やりすぎ防パトは創価学会と警察署の仕業だった

1名無しさん2018/01/21(日) 11:12:03.760
やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視 2009年3月19日19時7分配信 ツカサネット新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090319-00000026-tsuka-soci

この記事で問題になった通称やりすぎ防犯パトロールの問題ですが、これは創価学会と警察署が引き起こしていたようです

掻い摘んで説明すると

・創価学会は、町内会や老人会、PTA、商店会などの住民組織に関し、学会員が役員になるよう積極的に働きかける運動を
 90年代末から始めており、その結果、多くの住民組織で、役員が創価学会員であるという状況が生まれた

・防犯パトロールは地域の住民活動ですので、担い手は住民組織です
 しかも防犯活動に関する会議や協議会には、住民組織の代表として役員が出席する為
 防犯活動や防犯パトロールに対して、創価学会が間接的に影響力を行使できるようになった

・防犯パトロールは住民が行っている為、住民が不審者や要注意人物にでっち上げられ、トラブルになっていたのですが、
 創価学会はその緩さに目をつけて、住民組織を握っている状況を利用し、嫌がらせの対象者を不審者や要注意人物にでっち上げて
 防犯パトロールをしている住民らに尾行や監視、付き纏いをさせるようになった

・防犯パトロールは地元の警察署との緊密な連携によって行われる為、警察署の幹部を懐柔してしまえばし放題できますので
 創価学会は警察署幹部を懐柔して創価学会側に取り込んでしまい、不審者にでっち上げた住民への嫌がらせに加担させました

・主に当該警察署に勤務すると考えられる創価学会員の警察官を動かして、恐らく非番の日だと思いますが、職権自体がないにもかかわらず
 私服警官を偽装させて管轄内を歩いて回らせて、防犯協力をお願いしますと住民に協力を求めて回り、
 防犯とは名ばかりの、ただの嫌がらせ行為を住民らに行わせた(防犯協力と称して依頼して回っていた警察官の正体は所轄勤務の学会員警察官です)
 ※これに加えて防犯要員が同様のお願いをして回っています

・こうして防犯パトロールを悪用し、住民を欺いて嫌がらせをさせつつ、創価学会自体も会員らを動員し、組織的な嫌がらせを連動して行った

つまり警察署に勤務する学会員警察官、警察署幹部、創価学会が通称やりすぎ防犯パトロールの黒幕です

2名無しさん2018/01/21(日) 11:16:27.290
最初に問題として世に出たのが、2009年、1にあるやりすぎ防犯パトロールという記事
この頃は警察が防犯パトロールを使って住民を不審人物(犯罪者予備軍)扱いして
尾行や監視をさせているものだと考えられていた

その後、ネット上で、これをやっているのが創価学会だ、という噂が2012年頃に出た
更に2013年には、コンビニ店員が、警察官から防犯活動への協力を依頼されたのだが
その内容がどう考えてもただの嫌がらせで、こんな事はやりたくないという告発が出た
これが>>1に出てくる嫌がらせを依頼して回ってる警察官の話

時の経過と共に、徐々に構図が明らかになって行って
例えば防犯協力者には創価学会員が多く、彼らが積極的に協力者になっている話や
創価学会自体が自前の防犯団体を持っていたり、積極的に防パトやってる事とか
嫌がらせに防パトを利用しているらしい事がわかっていった

そうしてツカサネットの記事が出てから9年近く経ってようやく辿り着いたのが1
妄想だのなんだのとやってる側が言い逃れ出来ない状況になってる

3テンプレ 創価学会員警察官による職権濫用問題 12018/01/21(日) 11:18:22.960
「フォーラム21」2004-9-1
http://www.forum21.jp/contents/04-9-1.html(現在リンク切れ)

平成5年3月5日、衆議院の予算委員会において社会党の関晴正代議士は、創価学会の宗教法人としての適格性を問題にしたが、
その際、青森県警の現職の警察官が、日蓮正宗の法華講に所属する老婦人に執拗に法華講からの脱講を強要した事実を挙げ、
「人権侵害だ」とこう厳しく指摘している。

「平成五年二月十四日、青森県(住所略)、Kさんという方が法華講の講員で、ここにT・Y、学会員、現職警察官、青森市(住所略)、
この方が元僧侶のY・S氏と地元の学会員を引き連れて強引な脱講運動の案内役をしたとある。
脱講運動というのは、法華講の講から抜けろという運動ですよ、そして学会に来いということです。それぞれ信仰の自由がありますよ。
(中略)一日に何度も来る、また一カ月に何度も来るという。そうして、脅迫的言辞を弄している。
こっちへ戻らなければ地獄へ落ちるぞ、こっちへ戻らなければ殺してやるぞと。これは何ですか。

今私は青森の例をとりました。この事実は、現職警察官が僧侶を案内して、そうして行っているわけですよ。
お帰りください、これからテレビを見なければならないのですよと言ったって帰るものじゃない。こういうことは公序良俗に反する行為でしょう。
公序良俗に反するような行為が公然と行われている。一体これをだれが取り締まるのですか。
暴力団取締法というのがあるけれども、それに似たようなことが行われているというのは人権侵害もいいところでしょう」

※フォーラム21 元創価学会員のジャーナリスト乙骨氏が発行する創価学会問題について取り組んでいる雑誌
当該記事は以前はネット上で閲覧可能だったが、サイトの改装に伴い、過去記事の―閲覧ができなくなった為、現在リンク切れとなっている

4名無しさん2018/01/21(日) 18:37:41.350
今の学会の実質トップってだれなのよ?

5名無しさん2018/01/21(日) 20:38:49.320
おれ?

6名無しさん2018/01/22(月) 20:23:44.690
>>4
会長でしょ
池田氏は2010年5月に脳梗塞で倒れて以降、公の場には一切出て来てないよ
噂だと痴呆症になっていて、寝たきり状態だという話だけど

7テンプレ 創価学会員警察官による職権濫用問題 22018/01/22(月) 20:23:57.670
「フォーラム21」2004-9-1
http://www.forum21.jp/contents/04-9-1.html(現在リンク切れ)

要約 【創価学会員警察官による職権濫用嫌がらせ事件】

平成5年5月26日、末寺住職の葬儀を終え中央道を走行中の日蓮正宗法主一行の車列に
パトカーが1台接近、強制的停車を求め八ヶ岳サービスエリアに誘導
パトカーに1人で乗っていた警官が「無謀な運転をしている為、他の車が走りづらいと通報があった」等と通告し職務質問を行った
その際、警官は不可解な事に責任者の謝罪を求め、阿部日蓮正宗法主に車外に出て謝罪を要求
しかし一行の車列は制限速度を守っており問題はなかった事から事態は収束し一行は現場を離れた

事件から5日後の5月31日付「聖教新聞」の「寸鉄」に
「日顕の車列、危険走行と高速道路で警察に御用。“暴走宗”盲従は地獄行き」との記事が掲載されたのを皮切りに
日蓮正宗を誹謗中傷する事を目的に発行されている「地涌」なる怪文書等で
「警察の厳しい責任者追及の声に怯えたのか、日顕本人がガラス窓を開けて登場。『申し訳ありませんでした』と深々頭を下げ
ようやくけりがついたそうである」等と事実をねじ曲げての誹謗記事が相次いで掲載

正宗関係者や機関紙「慧妙」紙が山梨県警に事実を照会する等、取材と調査を重ねた結果
県警には当日「無謀な運転をしている為、他の車が走りづらい」等という通報は一切なかった事
また県警高速道路交通隊小淵沢分駐隊所属の警官が、当日、阿部日蓮正宗法主らの一行を職務質問したと名乗り出ていた事等が判明

26日に現場にいた正宗関係者や「慧妙」スタッフが名乗り出た警官を訪ね面通しした所
その警官は現役の創価学会活動家で、かつて山梨県警の中に
「池田先生を守る為に創価学会男子部によるインフォーマルな組織を作ろう」等と呼びかけていた人物である事が確認された

この事件は聖教新聞等で歪曲報道して日蓮正宗の名誉を毀損する事を目的に
創価学会の熱心な活動家の現職警察官が、職権を濫用して法主の車を強制的に停車させ
不当な職務質問を行ったという極めて謀略的な事件だった

8テンプレ 警察官に創価学会員が妙に多い理由2018/01/23(火) 19:24:41.070
「フォーラム21」2004-9-1
http://www.forum21.jp/contents/04-9-1.html(現在リンク切れ)

警察への浸透を企図

創価学会には「水滸会遺戒置文二十六箇条」なる秘密文書がある。これは創価学会の原島嵩元教学部長によれば、
昭和53年頃、池田紙が佐久間昇副教学部長に命じて、池田氏自身の「天下取り」構想を戸田城聖会長の言行録としてまとめたものだという。

その中には、「総理大臣」の位置付けや「総理大臣」ポスト奪取の構想をはじめ、「官庁」への浸透の必要性、「政治家対策」など、
若い時分から「天下を取ろう」をキャッチフレーズにしていた池田氏の「天下取り」のための構想、青写真が述べられているが、
その中に「警察権力」への浸透方法として、警部や警部補などの現場の指揮者を学会員で占めていく構想が語られている。

民社党の元委員長で、非自民連立政権で厚生大臣などを務めるなどした大内啓吾氏は、平成7年に開催された「創価学会による被害者の会」の集会の席上、
厚生大臣時代、警察関係者から警視庁には4000人もの学会員の警察官がいると聞かされた旨、語った事実がある。
いくら学会員とはいえ現職警察官が、今回、書類送検された千葉南署の巡査長のように、創価学会・公明党のために軽々に違法行為を犯すとは考えたくないが、
「水滸会遺戒置文二十六箇条」などの存在もあるだけに、気になるところ。

いずれにせよ竹入元公明党委員長や龍元都議会公明党幹事長、そして山崎元創価学会顧問弁護士らが明らかにしているように、
創価学会は公明党の政治力を背景に、警察や検察を自家薬籠中の存在とし、学会員らによる犯罪を隠蔽するとともに、
その権力を対立する人物や団体を攻撃するための武器として利用している。

9名無しさん2018/01/23(火) 19:51:30.010
レスキューナウ

10テンプレ 創価学会による住民組織の掌握問題2018/01/26(金) 20:33:28.840
下記活動の結果、多くの地域で住民組織の役員に創価学会員が就任し
住民組織が創価学会の間接支配を受けるに至りました

■創価学会 地域貢献活動
島田裕巳は創価学会員が「広布即地域貢献」として団地自治会長やPTA、商店街役員などに積極的に就任し、
それらの組織を折伏の足場にしようとしていると述べている。
一般の人は仕事などに追われてそれらの役員には就きたがらないが、
創価学会はそうした状況を利用して地域で主導権を握ろうとしている、としている。
ソース:島田裕巳 『創価学会』(新潮社、2004年6月20日)

■創価学会が“住民組織握れ”2003年2月5日(水)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-02-05/14_01.html
町内会やPTAの役員になろう――創価学会がこんな“運動”を展開しています。
名づけて「地域友好」。役員就任のすすめとも言うべき部内文書もあります。
『今後の地域部のあり方』。

創価学会の地域本部が作成した、総県長会議資料です。
地域本部は会員の職業や役職に対応する学会のタテ線組織の一つ。一九九九年に発足し、地域・団地・農村・離島の各部で構成、
地域社会で「『友好活動』を広範囲に推進する」(聖教新聞九九年七月六日)ことが任務です。

同文書は「地域部員は以下の地域役職を有する人で、圏(区)地域部長が認定した人」とし、
町会・自治会、商店会、老人会、PTAの三役クラス、民生委員・保護司・家裁調停委員、
消防団、青少年・交通安全・体育各委員をそれぞれ「地光会」「盛光会」など七つの専門部会に配置。

その「体験・取り組み・工夫を交換・共有」して「メンバーの育成に資する」としています。
また、地域本部に「マンション委員会」(管理組合理事やマンション管理士を掌握)と
「福祉委員会」(介護福祉士など有資格者を掌握)の設置を指示しています。
最近は団地自治会やPTAの役員選挙にいっせいに立候補するという例が各地で目立っています。

学会元職員はこれを「住民の情報はもちろん、選挙では相手陣営の動静を逐一報告する。
地域に張りめぐらせた情報集中システムであり、住民組織をこの手に握れという
学会の“天下取り”戦略だ」と言います。

11名無しさん2018/03/14(水) 10:04:19.570
創価学会が各地で行っている嫌がらせ問題に関して何かご存知の方、情報提供をお願いします

立憲民主党
https://cdp-japan.jp/
共産党・赤旗
http://www.jcp.or.jp/web_info/mail.html
朝日新聞
https://www.joho.asahi.com/

新着レスの表示
レスを投稿する