獄中歌人・十亀弘史 [無断転載禁止]©2ch.net

12016/12/19(月) 21:16:06.65
1986年に発生した「迎賓館ロケット弾事件」に関与したとして、
実刑判決が確定し収監されるも、
獄中から「朝日歌壇」に投稿を続ける十亀弘史の作品を紹介。

22016/12/19(月) 22:00:57.69
12月19日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

 ・独房に秋の蚊を打つほの白き壁に小さき血の痕残し  (馬場あき子 選)

 ・一年に三時間だけ破目はずす運動会は獄中祭     (佐佐木幸綱 選)

3詠み人知らず2016/12/20(火) 06:21:49.67
腕出して腕だけの春鉄格子
獄中に不在者投票梅雨深し
獄庭へぎざぎざの冬降りて来る
二糎の隙間より見る遠桜
花びらを受けて静かや手錠の掌
軍事基地の桜・桜・桜・闇
自足する醜さに満ち花の宴
雲厚し枝垂桜のなまぬるし
生と死のあはひに満ちし桜かな
ひつそりと桜立たしめ死刑場
独房に動かぬ時間春の塵
独房に蛇口輝く夏初め
洗濯を水遊びとし独居房
独房にざくりと割りぬ青林檎
独房を梨噛む音で満たしけり
三角の冬晴を置く独居房
月光を二十四に分け鉄格子
独房に飛ぶ夢を見し良夜かな
独房をとびだすこころ銀河まで
独房の初夢河馬と空を飛ぶ

(俳人でもあり)十亀弘史

42017/01/16(月) 21:58:07.37
1月16日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

 ・獄中になお懲罰の制度あり刃物の光放つ冬空  (高野公彦 選)

52017/01/23(月) 22:18:02.98
1月23日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  対話する能力と語彙減って行く空気動かぬ独居房にいて  (馬場あき子 選)

  木曜の夜はカレーと決まりをりこの監獄であと二〇〇食  (佐佐木幸綱・永田和宏  選)

62017/02/12(日) 21:43:01.19
2月12日(日)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  懲役の日々の始めに流される起床の曲は「聖者の行進」  (高野公彦 選)

72017/03/27(月) 21:57:55.47
3月27日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  工場の最高齢の受刑者となる誕生日青き冬空       (佐佐木幸綱 選)

  多喜二の忌懲役労働もくもくとこなしてをりぬ窓に粉雪  (馬場あき子 選)

82017/04/09(日) 22:24:27.68
4月9日(日)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  塀を越え子どもらがいて猫がいて雲の影行く道歩きたし  (佐佐木幸綱 選)

9詠み人知らず2017/04/10(月) 22:46:44.11
まさに、見世物小屋であって、実力は

















なし

102017/05/01(月) 23:19:12.98
5月1日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  ラジカルに疑えもっとラジカルに人殺す武器なぜにあるのか  (佐佐木幸綱 選)

112017/05/22(月) 22:02:31.08
5月22日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  笑顔よき人出獄す背もたれのなき丸椅子の一つを残し  (高野公彦・馬場あき子 選)

122017/06/19(月) 22:02:06.48
6月19日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  どこにでも語り部はいて全国の人屋の処遇つぶさに語る  (馬場あき子 選)

13詠み人知らず2017/06/21(水) 22:52:08.96
長谷川櫂とやらいう変態山出しオカマ風情が
人並みに恋愛などしたこともないくせに、
読売新聞紙には「恋した」話を一人前に書いてやがったぞ。
無類の色気違いオカマ・同性愛者だというのにナ。
東海大学でも男性職員や男子学生に、あの手この手で卑猥なセクハラ行為を働き、
読売新聞の関係者にも陰険卑劣な手段を弄して、さまざまな嫌がらせを続けているという。
藤沢界隈のハッテンバに頻繁に出入りしては、家族に隠れて到底口に出せない下劣下等なマネを
今でも続けて恥じないとの噂だしネ

14詠み人知らず2017/06/24(土) 11:25:57.33
長谷川櫂とやらいう変態山出しオカマの「妻」なら
愛想を尽かして家を出て行ったらしい。
無理やり膣性交の真似事をして長谷川が孕ませた息子は
とっくの昔に長谷川櫂=長谷川隆喜の「同性愛」を知って逃げ出しているし、
少し低能の娘さえ、実の父親が誰か捜すため家出して行ったという話だ。
これは読売新聞社員から耳にした噂だ。
この長谷川チョンという熊本県下の片田舎の部落出身者めが、これまで繰り返して来た
数々の悪行・淫猥行為に関しては、「長谷川櫂 オカマ」または「長谷川隆喜」で検索を

この長谷川チョンも精神病院に強制入院させられた後、投獄されて独房内から喚き散らしているそうだ

152017/07/24(月) 22:08:47.01
7月24日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  鉄格子斜めに切りてゆっくりと飛び去る機影立ちて見送る  (永田和宏 選)

162017/08/07(月) 22:02:37.61
8月7日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  囚人は直立不動強いられて横目に見入る揺れるパンジー  (馬場あき子 選)

17詠み人知らず2017/08/09(水) 23:50:54.28
話にならん
ただの見世物。
鳥居とおなじで、実力などない。

ただの、話題作り。

18詠み人知らず2017/08/12(土) 03:12:48.27

192017/08/21(月) 22:30:50.56
8月21日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  牢獄に詩を探しをりでで虫のごとく静かに眼を伸ばし  (馬場あき子 選)

20詠み人知らず2017/08/21(月) 22:44:14.22
アカヒに詩を探しをりでで虫のごとく静かにマラを伸ばし

21詠み人知らず2017/08/21(月) 22:45:52.98
独房の初夢河馬とアナル飛ぶ

222017/09/10(日) 16:16:28.19
9月10日(日)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  トランプをモノクロ画面で鮮やかに虚仮にするだろチャップリンなら  (永田和宏・佐佐木幸綱 選)

23詠み人知らず2017/09/10(日) 18:19:29.11
読売新聞の二面・「四季」を担当している長谷川櫂に関して、こんな書き込みがあった。
------------------------------------------
長谷川櫂とやらいう自称「俳句詠み」は変態の山出しオカマとして悪名高いヤツだ。
熊本県下の片田舎の×部落出身者、無知無教養かつ品性陋劣にして陰険卑怯なクズでありながら
嫉妬心と劣等感の塊になって己れより遙かに優秀な人格者を様々な策を弄して陥れて来た
最低最悪のゲス下郎である。
愚鈍無比なこの長谷川櫂(長谷川隆喜)は、子供の頃から仔猫を嬲り殺しては喜んでいたという
性格異常者であり、かつ同性に劣情を催すオカマであった。
詩人の高橋睦郎らによると、新宿二丁目のゲイバーに通いつめていた長谷川チョンは、
狡猾な手段で高橋氏に近づき、その居宅に日参しては巧みに取り入って、下手くそな俳句を一字一句、
添削してもらい、何とか処女作品を出すことが出来たが、
たちまち掌を翻すように本性を露呈し、巻末の礼文から高橋氏の名前を態と除外して、あたかも
おのれ独りで句集を編んだかの如くに装って、一人前の俳句師を気取るという下劣さだとのこと。
さらに己が性的指向を偽って相手を欺き「異性=女性」と結婚して愛情の片鱗もない不幸な家庭を築いたり、
非常勤講師に雇われた東海大学では、体育会系学生たちの部室に忍び込んでは隠しカメラで学生たちの裸体を
盗撮したり、数々のセクハラ行為を働いていたという。
また、藤沢近辺の発展場に足繁く通いつめては、映画館や公衆便所で淫乱極まりない破廉恥な振る舞いを
他の男性に試みては悉く峻拒され、みんなから嫌悪・侮蔑されているとの噂だ。
還暦を過ぎても卑猥至極な所業はおさまらず、「一日も早く野垂れ死にするように」と実の肉親からさえ願われている存在
でしかない。
-----------------------------------------------------
以上

242017/09/18(月) 21:55:15.75
9月18日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  鉄格子くっきりと浮く、一枚の真白き紙のような雷光  (佐佐木幸綱・高野公彦 選)

25詠み人知らず2017/09/19(火) 23:11:16.89
「長谷川櫂」なる臆病無比かつ卑劣千万な田舎者の老オカマめが
読売新聞紙上に「戦争に反対なら先にそう言いなさい」だ等と
厚顔無恥にも書き散らして居たが、
長谷川櫂=長谷川隆喜ほど権力や強い者に卑屈かつ隷従的な生き物は
かつて存在しなかったほど恥さらしなクズだ。
学生時代から権威や権力ある者に尻尾を振り、嫌らしく諂って来た化け物オカマでしかないのだから。
東海大学においても、藤沢界隈においても、卑しく醜い山出し根性を剥き出しにして
劣等感と嫉妬心の限りを露呈してまわっているという噂も事実だろう。

262017/11/09(木) 22:29:38.86
11月6日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  むらぎもの奥の奥からおらび出す声で点呼に答える人も  (佐佐木幸綱 選)

272017/11/12(日) 21:41:07.11
11月12日(日)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  刑務所にあってはならぬぬばたまの闇十五秒落雷の後  (馬場あき子 選)

282017/12/18(月) 22:12:23.69
12月18日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  快晴の立冬の午後獄廊に素足の列がしんと整う  (馬場あき子・佐佐木幸綱 選)

292017/12/28(木) 23:05:02.72
12月25日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  ぬばたまの闇にふれたし監獄は灯火の消える時間を持たず  (佐佐木幸綱・永田和宏・馬場あき子 選)

30詠み人知らず2017/12/29(金) 16:41:43.73
コネだろ

312018/01/15(月) 22:11:28.27
1月15日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  把手なき鉄扉と鉄の格子窓その中間にくしゃみする我  (馬場あき子・佐佐木幸綱 選)

32詠み人知らず2018/01/16(火) 21:08:46.02
生き地獄反らして帰る雪道に残る足跡の切なさ

33詠み人知らず2018/01/29(月) 13:22:33.65
俳句のようにどんどんもうかるほうほうとか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

L67AD

342018/02/12(月) 14:30:25.06
2月12日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  一年に一度の転房十二月同じ造りの同じ寒さへ  (永田和宏・馬場あき子・佐佐木幸綱 選)

352018/02/19(月) 22:05:21.41
2月19日(月)朝日新聞朝刊「あさひかだん」より

  結露したガラスへ2018と指先で書き年明けとする  (佐佐木幸綱 選)

36詠み人知らず2018/02/20(火) 18:25:48.24
【TV出演】  世界教師 マイトLーヤ  ≪暴落 テロ 被爆≫  変化の雪崩れ引起こす  【日本発】
https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1519083018/l50

372018/03/19(月) 21:48:52.77
3月19日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  人間はどこでも笑う『死の家の記録』の中にも笑う人々  (佐佐木幸綱 選)

382018/04/02(月) 21:40:55.88
4月2日(月)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  中庭の雪に風紋やわらかく囚人の列かたくかじかむ  (馬場あき子 選)

39詠み人知らず2018/04/08(日) 11:10:01.10
コネ枠

402018/04/08(日) 21:35:51.95
4月8日(日)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  出獄のために工場去る人が工場建屋に礼をして去る  (永田和宏 選)

41詠み人知らず2018/04/09(月) 09:31:01.61
長谷川櫂とか長谷川隆喜とかいう老オカマは
とことん低劣悪逆な卑劣漢なんですね。
熊本県下の賎民部落の出身というのは気の毒ですが、
田舎者らしく東京に憧れて「上京して」、関東弁を必死で喋っている
というのも滑稽至極ですね。
何よりも下等の極みは、相手の女性を欺いて結婚しておきながら、
隠れて他の男性と肛門性交をしようとしたり、男性器をしゃぶらせて貰おうと試みたりしていたこと
この一事に尽きます。
もちろんグロテスクな長谷川櫂のことだから、誰ひとりとして相手にして貰え無かったそうですが。

422018/04/15(日) 21:57:07.19
4月15日(日)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  戦争はそこに立ちおりその前へ薔薇色をした絨毯敷くな  (佐佐木幸綱 選)

432018/05/06(日) 21:35:11.42
5月6日(日)朝日新聞朝刊「朝日歌壇」より

  真夜中の窓の不思議な明るさに立てばほかりと春の満月    (佐佐木幸綱 選)

  身の丈をこえる歌など作れない身の丈それを伸ばすしかなし  (高野公彦 選)

新着レスの表示
レスを投稿する