【狭山閉鎖】ホンダ期間工part88【honda・本田】

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
129FROM名無しさan2018/10/12(金) 14:13:35.80ID:eyiPEkFC
人員は削減され、残された労働者はアシモ(機械)のように扱われ予定に組み込まれる。
予定外の事態に対しては当事者を心の病気にしたいんじゃないのかというほどプレッシャーをかける。
どこの工場にも言えることだが、人員にもっと余裕をもたせて、心身への疲労を緩和させられないものなのか。
人件費はかかるかもしれないが、それだけ国と国民の生活に還元できる。
技術とは常にそうあるべきものではないか。
こいつら(労働者階級)はここまで追い詰めても替えの人員の確保には困らない、という限界点ギリギリの扱いを、企業としての善としているのかもしれないが、これには以前から強く疑問を抱いている。
疑問に嘘偽りがなければ、さらなる技術の発展をもってあるべきところへと罰が下る。
これは一種の歴史的事実である。
日本は消費者天国とはよく言ったもので、その影では今日もどこかで人々の骨の軋む音が不協和音を奏でている。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています