8歳の歌人・茂出木雪穂

12017/10/09(月) 21:46:46.06
埼玉県熊谷市在住の8歳(2017年10月9日現在)・茂出木雪穂の作品を紹介。

22017/10/09(月) 22:02:39.23
10月9日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  本読むとゆめを見ているみたいだよゆめがさめるとのどがかわくよ  (高野公彦・永田和宏 選)

3詠み人知らず2018/01/29(月) 13:50:22.69
俳句のようにどんどんもうかるほうほうとか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

CCZ6X

42018/04/22(日) 21:46:22.87
4月22日(日)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  すべり台ちょっとすべるともどれない本の世界に引きずりこまれる  (佐佐木幸綱・馬場あき子 選)

5詠み人知らず2018/04/26(木) 09:00:37.38
長谷川櫂(長谷川隆喜)とかいう変態性欲者なら、
読売新聞の二面に「四季」とかいう駄文を書いて恥をかきちらしてるクズだな。
「世知辛い世の中、欺す者と欺される者がいる」云々とかホザイていたようだが、
長谷川自身が相手の女性を欺して己れの性的指向を偽り、恰も異性愛者の如きふりをして
「見合い結婚」に出て行き、まんまと偽装結婚にこぎ着けたというではないか。
女に性欲など持たないオカマの分際で「愛の無い偽りの家庭生活」を築き、一人の女性を不幸に陥れた許りか
彼女の人生を台無しにして平気なツラをしている有り様!
「家族」に隠れて淫乱なハッテンバへ頻繁に足を運び、とうてい口に出来ない淫猥至極な所業を働いていたとのこと。
醜く卑しい山出しのことだから誰からも相手にされないくせに、映画館の暗闇を悪用して尺八をしたり、電車の混雑に紛れて
他人の男性器を触ったり握ったり、等々の卑猥下劣な行為を繰り返していたそうだ。
読売新聞は過去の義理から此の変質者・長谷川チョンの下手クソな文を載せ続けていると聞くが、
いくら三流スポーツ新聞とはいえ余りにも酷(ひど)過ぎる話だ。 !

新着レスの表示
レスを投稿する