伝説の参考書・幻のテキスト [転載禁止]©2ch.net

1大学への名無しさん2015/05/15(金) 10:47:06.11ID:ISM/BQdd0
語ろう

816大学への名無しさん2017/11/11(土) 10:56:54.31ID:0lswfq9N0
付記するなら昭和当時の東大受験生はチャートか数研の傍用問題集→月刊大数やその増刊号が定番
今と変わらんかな
アンチチャートは当時からいてその層は黒大数→月刊大数
Z会好きなら土師の演習やトレーニング
解法のテクニックは東大受験層からは馬鹿にされていて、手びきを使う者もほぼ皆無だった

817大学への名無しさん2017/11/11(土) 15:04:19.26ID:XTPh7HmK0
いや、別に最高難度だったり、東大受験生に
人気だった参考書として解法の手びきを挙げた
わけじゃないんだが。
東大に受かるという目的なら、解法の手びきは
最高の独習書。
この本だけで、教科書レベルから合格目前レベル
まで引上げられる。

黒大数はしっかりした本だが、独学には全く
向かない。
受験数学の論点も網羅されていない。
特に昔の版は大学受験対策としてはやる意味なし。
受験数学オタクになりたいなら別だが。
よくいるんだよね、基礎固めもできていないのに
難しい参考書を礼賛するやつ。

818大学への名無しさん2017/11/11(土) 16:01:38.90ID:NE8uGl3j0
>>815-816
そんな全否定せんでも
>>817
お前もお前で言ってる事が支離滅裂

まあオッサン同士仲良くしな

819大学への名無しさん2017/11/11(土) 16:14:50.79ID:vFKqsfaa0
>>818
支離滅裂なドヤ顔仲裁者の登場

820大学への名無しさん2017/11/11(土) 16:41:23.97ID:7lsQ9PKs0
>東大に受かるという目的なら、解法の手びきは
>最高の独習書。


東大受かってから言おう

821大学への名無しさん2017/11/11(土) 19:25:08.29ID:78nEebfr0
黒大数が大学受験対策として意味なしってww
そりゃF欄はそうやろ

822大学への名無しさん2017/11/11(土) 20:52:46.32ID:/yfMFNk30
あらら、昔の黒大数に載ってたε-δ論法なんかが東大対策に意味あると思っちゃってるの?
>>821はFランだから、東大入試でどんな問題が出るかも知らないのね

823大学への名無しさん2017/11/11(土) 21:36:20.42ID:78nEebfr0
>>822
馬鹿乙
お前大学どこよ

824大学への名無しさん2017/11/11(土) 21:39:09.38ID:78nEebfr0
>>822
誰もε-δが東大に出ると言ってないのにレスをどう読めばどうなる?
てゆーかどんな知能してんだお前は

825大学への名無しさん2017/11/11(土) 21:41:14.80ID:78nEebfr0
ID変えてもどーせ解法の手びき推しのおっさんだろ?
馬鹿な奴だ

826大学への名無しさん2017/11/12(日) 11:26:48.78ID:eoHH8D040
独学するときに重要なのは,当然のことながら自分一人で読み切ることができるように理論全体がコンパクトにまとまっていることです.
そのための条件は
   a) 量的にそれほど多くない
   b) 基本的なことがしっかりと書かれている
   c) 解説に対応した問題が出ている.(解説の後にすぐ問題があるのが望ましい)

ということになりますが,これらの条件を満たし,解説のしっかりした本は,
教科書以外には高校数学全範囲を網羅するものではいまのところないと思います.
一昔前には
   
矢野健太郎「解法の手引きシリーズ」(科学振興社)

があったのですが,残念ながら現在では新版になってしまい書式さえ変わってしまいました.
旧版(矢野健太郎著)は対話型(解説のすぐあとに問題がある型)であり,問題数も適当で,「大学への数学 ニューアプローチ」をわかりやすくし,
かつ,論点を網羅した自習に最も適した最高の本だったのですが,もはや無くなってしまいました.
2次曲線や数学III の説明の一部に「いただけない」というところはありましたが,シリーズとして,独学にも適した最高の本でした.
 ときどき古本屋でみかけることがあるので,もし見つけたら,絶対に買うべきです.

「大学への数学」「大学への数学ニューアプローチ」シリーズ(研文書院)

  「大学への数学 ニューアプローチ」シリーズは「大学への数学」シリーズを少し易しく,解説を丁寧にしたものです.
本によっては「ニューアプローチ」 の方が完成度が高いものもあります.
まあ,採用している問題にも共通のものが多くて,どちらも似たようなシリーズだと考えてよいと思います.
 いずれのシリーズも定義や定理の証明がしっかりと書かれていて高校の参考書では珍しい好著です.
解答の書式も非常に整っています.
 欠点をあげると「解説と問題が離れていること」, 「問題数が少なく論点が網羅されていないこと」,「受験数学のテクニックが不足していること」などで,
特に,「解説と問題が離れている」ことによって,独学には向かない本になってしまっています.

827大学への名無しさん2017/11/12(日) 12:21:35.20ID:uXbx3IIk0
「手びき」「手引き」はNG推奨だね

828大学への名無しさん2017/11/12(日) 17:24:53.19ID:h8jw9uJc0
黒大数で独学しにくいと感じたことはねえな。

829大学への名無しさん2017/11/12(日) 18:49:15.29ID:qT7DvIa50
黒大数に教科書レベルを求めてる人には独学しにくいと思われる

830大学への名無しさん2017/11/12(日) 20:29:09.54ID:flHFN5sD0
解法の手引きってそんなにもいい参考書だったのか!

当時、あの参考書を使っている人は自分の周りにはほとんどいなかったな

831大学への名無しさん2017/11/12(日) 20:38:54.53ID:flHFN5sD0
当時、受験数学で一番重要な解法網羅系参考書を一通りやりきることができなかった。

鉄則とかマジで意味不明だった

832大学への名無しさん2017/11/12(日) 20:49:59.57ID:qT7DvIa50
>>830-831
むしろアンチに見える

833大学への名無しさん2017/11/12(日) 21:31:18.30ID:w6+fXy/l0
>>828-829
そもそも初学者の段階から黒大数を独学で読めない奴は東大なんて受からないわな
黒大数はゼロから学べるようにかいてあるんだから
それでいて東大なんて軽く受かる実力が身につくのが神すぎる
俺は黒大数なんて中学のうちに全部読んだし
てか、高校生にもなってイプシロンデルタも理解できない奴が東大に来んなよな

834大学への名無しさん2017/11/12(日) 21:49:24.72ID:w6+fXy/l0
>>830-831
お前さんの当時の感覚は正しいよ
網羅系が重要っていうのは地頭が悪い奴がガリ勉してハリボテの学力を身につけて試験の点数だけ取れるようにするためという点のみ
上の解法の手びき推しのような奴のことな
こういう奴は本来東大に入る資格はない
本当に頭が良くて東大に入る資格がある人は網羅系なんてやる必要ない
黒大数や東京出版の大学への数学だけやるだけで十分
黒大数は論点が網羅されてない?
だから?
解説と解答が離れてて独学しにくい?
どんだけ甘えてんだよ?
東大に入る資格のある人は黒大数だけで独学て東大に受かるますから

835大学への名無しさん2017/11/12(日) 21:59:49.85ID:qT7DvIa50
>>834
まあ網羅にこだわる奴は馬鹿って点では同意

836大学への名無しさん2017/11/12(日) 22:07:48.50ID:vUDC1VvL0
網羅系やってるやつが馬鹿なら、黒大数やってるやつも馬鹿でしょ
世の中には教科書だけで受かるやつもいるんだから

837大学への名無しさん2017/11/12(日) 22:15:12.67ID:qT7DvIa50
そういう極論はつまらん

838大学への名無しさん2017/11/12(日) 22:23:47.37ID:vUDC1VvL0
お前がつまらないかどうかなんて知らんがな
難しい参考書にこだわってるやつもめんどくせーな

839大学への名無しさん2017/11/12(日) 23:14:29.46ID:qT7DvIa50
>>838
むしろ東大受験に縁のない参考書オタクが滑稽だ
お前の事だよ

840大学への名無しさん2017/11/12(日) 23:16:41.96ID:qT7DvIa50
そもそも「俺が」つまらないと言ってるんじゃない
「極論は」つまらないと一般論レスしてるのに通じない読解力

841大学への名無しさん2017/11/13(月) 01:58:36.31ID:05kfrgfM0
今度は必死な東大コンプか
滑稽な者同士仲良くしたらいいのに

842大学への名無しさん2017/11/13(月) 07:01:22.94ID:ryTVLacc0
自演つまんね

843大学への名無しさん2017/11/13(月) 18:18:10.31ID:kDf52jym0
つまらない、が主観ではなく一般論とか言っちゃう日本語能力に痺れる

844大学への名無しさん2017/11/13(月) 18:47:01.41ID:iOcun2dO0
>>843
頑張るねオジサン
俺より日本語力高いんだ?
大学どこ?

845大学への名無しさん2017/11/13(月) 19:07:39.03ID:iOcun2dO0
「つまらない」が「主観」周辺に限ると断ずる方の学歴ってどんな物なんだろう?
僕興味あるなあ笑

846大学への名無しさん2017/11/13(月) 20:03:15.49ID:xqBSrC6F0
いい加減うぜえ

847大学への名無しさん2017/11/13(月) 20:50:29.83ID:sG1pCDg30
手引き信者vs手引きアンチ
うぜーからどっちも消えろ基地害

848大学への名無しさん2017/11/15(水) 15:06:41.74ID:fnyP7pEM0
蒸し返すようで悪いが『解法の手びき』悪くないぞ
と言うよりかなり良い
>>815にあるが到達点の高さもFG・上問に比べて遜色ない
勿論そのレベルの発展問題の量が十分とは言えないが例えばFGに比べるとページ数も少ないから仕方あるまい
不満点を挙げるなら、発展問題に別解が殆どない事(FG・上問はその辺りが懇切丁寧)

849大学への名無しさん2017/11/15(水) 15:12:33.55ID:fnyP7pEM0
総合的研究との比較もあったが全く別物
むしろ黒大数に近い
土師政雄が手掛けてた頃の標準問題精講にも似ているが多分手びきの方が良い

850大学への名無しさん2017/11/15(水) 23:04:39.55ID:2LyPo76q0
>>848に概ね同意。
確かに発展問題の解説はあっさりしているが、そもそもじっくり考えて解く力を養うような問題集ではないからな。
解法の手びきに載ってる問題はパッと見てすぐに答えられるようにすべきもの(ただし、そこまで行けば、ほとんどの大学に合格する力はすでについている)
思考力を養ったり、様々な視点から見る訓練は、それに適した問題を集めた本でやればいい。

解法の手びきは、たとえば、数学を短期間で完成間近まで仕上げたい場合に、高1の初めからでも使える本として優れている。
黒大数は、ある程度基礎力がないと時間の無駄。
FGは量多すぎる割に到達点も解法の手びきと大差なく、無駄が多すぎる。
総合的研究についても、>>849の言うとおり、解法の手びきとは構成もコンセプトも異なるし、量多すぎ。

今ある本で、解法の手びきのようにコンパクトかつ十分に全範囲がまとまった本って、思い当たらない。

851大学への名無しさん2017/11/17(金) 01:13:40.22ID:Lf/jt85P0
830, 831の者です。

たった今、amazonで「解法の手びき」を検索してみたけど、矢野健太郎が書いたものと松尾吉知が書いたものがある。
>>814->>850で話題とされた「解法の手びき」は矢野が書いたものを指しているのだろうけど、矢野が書いた「解法の手びき」と松尾が書いたものとでは、内容の質もレベルも全然ちがうものなのですか?

852大学への名無しさん2017/11/17(金) 07:46:40.20ID:6pT6CWHX0
>>851
全くの別物
ま、矢野健太郎は世界的に活躍した数学者だから、格が違う

853大学への名無しさん2017/11/17(金) 12:18:54.20ID:CV4bDT070
『解法のテクニック』の方は有名なのに『解法の手びき』はその存在も知らない受験生が多かった記憶があるな
内容は手びきの方がずっと良かった
手びきの存在を知らない同級生などは矢野健太郎は数学者としてほ有名だが参考書は今一だと言っていたな

854大学への名無しさん2017/11/17(金) 12:46:35.75ID:gI0o0gu50
岩切晴二『数学精義』も『解法の手びき』的な良さがある。
おススメしたい。

855大学への名無しさん2017/11/17(金) 18:00:38.96ID:v39L5Hy60
土師政雄のZ会の問題集が良いと訊いたが。

856大学への名無しさん2017/11/17(金) 18:52:19.20ID:iZ0qhXlD0
アレフ社(→のち育文社)の数T〜V演習ね
課程が変わってから育文社は代数幾何演習を出したがつぶれたのか1冊で打ち止め
その後正式にZ会出版から代数幾何のトレーニング(代数幾何演習と全く同じ)、基礎解析トレ、微分積分トレと出版された
内容はトレーニングの方が新しい(特に代数幾何分野)が、一番古い数T〜V演習の方が問題の量も多く解説も詳しい
いたずらに難問を集めたと言うより背景の興味深い問題が多かった
Z会添削の種本とも言われ、トレーニングの問題そのままが東大即応模試に出題されたりさえした
因みに即応模試はその後河合塾のオープンと合併して即応オープンとなる

857大学への名無しさん2017/11/17(金) 20:03:06.88ID:Iwvjv5AY0
>>853
解法のテクニックは平凡な本だもんな
解法の手びきは、名前の印象からも、出版社的にもテクニックの下位版
さらにテクニックがこの出来だから、>>816にあるとおり、当時の東大受験生に手びきが人気がなかったというのも頷ける
これをもって手びき出来が悪いとする阿呆もいるようだが

858大学への名無しさん2017/11/17(金) 22:21:54.24ID:v39L5Hy60
>>856
ありがとん

859大学への名無しさん2017/11/18(土) 02:00:06.95ID:3m4Nd0JE0
網羅系では
鉄則>黒大数>∞>チャートだろうよ
営業部の力量の差でチャートの圧勝に終わってしまったが・・
いくら内容が充実していようが
肝心の出版社の人間が無能であるとこうなる
日本人は喧伝を鵜呑みにしてしまう傾向があるのでな
今でも大本営発表は健在なのであった・・

860大学への名無しさん2017/11/18(土) 11:45:40.06ID:HmAgwNAW0
鉄則はない
網羅性だけでいえば、黒大数はチャート式にすら劣る
いったい何を基準にした不等号だよ

861大学への名無しさん2017/11/18(土) 12:55:46.10ID:g0VUxyFe0
確かに>>859は滅茶苦茶やな

862大学への名無しさん2017/11/18(土) 14:22:29.51ID:HmAgwNAW0
>>859は「日本人は喧伝を鵜呑みにしてしまう傾向がある」っていう喧伝を鵜呑みにしてるな

863大学への名無しさん2017/11/18(土) 16:53:08.06ID:H0laJxkl0
>>860
その3冊を読んだうえで判断してるの?
それとも立ち読み程度?

864大学への名無しさん2017/11/18(土) 17:14:09.53ID:HmAgwNAW0
3冊の優劣を判断してる>>859本人に聞けや

865大学への名無しさん2017/11/18(土) 17:16:05.43ID:+s+OxADC0
>>859はアホ>>863は知恵遅れでOK?

866大学への名無しさん2017/11/19(日) 03:07:46.18ID:ix2rC+/h0
一冊だけでも丁寧にやり通すことが出来たら「成功」だと思うのですが・・・。
後は演習繰り返せばと思う。過去問とかで。英語も数学も。
きちんと書いてある参考書で定理とか知って喜んでた記憶があります。参考書すげえと。
でも後々わかるんですが、学校の教科書には「命名」こそしていないけど演習問題としてちゃんと掲載されていたのを確認しまして。
自分は馬鹿だと。教科書大事ですよね。

新着レスの表示
レスを投稿する