どうせモテないし読書でもしようぜ!33冊目

1彼氏いない歴774年2018/02/28(水) 10:27:25.48ID:L3no5Ov9
過去スレは>>2
次スレは>>980が立てて下さい

前スレ
どうせモテないし読書でもしようぜ!32冊目
http://medaka.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1509099702/

90彼氏いない歴774年2018/04/02(月) 09:36:43.93ID:hkC74pxL
今日からやるラジオドラマ王妃の帰還は聞いてみたい
終点のあの子しか読んだことないけど

91彼氏いない歴774年2018/04/02(月) 11:16:00.93ID:0UK6auNg
>>90
ここ見てなかったら逃してたわ
知らせてくれてありがとう

92彼氏いない歴774年2018/04/02(月) 19:01:59.82ID:ecZ6FLaP
王妃の帰還、本読んだけど面白かったよ
最後、なぜそいつを許す!?と釈然としなかったけど
柚木作品は基本元凶は成敗?されないんだよね

93彼氏いない歴774年2018/04/02(月) 21:40:09.04ID:hGMs+RZ1
ラジオドラマといえば「悲しみのイレーヌ」も
ちょっと前までやってて面白かったな
海外作品はきっかけがないと手に取らないからさ
シリーズで続いてるからまたドラマ化してくれるといいなーと思ってる

94彼氏いない歴774年2018/04/02(月) 22:31:27.76ID:IoxoIXvl
ラジオドラマは中々侮れないよね
偶然聞いた百器徒然袋も面白かったw

95彼氏いない歴774年2018/04/04(水) 21:06:11.61ID:oM6/LP7S
真夜中のパン屋さん

駄目人間カタログだった
3巻くらいまではポプラっぽくもなかったけど
西澤保彦(大好き)と同じくらい嫌な読後感だったわ

96彼氏いない歴774年2018/04/05(木) 21:20:43.73ID:NjRsMDQx
今更ながらジョン・オブライエンの「リービング・ラスベガス」読んだよ
かなり昔だけど映画は観た事あるから余裕でイメージできた
酒は一切飲まないから実感できんけどアル中の描写が哀しくて辛かった.....
作者の実体験を基にした小説らしいです...........て言うか作者も自殺した.......

97彼氏いない歴774年2018/04/05(木) 22:03:29.46ID:kd1mlMWj
アン・ビーティの燃える家という短篇集がよくわからなくて、ずっとほうってあったんだけど

別の翻訳者のこの世界の女たちという短篇集はあまりにもしみじみとおもしろく読めてびっくりした
訳者でずいぶんと違うんだね
ヤヌスがすごくよかった
不動産仲介業の女性が私物の陶器の器を物件に持ち込みひっそりと家の中に置く
うつわの存在感のためか業績も悪くない
女性はそのうつわに惹かれるあまり失うのをおそれている
そのようなことが淡々と描かれる
ほんの5ページほどだけど密度が濃くて息をつめるように読んでしまう

98彼氏いない歴774年2018/04/05(木) 22:06:56.54ID:Z32s+mqS
海外の作品は本当に翻訳によるよね
翻訳特有のあの回りくどいような要領を得ないような、よく分からない文章読んでるとストーリーに入り込めなくてすぐ投げてしまう

99彼氏いない歴774年2018/04/05(木) 23:25:52.85ID:NnyPpqG4
ドン・ウィンズロウの新刊出て嬉しくて速攻買ったけど今読んでる上田早夕里の破滅の王を読み切らないとね
また、桜の国でとこれ、なぜ第二次大戦ものを2つ続けて読んでしまったのか。重い重すぎる

100彼氏いない歴774年2018/04/06(金) 00:12:18.73ID:+fm8UhlV
>>99 私も新刊じゃないけどドン・ウィンズロウの「犬の力」買った

101彼氏いない歴774年2018/04/06(金) 09:19:27.76ID:Ltf1RCKl
ラプラスの魔女

途中まではまあまあ面白いけど後半つまらん
最近ちょっと老眼きてるから読むスピードも落ちたわ
眼鏡買おうっかしら

102彼氏いない歴774年2018/04/06(金) 09:32:40.35ID:wFNDnUSM
>>99
桜の国読み終わったら感想教えて〜
分厚いから躊躇してるのです

103彼氏いない歴774年2018/04/06(金) 17:06:46.01ID:5cpxTGup
>>100
犬の力と続編のザ・カルテルはすごいヘビー級だけど作者の熱量もすごいんで好きだ
>>102
確かに長いし苦しい話なんだけどポーランドよく知らない自分でも話に入り込めた。良い作品だと思う

104彼氏いない歴774年2018/04/06(金) 22:02:45.59ID:1OzskTbi
ジュール・ヴェルヌの地底旅行

これも訳がいいのか読みやすかった
教授と甥のアクセルとのやり取りが笑える
ガイドのハンスが優秀すぎ
この人がいなかったら早々に死んでるな

105彼氏いない歴774年2018/04/06(金) 22:22:49.89ID:wFNDnUSM
>>103
桜の国ありがとう〜
やっぱり重めな話なんですね
評判すごくいいみたいなので機会があったら手を出してみます

106彼氏いない歴774年2018/04/07(土) 00:00:25.64ID:fvAIGzx5
>>104
これってディズニーシーのアトラクションのモデルかな?
冒険心くすぐられてわくわくしそう

107彼氏いない歴774年2018/04/07(土) 14:52:07.05ID:fhZ3qXkl
>>104
ベルヌなら80日間世界一周もおすすめ。

108彼氏いない歴774年2018/04/07(土) 14:53:19.82ID:fhZ3qXkl
今村夏子の星の子読んでるけど面白い。
視点が斬新

109彼氏いない歴774年2018/04/07(土) 22:51:00.27ID:CTtwzxop
翻訳って訳者によるから難しいよね
元々大人向けの訳者が担当したとはいえ児童書で「喜びの踊り」という表現を「勝鬨の踊り」って訳された時は戸惑ったし
ただ翻訳された時代からどうしても堅苦しい表現になってしまう事もあるから今の時代に合わせた新訳も有難いんだよね
新潮社の旧訳版「自負と偏見」の古風でロマンチックな言い回し好きだけど
光文社の新訳の方が物語の細かい部分が分かりやすくて助かった

110彼氏いない歴774年2018/04/07(土) 23:26:38.62ID:uKO8twPM
わかるなあ
好みの語感ってあるもんね
正確かどうかじゃはかれないものだね

冷血の新訳気になってるんだけど未読だ

111彼氏いない歴774年2018/04/09(月) 07:03:24.16ID:lBX8u1YB
伊坂の砂漠
つまんね
ダラダラ長いだけ
伊坂で一番の駄作だと思う

112彼氏いない歴774年2018/04/09(月) 14:01:23.09ID:FAdhNFyw
丁度伊坂のSOSの猿読みはじめたとこでなんかドキッとしてしまったw
漫画のSARU面白くてそっちから来たんだけども
面白さはまだわかんないけどなんかすらすら読める

113彼氏いない歴774年2018/04/10(火) 22:52:27.11ID:Liq1Ho11
「一夢庵風流記」読み始めたけど
直前に「進撃の巨人」の新刊コミックス読んだから
脳内イメージの世界観が西洋風になっちゃってる
収まるのを待つか
ユーチューブで適当な時代劇観て脳内修正でもいいか

114彼氏いない歴774年2018/04/10(火) 23:12:38.55ID:tWMW7HCy
辻村深月どれも長い・・・分厚い・・・
読むのは他の人に任せたw

115彼氏いない歴774年2018/04/10(火) 23:46:18.13ID:xYyFWyJW
辻村深月はいろいろ拗らせてた高校生の頃にはまってたな
大人になって読み返すとなんか恥ずかしくなるけど
「盲目的な恋と友情」は喪女がW主人公の内の1人だしそんなに分厚くないからいいかも

116彼氏いない歴774年2018/04/11(水) 22:50:49.86ID:5P1PkfS8
>>115がいったい何をこじらせていたのか気になるw

117彼氏いない歴774年2018/04/12(木) 16:42:44.94ID:Lzv7xagN
辻村はデビュー作の著者近影で笑わせてもらったがまさかこんな売れっ子になるとは

118彼氏いない歴774年2018/04/12(木) 20:11:07.53ID:lf9Zf+Sv
メフィスト賞作家の中で
いまいち食指が延びないままずるずるきて読み時を残した作家だ
タイミングはずすと負けたような気になるんだよね
何と戦ってるわけでもないんだけどさ

119彼氏いない歴774年2018/04/14(土) 02:46:57.93ID:sWWBFwmc
火垂るの墓やったから読んでない「死児を育てる」を読んだけど、すげーや、これ
火垂るの墓より悲惨だわ

120彼氏いない歴774年2018/04/14(土) 14:43:18.80ID:SnYzuhhR
林真理子の「下衆の極み」(エッセイ集)を読んだ
林真理子は合わないんだけど、たまに怖いもの見たさというか自分と対極にいる人の生活や思考を覗き見したいという欲望で読んでしまう
読んでると賛同よりも疑問や反感がわいてくることのほうが多いけど、ここまで言いたい放題できるってある意味すごいことだなとも思う
作中で出版不況や世間の人の活字離れを嘆いてたけど、もしこの本の内容をSNSでやってたら炎上通り越して抗議されてもおかしくないレベルだと思う
ほとんどの人が(林真理子の)本やエッセイが載ってる週刊誌なんか読まないから、ある意味でここまでのことが平気で書けるんじゃ?と思ってしまう
まあ、このことを林真理子が自覚してるかどうかはわからないけど

121彼氏いない歴774年2018/04/14(土) 15:58:08.37ID:Zky/gsMb
>>120
紹介の仕方がうますぎて笑ってしまった
そんなん絶対読みたくなるやつ!

122彼氏いない歴774年2018/04/14(土) 22:24:04.20ID:kscFCypC
>>109
海外ファンタジー好きなんだけど、個人的に原島文世の翻訳が苦手。
タイトルとあらすじで面白そうだなーと思っても翻訳者がこの人だとがっかりなのに、
翻訳のスピードが速いのか結構な確率で訳者がこの人だったりする事が多いんだよなー

123彼氏いない歴774年2018/04/15(日) 12:21:17.70ID:DekbCIQK
和風ファンタジー?なのかな?
イギリス人作家リアン・ハーンが書いた日本の戦国時代を背景にした
「魔物の闇(オオトリ国伝記1)」おもしろかったよ 翻訳も悪くなかったし

あと翻訳といえば私、帰国子女で一応英語ネイティヴレベル
仕事でも業務の一環として技術書の翻訳やってるんだけど
文学の翻訳やってみたい
でも狭き門なんだろうね

124彼氏いない歴774年2018/04/15(日) 13:59:35.44ID:f1w33hrH
ほへーすごいね
違和感を感じる部分とか表現とかなかったのかな
英語読めないから翻訳者が頑張ったのか作家がよほど研究したのか分からないけど
英語読めたなら原書読んでみてそういうの比べてみたい
羨ましいな

125彼氏いない歴774年2018/04/15(日) 15:46:15.54ID:xLYSD1PW
魔物の闇懐かしい!!
自分としては外国人がイメージするジャパン感たっぷりでそこが魅力的だと思ったんだけど、私は帰国子女では無いので分からない個人差か

126彼氏いない歴774年2018/04/15(日) 17:35:48.66ID:5cjNGGuu
辻村深月はツナグだけは読みやすかったわ
土日読書三昧で幸せ

127彼氏いない歴774年2018/04/15(日) 22:40:50.56ID:7ITUCwRB
いやー今更だけど読書っていいね
言葉の羅列で映画や動画とは異なる形で感覚に訴える物がある
文書で想像力を駆使して頭の中で視覚化するって事以外にね

読書をこよなく愛する人ってある意味勝ち組と言えないかい
たとえ喪女でも

128彼氏いない歴774年2018/04/17(火) 01:23:31.48ID:LHvaAETN
天山の巫女ソニンシリーズ

児童文学が読みたくなって、中華風(というよりモデルは朝鮮っぽいけど)異世界ファンタジーということで一巻を借りて読んだら面白かったので一気に外伝除く全巻を借りてきた
で、今三巻の途中まで読んでるんだけど、うーん、細かい粗が気になってしまう…
別に私もいちいち調べてるわけじゃないんだけど、異世界ものやるからにはこの人ちゃんとこの単語の語源調べて使ってるのかな…というのが気になったり、
主人公の女の子は巫女として少し特殊な環境で育てられたから基本的に欲がなく感情抑えがちって設定のわりには情緒面が成長したような描写がさしてないままいや君それ普通に欲あるし感情豊かじゃない?みたいな点が目につく
普通に面白いし、平易なわかりやすい文章が結構好きだから読み進めてるけどちょこちょこ気になるところが多い…

129彼氏いない歴774年2018/04/18(水) 20:33:11.57ID:ysoa511Q
読書する人間だけが味わえる醍醐味は、原作と映像化の両方見てその違いを楽しめることかな
あとマンガやドラマを見て、「これってあのパターンだな」とか「○○(小説の名前)とストーリー展開同じ」とか気づく

最近、ふとドラえもんってメアリー・ポピンズ?って思いついた
中流家庭の子どものところに教育係としてやってくる謎めいた存在、ドラえもんのポケットのようにいろいろ不思議な小道具が出てくるバッグ、
トラブルが起こると怖い顔で説教しながらも助けてくれるetc

130彼氏いない歴774年2018/04/18(水) 20:45:06.03ID:ZXacCnzr
パラソルへんべぇとかかぎばあさんとかもそうだろうね
オマージュというか根っこは同じ気がする
サミアドもそうかなあ

メアリー・ポピンズやチョコレート工場の秘密なんか顕著だけど
洋物の児童小説って国産に比べて容赦のなさがすごいなと思う

131彼氏いない歴774年2018/04/18(水) 21:27:46.15ID:EgfpcLOA
チョコレート工場怖かった!
同じ作者の他の作品はもう怖くて怖くてトラウマ
悪意?みたいのがてんこもりでしばらく落ち込んだ

132彼氏いない歴774年2018/04/18(水) 21:59:43.24ID:s+DEcu/a
岩井志麻子「邪悪な花鳥風月」

書評サイトで高評価だったので買ってみた
冒頭で喪にはキツいやつか、失敗したなと後悔したんだけど
読み進めるうちに独特の世界にはまってしまった。別の意味で喪にはきついけどw
女の怖さやせつなさがえぐさが身につまされてヒリヒリする。文章も綺麗で謎の透明感がある
色物おばさんのイメージがあったが(すまん)ちゃんとした小説家だったんだなー

133彼氏いない歴774年2018/04/18(水) 22:21:06.79ID:iPX+Y5Ed
今夜やる、なんでこんな本だしちゃったんですか?という番組が面白そう
http://www.ntv.co.jp/program/detail/21868145.html

134彼氏いない歴774年2018/04/18(水) 23:12:42.02ID:TnJftQht
>>133
うわほんと面白そう
ちょうど今日、カズレーザーがアメトーークで紹介してた倉知淳の「幻獣遁走曲」読み終えたところだ
教えてくれてありがとう、見よう

135彼氏いない歴774年2018/04/19(木) 00:37:26.47ID:e937dkXb
泉鏡花は難しいので姪?養女?の泉名月読んでみようと思ったら
マイナーだったのか近所の図書館になかった
メーテルリンクも読んでみたかったのに青い鳥だけ20冊近くもあって他の書籍がない
図書館で本借りるのにすっかり慣れてしまって買うのに躊躇するようになってしまった
お金や置き場所の問題もあるけど、買ってその本が合わなくても
「買ったからには読まなきゃ」みたいに思っちゃうんだよな

136彼氏いない歴774年2018/04/19(木) 00:48:31.92ID:Qn9npJns
ファーブル昆虫記、全部読んだはずなのにサソリとフンコロガシしか覚えてない
生き物系が読みたい気分だな

137彼氏いない歴774年2018/04/19(木) 00:55:04.83ID:h/tzg+kt
読みかけの本が見つからん....
明日も見つからなかったら諦めて次の本を読む
面白いのに....長野県の山奥が舞台で色んな人が
何者(人間じゃない可能性あり)かに襲われ続ける話

138彼氏いない歴774年2018/04/19(木) 13:23:36.97ID:p4Pzf+AQ
それはわからんけど吉村昭の羆嵐は怖かったな
確か昔ここで教えてもらったんだと思う
その時の方いたらありがとう一気に読んで楽しめたよ

139彼氏いない歴774年2018/04/19(木) 23:10:43.28ID:5tQq/Hp2
ウィンズロウのダ・フォース読んだ
恐怖や腹立ちやムカつきとやるせなさや哀しみや熱さを全部ぶっ込んだ傑作だったわ
ただの汚い警官と腐ったニューヨークの話ってわけじゃなかった

140彼氏いない歴774年2018/04/20(金) 02:08:36.14ID:cKI4uMVt
チョコレート工場はことり文庫版の挿絵が冗談抜きに怖すぎて小6になってやっと読んだ思い出
表紙はまだ普通なのに何故あんな怖すぎる銅版画風挿絵だったのか……

新着レスの表示
レスを投稿する