークアイ中尉は振り返るがその闇にはもはや誰の姿もなく…
プライドの言葉が、彼女の脳裏に深く刻み付けられる……

  <第71話 紅蓮の男>

…血の紋を刻む、とエドに語るキンブリー エドも話が見えないとその言葉に少し困惑するが…
キンブリーはイシュヴァールと同じ、と微笑を浮かべて語る…
「んな事できる訳ないだろが!!」エドの怒声が響き渡るが、背後の別室で待つウィンリィの姿に…
「…徹底的だな 後ろに人質置いといて交渉か」
「おや 人聞きの悪い 私はウィンリィさんを人質に取ったなど一言も言ってませんよ
 それともうひとつカンちがいしている事が これは交渉ではなく命令です
 国家錬金術師として仕事をしなさいと言っているのです」

キンブリーの言葉に、エドも腕を組み苦悶の表情を浮かべながらキンブリーを睨む
0559粗筋の錬金術師垢版2017/03/20(月) 17:01:41.09ID:???
「まさか人を殺す覚悟が無いくせに軍の狗になったのですか?」
「殺さねぇ覚悟ってやつだよ!!」
そう返し喧嘩上等な形相でキンブリーを睨むエド …しかしキンブリーもその言葉を
「ふぅむ…それもまた貫き通せば真理」と、一定の理解は示してくれた様子

「キンブリーさんよ おかしいと思わないのか?
 軍は人民を犠牲にして何をしようとしてる?あんたわかって協力してんのか?」
「わかってますよ」
「だったらなんでこんなバカげた事に協力を」

「世界の変わる様を見てみたい」

どこか狂気の笑みを浮かべるキンブリーの言葉に、エドも困惑し…
「覚悟と覚悟
 意志と意志
 命と命
 信念と信念のぶつかりあい
 人間側と『進化した人間』を名乗る人造人間<ホムンクルス>側
 どちらが勝つのか見てみたい」
そのキンブリーの言葉に、エドも絶句するしかなく…
「何が正しいのか 何が強いのか 何が生き残るのか 世界が何を選ぶのか…
 ここブリッグズの掟は弱肉強食だそうですね 非情にシンプルで力強い真理です
 実際長い歴史の中で世界はそうして進化してきました
 気候によって滅んだ種 人類によって滅んだ種  アメストリス人によって滅ぼされたイシュヴァール人
 これらになんの違いもない
 たとえ『新たな人間』によって今の人間が滅ぼされるとしても
 大きな世界の中で生き残る力を持っていなかった… ただそれだけのことでしょう」
0560粗筋の錬金術師垢版2017/03/20(月) 17:02:07.30ID:???
なら何故キンブリーは人造人間についてるのかと問いただすエド まさか彼も人造人間!?
しかしキンブリーそれをはっきり否定 
彼が言うには自分の特性を最大限に使わせてくれるから、だという
すなわち、自分の錬金術を自分の快楽のために遠慮なく使わせてくれる しかもバックアップつきで
だからこそ彼は軍に…ウロボロスに協力しているのだと言う

「…あんたよく国家錬金術師試験の精神鑑定面接通ったな」
「あんな形式ばったもの 自分が異端である事を理解していれば常人のフリをしてパスできます
 そうです 自分が今のこの世界において異端である事はとっくにわかっています
 しかし私のような者が生き残れば それは世界が私を認めたという事
 生き残りを…まさに存在をかけた闘い
 こんなやりがいのある人生はそうそうありませんよ 鋼の錬金術師殿」

だがエドには彼の考えには共感できなかった
ならば彼の自己中心的な部分に語りかけるとしましょう、とキンブリーが突きつけたのは…

「のどから手が出る程欲しいはずです 貴方達兄弟は」
「賢者の… ……石!!」

仕事を引き受けるなら、賢者の石を差し上げると言うキンブリーからの取り引きに…
……エドは、アルとウィンリィに話をさせて欲しい、と言う
「オレあいつに何も言ってねぇんだ いいかげんカヤの外に置いとくわけにいかねぇ
 もう当事者だろ どんな仕事するにせよウソついて裏切りみたいなマネしたくねぇんだよ」
「―――いいでしょう 余計な事は喋らぬように同席させてもらいます」
0561粗筋の錬金術師垢版2017/03/20(月) 17:02:29.50ID:???
・・・牢のなかでエドは、今のウィンリィは人質状態であることを話す
その言葉にウィンリィも困惑するが…、上から人間兵器として働くよう要請されていることを話すエド
大量殺人にも手を貸すことにもなるかもしれない 
そんなの断れば…そう言おうとした所で、自身の立場に気が付く… 
…すとんとベッドに座り込み俯くウィンリィ 泣きそうなその姿にエドもうろたえ
「ごめん… こんな事になってるなんて気付かずにのーてんきだった自分に腹が立つ」
そう呟くウィンリィ… 兄弟は元の身体に戻りたいだけなのに、どうして遠回りばかりしてしまうのか…
その件に関しては、キンブリーが協力すれば賢者の石を差し出してくれると言うエドだが

〔ちょっとまってよ!石って言ったって…〕「キンブリーが持ってる」
〔そうじゃなくて石の材料は……!!〕
「これで元の身体に戻れる オレが人間兵器になる事と等価交換だ」

…有無を言わさぬエドの態度に〔……勝手にしなよもう〕アルも目を伏せ兄から顔を背ける
ひとまずエドは仕事を引き受ける、と決め…エドはスカーの探索からやらせて欲しい、とキンブリーに頼む
スカーはウィンリィの両親の仇 まずは敵を討ってやらなきゃ気がすまない、とするエド
ついでに人体破壊の聞かないアルを一緒に連れて行くよう要請し
今後の展開を話しながら牢を出る一行 ウィンリィとアルは牢屋に残される…
…不安そうなウィンリィだが、アルは兄の考えを見抜いていた
エドはおそらくスカーと行動を共にするメイを追う為に、それらしい理由をつけてキンブリーを騙したのだろう
とはいえその為にウィンリィの両親を利用してしまったみたいで、と謝るアル
その言葉に、ウィンリィも「今は生きてるあんた達の方が大事」と言ってくれた
「さーて あたしももっともらしい理由を考えなくちゃねー」
頬に手を当てて思案するウィンリィにあるも首をかしげ

アームストロング少将の下に、キンブリーとその部下が訪れる
スカー捜索の件とエルリック兄弟の身柄をキンブリーが引き受けると聞き
何の権限があって、とする少将に大総統からの命令書を見せるキンブリー
……閣下の言うことならば文句は無い、と少将もその命令を許可するのであった
0562粗筋の錬金術師垢版2017/03/20(月) 17:03:10.85ID:???
キンブリーが部屋を出て、スカー捜索の指揮を渡していいのか、マイルズ少佐も聞くものの
大総統直々の命令と有れば少将も仕方ない、とするが…
上手くいけばスカーとキンブリーが共倒れになってくれる、とその眼つきを鋭くさせて語る
マイルズ少佐にもキンブリーの隊に同行するように命じ

「これはまだキンブリーに与えていない情報だが
 山岳警備兵の話では 傷の男<スカー>と例の娘が合流している可能性あり―――だそうだ
 兄弟に伝えろ
『傷の男<スカー>はお望み通りキンブリーにくれてやれ
 錬丹術の娘はここに連れて来い できる限り極秘に』とな」

…夜が明け、キンブリーにはまずスカーが最期に目撃されたと言うバズクールに向かい
そこから捜索を開始すると伝えるマイルズ少佐
すると、兄弟が乗り込む車にウィンリィまで滑り込んできた せまい
流石にキンブリーも砦で待つようウィンリィに言い聞かせようとするが
ウィンリィのほうもエドのオートメイルを寒冷地仕様に始めて換装するものだから動作不良を心配してる様子
何かあったときの為に、いつでもメンテナンスができるよう付いていかないと心配だと言うウィンリィ
そんなウィンリィに本当に仕事バカと言い放つエドと口喧嘩になりそうだったので
キンブリーもしょうがなく彼女の動向を許可するのであった

車の中で、勝手に同行したウィンリィに厳しい態度のキンブリーのいかつい部下、ダリウス
ダリウスの言葉にウィンリィも俯いて謝罪し…
「自分の立場くらいわかってます でも…でも待ってるだけなんていやです
 少しでも二人のそばに居たくて… ごめ……… なさい……」
そう言って、震えた声で自らの顔を覆うウィンリィ…
……重苦しい車内の空気に、ダリウスを睨みつける兄弟と運転手 
流石にダリウスもうろたえるが その後ろでウィンリィが黒い笑みを浮かべるのでした コワイ
0563粗筋の錬金術師垢版2017/03/20(月) 17:03:54.21ID:???
バズクールにたどり着いた一行 既に閉鎖はされているが元は鉱山の町、その規模はかなりのものだ
ここからスカーを探し出すのは骨が折れそうだが…
と、エルリック兄弟にはダリウスともう一人、メガネの部下が同行する 兄弟の見張りであろう
さて、とりあえずはこの二人をどうやってまくか…   ピキーン
〔「あ!! 今人影が見えた!!」〕 ビシィ!!
突然叫んでビルの中へ駆け込む兄弟、兵士とキンブリーの部下もその後を追いかけようとするが
曲がり角に入ったところで兄弟を見失ってしまった 錬金術で壁を作ってうまいこと抜け出す事に成功するのであった
……が、予想以上に町が広過ぎる これは向こうから見つけてくれないと厳しいが…

「ア」と、なんか「ル」可愛らしい「フォ」足音と「ン」共に「ス」
「様―――っっッ!!!」 メイちゃん強烈タックル ほんとにやってきて兄弟びっくり
アルの〔よかった 本当に会えた!〕との言葉に、メイの脳裏にめくるめくらぶろまんすが展開され
0564粗筋の錬金術師垢版2017/03/20(月) 17:04:30.90ID:???
「アルフォンス様ったらまさか私を追ってこんな山奥まデ……?」
〔うん (錬丹術のことを訊くために)会いたかった!!〕

アルの言葉に、メイもハートをズキュゥゥゥンと射抜かれるのであった アル、無自覚に天然タラシ
エドもアメコミ怪人みたいな凶悪スマイルでメイを歓迎 悲鳴を上げるメイちゃん
そんななか、アルの鎧からはいつの間にか潜んでいたウィンリィがその姿を現し なんかメイに勘違いされた
さらに悲鳴を聞きつけたドクター・マルコーも鉄パイプを持ってメイの助けに現れるが
その場にいたエルリック兄弟の姿にマルコーもびっくり 兄弟もその声でおじさんがマルコーだと気づく
さらにさらにヨキさんまでその場に現れるが   兄弟に完全に忘れられておりましたとさ

丁度軍の拠点でもウィンリィがいなくなっている事に気付き、キンブリーが兵士を叱る
キンブリーに背を向けた兵士がぺろりと舌を出しつつ、マイルズ少佐が彼女の捜索を引き受けるのだった

その頃スカーは単独で行動し、廃墟の中に使える物がないか探していたが成果はイマイチ
…そこに何者かの気配に気が付く…

「……北方軍は鼻がきくな」
「残念ながら我々は中央軍だ」「来い キンブリー様がお待ちだ」
「たった二人で己れをどうにかできると思っているのか」
「バカな 並の人間二人だけで貴様と渡り合えるとは思っていない」

そう言いながら、スカーと対峙する二人の兵士はニヤリと笑みを浮かべ…
「"並の人間なら" な」
…その体が変形し、別のものへと変わっていく…!

「合成獣<キメラ>か 面白い」

不気味な笑みを浮かべるキメラ兵士を前に、スカーもその指を鳴らす…

<続く>
0565マロン名無しさん垢版2017/03/20(月) 18:10:28.15ID:???
ウィンリィに泣かれてうろたえるダリウスにちょっと和んだw
キンブリーの部下は軒並みアウトだろうけどダリウスは生き残って欲しいなあw
0566マロン名無しさん垢版2017/03/20(月) 23:09:31.07ID:???
アルの天然たらしぶりが炸裂しておりますな
もう付き合っちゃえよ
0567マロン名無しさん垢版2017/03/21(火) 15:14:12.95ID:ouvwGU7L
>>552
アームズみたいなパターン好き

「オホホ、殿方はこういう時は困ったものね
あなた、セリム、おさがりなさい…」
とかだとヤバイ
0568マロン名無しさん垢版2017/03/21(火) 17:15:05.66ID:???
>「ふぅむ…それもまた貫き通せば真理」
ここでキンブリーとは和解できるんじゃないか、と一瞬でも考えたおれが馬鹿だった
でもここまで極まりきった狂人だといっそ清清しいw
そしてこういうタイプに限って結構生き残るんだよなあ
0569マロン名無しさん垢版2017/03/21(火) 17:21:52.15ID:???
ちょっと待て、タッカーは言葉を喋るキメラで国家資格を取ったんだよな?
つまり一般的には人間を材料にしたキメラは高度か禁忌なんだよな?
デビルズネストの例もあったがスロウスとかは実際はホムンクルスなわけで
軍は実はこの程度のことばんばんやってるとすると
タッカーって実は外道だけど超小者と言うか、国家資格取らせたのって偽装工作の一環だったのか?
0570マロン名無しさん垢版2017/03/21(火) 20:40:22.34ID:???
キンブリーイイねえ…
振り切れてるキャラは見てて楽しめるわ
ダリウスさんはお気の毒w

>>569
あれは人間使ったの秘密じゃなかったっけ
まあもう結果出せないと取り消しとまで言われてたし間違いなく小物
0571マロン名無しさん垢版2017/03/21(火) 20:43:16.27ID:???
人間を材料に使うのは犯罪ではあるだろうけど三禁の人を作るなとは別かと。
0572マロン名無しさん垢版2017/03/21(火) 21:00:13.16ID:???
キンブリーさんどうせ石くれるなら胃液まみれのほうじゃなくて新品の方くださいよ

ホークアイ中尉はどうにか五体満足ですんだけど
どこぞのミスバーンinトマァムみたいな闇堕ちしたらすごいエロそう(何)
0573マロン名無しさん垢版2017/03/21(火) 21:49:57.72ID:???
時系列的に、タッカーの技術がベースになってる可能性はあるのかな?

ただ、難易度はホムンクルス>キメラだろうから、すでに裏で作ってた方がありそう
0574マロン名無しさん垢版2017/03/22(水) 00:33:52.08ID:???
>>572
あれの魅力が今だに全くわからない…
女の好みの問題なんだろうけど

中尉が無事に大佐との夫婦漫才に戻ります様に
0575マロン名無しさん垢版2017/03/22(水) 15:13:01.64ID:???
>>569
もうちっと結果出してたら
第5研究所みたいなところに招聘されて
お父様の計画の片棒担がされてたかもね、タッカー
0576亜羅州児乃錬金術師垢版2017/03/22(水) 17:02:39.93ID:Maxurwpn
月刊少年ガンガン増刊フレッシュガンガン平成19年春号

<3年B組 鋼先生ー!!>

 入学シーズンである!! この時期各地で繰り広げられるイベント!!
 それは学年の番長の座をめぐる闘いである!!

「へっへっへ オレ達を入学させた事を後悔させてやるぜ」
〔今日一日で全学年シメてこの学園の番長の座はいただくぜ〕
「このリゼンブールの狂犬」〔エルリック兄弟<ブラザーズ>がなぁ!!〕 わはははは

「リゼンブールってどこ?」「人口数百人 主要産物は羊毛の東のド田舎よ」
高笑いを上げるブラザーズの後ろで女子高生のバニーニャとウィンリィとてとて

〔ここだぜ兄貴!!このクラスに現・総番がいるって聞いたぜ!!〕
「よっしゃだぜ!!まずは頭から軽く潰させてもらっちゃうんだぜ!!」

オラーと勢いよく3年B組の戸を開けるブラザーズ、彼らを待ち構えていたのは
屈強なスケ番の亜々無巣斗論愚番長であった…!!

(死んだぜ!!)

3年B<ぶりっぐず>組の教室に、血しぶきが舞うのでした

[END]
0577粗筋の錬金術師垢版2017/03/22(水) 17:03:11.74ID:???
鋼の錬金術師 17巻 2007年9月11日 初版発行
掲載・月刊少年ガンガン 平成19年1月号〜4月号

作者近影・コメント

カッターの刃を
折ろうとしたら
カッター本体が折れた。

(その光景を写真にてお届け

あらすじ
エドワードとアルフォンスの兄弟は、
幼き日に喪った母を錬金術により蘇らせようと試みる。
しかし、錬成は失敗しエドワードは
左足と弟のアルフォンスを失ってしまう。
なんとか自分の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成し、
鎧に定着させることに成功するが
その代償はあまりにも高すぎた。
そして兄弟はすべてを取り戻すことを誓うのだった…。

      CONTENTS

 第66話 雪の女王
 第67話 この国のかたち
 第68話 家族の肖像
 第69話 ブリッグズの礎
0578粗筋の錬金術師垢版2017/03/22(水) 17:04:03.13ID:???
カバー裏おまけ


アームストロング家 五兄弟

長女 オリヴィエ(突然変異
次女 アム江(マッシヴ
三女 ストロング子(マッシヴ
長男 アレックス(マッシヴ
四女 キャスリン(突然変異

裏 映画のパンフレット風仕立て

 夏だ!
 劇場鋼まんがまつり!! 今年は3本立て!!

 錬金  十  戦隊
 \ハガレンジャー/
 オレのアンテナ危機!!

8月32日ロードショー!!!
前売り券第587弾!!!!!
今!前売り券を買うとハガブラストラップがもらえるよ!

同時上映
マジカル☆ピナコ 誕生!ブラックピナコの巻  君のハートをマジカルキャッチ☆(キラッ☆ミ
増田はつらいよ 今日も中央は暑いです 

本日の背表紙
先遣隊リーダーの黒人さんとスミス&レイブン中将 ああん
0579粗筋の錬金術師垢版2017/03/22(水) 17:04:38.08ID:???
P51 エドのラフ 半裸でオートメイルの接続部が露出
P89 アームストロング少将のラフ
P133 バッカニアのラフ 重装オートメイルのおかげで高い枝もらくらく切断
P177 マイルズのラフ グラサンは実は雪眼防止用

おまけ
「なめたマネしてると その頭の上のアンテナむしり取るぞ!!」
お怒りのアームストロング少将に、予備のアンテナまで取られそうでエドも震えあがるのでした

  <牛小屋日記 エスパー下村!!!編>

『鋼の』の1話からずっと担当の下村氏 今日はこの人にスポットを当ててみましょう
何がおかしいってこの担当編集者 ひとがメシ食ってる時にねらったかのように電話をかけてくる!!
なべの時も 
うどんの時も(のびる
ラーメンの時も(のびる
おやつのアイスの時も(とける
カニとか牡蠣とか焼肉の時も(ぜんぶアシに食われる
そして……友達と山梨の山奥にほうとうを食べに行ったとき……
山頂の飯屋にてうまいめしにがっつく牛さん連中 
これで担当からまた電話がきたら笑えると冗談交じりに言うアシさんだが

きちゃった☆

≪ども下村です 今どこ?何してんの?≫
「……山梨の山奥でほうとうくってます……」
≪あ、そう 仕事のファックス送っておいたから帰って見て今日中に返事頂戴≫
もう監視カメラがどこかに付いてるとしか思えない。

[終] これ書き終わってご飯食べてたらやっぱり電話来た。
0580粗筋の錬金術師垢版2017/03/22(水) 17:05:11.24ID:???
おまけ4コマ

[エドワードと魔法のランプ 3]
前回の続き どうしてもエドの身長をのばしてくれないランプの精
〔もうそれはあきらめなよ〕「あきらめられっかボケェ!!」

「しょうがない!!オレの宝物ビッ●リマンシールコレクションあげるから!!」
〔時代は神●万象チョコだよ〕
「おやつ3年分あげるから!!」
〔ボク食べられないし〕
「ええいくそ!!主役の座一日ゆずるから!!」
〔いいよそのうち自力でぶんどるから〕「え!?ちょ…ナニソレ」

〔そこまで言うならしょうがない ねがいをかなえてあげましょう〕チチンプイプイ
で、伸びました     エドの帽子が 170cmオーバーだよ、やったね!

・w・> 何か文句がおありかな?

[ハボックと魔法のボイン]
ハボック少尉、ソラリスとデートで飲みに来ています
つまみに胡桃を食べようとするが、くるみ割り機が無く…
ここはハボックがいいとこ見せようと、素手で胡桃をわって見せようとするが
ソラリスはおもむろに胡桃を胸の谷間にはさむと

「ふんv」 バキョ

「はいあーんv」 胸の谷間で、胡桃が粉々になってしまうのでした コワイ
0581粗筋の錬金術師垢版2017/03/22(水) 17:05:34.63ID:???
[今日のお父さま]
中央地下にて、今日も暗躍するお父さま フフフ
誰にも存在を知られていない 知られちゃいけないお父さま ですが

「こんちわー中央新聞でーす 新聞とってくださーい」(どうみてもエド
<や、うち新聞読まないんで…>
「だめだなお客さん! 世の中に取り残されちゃいますよ!」
<え…それは困る… うちテレビ無いし>
「今どき政治とか語れないと女の子にモテませんよ
 今なら洗剤の他に映画チケット付き!!」
<え?ホント?>


<200年分契約しちゃった>
「ドあほ!!!」 ラースに怒られました 中央地下洗剤で溢れ


読者さんから『アレックスとオリヴィエって本当にきょうだいなの?』って質問が来ました。
本当です その証拠に

少将「胸がきつくて軍服の前が空けられん」(上着はだけさせ
少佐「いやまったく」(肉体美晒し
0582粗筋の錬金術師垢版2017/03/22(水) 17:06:11.13ID:???
次巻予告

 誰が背き、

「勘違いしないで 理不尽を許してはいないのよ」
ウィンリィのその言葉に、スカーはその眼を見開く

「この国の成り立ちも 錬金術もおかしい」そう呟くエド
「私を見捨てろ」 アームストロング少将はそう命じ
「世界の変わる様を見てみたい」 どこか狂気の笑みを浮かべて、そう語るキンブリー

 罪を作るのが人間なら、罪を許すのもまた人間。

―だが堪えねばならぬ 憎しみの連鎖は誰かが断たねばならぬ―

「こんな会い方はしたくなかったな 赤い目の同胞よ」
サングラスを外し、マイルズ少佐は"同胞"に自身の正体を明かす

 誰が赦すのか!?

 弱肉強食の世界で、力を持たぬ少女が
     その一歩を踏み出そうとする。
    世界を変える事ができるのは…。

鋼の錬金術師 第18巻
2007年12月発売予定!!乞うご期待!!
0583マロン名無しさん垢版2017/03/22(水) 18:56:02.86ID:???
真ん中の姉妹雑でワロタwアームストロング家恐るべしw
しかし親から髪型指摘されて、作者がポテチあけた瞬間に苦情入れるとか、担当さん神業やん(違)
0584マロン名無しさん垢版2017/03/22(水) 22:36:58.87ID:???
とりあえずピナコばあちゃん無理すんな(何)
あとラストちゃんのおっぱいコワイ ちちびんたで死人がでそう(
0585粗筋の錬金術師垢版2017/03/24(金) 17:36:03.47ID:QiAoo1jh
夜の中央市街にて、自宅に帰ろうとするホークアイ中尉
家に戻り、扉を開くと…闇の中にギラリと輝く目の光…!
ホークアイ中尉も思わずびくりと反応してしまうが…その瞳の主はハヤテ号であった
…溜息をつきつつ明かりをつける中尉 その脳裏にプライドの言葉が頭をよぎる…

―私はいつでも貴女を影から見ていますからね―

玄関に座り込む中尉に、すんすん鼻を鳴らして近づくハヤテ号 
中尉も大丈夫と言うがその表情はどこか不安そうで…
その時突如電話が鳴り響く …僅かに躊躇しながらも受話器を取る中尉

「――――はい」
≪毎度ありがとうございます ごひいきの花屋です≫
「ひいきにしている花屋はいません!」と対応するが
≪いやすまん 酔っぱらって花を大量に買ってしまってね
 少し処分してくれるとありがたいのだが………≫
どうやら電話をかけてきたのは大佐のようでした 溜息をつくホークアイ中尉だが…
中尉の様子がおかしい事に大佐が気付く 中尉もなんでもないと返すが…
「わざわざ声をかけていただきありがとうございます」 その表情は、自然とほころんでいた

電話を終え…見上げるハヤテ号の頭を撫でながら
「…なんでこういうタイミングはいいのかしらね」 そう呟くホークアイ中尉であった
…マスタング大佐も、中尉の態度に何か不振なものを感じた様子だが…?

  <第72話 負の連鎖 正の一石>

場面は北方にてマルコーさん達と再会するエルリック兄弟に戻る
賢者の石のことを知り…おかげで色々と知ることもできた
「この国の成り立ちも 錬金術もおかしい」エドの言葉に、マルコーさんも頷く
0586粗筋の錬金術師垢版2017/03/24(金) 17:36:43.95ID:???
そして兄弟は自分達の事情として、錬丹術の可能性を求めメイを追ってきたことを話す
そんな兄弟をさすがと褒めるマルコーさん と、そこに何か鈍い音が響き
北方軍とスカーが接触した可能性がある、と兄弟が様子を見てくる
……スカーの名を聞き、ウィンリィは何かを思うが……

キメラ兵士とスカーとの戦いに場面は移る
ガマ蛙のような巨体でありながら身軽な動きで、スカーの分解術や体術をかわして凌ぐ

(ぬ…… 素早いデブ!!)

ガマ蛙のようなキメラ兵士は飛び上がりながら息を吸い、粘着性の唾液を飛ばし
さらに猪のようなキメラ兵士は背中から多量の針を飛ばす、徹底してアウトレンジでの戦いを仕掛ける

「貴様の技など肉体に触れられさえしなければ恐ろしくは無い!!
 遠距離から間髪入れず上下に攻撃を振ってやれば手も足も出まい!!」
激しい弾幕に晒されながら、スカーはその手を振り上げるが
「そして!!」狙い済ましたガマ蛙の唾液がスカーの手を捕らえる!
「状況を打開しようとする時 足場を崩しにかかるってクセもリサーチ済みだ」
唾液がスカーの手と地面に貼り付けにし、猪の針がスカーの腕を貫く
窮地に立たされるスカーだが…エルリック兄弟もその場に姿を現す
スカーは捕まっているようだが…周囲のキメラ兵の着ている青の軍服に、キンブリーのとりまきと気付く兄弟
少々面倒だが、どう対応するか…

「遅かったな 今我々が傷の男<スカー>を取りおさえて…」
「〔ギャー!!! ゲテモノ!!!〕」 兄弟力技で行きました 猪キメラぶっ飛ばし
「ななな何をする!!我々は味方…
〔こんな人間離れした味方なんか知りません!!〕(アルアッパー
0587粗筋の錬金術師垢版2017/03/24(金) 17:37:14.15ID:???
怒りのガマ蛙キメラがエドに唾液を飛ばすが、エドもそれを機敏に回避してみせる
しかしエド自身、自身の動きに少々面食らっている様子だが
そして一気にガマ蛙の眼前に肉薄し連激を仕掛ける!
スカーをも凌ぐやも知れないその速さに、ガマ蛙の表情も苦々しい物がうかぶ
……するとなんだかエドがにへっと笑い、不気味な笑い声を上げる アルも引き気味
そして高笑いを上げながらガマ蛙の唾液を縦横無尽に回避し、その顔面に裏拳ぶちこむ!!
「軽い!!軽いぞぉ!!手足が羽根のようだ!! すばらしきかな寒冷地用機械鎧!!」
笑顔でその脚を上げて光魔法カッコイイポーズを披露するエドだが、ふらついてころんだ
軽くなったせいでバランスを取るのも難しくなっている様子 
さらにガマ蛙も平然と起き上がる様子から、威力の方も軽くなっているようだ
ちょっと面食らうエドの腕に、ガマ蛙の唾液が貼り付けられる!

「ふははは!!俺の唾液はそう簡単に取れんぞ!!」
「ヨダレ!?きったね!!」(ねばー

「ヨダレってことは…」
だが腕にその唾液を付着させながらも、エドは両手を合わせつつガマ蛙の背後を取り
「分解すりゃほぼ水じゃねぇか!!」 分解させた水をその背中にぶっかけ

「くらえっ!『濡れた手で冷えた金属に触ると凍りつく』アタ――ック!!!!!」 
アル蹴飛ばし、ガマ蛙の濡れた背中にびたーん 
いきなり蹴っ飛ばされアルもお怒り 濡れたところが既に固まって動くとパリパリ音を立てる
「いでででででで!!皮膚が剥がれる!! おげああぁぁぁ!!」 ガマ蛙涙目

と、エドの眼前スレスレの柱に猪のトゲが突き刺さる!
アメストリスの兵士なんだからこっちに味方するのがスジだろとお怒りの猪
エドもエドでおめーみてーな化物知り合いにおらんと返す
味方なら証拠みせろとのエドの訴えに、猪は鼻息慣らしながらキメラ化を解除しようとするが
コノシュンカンヲマッテイタンダー!とばかりにエドのかかとおとしが炸裂!! ヒドイ
0588粗筋の錬金術師垢版2017/03/24(金) 17:37:36.46ID:???
ついでにアルの鎧に張り付くガマ蛙もきゅっと首を絞めて気絶させ
邪魔を排除したところで、スカーも腕に張り付いた唾液を分解させ復活してしまう
スカーとの連戦となるエルリック兄弟 スカーも臨戦態勢でその指を鳴らし
向かってくるエドの右腕を迎え撃ち、その腕を分解させようとするスカーだが
寒冷地仕様のエドのオートメイルを分解させることができず、その眼を見開く
エドのローキックがスカーに刺さり、間髪入れず兄弟が両手を合わせるが
スカーも地面を破壊し兄弟の体勢を崩す!一転して窮地に立たされる兄弟だが
その時、その戦いを物陰で覗くウィンリィの姿に、エドとスカーが気づき
スカーが咄嗟に踏みこみを止め、そこに兄弟の一撃が突き刺さる!!
スカーの身体を倒れこませ、腕をワイヤーとコンクリートで拘束させる事に成功する

…スカーの元にウィンリィが駆け込もうとするが、その肩をマイルズ少佐が掴む
倒れたキメラ兵士を見て、北方軍兵も困惑する…来ている軍服から中央の兵士とマイルズ少佐が気付き
〔キンブリーのとりまき?〕「気付かなかったなぁ!」 しれっと言ってのける兄弟
「安心しろ 私達にウソはつかなくていい
 アームストロング少将も私達も君達の味方だ」
〔え? レイブン中将側に付いたんじゃ…?〕
「そのレイブン中将が行方不明になってしまってな 困ったものだよ」
マイルズ少佐もそう言ってのける …そして同族…スカーにその銃口を向けるマイルズ少佐
だが、そこにウィンリィがスカーの前に出る…!

「話……させて ちゃんと向かい合って話したかった」
なぜ両親を殺したのか、スカーに向けそう問うウィンリィに、スカーの答えは…
「………何を言っても言いわけにしかならん
 己れがロックベルという医者夫婦を殺したのは事実だ
 この件に関しては何を言う資格も己れには無い
 だが娘よ おまえには己れを裁く権利がある」

……スカーの答えにウィンリィは……側にあった布を破り、スカーの腕の傷口を塞ごうとする
「父さんと母さんもたぶんこうしただろうから
 父さんと母さんが生かした命だもの 何か意味があるんだと思う」
「己れを…許すと言うのか」 
0589粗筋の錬金術師垢版2017/03/24(金) 17:38:18.12ID:???
「勘違いしないで 理不尽を許してはいないのよ」 
気丈にそう答えるウィンリィの姿に…スカーの脳裏にはかつての師父と、彼の兄の言葉が浮かぶ

―耐えねばならんのだよ
 勘違いするな 『耐える』と『許す』は違う
 世の理不尽な出来事を許してはいかん 人として憤らねばならん
 だが堪えねばならぬ 憎しみの連鎖は誰かが断たねばならぬ
 怒りのままに流されればそれは獣・畜生と同じ
 たとえ世界の全てがイシュヴァール人を否定しようとも 我々は『人間』なのだ
 獣の道に堕ちてはいかん―

―負の感情が集まれば世界は負の流れになってしまう
 逆に正の感情を集めて世界を正の流れにする事もできる―

……ウィンリィの応急処置を受けながら、その言葉を思い出すスカー…
ウィンリィは心配そうな兄弟に、大丈夫と笑顔を見せてくれたが…
それでも、エルリック兄弟のスカーに対する憎しみはそう簡単に晴れるものではない
エドの言葉にスカーは僅かに目を伏せ… マイルズの言った『同族』との言葉に言及する
マイルズ少佐もサングラスを外して自らの赤い目をさらし「こんな会いかたはしたくなかった」とスカーに語る
…なぜイシュヴァールの血を引く者がアメストリスに加担するのか、スカーの問いにマイルズは答える

「この国の内側からイシュヴァール人に対する人々の意識を変えるためだ」
「…そう易々と人の心が変わるとは思えん」
「そうだ いつまでかかるかわからん だが混血の私だからこそできる事があるだろう
 この身はアメストリス国軍の中に投じられたイシュヴァールの一石であろう
 投じられた小さな一石の波紋はやがて大きな輪になる
 そして軍に一生を投げ込む価値がある事を気付かせてくれたのは 皮肉な事に生粋のアメストリス人だった」
マイルズ少佐の言葉に、スカーは暫し黙し…
「…己れはあの内乱で生まれた憎しみという名の膿だ 神に祈る事も省みる事もしない
 膿は膿らしく神に救われず 腐り ドブの中に消えるのが似合いなのだろう

 貴様のような奴がいてくれてよかった」
0590粗筋の錬金術師垢版2017/03/24(金) 17:38:56.34ID:???
スカーを確保し、本部に応援を要請するマイルズ少佐
しかしどうも天候が荒れ気味になって来たようだ キンブリーは兵士達に急ぐよう命じる…

どんな事情にせよ、軍に属するマイルズはスカーを見逃すわけには行かない
ウィンリィにはまたキンブリーに捕まるわけにも行かない 早めに身を隠すよう勧めるが

「ま…待ってくれ!! その男を連れて行かないでくれ!」
そう頼みながら現れたのはドクター・マルコーであった

・・・
暫くして、スカーを確保するビルにキンブリー隊が到着するが
突如ビルの一角に爆発が起こる!? さらにビル内からエドが滑り込んできた
「……っ!!キンブリーてめぇ!! なんで本部でちゃんとウィンリィを見てなかった!!」
キンブリーにそう食ってかかるエド …そのビルの屋上には、ウィンリィを抱きかかえるスカーの姿があった

<続く>
0591マロン名無しさん垢版2017/03/25(土) 07:31:05.37ID:???
むむ…つまりこれはあれか
ロス少尉が軍にやられた責任の押し付けをキンブリーにしてやる感じかね
0592マロン名無しさん垢版2017/03/25(土) 19:18:53.05ID:???
相性勝ちもあるけどこのキメラ二人つえーな
スカー相手にここまで圧倒するか
0593粗筋の錬金術師垢版2017/03/26(日) 17:16:34.15ID:AQEp2x4s
トンネル内の暗闇の中、手探りながらようやく入り口までたどり着けた様子の救出隊
明かりをつけていきなり見えたバッカニア大尉のいかつい顔に兵士も思わずびっくり
それはともかく、既にタイムリミットの24時間は過ぎてしまっている 出口が封鎖されているのは確実か…

「しょうが無いですよ ランタン消して手探りで戻るしかなかったですから
 なんせ『明かりをつけたら影の化物が来る』の一点張りだったからな」

ひとまず梯子を上っていくバッカニアだが、開けてくれるかは望み薄であろう…
……しかし、梯子を上っていくバッカニアを、要塞内から入り口をあけその帰還を歓迎する
バッカニアも24時間立ったら穴を塞ぐ命令ではなかったのか、と兵士に問うが

「はぁ しかし…この時計じゃ24時間経っていないので」
「…………壊れてるぞそれ」
「あれー?おっかしいなぁ
 ちなみにこの時計ね アームストロング少将が貸してくれたんだけどね」

兵士はしたり顔でそう言ってのけるのだった

…ブリッグズ要塞の最上部に佇む少将に、帰ってきたバッカニアが声をかける
互いに軽口を交えつつ生存者の報告をし、何をしていたのか問うバッカニア
「うん 山を見ていた
 ブリッグズの冬は良いな 白と黒しかない 非常にハッキリしていて好きだ」
「―――そうですか?ごらんください」と、バッカニアが上を指し
「見上げれば青もありますぞ 人の心も白と黒だけではありませんな
 このたびはお情けをかけていただきありがとうございます」
そう言ってバッカニアはアームストロング少将に笑顔を見せる
そんなバッカニアに「さあ なんの事か知らんな」口端を僅かに緩めそう返す少将であった
0594粗筋の錬金術師垢版2017/03/26(日) 17:17:02.50ID:???
…頂上部から下を見上げると、なにやら車が数台こちらに向かってくる
車から降りた軍人達は中央軍を名乗り、アームストロング少将に用があると言うが…

  <第73話 白昼の夢>

と、ここで場面はキンブリーがスカーを捕らえるビル前に到着する少し前にさかのぼる

「話をまとめよう
 まずマルコーがここにいる事を知られてはいけない
 研究所解読のため 傷の男<スカー>もここで捕まる訳にいかない
 ロックベルのお嬢さんが中央の人質から解放されなければならない
 これらにエルリック兄弟が加担している事を知られてはいけない…」

ついでにメイの身柄をマイルズが確保するよう命じられてるといわれてメイちゃん警戒
「…安心しろ 手厚く迎えろと言われている」 オジサンはこわい人じゃないヨ
そういう訳で全員まとめてブリッグズ砦で匿うのが得策であろうが
スカーまで匿うことにエドが反発するが、メイにパンダけしかけられた
事はブリッグズだけでは無い、アメストリス全土にまで及ぶ何かが起きようとしている
放っておくことはできないとマイルズ少佐も語りながら

「傷の男<スカー>よ 我々に協力するなら裁きは後に延ばそう どうだ?」
「……どうだも何も選択の余地無しと言ってるようなものだろう 協力を約束しよう」
「偽り無いか?」

「イシュヴァールの血にかけて だ 赤い目の同胞よ」

「―――という訳だ すまないお嬢さん この者の裁きはしばらく待ってくれ」
0595粗筋の錬金術師垢版2017/03/26(日) 17:17:23.08ID:???
…と、そこに縛られていたキメラ兵士も目を覚ます
目覚めたキメラ兵士を始末するよう命じるマイルズ少佐だが、それをアルが止める
殺さないですむ方法は無いのか、ブリッグズ兵を説得しようとするアルだが…
余計なお世話だ、とキメラ兵士はそんなアルを嘲笑うかのように、くたばり時と言い放つが

〔おじさん達 家族とか大切な人はいるの?〕
「いるさ」「だがこの身体になった時に我々は死んだ事にされた 以来会っていない」
〔会いたいと思わない?〕
「会いたいがしょうがないだろ このナリじゃ」
〔へえ じゃあもう元の身体に戻りたいと思わないんだ?
 その身体で満足しちゃってるんだね〕
その言葉に、さしものキメラ兵士もカチンと来てしまい
「戻りたいに決まってんだろが!!」 そう叫ぶが

〔 そ れ が 答 え だ ろ 〕 キメラ兵士に向け、そう突きつけるアル
〔『どうせ』とか『しょうがない』とかあきらめないでよ!
 枯れた事言わないでよ!!元の身体に戻れる可能性を探りもしないで!!〕
「貴様に我々の何がわかる! この身体の
〔わかるよ こんな身体だからね〕
そういってアルは自らの兜を外し、がらんどうの肉体を露わにさせる
…その姿にキメラ兵士も絶句し、ブリッグズ兵も面食らう
アルの身体に、元の身体など絶望的じゃないかとキメラ兵士も言うが

〔絶望なんかしない 希望にすがってすがって…やっと元の身体に戻る糸の先を掴んだ
 この先何年かかろうとボクはあきらめないよ
 だからいい大人が簡単にあきらめるとかいわないで〕
0596粗筋の錬金術師垢版2017/03/26(日) 17:17:57.58ID:???
そうこうしているうちに外の天候がますます荒れてくる
窓の木板を吹き飛ばす暴風に、これ以上荒れたら街から出られなくなると少佐に言う兵士
今ある装備では雪中行軍は無理がある 一行を匿おうにも町の外に出る方法が無いが…
「ここ鉱山の町だろ 地下坑道を行けばいいじゃないか」 ヨキさんがあっさり解決法を示してくれた
ヨキさんの言ではこれだけ大きな町なら山一つ越えた所まで坑道が繋がってるはずだと言う
地図を出して確認してみると、確かに山の向こうまで坑道が繋がっている
おまけに出口はブリッグズ砦に近い位置 うまくキンブリーを足止めできれば先に砦につける筈
マイルズ少佐の書留をマルコーに渡す ブリッグズ兵に会えばこれを見せれば事情を知ってくれるであろう
…後の問題はウィンリィと兄弟の件をどう誤魔化すか…
猜疑心の強いキンブリーにハンパなことをすれば逆に危険であるが…

「…自分で言うのも言いにくいんだけど…
 あたしが傷の男<スカー>に人質にとられてる所を見せるってのは…どう?」
「…て事はこいつを解放して…」
「傷の男<スカー>はあたしを抱えて逃げるのをエド達が必死で止めようと… …ってシナリオ」
当然ながらエルリック兄弟猛何発するがこちらも命がけで無ければにげ切れないと反論するウィンリィ

「あたしの事当事者だって言ったでしょ!? あんた達だけで全部抱えないでよ!!」

じきにキンブリーもやってくる、さらに吹雪も酷くなって来た
はやいとこ決断しないとここから一歩も動けなくなってしまう
苦悶の表情でウィンリィを睨むエドに、彼女も気丈にその決意を固めた様子で…
「事を成すには情を捨てるのも必要って…… こういう事かよフーじいさん…!」
0597粗筋の錬金術師垢版2017/03/26(日) 17:18:23.20ID:???
叫びながらもエドは苦渋の決断を下し、スカーを解放する
そこにガマ蛙のキメラ兵が、逃げるなら我々も連れて行って欲しいと訴える
たとえ生きて帰っても、キンブリーは失敗した部下に容赦はしない 戻ったとしても殺されるだけだろう
それに元の身体に戻れる可能性があるのなら諦めたくは無い、と言うキメラ兵
さらにドクター・マルコーの、この国が滅ぶ可能性があるという話にキメラ兵も驚愕
事によっては二人のキメラ兵は幾らでも協力すると、詳しい話を求め……

脱出準備を整え、スカーに一芝居頼むとマイルズ少佐が言って
「誓いは守れよ イシュヴァールの血にかけて」 その言葉と共に、敬礼を向ける
…と、その前に兵士がウィンリィの耳のピアスに気付く 外さないと耳が凍傷になるとのことで
外したピアスをエドに預け、砦で待ってると再会を約束する二人であった

……そして、場面はビルの上のスカーを見上げ、対峙するキンブリーに戻る
初めて会ったときとは逆に、今度はスカーがキンブリーを見下し
「私を見下ろすな…!!」 怒気をはらんだ形相でそう呟くキンブリー
キンブリーの胸倉を掴み、ウィンリィを奪われた責任を押し付けるエドとマイルズ少佐だが
……キンブリーは手袋を脱ぎ、その両手を合わせんとする…!?
だが咄嗟にエドがその両手を掴み、キンブリーの錬金術を阻止し
そしてスカーはビルの一角を破壊して瓦礫をキンブリー達に降り注がせる
吹雪と瓦礫に紛れ、スカーを取り逃してしまうキンブリー
…吹雪の中、マイルズ少佐が小声でエドに話しかける

「迫真の演技だったな」
「演技どころじゃねぇよ 
 傷の男<スカー>なんかにウィンリィの命を預けなきゃならなかった
 オレの不甲斐なさにマジで肚わた煮えくりかえってる!」

…肚わたが煮えくり返る思いなのはエドだけではない
キンブリーもまた、吹雪の中険しい表情で立ち尽くし、その形相を鋭くさせる…
0598粗筋の錬金術師垢版2017/03/26(日) 17:19:06.34ID:???
スカー達一行が廃坑跡にたどり着き、ヨキさんから坑道の進み方を指南されつつ
マルコーがウィンリィと話をする イシュヴァールでのロックベル夫婦の噂はマルコーの耳にも届いていたようで
流石はあの夫婦の娘さん、とウィンリィの胆力を褒めるマルコー
しかしウィンリィ自身、こんな事になってしまいいつ帰れるかわからなくなってしまった
ラッシュバレーで待たせている客や師匠にも連絡を取れずじまいで…責任を感じるウィンリィ
ウィンリィの言葉に、メイも俯いてしまう 彼女も国の一族が待っている立場なので…
と、ヨキさんが坑道の係員詰所を見つけ声を上げる 中をあさると坑道の詳細な地図を発見
複雑そうな地図もあっさり抜け方を示しヨキさん大活躍
……その後ろではマルコーがメイちゃんに賢者の石の事は良いのか聞くが
人の命を糧に作る代物だと知り、俯いた様子で賢者の石は作りたくは無い、と洩らす

「生きてる人々を犠牲にするわけにはいきませン
 石ではなく方法を持ち帰ったとしても皇帝陛下は遠慮なくそれを使うでしょウ」
0599粗筋の錬金術師垢版2017/03/26(日) 17:19:35.63ID:???
と、そこにヨキさんが思ったより早く山の向こうに抜けられそうだとマルコー達に言う
マルコーも研究書を読み解けばメイのほしい情報が見付かるかもしれない、と涙ぐむメイを慰めてくれた

その頃バズクールにて吹雪で足止めされている軍たち 
キンブリーの部下であるザンパノとジェルゾが戻ってきてないようで
スカーにやられたか二人も吹雪に足止めされていると推察するダリウス
とはいえこの吹雪ならスカーも動けないはず 今のうちに探索隊の手はずを整えるようキンブリーに進言する兵士

(まったくもってこの吹雪には助けられたな
 キンブリーの動けない今のうちに砦に辿り着いてくれよマルコー)

そう思案するマイルズ少佐だが、そこにブリッグズから通信が届けられていると報告が上がり
……その報告を受け、マイルズ少佐はエルリック兄弟を呼び出す

「まずい事になった アームストロング少将が中央に呼び出しを喰らった
 砦にも中央の者が多数入ってきているようだ」
恐らくはキンブリーの差し金であろう 
…だが、少将がいなくなるとすれば代わりに大総統の息がかかった指揮官が配置されるかもしれない
そうなってはみすみすウィンリィ達を敵の手中に送るはめになってしまう
ウィンリィたちに連絡を取ろうにも吹雪の中ではその後を追う方法が無い…

〔……あるよ 方法 疲れを知らない身体を持ってて凍え死にもしない人間がひとり〕

そう言って、アルが自分の身体を指すのであった

そういう訳でアルが単身ウィンリィ達を追いかける 3メートル先も見えない猛吹雪にアルも声を上げる
吹雪の合間合間を縫って目印を確認しつつ先へと進むアルだが 真っ白な猛吹雪の中

突如、アルの眼前に『アル』の肉体と真理の扉が現れる…!?

『アル』が、アルにその手を伸ばし、アルもその手を掴もうとし
アルの兜に浮かぶ目の光が、次第に消え・・・
0600粗筋の錬金術師垢版2017/03/26(日) 17:20:37.36ID:???
〔…っ!?〕気が付けば、アルは猛吹雪の雪原の中に戻っていた
〔なんだ… 今の… ボクの肉体…!?なんで……〕

―元々別だった物同士だ 反発して当然だわな―

〔本来魂が入っていてはいけない身体… 拒絶反応…… ボクの肉体が……魂を引っぱってる…?〕
頭を抱えながらも、アルはウィンリィ達を追い先へと急ぐ…
0601粗筋の錬金術師垢版2017/03/26(日) 17:20:57.87ID:???
…ところ変わり中央地下、お父様の下にて…
<エドワード・エルリック アルフォンス・エルリック そして…ヴァン・ホーエンハイム>
五角形の角に駒を立てるお父様 イズミ・カーティスも可能性ありと、駒を寝かせ
<あと…ひとり> 五角形に目をやり、お父様はそう呟く…

<続く>
0602マロン名無しさん垢版2017/03/26(日) 21:25:38.51ID:???
まさかのヨキさん活躍回
そしてアルはやばいフラグが立ちはじめてきたか
0603マロン名無しさん垢版2017/03/27(月) 06:08:17.06ID:???
スカーはもう完全に味方サイドと見ていいのかね
最後の方でキンブリーと再戦する流れかしら
0605マロン名無しさん垢版2017/03/27(月) 21:16:07.14ID:???
バッカニアとアームストロング少将にちょっと2828ものですわ
というか大佐と中尉とはまたちょっと違った関係でいいなあw
0606粗筋の錬金術師垢版2017/03/28(火) 17:00:55.84ID:Htl57dhm
鋼の錬金術師 18巻 2008年1月22日 初版発行
掲載・月刊少年ガンガン 平成19年5月号〜8月号

作者近影・コメント

\ヒロムチャンノバーカ/ \バーカバーカ/
「バカって言うほうがバカなんです―――っ!!!」(#
小学生低学年の子供と同レベルでケンカする30代

甥っ子姪っ子が私に向かって
あんまりバカバカ言うもんだから
「バカだから仕事もしないで
 マンガばっか描いてんですよー」と
反論したら、
「そうか!!」ってすごく納得された。

あらすじ
エドワードとアルフォンスの兄弟は、
幼き日に喪った母を錬金術により蘇らせようと試みる。
しかし、錬成は失敗しエドワードは
左足と弟のアルフォンスを失ってしまう。
なんとか自分の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成し、
鎧に定着させることに成功するが
その代償はあまりにも高すぎた。
そして兄弟はすべてを取り戻すことを誓うのだった…。
0607粗筋の錬金術師垢版2017/03/28(火) 17:02:09.82ID:???
      CONTENTS

 第70話 始まりの人造人間<ホムンクルス>
 第71話 紅蓮の男
 第72話 負の連鎖 正の一石
 第73話 白昼の夢

カバー裏おまけ


 金岡 の金東 金 術師
 ↑    ↑   ↑
 1     2    3

「このマンガってタオトルに『金』の字が3つもはいってんのな」
「リッチなかんじねv」

〔金…金…金か…(ボソリ
 世の中しょせん金・金・金!!子供に夢を与えるマンガまで金まみれかよ!!
 絶望した!!!資本主義のブタどもめぇええええ!!!!!〕 (ダッシュ
「ナニゴトーッ!?」「色々と考える事の多い年頃なのよ…」


<もしもヨキさんが人体錬成したら>

「手でも足でも心臓でも くれてやるッ!!さぁもってけ―――――ッ!!!」

【  】 E.髪の毛

ソレ
髪だけは 持ってっちゃだめだろ・・・・・・・・・(ハゲさん茫然
0608粗筋の錬金術師垢版2017/03/28(火) 17:02:34.25ID:???
本日の背表紙
死亡者なし

P49  スロウスのラフ
P91  セリム(プライド)のラフ
P137 ブラックハヤテ号のラフ かたつむりの姿をふしぎそうにみつめ

おまけ4コマ

[忠犬ブラ八]
闇夜の影からホークアイ中尉を見張るプライドの影 
薄笑いを浮かべる影…… と、そこにハヤテ号がとてとて電柱の側の影によって
そこにあった影のお口にマーキングじょー 悲鳴を上げるプライドの影
ついでにざりざり砂もかけてあげました


白いスーツのキャラって"変態"ってイメージがあります。(キンブリー指し
なんでだろう 牛さんも首をかしげ
0609粗筋の錬金術師垢版2017/03/28(火) 17:03:10.53ID:???
次巻予告

それは、まどろみの中で見た夢なのか。思い出す物語の始まりは
闇の中から呼ぶ声に気付いたところから…。

【ヴァン・ホーエンハイムでどうだろう】
エドによく似た青年を、そう名付ける何者か

「不老不死 できるのかできないのか」
老齢の皇族と思わしき人物が、何者かにそう問いかけ…

 冥 き 闇 よ り 最 初 に 生 ま れ た の は …!?

 ホ ム ン ク ル ス
【『フラスコの中の小人』―――とでも呼んでもらおうか】

フラスコの中に入れられた球状の何かが、不気味な笑みを浮かべていた…


鋼の錬金術師 第19巻
2008年春発売予定!!
乞うご期待!!
0610粗筋の錬金術師垢版2017/03/30(木) 17:06:09.41ID:0IwONW2Q
冒頭、エドがキンブリーの扱う錬金術についてブリッグズ兵たちに指南
彼の右手には下向きの三角に太陽、左手に上向きの三角の月 すなわち陽と陰の属性を持ち
上下の三角を組み合わせヘキサグラムを形作る これは4大元素の全てを含む記号を表す
それらから、キンブリーは左右の手のひらを合わせる事で発動するタイプの錬成陣だとするエド

「という事は片手だけ封じればどうにかなるのか?」
「……と思いたいんだが あの野郎賢者の石を持ってる それがやっかいなんだよなぁ……」

         ホ ム ン ク ル ス
 <第74話 フラスコの中の小人>

ブリッグズ砦では、中央から派遣された兵士達がレイブン中将の行方を問いただしている様子
だがその問いに兵士達は皆白を斬るばかりであった
同じ頃中央に呼び出されたアームストロング少将は、大総統府でマスタング大佐と遭遇
露骨に敵意を露わにする少将とそれに対抗する大佐 あたりが微妙に緊迫した空気になる
気を取り直して、少将にどうかしたのか問う大佐 大総統閣下に呼ばれて来たと答える少将に

「ではぜひ一度一緒に食事でも」
「おごりか? 貴様が破産するまで食べていいなら行ってやるぞ」
「……食事はあきらめます;」「なんだ肝とサイフの小さい男だな」

ではせめて似合いの花でも贈りましょう、と笑顔で別れる大佐
「セントラルには良い花屋が多いですから」
少将も軽く手を振って、大佐と別れるのであった

……大総統と対峙し、レイブン中将の件について問われるアームストロング少将
…一目見て、騙しきれないと察した少将のとった行動は、正直に打ち明けることであった

「閣下ともあろうお方があのような粗忽者を傍に置いておられるとはどういうことでしょうか?」
「始末したのかね?」
「要らんでしょう"あれ"は あのような口先だけの口の軽い輩がいては閣下のためになりません」
0611粗筋の錬金術師垢版2017/03/30(木) 17:06:48.82ID:???
レイブン中将が語ったこの国の様々な真実、それを知った上でアームストロング少将は大総統の呼び出しに応じたのだ
そして大総統に「あの阿呆の座っていた席を私にください 閣下」平然とそう言ってみせる
その言葉に大総統も高笑いを浮かべ、その瞳を妖しく輝かせアームストロング少将の眼前に立つ

「よろしい! 君に席を与えよう 代わりにブリッグズ砦は私の手の者が治めるがいいな?」
「どうぞご随意に 手塩にかけて育てた屈強な兵達です
 必ずや閣下のお気に召すことでしょう」

…そして、アームストロング少将は自ら虎の穴へと足を踏み入れるのであった…

そんな話をブリッグズの兵達もしていた様子
「虎穴に入らずんば虎子を得ず 少将は自ら虎穴に入られましたか」
「ああ ブリッグズもじきに中央のお偉いさんがトップに据えられるだろう」
「―――だがやつらはブリッグズ兵を知らなすぎる
 真の主が不在でも動揺せず ひとつの意志の元に動く事のできる巨大な一枚岩…それがブリッグズ砦」
「ここからは虎と熊の食らい合いよ」 バッカニア大尉がオートメイルの腕を握り締め、そう呟くのだった

その頃、食堂にてお食事中のホークアイ中尉 その前にマスタング大佐が同席する
何か嫌な事でもあったのか聞いて見る大佐だが、中尉は頬に冷や汗を浮かべつつ何もないと返す

「お仕事は最近どうですか?」
「見ての通りだ 有能な部下がいなくなってしまったのでね
 食事中もやっておかないと追いつかん そっちはどうだ」
「覚えることが多くてそれなりに忙しいです でも閣下は仕事が速いので助かりますよ
 何よりサボりませんし さすができる殿方は違いますね」
「………面白くない話になりそうだ」#
今度一緒に食事でも、とホークアイ中尉を誘おうとする大佐だが
食事なら今やっていること、と遠まわしに断られた 今日はこれで二連敗と大佐もため息
先ほどアームストロング少将にも断られたとの言葉に …中尉は何かを思案し
北と言えば、と話を始め…何かを合図するようにカップでテーブルを2回軽く小突く
…それを了解したようにマスタング大佐も手にしたペンでテーブルを2回小突いた
0612粗筋の錬金術師垢版2017/03/30(木) 17:07:11.64ID:???
「北と言えば 傷の男<スカー>が今北にいるとか
 たしかエルリック兄弟も北ですよ
 北には今同期のルーシーと
 アイザックがいて色々教えてくれます」「へえ…そういえばもうすぐ北との合同演習があるな」
「もうそんな時期ですか マイルズ少佐と
 バッカニア大尉の隊には何度もしてやられましたよね」
「私は戦闘よりも髪型で強烈に覚えてるぞ あの頭で寒くないのかあの二人」
「私の友達のレベッカって知ってますか」 「あああの黒髪の」
「アームストロング少将に気に入られて嬉しそうでしたよ」
「そういう君なんて特に気に入れられてるだろ?」
「ダブも
 ライザンガーも
 エドガーも…
 ヨークも声をかけられてましたから私だけ特にって事は無いと思います」
「この私には辛辣な言葉しかくれないぞあの女王様」
「あとアイダと
 シュガーも声をかけられてました」「…私はあいつら以下か…」
「北での合同演習は最悪でしたね」「真冬にやるなって話だよな」
「ハボック少尉が凍傷になりかけて大騒ぎでしたよ
 冬季演習のたびにオスカーと
 マイクが文句たらたらですよ」 「そりゃそうだ 誰だって寒いのは嫌だ」
「炊事係のユニを覚えてます?
 狙撃手のノラを連れてって見事な鹿を獲って来ました
 美味しかったですねぇ チャーリーに横取りされて
 ユニの口には入らなかったらしいですけど」
「それはあいつが悪い 『油断すれば食われる』は北のルールだろ」
「そうそう それでルーシーはいつも食事一番乗りでしたね」
「あいつ見るたび太ってくよな ブレダといい勝負だ」
「ユニが『これ以上ブタになったら食材にする』って冗談で言って…」
「いやぁあのケンカは見物だった!」
「見てたなら止めて下さい 仲裁に入ったスターリングがとばっちりで入院したんですよ?」
0613粗筋の錬金術師垢版2017/03/30(木) 17:09:23.83ID:???
傍から聞けば、単なる近況報告と思い出話に花を咲かせる二人であるが…
ため息をつきながら、カップでテーブルを1回小突く中尉 大佐もそれに応え
「―――と、ムダ話をしている場合ではありませんでした 仕事に戻りますのでこれで」
中尉と別れて、仕事を再開する前に先にトイレを済ませる事にするマスタング大佐

……トイレの中で、マスタング大佐はホークアイ中尉からの話に伏せられていた暗号を解読中
それぞれの人物の名前の頭文字を繋げて行き…次第に、大佐のその表情が青ざめていく…
0614粗筋の錬金術師垢版2017/03/30(木) 17:09:47.48ID:???
その頃ダブリス、イズミ師匠の肉屋では…中央の軍人がイズミ師匠を尋ねてくる
大総統の使いだと言う軍人達だが、メイスンは今カーティス夫婦は旅行で留守にしていると対応
その高圧的な態度にメイスンもいぶかしむが… その近くの屋上では大総統の名に何者かが反応する
その人物は、デビルズネストの生き残り、ビドーだった
今日のところは帰る、と軍人達は車に乗って帰っていくがその車の底部に張り付くビドーの姿があった

大総統府地下をうろつくグリードが、ふと黒スーツを着込んだ少年、プライドに気付く
「おやま ここに来るとは珍しいな プライドさんよ 親父殿は?」
「就寝中のようです」
「へぇ…これまた珍しい」
配管を繋いだ椅子に座りうたた寝気味の様子のお父様……




そして、はるか古代の記憶がお父様の夢として思い返される…
0615粗筋の錬金術師垢版2017/03/30(木) 17:10:13.34ID:???
とある賑やかな様子の街並み 家の中の掃除をする一人の少年の姿があり…
【少年 そこの少年】 
掃除中に聞こえたその声に、少年が振り返る …その姿は、どこかエドに似た雰囲気であった
…しかし声はすれど人影はどこにも無く… 掃除再開する少年

【あ 無視したね こっち も少しこっち ここだよ ここ】

フラスコの中に入っている球状の闇が、少年に声をかけていた
…しかしその相手に少年動じることなくあとにしてくれと連れない態度

【君ね ちょっと驚くとか珍しがるとかしたらどうかな】
「驚いたら何かくれんのか」
【ふーむ 物怖じしないのは気に入った 君の名前は?】
「二十三号」【ニジュウサンさん? 数字ではなく名前を教えてくれよ】
「そんなもの無ぇよ ドレイだもん」
【奴隷… 『権利や自由は与えられず他人の所有物として譲渡・売買される人間』の事か】
「? ジョウト?」
【『財産・権利など他人に譲り渡す事』    君頭悪いんだな】「ほっとけ!!!」#

…その球はなぜこんなのから私が生まれたのかさっぱりわからんと洩らす
どうやらその球は二十三号の血から生まれでた代物だとの事で
球はお礼代わりに名前を挙げようなどとのたまう

【立派なのがいいだろう そうだな…うーむ
 テォ……テオフラストゥス・ポムパストゥス…ヴァ…】「長ぇよ」【えー】

【それじゃ ヴァン… 『ヴァン・ホーエンハイム』でどうだろう】

それくらいなら覚えられそう、とする二十三号…改め、ホーエンハイム
名前の綴りを教えようとするが、ホーエンハイムは識字の知識が無い そんなものが無くても仕事はできる、と言うが…
0616粗筋の錬金術師垢版2017/03/30(木) 17:10:57.47ID:???
【それじゃいつまでたっても今のままだよ 自由と権利が欲しくはないか ホーエンハイム
 人間としての権利を手にしないまま 奴隷で一生を終える気か?
 他人の所有物として自由を奪われ 広い世界を知らぬまま檻の中で朽ち果てる気か?
 それでは息苦しいフラスコの中にいるのと同じだ
 知識は何よりの宝になる そして重荷にならないいきていくための力だ
 君を奴隷の身から救ってくれる手段になるだろう

 知識を与えてやろう ヴァン・ホーエンハイム】

……そういい放つ珠の言葉に、物怖じしなかったホーエンハイムも僅かに動揺が浮かぶ…
そして「……おまえはなんだ? なんと呼べばいい?」 との言葉に、球はその闇をゆらめかせ…

 ホ ム ン ク ル ス
【『フラスコの中の小人』―――とでも呼んでもらおうか】

そう名乗り、闇の球は不気味な笑みを浮かべるのだった…


…ここで場面は暗号を解読していたマスタング大佐の側に戻る
解読した暗号の内容は、マスタング大佐に衝撃を与える
その内容は、即ち 『セリム・ブラッドレイはホムンクルス』 という代物…

……その事実に、大佐はいつぞやアルが言ったグリードの言葉
『ありえないなんて事はありえない』という言葉を思い出すのだった

<続く>
0618マロン名無しさん垢版2017/03/30(木) 23:12:03.11ID:???
次回はクセルクセス編がくるな
黒玉ホムの「えー」がちょっと和んだw
0619マロン名無しさん垢版2017/03/31(金) 06:32:23.38ID:???
素直に考えれば二十三号が後のエド達の親父で黒玉が後のお父様なんだろうけど
知識とともに力や野心を得たホーエンハイムが名を捨てて「お父様」となり
黒玉がそれを止めるために肉体と彼の捨てた名を得て「ホーエンハイム」となる
っていうのはちと捻りすぎですかね
0620マロン名無しさん垢版2017/03/31(金) 06:51:56.89ID:???
ホーエンハイムがクセルクセス人というのは予想通りだが奴隷身分だったとは
ていうかホムンクルスが名付け親だったのかよ
0622マロン名無しさん垢版2017/03/31(金) 20:13:06.63ID:???
そういえばプライドの影って真理の扉の手に似てる気がする
真理と黒玉とプライドの関連も気になるところだ
0624マロン名無しさん垢版2017/04/01(土) 15:47:22.67ID:???
「始まりのホムンクルス」って台詞は今回のまりもと同一の存在だって示してる気がする
そもそもお父様とプライドは別人なのか?
0625マロン名無しさん垢版2017/04/01(土) 16:01:39.45ID:???
黒玉がホーエンハイム唆して賢者の石作らせてそれをゲットするとともに肉体を錬成、
んで自らの核となってる賢者の石を分けてそれを核にしてホムンクルスを作成、って流れなのかな?
その際に黒玉部分と賢者の石を融合させたのがプライドとか。
0626マロン名無しさん垢版2017/04/01(土) 17:15:18.07ID:???
こいつを作った錬金術師、つまり親父のご主人様がお父様だろ
0627マロン名無しさん垢版2017/04/01(土) 17:18:28.17ID:???
なんであれホーエンハイムの過去をやってくれるのは個人的に嬉しい
0628粗筋の錬金術師垢版2017/04/01(土) 17:30:34.08ID:0neJb0IC
冒頭、若いときのホーエンハイムが奴隷仲間達に字を教えてあげていた
ホーエンハイムの教えは奴隷仲間にも好評のようで
いつの間にどこでそんなの覚えたのか聞かれるが、ホーエンハイムは笑顔で秘密と返す
と、そこにサボってると思ってたのかご主人が怒鳴り声を上げるが
……地面に書いていた字にご主人が気がつく
「…おまえ文字が書けるのか?」「はぁ…まあ読み書き計算はひと通り」
その言葉にご主人も目を丸くし…、それだけでなく錬金術もちょっとかじっていると語り
ホーエンハイムは自分を助手にどうかと、ご主人に売り込むのだった

  <第75話 クセルクセス最期の日>

それから月日はたち、いっぱしの錬金術として成長したホーエンハイムの姿があった
とはいえまだまだご主人様の腕前には程遠いとの事で
…夕陽が沈む中、ホーエンハイムは『フラスコの中の小人』に感謝の言葉を述べる

「知識をくれたおかげでこうしていい暮らしができてる 奴隷だった頃が懐かしいよ」
【なんの 礼を言うのはこちらの方だ
 私がこの世に生まれる事ができたのは君が血をくれたからだ 言い換えれば親だな】
「まだ家庭も持ってないのにもう子持ちか俺は」
【家庭ねぇ… 人間は不便だな
 そうやってコミュニティーを持って繁殖せねば種を存続できない】
「繁殖とか言うな; おまえから見たらバカバカしいかもしれないけどよ
 家族とか仲間とかそういうものに幸せってのがあったりするんだよ俺達人間は」

…ふとホーエンハイムは、『フラスコの中の小人』の幸せは何か聞いて見ると
贅沢は言わないけどこのフラスコから出ることができれば幸せと答える
その名のとおり、彼(?)はフラスコの中から出ると死んでしまう身だから

と、ご主人のほうが『フラスコの中の小人』に用があるとの事で、フラスコをもっていくご主人
どうやら国王が話があるとのことだが…?
0629粗筋の錬金術師垢版2017/04/01(土) 17:30:57.90ID:???
【不老不死? はぁ…どうして権力と栄華を極めた奴はそっちに行くのかねぇ…】
どこか小ばかにした様な『フラスコの中の小人』に、王の臣下達は口を慎めと怒りを露わにする
無礼を働けばそのフラスコを叩き割ると脅すが
【へえ 言うねえ 君達たまたま偶然この私を造る事ができたのに
 ここで私に何かしたら叩き割られるのは君達の頭では無いのか?】
そう返され、信徒達も反論できず…

「ムダ話はいい 不老不死 できるのかできないのか」

そう尋ねる長いヒゲの年老いた人物、クセルクセス王
……『フラスコの中の小人』は歯を浮かべた笑みを見せて、不老不死の法を教えるとするが…

・・・その後、クセルクセスの大地に大掛かりな工事が執り行われる
なんでも灌漑用水路を造っているとのことで、王に感謝する農民達
…だがその夜になり、眠る農民達がなにか物音を聞き家の外に出ると
村が謎の一団に焼き討ちを受けている!? 
さらに村人に襲い掛かる者の顔は、昼に見た感慨水路の工事をしていた兵士であった…!
そして兵士はその農民の家に押し入り、手に持った剣を振り上げ―――

焼け落ちる村を後にし…その兵士は手に持った紙に書かれた錬成陣を見ながら
次に襲うと思わしき場所を確認する…

……夜が明け、北の村が一晩で消えてしまった、と言う話はクセルクセスの町にも届いていた
ホーエンハイムもその話に憤りを露わにし …『フラスコの中の小人』の闇がかすかに揺らめく…

クセルクセス王は王宮に刻まれた五つの太陽の錬成陣を見据えながら
不老不死を待ち焦がれる…
0630粗筋の錬金術師垢版2017/04/01(土) 17:31:29.63ID:???
それからまた月日は起ち、ついに国土錬成陣を形作る用水路が完成し、王が不老不死を得られる日が来た

「錬成陣に使われた村々の者には気の毒だったが これで……」
「聡明な陛下の下 我らクセルクセス国民は永遠の安寧を得る事でしょう」

王が不老不死を得る為の儀式が始まる 王が軽く指を切って、壷の中に血を垂らす
…その儀式を臣下達も固唾をのんで見守り…
歳をとり立派なヒゲを蓄えたホーエンハイムが持つ『フラスコの中の小人』はどこかニヤついた笑みを浮かべる

…地響きのような音が響くと、地面から影の腕が天へと伸び始める
だが、突如信徒達と王が苦しみ始める…!?
さらに馬も、王宮内の人々も、その影に悶え苦しむ ホーエンハイムただ一人を除いて

「なんだ!? 何が起こってる!? おいホム……」 
そこで、『フラスコの中の小人』のニヤついた笑みに気付く
「………何をした!?」
【錬成陣の真の中心は君が立っている"ここ"さ 私の中の君の血を使って扉を開けさせてもらった
 血を分けた家族ホーエンハイムよ 今 君と私が全ての中心だ】

…ホーエンハイムの足元に、真理の扉が浮かび上がり…
クセルクセスの国土に、真理の巨大な瞳が形作られる……!!

そして、延びていく影の腕が次々とホーエンハイムを貫き
その影に貫かれながら、フラスコと、その内部の『フラスコの中の小人』が笑みを浮かべながら分解され…
0631粗筋の錬金術師垢版2017/04/01(土) 17:32:03.83ID:???



夜が明けた 物音しない静かな王宮内で、ホーエンハイムが目を覚まし…
通路では幾多もの人たちが、死体と成り果てていた……

「死んでる…皆… 誰か……
 ウィラード メヒティルト ラインマイル トーニ メイヨー
 なんだこれは… 誰か…返事してくれ」

<無理だな 皆魂を抜かれてる>

背後から聞こえた声に振り返り、その衣服から生き残りが国王だと思い膝をつくホーエンハイムだが

<似合うか? その辺から適当に見繕って着てみたんだがな どうだその身体 具合は良いか?>
顔を上げたホーエンハイムは、その人物を前に愕然とする

「俺が…… ……いる……」

ホーエンハイムの前に立つその存在は、ホーエンハイムと同じ姿をした者であった…
何が起こったのか何もわからず困惑するホーエンハイムに、ホムンクルスと思わしきその人物は
自分の中に意識を集中させてみろ、と語り…

<血をくれた礼に名を与えた 知識を与えた そして―――
枯ちぬ身体をあたえた この国の人間全ての魂と引き換えにな
ま 半分は私がもらったがね>

……自分自身の中から、幾多もの人々の悲鳴と、懇願が、聞こえてくる… 

<やっと窮屈なフラスコから出る事が出る事ができた 協力感謝するよ ホーエンハイム>

生きる者全てがいなくなったクセルクセスに、ホーエンハイムの慟哭の悲鳴が響く……
0632粗筋の錬金術師垢版2017/04/01(土) 17:32:19.83ID:???
……はるか古代の夢を終え、寝惚けるホーエンハイムに誰かが声をかける
彼に声をかけたのはエルリック兄弟の師匠、イズミ夫婦であった
どうやらホーエンハイム、イズミとも交友が会った様子だが兄弟の師匠だったとは知らなかった模様

「息子達が大変世話になったようで
 …私は親らしい事を何もせずに家を出てしまったのでね
 本当に周りの人にお世話になりっぱなしです」
「……… 家を出る時もっときちんとあの子らと話し合うべきじゃなかったんですか?」
「いやまったく お恥かしい」

手厳しいイズミの言葉に、ホーエンハイムも恥ずかしげに苦笑い …と、そこにイズミに発作が起きてしまう 
苦しそうなイズミを介抱しようとホーエンハイムがその肩に触れ…何かに気付く

「シグさん 車を拾ってきて下さい 私は医術を少しかじっているが これは大丈夫じゃない」
旦那のシグさんに助けを呼ぶよう言って、シグさんもその言葉に急いで駆け出し
…シグさんが出たところで「イズミさん 貴女…真理を見たね?」そう問われイズミもその眼を見開き
何を犠牲にしたか問われ、イズミも目をそらすが…
「ごまかさないでくれ 私はそこいらの錬金術師じゃない それにさっき言った通り医術を少しかじっている
 シンの国式だからうさんくさいと思われそうだけどね」
……ホーエンハイムの言葉を信用したか、イズミは自身の身に起きたことを話す

「内臓(なか)を少し持って行かれてる
 死んだ子を蘇らせようとして 結果もう二度と子を産めない身体になった」
「そうか…うん そうか… イズミさん 最近軍から接触がなかったかい?」
「? 前に大総統が来て国家錬金術師になれと勧誘されたけど…断ったよ」
「よかった ちょっと失礼」

ホーエンハイムがそういうと、彼のその手が

イズミの腹を貫いた
0633粗筋の錬金術師垢版2017/04/01(土) 17:32:56.34ID:???
腹に刺さった手を抜き取り、イズミの腹と口からおびただしい血が溢れ出る…!
……その光景に、戻ってきたシグさんが激昂しホーエンハイムを殴り飛ばす!!
うずくまる妻にしっかりしろと声をかけるシグさん だが

「あんた 落ち着いて 大丈夫だから …呼吸が楽になった」
「バカな!!腹を刺されたんだぞ 傷口見せてみろ!!」
「傷……無いよ」 腹の部分は血で濡れてはいるが、貫かれたはずの傷口は存在せず
0634粗筋の錬金術師垢版2017/04/01(土) 17:33:16.39ID:???
「持っていかれた臓器は貴女の罪の証だから戻せないけど
 腹の中をちょいと整理して血の流れを良くしといた
 イズミさん 貴女はまだ倒れちゃいけない人だ」
「……ホーエンハイム 貴方いったい何者…!?」

「化物…… ……と言いたいところだけど貴女には本当の事を言っておこう」
メガネをかけなおしながら、ホーエンハイムは自らの存在の真実を、彼女に語る

「ヴァン・ホーエンハイムと言う人間の形をした 賢者の石だ」

<続く>
0635マロン名無しさん垢版2017/04/01(土) 17:42:58.27ID:???
うわあああああ物語の始まりの確信がとうとう明らかに・・・!
ていうかそうか・・・グラトニーの腹の中のアレの詳細か・・・!
国民全員の賢者の石を自分に付加して自分自身を錬成しなおしたと
0637マロン名無しさん垢版2017/04/01(土) 19:11:06.44ID:???
滅亡の大戦犯クセルクセス王
不老不死なんて求めなければこんな事にならなかったろうになあ

しかしこうなるとアレだ この件でお父様はフラスコの中から抜け出すことに成功したわけだが
じゃあ今やってるアメストリス国土錬成陣は何のためのものなんだ?
0638マロン名無しさん垢版2017/04/01(土) 19:15:58.40ID:???
ホムンクルスも案外王がまともなら普通にフラスコ生活するか体を作るとかで満足してたかもな。わざわざホーエンハイムに半分分けてるし。
0639マロン名無しさん垢版2017/04/01(土) 19:45:03.90ID:???
>>637
自分が完全に人間になるための錬成陣とか?と思ったけどあいつ人間見下してたから無いか
0640マロン名無しさん垢版2017/04/01(土) 22:13:13.48ID:???
しかしイシュバールの時といい過去編も全くダレないな
もう1話ぐらい続くと思ってたよ
0642マロン名無しさん垢版2017/04/01(土) 22:37:13.97ID:???
確かに イシュヴァール編は一巻丸々使ってたからな
もう2話くらいクセルクセス編やってくれてもよかったんだが
0645マロン名無しさん垢版2017/04/01(土) 22:55:31.94ID:???
不老不死になった後の東の賢者&西の賢者エピソードとか、無いでもないはず
あとお父様のアメストリス建国一代記とか(何)
0646マロン名無しさん垢版2017/04/02(日) 05:09:18.21ID:???
ホーエンハイムマジか
アニメでアルが賢者の石化したのはこれが元なんだろうな
0647マロン名無しさん垢版2017/04/02(日) 21:34:20.41ID:???
今回の展開の衝撃もさることながら、それよりも気になる部分は
大地そのものに真理を浮かび上がらせている辺り
真理ってのは人間だけじゃなく、あの世界の無機物とか物質にも真理が存在するのか
もっというと、あの世界そのものが全て何らかの形で真理の影響を受けてると言うことなのだろうか
……うーん、あんまり賢くない頭ではなかなか理解が難しい
0648マロン名無しさん垢版2017/04/02(日) 22:08:04.97ID:???
グラトニーの腹から出る時と同じで自分を錬成するとあぁ見えるんじゃない?
やたらでかいのが気になるけど
0649マロン名無しさん垢版2017/04/02(日) 22:39:48.91ID:???
やたらでかいのは錬成陣自体がでかいから?
クセルクセスは国全体が錬成陣ぽいし
0651マロン名無しさん垢版2017/04/03(月) 09:53:50.39ID:???
あれをアメストリスでもやる気だろうから発動されたら負けっぽいな。
0652粗筋の錬金術師垢版2017/04/03(月) 17:04:13.74ID:WNuln4j1
「『哲学者の石』『天上の石』『大エリクシル』『赤きティンクトゥラ』『第五実体』
 賢者の石にいくつもの呼び名があるように その形状は石であるとは限らない
 液体だったり粉だったり… 以前ドクター・マルコーがもっていたのは半液状だった
 そしてキンブリーの持ってるのは鉱石みたいなヤツで大きさはこれ位(縦にした百円玉程度
 石自体が膨大なエネルギーと構築式を内蔵してるから錬成陣無しで錬成可能だ」

エドの言葉に、それを奪えればどうにかなりそうかとブリッグス兵たちも思案し

「絶大な力と言うからもっと大きな物かと思っていた 意外と小さいな」
「うん オレは石サイズよりでかいのを見た事が無い」
「もっともバカでかい賢者の石となるととんでもない数の人間を材料に使ってそうでさ
 できる事ならお目にかかりたくない代物だね」

……同じ頃、イズミ夫婦のその目の前に
クセルクセスの民達の半分をその身に宿した賢者の石、ホーエンハイムの姿があるのだった…

  <第76話 人の形 石の形> 

天候も穏やかになり、マイルズ少佐がキンブリー隊を仕留めるための作戦を練る
だが、そこにエドが異を唱える

「『仕留める』って殺すって事か? キンブリーを即始末するってのは賛同できない
 さっき言ったように術を封じてふん捕まえて情報を吐かせちゃどうだろう?」
「あれが素直に吐くと思うか?生かしておくのは危険だ」
「じゃあヤツの部下は? あいつらももしかしたら合成獣<キメラ>化されて仕方なく従ってるだけかもしれない」
「そうだな だがあくまでも『かもしれない』だ
 ブリッグズの掟を忘れるな 『油断すればやられる』 君のその甘さが君の命を奪うかもしれないのだぞ」

マイルズ少佐の厳しい言葉に、エドも返す言葉が無く… 
少佐が兵を連れ部屋を出た後もエドはその場に立ち尽くすのだった
0653粗筋の錬金術師垢版2017/04/03(月) 17:04:35.94ID:???
そんなエドに、なんだかんだで子供だとブリッグズ兵も言って
兵士にもああいう時期が有った、との言葉にマイルズ少佐も「私もだ」と返す

「この年になっていくつかの戦いを経験するとわかる 殺す事より生かす事の方が難しい…とな
 エルリック兄弟はその困難な方の道を選んだ」
「ははは 物好きな奴らですね」
「ああ だが少し羨ましくもあるよ」

その頃マルコーたちは、坑道にてスカーの兄が残した研究書の解読中
シンの錬丹術に影響を受けた影響からか、研究書には不老不死と金に関する語句が目立つ
それに関してメイがシン国での金と不老不死の関連を説明 専門外のキメラ兵とウィンリィにはさっぱりだけど

「シンでは不死の人を『真人』と呼びまス
『真の人』=『完全な人』で金も『完全な金属』ですかラ 『真人』=『金人』と呼ばれまス
 一説にはシンに錬金術を伝えた人物が
 金の髪・金の瞳の不老不死の男だったからそう呼ばれるようになったとカ……」
「へ―― 金髪金眼なんてエドとアルみたい」

と、そこにヨキさんが一考を呼び出す どうやら無事出口にたどり着いたようだ
外に出た一行をまぶしいお日様がお出迎え 吹雪も晴れ安堵の声を上げる一行
とはいえ雪は相当深そうなので、キメラ兵士二人が先導して雪道を踏み固めてくれるようだ
……すると、なんだか誰かを呼ぶ声が聞こえてくる ウィンリィがあたりを見渡すと

アルの脚が埋まっていました 慌てて掘り出し
0654粗筋の錬金術師垢版2017/04/03(月) 17:05:15.03ID:???
どうやらアル、ここに向かう途中で深みにはまってそのまま抜け出せなくなってしまったとか
それはそれとしてなぜアルがここにいるのか聞くウィンリィに事情を説明し、砦に向かうのは危険と話す
が、別の所に隠れようにも他に行くアテも無く… つめたいかぜが一行にしみる

;・w・> と とりあえず腹ごしらえはどう?

とりあえずご飯にして問題は誤魔化す一行 とはいえここにアルがいるなら向こうは大丈夫なのか心配するが
アルは兄さんが何とかしてくれる、と言う

その頃エドの隣には、ここにいない筈のアルの姿があった
部隊の人員を確認しつつ、担当地域の探索を命ずるマイルズ少佐
「行くぞ」と少佐が命じ「アイサー」とアルが返事するが
「おいおいアルフォンス君 そこは『はーい』だろ」
「う!! いやしかしこれ動き辛いよエドワード君」「そこをなんとかよろしく」
アルの鎧の中には、背丈が足りないながらもブリッグズ兵がどうにか動かして誤魔化していました

「早く歩け」「マッテヨニーサン!」(裏声 ぎしぎしよれよれ 

そんな様子にキンブリーも首をかしげ 
…キンブリー隊は今日は中央部のでかい竪坑を調べるつもりのようだ
ブリッグズ兵は信用できないので自分の部下だけで行くつもりだと言う兵士
(奴め 気付いたか)
「先回りだ 竪坑近くに狙撃のポジションを確保する」

坑道前にて、入り口を探すよう兵士に命じるキンブリー…そこで、エドの気配に気付く

「貴方がここにいるという事はここで当たりですね」
「なんの事だ オレは傷の男<スカー>を捕まえるのに協力すれば
 賢者の石をくれると言うからついて来たのに…」
「詭弁ですね 狙撃手を配置するための時間稼ぎでしょう?」

「……いつから気付いてた」「ダテにイシュヴァール戦は生き残ってませんよ」
0655粗筋の錬金術師垢版2017/04/03(月) 17:05:42.19ID:???
かすかに笑みを浮かべながら、これだけの殺気があれば気付くと言ってみせるキンブリー
とはいえ既に配置は終えており、十分キンブリーを狙い撃てる位置 だが
キンブリーは雪原を爆破し雪を舞い上がらせる事で自身の姿を捉えなくさせる
さらに、同時にエドにもキンブリーの兵士による強烈な一撃が襲い掛かる!!
どうにか両腕でガードして凌ぐが…雪のめくらましが次第に晴れ
エドの眼前にはライオンとゴリラのキメラ兵士が立ちはだかる
エドの相手は兵士に任せ、キンブリーは悠々と屋内へとはいっていく
それを追おうとするエドだが、当然それをキメラ兵士が妨害する
(にゃろう…雪煙で何も見えねぇ まあ向こうさんも見えないって事だから五分五分…)
だが、ライオン兵の腕がエドの首を掴みあげる!! 
野生の鼻がきくキメラ兵が相手では逃げられないとエドの首を締め上げながら言い放つが
エドも腕をブレード化させてその腕を貫き、拘束を逃れる

「鋼の!!何が起こっている!? どこだ!!返事をしろ!!」
「マイルズ少佐か! こいつら合成獣<キメラ>だ!!視界の悪い場所での闘いに慣れてる!!
 雪煙の中に入ってくんな (つるっ) よ"ッ」 (ゴチ

滑って転んで配管に顔面を打ち、そのまま地下深くまで色々壊しながら落下してしまうエド

…坑道の施設に足を踏み入れるキンブリー 
その屋内に残っていた雪に複数の足跡を見つけ、ニヤリと笑みを浮かべる
その頃エドは坑道地下の資材置き場でじたばた悶絶しながらもどうにか生き残ってはいた
涙目になりながらもあたりを見渡すと、その近くにはダイナマイトと書かれた箱を見つけ…
そこにキメラ兵士二人もエドを追ってくるが
エドはそこに置いてあったダイナマイトを兵士に見せ付け動くなと脅す 
だがキメラ兵は鼻を鳴らし、そんなものもう湿気っていて使い物にならないと返すが…
0656粗筋の錬金術師垢版2017/04/03(月) 17:06:21.28ID:???
「おっさん方 ダイナマイトの原料を知ってるか?」
「あん?ニトログリゼリン?」「ニトログリコール…木片に…硝酸アンモニウムとか?」
「じゃあその硝酸アンモニウムは何でできてんのかな?」
「簡単だ!硝酸とア……  ……ンモ……」
気付いたときにはもう遅い、エドが鼻栓したわるーい笑みを浮かべながら両手を合わせ……

キンブリーの前に、キメラ兵二人を下したエドが乗り込んでくる!!
ダイナマイトを分解したアンモニアの臭いにキメラ兵二人もたまらず悶絶していた くさそう
…眼前に立つエドに、人質の心配がなくなった途端コレかと微笑を浮かべるキンブリー
そしてキンブリーは懐から賢者の石を取り出すが…その瞬間エドが強襲を仕掛ける!
賢者の石を蹴り上げて吹き飛ばし、さらに錬成陣を刻んだ腕に傷を付け
勝利を確信するエド ……だが

「勝った!!……と思ったでしょう?
 殺さない覚悟…立派なポリシーです だがそれは戦場において付け込まれる隙になる
 今さっきの一瞬で止めを刺しておけば良かったものを
 その甘さと 私が賢者の石をもう一個もっているかもしれない
 という思考に行き着かなかったのが――― 貴方の敗因です」

そう言い放ち、キンブリーは自らの口からもう一個の賢者の石を出してそれを自らの手に転がし…
その瞬間、坑道の鉄塔を崩壊させるほどの大爆発が巻き起こる…!!
……爆発と鉄塔の崩壊も収まった坑道地下にて、爆発に巻き込まれたエドが意識を取り戻す
どうやらキンブリーの部下二人も爆発に巻き込まれたようで、ガレキの下敷きにされ身動きが取れずにいた
キンブリーの行方を捜そうとするエドが、不意に口から血をあふれ出させ……

「……… ……ウソだろおい」

エドの脇腹には、鉄骨が深々と突き刺さっていた…!
脇腹と口からおびただしい血を溢れさせながらエドが倒れ…
同じ頃、アルもまた真理に魂を引っぱられて倒れてしまう…!?
窮地に立たされた、エルリック兄弟の命運やいかに…
<続く>
0657マロン名無しさん垢版2017/04/03(月) 17:19:33.42ID:???
アルが意識を失ったのはエドと精神リンクしてるからかな?
それとも偶然?
0662マロン名無しさん垢版2017/04/03(月) 21:59:55.29ID:???
>>657
やっぱそれ考えるよね 
エドの瀕死の影響にアルももっていかれそうになってると言う今の状況を見てると

ただ、いわゆるリビングアーマー系統なら術者の戦闘不能で行動不能になりそうだけど
アルはアルで自分の魂はちゃんともってるからねえ 仮にエドが瀕死になっても行動はできるとは思うが
0664マロン名無しさん垢版2017/04/04(火) 22:05:30.40ID:???
実際コレ、エドが生き残れるルートは有るだろうか…
マイルズ少佐達が助けてくれれば何とかなりそうだが

…キンブリーの落とした賢者の石が偶然エドのそばに
とかだと何と言うか色々とアレだしなあw
0665粗筋の錬金術師垢版2017/04/05(水) 17:00:14.08ID:szjoC0zB
  <第77話 逆転の錬成陣>

脇腹を貫かれ、倒れるエド… もはやその命もつきかけていたと思われたが…

―這いずり回って格好悪くたって生き延びなきゃ
 沢山の人があなた達が元の身体に戻る事を待ってくれてるはずよ―

―ボクが元の身体に戻るその時は 兄さんの身体も一緒にだよ―

―次に泣くのは嬉し泣きだって 約束したから―

数々の人たちの思いに…エドは僅かにその指を動かし…血溜りを思い切り殴りつける!

「どいつもこいつも こんなんで 泣かせる訳に いかねぇよなぁ」

両手を合わせ、自らの身体に刺さる棒を分解させると、続けて瓦礫に埋まったキメラ兵を救出させる
瓦礫を押し上げるエドの練成に、キメラ兵二人も目を丸くし
自分の方が重症の身でなぜ助けたとエドを問いただすが…

「勘……違い すんなよ……
 この……腹に刺さってるのを抜いてくれる奴がいないと……困るんだよ……」

息を切らせながらもそう語るエド、さっきまで敵だった相手に頼むと言うエドの言葉に二人は顔を見合わせ…
しょうが無いので協力してあげる事にする二人 
だが腹に刺さっている鉄骨を抜けば大量出血で即座にあのよ行きだと言うライオン兵に
エドは抜いた瞬間に錬金術で塞いで対処するとのことだが…
だが内臓の損傷も激しい 賢者の石を使って治ったキンブリーともまた話は違うが…
そんなゴリラ兵の心配に、エドは自身の生命エネルギーを使う、と言う 寿命が縮むかもしれないが…
0666粗筋の錬金術師垢版2017/04/05(水) 17:00:30.95ID:???
「迷ってる場合じゃねえし 自分の甘さが招いた結果なら ケツは自分で拭かなきゃ…な」
そして、ライオン兵がその鉄骨を引き抜かんとして…その激痛にエドも眼を見開く!…が

(そうだ 自分を一個の生命エネルギーと考えろ
 賢者の石と同じだ オレは今魂一個分の賢者の石)
激痛に悶えながらも、エドの脳裏には真エンヴィーの賢者の石を使ったときの事が思い出され…
(思い出せ あの感覚を
 あの時 エンヴィーの賢者の石を使ったときの感覚…

 魂<いのち>を使う間隔!!)

そして、鉄骨が引き抜かれた瞬間、エドの錬金術が発動する……!!
……だが、それからエドはピクリとも動かず…
「………死んだか?」
「…勝手に殺すな」 反応があった アンテナピンと立ち
とはいえ完全に治した訳ではなく、とりあえず傷口を塞いだだけの応急処置にすぎない
……そんな状態でキンブリーを追おうとするエドだが、立ち上がることすらままならない
このままにしておけばまた傷口が開くであろう 
しょうがないのでライオン兵がエドをおんぶ たてがみがエドの顔面にばふり
「……窒息死する 毛…… ジャマ……」;
とりあえず命の恩人ではあるので、今のエドに変わり足になってくれると言うキメラ兵
……エドはキンブリーを追ってくれと言うが…その言葉を最期に気を失ってしまった

「どうする? 上に行けばブリッグズ兵が待ち構えているから俺達の命が危ない
 傷の男<スカー>を追えば……おそらくキンブリーさんと鉢合わせだな
 アホが こんな状態でキンブリーさんと戦ったって勝ち目は無いだろうに」
そう呟きながら、兵士二人は互いに顔を見合わせ…
0667粗筋の錬金術師垢版2017/04/05(水) 17:00:51.24ID:???
「しょーがねぇ」 よっこらせ
「小僧には悪いが別の道から表に出てさっさと医者を探そう
 オレたちゃこのガレキの下で死んだ事にしてキンブリーさんともおさらばの自由の身よ」
「『さん』なんていらねぇよあの変人 俺達まで巻き添えにしやがってよ」

竪鉱を抜け出そうとする二人だが、不意にゴリラのほうが何かに気がつき
拾い上げたそれは、キンブリーとの戦いで落とした賢者の石であった

その頃スカー達は、気を失ってしまったアルを一度バラバラに分解し、全員でアルのパーツをもって移動していた
と、そこにアルが目を覚ました様子 みんなに迷惑をかけてしまい謝るアルだが…
とりあえず近場に有る工場跡で一行は身を潜める

ここに来るまでにも一度、意識を真理に引っぱられているアル
そう何度も倒れられては敵わないので暫くバラバラにして運ぶことを提案するマルコーさんの言葉に
……ふと、メイが何かをひらめいた様子で…
スカーの兄の研究書をおもむろにバラバラに解いてしまう!?

「この研究書は金とか不老不死を意味する語句が多すぎなんですヨ
 しかも微妙に表現の違う語句ばかリ…
 一度研究書をバラして同じ語句の部分を重ねたらどうなるかなと思ったんでス」

という訳でマルコーとスカーがその手伝いをし
…それぞれの語句の部分と、図案を重ね合わせ…

現れたのは、賢者の石の国土錬成陣を刻んだ物であった
0668粗筋の錬金術師垢版2017/04/05(水) 17:01:07.44ID:???
もはや、今更こんなものを知ってどうなる、とマルコーもがくりとうなだれる
ではこの研究書は全くの役立たずだったのか、とキメラ兵たちも不平を露わにするが

(兄者…己れに伝えたかったのはこれだったのか?
 イシュヴァール人の忌み嫌う錬金術を研究しそれでは飽き足らず他国の錬丹術に手を伸ばし…
 なのにここまでだったのか…?)

と、そこにヨキさんが大きなくしゃみをしてまた研究書をバラバラにしてしまう
……その光景と兵士達の言葉に…
〔危機的状況を…〕 アルに閃きが浮かび上がる 〔逆転だ!!〕
その並びをそのままでひっくり返してみて欲しいとするアル その結果…

〔……どう?〕
「当たりですネ 錬丹術を組み込んで発動すル
 新たなアメストリス国土錬成陣でス」

……ついに一行は、逆転の糸口を掴み取る…!

…同じ頃、キンブリーの方はさすがに複雑な坑道内ではスカー達の足どりを追うのは難しそうだ
ここは一度戻るか…そう思案するキンブリーだが 
その目の前に、大きな×印をつけて封鎖された扉が目に付く
…隙間風がもれるそのドアを開け、奥に足を踏み入れるキンブリー
どうやらその横道は、スロウスの掘った瓦礫を出すための代物だと考察するキンブリーが
その壁に触れた瞬間、キンブリーの背後に『プライド』の影が展開される…!!
0669粗筋の錬金術師垢版2017/04/05(水) 17:01:38.40ID:???
突如自身の背後に展開されるプライドの姿に、キンブリーもその目を見開くが…
【紅蓮の錬金術師ですね? 始めまして 私は『プライド』】
「…私に何か用が?」 割と平然とした表情で対応するキンブリー

スカーの件について、スカーを追うのは後回しにするよう言って
先にブリッグズに血の紋を刻むように、とキンブリーに命ずるプライド

「…お言葉ですがブリッグズ兵の一枚岩っぷりと強さは相当なもの
 そう簡単にいきそうもありませんよ」
【一枚岩のその強さを利用するのです スロウスが掘っているトンネルがもうじき完成します】

……そしてお父様も <………急げ> と呟き、その表情を険しくさせていた…

<早く……早く…… "その日"はすぐそこまで迫っているぞ>

<続く>
0670マロン名無しさん垢版2017/04/05(水) 20:24:49.05ID:???
あんな土埃ガラガラな洞窟で掌ベロリンチョはきちゃないよロリコン
0671マロン名無しさん垢版2017/04/05(水) 21:13:14.42ID:???
キンブリーの取り巻き軍団が全員生き残るなんておもわんかった
……まあこれからも生きていけれる保証は無いんだがな!(何)

お父様との最終決戦で、この賢者の石が最後の切り札になるのだろうか
っても兄弟、賢者の石の使用に嫌悪感もっているからなー
どっちかというと遠慮なく使いそうなのは大佐とかなんだろうけど
0672マロン名無しさん垢版2017/04/05(水) 22:57:28.38ID:???
ここどういうスレなの?
みんな完結したの読んでないの?
なんか凄い不思議なスレに出会ってしまった。
0674マロン名無しさん垢版2017/04/05(水) 23:10:05.04ID:???
あんな腹にエグい傷負って賢者の石以外で治す方法が想像できない
0675マロン名無しさん垢版2017/04/06(木) 17:29:25.91ID:???
か、かんちがいしないでよね!
このお腹に刺さったのを抜いてくれる人がいないと困るだけなんだから!
0676粗筋の錬金術師垢版2017/04/07(金) 17:13:44.45ID:wvTpqPiH
ブリッグズ要塞に帰還したマイルズ少佐達
バッカニアにキンブリー他数名が行方不明、との報告を上げる少佐
…あれから十日間探索したが、誰の死体も確認できなかったと言う

「む…『他数名』とはブリッグズ兵ですか?」
「キンブリーの部下数名と 鋼の錬金術師だ」

  <第78話 七つの罪>

所変わり、西部方面の駅前にはマスタング隊所属だったブレダ少尉の姿があった
どうやら北部のファルマン少尉と電話で互いの近況報告を行っている様子
西も西で国境線の戦い方は酷いものだとブレダ少尉も愚痴る
わざと戦死者を増やすような戦いぶりから、軍が率先して血の錬成陣を刻んでいるのは確かなようだ
南のフュリー曹長とも依然電話で話したと言うブレダ少尉
曹長の方も南部でアエルゴ軍とやりあっているそうで、元々マスタング組は憎まれっ子の集団
ムチャクチャな現場に放り込まれているかもしれない

…ブレダ少尉の言葉通り、フュリー曹長の姿はアエルゴとの激戦の中にあった
身を屈めて塹壕を走り抜けながら通信線を広げるが、その背後で砲弾が爆発する!
どうにかフュリー曹長は無傷ですんだが、背後にいたトーマスは既に…

「くそっ……畜生!! 生き残ってやる!!絶対生き残ってやるうぅぅぅ!!」

涙を浮かべながらも、フュリー曹長はただ必死で戦場を走り抜ける…

フュリー曹長のいる戦場も錬成陣の一部 相当ひどい事になっているだろうと、その身を案じるファルマン少尉

「大変……ですよねぇ 足元で人造人間<ホムンクルス>が穴掘ってるのに止められない…
 …ってのがなんとももどかしいですよ」
0677粗筋の錬金術師垢版2017/04/07(金) 17:14:10.44ID:???
……スロウスが掘り進める地下トンネル 掘り進めるその壁に穴が開き…
…ついに血の錬成陣を刻む円のトンネルが完成を果たしてしまうのだった

さらに場面は変わり、なつかしのリオール 
復興作業を進める人たちに、ロゼがご飯ですよーと声を上げる
みんなにお昼のご飯を差し出すロゼと露店のおっちゃん とそこに

「あの…すみません… 私にも…ください……」

なんかホーエンハイムが凄いよれよれでごはんを求めていました

どうにか一息つき、安堵の笑みを浮かべながらロゼに感謝するホーエンハイム
とはいえ暴動の影響でこんな何もない街となってしまったリオールに何しにきたのか尋ねるロゼとおっちゃんに
ホーエンハイムは「ここに温かい飯がある」と返してくれた
「そう言っていただけると嬉しいです
 これくらいの事しか自分にはできないから…」
「『こんな事』だなんて謙遜しないでくれ 温かい飯とお嬢さんの笑顔がみんなの力になるさ」
その言葉に、ロゼとおっちゃんも笑顔を浮かべるのであった
と、世話になったついでに暴動の原因になったと言うレト教の本部がどこにあるか聞くホーエンハイム
それなら、とロゼは近くにある、巨大な神像が屋根をぶち抜いた建物を指差す

「……なんだあれ」
「レト教の詐欺を暴露した錬金術師さんが錬成した石像よ」
「あれを名物にして街おこししようって今計画してんだ」
「うーん 誰が作ったか知らないけどセンスがいまいち」
0678粗筋の錬金術師垢版2017/04/07(金) 17:14:26.87ID:???
その教会に足を踏み入れ、地下への通路はあるか聞いて見るホーエンハイム
ロゼ達はあるにはある、と答えるが…
地下には毒の池があり、誰も奥に進めない様になっていると言う
…その池を前に、ホーエンハイムはまるで無造作に毒の池に足を踏み入れようとする!?
だがホーエンハイムはその足元に地面を作ることでズンズン奥へと進んでいく

「奇跡の業……」「じゃなくて錬金術…… …ですよね?」

二人には着いて来ないよう言って、そのままどんどん奥へと向かうホーエンハイム
……しばらく歩き、地下の壁を破壊するとスロウスの掘ったと思われる地下トンネルへと出る
そして…その奥からざわざわと何かが這いずる音が聞こえてくる…

「………いきなり当たりか」

そしてその眼前にプライドの影が展開される!!
ホーエンハイムはプライドの影から逃げながらも、トンネルの壁をスパイク状に錬成させるが
その影は錬成されたスパイクを容易く切断してしまい、足止めにもならない
閉じこめようと壁を作ろうとするが、壁が作られるよりも早く影がぶち破ってしまう
これにはホーエンハイムも冷や汗を浮かべ…教会地下から開けた横穴に足をとられて転んでしまう
そこにプライドの影が一斉に襲い掛かる!! 
……が、その影はホーエンハイムの開けた横穴の端に弾かれ、中に入り込む事ができない…?
…そこでプライドの影も、侵入者がホーエンハイムである事に気付き

「どうやらここまでがおまえの容れ物らしいな」 横穴の隅を指しそう語るホーエンハイム
「ここを出ると死ぬ…か?
 一定ラインを超えると死んでしまうのだろう?あの時のフラスコのように
 このトンネル内と中央の中心部でしか動けないと見たが どうだ?」

ホーエンハイムの言葉にプライドの影は答えず…影の口が歯軋りの音を僅かに響かせる
0679粗筋の錬金術師垢版2017/04/07(金) 17:15:37.94ID:???
「怒ってる?」(ななめ
【怒りなど 私の中には存在しません
 怒りだけではありません
 色欲 怠惰 強欲 暴食 嫉妬…
 いらぬ感情は父上の中に置いてきました 私の名は『傲慢』<プライド>】
「なるほど 『プライド』か
 人には七つの罪があるという

ラスト グリード スロウス グラトニー エンヴィー ラース     プライド
『色欲』『強欲』『怠惰』『暴食』『嫉妬』『憤怒』 そして『傲慢』

"あいつ"が最初に切り離したのがおまえ…『傲慢』<プライド>だったって訳だ
 ご丁寧にフラスコの中にいた頃の姿と似せて切り離すとは
 ――いや 『名は体を表す』ってやつかね
 その姿こそが傲慢で自尊心の強い"あいつ"――― おまえの父親の本質か」

……プライドの影が歯軋りを慣らしながら、父上の所へきてもらおうかと言い放つが
呼ばれなくても言ってやる、と返してみせるホーエンハイム
「"あいつ"に伝えろ そのうち奴隷二十三号が会いに行く
 せいぜい中央で踏ん反り返って待っていろ とな」

……ホーエンハイムの言葉に、中央のお父様も…

<ああ 待っているぞ ホーエンハイム>

その手元に四つの駒を置いた五角形の陣を置きながら、お父様は彼の到来を待つ…
0680粗筋の錬金術師垢版2017/04/07(金) 17:15:53.37ID:???
…こうしてホーエンハイムが教会地下に帰ってきた 
通路を破壊して、誰も入らないようにしておいてくださいと二人に伝え

「奥で何して来たんですか?」 「うん 宣戦布告」

眼鏡の奥の瞳が、鋭い輝きを浮かべていた

その頃ブリッグズ要塞 厳しい吹雪の中、見張りが交代の時間に歓声を上げるが
…吹雪が晴れたその光景に、見張りの兵士がその目を見開く…!
雪原に、ドラクマの大軍の姿が展開されていた

マイルズとバッカニアも要塞の上部から、ドラクマの大軍の布陣に目を通す
「やってくれるな… ブリッグズ兵ではなくドラクマ兵でこの地に流血の惨事を起こす気か」
「しかしなぜ急に?ブリッグズが難攻不落の地だというのはドラクマ軍が誰よりも知っているはず……」

…ドラクマ軍の兵士の中には、紅蓮の錬金術師 キンブリーの姿があった
「"ブリッグズの北壁"が不在とはありがたい事だ のうキンブリー殿」
「それに加えこちらの手の者は砦の中に多数いますからね
 戦闘が始まれば内応し砦を混乱に陥れるでしょう
 さあ 宣戦布告ですよ 派手に火花をあげようじゃないですか」

アル達の方は北国にあるイシュヴァール人のスラムに身を寄せることでどうにか落ち着いていた様子
ただ、錬丹術の事に関しては、メイの教えが感覚的なせいでアルも苦戦気味な様子
0681粗筋の錬金術師垢版2017/04/07(金) 17:16:18.83ID:???
スカーもイシュヴァール人の村人に匿ってもらってすまないと、仕事を手伝いながら礼を言う
村人も医者に見てもらって助かっていると返してくれた その隣でヨキさんが子供に遊ばれ
ザンパノ(キメラ兵、細身メガネの方)の姿が見えないがどこに言ったと
ヨキさんが子供に髪の毛抜かれながら叫ぶ(子供の相手して欲しい
ジェルゾ(ドレッドヘアのデブの方)が言うには食料調達に向かった、とのことだが…

……ザンパノは公衆電話でどこかに電話をしているようで
「ああそうだ オレの名はザンパノ キンブリーの部下だ
 傷の男<スカー>と…ドクター・マルコーと思しき男が北のアベックにあるスラムに潜伏中だ」
大総統府で、その電話に応えるのはエンヴィーであった…!
「オーケイザンパノ おまえの身の保障はしてやる
 よく教えてくれた! はっはァ!!楽しくなってきたよ!」

<続く>
0682マロン名無しさん垢版2017/04/07(金) 18:40:01.24ID:???
二つの宣戦布告か、これは熱い展開になって来た
とりあえず盛り上がり的な意味でおれはドラクマを応援するぜ!
ハラショードラクマ!
ハラショーサンボ!
0683マロン名無しさん垢版2017/04/07(金) 23:41:56.71ID:???
あー…まぁいかにも裏切りそうなツラしてるけど、マジで裏切り?
0684マロン名無しさん垢版2017/04/08(土) 02:04:06.91ID:???
当たり前のようにいつもの格好で大総統執務室らしき場所にいるエンヴィーは大物だなぁ
0685マロン名無しさん垢版2017/04/08(土) 06:59:10.47ID:???
ただメイがいる時点でリン達のようにエンヴィーの変身は見破られるだろうし何をやってくるのかね
0686マロン名無しさん垢版2017/04/08(土) 07:33:29.56ID:???
映画『鋼の錬金術師』予告U【HD】2017年12月1日公開
https://www.youtube.com/watch?v=oZhOVnowpAM

ひでえええええええええええええええええええ!!

なにこのオッサンのコスプレ自主制作映画みたいなの・・・・・・・・・・・・・・原作レイプすぎるだろ、全部CGでやれ


原作ファンはこういう釣り映画に引っかからないようにしましょう
0687マロン名無しさん垢版2017/04/08(土) 11:49:57.06ID:???
実写化はOVAで中止が決まったろいい加減にしろ
原作ファンは自主制作映画なんてそもそも興味ないから話題を持ち込まないで頂きたい
0688マロン名無しさん垢版2017/04/08(土) 18:59:09.37ID:???
ホーエンハイム、結構煽り力高いなw
特にこれ

>「怒ってる?」(ななめ

実際にやられたらかなり腹立つと思うわw
0694粗筋の錬金術師垢版2017/04/10(月) 19:16:39.54ID:???
次話はドラクマ出落ち回だが
やっぱり北海道出身の漫画家はロシア系統の扱いが悪くなりがちなのだろうか
バキシリーズの板垣センセ(釧路出身らしい)もだいたいロシア人は扱いが悪いし
0695マロン名無しさん垢版2017/04/11(火) 09:27:09.25ID:???
人気作と容量という事情が有るにせよ3スレ目行くのってずいぶん久々な気がする
0696粗筋の錬金術師垢版2017/04/12(水) 19:39:31.83ID:???
というか初の3スレ目ですので嬉しい限り
これも皆さんのレスがあってのことですわ(ぺこり

しかしさすがに蒼穹紅蓮隊ネタはちょいとマイナーすぎたか(
0697マロン名無しさん垢版2017/04/16(日) 15:53:13.11ID:???
まとめの現行スレ変更もお願いします
専ブラの件が有ってから最早2ちゃんねるでは
このスレ以外見なくなってきたけど
この頃のネットは伏線回収回も増えて凄い盛り上がってた記憶が
0699マロン名無しさん垢版2018/03/27(火) 21:56:23.27ID:???
マンコって大団円にはしないよね
なんなの少年漫画でやってたんだから最後も少年漫画でいけよ
0700マロン名無しさん垢版2018/05/02(水) 17:56:32.74ID:ilc/vqdZ
700
0701マロン名無しさん垢版2019/03/31(日) 13:23:12.97ID:???
錬金術って地殻エネルギーを使うってことだけど、
火星みたいに惑星内部まで冷え切ってしまい、地殻活動が停止した星では使えないってことなんだな。
0705マロン名無しさん垢版2020/11/20(金) 15:37:20.93ID:rF7AhcXe
お父様はラストバトルでなんで地殻エネルギーを使って錬成しなかったんだ?
わざわざ賢者の石消費しながら防戦してたのわけわからんかった
0708マロン名無しさん垢版2022/03/03(木) 07:10:09.64ID:/Plt38oF
かあ
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ニューススポーツなんでも実況