歴代FE主人公が兄弟だったら 69章

1助けて!名無しさん!2018/03/30(金) 06:24:54.77ID:Ta4GARgR
ここはファイアーエムブレムの歴代主人公が兄弟だったら、という前提で
彼らとそれを取り巻くFEキャラ達の生活を描くネタスレです。

前スレ
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1514861204/

旧保管庫
http://wikiwiki.jp/fe_family/?FrontPage

新保管庫
http://wikiwiki.jp/fe-brothers/

雑談・議論掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/9373/

絵版
http://cat.oekakist.com/FE_heros/

242助けて!名無しさん!2018/06/05(火) 15:49:45.56ID:Vin7NuOL
アルム「ネット環境なんてないよ。電波も届かないからスマホもケータイも使えないし」
マルス「まったくもって予想通りだね」
アルム「電気もないガスも水道もない。でも体一つで暮らしていけるさ」
リーフ「土があれば養分を吸えるし日があれば光合成できるしね」
アルム「いや…さすがにそこまでは…」
リーフ「あとは花粉を飛ばせば子孫だって…ブバアアアア!?なんてやらしいこというのさ!?」
ロイ「いまの…やらしい…の?」
マルス「…植物の繁殖で興奮できるのはさすがに君くらいじゃないのかな…」
リーフ「つまり!畑の実りと豊穣の神様のミラ様は植物のエロを推奨なされているわけでハァハァたまらないよおっぱい女神さまのエロス推奨最高だよ」
セリカ「死ね!変態!」つ ライナロック
リーフ「あっ!?いつの間に!?コノヒトデナシー」

243助けて!名無しさん!2018/06/05(火) 18:01:25.79ID:Vin7NuOL
バアトル「カアラもいよいよ実装が決まったか。うむ、うむ!」
カレル「ふふふふ、めでたいことだね」
フィル「おめでとうござる母上!」
カアラ「あ…ああ…だがいいのかな。ヘクトル編にしか出てこない上に登場も最終版。
    バアトル使ってなくて攻略も見てないユーザーなら存在すら知らないかも知れぬマイナーさなのに」
キャス「いーじゃんいーじゃん。遠慮しなーい。フェーちゃんも美形の女性キャラ優先で実装して課金を増やしたいんだから。
     だから気にしないで実装されちゃいなって!」
カアラ「なんか引っかかるが…ありがとうキャス」
フィル「となると今度は烈火の方の父上も欲しいでござるなー、同じお年頃のお二人で揃えとうござる」
カアラ「私は封印の兄上にも来てほしいぞ…烈火の兄上見てるとどうしても厨二の頃が思い出されてな…」
カレル「ははは、すまない。キャスがくるのも楽しみだねえ」
キャス「えっ…あ、あははははー!あたしはさー封印でも弱ユニットだったしぃーチャドやアストールさんに枠取られるんじゃないかなあ?」
フィル「何を申す!惰弱の代表とされたサザ殿でも高火力仕様になったのでござる。元作での強弱など関係無し!…むしろ回避が死んだ拙者の方が…orz」
キャス「あ…うん、なんかごめん」

244助けて!名無しさん!2018/06/05(火) 20:33:52.77ID:XZsE4Mot
ロイ「何やってんのアイク兄さん!一時間前互角だったからあそこで止まってたら勝てた勝負だったのに!」
マルス「馬鹿なの?アホなの?頭ファなの?」
アイク「すまん。勢いが余って止まれなかった」
リーフ「俺は立ち止まらん、とは言うけどあそこぐらいは止まろうよ本当・・・」

ルフレ♀「フフ・・・所詮人間。欲をかいて自滅すると言う虫けららしい最期でしたね」
ルフレ♂「おや?2日前に欲をかいて自滅する虫けららしい最期を迎えたのは何処の誰だったかな?」
ルフレ♀「オノレェ・・・ッ!!」

アルフォンス「・・・えーと、何か凄い運だけでここまで残った感あるけど、よろしく頼むよ」
スリーズ「はい、よろしくお願いします。あ、私が勝ちましたらエクラ様は頂きますね」
アルフォンス「ええっ!?」

245ゾフィーちゃんの悲しきすれ違い2018/06/05(火) 20:51:12.80ID:2/LZkaga
ゾフィー「はぁぁぁあ、あの人全然見付からないよ〜………」グッタリ
ベロア「まだ見付かってないんですか…?」
ソレイユ「そろそろ3ヶ月位たつけど、手掛かり無しなんだっけ」
ゾフィー「うん、いろんな所見て回ったりしてるんだけどねー…」
ゾフィー「裏闘技場や蛮族御用達の斧専門店、ならず者の集まる酒場に裏通りの怪しいクラブとか」
マトイ「……ええと、また面倒事に巻き込まれないようにね」

 〜  〜  〜

ルキナ「そういえばブレディは何かお仕事はしているんですか?」
ブレディ「ああ、老人ホームや病院でバイオリンとかピアノ弾いてるぜ。
    あと、紅茶好き仲間のディーアがマイキャッスルでやってるサ店を手伝ったり」
セレナ「へぇ、流しの音楽家兼喫茶店のウェイターとか、顔に似合わずお洒落な事してんじゃない」
ブレディ「顔に似合わねぇは余計だっつの……というかそんな良いモンでもねーぞ?この前だって小児病棟行ったら保護者の皆さんに変質者だー!って追い回されたしな!」HAHAHA
ルキナ「…ええと、それは笑い話で済む話では無いのでは?」
セレナ「慣れっこなのよ、可哀想な事に」

246助けて!名無しさん!2018/06/06(水) 06:44:25.92ID:QUwWnuyM
アーダン「…顔が怖いといろいろ損だよなぁ…俺も道で子供とすれ違った時に目があうと泣かれるし」
サザ「でもキャラが立つんよ?FEじゃ美形は珍しくないから埋もれるけどブサメンは目立つんよ」
アーダン「ブサメンいうな」
セシリア「そうよ。アーダンは顔はごついけど心はイケメンだし、けっこうロマンチストなんだから」
ウォルト(微妙にフォローになってないような)
セティ(美形の私が喪で彼がリア充とは…なんて思ってしまうのは私の心が狭いんだろうな…)
セシリア「それより聞いてぇ〜…うちの学校の不良…どうしたらいいのよ…」
サザ「教師なんよ?不良の扱いくらい慣れたものなんよ?」
セシリア「慣れてないっつうの。いい子が多いから…ウォルト君なんてよく虐められてるし…」
ウォルト「い、言う事ないじゃないですか!?…ぐすん、女の子に虐められてるなんてかっこ悪い…しくしく」
アーダン「俺が説教してやろーか?」
サザ「不良にそんなことしても逆に反発するんよ。誰にでもある反抗期が強力になったパターンなんよ」
セシリア「キャスは更生してくれたんだけどね…バアトルさんちの養子になってから…」
セティ「反抗期…かあ…思えば…遊んでばっかの兄上に代わって会社は守らなきゃいけないし、不満もなにもぶつけてこなかったような…文句は言ったけど」
ウォルト「ストレスたまるでしょうけど自棄はいけませんよ。僕だってサザさんだって喪です。一緒ですから」
セティ「はは…ありがとう…」
サザ「あちこちでカプやハーレムが成立してイチャイチャしてるの見ると切ないんよ。俺とミカヤはいつうまくいくんよ?」
アーダン(見せつけるつもりはねぇんだが…気付かずにそうしちゃってる事はあるんだろうな。すまん)

247どこまでも広がるカムイのビジネス2018/06/06(水) 23:08:27.47ID:Z6WOFjrA
なんとなく思いついたネタをただ投下するだけの時間


ルフレ♀「クロムさん、明日帰宅されるときにマークのミルク用の天然水を買ってきてもらえますか?」
クロム「わかった。帰り道にコンビニで買ってくる」
ルフレ♀「あ、出来ればミドリコ薬局でまとめ買いしてきてください」
クロム「ミドリコ薬局はたしかカムイの…」
ルフレ♀「はい。カムイグループのお店なので共通ポイントも貯まるんですよ」つカムイカード
クロム「あいつはいったいどこまで商売を広げるつもりなんだ」


カムイ「扱ってないものはない!カムイグループをよろしく!」

248助けて!名無しさん!2018/06/07(木) 19:50:41.42ID:ajeyd5aX
ミドリコ「お薬出すよ!」
エリウッド「ゴホゴホ、ありがとう。これがエーディン先生が書いた処方箋ね」
ミドリコ「……うん…出すよ…」
エリウッド「いや、なんですごい残念そうなの!?」
リフ「1から10まで自分で判断し調合したいお年頃なのです」

249助けて!名無しさん!2018/06/08(金) 07:32:59.83ID:5AwH1MxV
シグルーン「殿方を元気にする薬の開発はお願いできるのでしょうか」
イレース「完全オリジナル処方でもいいので…」
サナキ「お前たち…まだ足りんのか」
シグルーン「愛ゆえにどうしても欲しくなってしまうのですわ」
イレース「むしろアイクさんには気絶するまでしてもらいたいです」

250助けて!名無しさん!2018/06/08(金) 18:04:16.57ID:1hScX6et
ニュクス「これ以上激しくされたら…私もこの歳だし大丈夫かしら」
ミカヤ「ニッコニコで言ってるあたりむしろ歓迎してるでしょ」
ニュクス「まあアイクならちゃんと見極めて大事にしてくれるけど」
ミカヤ「結局自慢したいだけじゃないの…」

251助けて!名無しさん!2018/06/08(金) 19:51:59.13ID:82wAJ/EM
スルト「二フルの力を持ってすれば俺を倒せると?
    ・・・あれは嘘だ」
アルシャロアンフィヨ「ウソダドンドコドーン!!」
スリーズ「フィヨルムェ・・・」

252助けて!名無しさん!2018/06/08(金) 20:21:20.46ID:rlJq1zQ3
スルト「ぐはははははははは!夏だ!暑さだ!我らの季節だ!」
ヘクトル「なんで肩組んでくるんだおっさん!?」
リン「灼熱オヤジとメタボデブが肩組んで高笑いしてる光景は…すごく暑苦しいわ」
マルス「あの一角だけ気温が10度くらいあがってそうですよ…」
ロキ「ふぅぅ…困っちゃうわぁ。胸の谷間に汗がたまっちゃうのよねぇ」
エイリーク「うごごごごごご…」
フィヨルム「暑さに暑さを重ねるなんて体によくありません。こんな時こそニフルの冷気を」
ユルグ「かき氷美味しいよ」
リーフ「スリーズさんとロキさん…僕には選べない!二人仲良く僕の嫁に…ってなんで燃やして凍らすのさこのヒトデナシー」

253助けて!名無しさん!2018/06/08(金) 20:40:24.61ID:otzeqSno
>>240
アイク「キン肉マンは最近web連載されてるぞ。悪魔将軍と超人閻魔戦は名勝負だった」
ロイ「まさかカナディアンマンが名誉挽回するとは予想外だったよね」

254助けて!名無しさん!2018/06/09(土) 20:38:28.03ID:RtK24sg4
紋章町でプロ格闘技とかプロスポーツとかやってるやつはいるんだろうか
ヘクトルやオスティア勢とか相撲取りだが他にも

255助けて!名無しさん!2018/06/10(日) 07:57:49.96ID:fnqBAZGR
マルス「リン姉さんは女子プロでもやったらいいんじゃないですかね。プロレス技十八番でしょうに」
リン「やかまし」

256助けて!名無しさん!2018/06/10(日) 13:01:45.14ID:h80VOuBn
むしろ地下格闘とかの方が盛んな気がする

257助けて!名無しさん!2018/06/10(日) 16:27:10.94ID:kliQhIws
ドロシー「そういえばスト○ニの涼水玉○や○-saki-の国○一で有名な声優のSさんは兼業で女子プロレスラーをやっているそうですね」
セーラ「白と水色の衣装を纏ってリングの上を舞っているらしいわね」
イリオス「ついでに結婚式でバカデカイスプーン振り回したらしいな」
シャーロッテ「役と演者さんは別でぇす!!」

258助けて!名無しさん!2018/06/10(日) 20:43:00.86ID:dIqJVm0W
ヘザー「キマシタワーの創始者が…ありがたやありがたや」
ラドネイ「ナムナムナム…」
レーギャルン「アーメン…はっ!?なんで私まで!?」
シャーロッテ「役と演者別ゆーたやろが!」

259助けて!名無しさん!2018/06/11(月) 08:31:48.36ID:MbEdifxC
エリウッド「…オリジナル処方受け付けます…ご希望の方は症状をこのハガキに書いてお持ちください。ミドリコ」
ロイ「なにそれ。ポストに入ってたハガキ?」
エリウッド「うん…僕宛てだね。薬局よくいくから」
シグルド「おお、それなら私の薬も一緒に調合してもらえないかな。いやぁ歳のせいか徹夜がきつくなって…眠気覚ましがほしいかな」
エリウッド「あんまり働きすぎないでよ。えーっと、僕は…もうちょっと丈夫な体になる薬を…と」
エイリーク「あ…あの…いえ…なんでもないです」
エリウッド(あ、胸が大きくなる薬は可能でしょうか…って言いたいんだろうなあ)
リーフ「ん?あ、胸が大きくなる薬がほしいんでしょ。書いといてあげなよ」
エイリーク「…………」
ロイ(皆察しつつも口に出すのも恥ずかしがってるのでそっとしておいたのに!?当たってるけど!?)
リーフ「僕も僕のポークピッツが立派になる薬が欲しいさ。ふふ、一緒の悩みだね姉さん」
ロイ(しかもいらん追い打ちを!?悪気が無いのがまた…本当にデリカシー皆無なんだなあ…喪なわけだ…)

260助けて!名無しさん!2018/06/12(火) 10:26:54.16ID:4GeN0/kP
サラ「兄様が理性を失って襲いたくなる気分になる薬とかできるのかしら」
ンン「なんで今更そんなのが必要なんですか」
ノノ「今更じゃなくて今だからなお必要なんだよ!」
ベロア「そうです」
ミタマ「そうですわ」
サクラ「…そ、そうだと思います」
ンン「あ…はい…」

261助けて!名無しさん!2018/06/12(火) 14:33:07.92ID:97Xy2T/T
シルク「そうですよ」
エフィ「そうだよ」
シグルーン「そうですわ」
イレース「そうです」

モズメ「そんな力強く同意せんでも…」
サナキ「あの活力はどこから湧いてくるのかのう…」

262助けて!名無しさん!2018/06/12(火) 20:52:59.11ID:76IawaWB
キャス「カレル…枯れる……カレルさんもう40過ぎだし
     …なのに、ちっともお嫁さん探そうとしないのってもしかして枯れたんじゃ…み、ミドリコにあたしも頼んだ方がいいのかな…」
フィル「…叔父上は精神修行ができているでござるから!?枯れるとか枯れてないとかそういうことではござらぬぞ!?
     …若い頃は剣魔とかいろいろあって嫁どころではなかったのでござるよ」

263助けて!名無しさん!2018/06/13(水) 00:50:17.21ID:LVjzd7mw
アメリア「ンンが突っ込み役不足に困ってるし、あたしも常識人枠として協力すべきなのかなあ」
ヴェロニカ「あなたドMでしょうが」
エマ「う、うん…ちょっと無理じゃないかな」
アメリア「………」

264助けて!名無しさん!2018/06/13(水) 03:29:57.73ID:jCdHkRgv
家族が増えるよ!やったね兄弟家!!

265助けて!名無しさん!2018/06/13(水) 07:03:04.89ID:j1P2Vv50
まだまだ先だけどこうなると久々に家族ネタほしい

266助けて!名無しさん!2018/06/13(水) 17:23:50.06ID:i2qO58DC
マルス「クロム兄さん、カムイ姉さんに続く新兄妹ですか。どんな人が来るんでしょうね?」
シグルド「わからん。歳も性別もわからん。ラグズやマムクートや魔物の可能性もある」
セリカ「最後の方はどうよ正直」
ロイ(…弟か妹がいいなぁ…ロイ兄さんって呼ばれてみたい)
リーフ「爆乳のおねいさんでおねがいします!おねがいします!できればバスト1M越えで!」
リン「仮にそうだったとしてもあんた姉に欲情したらシグルド兄さんやクロム兄さんがキレるわよ」
エリンシア「ガチムチ!ガチムチKINNIKU隆々な逞しい殿方だとよいですわねえ」
ヘクトル「予想じゃなくって願望だぜ。それ」
クロム「くっ…姉さんのためにもっとKINNIKUを鍛え…い、いや、ルフレから浮気したわけではない。これは兄妹愛だ」
エイリーク「誰もまだ突っ込んでいないのですが」
エフラム「幼い妹という事も考えられる。守らねば」
アルム「あれだけ周りに奥さんいてもまだ守るんかい」
エリウッド「カムイのおかげで貧乏脱出したし、今度の兄弟も周りをいい方向にしてくれるといいなあ」
カムイ「えへへ、アタシの手腕とコミュ力の賜物だね」
アイク「腕を競い合える奴を期待したいな」
セリス「僕はねー一緒にお料理したりお裁縫したりしたいよ」
ミカヤ「お姉ちゃんからみると新しい子は17回目になるのかしらー、楽しみねぇ」

267助けて!名無しさん!2018/06/14(木) 00:36:33.57ID:xdgJAuIm
>>262
リリーナ「封印の支援会話見る限りだいぶ自罰的になってるわよね、剣聖カレルさん」
シャニー「若い頃のヤンチャの反動で、『こんな私なんかに…』みたいになってるのかな」
ソフィーヤ「その上御歳も四十路を過ぎてますから、そう言う意欲ももう余りないでしょうし……」
ララム「何よりキャスとの関係は家族っていう意識が強いだろうから、そう言う関係になるなんて思ってもみないだろうしね」
スー「過去、年齢、立場……壁は多い…」
キャス「改めて並べ立てないでよ……心折れそうになるから……」ズーン
フィル「落ち込んじゃダメでござる!……えっと、落ち込んじゃダメでござる!!」
ララム(具体的な慰めの言葉、出てこないんだなぁ…)
リリーナ「……いざとなれば、押し倒す?」
キャス「!!!??」
シャニーララムフィル「「「!!?」」」
スー「いや、非力なキャスには難しいんじゃ…」
ソフィーヤ「それもしょっぱい能力値の剣魔時代なら兎も角、チートスペックの剣聖カレルさん相手では…」
ララム「いやいやいや!?突っ込み所そこじゃないからね!!?」
シャニー(なんかハーレムってから性に奔放になってないかなぁ、3人とも……)
キャス「お、押し………プシュー!!?////」
フィル「ほ、ほら!そろそろバイトの時間でござる!早く行ってくるでござるよ!!」


キャス「じゃ、検品終わったんで品出ししますねー」
ローソン「よろしくー」
キャス(全く、あいつら何考えてるんだよ、押し倒すなんて……………!)
[Eドリンク]
キャス(……………………………ってなに考えてんのよダメダメダメ!!?///)フルフル
ローソン「キャスちゃんどうかしたの?」
キャス「ひゃい!?な、何でもないです!!!」

がんばれキャス、負けるなキャス

268助けて!名無しさん!2018/06/14(木) 00:50:01.02ID:l+fM9Jdp
キャスは可愛い乙

269助けて!名無しさん!2018/06/14(木) 06:43:56.90ID:krOG/pyU
ふと思ったが、もしエトルリアの救援が来なかったら、支配体制確立のための手っ取り早い手段にリリーナがナーシェンの嫁にされるとかあり得たんだろうか?
どうですか?彼も最近斧キャラですが。
生理的に無理味しか無い?マードックの方が良い?
さようで

270助けて!名無しさん!2018/06/14(木) 17:05:18.70ID:Yl67g6tL
斧とは言えどどっちかというとひょろ長い印象かなあナーシェン
ガチムチな印象は無い

271助けて!名無しさん!2018/06/14(木) 17:41:42.50ID:l93JszLO
>>267
サラ「薬でも何でも飲ませればいいでしょ」
マリア「自分から夜這いに行けば…」
シルク「搾り尽くすくらいの勢いでちょうどよいとミラ様ならおっしゃると私は信じます」
ベロア「下着で四つん這いになってお願いするのは、私もたまにエフラムさんにしますし」
ノノ「それなら裸の方がよくない?ノノがするときはそうしてるけど」
ミタマ「胸でも好きに触らせて差し上げれば…最近エフラムさんによく弄ってもらっているせいかまた少し成長したような…」
シグルーン「胸でなら挟んで差し上げれば、私もアイク様に触られるのは好きですけど、して差し上げたい気持ちも強いですし」
イレース「…私もアイクさんへの愛が抑えられないときは口で…」
サナキ「助言どころか自分が普段してることの話になっとるじゃろうが!?」
ンン「みんな好き放題しゃべってるので一度で突っ込むのは無理ですねこれは…」

272ベルン署に花萌ゆる2018/06/14(木) 19:44:59.72ID:Rr2WTuMA
>>269

ナーシェン「フン! あんなNIKU好きの変態娘に好かれた所で嬉しくも何ともありませんよ。
      私のようなキャリア組のエリートなら女位選り取り見取りで……」
ツァイス「いや、エリートって言ってるけど今や落ち目の警部補だろうあんた」
ナーシェン「だまらっしゃい!! 大体、こうなったのもそもそもゲイルのせいで」
ゲイル「いや、俺が言うのも何だがこれはこれまでお前が積み重ねて来たツケの結果だろう」
ナーシェン「くっ!」

エレン「ツァイスさん」
ミレディ「ゲイル、ツァイス、ここにいたのね」
ゲイル「どうした?」
ミレディ「丁度お昼でしょ、せっかくだからか誘いに来たのよ」
エレン「一緒に行きませんか?」
ゲイル「もうこんな時間か、構わないぞ」
ツァイス「エレンさんとなら喜んで」
ミレディ「それじゃあ、行きましょうか」

マードック「おや、署長、どちらへ?」
ゼフィール「イーリス地区だ、向こうの警備態勢の見直しの為に話し合ってくる」
マードック「そうですか、昼食はいかがなされますか?」
ゼフィール「今回はあやつが用意するそうだ、戻るのは多分夕方過ぎるだろう、留守は任せたぞ」
マードック「承知致しました」
ブルーニャ「……………」
マードック「むぅ………お前の気持ちは解らぬ事も無いのだが……」
ブルーニャ「いえ、いいのです、私としてもそれが署長の幸せになるのなら私は………」
マードック「そうか………」
ブルーニャ「そうですね、せっかくですし、副署長、お昼、一緒に行かれませんか?」
マードック「私とか?」
ブルーニャ「ええ」
マードック「まあ、それでお前がいいのならな」


ナーシェン「………な、何なんですかどいつもこいつも甘い雰囲気出して!!
      …………そう言えばここで同じ一人者としてギネヴィア様がおられましたね。
       最近はロイ少年も脈も無さそうですし、寂しさを私が埋めて差しあげれば………
      それで署長の縁戚に馴れれば私の次期署長の道が一気に近づくではありませんか……ふふ、やはり私は賢い、では早速……ん?」

ジード「〜〜♪」
ギネヴィア「ジードさん、随分とご機嫌ですね」
ジード「ああ、これはギネヴィアお嬢さん、いえね、久々にパチで大勝しまして、今ホクホクなんすよ」
ギネヴィア「またですか………他の皆さんも言ってますけど、貴方も市民の顔である警察官なのですから、もう少し節度を持ってですね」
ジード「あーハイハイ、そんなの聞き飽きてるよ……とゲイルやツァイス相手だったらそう言ってるけど、他ならぬお嬢さんの言葉ですから、少しだけ反省しますよ」
ギネヴィア「そうですか………」
ジード「ああ、そうだ、お嬢さん、昼飯一緒に行きません? せっかくの臨時収入ですから俺が奢りますよ」
ギネヴィア「え? でも貴方、他には?」
ジード「生憎、部下も他の仲間も出掛けちまいましたし、ジェミーのヤツも最近は彼氏? だかのところに入り浸りなんで他にいないんすよ」
ギネヴィア「はぁ……」
ジード「それに誘うならむさい男よりは美人を誘いたいじゃないすか」
ギネヴィア「……解りました、せっかくだからご相伴に預からせて頂きます」
ジード「じゃ、行きましょうかい」


ナーシェン「……………」

ナーシェン「………パンでも、買ってきますか……」

273助けて!名無しさん!2018/06/14(木) 20:57:02.12ID:Yl67g6tL
なんという余り具合…

274助けて!名無しさん!2018/06/15(金) 07:39:08.31ID:Vts0nnXP
>>271
リーフ「あの爆乳のシグルーンさんのおっぱいを毎日好きにできるなんて…並のゲーム以上なんだよなあ…」
アイク「いや、何度も言っているが俺は胸だけじゃなくてあいつら自身を大切に思ってだな…」
リーフ「分かってるよ。ただ…他にも爆乳のカゲロウさんやシェイドさんをはじめ巨乳以上が多数…ナギさんはどうなの?僕はかなり爆乳寄りだと思うんだけど…」
アイク「どういう基準で判断しているんだ…?」
リーフ「それならお嫁さん集めて目隠ししておっぱい揉んだり吸ったりして誰か当てるみたいなプレイもできるんじゃないか…あ、このアイディア新作で使えないかな?」
アイク「…いや、全く分からん」

275助けて!名無しさん!2018/06/15(金) 09:25:24.88ID:nw6gmVC9
エトルリアの救援ってタイミング絶妙なのよね。
遅ければ上みたいに最悪の事態。早ければ本編以上にエトルリアに色々干渉される。
さらに展開的にロイ達が西方出る際に、仮にも政治機構だった総督府打倒した以上臨時の行政機関をかなり迅速に設置しただろう事を考えたら。
ロイの政治家としての能力って実は凄まじい可能性。
こういう事いうと政治下手と散々言われる長男涙目だが……
と言うか一度砂漠で大ポカやらかしたキュアンともどもセシリアさんに授業受けても良いかも知れない

276助けて!名無しさん!2018/06/15(金) 12:15:33.87ID:5LZiQl1k
>>274
マルス「………」
エリウッド「どうしたんだい?」
マルス「僕なら目隠しでも誰の胸か分か…いや、何でも…」

277助けて!名無しさん!2018/06/15(金) 21:44:54.73ID:Srw4D3jC
西方にいって総督府潰したのはその場のノリというか…
ベルン進行やらクーデターやらでうやむやになったけど、場当たり的な行動だと思うし行政なんてことまでやってないと思うぞ
潰した後はすぐに大陸に戻ってるし、リキアから文官連れてきたとも考えにくい

言い方悪いがほったらかしにする他なく、元々独立心旺盛そうな地域だから住民が自治してそれが戦後の独立に繋がったと思う

278助けて!名無しさん!2018/06/15(金) 23:43:52.52ID:+hO6Kbca
いや普通の土地なら良いが、あそこ賊のうようよする土地だし、船出すにも飯やらなんやら準備が要る上大陸側の情報も仕入れないといけないから即出発とは行かないし。
簡易的なもの位は纏めてるでしょ

279助けて!名無しさん!2018/06/16(土) 01:43:11.50ID:68QPtgnN
賊のうようよいる土地に外国人が簡易的なもの置いて行っても治まらんでしょ

280ナー様の出世計画()2018/06/16(土) 03:03:30.62ID:1AWk1Ty8
※折角なのでナー様ネタ便乗
ゼフィール「わしはこれよりイーリス署に向かう。ナーシェン、供をせよ」
ナーシェン「わ、私ですか?」
ゼフィール「うむ、マードックもブルーニャもゲイルも所用でな。1時間後に出るぞ」
ナーシェン「はっ、かしこまりました!(クソ、私はゲイル以下か!それに、イーリス署の署長との会談と言えば……)」

エメリナ「ですからそんなに厳しく罰しては反発が!!」ソレカラブツブツアレモコレモ…
ゼフィール「生ぬるい事を抜かすな!現にこの町の犯罪件数は…」ドータラコータラクドクドクドクド…
ナーシェン(いつもの如くこうなるんだよなぁ、ちったぁ進歩してほしいよ全く…)
ゼフィール「ナーシェンよ、少し席を外しておれ。この分らず屋とはサシで話し合う必要があるようだ」
エメリナ「フィレインも下がって大丈夫ですよ」
二人「「はっ!」」

ナーシェン(全く、結局ああなるんなら態々私を連れてくる必要なかったでしょーが………それに)チラリ
クロム「あれがベルン署に悪名高い、悪徳刑事のナーシェン……」コソコソ
リズ「なんかやらかさないか監視しといた方が良いんだよ!」コソコソ
ナーシェン(ふん、下等市民が。まぁこの程度で高貴な私は腹を立てたりはせんがな…………おや?)
フィレイン「……………はぁ」つ缶コーヒー
ナーシェン(あの自販機の横で黄昏ているのは…エメリナ署長の補佐官のフィレインか?…………そうだ!)
ナーシェン「如何致しましたか、お嬢さん?」ニコニコ
フィレイン「え!?……あ、あなたは確かゼフィール署長の」
ナーシェン「はい、ベルン署のナーシェンです。見た所なにかお悩みのようでしたので声を掛けさせていただいたのですが」ニコニコ
フィレイン「あ、いや、そんな、他人様に迷惑をかけるような事では…」
ナーシェン「何を言うのです、私達は同じ町の治安を守る仲間ではないですか!……そうだ、よければ今晩一緒に呑みにいきませんか?」
フィレイン「の、呑みにですか…?」
ナーシェン「はい、警察官同士悩みの相談や情報の共有も出来るでしょうし、如何でしょうか?」
フィレイン「そ、それじゃあ、折角ですのでお言葉に甘えて……」
ナーシェン(クックック、上手くいったぞ!こいつはエメリナ署長の側近、そしてウチの署長があの女と懇ろなのは周知の事実。今の内にイーリス署にコネを作っておいて損はない!!ああ、やはり私は誰よりも賢い……)
クロム「おいあいつフィレインを呑みに誘ったぞ!?」コソコソ
リズ「なんという命知らずなんだよ…」コソコソ

〜んでその夜〜
フィレイン「ちくしょおおおお私は配信する価値も無いってゆうのおおおおお
!!?//」
ナーシェン「ちょ、ちょっと、声大きすぎ…」
フィレイン「ギャンレルやエメリナ様ですら実は生きてましたやったんだからあんな投げ槍な描写の私だって生きてたっていいじゃないのよおおおお!!//」
ナーシェン(な、なんでこいつはたった一杯でここまで酔っ払えるんだぁ!?)
フィレイン「と言うかなんで天馬隊のみんな私以外どんどん結婚していっちゃうのよーーー!スミアやティアモから堰を切ったように次々と!!//」
フィレイン「しかもエメリナ様までさらっと好い人見つけてるし!私なんかこんなハンパな男と呑んでるていうのに!!//」
ナーシェン「はあぁぁぁっ!?言うに事欠いて………いい加減にしろよ貴様ぁっ!!!」つ深緑の斧
フィレイン「何よ!ヤルって言うの!?//」つ銀の槍
ナーシェン「こうなればぶん殴ってでも静かに……って痛ぁ!?なんで私に攻撃通せるんだぁ!?酒の力恐っ!!」
フィレイン「あははは!あーっはっはああああ!!!//」

〜翌日〜
ティアモ「え、ベルン署のナーシェンさんと呑んだんですか?」
フィレイン「ええ。彼、良くない噂が立ってた割にはとても紳士的で優しかったわ」
スミア(それは隊長のせいでそうせざるを得なかったのでは…)
ティアモ(隊長、お酒弱い上に立場上色々と溜まってらっしゃるから…)
フィレイン「そうだ、お礼のメールの一つでも入れておかないと…ふふふ、また今度呑みに誘って見ようかしら♪」
スミティア((うわぁ…ドンマイ……))

死んだ目のナーシェン「………」PCカタカタ
ジード「おい、なんでアイツが真面目に仕事してんだ!?なんか傷だらけだし…」ヒソヒソ
フレアー「分からん、確か昨日はイーリス署の女性と呑んでいたはずだが……」コソコソ
ナーシェンの携帯『プルルルル』
ナーシェン「!(ビクッ)……(チラリ)」
ナーシェンの携帯『メール受信:フィレイン』
ナーシェン「ひ、ヒイィィィ!」ドタンバタン
二人((い、一体昨日の夜に何があったんだ…))

281助けて!名無しさん!2018/06/16(土) 06:35:54.58ID:07fULXf3
マーニャに似た立ち位置なんだろうけどなんというか地味なフィレインさんに救いを…

2822782018/06/16(土) 12:51:09.70ID:hwgJ2c4u
>>279
すまない。二秒考えたら解る浅い間違いで流れを乱してすまない。

283助けて!名無しさん!2018/06/17(日) 01:01:39.58ID:EA+cM3fK
ナー様のネタキャラっぷりは愛されてる
覇者の漫画家さんをヒーローズで起用したのは英断


ロイド「四牙そろったな」
ライナス「おう!揃ったぜ!俺、遅くなったけどな!」
ジャファル「…これでニノを守れる…」
ロイド「そうだな。守ろうニノを」
ライナス「任せとけ!守ってやんぜ!さっそく俺らとニノで部隊編成しようぜ!」


ウルスラ「…………別にあいつらとチーム組みたいとは思わないけど…ロリコンでシスコン共めって言いたくなるわ」
リン「べ、べっつに。兄妹仲良くっていいじゃない?いいじゃない?義妹にやきもちなんてやかないんだから〜?」
レオン(あの二人。今夜は干からびるほど搾り取られるんだろうな)

284助けて!名無しさん!2018/06/17(日) 12:34:04.73ID:nlzgAidx
ンン「あー……うーん……」
ノノ「なに唸ってるのさ?」
ンン「その……今日は父の日じゃないですか」
サラ「確かに、6月の第3日曜日は父の日だけど」
ンン「それで……何というか……」
サラ「なるほど、今日は兄様に娘として祝うか嫁としての立場で接するか迷ってると」
ンン「何も言ってないのに心を読むレベルで正解言われるの怖いんですけど!?」
ノノ「なんだあ、いいじゃん別に。お祝いできるならしとけばいいと思うなあ」
ンン「お母さんのその超楽観的な思考がすごく羨ましいのです……」
サラ「それで、どうするつもり?」
ンン「う……だからそれを悩んでいてですね」
ノノ「細かいことは気にしない方がいいってワユのお義姉ちゃんも言ってた! あ、いいこと思いついた。お兄ちゃんへのお祝いは今から明日の朝まで超濃厚ご奉仕コースで決定!」
ンン「は!?」
サラ「いいじゃない、じゃあ早速今から」
ンン「いやまだ何も……ちょ……引っ張るのは止めるのです!?」

285助けて!名無しさん!2018/06/17(日) 13:14:56.96ID:qwJTZqUx
クレイン「父の日かぁ…何か贈り物でも…」
クラリーネ「それならば!わたくしたちが愛の契りを交わした事を伝えましょう。きっと喜んでくださいます!そして式を上げ…」
クレイン「す、ストップ。ストップ。切り出し方はいろいろ考えてはみてるから早まらないで」

シャンブレー「父の日だけど…どうする?」
ジェローム「…肉…でいいんじゃないか?安直か?」
ミスト「んーん、きっとなんでも喜ぶよ。だからいいんじゃない?肉で。家計が助かるし」
シャンブレー(ミスト義母さん…まだ少女なのに所帯じみてるなあ…)

ガロン「父の日じゃ。はよう貴様らの父が喜ぶ孫の顔見せい」
ヒノカ「父の方から催促に来た!?」
マークス「あ…あのですね。そうは言っても…」
ガロン「やかましい!貴様らみんなやっと相手が決まったのだ。後は早々に子作りじゃろが!」
タクミ「僕ら学生組は子供は卒業してからって思うんだけど…」
ガロン「そんなこと気にするな。金なら儂が出してやる」
ミコト「まぁまぁ、時間の問題ですから急かさずに」

アルテナ「父の日です。父上を困らせる葉っぱをボコボコに討伐してまいりました!」
トラバント「あ…あーうむ…よくやった。でも何もせんうちからド突いてはいかんぞ。まぁお前に何かセクハラしてきたのだろうが…」

カアラ「バアトルー、キャスが何か用事があるそうだぞ?」
バアトル「うん、なんじゃ?」
フィル「ほら、がんばれがんばれでござる!」
キャス「あ、ああ…うー…えっと…その…い、いつもありがと…とーさん…ごにょごにょ…////」
フィル「拙者とキャスとでバイトして買ったでござる」
バアトル「ぬう!これは!新しいダンベル…娘たちよぉぉ!なんと親孝行なのだあああああ!!!」
カレル「嬉しいのはわかるけど絶叫はほどほどにね」

286助けて!名無しさん!2018/06/17(日) 18:29:54.54ID:tNkfHPls
エフラム「やれやれ…義父上に父の日の挨拶とプレゼントを渡すだけだったのだが、思ったより長居してしまったな」
エリーゼ「でもお父様も会う度に孫はまだかって言わなくてもいいのに…」
アクア「あの人は昔からそうだから…実家に顔を出す度に言わなくてもとは思うけど」
サクラ「でも時期が来れば、ですよね…き、今日もご奉仕頑張りますから」
サラ「あ、兄様たち帰ってきた。ンンも兄様が出かけてる間に十分休めたでしょ、第二ラウンド開始よ」
ンン「いや…ちょっと…さっきのが激しすぎてもう少し…というかなんでごく自然に混ざってるんですか」
ノノ「細かいことは気にしない方がいいよ」
ベロア「そうです」
ミタマ「そうですわ」
大人チキ「そうね」
ンン「さっきより増えてるのです!?どんだけ夜まで待てないんですか!?」

ジェローム「父の日のプレゼントだが…肉ということでいいのだろうか?」
シャンブレー「と言っても…他に何がいいのか…花とかが定番なんだろうけど」
ジェローム「…受け取ってはくれるだろうが、喜んでくれる品かどうかは微妙だな」
シャンブレー「あ、じゃあ物にこだわることもないんじゃないか?例えば…子供の成長が親は嬉しいって言うじゃないか」
ジェローム「…確かに、そんなことも聞く」
シャンブレー「だから俺達で父ちゃんに手合わせを申し込むとか…」
ジェローム「…記念日くらいは普通に何か贈った方がいいのではないか?それに…もっと鍛えないと二人がかりでも勝算は無いぞ」
シャンブレー「そ、そっか…」
ジェローム「…やはり肉にするか」
シャンブレー「…リンからいい狩場教えてもらったから、行こう」

クレイン「父の日か…これを機に切り出してみるのも…しかしどうやって…」
クラリーネ「悩むことなどありませんわ!愛し合う私たちの前には光り輝く未来しかありえません!」
クレイン「そ、そうだね…でもどう伝えるかは慎重に考えないと」
クラリーネ「お父さまたちならきっと祝福してくださいますわ、だいたいこの町で私たちの関係くらい大したことないですし」
クレイン「身も蓋も無いけど否定もできないな…」
クラリーネ「もう…仕方ないですわ、私がお兄様を元気づけてあげます」
クレイン「…?何を…っ!?」
クラリーネ「ん…ふ…っ…私、お兄様のために毎日研究していますのよ…」
クレイン(ああ…何か…父上たちも軽く受け入れてくれるような気がしてきた…)

287助けて!名無しさん!2018/06/17(日) 20:36:40.82ID:qwJTZqUx
クロム(今日は父の日だ…きっと…きっとルキナやマークが何かしてくれるっ!…愉しみだ♪)
ルキナ「おとーさま♪るちな、おとーさまが好きなのもってきまちた!」
クロム「おおお!ほんとうか!いやーうれしいなぁ、何かな?」
ルキナ「はっぱおじさんのおへやからえっちな本もってきまちた!あげる!」
クロム「い…いやまて…ち、違う…い、いや、好きは好きだがそうではなくて…と、いうか葉っぱおじさんのお部屋は教育によくないから入っちゃいかん!?」

288助けて!名無しさん!2018/06/18(月) 20:57:46.30ID:Odk4XD9t
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/9373/1439033473/

風花雪月の主人公加入についての話はここで
まだ主人公発表されてすらいないけど一応

289助けて!名無しさん!2018/06/19(火) 07:04:58.72ID:IAYFYhZk
この有り様じゃ入っても入らなくても一緒じゃん

290助けて!名無しさん!2018/06/19(火) 13:25:26.98ID:ochsqxEj
スルメ「何故俺は来ないのか?今回の闇討ち役とか適役だろうが!」
ケネス「何を言ってるのですか君は」
ジュルジュ「だってヒーローズっていや、ネタが活躍するゲームだろ?魔乳軍将とか緑風(笑)とか。なら牙一のネタ要員の俺が大活躍するべきだろうが!」
ダミアン「嘆きたまえ。ルートによっては終章で誰今の雑魚?となる存在の微妙さを」
ニャロメ「そこに触れるな!つーかさっきから名前欄何だこれ?俺の名前を言ってみろお!」

291助けて!名無しさん!2018/06/19(火) 17:53:38.19ID:rgyYx0a0
ヴェロニカ「あー……ひま……戦禍もあらかたスコア稼いだしやることないブレムだわ……」
サラ「暇ならちょっとは外に出たら?」
エフラム「それならキヌの神社で縁日をやってて、ファが行きたいと言うから今から一緒に行くんだが、お前もどうだ?」
サラ「あなたが好きそうなジャンクな食べ物とかお菓子とかいっぱいあると思うけど」
ヴェロニカ「…………そこまで言うなら行ってもいい。それならサラは行かないの?」
サラ「白夜の縁日って割と定期的にやってるから、私も兄様と何回も行ってるのよ。今は溜まった動画と画像の編集したいからパスするわ」
ヴェロニカ(何の動画とかなのとか聞きたいけど聞くのこわい気もする……)

エフラム「よし、ここだ」
ファ「ついたー!」
ヴェロニカ「ふーん……これが縁日ってやつ……おもったより人がいるのね」
ファ「ほら、はやくいくのー!」
ヴェロニカ「はいはい……なんでそんなに元気なのよ……」

ヴェロニカ「これが綿あめ……生で見るのは初めてかも……じゃあさっそく……んむっ!?」
エフラム「お前は髪が長いんだから気をつけ……遅かったか」
ファ「わー、ヴェロニカお姉ちゃんべったべただあ」
ヴェロニカ「……お菓子に襲われるとか想定してないんだけど」

ヴェロニカ「あむ……このバナナにチョコをつけるってどういう発想で考えたんだろ……おいしいからいいけど」
ファ「あ、サラお姉ちゃんとノノお姉ちゃんにたべかたおしえてもらったんだよ、こんなふうに……」
エフラム「いや、それはやらなくていい」
ファ「……? いつもお兄ちゃんにしてるみた……」
ヴェロニカ「……普通に食べなさい、どんだけ教育してるのよあの二人は……」

キヌ「おーい、楽しんでる? あ、ヴェロニカも来たの?」
ヴェロニカ「まあね……思ったよりは悪くない」
キヌ「それなら良かったよ。……それでさ、悪いんだけどエフラムちょっと借りていい?」
エフラム「何かあったか? ……じゃあ二人ともちょっと行ってくる、好きに回っててくれ」
ヴェロニカ「……何かありそうな気がする」

ファ「ねーいいの? こういうじんじゃのなかってかんけーしゃいがいたちいりきんし、ってやつじゃないの?」
ヴェロニカ「あたしたちもエフラムのお嫁さんなんだからキヌの関係者みたいなものでしょ、二人の移動先を考えたらこの建物であってると思うんだけど……?」
キヌ「……はあ……あ……っ……ん……ふう……ごめん……まだ……もうちょっと」
エフラム「ああ……しかし……何かと思ったら疼きが抑えられないからとは」
キヌ「しょうがないじゃん……そういうときもあるんだし……それに、サクラとかミタマにもエフラムが神社に来た時にお願いすることあるの知ってるんだからね」
エフラム「そ、そうか……いや、隠していた訳じゃないんだけどな」
キヌ「いーよ、ちゃんと応えるのが旦那様もお役目でしょ? だからアタシにも……ね? それに、こういうとこでするのが興奮するって聞いたんだけど」
エフラム「どこで聞いたんだそんなこと……まあいいか、じゃあ……後ろ向いてくれ」
キヌ「うん……思いっきり、して」
ファ「あー、いいなあ……ファもまざ……」
ヴェロニカ「……さすがに今はがまんした方がいいと思う……戻るよ」

ヴェロニカ「ふう……なんであたしが気を使うはめになるの……まったく……」
ファ「なんかあっちでやってるみたいだよ?」
ヴェロニカ「……うわ……ちょっと……」
フィヨルム「これからの季節はアイスにかき氷です! これ以上熱くしてどうするのですか!」
スルト「馬鹿め、暑いときに熱いものを食べるのがいいのであろう、これからは焼き物、揚げ物に決まっている!」
スリーズ「なぜムスペルの店が私たちの反対側に……フィヨルム、負けてはなりませんよ」
スルト「ほう、こちらと客の入りで勝負するつもりか……面白い……ん? そこにいるのはエンブラの娘ではないか、お前も食っていけ」
ヴェロニカ「やば、見つかった……いや、いらないから」
ロキ「牛串はいかがぁ? オススメよ?」
レーヴァテイン「……唐揚げもある、食べる?」
ヴェロニカ「何かどっちも思いっきりマスタードかかってるけどそれ絶対辛いやつでしょ!?」
レーギャルン「普通に出店するだけでいいと思うんですが……はあ……」
ヴェロニカ「だからいらないって言ってるでしょ!? あーもう寄らないで!」

サラ「あ、帰ってたの、縁日はどうだった?」
ヴェロニカ「……つかれた」
サラ「……?」

292助けて!名無しさん!2018/06/19(火) 18:58:51.23ID:DcwBLdpz
乙、白夜和物ネタは楽しい
境内で焼きそば焼いてるマリータの姿がありそう

新着レスの表示
レスを投稿する