【2次】漫画SS総合スレへようこそpart79【創作】

1作者の都合により名無しです2018/05/05(土) 16:11:07.20ID:Cg4doURR
元ネタはバキ・男塾・JOJOなどの熱い漢系漫画から
ドラえもんやドラゴンボールなど国民的有名漫画まで
「なんでもあり」です。

元々は「バキ死刑囚編」ネタから始まったこのスレですが、
現在は漫画ネタ全般を扱うSS総合スレになっています。
色々なキャラクターの話を、みんなで創り上げていきませんか?

◇◇◇新しいネタ・SS職人は随時募集中!!◇◇◇

SS職人さんは常時、大歓迎です。
普段想像しているものを、思う存分表現してください。

過去スレはまとめサイト、現在の作品は>>2以降テンプレで。

前スレ
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/ymag/1404139251/
まとめサイト(バレ氏)
ttp://ss-master.saku@ra.ne.jp/baki/index.htm(ジャンプの際は@削除)
WIKIまとめ(ゴート氏)
ttp://www25.atwiki.jp/bakiss

17永遠の扉2018/05/05(土) 16:22:20.47ID:Cg4doURR
 しかし王手飛車取り? いや、犬飼を狙った以上王手であるのは疑うべくもないが、飛車とは? 

 おお、見よ。彼女の髪を、見よ。後ろに束ねているため決して長くは見えぬ彼女の髪がうぞうぞと、それ自身生命あるも
のの如く蠢きながら伸びている! すみれ色の髪が、水中に没したかの如く四方八方へたゆたって、いる!
「あっ」
 と犬飼が目を剥くころにはもう遅い。少女が瞬き1つの間に4〜5mまで生長した驚倒の毛髪はもう絡め取っている。犬
飼を、ではない。先ほどマサカリ状の足が雷光と共に薙ぎ払った木を、だ。
(マズい!!)
 遠ざかっていく円山と自分たちの中間点に、先ほど自分を投げたC含む2頭のキラーレイビーズを急行させる犬飼。速度
的に矛盾があるよう思えるが、裏技だ。

(”こんぼ”かい。武装解除→再発動で付近に召喚しなおし……急行、と。ひひ、どうやら核鉄に戻るのは犬笛らしい)

18永遠の扉2018/05/05(土) 16:22:38.00ID:Cg4doURR
 考えれば当たり前のコトだった。手元にある、コントローラーたる犬笛が核鉄に戻るのは。してみると犬飼が己の直掩たる
CとDをちょうどすっぱり『真希士の核鉄ゆらい』の武装錬金で纏めたのはけして偶然ではないらしい。

 ともかく軍用犬2頭を咄嗟に急行せしめた犬飼の配剤はまったく見事という他ない。なぜならば正にその時その場所に毒々
しい紫の蔦が巻きついた巨木が破門の勢いで衝き込まれていたからだ。
 忍法念鬼もどき。髪を操る忍法だ。早坂秋水決死の飛刀に比ぶれば意思なき樹木を支配するなど実に容易い。もちろ
ん追撃で移動しつつだから、頑健と根付く木をすぐさま丸ごと引き抜く力はないが、手足をナタのごとくする忍法小豆もどき
で伐採したものであれば話は変わる。

 飛車とはつまり木だったのだ。撞木の如く断面の側から2頭の軍用犬へ雪崩れ込む大木。決して中型犬ほど小さくは
ないキラーレイビーズたちの勢いは、勁(つよ)い。急行直前それぞれ地面や木をカモシカのような後ろ足で蹴り上げてい
るためその体当たりは2m級のヒグマであれば即死させうるものであった。
 相ぶつかる犬と樹木。クリアな波濤が飛び散った。撞木は確かに一瞬いきおいを、弱めた。が、飛びかかりなど畢竟使
い捨ての弾丸だ、空を舞いつつの防御姿勢である以上軍配は、駆動可の質量大なる方に上がる。むべなるかな、髪の
後援で鬩ぎあいをば突き破る大木。旋転しつつ後方めがけ蹴散らされる犬ども。


 香車2枚が剥がれた空間の彼方に見えるは玉。円山。飛車は、ゆく。

「えおりゃあーーッ!」

 両目を不等号にしながら明るく、しかい名状しがたくもある奇声をあげ髪で大木を投げつけるイオイソゴ。これは忍法と
いうよりホムンクルス調整体であるが故の膂力だろう。

 もはや、ミサイル。後方に引きずる梢が緑の噴炎と見まごうばかりの勢いで円山めがけ水平に飛び始める大木。

(ご、豪快……!)

 犬飼は気を呑まれる。老獪なるイオイソゴから想像もできぬやり口もまた、予想外。

(ひひっ。忍びだからとて地味に攻める必要はない! 火遁ば知るのじゃー! 派手で目を引き勝つのも忍びじゃあー!)

 力任せでも、勝てばいいと景気よく割り切り、

「さらにさらにーーー!!!」

 背後から円弧えがく爪撃を倒立しつつの跳躍で回避するイオイソゴ。しっかと樹木に結わえた髪に引かれニューっと円山
めがけ凄まじく推進し始めたのが偶然でないのは「わっはっはー! 大成功じゃー! わーい!」と逆さながらに”へそ”覗
かせつつバンザイ三唱で笑顔な彼女からいやというほど見てとれた。意外な気のよさに犬飼はちょっと祖父を想像し、あや
うく親近感を催しかけたが慌てて抑える。

(遠投で円山を狙いつつ自身も加速……! 耆著すら、使わずに…………!!)

 厳密にいうと忍法念鬼もどきの髪の延伸は頭部に内蔵した耆著もたらす磁性流体化の毛細管現象の結晶であり、犬飼
もその辺りは分かっている。『使わずに』というのは、外部への話だ。犬飼は足止めたる自分に1発でも多く無駄撃ちさせる
コトで円山への狙撃とか、加速追跡の手数を僅かなりと減らそうと思っていた。イオイソゴが根来対策で何がしか鳴子めい
た物を仕掛けると──だいたいだ、葉に石を投げて出現を危惧させたのは、耆著の鳴子で自分たちへの弾丸を削るため
でもあった──鳴子めいた物を仕掛けるのであればなおさら無駄撃ちさせる意義は、大きい。

(ひひ。それが分かってて誰が撃つかよ)

 口元は悪辣にゆがむが、ずんぐりとしたどんぐり眼だけは星映す湖面のように、わっくわくと澄んでいる。材木に引っ張られ
て飛ぶ非日常(アトラクション)が子供らしく、楽しいらしい。

 イオイソゴ⇔円山間の距離、残り37メートル。少女を結んで飛ぶツリーミサイルの速度は、速い。

(後はゆるりと運ばれるまで……)
「させるかああ!!!」

19永遠の扉2018/05/05(土) 16:23:02.97ID:Cg4doURR
 裂帛の気合と共に三叉する光線が凧糸の如き濃紺の髪に迸った。「ひ?」 一瞬の浮遊感のあとくるりと翻り足裏で別の
木の枝を撓ませ前方へ跳躍したイオイソゴが、黒ブレザーなびく風の中で。

 前方の下界で変わらず円山めげか直進する木をうむうむと認めた後。

 ちらりと後ろに向けた大きな瞳に、映したのは。

 主人を乗せ、2頭の軍用犬(なかま)と共に咆哮しながら追ってくるキラーレイビーズB。それらの爪牙には、髪──…

「ほほう? ま、木と結ぼれるため内部のごく僅かな芯以外、融けてはおらんかった髪じゃ、ひひ、断たるるは当然……」

 だが一定の加速は得られている。撞木めいたミサイルに一瞬とはいえ引っ張られたのだから、当然だ。その余勢の赴く
まま髪を伸ばし手足を延ばし、飛び移っていくイオイソゴ。その俊敏さたるや熱帯の猩猩の如く。──

(…………)

 速い、追いつけないと思った瞬間もう犬飼の犬笛は犬達を犬死させかねぬ残虐な命を下していた。

 キラーレイビーズCが、Dの襟首を咥えて、ブン投げた。イオイソゴが鼻歌交じりで髪を結えようとしていた枝が粉散らしつ
つほぼほぼ爆散のいきおいで砕けたのは、八宝菜の中の小エビのように背筋を丸めた哀れなDが激突したせいである。

(ほ、砲弾……)

 檜臭い砕片の雨の中、やや呆気に取られながらも次なる移動に移りかける老練な少女の背後で、残影が、受肉した。

「そっちも同じコトしてるんだ。言わせないよ、文句は」

 犬飼は乗騎ごとイオイソゴを貫通した。砲戦を巨大プリンに仕掛けたような水音が響いたが、当然ながら致命傷では、
ない。

(ひひ。まーた自分を投げさせたか、れいびーずに)

 丸く抉られた胴体へ逆再生のように黒い飛沫を集結させるイオイソゴ。追い抜かれ……目撃する。円山と自分の間に、
いまだ一颯の血けむりを首すじに雲烟と纏う眼鏡の青年が、着地する軍用犬に跨りながら壮絶なる眼光で射抜いている
のを。

(貫かれたんだし、肉片付着させて何かやっといた方が良かったかの? でもそっちに神経使うと円山逃げるし、根来に
付け入る隙やっちゃうしのう……。んー。でも……。なんじゃ。今とは言わんが──…)

 犬飼は、思わぬしつこさ。普通の者なら苛立ち始める頃だが、ちょっと立ち尽くしたイオイソゴはポリポリと、困ったような
微苦笑で頬を掻く。温和な老農夫が意固地な幼児に出くわしたような一種牧歌的でもある表情だ。

(時よどみ……。使わざるを得んかもな)

 かつて鳩尾無銘が早坂秋水を死線に追い込んだ恐るべき魔技の炸裂や、如何。──


 時はごく僅か逆行するが、円山。


(当たったら、死ぬ!!)

 気配に振り返った円山は、ミサイルと見まごう巨木が飛んできているのを見た瞬間、ほとんど泣きそうな表情をした。が、
同時に戦士としての冷静な部分は両膝に風船爆弾を展開! 破裂の空気圧で上方へ逃れる。複数層のお蔭で1発2発の
耆著なら着弾してもむしろ加速できるが、大木の直撃となると話は別だ。上着2枚重ねてるからミサイル当たっても大丈夫
といえる人間などいない。バブルケイジはシルバースキンではないのだ。唸りを上げて飛んでくる木に激突されたら『円山ご
と』破裂して、終わる。

 ああ。先ほど確かに長い針であれば攻略できると考えたイオイソゴ、だがこの木(はり)の長さは全く人智を絶している!

20永遠の扉2018/05/05(土) 16:23:19.87ID:Cg4doURR
 果たして紺碧の箒を備えた甚大なる柄は円山の下スレスレをすり抜けた。僚機たるキラーレイビーズAもまたスイっと避
ける。レトロなシューティングゲームのオプションのようだった。

(なんとか、よけ……)

 安堵は轟音で掻き消された。それが、イオイソゴの、何がしかの忍法による直接的な作用であったのならば、まだ円山
は一種の僻みを向けられた。多彩な技なるものはいつだって『ご都合主義』『後だしジャンケン』などと、持たざる者に、奇
妙な特権意識を以って蔑視されるものである。が、円山が眼前の現象に対しそれとは対極的な、心魂の銷失を伴う『見事!』
という評価をありありと感じてしまったのは、ごくありきたりの収束が見事なまでに利用されていたせいだ。

 梢。落着して地面にナナメに突き刺さった大木の、梢が。

 円山の眼前いっぱいに、広がっている。

 高速飛翔体に対してこれ以上はない、最悪なる進路妨害だった。(あ、あの幹部、ここまで考えて、木を…………!!)。
真正面から梢に衝突すれば当然ながら、止まる。伝令として、戦団の集合地へ逃げている最中の円山が、止まる。背後に
追っ手(イオイソゴ)が居る、状態で。

(マズい! このままじゃ、激突──…)
「レイビーズ!!!!」

 叫号の主人。駆け巡るA。枝という枝を鋭い爪で剪(き)り飛ばし進路を開く。だが咄嗟の出来事でもある。切除し損ねた
枝の幾つかが大木とすれ違う円山の風船(スーツ)にびしゅびしゅと引っ掛かり裂け目を作る。即座に破裂するほどひどい
傷ではないが、それまで後方の一方にのみ集中噴出していた空気の、不規則な箇所からの漏洩は明確なる減速となって
円山を苛む。

(パージ……。いや駄目! 枝がまだある状況で破裂させたらすぐ下のがすぐ駄目になる! バブルケイジはあくまで風船
……! 膨らませる時間が要るから、激戦のような速攻的な再生は……できない!!)

 つまり枝に引っ掛かるたびパージすればやがては風船(スーツ)が割れ尽くし……円山がむき出しになる。それは停止と
同義である。上への軌道修正もまたできない。さきほど大木を避けるとき、原住民的な枝どもスレスレに高度を上げている
からだ。倒木の梢を避けて生木の梢に突入……とはいささか本末転倒だろう。円山は、倒木と生木の間に開いた僅かな
隙間をゆくほかない。

(だ、だから、ちょっと減速しても、最外郭が割れ尽くすまでパージはできない!! 枝! は、早く通り過ぎて、早く!!)

 なおも懸命に枝剪るレイビーズAの傍、胴体着陸さながらのおぞましい震動を枝と奏でながら飛んでいく円山。ざわざわ
という、薄手のゴミ袋を揺すったような葉の音をBGMに陥っているのは、いっそ自害したくなるほどの悪循環だった。速度
が落ちれば枝地帯からの離脱が遅れる。遅れると枝の作る傷が増える。速度が、落ちる。ばきばきと枝が折れ灰色の虫
食い目立つ黄葉が舞う。

(このままじゃ、止まる!)

 思った瞬間、キラーレイビーズAが体当たりを敢行していた。前方へ飛ぶ衝撃にガックンと首を揺らした円山は最初意図
を掴みかねたが不快な枝との軋轢が霧消しているのに気付いた瞬間(強引に、脱出させた……)と気付く。

(い、犬飼ちゃんらしくない有能な判断ね…………)

 風船が、弾けた。パージでいくらか加速したが、ロケットスタート直後の勢いは、もうない。時速80キロ台後半というところ
だろう。

 振り返る。仁王立つ犬飼の後ろにイオイソゴがいる。距離は微増の41メートルなれど未だ危険領域。

 円山。合流地点まで…………352メートル。

21永遠の扉2018/05/05(土) 16:23:41.02ID:Cg4doURR
 だがもう、150メートルもなかった。

 犬飼が絶命の窮地にある時、”ある座標”の亜空間から出現した根来忍が、イオイソゴの『秘奥』の1つの直撃を許してし
まった運命的な刻限まで──…

 150メートルと、なかった。

 ……。

 そこまでの攻防はいよいよ出血多量で頬を黄土色の土の如く染め上げる犬飼倫太郎の、正に最後の輝きというべき壮
烈なる攻め口に、イオイソゴ=キシャクの幻妖奇怪を極める歪な技の数々が黒炎の如き熱量で衝突し弾け散る無限獄。

 円山はもう、言葉さえなかった。スーツの加速が一段落するのも待てないとばかりそわそわと何度も首だけねじ向け後ろ
を見る。

 乱舞する犬の爪牙を木立ともども電瞬の速度で潜り抜けながらも、時々犬飼の奇策で後ろへ飛ばされながらも、なおも
執拗に加速する木星の幹部の表情に怒気や殺意はまるでない。白く濡れ光る乳歯を、渋みのある痙笑に釣りあがる唇の
狭間からきらきらと覗かせながら、楽しげに、楽しげに、好物に向かって突進する幼童のような無邪気な意欲を双眸に灯ら
せただひたすら──…

 追ってくる。

 弾かれようが、叩かれようが、忍法を阻まれようが、

 笑いながら、追ってくる。

(犬飼ちゃんの、見たコトもない強烈な攻撃が何十発も決まっているのに……!)

 背中に、肩に、頭に。耳を覆いたくなるほどの乾いた音を伴う、大砲の着弾のような轟きを浴びているのに、少女は一瞬
黒くしぶくだけだ。眉1つ、動かさない。すぐ再生して負うという生易しい一拍すら挟まぬ。濁流のようであった。磁性流体化
した肉体のどこが吹き飛ばされようが、イオイソゴ本体は、放擲された玉すだれのような粘塊を保ったままいっこう速度を
緩めずただただ、びっしゃあと円山に向かって迅激する。多少押し戻されても犬飼には目もくれず、狂ったように、追って
くる。

 それが円山には恐ろしい。徹底される原則のみが有する、整然を超距したおぞましさに肝を冷やす。

 視認のためか。加速のため黒く融けるイオイソゴは時々顔だけを原型に戻す。全身は、もともと人の形が磁性流体化した
ものであるし、何より追撃のための実利的な理由から、140cmほどのタイ米のような流線型であるものの、少女の顔は
その両端から生えるとは限らない。手足を毟られた華奢なプラモデルに、腕や腰、背中や腹部の好きな箇所に頭部を接続
できるギミックがあれば間違いなく気持ち悪がられるだろうが、イオイソゴはそれだった。人智ではありえからぬ首の生え方
であった。ゲル状の宇宙生物に喰われたいたいけな少女の生首があっちこっちからはみ出ていると形容した方が正しいの
かも知れない。太ももパーツを付けるべき腰から45度のさかさになって瞬きしたり、背面飛びのさなか人面瘡のごとき凹凸
が円山の網膜にショックを与えたりと、おぞましさの枚挙に暇はない。

 みな、笑っている。

 鼻の低さが愛らしい少女だからこそ却って凄絶だ。あどけない目を何か見つけた子猫のようにまんまると見開きながらも、
魔魅の如き怪笑に引き裂いた頬へ胴ぶるいするような色香をねっとりと纏わせている。円山が、忘れていたはずの”男”を
危うく欲情の紅い炎に絡め取られかけた程その美は魔界めいて濃艶だった。それでいて、きらきらと吹き付けるような少女
特有の清純な気風をも漂わせているのが却って狂的、凛呼とした可憐な佇まいは異性をふるいつかせずにはいられない
食虫植物の妖しさだ。

 実際彼女は処女であった。銀成での足止めの時こそ経験があるよう言ってはいたが、それらは総て人間だったころから
既に使えた任意車と他人の肉片で練り上げた分身の出来事……。淫靡きわむる幻燈図を恐れるあまり、くの一の最大責務
は総て総て分身に肩代わりさせた。だから数々の経験をトラウマのごとく心に刻みながらも、イオイソゴ本体の純潔だけは
生まれ落ちてからこっち555年ずっと清浄に保持されている。

22永遠の扉2018/05/05(土) 16:24:00.73ID:Cg4doURR
 なのに、ああ、蹂躙された牝の記憶はある! 豊麗な手管を尽くしてきた妖婦の形質もまたある! だのに処女だけが
有する清楚の香りも散っている!

 女性的な円山でさえ捨て去った筈の性欲を刺激され、きりきりと歯噛みするのは矛盾を極めるイオイソゴの色香ゆえだ。
もはや見るだけで懊悩の袋小路に追いやられてしまう。津村斗貴子に先日破られた胃の発するぎりぎりとした痛みに風船
(スーツ)の中で蒼褪める円山。知らず知らず半開きになった口は突き出す舌さえからっから。

(ああ、悪意がないっていうのが逆に、逆に…………!)

 円山は気付いた。気付いてしまった。木星の幹部の顔つきがせいぜい、『戸棚にまんじゅうを見つけドドドと走る子供』ぐら
いのレベルであるコトに。

 だからか、一種”からっ”としているのだ、攻め口は。円山側こそほとんど心神耗弱しかけている恐るべき打ち筋の数々
ではあるけれど、イオイソゴの方は不必要に絶望を煽ったりはしない。性明朗なる天才少女棋士がバッチンバッチンと
景気よく駒を盤面に打ち付けている程度のあっけらかんとした方略だ。ただ、だからこそ、始末は余計に悪くもある。三下
丸出しでニタニタと無用な示威をかましてくる方がまだあるのだ、付け入りようは。

 なのに、景気よく、打つ。

 それでいて要所要所ではキッチリ心を折りに来るから

(無邪気さと老獪さの同居が、怖すぎる……)

 狡猾な幹部だから、見た目相応の明るい態度は仮面なのだろうと円山は思っていたが、否と評伝、改めつつ、ある。
どっちも本当の顔であるらしい。それが陰陽の如く入れ替わり立ち代わり出現する。ある意味、どうしようもなく壊れて
いるのかも知れないし、逆に感情を完璧に統御できているからこそ無邪気な側面を無防備にさらけだせるのかも知れ
ない。分身と本体の、処女性のズレが合一と共に奇妙な競合をもたらしてきた可能性も或いはだ。

 ともかく磁性流体と化した黒い颶風が吹き荒れるたび円山との距離は如実に縮まって。

 追いつかれるまで……29メートル。

 だが希望も、ある。

(この道は、通った道。盟主とコトを構えたあの見張りの場所まで行くとき通った道……)

 だから円山は知っている。

(あと『150メートル弱』で……森を抜ける。合流地点に使われている村まで約200メートルってとこなんですもの、自然
に開拓されてて当然よ。ともかく、そこからは平地。森が終わり、木がまばら……だから!)

 イオイソゴは、これまでしてきたような枝から枝への加速を封じられる。減速の目があるという訳だ。

 だが相手もそれは知っているようだ。温存していた耆著をいよいよ乱射し始めた。黒いつぶては予定通り3頭のレイビーズ
によって弾かれているが……スーツは、2層目まで割られるようになってきた。万全だと自負していた全4層のうち半分が、
呆気なく突破されつつある。加速の恩恵こそあるが、イオイソゴも正念場と速度を上げる。近づけば近づくほど命中精度と
着弾数は……上がる。

(……っ! このままじゃジリ貧! 私も何かしないと……殺される!)

 犬飼を役立たずだと思ったからの考えではない。むしろ彼は全力以上の全力を尽くしている。今なら津村斗貴子相手で
も相当の善戦ができるだろうとさえ思っている。

(けど問題なのは……敵が強すぎるというコト! 死力にイオイソゴの戦略的不利を加えてなお埋まらぬほど実力差があり
すぎる! 加勢しないと! 逃げながら……加勢しないと!)

 相反する考えだが、しかし立て続けに策を打つ犬飼をずっと見てきたのだ円山は。だいたい円山自身の着想だって、盟
主相手にバブルケイジの使い方を切り替えた瞬間、大きな転換点を迎えている。彼の思考力もまた夜明けの墓場で胃を
裂かれた時とは違う、違うのだ。

23永遠の扉2018/05/05(土) 16:24:32.76ID:Cg4doURR
(私だって……しなきゃ! 知恵で無理を覆す程度のコトしなきゃ……ダメよね!)

 イオイソゴに重ねる幻影のような津村斗貴子を振り払い、円山円もまた動く。
 落ちこぼれだった犬飼。だがその熱はいま、人を、世界を、動かしつつ、ある。


(犬飼めが妙に賢(さか)しくなっておるのは恐らく)


 中村剛太の影響だとイオイソゴは分析する。今夏犬飼がヴィクターVに負けるに到った遠因は、突き詰めれば剛太の策
謀だ。

(”るぅきぃ”が、10代より戦士をやっておった己を降した衝撃的事実から、奴め無意識ながら学んだな。『策は経験を覆す』。
ひひっ。弱者ゆえの特権に──…)

 目覚める機会(チャンス)を与えたのは結局……ヴィクターV武藤カズキ。彼が剛太を止めなければ犬飼は再生の道さ
え許されずその生涯を終えていた。

(……難儀な、恐ろしい男よ武藤かずき)

 イオイソゴたちレティクルが、彼の不在を狙い蜂起したのは偶然ではない。意図的だ。居る時に繰り出せば幹部2〜3人
説得で無力化されやがて負けるとは未来を識るウィルの弁。だから月に消えている僅かな期間を決戦の刻とした。

(にも関わらずその残した火の粉が……予想外の形でわしに纏わりついておる)

24永遠の扉2018/05/05(土) 16:26:02.52ID:Cg4doURR
 対象の時間感覚を限界の彼方まで遅延したあげく精神的老衰死を遂げさせる恐るべき忍法・時よどみ。
 犬飼への使用を検討しながらもここまで使わずに居るのは警戒ゆえだ。

(武藤めに『太陽』を見る者は……多い。さんらいとはーとの号を与えた津村斗貴子。名を呼ばれたぱぴよん。魔道から掬
い上げられた早坂姉弟。未来の希望と呼んだのは防人衛。関わる者は大なり小なり……『太陽』とそう想い、正しき方へと
歩んでいく。同じ太陽を冠する盟主さまと違うのはその点よ……)

 犬飼は認めないだろうが、その、滾るほどの熱もまた太陽がなければ得られなかった物だろう。警戒していた太陽の、
強い残り火を嗅ぎ取るイオイソゴは粛然と身を締める。

(『正心』。忍びが喪えばやがて報いを受けるいわば肝要。ゆえに強い正心(もの)抱く相手に忍びは弱い……!)

 絶対の、論理だ。剣豪に勝てても剣聖に勝てぬのが忍び。本家本元の時よどみが破られた事例さえある。
 さすがに犬飼は剣聖ではないが、

(こやつから匂い立つ雰囲気は……きわめて正心に近いところが…………ある! 雑魚と見縊り生半な時機で時よどみ
をば仕掛ければ滅ぶのはわしの方……!)

 ほぼ一撃必殺の大技であるからこそ、掛け終わるまで硬直を余儀なくされる弱点もある。硬直すれば円山が、逃げる。
犬飼への過分にも思える警戒感を差し引いても、うかと使えぬ戦術的な筋道が、あるのだ。

25永遠の扉2018/05/05(土) 16:27:00.47ID:Cg4doURR
(そも無銘めが早坂秋水に敗北したきっかけもまたこの忍法……。ひひっ。『無銘めとの関係』を考えると、わしまでもが
時よどみを濫発するのはまずい、まずいのう)

 硬直を、根来に衝かれる危険だって忘れていないイオイソゴだ。観客の立場で見ればいささか勿体ぶった、じれったい
感じはいなめないが、絶大な秘奥を有しながら温存できる忍耐力はまったく見事でもある。

.

..

 自刎してまで行っている足止めが、全く奏功せず距離を詰められている現実にしかし犬飼は不思議と動揺していない。

(いつもの、コトさ)

26永遠の扉2018/05/05(土) 16:27:23.95ID:Cg4doURR
 自嘲を込め心中笑う。何か大きな役目を与えられるたび、彼はそれが自分を決定的に変えるきっかけだと意気込んで、
自分なりの全力で挑んできた。だが結果はいつだって失敗だ。ドラマや、小説の主人公なら、落ちこぼれであったとしても、
ごくごく序盤で達成して、勇躍の端緒にできる、ゲームでいうなら1面のボス程度の、『難しいこと』を、しかし犬飼はここまで
達成できず終わってきた。

 だから、慣れている。ヴィクター級と目される幹部たちの中でもとりわけ重鎮とされるイオイソゴ=キシャクに自分の行動
が何一つ通じていない現状には焦りよりむしろ「またか」という思いの方が強い。

(けど今度は……、今回だけは……掴めてきた)

 100の耆著をイオイソゴの掌から弾き飛ばせたとき芽生えた

──(なんだ。ボクだって……やろうと思えば…………やれるじゃないか)

 という自信は、彼自身気付いていない中村剛太の観察力(えいきょう)で、イオイソゴ攻略の道筋をつけつつある。

 追撃戦が始まる前、犬飼は、した。円山と、会話を。

27永遠の扉2018/05/05(土) 16:27:41.32ID:Cg4doURR
──「あの幹部、並みの打撃斬撃は通じないって話よ?」

──「わかってる。レイビーズでただ攻撃するだけじゃムリ臭いってのは」

──「何せ戦士中トップクラスの高速斬撃を誇る津村斗貴子のバルキリースカートや」
──「武装錬金ではない、普通の日本刀ですら相手を大小ごと両断できる早坂秋水の振るうソードサムライXでさえ」

──「あの木星の幹部に傷1つ負わせられなかった……からね」

 彼ら以上の速度や攻撃力で仕掛ければ或いは、だが、嗅覚による敵追跡こそが本懐のキラーレイビーズが突如として
津村斗貴子以上のスピードと、早坂秋水をも軽く凌ぐパワーを手に入れるなどというコトは原理的にいって有り得ない。

 イオイソゴにはエネルギー攻撃が有用だとはいうが、それもまた、軍用犬では……ムリだろう。

 それでも『1つだけ』……試したいコトがあると彼は言った。
『試したいコトがある』と。物理攻撃完全無効の幹部だが、牙や爪しかないレイビーズでも理論上は斃せると。

──(かなりの集中が必要だけど、いまある能力の1つを総動員すれば…………可能性は、あるッ!!)

 だが追跡能力こそメインのレイビーズでどうやって? イオイソゴが恐れる根来忍に津村斗貴子や防人たちが合流した
6人の集団相手に互角以上の戦いを演じた対拠点殲滅用重戦兵器・鐶光が、津村斗貴子と早坂秋水と他2名と組んで
なお斃せなかったのがイオイソゴではないか。犬飼はその「他2名」にさえ劣ると老嬢に評されているのに、どうやって?

(磁性流体化の弱味を、衝く!)

 いったいどういう話か。以下、犬飼の思慮に任せる。

(磁性流体化で打撃斬撃を無力化しているといっても、それは打ち込んだ耆著の特性あらばこその話! 木星の幹部が
溶けてもバラバラにならず動けている以上、打ち込まれた耆著は溶融しているにせよ原型そのままであるにせよ奴の体内
に残留し微細な結合の操作を受け付けている筈! ならば!!)

 犬飼に逆転の目はある!
                                                             や
(レイビーズで……嗅ぎ分ける! 奴に打ち込まれている耆著の匂いを嗅ぎ分けてその地帯を……攻撃る!!)

 いわば経穴の攻撃だ。犬笛(セーフティー)を取り上げられ敗北した犬飼だからこそ辿り着けた着想だ。そう、体を融かして
打撃斬撃を無効化している武装錬金(セーフティー)なら摘出すればそれで済む。戦士の武装錬金に置き換えて考えた場合、
一番このモデルケースを説明しやすいのはシルバースキンだろうか。やや荒唐無稽だが、構成材たるヘキサゴンパネルを
1つ、すうっと抜き取るコトができればそこから攻撃が通る……といった感じだ。
 もっと世俗的にいうなら『不定形な相手は、核(コア)を狙え』だ。耆著は鍼であり核であった。打ち込んだ場所を人肉とろ
ける経穴と化す恐るべき鍼であり、核であった。で、あるから犬飼はそこを狙う。

(耆著が溶けているなら破壊は無理に思えるだろう! けど! 弾き飛ばすコトならできる!! 磁性流体化を促している
部位をレイビーズの嗅覚で見極めて弾き飛ばせば……)

 周囲は、肉体へと、戻る。

(”それ”を……章印周りで! やる!!)

 実行できれば、犬飼でさえ、イオイソゴを……斃せる! さもありなん、磁性流体化さえ解除すれば、武装錬金(レイビーズ)
はホムンクルスの章印を貫いて……殺せる。

 だがどうして斯様な王道的な攻略法を、銀成で足止めされた5人は思いつけなかったのか。いや! 厳密には浮かんで
いた! だが津村斗貴子も早坂秋水も鐶光も栴檀貴信も栴檀香美も、耆著を、核を、ピンポイントで見つけ出す手段を
……有さなかった! 当たりさえすれば破壊ないし排除しうる斬撃はあった! 斗貴子と秋水は持っていた! 不定形に
対するもう1つの最適解、丸ごと焼き尽くすを敢行する火力もまたあった! 鐶と栴檀2人が所持していた! だが耆著の
みを捜す手段は……なかった! 唯一嗅覚が期待できるネコ型の香美でさえ、ああ、なんと言う運命の不具合! マンゴー
という柑橘系を調整体の一素材とするがゆえの、イオイソゴの仄かな匂いは、柑橘を嫌うネコ型の香美の嗅覚をかきみだ
すから、たとえあの場の誰かが嗅ぎ分けろと命じたところで確たる成果は望めなかったろう!

28永遠の扉2018/05/05(土) 16:28:00.01ID:Cg4doURR
 しかも磁力で融けた部位を動かせるイオイソゴだ。攻撃に合わせて『核』に該当する耆著の位置をずらすなど朝飯前。

 ともかく! 探査こそ本懐のキラーレイビーズであれば嗅覚を以ってイオイソゴの核を嗅ぎ分けるコトはできる!

 同時にそれは、イオイソゴを怨敵と睨む犬型の鳩尾無銘もまたこの意外な攻略法を実践できるというコト!!

 むろん犬飼は、照星誘拐直後わずかに遭逢しただけの少年(チワワ)に意外なヒントを与えうる立場になっている運命の
おかしさまでには気づけない! 
 なんにせよ、無駄に思えるレイビーズの攻撃を繰り返し続けたのは総て耆著の所在を見極め……否! 嗅ぎ極める為!
武装錬金とはいえ元はイオイソゴそのものだった耆著である、匂いはさほど違わない。融けた肉から漂うマンゴーの、ねっ
とりとした香りもまた判別を妨げる。きっと彼女が『マンゴー』という、漆よろしくかぶれるだけが取り得の無難な植物を、調
整体の構成材料に選んだ理由はそこなのだろう。核の弱点に繋がりかねぬ耆著の匂いを塗りつぶすためマンゴーを選んだ
のだろう。

(それでも匂いの、微細な違いは分かりつつ、ある! 問題は速度だ! 見極めてすぐ耆著を弾き飛ばさないと…………
移動される恐れがある! これほど老獪な幹部なんだ! 章印周りの磁性流体化には尋常じゃないほど気を配っている
筈! こっちの微妙な仕草から耆著を嗅(きづか)れたと気付いたら速攻で移動させるか反撃してくる……!)

 秋水たちが嗅覚を持たなかったように、犬飼は攻撃力を持たない。スピードも。

(どうする……? そこさえクリアできれば斃せるんだ。考えろ。考えるんだ)

 奇運とは、あるらしい。正にその時だったのである。円山円が助援を検討し始めた瞬間は。

 そして。

 最大の駒もまた、奇襲に向けて動き出す。

 亜空間の中で、マフラーが泳ぎ出す。網目状のぎらぎらした水光をゆらめかす直上の、膜(ブレーン)へと、イオイソゴと
『あと2人』を下からの一枚絵でくゆらせる水面へと、鍔を鳴らした金色の忍者刀が、持ち主と共に浮上(うか)んでいく……。

 決まりさえ、すれば。

 円山円の後押しと根来忍の奇襲が最高のタイミングで決まりさえすれば。

 犬飼倫太郎はイオイソゴ=キシャクを打倒しうるのだ。

(ひひっ。しかしむしろそれこそがわしの狙い!)

 心中、黯(くろ)く嗤うイオイソゴ。おお、戦歴500年がどうして気付かずんばあるや! 嗅覚するどい軍用犬と事を構え
どうして耆著排除の動きに繋がらぬと楽観できるか! 

 読んでいる! 木星の幹部は、読んでいる!

 再殺部隊3名の連携が、己が章印への致命的一撃に繋がるだろうと……読んでいる!

(で、ある以上、防げる訳じゃが……ひひ。万一章印を……もちろん磁性流体化なしでの話しじゃが、章印を貫かれたと
しても…………『問題は、ない』)

 不死、という訳ではない。少なくてもこちら側のイオイソゴは絶命する。

(が、絶命するからこそ伝令を阻める!)

 魔法のような話だが、魔法と違わぬのが忍法。──

(『山彦』。わしの受けた”だめぇじ”を視界内総ての相手に与えるわざよ)

 先ほど彼女が『磁性流体化さえ解除すれば円山を殺せる』といった両断必須の忍法こそこれである!
 嗚呼、確かに根来が潜んでいる時に磁性流体化を解除するのは自殺行為。

29永遠の扉2018/05/05(土) 16:28:30.25ID:Cg4doURR
 だが! その『解除』が犬飼の、決死の思慮の策謀の果て訪れた逆転の一撃に因(よ)る物であれば!?
 根来の絶妙きわめるタイミングでの奇襲さえ絡めた上での『解除』であれば!?

(引き込める……! 連中に疑わせることなく、忍法山彦の”かうんたー”に……引き込める……!)

 つまり! 再殺部隊3名があい協同してイオイソゴの、すぐ背後に心臓が佇む章印を深々と貫いた場合!

(貴様らも同時に、死ぬ……!!)

 だから犬飼の、耆著を探るような動きを黙認し、放置したのだ。練習さえさせてやれば、成長著しくなっている犬飼はやが
て章印を狙ってくるだろうと『信じた』から、好きにさせてやったのだ。

 まったく恐るべき狡猾さと言わざるを得ない。

 とまれ山彦で犬飼以下3名を葬れたとしても、ここのイオイソゴは心臓ごと章印を貫かれる都合上、絶息は免れない。
 が、そこは忍法任意車のしもべである。魂魄は盟主の傍に切り分けておいた方の本体(ぶんしん)へと回帰し復活する。
 伝令を阻み、根来をも斃した上でゆうゆうと凱旋できる…………。
 あとは愛しい鳩尾無銘を喰えるまで、アジトで手薬煉(てぐすね)引いて待つだけだ。

(……。ま、唯一恐ろしいのは、わしが山彦を発動したタイミングで、盟主さま近習のわしが殺されることじゃが)

『根来がこちらに来ているという仮定で話を進めるのであれば』、近習のイオイソゴを一撃で殺しうるのは盟主だろう。

 任意車の弱点もまた磁性流体化攻略法と同じぐらい平易である。

『分身するなら、分身全部同時に斃せばいい』。

 つまりこっちのイオイソゴが、根来以下3名を道連れにして死ぬ正にその瞬間、近習の方のイオイソゴが盟主などの手に
よって殺害された場合……いかな忍法任意車といえど術者の魂魄を戻すべき肉体を喪い……瓦解する。しかもメルスティー
ンに関しては磁性流体化解除など考慮すべくもない。特性破壊の大刀を有するのだ。犬飼たちからすれば魔人のごときイオ
イソゴでも、盟主は鼻歌混じりに斬り伏せられる。しかも近習のイオイソゴは近習であるが故に、盟主に山彦をかけられない。
当たり前の話だ。かれの所在を戦団につかませぬよう奮戦している守護者がだ、その守るべき対象を殺すなどどうしてでき
よう。もう顔の上半分は、青紫から肌色の帳(グラデ)が降りている。黒い血管を外郭に血走らせた真円の白目でがっくがっく
と戯画的に震える。

(い、いかな盟主さまといえど、こちらの状況に合わせて近習の方を殺す知覚はない筈……!)

 生唾を呑みながら、考える。

(そう。カメラか何かで携帯にこの辺りの様子を映しているとか……、或いは『遠見貝』のような遠方を知りうる忍法でも
使っておらぬ限り……、絶対に、絶対に)

 優れた忍びほど予想もつかぬ裏切りで殺されるのを知り尽くしているイオイソゴだからこそ、万一を恐れもするが、(いや
いや向こうのわし避けれるもん! 油断せんかったら盟主さまの攻撃でも避けれるもん! 万一殺されてもぐれいじんぐ
同行しとるし! いやほんと頼むぞぐれいじんぐ、蘇生してくれよ!?! おま、お前な、この前かふぇで”けぇき”とか”こお
ひぃ”奢ってやったんじゃからな、頼むぞ本当死んだら無銘喰えなくなるんじゃぞわし!)と胸中の虚像にぶんぶんと、馬の
尾ごと顔を振らせる。

 落ち着いた。

 余裕ある老嬢の顔つきに、奸悪なる笑みを湛える。

(ひひ。仕掛けてこい犬飼ども。死ぬ為に、な…………)



(章印を狙う。生き延びる手段はそれしかない……!)
(私は犬飼ちゃんをアシストする……!)

 最善手の先に待ち受ける罠に気付かず意を高める犬飼と円山。

30永遠の扉2018/05/05(土) 16:29:08.76ID:Cg4doURR
.



(イオイソゴ=キシャク……)

 亜空間の中、酷薄な瞳を更に冷然と吊り上げる根来忍。
 仇敵たる伊賀忍者、『とある2人の』間にある。
 様子を窺う白皙なる紀州の忍び、目論見に気付いているのか、いないのか……。


 近習のイオイソゴは盟主と、グレイズィングに同行している。

『太陽』の幹部と、『金星』の幹部の間に……ある。


【ある作家たちの対談記事】

(上半分と作家名が塗りつぶされている)

■■■「……とんでもないタイミングでしたね、根来」

×××「ええ。何しろ仕掛けたのが金(記事はここから破れている)」


 犬飼と円山の近くのイオイソゴがずっと感じている『影からの殺意』。
 それは近習が感じているものか、否か。

 だが犬飼には近づいている。

 彼と、彼の祖父の運命に意外な関わり方をしていた1人の男は、確実に犬飼へと、近づいている。

 ……。

 10年前、音楽隊のリーダーに征伐されたというレティクルの幹部。

 その兇刃から犬飼の祖父に守られた若い青年には弟があり、その家系は……紀州の忍び、であった。

31スターダスト ◆C.B5VSJlKU 2018/05/05(土) 16:31:42.37ID:Cg4doURR
以上ここまで。

32作者の都合により名無しです2018/05/20(日) 19:22:37.62ID:sSkVtYaP
>>スターダストさん
前回から続いて、犬飼の思いには共感できる部分が多々あります。憧れこそが、正しさこそが、屈折を
生む……しかし奮起の燃料とできるなら、嫉妬もコンプレックスも毒にはならない。今の犬飼はそういう
状態ですね。あと「説得で無力化」されてしまうって、確かに敵に回したら怖すぎますな。流石主人公。

33永遠の扉2018/06/10(日) 02:11:33.58ID:2iyG2ofA
第106話 「タングステン0307(後編)」

 負け犬と、くの一の、構図。

(嗅覚でイオイソゴの胸周りの耆著を見つけて排除し……章印(きゅうしょ)を貫く!!)
(心臓ごとやるがいい! 忍法山彦で返してやるわ!)

 なお山彦は自ら胸を貫いた場合でも『視界内の敵』総て道連れ可能だが、根来への警戒感がそれを押し留めている。そ
もイオイソゴの想定する彼は、『わしが山彦を使えるのではないかと疑っておる』いわば黄信号の状態にある。そんな敵に、
不自然な自殺の挙措を見せ付けるのは、いよいよ疑念を赤信号へと到らしむだけの悪手でしかない。

(わしが自殺に移りかけた──フリも含む──場合、奴は速攻で山彦の存在を確信する。犬飼か円山、あるいは両方をわ
しの眼力の及ばぬ亜空間に退避させる!)

 どちらか片方が戦士の合流地点へ到達するだけで敗北なイオイソゴだから、片方または両方が山彦を逃れ生存すると
あれば、それはもうまったくの打ち損死に損だ。

 老獪なる少女は最低でも、犬飼と円山両方を山彦の餌食としたい。欲をいえば乱入してくる根来さえも道連れにしたい。

(そのため重要なのは犬飼決死の攻め手が、わしの想定をも上回ったように……『見せかけること』! その上で、『犬飼
の予想以上の奮戦のせいで、急所を狙われる破目に陥り、決死の様相で最後の一撃を押し留めている』という、ごくごく
自然な姿を演出せねば……釣れんよ、根来ほどの男はな!)

 賭けに、出させるのだ。根来が忍者ゆえにその筋で高名きわめる『山彦』を警戒するのは当然だが、他方、自分とはまっ
たく無縁の犬飼の、予想外の大健闘が戦局を、あともう一押しでイオイソゴを打破しうる所にまで運んでおり、しかもイオイ
ソゴが、もう一押しされたら終わりだとばかり全力全開の守勢に回っているのであれば──山彦を持つならまず考えられな
い対応をしているのであれば──、根来が罠を疑いつつも、

(わしの策を逆手に取って押し切るコトも可能と判断し打って出る率は、高い!)

 千歳の件で煮え滾っている『とすれば』、行動パターンが攻撃的になるというイオイソゴの読みは……感情準則の観点で
なれば、正しい。

(そして最後の一押しは忍法でも真・鶉隠れでもなく根来みずからが振るう全力の斬撃!)

 仕留めるならば当然の選択だ。で、あるからこそ、彼は射程内に入ってしまう。術者のダメージを敵に与える忍法山彦の
有効射程距離に、入ってしまう。『イオイソゴが、犬飼からのトドメを防がんと尽力している』土壇場であるから、根来には
再殺部隊の同僚2名を亜空間へ退避させる余裕がない──全力の一撃に総てを傾注せざるを得ない──から、結果3名
が心臓へのダメージを返される……という木星の幹部の期待、決して誇大でもないだろう。

(問題は──…)

 幼い忍びはちろりと円山を見た。風船スーツを纏いいまだ高速で遠ざかっていく円山を。しかしそれから彼の下に視線を
移したのはどういう訳か。

(まだ103めーとる、か)

 森閑たる暗影にチロチロと落ちる黄金の斑(ふ)を見やりながらイオイソゴは嘆息する。さながら暗緑の蝙蝠が如き葉が
頭上にびっしり止まっている。(功罪。忘恩……。暗夜に、鴉)。木漏れ日は、僅か。影は己のものか葉のものか……。

 とにかく根来と犬飼に手間取れば円山が逃げる。盟主の所在を握った伝令が戦士の合流地点へ逃げ延びる。それは
忍びがもっとも忌むべき情報戦の敗北だ。主君への総攻撃だけは何としても避けたいのがイオイソゴ。円山が1ミリメート
ルでも合流地点から遠いうち勝負を仕掛けたくて内心やきもきしている部分もあるが、かといって

(犬飼からわざと致命傷を受けるのもまた、不自然……)

 何故なら相手が犬飼だからだ。この場合でも根来が山彦を確信する、してしまう。

34永遠の扉2018/06/10(日) 02:12:02.11ID:2iyG2ofA
 だから結局イオイソゴが、忍法山彦をきっかけに、犬飼・円山・根来の3人に致命傷を負わせるには

『ギリギリの読み合いを制しトドメに移った犬飼相手に、決死の抵抗をするが、あと一押しで負ける体勢』

 へと陥ってしまっていると、そう見せかけなくてはならない。ただ難しいのは、本当に追い詰められてしまうと、根来に対処
できないという点。『傍目からは本当に切羽詰っているようにしか見えないが、根来に対処する余力だけは温存している』と
いう状態をキープせねばならないのだ。だいたい犬飼に真正面から章印を狙われた場合、心臓に達しきる前に、つまりは
イオイソゴが『人間にとっての致命傷を、人間どもへ返せるようなる前に』、幼き忍びは死んでしまう。さしものレティクルエレ
メンツ重鎮といえど章印を無防備に貫かれれば死ぬのだ、即刻。言い換えれば犬飼、イオイソゴの心臓まで貫いてやる義務
はない。

(で、あるから……後ろから襲わせなければならん…………! 後ろからで”れいびいず”の爪を章印めがけ貫通されれば
『心臓へのだめぇじを奴らに返せるが』、『章印への到達じたいは防げる』。しかも背中から狙わせるのであれば『間近にい
る犬飼に、どうして吸息かまいたちなどの火力高き忍法で対処できない』という不審さを薄められる……! ほとんどの忍
法は──時よどみ含め──眼前の相手にこそ届けやすいもの、じゃからな……)

 もちろん犬飼を背後に置いた場合、正面で逃げ退る円山と共に山彦の視界内に収められない問題点もあるにはあるが、
そこは髪を動かせば解決だ。忍法念鬼もどき。背後からの奇襲を『いかにも咄嗟に』受け止めた風に装う髪で、犬飼を前に
やる。根来については、『イオイソゴが背後の犬飼に気を取られている状況なら』、奇襲はマイナスかけるマイナスがプラスに
なるような道理で、直近正面、虚空からの公算が高い。その奇襲と合わせるべきだろう、犬飼の、移動は。

(それ以外の方面からだったとしても、150めぇとる圏内の木や地面をぬけてきたのなら例の鳴子を人くい花の要領で変形
せしめ捕捉! 同距離の虚空または鳴子圏外であっても、鳴子の転用で、捕縛!!)

 いずれのケースでも磁性流体の触手で根来を犬飼もろとも円山と同一視界に収め山彦発動!

 方策じたいに抜かりはない。だがイオイソゴの心を不安に戦(そよ)がせるのは膚(はだえ)で炸(はじ)ける奇妙な感覚。

(……。やはり違和感が、ある。第六感への感応というより……極めて物理的な感触というか。それが証拠に……)

 ぴりぴりとした痺れは磁性流体化している部位にだけ、来る!

(磁力の乱れ……? いや、なんと言うか、もっと根源的な、電磁気力の反応というか……。強いて言うなら、そう、強力な、

『電波』

の密集地に行った時の感触……?)

 やはり何かがおかしくなりつつあるとイオイソゴは、思う。そもそも犬飼という、再殺部隊の中でも最弱の男を、銀成市で
津村斗貴子たち名だたる5人をほぼ完璧に封殺したイオイソゴが、一撃で葬れて居ないこの構図じたいが言ってしまえば
既におかしい。
 もちろん円山の追撃や根来への警戒といった諸々な要素を抱えている身で、足止めのため生存を放棄しているいわば
死兵の犬飼にうかと手を出せば、思わぬ抵抗にしてやられるかも知れぬと警戒し、無視を決め込む判断力じたいはあな
がちマズくもない。

(……じゃが、どこか、慎重になりすぎてはおらんか…………? 数多くの忍法を有するわしじゃぞ? 片手間で、隙を作ら
ぬ程度の、小さな奴をちまちまと重ねるだけで犬飼を落とせるのかも知れぬのに……なぜ、わしはそれをせぬ……? な
どと考えるのは焦れはじめているからか? それとも…………『何か』に誘導されている心を戻そうとする……作用…………?)

 頭を使って戦う忍びならではの不可思議な懊悩だ。

(一度、ある)

 何が、か? 心をありえからぬ方向へ誘導された経験だ。それも策謀ではなく、武装錬金特性で。

(音楽隊首魁・総角主税の嘗ての朋輩……。扇動者(あじてーたー)。はろあろ……いや、当時は外道うつほと名乗ってい
たか、ともかくも蒼然たる『矮躯』の少女。10年前そやつとわしは戦ったが…………その時の心理誘導が、ちょうど、今の
ような…………)

35永遠の扉2018/06/10(日) 02:12:22.84ID:2iyG2ofA
 ぴりっと、肩口の肌が、痺れた。冬場に静電気が走った程度の刺激だったが、イオイソゴの思慮はそこで止まる。

(…………)

 一瞬、きらびやかなドングリ眼からあらゆる光が消失したコトに犬飼は気付かない。音楽隊の鐶光より虚ろな、電源が
落ちたアンドロイドのような眼差しに、イオイソゴ=キシャクは刹那の百分率の間、確かに、陥った。

 再起動。

(あれこれ考えても仕方ない。ひひ。円山はもう眼前。犬飼を振り切り致命の一撃を繰り出した場合でも根来や来る!!
犬飼を振り切れなかったとしても、”かうんたぁ”を警戒しているであろう奴をば無理やり勝負に打って出させること可能!)

 余計な思慮は命取り……その考えもまた、正しい。決定に、他律の干渉が無いのであれば……だが。

(ま、一番いいのは犬飼を葬り円山に迫りといった、わし絶対有利の状況で根来がやむなく出てくる場合じゃが)

 数多くの戦士が蠢く新月村とその近辺。幻影じみた電波を感知できたのは、イオイソゴのほか──…

(なんにせよ、もうすぐ、森を、抜ける……!!)

 残り101メートル。

 此方彼方の戦速のみを主眼にこの追撃戦を論じるなら、イオイソゴはそれまでに決着すべきであろう。先ほど円山自身
も考えたコトだが、木星の幹部の速度とは、無数の枝を利した立体的、野猿的な加速に負う部分が大きい、それは事実。
しかも追うべき円山は、森を抜け、平地に出ると、機動性と回避率を大幅に上げる。上下左右を塞いでいた木々がなくなる
からだ。故にマニューバの自由度が飛躍的に上がる。耆著の乱射を、避けやすく、なる。

(つまりわしが追いつけなくなると、奴らが期すは当然よ。……ひひひ。ま、否定はせんよ、確かに追いつけなくなりはする。
…………『速度』では、な)

 愛らしいどんぐり眼を、萱(かや)で切った様に細めるイオイソゴの腹臓や、如何に。

.

..

(……結局、ボクは、”ついで”なんだろうな)

 49メートルの間くりひろげてきた攻防の感想だ。犬飼の頬が自嘲と怒りで暗くゆがむ。決して手を出してこないイオイソゴ
からつくづくと分かったのだ。『コイツは勝負の瞬間”ついで”でボクを殺しにかかる』。

 本命の根来を引きずりだした瞬間、”ついで”でサクリと葬れると確信しているから、どれだけ円山追撃を妨害され、神経
を逆撫でされても、不快感の1つさえ向けてこない。慈悲? 違う。最大の、侮辱だ。要するに木星の幹部は犬飼を、後で
かろく始末できるから、最後に帳尻が合わせられるから、今は捨て置いて支障なしと、その程度にしか見られていないのが
ありありと分かった。

(頚動脈を切断して、あれだけ策を、練ったのに……)

 戦略的に恐れているのは盟主の所在を握り集合地点めがけ高速飛翔する円山で、戦術的に恐れているのは銀成市で
因縁を作った奇襲とステルスの申し子たる根来。死力を尽くしている犬飼については円山と根来を始末するための、ていの
いい道具程度にしか見ていない。(厳密にいうと向こうは、自身の命運を賭けた一世一代の大芝居に組み込むほどに、犬飼
の死力を大いに評価し恐怖(おそ)れているが、しかし本質的には『ていのいい道具』だろう)

(章印への一撃だってきっと読んでる……だろうな。ボクが決死の思いで繰り出す一撃すら、こいつにとっては)

 根来を呼び出すための……エサ。

 犬飼の再生の道は、剛太から学んだ策謀だ。なのにそれは振るい始めた今日さっそく挫かれつつある。戦歴500年のブ厚い
壁に、また自分は粋がった傍からヘシ折られるのかと暗澹たる気分に陥り金切り声さえ上げたくなる。

36永遠の扉2018/06/10(日) 02:12:44.44ID:2iyG2ofA
 心底、いけ好かない幹部だ。なのに『老人』という共通項のせいか、時おりふとした瞬間に祖父を重ね合わせてしまうのが
犬飼はたまらなく不愉快だ。円山の形容を借りるなら『孫相手に景気よく打っている』。取った大駒を片手でぽゥんぽゥんと
お手玉しながら、将棋がまだまだだとからかうような、成長を楽しんでいるような、そんな目を老嬢が差し向けてくる瞬間いつ
も犬飼は不覚にも祖父との対局を思い出し、懐かしさに囚われてしまう。……というのが、忍びゆえの情報収集力を基底と
する来歴(じぶん)への攻撃(ゆさぶり)であったなら許しがたいとも青年は、思う。
 だから犬飼倫太郎はイオイソゴ=キシャクを……嫌悪する。

(けど……学ぶ!!)

 奮い立たせる言葉は皮肉にもイオイソゴの言葉。毒島からの又聞きの言葉。『わしの武装錬金は幹部中、最弱』。以前の
犬飼なら『これで最弱かよ』と歯軋りしただろうが……今は違う。剛太から知らず知らずラーニングした弱さゆえの思考力が、
いま1つの考えを呼ぶ。失血状態にある脳髄が、首を絞めた時のような爽やかさに彩られているのも大きかった。

(弱い武装錬金だからこそ、この幹部にだってボクのような時代は……有った筈だ! 慎重さとか老獪さとかは、ボクのよう
な時代にやらかし続けた失敗ゆえだろ。やらかしたから、怖くて、根が臆病で、だから下手に攻めるのを恐れている!)

 そして。弱い武装錬金ゆえにしくじりが多かったのであれば。

(どう扱えば勝てるか……考え抜いた筈!)

 学ぶとは真似ぶ。弱さゆえ思考に縋る犬飼は、弱さゆえ狡猾を極めたイオイソゴに……真似ぶ。

(変えるんだ。仕掛け方そのものを抜本的に! 参照するんだ大戦士長の首なげてボクらの上いったコイツの攻め口を!!
構造的に、根幹的に、前提を崩しボクらの策をダメにした木星の幹部のやり口を取り入れてやり返さなきゃどうにもならない!)

 犬飼は、伝統を持たない。一族代々の犬を使ったハンドラーのカリキュラムを、犬嫌いゆえ受けられなかった犬飼は、人々
が正道と崇める精錬の打ち筋を身に付けるコトなく成人してしまった。戦士の教育課程についてはどうだったかといえば、奇兵
と呼ばれている時点でお察しだ。一度、横道に逸れてしまった者は、天稟を持たぬ限りその我流は我意どまりになってしまう。

 だが! だからこそ! 忌むべき怪物の巣窟の重鎮から『カッ込む』という伝統破りを敢行できる!!
 それより派生する独自的な戦術戦略が、終戦後行われた戦団の戦没者追悼式典において真先に顕彰される犬飼倫太
郎の、『死ぬまでの時間』いかなる化学作用をもたらしていくかは後段に譲るとして。

(諦める訳にいくか! 手の内全部読まれているとしても……諦める訳に、いくか!!)

 祖父と、祖父に助けられた若い戦士が頭を過ぎるのは……遥か先、飛んで逃げている円山を見たからだ。

(お前は逃げろよ。生きろよ)

 やわらかな笑みの傍でまた散った碧血が粘っこくけぶる。

 イオイソゴと、円山の距離……41メートル。一時は29メートルというほぼほぼ扶寸の距離まで追いつかれた犬飼だったが、
死に物狂いの攻勢によってどうにか恐るべき忍びを12メートル後退せしめた。

 それでも気を抜けば総てが瓦解する状況に代わりはない。仮に円山を逃がしきったところで、頚動脈をみずから切断してしまった
犬飼は、イオイソゴを斃せても斃せなくても……死ぬ。

(だとしても……足掻き抜くさ)

 ここからの、二転三転する激闘を思えば、或いは最後の、静かな心機だったのかも知れない。激情(つなみ)の前の静謐でも
またあった。

(アイツですら、バケモノですら……)

 冷たくなる体と、霞む脳髄に浮かんだのは、なぜか最愛の祖父ではなく……嫌いで嫌いでしょうがない少年だった。

(バケモノですら……諦めなかったんだよ! アイツは確かに偽善をボクに押し付けた! 腹の立つ綺麗事もたくさん吐いた!
けどまだ……貫いてはいた、だろうが! 戦士でいるコトを許されなくなって……見下されて脅かされるようになったのに…
………レティクルの盟主や木星の幹部のような諦めた眼差しで害悪を振りまくようなコトだけはしなかった……だろうが!!)

37永遠の扉2018/06/10(日) 02:13:53.12ID:2iyG2ofA
 犬飼はヴィクターVを怨んでいる。肯定する気もさらさらない。だが憎むべき相手でさえ成しえたコトを成せず終わるのは
屈辱だ。

(アイツですら……地球を…………救ったんだ)

 だから。

『怪物にはならず、正々堂々と周囲を見返す』

という理念を貫かない限り犬飼は、救われてしまった命の措(お)きどころを到底この世に持てそうにない。ヴィクターVが英
雄じみた行動を取ってしまった今、彼に負わされた犬飼の汚名はもう、復讐という手段ですら挽回……できぬのだ。

38永遠の扉2018/06/10(日) 02:14:36.09ID:2iyG2ofA
 万一斃せたとしても周囲は決して、認めない。

(円山が……伝令が…………離脱するための、僅かな…………2秒とか、3秒とかの時間でも……稼げる、なら、そいつ
が……戦団全体の勝利に繋がるっていうんなら……きっと、アジトとか掴んだだけの功績よりデカいし…………尻尾巻いて
逃げ帰ってきただなんて陰口だって叩かせずに済むだろう、な……)

 頸動脈からの出血は、現代医学ではほとんど止めようがない。激昂で跳ね上がった心拍数のせいだろう、一颯の血しぶきが
買い立てのケチャップを全力で絞ったような勢いで出て行った。標準的なプリンの容器なら一瞬で満たせる量が、霞がかって
何の木か分からない樹木の根元をびしゃりと穢す。犬飼の暈(ぼ)けた目は他人事のようにそれを見た。

(フン)

39永遠の扉2018/06/10(日) 02:15:34.98ID:2iyG2ofA
 理想どおりの形だ、ヴィクターVめ、お前の助けなんか、まだるっこしい馴れ合いだったんだよ結局は……と毒づく犬飼。

 円山は、遠ざかっていく。

 それだけのため捨て石になるのを厭わぬ犬飼は気付けない。

 命がけで誰かの命を救うという点では、奇兵の誰よりも、そう、『一緒に戦え』と好意の微笑で誘った戦部よりもずっとずっと
……犬飼の方が、ヴィクターVに……武藤カズキに近づいてしまっている事実に……気付けない。

(馬鹿ね。犬飼ちゃん……)

40永遠の扉2018/06/10(日) 02:16:31.88ID:2iyG2ofA
 哀切の滲む自分に円山は少し驚いた。縮めた斗貴子をトリカゴで飼おうとしていた位には人心が佻(うす)い筈に、今は
犬飼の決死の足止めに胸が痛んでいる。妙な話であると自分でも思う。今夏のヴィクターV再殺において犬飼をちゃっかり
利用していたのは誰だという話だ。

 だのに心が揺らぐのは、彼が自分を救うため命を賭けているのもあるけれど、

──分かってるよ。後ろに、安全な場所に下がればいいんだろ。何てったって無事戻れば勲一等なんだ……!」

41永遠の扉2018/06/10(日) 02:17:24.44ID:2iyG2ofA
 盟主と会敵してしまうまえ犬飼が吐いた言葉のせい。

──「ボクを馬鹿にした連中をやっと見返せるって時に誰が下らない無茶なんか……!」

──「ヴィクターVの時の二の舞は避ける、直接戦闘など避けてやるさ……!」

 何事もなければ今度こそ評されたかも知れない青年が突き落とされてしまった死の運命に円山は嗟嘆する他ない。

(……根来。どこに居るのよ。また私を身代わりにしてもいいから……)

42永遠の扉2018/06/10(日) 02:21:36.97ID:2iyG2ofA
 犬飼を助け、イオイソゴを退ける奇襲を…………切なる願いは叶うか否か。

 そして、犬飼は。

「行くぞ!!!」

 イオイソゴの加速の気配よ挫けよとばかり怒号を上げる。

 続くレイビーズ2頭は決して無傷ではない。攻防の余波は確実に筐体へヒビを入れ、削り取り、溶かし、見るも無惨なあ
りさまを張り付けている。レイビーズCは顔の右半分からむき出した機械部分に線香花火のような火花を散らし、レイビー
ズDは左前足を根元から欠損。後ろ右脚も膝から下が辛うじて繋がっているという有り様。

 犬飼の騎(の)るBは各所の装甲の微妙な剥がれさえ覗けば比較的無傷だが、回避の酷使の代償だろう、四肢の各所か
ら黒煙が噴き始めている。精神が具現化した武装錬金としては奇妙な話だが、どこか貴公子然としたかぐわしさの第四石
油類をフレーバーとする『モーターの焼き焦げる臭い』さえ漂っている。オーバーヒートのせいか乗り組む犬飼の衣服は焦
げ臭く、首を直接触っている掌にいたっては先ほどベロンと皮がめくれた。

 イオイソゴの選択した忍法は吸息かまいたち。同時にルーチン・ワークのような閃光が万朶の枝の中を駆け巡り、緑色
の花束を降らす。ひゅるっ、ひゅるっ、ひゅるっ。木星の幹部が唇をすぼめるたびグロス単位の花束は蜃気楼の渦に巻き
込まれ弾け飛ぶ。理由、だった。射程距離50メートルの吸息かまいたちを有するイオイソゴが圏内に収めた円山をいまだ
撃墜できていない理由だった。彼らの通過するところ割れ砕けた枝が散らばり、淋漓(りんり)たる蛞蝓の赤黒い足跡が
壮絶に彩る。

 イオイソゴは狙ったのか、どうか。勢いづいた木片が円山に迫る。自動(オート)。ただならぬ眼光をぎらつかせ迎撃に
移るキラーレイビーズA。爪が、弾いた。

 円山の傍で遊撃を引き受けているAとて既に述べた通り下半身を自らパージしているし、爪にいたっては耆著を弾き
続けたせいで末期的な齲歯(うし)の如き様相を呈している。

 吸息かまいたち阻止後すぐ犬飼が章印狙いに移ったのは、円山との距離が遠いからだ。(相手が相手! 距離がある
うち勝負に出る!!)。肉薄しつつある軍用犬3頭をしかしイオイソゴは薄ら笑いを以って迎え撃つ。

「忍法鵜飼い。──」

 あっと犬飼が息を呑んだのもむべなるかな。激射。無数の漆黒の糸がイオイソゴの全身から円山めがけ一直線に伸び
すさった。糸はどうやら彼女の纏う黒ブレザーから発しているらしく、それが証拠に、糸が延伸するたび彼女の服は毛糸を
ほどかれたセーターのようにみるみると丈を短くしていく。長袖が瞬く間に半袖になり、子犬のようにふっくらと短い二の腕
を剥き出しにした。まだくびれさえない、なめらかな腹部は生八橋のような色合いでモチッとしており、へそときたら小指を
生地にちょっとだけめり込ませた程度の慎ましさだ。半裸……とまでは行かないが、ハの字に周縁されるみぞおちや、洗
濯板のように起伏するあばらは衣服の端々から糸をあたかもダイヤ・グラムの入り組み具合で発する少女の通常ありえ
からぬ構図的座標と相まって、一種艶かしい幻妖の怪奇図だ。

 ともかくも、黒糸。伸びすさったというがいまだ彼我の間には落下中の枝が充満している。なれば糸は阻まれ円山に届か
ないよう思えるがしかし違う、まったく違う! 糸の先端には鈎針があった! 鈎針はあちこちでトトトッと、枝の太さも問わ
ずお構いなしに突き刺さり、それこそまるで魚を釣り上げた時のように糸の撓みも露に跳ね上げる。同じ現象は周囲で次々
と起こりつつある。皮肉にも、吸息かまいたちを防ぐため犬飼が伐採した無数の枝が、イオイソゴの全身から伸びる無数の
黒糸に、メデューサの髪の咥えたバラの如く、轟ッと振り上げられつつある。

(円山に投げる……!? だが糸なら切断できる!!)

 さきの忍法念鬼もどきで得た学習要綱の赴くまま滑翔するCとD! だがその動きは俄かに止まる!

「待っておったよ。それを」
(なっ……!)

43永遠の扉2018/06/10(日) 02:23:04.27ID:2iyG2ofA
 後ろから、だった。2頭の軍用犬は後ろから、首と四肢の付け根に、鈎針を……打ち込まれていた。よほど勢い余ってい
たのだろう。糸がミシミシと張り詰め僅かに揺れている。恐るべき制止……? いいやたったそれだけではない! イオイ
ソゴの十指から伸びる黒色の、衣服ではなく肉体を磁性流体化した十本の忍法鵜飼いは、少女が両掌をひらひらと動か
した瞬間、ス、ス、スと、2つのキラーレイビーズの、右前足、左前足、そして口を双方まったく同時かつ順々に動かした。
 そのあいだ犬飼は犬笛を吹いていない! にも関わらず軍用犬が動くのは!
(操作している……! こいつがボクのレイビーズを……!
(忍法鵜飼い! 追撃しながら使えばむしろ足かせになるが!)
 1回の攻撃で使い捨てるならその隙に犬飼を抜き去り円山を追える! 操った軍用犬が犬飼をかみ殺せばそれでよし、
逆に犬飼がCとDを破壊したとしても、減る! いずれきたる『章印への一撃』の際の犬飼の手数が減る! されば山彦の
成功確率が上がる!

44永遠の扉2018/06/10(日) 02:24:55.80ID:2iyG2ofA
 果たして犬飼倫太郎は襲いくる2頭の軍用犬を前に、犬笛を咥える! 

(ひひっ! ヌシの命令とわしの操作を競合させ動きを鈍らせるつもりだろうが無駄なこと! 鵜飼いは外部から物理的に
強制的に動かすわざ! ”しぃ”と”だー”が命令を受け付けたとしても! それ以上の力で強引に! 叛(そむ)くよ!)

 果たして僅かな軋みと停止のあとギギィっと打ち震え犬飼へ飛び掛るCとD! めいめいの牙と爪を指呼の間に置いた
犬飼はしかし……笑う。

「それ以上の力なら、どうかな?」

 糸を切り、翻りかけていたイオイソゴの快笑が氷結したのは、突如として2頭の軍用犬が爆発したからだ。表層が抉られる
程度の生易しいものではない。真核から轟然と魔天の彼方へ消し飛ぶような閃光を胴体から迸らせたのも一瞬のコト、焦げて
バラバラになった軍用犬の頭や四肢をあちこちにばら撒く大海嘯のような紅蓮の焚焼が、酸素を貪婪に飲み干しながら更に
巨(おお)きく速くなってイオイソゴに殺到した。

45永遠の扉2018/06/10(日) 02:26:10.24ID:2iyG2ofA
(自爆……!? きらぁれいびぃずが……!?)
(ボクも初めて試したコトだが……うまくいった! どうやら踏まずに済んだらしいね! 奥多摩の二の舞は!)

 想定が『犬笛を奪われた時』である以上、一種の感応的な操作だろう。別個に見えて元は犬飼の精神たる軍用犬だから、
その程度の操作は受け付けると見える。

 果たして爆光に飲まれる木星の幹部。
 一方の犬飼は彼女を飛び越えている。爆発の刹那、乗騎たるBを跳躍させたのだ。着地し振り返るとそこには1mを4割
ほど超えた特大の篝火。眼鏡に彩られた面頬が期待と、幻滅への覚悟で複雑に波打ったのは大打撃を期しつつもそうは
ならないだろうという観望ゆえだ。

 炎が、消え始めた。従って燃焼の眩い光の散乱に包まれていた内部の影は見る間に濃さを増しやがてその実体をも
明らかにする。

(これは……)

46永遠の扉2018/06/10(日) 02:29:35.38ID:2iyG2ofA
 犬飼は判断を絶した。イオイソゴの現状にだ。現れたのは炭と焦げたドス黒い塊。人間ならばむろん焼死を確信して
当然の状態だがされど相手が人ならざるホムンクルス調整体であるという事実が青年の魂を凍らせる。ホムンクルスは
死ねば散る。ならば炭焦げたりといえ地上に残存している相手の命は? 

「──。忍法、肉鞘」
(下策じゃない! 飛び掛るのは!!)

 炭の皮をばらばらと崩しながら飛び上がるイオイソゴ。五千百度の炎でもない限り大抵の攻撃を肩代わり可能な特殊な外
皮も蛻の殻に再誕するさまはさながらサナギより飛び立つ蝶の如く。だが円山への軌道は犬飼が塞ぐ。追撃の出鼻を挫く
という一念が初速を削ぎ、そして円山は遠ざかる。周囲で飛び散る枝は先ほどの鵜飼いのどさくさに投擲されたものであっ
たが、総てキラーレイビーズAに邀撃(ようげき)されたようだ。



 いずれも予期していたのだろう。イオイソゴはキラーレイビーズBの速射する爪や牙を全身ぐにゃぐにゃと歪ませながら、
時には背筋を後ろにそらしながら避けていく。抜き去る機会をなおも悠然と窺う焦りのない表情はしかし前触れもなく響い
た破裂音と共に歪む。

 もとより小柄なイオイソゴの背丈が突如として縮んだ。はつと回避を忘れ背後に首を捻じ曲げた少女の視界に飛び込む
は鈴なりに充満する風船爆弾。彼方の麗人は、思う。


(私からのサポートよ)
(……逃げながら撒きよったか!)

 考えてみれば当然の攻撃だ。円山は追われているが先行してもいる。ならば風船爆弾、機雷よろしくの敷設が可能! 

 盟主メルスティーン=ブレイドとの戦いを経て即死攻撃の様相を帯びたバブルケイジだ。いま身長150cm足らずのイオイソ
ゴを取り巻くのは20近くのツートンカラー。全弾着弾すれば難儀なる幹部は地上から……消える。

(…………こればかりは、分からん)

 無言のイオイソゴに破裂があたる。

(山彦で……返せるか、否か

 1発。2発……。空砲にも似た乾いた音が立て続けにけたたましく森を抜き去った次の瞬間、そこには木星の幹部の姿
含め何1つ落ちていなかった。

 勝利の安堵に緩みかけた犬飼の瞳が昂然と釣り上がり、彼は犬笛を音立てて吹いた。
 戦局は電瞬の転換を見せる。風船スーツに覆われた円山の頭部が露骨に揺れ動くその傍を、影もとろかし行きすぎた
キラーレイビーズAがそこから10mもない、一見なにもない地点に岩をも砕く剛力の爪撃を振りかざしたまさにその瞬間、
ぱっと現出した黒ブレザーの少女の胴が袈裟懸けに切り離された。

(……ひひっ。さすがに見抜くか)
(バブルケイジは服までは縮めない。当たった奴が服も残さず消えてたってコトは!)
(1cmか2cmか……とにかく捕らえ辛い身長にまで敢えて縮みつつ、服ごと磁性流体化の飛沫と化して私を追ってきたっ
てコト……!)

 だから円山はバブルケイジの特性を解除し……戻した。イオイソゴを、元の、身長に。

「ま、見抜けなかったとしても『生首』の観点から解除したじゃろう。いずれにせよ」

 斜めに立たれたゲル状の体をうじょうじょと接合しつつ、イオイソゴ。

「逆利用は基本と知れ」

 1mもない、枝、だった。それがイオイソゴの足元から俄かに現れ、円山めがけ轟然と飛び始める。

47永遠の扉2018/06/10(日) 02:34:07.03ID:2iyG2ofA
(隠し持っていた! 身長を吹き飛ばした枝を!)
(いつの間に……!)

 特性解除によって元の大きさに回帰した武器を老獪な少女は足で投げたのだ。キラーレイビーズに切り裂かれつつ。

 何度もいうが、複数構造の風船スーツであって、長く、尖った物であれば円山への着弾を許す。

(『いま割られる訳にはいかない』! Aを反転し切り裂く……!)

 のを許すイオイソゴではない。手元から迸った鉛色の残影が軍用犬に突き刺さり、爪も、牙も、全身も、どろりと溶かす。

(だったら!!)

 犬飼の念に呼応し発生した爆散の圧力が枝を横に流し、円山から逸れて落ちた。キラーレイビーズAが自爆したのだ。

(この場のレイビーズは残り1頭! けど!)

 

 円山の行く手が急激に広がった。木々が途絶したのだ。

(森を……抜ける!!)

 飛翔の本領が発揮できる遮蔽物なき空間へ円山はついに差し掛かった。ここから目指すべき合流地点はわずか200
メートル、残り少ない精神力でも惜しみなく注ぎこめば30秒足らずで削りきれる距離だ。そう。『何事もなければ』円山は
この恐るべき追撃の魔境からあと30秒足らずで降りられるのだ。

(あとは加速して、縦横無尽に耆著を避けながら合流地点へ──…)

 大戦士長坂口照星救出作戦序盤の、終局への急湍(きゅうたん)をもたらしたのは円山円全力の加速ではなかった。
彼の直下で鳴り響いた、ぷつりという、ささやかな音の二連撃だった。

 たったそれだけなのに、彼はその場にぴたりと止まる。奇妙な光景だったが、彼は地面から浮いたまま、その場に
止まったのだ。吊り下げられている道化のおもちゃのようだった。

「忍法、百夜(ももよ)ぐるま。──」

 なんたる幻妖の怪奇図! 円山の影を、耆著が、縫いとめている!

 犬飼とその武装錬金との攻防の最中、円山を狙って撃たれたとしか見えぬ耆著が幾つかあった。それらは軍用犬によっ
て弾かれたり、あるいは軌道を逸らされたりしたが、中に混じって影狙いの本命があったとみえそれは見事に円山の動きを
封じたのだ。

「ひひっ。森を抜けるのを待っておったのはヌシらだけではなかったという訳じゃ。我が百夜ぐるまは明確なる影のない空間
では皆目無力のわざ……。暗鬱たる森の中では円山の影は枝のそれと溶けあっておったがゆえ控えざるを得なかったが」

 今は違う、円山の静止を見届けたイオイソゴは呵呵大笑の追加射撃を耆著で行いながら大股でグングンと距離を詰める。
彼女が追撃戦に対し『合流地点に近い方から潰す』なる縛りを自ら課しているとまでは流石に知らぬ犬飼だが、原則を徹底
するが故の恐ろしさはつくづくと感じ肺肝を摧(くだ)かれる思いさえ催した。されどそれも一瞬、原則きわむるは彼も然り。
足止めを全うするとばかり青年キッと表情けわだたせ、再びイオイソゴの前方へ躍り出て耆著を弾く。

「無駄よ無駄無駄! 残り1頭のれいびぃずに何が出来る!!」

 急霰の如き耆著の群れの7〜8割まではどうにか弾いたレイビーズBであるがその爪もまた爆ぜ割れる。「第二射……」
犬飼もろとも円山を仕留めんと、どんぐりを掴み取ったように五指の間に耆著を満ちに満ちさせ投擲姿勢に移りかける
イオイソゴ。

 どうっと、つんのめった。

48永遠の扉2018/06/10(日) 02:37:24.04ID:2iyG2ofA
 黒ブレザーの少女の幽玄に透き通る愛らしい顎が空を薙ぎ、朱の混じった唾液の線を引かれたのは、背面に何かが
激突したからだ。激突の衝撃は左肩甲骨を覆う表層部(みなも)を漆黒の王冠型にびしゃりと跳ねさせただけでは飽き足ら
ず、何かを掘り当てるように連撃する感触が、少女の細い背中でばしゃばしゃと暴れ狂い出した。

 犬が、居た。ヒビだらけで、あちこちで気息奄々の観の強いセレスティアルブルーの稲妻を瞬かせる軍用犬の武装錬金が
イオイソゴを、背後から、章印めがけ、貫いて……いた。

 はてな。キラーレイビーズらしいがしかし出所はどこなのか? Aは先ほど自爆した。CとDもまた先ほど自爆した。残る
のはBだが犬飼の跨るそれはイオイソゴの眼前にある。そして彼の所持する核鉄は2つ。レイビーズは1つの核鉄につき
2頭。計算が合わないように思えるがしかし違う、合うのだ!

(ミキシングビルド! バラバラに吹き飛んだCとDを1体の軍用犬として……発動、しなおした!!)

 そもそも源流をたぐれば1個の核鉄から分化していたのがレイビーズだ。先だっての自爆でほぼ大破状態に陥ったのは
もちろん事実であるが、2体それぞれの残存率が20%前後あったとすれば、それは1頭に再発動(ミキシングビルド)しな
おせば平生のCまたはDの、1頭分の40%ほどの状態で再び使えるというのはあながち荒唐無稽な話でもない。

 ちろりと背後を窺ったイオイソゴは、思う。

(……少し、小さくなっておらんか…………? 大破したのを繋ぎ合わせたせいか?)

  ドーベルマンよりやや大きめだった軍用犬が、ちょっと大きめのラブラドールぐらいにまで縮小している事実を木星の幹
部は疑ってかかる。
 ともかく犬飼はそれを、自爆の勢いで飛び込んだ枝の中で密かに再生しなおし……待機、させていた! イオイソゴがい
よいよ自分にトドメを刺しにくるとき背後から狙い打てる伏兵になるよう、秘密裏に移動させ……忍ばせて、いた!!

 決死の奇策!! だが!

(……ひひっ! ようやく狙ってくれおった!!)

 読んでいた! イオイソゴ=キシャクは読んでいた!! その上で敢えて背中を攻撃させているのはむろん忍法山彦発
動の為! 背後から章印を狙う都合上、犬飼の攻撃はイオイソゴの心臓を貫通(けいゆ)しなければならない! だが心臓
を破壊したその瞬間、イオイソゴは視界内総ての敵にダメージを返す忍法山彦を行使する! 

 そのためには根来が現空間を現空間に渡らせなくてはならない!

(じゃが足りんなあ犬飼よ!! わしの背中から章印に到る一帯を、磁性流体化しておる我が耆著を貴様は軍用犬の爪
牙にて排除し一撃を通すつもりじゃろうし寧ろそれは望むところではあるが……しかし易々とはやらせんよ!!

 何故ならば相手は……犬飼!! 仮にも戦歴500年を誇る『レティクルエレメンツの重鎮』が、現状ただ今こそ決死とは
いえ少し前の再殺騒ぎでは真先にリタイアした青年にである、あっけなく、簡単に、耆著を弾き飛ばされ章印の前菜たる心
臓を貫かれてみよ。不自然ではないか。イオイソゴが最大の仮想敵とする根来に気付かれてしまうではないか。こいつは山
彦のためわざと貫かせている……と。

 だからギリギリの鬩ぎ合いを演じなくてはならない。

 トドメには至らぬ犬飼なれど隙ぐらいは作れたと、いま仕掛ければ斃せるかも知れないと、どこかに必ず潜んでいるであ
ろう根来に思わせて、引きずり出し、レイビーズが心臓だけを貫ける程度に髪の力を緩め……山彦を、かける。円山と犬
飼と根来を一気に覆滅するにはそれしかない。本当は犬飼に心臓を貫かせたくて仕方ないが、それさえも惜しんでいると
いう、そういった工夫(しばい)を、全力で演じなければ……ならないのだ。

(嗅覚による耆著排除を目論まれた場合わしが取るべき最も自然な行動はそれの阻止!! 弾かれそうな耆著を磁力
操作で元の場所へ戻すのが1つ!)

 みるみると長さを増し軍用犬を絡め取った髪が、1つ。四肢や胴体を縛り、それ自身生命あるものの如くキラーレイビー
ズCDをぶるぶると剥がしにかかるのはイオイソゴならではの……『この場合とるべき普通の行動』!

 ああ! 唸りを上げていた軍用犬の進行が俄かに緩む! 章印をのみ貫くべき推進力は今、逆立つ無数の髪との押し
合い圧(へ)し合いの不毛な震えに冗費されゆく! 急速に生育した枝に押し留められたようだった。

49永遠の扉2018/06/10(日) 02:42:31.34ID:2iyG2ofA
(根来ほどの男は斯様なものを演じて初めて釣れる!! じゃから、ひひ! 気張れよ犬飼!! わしの抵抗を上回る、
ぱわーと! すぴぃどと!! とりっくを!!! 気張って気張って……捻出せい!)
(耆著の位置じたいは……嗅覚で掴めている)

 問題はその排除だと犬飼は汗ばむ。ただ痛打するだけで除去できるものでないコトは銀成におけるイオイソゴの戦いから
明らかだ。何しろ戦士中トップクラスの高速機動を誇る斗貴子も、逆胴であれば侍を大小ごと胴どめに両断できる秋水も、
耆著を排除するコトはできなかった。もちろん彼らは排除すべき武装錬金の位置までは知らなかったが、それでも全身を
とろかしている物品が、ちょっとした衝撃で外れるほど脆いものであったなら、4本の処刑鎌による全方位攻撃や、身体の
躯幹内部をなみなみと辷(すべ)る肉厚の日本刀といった『線』の威力の爆発に1つぐらい事故的に、飛ばされていたろう。

 或いは斗貴子以上の速度と秋水以上の攻撃力を兼備した一撃であれば……とは犬飼が戦闘突入前かんがえたコトだが
しかし少なくても探索専門のレイビーズでは原則的に不可能だ。それが証拠に──…

(ミキシングビルド……! CとD、2頭ものレイビーズを融合させた『CD』というべき今のレイビーズは……単純に考えれば
速度も攻撃力も平常時の2倍の筈……!)

 ああなのに! それだけのスペックを以ってしてなお除去できぬ耆著!
 イオイソゴが動かす傍から微細な匂いの違いから即座に位置を把握するという神業を犬飼は演じているのに……悲しい
かな探索型の限度!! パワーとスピードが足りない!!

(とっくにセーフティーを解除して狂犬病モードにしているのに……!)

 倍加して限界を超距したフルバーストの出力を以ってしてなお、イオイソゴの『取るべき、最低の防御反応』さえ突破でき
ていない! 章印を貫くどころか前段階の耆著排除すらこなせていない! どころか軍用犬の爪の先端すらイオイソゴの
表皮から遠ざけられていく始末……。

(やはり差がありすぎる……! ボクなんかでは幹部に、マレフィックに、到底太刀打ちできる道理が……なかった……!)

 幾度となく味わった挫折感がぶり返し、いつものように口の奥から全身を寒々と潤していくのを犬飼は感じた。

(けど──…)

──「見下され続けてきた腹いせに戦団を裏切り人喰いをやるなど……」

──「忌々しいヴィクターV武藤カズキでさえしなかったコトだ……!!」

──「そうだろ!! ボクらがさんざ追い立て殺さんとしたアイツですら恨むどころかこの地球(ほし)守って今は月だ!!」

──「だのに見逃されたボクが……円山のいうような逆恨みでアイツ以下の怪物に成り下がるなど…………」

──「嫌だね絶対! 誰がするか!!」


──「ならばそれが問いの答えだ」

 無表情で目を閉じ酒を飲む戦部の姿が、憧れてやまない強者の佇まいが──…

 萎えそうな全身に力を戻す。

(ボクはッ!! お前だって助けたいんだ!!!)

 軍用犬に何十発目かの攻撃を受けたイオイソゴの背中が明確な変化を遂げたのは決して彼女の罠でもなければ手抜き
でもない。だが……キラーレイビーズそのもののパワーアップかといえばそれも違う。確かに武装錬金が、使い手の意思の
変質によって姿を変える事例はある。だがそれは、例えば黒い核鉄によって肉体が人ならざる存在に変質するとか、その
血統を受け継ぐ黝髪(ゆうはつ)の青年が、忌むべき月の怪人の力をも理念のため使うと大英断するとか、とにかく劇的で
巨大な変革を経て初めて発露する希少きわめる現象だ。

 落ちこぼれで、奇兵の、犬飼が……ここまで卑屈ゆえに努力を怠ってきた日月の方が大きい、見渡せばどこにでも居そう
な青年が、土壇場で、ちょっと歯を食い縛って意気を軒昂させただけで転がり込んでくるほど『力』というものは甘くない、それ
は事実、厳然たる事実。

50永遠の扉2018/06/10(日) 02:45:57.04ID:2iyG2ofA
 されど!!

 扉さえ開けば、意固地さえ捨てれば呆気なく借りられるのもまた『力』!!!

 犬飼倫太郎にとっての戦部厳至は昨日まではあくまでただの同輩だった。たまたま同じチームになっただけの男だった。
だが今は……違う。『ならばそれが問いの答えだ』、強者の気まぐれながら偶然ながら犬飼の琴線に触れる肯定をした男
だ。決して犬飼に優しい言葉をかけた訳ではない。自分勝手ですらある美意識の赴くまま答えただけかも知れない。

(それでもだ)

 心を整理するきっかけを与えたのは事実だ。同輩から侮られるコトの方が多かった犬飼に、『それでもお前が戦士を続けて
いる答えは、お前の言葉の中にある』と、高所からながら普通に答えた。結局犬飼は、ただそれだけのコトが……嬉しかった
のだ。普通の人間なら普通の会話の中で普通に得られる程度の、ささやかな肯定が……染み渡るほど嬉しかったのだ。

(だのに見殺しになんか……出来るか!! ああ分かってるさ! 好きで盟主の下に残ったホムンクルス撃破数1位の戦部を、
落ちこぼれで、ヴィクターVに真先にやられたボクなんかが助けようなんてのが思い上がりってのは、分かってる!!)

 それでも犬飼が足止めを完遂できたなら、円山が盟主の所在を戦団全体に伝えられたら、あの魔人というべきメルスティーン
とただ1人相対するコトを選んだ戦部の生存確率は格段に跳ね上がる。敵が手に余るほど強ければ全力を出しつくしたすえ
嬉々として殺されそうで危なかっしいあの戦闘狂を、すんでのところで救えるかも知れないと、いまだ彼の敗北を知らぬ犬飼は、
思う。

(だから!!)

 戦部(ひと)の命を、救う。

 犬飼はそのためにもう形振り構っていられない。自分が、犬嫌いという、今にして思えば笑ってしまうほど小さなつまずきで、
どんどんどんどんボタンを掛け違ってしまい、真当な努力を放棄する惰気の青春に自ら籠もり自ら可能性の成長を閉ざして
しまったゆえのツケが、この土壇場で、耆著排除という自分にしか果たせぬ名案を画餅にしかできぬ実力不足という形で
突きつけられている事実を彼は、認めた。かつてならしなかった行為だ。本当は別に欲しくもなかった栄誉や、勲章を、周
囲に植えつけられた劣等感を払拭するためだけに求めていた犬飼なら、努力不足のツケが出現したとき、まったくただただ
取り繕うためだけ『ただ独り』、碌に掘りもしなかった井戸から水滴を集めるような焦慮まみれの悪あがきをやり、失敗し、
弁明に弁明を重ねていただろう。

 そういう下地があるから、今はまだ『新たな力への覚醒』はない。

 だが。

 扉さえ開けば、意固地さえ捨てれば呆気なく借りられるのもまた『力』。

 戦部の、そして円山の力を救うため我執を捨てた犬飼の、世界に及ぼし始めた影響は。

 一抹の泡となって顕現し、イオイソゴ=キシャクの肩口で小さく爆ぜる。

(や?)

 レイビーズの攻撃とは明らかに異なる衝撃に木星の幹部が眉を顰めた瞬間!!

 炸裂は全身に回り幾つかの耆著をも……弾き飛ばした!!!

(よもや)

 頬を波打たせる黒ブレザーの少女は我が身のコトをスっと見渡す。あぶく、だった。磁性流体化によってゲル状となり、
一切の打撃斬撃を受け付けぬはずの肢体の各所、内部から炸(はじ)けて飛んでいくさまは丁度、小さなドーム状のガス
を浮き立たせる古沼だった。

「認めるよ……」

 犬飼は我が身への攻撃を警戒しているのだろう。失血によってもはや黄土色と水色を混ぜたような壮絶な色彩の面頬
の中で、眼鏡の奥を爛々と輝かせながらイオイソゴを……見据える。

51永遠の扉2018/06/10(日) 02:51:13.33ID:2iyG2ofA
「ボクのレイビーズに、お前の耆著を排除する力はない……。速度も。だから幾ら攻撃を続けてもお前は……斃せない。
あのままやっていたらいずれ……自ら頚動脈を切断したボクが……先に死に……レイビーズ解除……。足止めから
逃れたお前が円山にトドメを刺し……根来をも迎撃…………だった、だろう」

「それでも」

「1つだけ……ある。お前の防備を突破する手段が1つだけ……ボクには……いや、ボク達には……ある!!!」

 イオイソゴの背中で連続して爆発したあぶくが、振り将棋のように耆著を飛ばす、幾つも。幾つも。同時に衝撃は髪をも
断ち切る。軍用犬が前方へ滑翔し、その爪を遂に『磁性流体化解除済みの、イオイソゴの背中』に突き立ち血を飛ばした
のはひとえに髪の束縛が緩んだせいだ。

 明らかに悪くなった状況。だがイオイソゴの顔に走った緊張は、予想外というより、『想定した勝負の瞬間にいよいよ近づ
いたから心機を引き締めた』というニュアンスが強い。

「なるほど。『委ねる』という訳か」
 そうだ。犬飼は細い息をまとめ、叫ぶ。
「バブルケイジアナザータイプ!! 際限なく増殖する円山の武装錬金なら! お前が幾ら耆著を動かそうがレイビーズを
髪で阻もうが!! それとは無関係に!! 超高速で殖(ふ)え続け、零距離爆破で苛み続ける!!!」

 背後から急襲した時、レイビーズCDの掌中には野球ボールよりやや大きめのバブルケイジがあった。それは背中からの
一撃によってイオイソゴの体内に埋め込まれた。

「能力が裏目に出たな木星の幹部! 普通の肉体の持ち主だったら表層で爆ぜて終わりだった! しかしお前なら別だ!!
全身を不定形な、ゲル状の! 磁性流体と化しているお前なら……レイビーズ程度の一撃でも埋め込める!! バブルケ
イジアナザータイプを……埋め込める!!」
(……発動までに時間差があったのは恐らく『身長の方の特性』からの切り替えを了するにしばしの刻を要したから……
じゃろうな。つまり…………)

 老嬢が涼しい顔でいられるのは……恐ろしい話だが『ここまでは』想定済みだったからだ。いやここまでどころか、この
次の事象さえ彼女は予見していた。

 刀錐を差し込んだようなきりりという激痛が、体内を突き進む。僧坊筋を貫通した虫食いだらけの犬の爪はとうとう深層の
大菱形筋さえ鈍く裂く。肩甲骨の内側縁3cmほど予想より早く割られ、第3〜5肋骨さえも爪と「ジャリッ」と破壊寸前の接触
を奏でたのは、軍用犬の太刀行きが、それまでまったく振り切れなかった筈のイオイソゴの髪の抵抗を、突如として快速で
上回り始めたせいだ。その速度上昇の幅は、バブルケイジアナザータイプ爆裂の余波たる髪の寸断を差し引いて尚ありえ
からぬものであった。

 要するに突如として体内で爪が進み始めている!! だが、おお、見よ! イオイソゴの背後で忍法念鬼もどきなる奇怪
なる髪に絡め取られる軍用犬を! 動いていないのだ! 腕そのものは動いていない!! 貫通の動きは、先の寸断を
埋めるべく伸びてきた新たなる髪の蔦にて鉗制(けんせい)され、関節部ときたらまるで膠で固められたよう寸毫も動いてい
ないのに、しかし体内に埋没した爪だけは章印めがけ……伸びている!! 

(その理由は……いやそれよりも! ……来い、根来……!!)

 予期ゆえに、決然とするオイソゴの観念的な輪郭が二重三重にブレて散らばったのは心臓部に激痛が走ったからだ。

(じゃからこそ、ここから……)

 何事かの『こういうとき、行うべき何らかの行為(しばい)』に移りかけたイオイソゴであったが、

「……お前が、カウンターを狙っているのは…………分かっている」

 思わぬ指摘(こえ)に動きが軽く固まる。

 いよいよ顔面が黄土色になっている犬飼は、急速に早まり始めた息を食い破るよう囁く。

「特性合一、だったか。盟主がカウンターを持っている以上……狡猾なお前がそれに倣わない筈がない……。敵を誘い込
んでそれを討つ、卑劣の見本市のような技なんだ……。お前は真似る。或いは盟主がお前を真似た……」

52永遠の扉2018/06/10(日) 02:54:24.27ID:2iyG2ofA
 爪はいよいよ爆発的に伸びる。イオイソゴの想定を遥かに上回る速度で伸びる。あたかも犬飼が、カウンターの発動より
速く仕留めるとばかり操作しているよう……伸びる。

 イオイソゴは、思う。

(……。先ほど見た軍用犬……混ざって再発動した”すぃーだー”が小さく見えたのは破損ゆえではない!)

 物体を小さく見せるトリックが、ある。小さくする特性が、ある。身長を15cm縮める風船爆弾だ。犬飼は融合したレイビー
ズにバブルケイジを当てていた!! タイミングは、イオイソゴに利用され解除したあと! 数は2発、僅か2発!! 
 だが! イオイソゴの体内に爪を突き刺した状態で特性を解除した場合! 爪は! 元の長さに! 戻る!! さすがに
30cmそのまま伸びる訳ではないが、元の身長と、そこから30引いた数字の比率分程度は……伸びる!! 

 だがイオイソゴが慄くはそのトリックゆえではない! そこまでは、それじたいは

(あなざーたいぷに切り替えると『身長の吹き飛ばし』の方が自動で解除されてしまう”ばぶるけいじ”の欠陥を逆利用して
くるであろうと)

 読んでいた戦歴五百年! 想到のうちにあったケースではあるからバブルケイジの小細工そのものに震撼する必要は無い!!

 彼女が、恐怖したのは!!

(カウンターを読んでなお突っ込んできた犬飼の、精神性の成長というべき勇気こそが……恐ろしい!!)

 だが犬飼本体への攻撃に移りかけたのは決して恐怖ゆえではない。『犬飼が、身の丈に合った最善手を尽くしに尽くし』、
それがゆえ自分が追い込まれる状況はむしろ望むところだし覚悟の上なイオイソゴだ。心臓はいよいよ3分の1ほどが
貫かれている。完全破壊でこそないがそれでも人間が負えばまず絶望的な傷だから、今のタイミングでも山彦発動は、
犬飼と、円山にとって致命の一撃たりうる。が、木星の幹部は根来をも釣り込みたい。照星の生首を接合しうると指摘
された奴ばらの忍法『壊れ甕』が果たして深奥の、心臓の傷をも修復しうるものか否か不明じゃが、とにかくきゃつほどの
男じゃ、山彦で転写すべきは心臓の完全破壊にかぎる……とそう幼い老婆は破壊されつつある胸中わらう。

 だからこそ、根来を呼ぶためには自分が予想外の犬飼の奮闘に追い込まれていると見せかける。
 自動人形型の武装錬金を使う者を斃すには、創造者本体を狙うのが手っ取り早い。軍用犬に心臓ごと章印を狙われて
いる状況下で、無力な、既に頚動脈を自切している犬飼を狙わぬなど不自然すぎるだろう。CDの奇襲や、バブルケイジ
アナザータイプの登場、身長吹き飛ばし解除による爪の延長といった数々の意外事にハっとしてみせてこそ当然に見える
先ほどまでとは違うのだ。

 ようやく我を取り戻して反撃に……といった芝居に移るイオイソゴに、犬飼最後の攻撃が……刺さる。

「ボクが頚動脈を切ったのは、背水の陣で力を引き出すためじゃない」

 策を一挙に叩きつける犬飼のスタイルと、戦略構想を根底から覆すイオイソゴのやり口は、追撃戦最後の最後で最悪の
溶融をして放たれた。

「落とし前だ。救出すべき大戦士長の首が、お前なんかに刎ねられてしまったコトへの落とし前にすぎないんだよ」
(っ!! こやつ……!!!)
 イオイソゴは察した。
 ここまで何度も首を捻った犬飼の、異様な死兵ぶりの原因が他ならぬ自分にあったと。

 異常な話ではある。だが……考えてみればまったく彼の言うとおりではないか。

 犬飼はたとえ無事に逃げのびたとしても、先はない。少なくても組織人としては、戦士とはしてはもう、断絶だ。
 アジトを突き止めた功を評されるというのは、あくまで照星が無事だった場合だ。だが彼はイオイソゴによって斬首された。
しかも犬飼はアジトを突き止めるのに手間取ってもいた。そのモタツキが照星殺害に繋がったのではないかと糾弾されるは
必定だ。大きな失態があったとき、一番わかりやすいポカをしていた者に責任がなすりつけられるのが、組織、なのだ。

 犬飼は、それが分かっていたから……自ら頚動脈を切った。

 つまり順番は逆であった!! 彼が頚動脈を切断した時、イオイソゴはそれが自分に鳩尾無銘の味を思い出させ動き
を止めるための策謀だと思っていたが! ああなんというコトだろう!! 逆だった!!

53永遠の扉2018/06/10(日) 03:08:32.25ID:2iyG2ofA
「ついで……だったんだよ。せっかく落とし前で頚動脈を斬るんだ、なにかの策に役立てなきゃ……損だろ?」

 狂気を帯びた、しかし楽しげな犬飼の笑いにイオイソゴは言葉を失くす。

(こ、このわしへの嘲弄が……ついでじゃと……!!)

 数々の策謀を見抜いてきたイオイソゴですら想像を絶する動機だ! いやそもそも誰が予想できよう! 落とし前という
がこれは落とし前の範疇を越えている! 思うにこれは落ちこぼれとして蔑みを受け続けてきた人間がゆえの暗い爆発力
ではないだろうか。狂犬病の名を冠し、オンオフまでは可能なれどひとたび放たれれば狂的に暴れるほかない彼の武装錬
金の精神具現ぶりとも合致する。そもそもこの夏、奥多摩でヴィクターVに見逃され、死に時を逸し生き恥を晒してしまった
鬱積こそ、そこから、ここまでの動機だから、『追跡にもたついたが故の、救助対象たる坂口照星の死亡』という組織人とし
ては致命的な現象に、彼はあっさりと──ヴィクターVへのあてつけもかねて──頚動脈を、斬った。

54永遠の扉2018/06/10(日) 03:17:01.87ID:2iyG2ofA
 その、あくまでついでに、血を浴びせ、愛しい愛しい鳩尾無銘との因縁を刺激したのであればイオイソゴは憤激する他な
い。柄にもないが、『無銘との絆は、ごく普通の人間のように大事に、思っているから』、冒涜されれば……滾る。

(きゃつ、許してはおけぬ!!)

 戦歴500年ゆえのプライドを揺るがされた怒りは確かにある。あるが同時に(見事!)という感嘆も沸き……木星の幹部
は遂に犬飼本体への攻撃に移る! 掌の上で踊らされていた屈辱を晴らすため殺すという色合いはあれどごく僅か、むしろ
斯様なる精神性で戦ってきた男なればこそ全力の芝居の打ち甲斐があると凄絶に笑い、急霰の耆著を連射する。

 ……。

55永遠の扉2018/06/10(日) 03:22:03.35ID:2iyG2ofA
 普通に考えれば。

 犬飼の取るべき最善手は、『レイビーズBの突撃』だろう。耆著を弾きつつ、イオイソゴに突貫するのだ。バブルケイジ
アナザータイプはいまだボコボコと彼女の体の中で炸裂し、耆著を体内から排莢している。もちろんただそれを許し続け
れば、やがては普通の肉体で体内爆破を浴び続ける破目に陥るイオイソゴだから、微細な磁力操作によって吹き飛んだ
耆著を再び体内に埋没させてはいる。排莢。まったくそれだ。拳銃のそれを再生しては巻き戻すような光景が、イオイソゴ
の周囲でひっきりなしに起こっている。舟形の鉄片が、くるくると遠ざかっては、ある一点でピタリと止まり、遠ざかる時の
動きの逆回しで黒ブレザーの少女へ戻っていく……。異常極まるこの光景はしかし、瞬間的にはどこかしこが磁性流体化
を解除し……つまりはボロボロのキラーレイビーズでもダメージを与えうる状態にまで低下しているという証拠でもあるから、

(うまくいけば正面から章印を貫ける……!! それが無理でもCDのアシストにはなる……!!)

56永遠の扉2018/06/10(日) 03:23:18.39ID:2iyG2ofA
 どうせ何もしなくてもイオイソゴの芝居(こうげき)を浴びる犬飼だ、ならば逆転の可能性に賭け、耆著を弾きつつの突貫
を敢行するのは決して悪手ではない。

(……)

 一瞬、なにかを考えたのは、次の言葉をまとめるためか、否か。

(正面から行く以上、例の鈎針や足刀、吸息かまいたちを浴びる危険もあるけど……)

 ”自分がそれらを引き受ける方が、根来の奇襲が通りやすくなるのではないか”という、まったく自身の生存を度外視した
結論が、Bへの突撃命令を決定的に後押しした。果たして軍用犬は指示通り地を蹴り……イオイソゴへ飛び掛る。

 だが、彼女は。

(ひひっ。悪いが耆著の乱射は”ぶらふ”! 貴様を必倒せしめる罠は既に張ってある!!)

57永遠の扉2018/06/10(日) 03:23:40.53ID:2iyG2ofA
 イオイオゴの手前わずか10cmである。ワイヤートラップが仕掛けられていたのは。もちろんトラップというぐらいだから、
当然犬飼の目には映らない。何故なら細い髪の毛”そのもの”で構成された代物だからだ。ぴぃんと水平に張られたその
毛は、地上からちょうど10cm置きに50本配置されている。つまり高さちょうど5mだから、レイビーズでこれを飛び越え
るのは至難の業、普通に突撃すれば犬飼は軍用犬ごと細切れになるだろう。

(これぞ忍法・風閂(かざかんぬき)! 風摩の刑四めの専売特許と思われがちじゃがしかし伊賀にもこの忍法や、ある!)

『根来七天狗』の1人さえ胴ごめに斬り飛ばしたというから威力は折り紙つきだ。

 それをイオイソゴは、張った。もし犬飼が、バブルケイジアナザータイプにびしゃびしゃと吹き飛ばされているイオイソゴを
よく観察していれば、髪の辺りから飛んだ飛沫が、付近の木に降りかかったまま肉体に戻らぬさまを目撃できていただろう。
 髪は、そこから伸びた。先ほどのさまざまな問答の最中、50本もの髪が、ツツーっと、木から木へと水平に伸びたのだ。

(来い! 突撃せよ犬飼!! されば根来は貴様を助けに現れる! 何しろ根来僧を斬り飛ばした忍法じゃからな!! 
根来めが気付かぬ道理がない!! 来るのじゃ犬飼! 奴の撒き餌になればよし、死んでも……よし!!)

 犬飼はイオイソゴとの距離を詰めていく。6m……4m……。

 ぴしぴしと耆著を迎撃しつつ、時には吸息かまいたちを回避しつつ彼は遂に1mの圏内へ辿り着く。

 犬飼は、決してイオイソゴほど賢くはない。だから風閂の存在は、意識が闇に沈んでなお気付けなかった。
 手練れた戦士であれば、接近中、咄嗟の判断で突撃を中止するというコトは、ままある。敵(イオイソゴ)の表情の僅か
な変化などから、罠を察し、まさに『間一髪』で方針を変えるのは、よくあるコトだ。

 だが犬飼はそれすらない。『突撃』という方針を……変えなかった。変えられなかった。それこそが最大の最善手だと信じ
て疑っていたため……変えられなかった。

 彼の体はもう風閂の手前30cmにある! レイビーズの速度を考えれば急停止したとしても手遅れの距離!!

(だが咄嗟の機転とやらで回避されてもつまらん! 風閂……前進!!)

 ああ! ここで『殺(と)った!』と確信し油断するイオイソゴであったなら犬飼倫太郎はどれほど楽であったか!! 幻妖
も幻妖、ふわふわと前進浮揚する風閂! 木にびちゃりとついた飛沫が耆著に戻りそうしているのだと説明されても千怪
万怪の感はいなめない! 

 だが犬飼の方針は変わらない! 突撃! やんぬるかな! キラーレイビーズBの突撃は変わらない! 果たしてその
筐体に風閂が接触し!!

 戛然!!

 破片が散り血しぶきが舞う中、瞳孔を見開いたのは──…

 イオイソゴ!!!

(なっ……!!!?)

 彼女が言葉を失ったのは根来が来援したから……ではない!!

 必断必斬の風閂! それに接触してなお突撃を試みたキラーレイビーズBが健在なるまま視界の中で、恐るべき戦略
行動に移っていたからだ!!

 Bは!! 突撃していた!!

 上方へと、突撃していた!!!

(か、風閂に気付き……飛び越え……いや違う!! 上! ひたすら上を!! 目指して……いる!!?)

 イオイソゴを無視し、あくまで垂直に飛んでいく軍用犬の不可解さにイオイソゴは激しく動揺する。しながらも背後のCDを
押し留めているのは流石レティクルエレメンツの重鎮というべきか。

58永遠の扉2018/06/10(日) 03:24:10.03ID:2iyG2ofA
(まさか!!!)

 はたと気付いたころにはもう遅い。血まみれの犬飼の拳が──…

 章印めがけ、飛んできている。

 言語に絶する位置の変転だ。軍用犬の上に乗っていたはずの彼がなぜ降りてきているのか。そして10cm前を風閂で
守られている筈のイオイソゴから、わずか5cmという扶寸の距離に犬飼の拳があるのはどうしてか。

 上記の事柄を彼女はまったく忘却した! 思考の一点は万朶の枝を掻き分け昇って行くキラーレイビーズBに集中した!

(ま、まずい!! あれは……まずいぞ!!!)

 何がいかなる戦略的破綻をもたらすか察知できたのは、走馬灯の如く犬飼(てき)の能力を分析できたイオイソゴなれば
こそ。

(先ほどの鵜飼いで分かったことじゃが……きらぁれいびぃずは……自爆機能を有している!)

 ならばそれがイオイソゴから離れていっているのはむしろ幸甚に思えるが事実はまったく逆である。

(そうさ)

 犬飼は笑う。電撃の如き流れ去る時間の中で目論見を、思う。だがベラベラとは喋らない。映画などでよくあるではないか。
起死回生の目論見をまくし立てている間に対応策を練られ、破られるといったような展開が。せっかく背後を取ったのに「○
○の仇だ死ねぇ」と叫んだばかりに避けられた(としか見えない)末路でもいい。どっちみち犬飼は願い下げだ。だからモノ
ローグはあくまで彼の脳髄を流れ去った観念の、あくまで翻訳再構成に過ぎない。

(戦術で制すより、戦略を挫くより……戦局を根本的に逆転させるのが……お前のやり方、だろ…………?)

 だから真似させて貰ったのさ。『健在な方の』左手を、高く高く、レイビーズの昇る天へと指差したい気持ちを、高らかな
気持ちを、だがそれをやれば隙が出来るからと必死に抑え……無言で攻撃を続ける。

 昂揚をもたらすに到った彼の企ては、こうだ。

(合流地点まで200m。空中に突撃し自爆したキラーレイビーズBは……照 明 弾 に な る !)
(っ!! この期に及んでわしの認識を……覆すか!!!)

 イオイソゴの前提は、『伝令の円山が、戦士の合流地点に飛び込むとマズい』だった。そうだろう。彼が、戦士たちに……
盟主の所在という情報を伝播してしまうのだから。

 だが! それは『円山が合流地点に辿り着く』コトで初めて満たされる条件ではない! 辿り着いたとしても戦士がいなけれ
ば無意味だし……逆に言えば。

(戦士たちの方からここに駆けつけさせても……伝えられる!! 『大事なのは円山を、戦士の集団と接触させる』……だろ!)
(ち!! 悔しいがまさにその通りではある!! しかも合流地点から遠く離れた、盟主さまとの交戦点ならいざしらず、残
りわずか200めーとるのここで照明弾が上がれば……すぐに来れる! 戦士どもはすぐに来れる!!!)

 最後の突撃命令を下す直前、犬飼は思ったのだ。

──(どうせボクだから、普通に攻めてもしくじるだろうね)

 と。だから直接攻撃を捨てた。同時に、イオイソゴからラーニングした『戦局の逆転』をどうやれば実行できるか考えた。
彼女の目論むカウンターをどうすれば潰せるか……そこで思いついたのが照明弾だ。

(うまくいけば盟主どころか木星の幹部さえ殺せるからね)

(それだけの足がかりを残して死んでやれば)

 もう誰もボクを笑えないさと犬飼は会心の笑みを浮かべる。

59永遠の扉2018/06/10(日) 03:24:28.64ID:2iyG2ofA
 キラーレイビーズBは、まだ枝の群れから鼻先を出した程度だ。だが数秒後、間違いなく照明弾となってイオイソゴのあらゆる
戦略を覆す。

(自爆を許せばもう根来の始末どころではない!! 仮に当初の予定どおり3人全員始末できたとしても……戦士はどんなに
遅くても3分以内に来る!! そして……知る! ここで死んだのが犬飼、だと……!!)

 木々や枝に付着する無数の血を思い浮かべたイオイソゴは愛らしい顔を、ひたすら冷たい脂汗まみれでねじくれさせた。

(なんたること!! 放置すれば死せるからと放置しておった頚動脈からの出血が……ここに来て首を絞めた!! 戦士が
来るまでの3分で、行く道の端々ちらばった奴の血総て隠滅するのは可能? いや無理じゃ! さすがのわしでも不可能!!)

 なぜ犬飼の血の隠滅に拘るのか? 簡単な話だ。

(”でぃえぬえい”鑑定。戦団にはそれを一瞬で出来る奴らが何人もおる。うぃる坊に拘禁されたがためすぐにはこの決戦
場に来られぬ総角めも副次的じゃがその系統。血から複製した武装錬金をして誰の血か当てられる……)

 そういった連中が、犬飼の血を調べた場合。


 ここで死んだのが犬飼だと戦士が知る
 ↓
 かなり離れた場所でアジトを見張っていたはずの犬飼がなぜここまで移動し、そして死んだのか、不審がる
 ↓
 アジト近辺で敵に捕捉され、逃げてきたのだと結論付ける
 ↓
 ならボディーガードの戦部がいないのはなぜか考える
 ↓
 特性上まっさきに死ぬのは有り得ない。
 ↓
 性格上、撤退戦なら間違いなく足止めを引き受ける
 ↓
 彼がそうしつつも犬飼たちは逃がす幹部(あいて)は何者か
 ↓
 相当の強者
 ↓
 つまりアジト近辺にそいつが出張っていた
 ↓
 なのにここに”そいつ”はいない。追ってくるほど執拗で、しかも戦士よぶ照明弾(まきえ)が上がったのに……。
 ↓
 つまり犬飼を追い、殺したのは別の幹部
 ↓
 ならその『別の幹部』はなぜさほど強くない犬飼をわざわざここまで追ってきてまで殺した
 ↓
 戦部が足止めしている『相当の強者』が、その単独出撃を知られるとマズい立場の者?
 ↓
 つまりレティクルの要たる盟主?
 ↓
 盟主がアジト付近に居るとすれば
 ↓
 高速自動再生の戦部が相手だから、まだ足止めされているかも知れない
 ↓
 つまり、好機
 ↓
 一斉攻撃で盟主を仕留める好機

 ……とそう、戦士が考えるとイオイソゴは、考える。

60永遠の扉2018/06/10(日) 03:24:49.63ID:2iyG2ofA
(……犬飼本人はそこまで考えておらんじゃろう。戦士が来れば円山に伝言を頼めると、その程度の発想で照明弾を
思いついたのじゃろうが…………やられたという他ない! 貴様のその策はたとえわしが根来をも仕留めたとしても……
決定的な緒戦の勝利を戦団にもたらす一大魔術!!!)

 照明弾を見て駆けつけてきた戦士全員を殺してしまえば解決と思うほどイオイソゴは馬鹿ではない。それができる実力
があるならそもそも戦士の合流地点へ殴りこみ彼らを殲滅している。いかな磁性流体化といえど相性によっては破られる
のを熟知しているのだ。何十人もの手練れを同時に相手どれば必ず破られるとも……。

 イオイオゴ=キシャクは木星の幹部である。
 木星は錬金術において『錫』を司る星。そして錫を冶金学的に貪り食う鉱石こそ

 タングステン

 である。厳密にいうと混入によって錫鉱石をスラグ化させ、それ以上の生成を妨げるため「錫を貪り喰うオオカミ」と
ドイツで呼ばれた。(元素記号のWはウォルフのW)。

 後にタングステン0307と呼ばれるこの追撃戦は勿論……

 3月7日生まれの犬飼倫太郎を指した言葉だ。

 力及ばずながら最後の最後まで戦い抜いた誇り高き狼を……讃える言葉だ。

 キラーレイビーズはとうとう枝から50cmほどの距離に飛んだ。合流地点からの見晴らしを考えると、あと2mも飛べば
充分だろう。

(どうする!!? 耆著や吸息かまいたちでは枝に阻まれ当たらん!! 肉体を伸ばす忍法を極限まで行使すれば或いは
じゃがそちらに傾注すると……)

 背後のキラーレイビーズCDを見る。よそごとをして章印を見逃す軍用犬ではないだろう。それもこれも三人一挙の殲滅
を目論んだが故……。

(ひひっ。策士策に溺れるって奴かい)

 やや焦りを帯びた苦味ある痙笑を浮かべるイオイソゴはそれでも泰然として見えるが、

(うわーん!! 策士策に溺れるとはこのことじゃー!!)

 わしのあほー。心の中では両目を不等号にして涙を飛ばしている。

 惑乱は鬩ぎあいの力を緩めた解除と、純然たる倍加推進の奏による爪の延伸に抗していた髪の微妙な脱力が……犬飼
最後の最終突撃命令を帯びた軍用犬の轟然たるチャージを許して……しまった。

(マズい!! この勢いでは章印が心臓もろとも一気に貫かれる!!!)
(これで殺せるとは思わない! だが!)

(……お前の奇襲のアシストにぐらいなるだろ? 根来!!)

 首筋から最後の血の一絞りを吹き飛ばす犬飼は、絶望的な眩みに打ち崩れながらも凄絶に笑う。
 忘れがちだがその拳は、章印を狙っている。どこかで吹き飛んだパーツだろう。レイビーズの爪らしき破片を握ってはいるが
……薬指以下の指はない。指どころか、掌や、手首や、前腕部すら、ない。総て例の風閂で斬り飛ばされたのだ。

(なのに痛みさえ感じないとは! こやつ、精神が肉体を凌駕しておる! 斯様な攻撃相手に照明弾の方へ全神経を振り
分ければ……ありうる! 真正面からの章印狙いにわしが殺されること……ありうる!! っ!! そのうえ!!)

 犬飼にはもうイオイソゴの声さえもう聞こえない。彼女が慌てふためいた様子で背後を見るのは、レイビーズのCDまで
もが自爆シーケンスに突入したからだ。

(どうせ最後の突撃も、屁理屈じみた忍法で回避するんだろ? なら自爆だ。自爆の勢いで直進する爪なら…………ふふ、
もしかしたら……貫けるかもなあ、章印)

61永遠の扉2018/06/10(日) 03:25:24.34ID:2iyG2ofA
(……ま、その場合、ボクも巻き添えになって、無事じゃいられないだろうけど…………。いいさ。望みどおりさ)

 自分の腕が無惨に破壊されているのさえ、霞がちな視界は捉えられなかった。
 ただ、充足のみがあった。かつては『怪物』に阻まれ貫き通せなかった意地を、彼はいま……貫けている。

(ああ。やっぱり……自分の命を…………思い通りに使えるって、いいなあ)

(ざまあ……みろだ、ヴィクターV…………。勝手に……助け……やがって…………)

 満足げな死微笑に意図を見て取ったイオイソゴは「くぅううと」歯軋りしながら人差し指を立て……誦(ず)する!

(根来めに温存したかったが仕方ない!!)

 枝の上2m50cmにとうとう到達したキラーレイビーズBの胴体に閃光が走る。自爆はもう止まらない。

(忍法!! 時よどみ!!!)

 澄み渡るどんぐり眼の白い強膜がドス黒く染まり、瞳孔に到っては腐り果てた血漿のような紅に堕ちる。
 同時に金色の波動が双眸から巻き起こり、それは忍びが垂直かつ無造作に投げた耆著の間をばちばちと乱反射しなが
ら半球状の閃光となって一帯を行き過ぎた。直近の犬飼も、少し遠くの円山をも閃光は洗い……彼らの時を氷結させる。
既に影縫いで止まっていた円山さえも、より絶対的な静止の領域へと叩き込んだのだ。

 果たしてキラーレイビーズCDの動きもまた止まる。推進や自爆だけではない。身長の戻る作用さえも停止した。

 のみならず、ああ!!

 爆ぜかけていたキラーレイビーズBさえも、まさに一時停止の爆発映像の如く固まって…………そして枝からバシャリと
波打って引っ込んだ巨大な黒き念塊に総て総て飲み干されて消え去った。

(忍法虫とり草。──根来対策として枝々に仕掛けておった鳴子を使い内縛陣に穴を開けるのは痛いが…………そうでも
せねば防げぬ恐るべき犬飼の奇策じゃった…………)

 ぜえはあとイオイソゴが大汗かいて息せくのはその緊張ばかりではない。時よどみの消摩もまた決して小さくはない。

(耆著の電磁気力で増幅した時よどみは、錬金術的介在によって他者の武装錬金特性をも止める! ……もっとも、創造者
の双眸に我が眼光を叩き込む必要があるゆえ、亜空間に潜んでおる場合の根来のような視界外の敵や、或いはいまの楯山
千歳のような視力なき戦士には通じないが……)

 或いは、幸運だったのかも知れない。犬飼の話である。
 最後の血を流しきり、あとは倒れて死を待つばかりだった彼が、正にその瞬間、時よどみという、精神感覚を尋常ならざる
遅延状態に追いやる忍法を喰らったのは、少なくても生を望む人間の本能からすれば猶予という慈雨を得たに等しい。

 彼は、考える。

(『これでいい』。今から木星の幹部は動けないボクにトドメを刺しに来るだろう。だが……『これでいい』。次に影縫いで動け
なくなっている円山を殺しにかかりもするだろうが……

『こ れ で い い』

……問題は、ない)

 おかしい。あれほど懸命に円山を助けようとしていた犬飼が思うべきコトではない。だが……違う。そう思う理由がある。

 しかし。彼は……気付く。気付いて、しまう。

(……。待て! 『どうしてバブルケイジ解除の作用まで止まっている……!?』)

 ひひっ。

 低い鼻をこすり、イオイソゴは笑う。

62永遠の扉2018/06/10(日) 03:25:43.27ID:2iyG2ofA
「悪いが『それも読んでおった』」

 円山の影に刺さっていた2つの耆著が周囲の地面を巨大な錐へ造り替え、円山を貫いた。完全なる貫通だった。何層
も爆ぜ割れる地獄のような協演が山間に響き渡った瞬間、静止していたツートンカラーの風船スーツは地上から消滅した。

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 血しぶき1つ肉片1つ飛ばすコトなく。

 低い鼻をさすり、カビ臭い引き攣り笑いを浮かべたのはイオイソゴ。

「飛ばぬのも道理よ。何故ならば」

 錐はなおも伸びる。天めがけ伸びて、何箇所か複雑に折れ曲がりながら、空中のある一点めがけ最後の突撃に移行する。

 風船爆弾で攻勢された雲に乗る、半裸なる身長62cmの円山円を突き殺さんと……伸びた!

 そう! 風船スーツの中に彼は居なかった!! 様子と高度からすると脱出は破壊直前より更に前のようだ。

 犬飼の顔面が決定的な敗北感に歪んだところを見ると、彼の指図の内らしい。

(クソ!! これさえも……!!)
(ひひっ。影縫い……百夜ぐるまが廻るところまで読んでおったのは見事。どうやら貴様らは最初から決めておったようじゃ
な。『森を抜けるあたりで円山本体を風船すーつから離脱させる』……と)

 森を抜ければ影ができる。すると忍びが敵である以上、影縫いかそれに準ずる忍法が炸裂すると考えるのは思考の流れ
からして当然だ。だから犬飼たちは森を抜ける直前に円山を離脱させた。タイミングは機雷の如く風船爆弾が敷設された
瞬間だ。バブルケイジの特性で、スーツの中、182cmから2cmに予め縮んでいた円山は、腰の後ろから射出され浮き上
がる風船に捕まり──イオイソゴに視認されぬよう、森の出口の『開けた場所』を避け、やや合流地点から遠回りになるが
枝に遮られ見つからないルートへと浮かび上がり──地上に残したスーツは合流地点へ向かうよう継続して操作。
 その遠隔操作は、空蝉になったのを悟られぬための細かな仕草ともども風船爆弾本来の機能である。もともと爆弾状態
でも微速ながら動かせるのがバブルケイジだから、『風船スーツ状態』でも、動かせる。
 かくしてスーツから抜け出した円山は、かつて奥多摩で斗貴子から逃れた時のように風船爆弾の雲に乗って追撃戦の舞
台からいったん距離を取り、しかるのち再びスーツを着込み全速力で合流地点へ……というのが犬飼のプランだったが!

 果たせるかな、この鬼謀神算と言っていい十重二十重の策さえもイオイソゴが見抜いていたとは!!

(レイビーズCDの攻撃も円山から気を逸らすための攻撃で! 照明弾だって円山とは逆の方向へ打ったのに……!!)
 身長吹き飛ばしの逆利用のあとの『いま割られる訳にはいかない』は、当時すでに空蝉だった風船スーツが、破裂によって
真実を明らかにするのを防ぎたかったが故の思いだ。

 それほどの努力で紡がれた策をイオイソゴが見抜けたのはどうしてか?
(ひひっ。わしは忍び。空蝉を疑わぬほどおろかではない。貴様らほどの連中なら影縫いさえも読み対策を講じると考える
は当然!! あとは照明弾とは逆の方向の気配を探ればよかった!!)

 先ほど周囲を洗った半球の閃光はイオイソゴの時よどみの波動を、遠く空高く浮かぶ円山にまで届けた。突如として地上で
起こった閃光を、犬飼を案ずる円山が見てしまったのは人間として当然の反応、責められる謂れはないだろう。

 かくて彼が遅疑極まる精神状態で錐の串殺を待つほかない状況に、犬飼の頬、歪む。

(……どこまで鋭いんだこの幹部は…………!! フザけるな!! これだけやったのに最後の最後で円山すら離脱させ
られないのかボクは…………!!)

 やはり最後の最後まで自分は何も成せず終わってしまうのかという絶望は、精神の遅疑さえ凌駕し双眸に涙を滲ませる。

(ひひ。むしろ貴様はようやった。連発できぬ時よどみさえ使わせたのじゃからな……!)

 犬飼最大最後のキラーレイビーズB照明弾が封殺された今、戦局の前提もまた照明弾以前に戻る!

 すなわち!!

63永遠の扉2018/06/10(日) 03:26:03.51ID:2iyG2ofA
(あとは根来を迎撃するのみ!!)

 鉄壁だった鳴子に、内縛陣に、照明弾阻止のためとはいえ自ら穴を開けてしまったイオイソゴだからこそ根来への執心
と警戒は……より勁烈なるものとなる。

(奴が出現した時点でわしは自ら背後のれいびぃずの側に進む! 心臓を貫かせ、そのだめぇじを忍法山彦で3名に返す
ためにな!!)

 長く伸びた足刀が森の出口左手に繁る枝を何十本と刈り取ったのは、その先に漂う円山を視界に収めるためだ。どうや
らこちらは時よどみのような増幅はできぬと見える。

(あとは……根来よ)

 奴はどこから来る……? 残る鳴子や、中空に神経を集中していたイオイソゴが圧倒的な威圧感を察知するまでさほど
の時間はかからなかった。円山めがける例の錐が、1ミリメートル程度しか進んでいない頃だった。

(来た! ひひ! 迎撃──…)

 してくれるとスカートのポケットの中の『形見』に手を差し伸べた幼い忍びの顔色は微妙な困惑に彩られる。

「──や?」

 迫り来る威圧感は複数だった。戦歴ゆえ、どこが狙われているか一種の未来視で察知できるイオイソゴが感じた攻撃の
気配は、その全身を取り囲むよう茫洋と漂っていた。

 背後150m超の鳴子射程外で前触れもなく膨れ上がった威圧感は剣気に分類されるものであり。

 数は……9。

「飛天御剣流!! 九頭龍閃!!!!)

 雪崩れ込んできた絶対的な金色の颶風をイオイソゴは回避するのが精一杯だった。山彦の布石のため、敢えて背中を
キラーレイビーズCDに浅く刺していたのが仇となった。
 攻撃の来た方向も悪い。背後、からだった。
 だからイオイソゴは形見での迎撃ができなかった。後ろ殴りの一閃程度では遅きに失し、先の先で発生前に潰すほか無
い九頭龍閃を到底迎撃できぬと瞬間的に判断し、胸を爪で横一文字に裂きながら脱出した。山彦をかけられなかったのは、
例の風閂のカウンターを期待したのもあるが、それ以上に、背後から神速で突進してゆきすぎる技など視界に収めようが
ないからだ。

 そのすぐ傍を、流れるような金髪を持った剣客が通り過ぎる。犬飼をさらい、横目で「フ」と笑ってくる美丈夫に、さしものイ
オイソゴも氷結した。総ての風閂が断たれて舞っている事実にもだが、それ以上に!!

(総角主税!!? 銀成でうぃる坊の時日監獄に封印された筈の貴様がなぜこの決戦場に!!?)
「フ。紆余曲折説明してやってもいいが」

 予想外の事態に本来の大敵を不覚にも忘失した彼女のすぐ! 右で!!

「どうやら無さそうだぞ、そんなヒマ」

 音楽隊首魁の声に合わせるよう稲光と共に出現した流線型の髪型の忍びが!
 マフラーを翻しながら空を裂き……刀と共に直進する!!

 根来忍!! 総角と示し合わせたのかどうなのか! とにかく『金』髪の剣客の作った最大の隙を、常軌を逸したタイミング
で! 彼は! 衝く!

(ちいい!! れいびぃずで山彦ができのうなった”たいみんぐ”で来よるとは……!!)

 右の根来に向き直り、せめて一撃だけでもと形見を抜きかけたイオイソゴ。だが彼女は一瞬の眩暈を感じる。

「忍法、かくれ傘。──」

64永遠の扉2018/06/10(日) 03:27:32.42ID:2iyG2ofA
 詩(うた)うような声の中、眩暈と、それに伴う時よどみの解除をもたらしたのは銀光である。厳密にいえば、傘の内側に
貼られた鏡である。鏡中の根来は薄く笑う。冷淡に、冷淡に、あざけ笑う。

(右ではなく、左か!!)

 がばと向き返る。
 根来忍法など知り尽くしている筈のイオイソゴが、忍法かくれ傘という、鏡張りで、催眠作用のある有名な忍法にまんまと
引っかかったのは、総角の予想外の出現に少なからず動揺していたからだろう。
 だから、鏡に映された、大本の、左の根来のシークレットトレイルの利剣きわまる破壊力は、やすやすとイオイソゴの章印
に迫った。

65永遠の扉2018/06/10(日) 03:28:12.52ID:2iyG2ofA
 それが分かったから──玖の突きの変形で章印を貫かれるのを恐れて九頭龍閃を避けてもいたから──死兵の狂乱
の勢いで形見の一撃に移るイオイソゴ。右に気を取られた出遅れを一瞬で取り戻した体裁きは戦歴500年ならではだろう。

 だが、つんのめる。

「忍法、傀儡廻(くぐつまわ)し。──」

 奇怪や奇怪、根来のほうり捨てたイオイソゴそっくりの土人形が、中空でこれまた根来の投げた竹箆(たけべら)に掠って
ぐるんと時計回りを1つ打った瞬間、イオイソゴ本人もまた同じ動きで体勢を崩した。人形を使った一種の呪術操作である
らしい。

 だがきりきり舞いを演じながらも双眸戛然、ポケットから形見を抜き出したイオイソゴもまたさる者。狙うはむろん根来、す
ぐ前の、根来。

「秘剣! 『牢の御剣』!!」

 その全貌は、抜く手も見せずといった速度だったし何よりこれを見た犬飼自身の視界が失血で霞んでいるからよく分から
ない。とにかく根来めがけ残影けぶりつつ翻った銀閃は短刀ほどの長さであった。(今まで耆著と忍法しか使って来なかった
癖に……)! そう犬飼に歯噛みさせる太刀行きの速さよ、気迫とあいまり周囲には、うっそりした古怪きわまる竜胆色の鬼
火さえくゆって見える! しかも雄渾! 金剛力をも孕んでいる。

(ダメだ当たる! いくら根来でも……!!)

 けくっとノドを鳴らす青年の遥か前で牢の御剣はとうとう胴ごめに斬り飛ばした。

 自爆寸前の、キラーレイビーズCDを。

(ば、ばかな!!)

 さすがのイオイソゴも双眸を剥く奇ッ怪千万!

 入れ替わっている! 先ほど遠ざかった筈の軍用犬が先ほどまで傍に居た根来と、入れ替わっている!!

「フ」

 一度見た武装錬金であればコピーできる金髪の美丈夫は瞑目し、静かに笑う。

 軍用犬の背中に仕掛けられている赤い筒は、正式名称を百雷銃(ひゃくらいづつ)と、言う。セットされた物体は攻撃に応
じて自動(オート)で入れ替わる。一番近くにある同様の、物体と。

(おぼろげながら見た……)

 犬飼は唖然と反芻する。最初は、傘だった。イオイソゴがその幻妖に眩暈を催したまさにその瞬間、総角は鳥形態に変形
せしめた百雷銃を2つ飛ばしていた。犬飼のぼやけた視界は詳しい形まで分からなかったが、予め聞いていたその特性か
らそう彼は類推した。

(片方は木星の幹部に視線を移される前の根来に、もう片方は傘の柄に。後者に、傘を見ていた頃のイオイソゴが気付か
なかったのは……動揺や眩暈もあるけど)

 傘が、広がっていたのも大きい。総角はその死角に百雷銃の航跡を合わせたのだ。

 そして傘にセットするや、同様の処置をキラーレイビーズCDに敢行、間髪居れずこれに無造作な裏拳を敢行。ちょうど
イオイソゴが傀儡廻しによる時計回りを終えた頃の話だから傘⇔軍用犬の入れ替わりは知られるコトなく静かに完了。
 そして軍用犬は根来への牢の御剣着弾をキーに彼と入れ替わり、現在に至る。

 総角主税はイオイソゴに告げる。切れ長の瞳を細め厳かに告げる。

66永遠の扉2018/06/10(日) 03:28:39.50ID:2iyG2ofA
「戦闘の全容はわからんが……俺に分かるのは1つ。フ、1つだけだイオイソゴ」

 牢の御剣で胸腰を異にした衝撃でキラーレイビーズCDは自爆を早める。

「それは未熟なれど懸命に戦い抜いた男の、魂が込められた一撃……! 逃げ得は許さん。最後まで……味わえ!」

 一度は避けられかけていた犬飼の武装錬金決死の大爆発が……イオイソゴを怯ませた。
 先ほど同様の行為に対し行われた忍法肉鞘はコーティング必須のわざゆえどうやら短期間では補充できなかったと見え、
哀れ忍びは金蛾の如き火の粉に彩られるだけでは許されず、体内で増殖途中止まった風船爆弾の、急激な温度上昇に
端を発す内部の膨張破裂の痛覚の濫発に不覚ながら硬直する。

 だが呆気なく追い詰められているというなかれ。通算でいえば彼女は5人を相手どっているのだ。犬飼、円山、根来、
総角……そして盟主。最後の一名の出奔で篭城構想を崩され、耆著を裂く破目になり、犬飼と円山の正に膏血を絞った
知略戦の前に総角の奇襲を許し、根来にすら介入され、今に到る。むしろこれだけの不利の中、自身が選んだ心臓の
傷以外に重傷らしい重傷を負っていないコトそれ自体が既に魔人。

(そもそも”といずふぇすてぃばる”……!! 忍者(わし)を忍具で嵌めるとは……!!)

 イオイソゴ、犬飼に肩を貸す総角を睨む暇もあらばこそ。

「忍法逆流れ。──」

 契機は陰鬱たる根来の声。逆転する彼女の視界の天地が、更なる混乱をもたらした!! 

(たたみ、かけよる…………!!)

 イオイソゴの視覚と感覚は乖離した!! 足の裏が確かに『下』で大地を踏みしめている実感があるのに、目に映る光景
はまるで自分がコウモリの如く天に足をつき大地を覗き込んでいるような代物だ。その不一致が入眠時のような無用の落下
感をもたらす!! 

 しかも根来はもう寸隙なる右から来ている! 一度はイオイソゴが目を離し意識を外した右方から、橋頭堡(トイズフェス
ティバル)の特性に、入れ替わりに、根来の方はまったく怯まず攻撃を続行できているのはかつて本来の持ち主と戦って
いたればこそ。しかも総角はその戦いで間接的にとはいえ根来と敵対していたから、或いは咄嗟即席かも知れぬこの連携
に両者よく識るトイズフェスティバルを選択したコピーキャットの判断もまた叡哲と言わざるを得ない。

 そこが入れ替わりを予期できなかったイオイソゴとの決定的な違い、アドバンテージ!!

 根来はゆく。千歳から光を奪った木星のもとへ
 恐るべき怒りと、殺意に、ただでさえ峻険と釣り上がっている瞳をいよいよ魔王の如く尖らせて──…

 犬飼決死の攻撃で、磁性流体化が解除されている章印へと!

 刃を、進める!!!






 そこまで目撃したあたりで意識を入滅の如く墨に染める犬飼倫太郎!

 波濤の如き連撃に苦慮し、悶え、脂汗まみれのイオイソゴ=キシャク!

 状況が状況ゆえに蚊帳の外であるが、錐が迫り絶体絶命だった円山円!

 三者の運命や、いかに──…

67スターダスト ◆C.B5VSJlKU 2018/06/10(日) 03:30:41.63ID:2iyG2ofA
以上ここまで。

次回は多分、楽。

新着レスの表示
レスを投稿する