三世代目まで来て言語化してみた産駒傾向
・道中力むようになると途端に全く走らなくなる→ジャスティンスカイ、ブラックシールド、コナコースト、ラヴェル、その他若駒やクラスアップ時に多い
・スタートや追走に難があるタイプは展開がハマるレースじゃないとどんだけ脚があっても残念賞→ソールオリエンス、ヒップホップソウル、ウールデュボヌール
・大幅短縮とダートがわりは馬券妙味もあってハマるけど、延長はかなり渋い
・レースのアヤなり詰まったローテーションなり、ひとつかけ違っただけで急に大敗もする
なんてところかなぁ

幅広い路線で色んな産駒が居るんで傾向を言語化するのは難しいけど
負ける時は淡白、勝つ時は派手、大レースであと一歩が多いってのは今のところの整理かな

逆に使い詰めで長いところばっかり走って、いつも同じくらい走るタガノバルコスみたいなのは謎ではある