FIFA14チラ裏スレ 3枚目

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/22(木) 10:47:10.89ID:ooKjjJyr

2ラツィオ二年目二月22014/05/22(木) 11:34:48.40ID:lt/2G56Z
>>1
スレ立て感謝です
ありがとうございます

2月15日、セリエA第23節
vsナポリ(A)
敵地サン・パオロに乗り込んでの一戦
リーグ開幕戦で勝利しているので、勝ってシーズンダブルを達成したいところ
前節からカクタをディアマンティに、そしてこの日はムサッキオが怪我から戦列に復帰するゲームとなった
前半は好調ハムシクが何度も惜しいチャンスを作りラツィオゴールを脅かすが、帰ってきたディフェンスリーダー、ムサッキオがアデルラン・サントスとの見事な連携で何とか無失点で食い止めることに成功した
ゲームは後半に入り、68分
カジェホンのクロスにイグアインがダイビングヘッド… しかしこれはマルケッティが素晴らしい反応で止める
この日のディアマンティは違いを作る事は出来ず、74分にカクタと交代をする
更にペペを下げベンジアを入れて、陣形も442と遅攻から速攻向きの戦術へと変更することにした
采配が実ったのはゲーム終了間近、88分
メルテンスの直接FKをキャッチしたマルケッティが走り出していたチェルチへロングスロー
高速スローをキチンと収めたチェルチがそのままサイドを駆け上がる
しかし、戻りの早いナポリのディフェンス陣
あっという間にスニガとラミに囲まれてしまうチェルチであったが、素早いターンとキックフェイントで二人を鮮やかにいなす
そして上げたグラウンダーのクロスにミトログルがつま先で押し込み、先制
試合はそのまま勝利し、前節の敗戦を払拭したラツィオであった
MOMは復帰戦でクリーンシートに多大なる貢献をしたムサッキオ

試合後のインタビュー
カクタ「今シーズンの目標はチャンピオンズリーグの出場権獲得だったのに、今じゃ首位だよ!笑いが止まらないね(笑)」
とか言ってたとかなんとか

2月21日、セリエA第24節
vsアタランタ(H)
1ー0
得点者:ジョルジーニョ
前半は無得点に終わるが、後半68分
チェルチのシュートのこぼれ球に反応したジョルジーニョがハーフボレーでシュート
これがアタランタGKコンシッリの手を弾き、ゴールネットに刺さる
このジョルジーニョのシュートが決勝点となり連勝し、首位をキープ
アウェイで敗れていた相手なだけに、ホームで逆襲できたのは喜ばしいことだ
ムサッキオが帰ってきてから守備は格段に良くなった印象
MOMは決勝点を挙げたジョルジーニョ

試合後のインタビュー
レデスマ「このままスクデットまで駆け抜けて行きたいね。素晴らしいシーズンにしたいんだ 」
とか言ってたとかなんとか

2月はこれで終わりです
ローマに敗れた時はどうなるかと思いましたが新戦力が思いの外、早くフィットしているのでなんとか首位を守ることができました
3月はボトムハーフに沈むクラブとの対戦しかありませんので、連勝もキープしていきたいです

現在の順位、1位
17勝4分け3敗、勝ち点55
24試合38得点17失点

3名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/22(木) 14:13:32.98ID:+nCM0efA
浦和で書くと言ってましたが柏で始めて2013年10月20日現在勝ち点23の4位です
1位鹿島 勝ち点28
2位名古屋 勝ち点26
3位大宮 勝ち点24
4位柏 勝ち点23
5位清水 勝ち点23
6位C大阪 勝ち点21
7位G大阪 勝ち点20

フォメは442か4231でやっております

4ラツィオ二年目三月2014/05/23(金) 11:18:46.29ID:gtL+sNZo
3月1日、セリエA第25節
vsサンプドリア(A)
3ー1
得点者:チェルチ、ジョルジーニョ、カヴァンダ/オビアング
22分、チェルチが移籍後初となるゴールをセットプレーからヘッドで決める
更に38分ラドゥのクロスに混戦の中、一番ファーサイドに居たジョルジーニョが角度の無いニアにヘッドで叩き込む
42分にはチェルチを追い越しオーバーラップをしたカヴァンダが、レデスマからの最高のお膳立てとなるふわりとしたピンポイントパスをダイレクトで合わせ3点目
後半にラドゥがブラインドとなり、マルケッティがボールを見失いオビアングにミドルを決められるが、前半で既に勝負は決したようなものであったのでラツィオがそのまま勝利
MOMは2アシストのレデスマ

試合後のインタビュー
チェルチ「メディアは僕とカンドレーバを何かと比べたがるけど…僕には僕の、彼には彼の良さがあるんだ。比較なんて下らないよ(笑)」
とか言ってたとかなんとか

3月8日、セリエA第26節
vsリヴォルノ(H)
3ー1
得点者:ビリア、チェルチ、ディアマンティ/シリガルディ
相変わらず断トツで最下位に沈んでいるリヴォルノとの一戦、彼らにモチベーションは残っているのだろうか、、、
27分、ミトログルのポストで落としたボールをビリアがダイレクトで叩き、先制
44分には左サイドで先発したカクタからのクロスをチェルチがボレーでネットに突き刺す
後半に入り59分、CKからシリガルディに一点を返されてしまうが、84分には前節のチェルチに続き、移籍後初となるゴールをディアマンティがエリア外からの強烈なグラウンダーのシュートで飾り、勝負を決定付ける
MOMは先制弾を記録し、90分間攻守に渡って走り回ってくれたビリア

試合後のインタビュー
ディアマンティ「今日のゴールは下り坂のベテランである僕を獲得してくれたラツィオへの感謝のゴールだ。僕はここで本当に充実しているよ」
とか言ってたとかなんとか

5ラツィオ二年目三月22014/05/23(金) 11:21:46.36ID:gtL+sNZo
3月15日、セリエA第27節
vsブレッシャ(H)
2ー0
得点者:ミトログル、ムサッキオ
ホームでの連戦である
37分、エリア内でパスを受けたミトログルが、振り向きざまに強烈な一撃をゴール天井に突き刺す
ブレッシャとのアウェイゲームでは二点を奪ったミトログルが、次はアシストでも魅せる
71分、ディアマンティの弾道が低めの速いCKを、ニアポストに居たミトログルがファーポストへフリック
これに反応したのがムサッキオ、今シーズンの初ゴールを頭で押し込む
その後もブレッシャの反撃をほとんど許さずクリーンシートで勝利
連勝を5に延ばし、最高の形で代表ウィークへ入ることになったのであった
MOMは1ゴール1アシストのミトログル

試合後のインタビュー
ミトログル「二点目のあれは以前から練習していた形なんだ!上手く行って良かったよ(笑)」
とか言ってたとかなんとか

3月29日、セリエA第28節
vsジェノア(A)
2ー2
得点者:チェルチ、ポスチガ/ジラルディーノ、カライオ
代表ウィークを終え、ジェノアでのアウェイゲームだ
以前から思っていたのだが代表戦から帰ってくるルーマニア代表のラドゥは、なぜ毎回スタミナゲージが三日明けても回復仕切らず黄色のままなんだ、、、
毎回酷使されているのか…
なので代表ウィーク明けは必ず若手のヴィニシウスに出番が与えられることになるのだ
ゲームは始まるが、前半の15分、CKからジラルディーノに2月1日のローマ戦以来となるビハインドをヘディングで記録させられる
更に39分、余裕のないゲーム展開のプレッシャーに押し潰されたのか、ヴィニシウスがパスミスをヴルサリコにカットされ、そのまま上げられたクロスを今度はカライオに決められてしまう
後半開始と同時にディアマンティに変えポスチガ、ペペに変えケイタとカードを切りフォーメーションも442へと変更する
58分にチェルチのシュートは弾かれるがこぼれ球を自ら押し込みまず1点
84分にはキーパーと一対一になったポスチガが、冷静にこれを決めなんとか同点に追い付く
しかし、逆転には一歩及ばず久々に勝ち点を落としてしまう羽目となってしまったのであった
MOMはポストプレーで何度も起点となり、同点ゴールも決めたポスチガ

試合後のインタビュー
監督「連勝が止まってしまったが2位のミランも引き分けた。勝ち点1でも悲観することはないんだ」
とか言ってたとかなんとか

3月はこれで終わりです
最後分けてしまいましたが、まだ首位に立てているのでまあ良しです
4月は14日に2位ミランとの天王山とも言うべきゲームが待っているので何としても勝ちたいところ

現在の順位、1位
20勝5分け3敗、勝ち点65
28試合48得点21失点

6名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/23(金) 17:31:22.15ID:lTaDqiO0
・時間不足気味のゲーム生活がRMT OPで変わるのね。
RMT OPはゲームの生活を変わる!もっとやすいゲーム生活を楽しみ!
FIFA14(ULTIMATE TEAM )コイン不足場合は RMT OPへ !


「FIFA14 RMT OP」を検索してくださいませ。

7名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/23(金) 17:49:14.24ID:xe9XXORV
しねチョン

8名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/24(土) 00:36:31.78ID:wypW15BG
ああ新スレ立ってたのか

9ケルン2014/05/26(月) 16:27:50.02ID:zX6oJgQD
BL第2節(H)
vs ヘルタ
0-0

Kessler
Brecko,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Risse(84分 Peszko),Matuschyk(84分 Mudingayi),Halfar
Ujah(84分 Bigalke),Helmes

Schuhen,Maroh,Gerhardt,Exslager

ホーム開幕戦で日本人対決。
サイドからの攻撃を中心に試合を優位に進めるケルンだったが、最後の精度を欠き2試合連続無得点。
ただチャンスすら作らせない安定した守備は評価できる。
なおMOMは吉田が選ばれた。
次節はアウェイでのバイエルン戦。
王者相手に初得点、初勝利なるか。

10ケルン2014/05/26(月) 16:39:16.47ID:zX6oJgQD
BL第3節(A)
vs バイエルン
1-1

45分 Risse(Finne)

62分 Thiago(Rode)

Kessler
Brecko,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann(86分 Matuschyk)
Risse(69分 Bigalke),Mudingayi,Halfar
Finne(86分 Ujah),Helmes

Schuhen,Maroh,Gerhardt,Peszko

アウェイでの王者バイエルン戦。
前節負傷交代したUjahに代わり18歳のFinne、さらにMudingayiが初スタメン。
対するバイエルンもStarke,Pizarro,Thiago,Van Buytenが今季初出場。主力を温存してきた。
試合は序盤からバイエルンがボールを支配し、ケルンは耐える時間が続く。
しかし均衡を破ったのはケルンだった。
前半AT、カウンターからHelmesがFinneにスルーパスをだすと、裏に抜け出したFinneがGKとDF二人を引き付けてRisseにラストパス。無人のゴールに難なく決め、今季チーム初得点。
後半に入るとより攻勢にでるバイエルン。
62分。左サイドをかけ上がったRodeがDF二人に囲まれながらもクロスをあげるとこれがフリーのThiagoにドンピシャリ。落ち着いて決め同点に。
ホームで格下相手に負けられないバイエルンはMandzukic,Robben,Gotzeを投入し猛攻を仕掛けるも、なんとかケルンが耐え抜き、ドローに終わる。
貴重な勝ち点1を手にした。

11ケルン2014/05/26(月) 17:18:33.68ID:zX6oJgQD
Message body

BL第4節(H)
vs アウグスブルク
1-0

49分 Finne(Halfar)

Kessler
Brecko,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann(79分 Bigalke)
Risse(69分 Nagasawa),Mudingayi,Halfar
Finne(79分 Ujah),Helmes

Schuhen,Maroh,Matuschyk,Peszko

ホームにアウグスブルクを迎えての一戦。
前節アピールに成功したMudingayi,Finneが今節も先発出場。
前半は終始ケルンペースで進むも得点を奪えない。
後半開始早々、右サイドのRisseから中でFinneがパスを受ける。これを左サイドにフリーでいたHalfarに一旦出すとHalfarからの速いクロスに再びFinneがボレーで合わせて先制点を奪う。
その後はアウグスブルクのペースになるも、終盤の猛攻にも耐え抜き今季初勝利をあげた。


in
リバプール→ Samed Yesil レンタル
バイエルン→ Mitchell Weiser レンタル

所属チームでは出番に恵まれなさそうな有望株の二人をレンタルで獲得。

12名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/26(月) 21:33:49.72ID:96yg71Gd
ケルンでやるならポドルディ帰還させたいね
本人もいずれ戻る気満々だし

13名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/26(月) 22:25:40.23ID:pwYT5DP+
ヘルタ原口

14名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/28(水) 05:35:14.39ID:EKi7ShUx
     / れりごー    \
\       ありのままの〜  /
  \ __________/
   |                |
   |           ♪ありのままの〜>
< れりごー♪           |
   |      : (ノ'A`)>:     |
  / ̄ ̄ ̄ ̄: ( ヘヘ:: ̄ ̄ ̄ ̄\
/                   \
     \ ♪れりごー    /

15ラツィオ二年目四月2014/05/28(水) 11:08:52.11ID:kkSGYu5l
4月5日、セリエA第29節
vsウディネーゼ(A)
4ー3
得点者:チェルチ2、ディアマンティ、カクタ/ムリエル2、アラン
フリウリでの壮絶な撃ち合いとなった一戦
開始8分チェルチがファーへの狙いすましたミドルで先制をすれば
すかさず11分、相手DFの横パスをカットしたディアマンティはポジショニングがやや甘かったGKブルキッチの裏をかくループシュートで魅せる
勝負はこの時点で決したかに見えたが前半29分、コロンビア代表FWのルイス・ムリエルがドリブルで3人をかわし独力でゴールまで奪ってみせたのだ
しかし41分、ウディネ側のペナルティエリア内でケイタがウルトーにスライディングで倒されラツィオがPKを獲得
これをチェルチがしっかりと決め、再び2点差に突き放し後半へと折り返す
後半65分、ウディネのアランがブルーノ・フェルナンデスとのワンツーから抜け出し一点を返す
更に72分、バスタのアーリークロスにムリエルが反応し、今度はヘッドでラツィオゴールに叩き込み同点とする
その後しばらく膠着が続き、引き分けになるかと思えたゲームだったが、、、
88分、バイタルエリアでボールを受けたディアマンティがDF二人の間に精密なスルーパスを通し、それに抜け出した途中出場のカクタがブルキッチとの一対一を落ち着いて制す
そして勝ち越しに成功したラツィオがなんとか勝利を手にする
MOMは1ゴール2アシストのディアマンティ

試合後のインタビュー
監督き今日はハードなゲームだったね。しかし、こういった試合でも勝ち点を落とさなかったのは非常に重要なことだ」
とか言ってたとかなんとか

4月11日、セリエA第30節
vsパレルモ(A)
アウェイ2連戦目である
中2日でミランとの大一番が控えているのでムサッキオ、マルケッティ、チェルチ以外の主力を大幅に入れ替えることにした
16分、ミトログルに変わって先発のポスチガがヘッドでゴールネットを揺らす、、、しかしこれはオフサイドの判定で取り消しに
しかし、ゴールを予感させる立ち上がりとなった
しかし32分、オーバーラップをしてきたラドゥのミドルがバーを直撃
てしまう
他にもチャンスがいくつも生まれるが、得点には至らず前半をゴールレスで折り返す

後半頭の47分、今度はパレルモのバチノビッチが強烈なヘッドでゴールを襲うが、マルケッティがこれをなんとか弾く
パレルモのチャンスと言えばこの場面くらいで、他はほとんどラツィオの決定機ばかりであったが結局最後までスコアを動かすことはできなかった
メンバーを落としたとは言え格下相手に痛恨のドロー、、、
これにより勝ち点でミランに並ばれ、当該同士の対戦結果により2位へと陥落してしまうことになったのであった
MOMは中盤で何度もボール奪取を成功させ、相手の攻撃をことごとく潰していたレデスマ

試合後のインタビュー
レデスマ「痛いドローとなってしまったね…でも僕らはミラン戦で絶対に勝利してみせるよ!勝てばまた首位だ!」

ここにきて2位になってしまいましたが
次の直接対決、絶対勝ちに行きます

16ラツィオ二年目四月22014/05/29(木) 15:23:43.41ID:BNRzEU27
4月14日、セリエA第31節
vsミラン(H)
勝ち点で並ぶミランとの天王山
勝った方が優勝にぐっと近付くことが出来るだろう
逆に引き分けに終わってしまった場合は勝ち点3差で3位につけるユーベに一気に差を縮められるので、勝利以外許されない一戦だ
先発は前節ターンオーバーをしたことにより、主力に疲労がほとんど残っていない状態だ
逆にミランはムンタリやビルサ等が出場し、ベストメンバーとは言えない人選であった
しかしバロテッリは今回先発で出ているので注意したいところだ

最初に決定機を迎えたのは17分、ミランであった
モントリーボの浮き玉のパスに素早い動き出しで反応したエルシャーラウィがペナルティエリアまで侵入してくるが、シュートはカヴァンダがなんとかブロック
続く23分、LBのデ・シリオのクロスにバロテッリがヘッドで合わせるが、マルケッティがこれを上手く弾く
前半は完全にミランペースであったが41分、チェルチの直接FKが相手CBサパタに掠り
コースが変わりそのままゴール
ゲームの流れにそぐわない形でラツィオが先制することになり、ゲームは後半へ
後半頭、ミランはビルサに変えカカを投入する
こちらもディアマンティを下げてカクタを投入し、カウンター主体の戦術に変更をする
采配が功を奏したのか、前半では見られなかったカクタを中心としたカウンターアタックが後半は機能していた
62分、ハーフウェーライン付近でボールを受けたカクタがドリブルで二人を抜き、チェルチにラストパス
これにチェルチが反応し、シュートフェイントでメクセスをかわし左足でシュートをするが…ロシア代表GKイゴール・アキンフェエフがファインセーブ
ゴールにはならなかったが徐々に試合の主導権をラツィオが握るかに見えたシーンであった
しかし71分、劣勢に立たされていたミランがスコアを動かす
ムンタリからのロングフィードをバロテッリが落とし、ボールを受け取ったカカがミドルシュートを放つが、コースが甘くマルケッティが容易く防ぐ
だが、こぼれ球に反応した本田が角度のない位置からヘディングでゴールを決める
同点に追い付かれたラツィオはケイタに代えてポスチガを投入、2トップへと移行し勝ち越しを狙いに行く
84分、CKからミトログルがファーサイドで折り返し、アデルラン・サントスがヘディングで合わせるが、これはゴールマウスを僅かに外れる
ゲームはアディショナルタイムに入りこのままドローで決着するかと思われたが、91分
バロテッリが25メートル程の位置から直接FKを蹴る
鋭い弾道に名手マルケッティも反応することができず、シュートはゴール上隅に吸い込まれていった
ラツィオに反撃する気力は残っておらず、試合終了のホイッスルが鳴り響く
これによりミランには勝ち点3差をつけられ、同時刻に行われていた試合に勝利していたユベントスには勝ち点で並ばれ、3位にまで順位を落とすことになったのであった
MOMは先制点を記録し、後半はカクタと共にカウンターの起点となっていたチェルチ

試合後のインタビュー
監督「最後の最後で個の力に屈してしまった。だが、まだ7試合ある。優勝の可能性が無くなった訳ではない」
とか言ってたとかなんとか

単純に悔しいです(笑)
4月はまだフィオレンティーナ戦も残っているので全力で勝ちに行きます
あとチェルチすごい使いやすいです
シュートはカンドレーバより全然いいですね

17ラツィオ二年目四月32014/05/29(木) 16:38:05.93ID:BNRzEU27
4月18日、セリエA第32節
vsトリノ(A)
降格圏に沈むトリノとのアウェイゲーム
チェルチが古巣のホームスタジアムに帰還する一戦でもあった
28分、トリノお得意の高速カウンターから最後はメッジョリーニに決められ先制を許してしまう
前節の敗戦の影響か、いまいちゲームを支配できずにいたラツィオであったが、44分
カヴァンダのマイナスのクロスにチェルチが豪快なボレーでトリノゴールを揺らし、同点に追い付きいい流れのまま後半へと折り返す
67分、チェルチのCKからアデルラン・サントスがヘッドで合わせ逆転
更に75分、途中出場のポスチガもゴール前の混戦からシュートし、三点目を記録し突き放す
86分にインモービレに一点を返されてしまうがリードを守りきり三試合ぶりの勝利を飾る
MOMは古巣相手に1ゴール1アシストを記録したチェルチ

試合後のインタビュー
チェルチ「トリノには本当に感謝をしている。俺のキャリアはここで飛躍を遂げたんだ。トリノでの2年半は絶対に忘れはしないよ」
とか言ってたとかなんとか

4月25日、セリエA第33節
vsフィオレンティーナ(H)
相変わらず中位に沈むフィオレンティーナをホームに迎えての一戦
このゲームを引き分け以上で終えればELの出場権をひとまずは確定させることができるのであった
試合は14分にアクシデントが起こる
ペナルティエリアにドリブルで切れ込んだ、この日先発のベンジアがゴンサロ・ロドリゲスに倒されてしまい、PKを奪取する
ファールを冒したゴンサロ・ロドリゲスは一発レッド
更にベンジアも左足の捻挫を負ってしまいワンプレーで二人がピッチを去る一大事になってしまった
PKキッカーはディアマンティであったが、このPKをポストに当ててしまう
その後もラツィオは数的有利を活かし、ゲームを支配するが中々ゴールを奪えず前半をスコアレスで終える
後半に入り60分、左サイドで出場していたクアドラードをカヴァンダが足を引っかけて倒してしまい、こちらは2枚目のイエローカードで退場
人数が同じになったヴィオラはその直後、待ち構えていたかのようにラツィオゴールを強襲する
69分ボルハ・バレロの直接FKがバーに直撃
77分にはセットプレーからマリオ・ゴメスがバイシクルでシュートを放つが、これはマルケッティがファインセーブ
猛攻を耐えしのぐラツィオ、攻め立てるフィオレンティーナであったが83分、遂にスコアが動く
ジョルジーニョのアウト回転がかかった浮いたパスを、ケイタが絶妙なコントロールで収め、リフティングでトモビッチを手玉にとり、シュートを放とうとするが
サビッチが後ろからのタックルでそれを阻止する
しかし、シュートモーションに入っていたためファールとなり、ペナルティエリア手前からのFKのチャンスが訪れる
キッカーはPKを外してしまったディアマンティ
グラウンダーのボールを蹴り、壁の脇を抜けニアに流し込み勝利を手繰り寄せる
その後もフィオレンティーナの猛攻を耐え抜き、なんとか勝ち点3を手にすることに成功するラツィオであった
MOMはPKを外した責任を自らの一撃で払ったディアマンティ
試合後のインタビュー
監督「PKがあったり退場者が出たりと落ち着かないゲームであったが、なんとか勝利を飾ることができた。ディアマンティの左足は素晴らしいね。彼は左足一本で違いを作り出すクリエイターだ」
とか言ってたとかなんとか

長かった4月もこれで終わりです
首位から陥落してしまいましたが4位ローマとの勝ち点差が8なので、本来の目的であるCLの出場権は無事獲得出来そうです
ここ最近はチェルチとディアマンティの調子次第でゲームが左右される感じですね
あとミトログルが最近師匠化してるのが気になります
5月は17日(最終節)にユベントス戦があるので緊張しますね
ちなみにベンジアは今シーズンアウトです

現在の順位、3位
23勝6分け4敗、勝ち点75
33試合57得点28失点

18ラツィオ二年目五月2014/05/29(木) 17:00:35.70ID:BNRzEU27
5月3日、セリエA第34節
vsパルマ(A)
0ー2
得点者:パローロ、アクアー
この日はミトログルがひどかった
シュートがことごとく枠外やキーパー正面に行くという始末
34分、67分にカウンター喰らって敗戦ですよ、ええ
MOMはいねーよそんなもん、と言いたいが一応パス成功率高かったジョルジーニョで

試合後のインタビュー
監督「チームのパフォーマンスが全体的に低調だったね。とても優勝を目指しているクラブの選手達とは思えなかったよ」
とか言ってたとかなんとか

5月5日、セリエA第35節
vsキエーヴォ(H)
2ー1
得点者:ポスチガ、ケイタ/パロスキ
中一日とかFIGCふざけんな、な一戦
疲労がひどいので半分以上メンバーを入れ替えることにした
34分、チェルチのグラウンダーのクロスに滑り込みながらポスチガが合わせて先制
後半59分にはケイタが個人技でキエーヴォDFを3人抜き去り、キーパーの股を抜き加点
81分にCKからパロスキにヘッドで決められるが、危なげなく勝利
MOMは二点目を記録し、この日一番体がキレてたケイタ

試合後のインタビュー
ケイタ「チーム全体が疲労し、日程もキツい中で勝利に貢献できて嬉しいよ」
とか言ってたとかなんとか

残り3試合
敗戦は痛いですが35節でミランもデルビーに敗れていたので
ユーベには離されましたが首位との勝ち点3差はキープ出来てます


頼むからミトログル復調してくれ、、、

19ラツィオ二年目五月22014/05/29(木) 17:49:09.33ID:BNRzEU27
5月10日、セリエA第36節
vsカターニャ(A)
3ー3
得点者:ポスチガ、ムサッキオ、ミトログル/ローディ、ベルヘッシオ、レト
この試合でラツィオが負け、ミランが勝利すると優勝の芽が無くなってしまう一戦
まず11分、最近好調のポスチガがヘッドでゴール
続く27分、ムサッキオがCKからポスチガの折り返しに合わせ、ゴール
ラツィオペースで進むゲームであったが、前半終了間際45分
ローディの直接FKが炸裂、一点を返される
後半に入り、74分にはベルヘッシオの強烈なミドルが突き刺さり、82分にはレトがスルーパスに抜け出し、マルケッティとの一対一を冷静に制する
終盤に逆転され、諦めかけていたラツィオの選手達であったが、89分
ペペのアーリークロスに途中出場のミトログルが8試合ぶりとなるゴールを決めてなんとか同点に追い付く
試合は終了し、他の結果を見るとミラン、ユベントスの両チームがんとそ揃って敗戦、、、
互助会でも発動したのか、なんとか首の皮一枚繋がった形となったのであった
MOMはポスチガ

試合後のインタビュー
ミトログル「FWにとってゴールは本当に大切なものだ。一度ゴールが奪えない時期が続くと、そのままシーズンずっとっていうFWもいるんだ。僕はなんとかそれを乗り越えることができたんだ。チームメイトのサポートに感謝だよ」
とか言ってたとかなんとか

5月12日、セリエA第37節
vsカリアリ(H)
アルバロ・ゴンサレスとの再開を祝すとか非常にどうでもいい
とにかく勝たないと行けない試合だ
しかし36分、ネネーに先制ゴールを記録されてしまう
中一日で最悪なコンディションであったため、選手全体の動きが重い、、、
そんな中、アルバロ・ゴンサレスが2枚目のイエローカードで退場になった(笑)
おかげで数的有利になるがそれでもゴールが遠い
チェルチのミドルもミトログルのヘッドも中々得点にはならなかった
前節と同じく諦めムードが漂う中、85分
ここ最近は完全にボランチの3番手が定着していたビリアがロングシュートを放ち、遂にスコアをタイにする
しかし、逆転は出来ずゲームは終了してしまう
だがユーベは連敗し、ミランは引き分け…なんともカオスな終盤戦である
MOMは同点弾を挙げたビリア

試合後のインタビュー
ビリア「今日のゴールでチームを助けることができた。僕は現状控えだけど、こうやって実力を示していけば、スタメンに返り咲くことができるって信じながらトレーニングに励んでいるんだ」
とか言ってたとかなんとか


残すは1試合
ミランは勝ち点2差
最終節のミランの相手は19位で降格が決まったスペツィアなのでほぼ確実に勝利するだろう
なので、恐らく優勝はできない
しかしユーベとは勝ち点1差、最終節では直接対決
勝利して2位には滑り込みたいです

20名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/29(木) 18:23:22.16ID:BNRzEU27
訂正

×両チームがんとそ揃って敗戦
○両チームがなんと揃って敗戦
です

21名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/29(木) 18:55:24.12ID:Vj09y6iU
リーガみたい

22ラツィオ二年目五月32014/05/31(土) 06:41:48.36ID:sB/y0VrQ
5月17日、セリエA第38節
vsユベントス(A)

長かった14ー15シーズンもこの試合で幕を閉じることになった
まさかラツィオが最終節まで優勝争いに加わることは恐らく誰も思わなかったことであろう

試合前の記者会見
監督「我々は今シーズンの最初にCLの出場権を獲得するのが目標と答えた。それがどうだ、3節を残して出場権を確保し、最終節まで優勝争いをもつれこます事に成功したのだ。
…恐らく優勝は出来ないだろう。だが、この試合でユベントス相手に我々の今シーズンの集大成をぶつけたい」
とか言ってたとかなんとか

意気込んだはいいが、試合の二日前に悲報が届く
ミトログルがトレーニング中に負傷をしてしまう、、、
骨折で全治6週間という怪我を負い、もちろんこの試合にはまず間に合わなかった
なのでSTの先発は、最近好調ではあるが大一番にスタメンにするには少し心許ないポスチガが務めることとなってしまった

スターティングメンバは以下の通り
GK マルケッティ
RB カヴァンダ
RCB ムサッキオ
LCB アデルラン・サントス
LB ラドゥ
RDM レデスマ
LDM ジョルジーニョ
RAM チェルチ
CAM ディアマンティ
LAM ケイタ
ST ポスチガ
フォーメーションは当然4231

ユベントスのスタメンはこんな感じ
GK ブッフォン
RCBカセレス
CB ボヌッチ
LCB キエッリーニ
RM ベラルディ
RCM ビダル
CM マルキージオ
LCM ポグバ
LM アサモア
RS テベス
LS ジョレンテ
フォーメーションはコンテ自慢の352
と、こちらもベラルディをサイドハーフ起用と一切容赦なしの人選
満員のユベントス・スタジアムの中、キックオフの笛が鳴り響く

23ラツィオ二年目五月42014/05/31(土) 16:57:37.93ID:sB/y0VrQ
開始4分、ディアマンティの直接FKがポストを叩き、9分にはケイタのシュートが止められてしまうが際どいコースをつくなど
立ち上がりはラツィオがアウェイながら主導権を握っていた
しかし、ユーベのDF陣も相当気合いが入っているのかチャンスを悉く潰しにかかる
だが、それでもスコアを動かしたのはラツィオであった
22分、ジョルジーニョのスルーパスにオフサイドラインぎりぎりでポスチガが抜け出し、速いグラウンダーのシュートをゴールに流し込む
先制することに成功したラツィオはその後も攻め立てる
ディアマンティを中心としたポゼッションサッカーも効果的に機能し、 前半は完全にラツィオペースで折り返すことになった
後半になると、ユベントスはこの日精彩を欠いていたジョレンテに代えて、ヴチニッチを投入
すると、前半はほとんど決定的なチャンスがなかったユーベの攻撃が、このベテランストライカーの巧みなポストプレーや絶妙な動き出しによって、円滑に機能し始めることとなる
52分、マルキージオの楔のパスをヴチニッチがダイレクトで逸らし、ペナルティエリア内に走り込んでいたビダルにパスを通す
マルケッティの好判断でシュートを撃たれる前にボールをキャッチできたが、これ以外にも際どいチャンスを何度も演出され、対応に手を焼くラツィオのDF陣であった
追い付かれるのも時間の問題かと思われる展開であったが、67分
アサモアを振り切り、右サイドをドリブルで独走するチェルチが
クロスに行くと見せかけて中に切れ込み、ペナルティエリアまでカットインし、強烈な左足のシュートをファーのトップコーナーへ突き刺す
ブッフォンもこれには反応できず、押せ押せムードだったユーベサポを黙らすには充分過ぎるほどの一撃であった

追加点が入ったことにより、勝利に近付いたラツィオは
ケイタに代えてペペ、チェルチをCFに移し、ディアマンティに代えてサイドバックが本職のペレイリーニャをRMに据え、陣形も中盤がフラットな442に変えて守備固めを謀るのであった
CLのストレートインを確保するには最低でも引き分けにまで持っていかなければならないユベントスも、疲労が目立つベラルディに代えてベルギー代表の新鋭、ザカリア・バッカリを投入するなど、攻勢を強めようとしてくる
猛攻を耐え抜きたいラツィオも守備意識を最大まで高め、プレスもあまりかけに行かずに自陣に引きこもるよう監督も指示を出す
しかし、84分
ラドゥを巧みなフェイントで抜いたバッカリが、アーリー気味にクロスを上げる
ピンポイントのクロスはテベスに届き、完璧なタイミングでヘッドでゴールを決められてしまう、、、
一点を返されてしまったラツィオ、しかし残り時間は10分も残っていないのでこのまま守り抜こうとする
追い付きたいユベントスもCKにブッフォンが上がってくるなど、最後まで諦めずに攻撃を続ける
ゲームはアディショナルタイムに入り、93分(くらい)
ポグバに対し後ろからのスライディングで、ファールを冒してしまうビリア
しかし、こぼれ球をテベスがかっさらって行くことによりアドバンテージとなってしまい、ゲームはそのまま進行していく
ドリブルでペナルティボックスに侵入を試みるテベスに対し、ファールの時に足を止めてしまったムサッキオの反応が少し遅れ、テベスの侵入を許してしまう
それでもマルケッティは素早い飛び出しで、テベスにシュートを撃たれる前にブロックをしようと試みるが、テベスはドリブルをしながらの細かいダブルタッチで右足に持ちかえマルケッティの脇を抜くシュートを放つ
遅いシュートであったが、ゴールマウスには誰もおらず、必死にクリアをしようと奔走するアデルラン・サントスの頑張りも虚しくボールはゴールに吸い込まれていくのであった
試合はその後のラツィオのキックオフとほぼ同時に終了のホイッスルが吹かれ、2ー2のドローに終わるのであった
結果、CLのストレートインはユーベに決定し、優勝は同時刻にスペツィアに勝利を挙げていたミランのものとなり、ラツィオは3位でフィニッシュとなったのであった
MOMはゴラッソを決めたチェルチ

試合後のインタビュー
監督「…確かに悔しい。掴みかけた勝利が、ものの10分で手からこぼれ落ちたのだからね。だが、ラツィオの選手達には胸を張ってもらいたい。素晴らしいシーズンを過ごせたということを!」
とか言ってたとかなんとか

14ー15シーズンはこれで終わりです
次は今シーズンの総括、際立った活躍をした選手、来シーズンの展望について書きたいと思います

最終順位、3位(CL予選プレーオフ出場権獲得)
24勝9分け5敗、勝ち点81
65得点(リーグ5位タイ)37失点(リーグ6位)得失点差+28(リーグ6位)

24ラツィオ二年目2014/05/31(土) 17:28:59.41ID:sB/y0VrQ
セリエA、最終順位表
※()内は勝ち点
1位ミラン(85)
2位ユベントス(82)
3位ラツィオ(81)
4位ローマ(74)
5位インテル(74)
6位ナポリ(73)
7位カターニャ(57)
8位フィオレンティーナ(51)
9位アタランタ(49)
10位ジェノア(49)
11位サンプドリア(48)
12位パレルモ(46)
13位ウディネーゼ(42)
14位カリアリ(42)
15位パルマ(41)
16位キエーヴォ(39)
17位ブレッシャ(33)
18位トリノ(32)
19位スペツィア(26)
20位リヴォルノ(18)

EL出場権は妥当な3クラブが行くことに
フィオレンティーナは最後の最後まで浮上することができませんでしたね
リアルでは降格したカターニャが7位と望外な成績です
トリノはまさかの降格
ちなみに昇格はボローニャ、ヴェローナ、テルナーナ
テルナーナは誰が居るのか全くわかりませんw

得点ランキング
21ゴール:イグアイン
20ゴール:テベス
19ゴール:ドゥンビア(ローマ)
18ゴール:ハムシク
17ゴール:ミトログル、長友
15ゴール:リヴァヤ
14ゴール:本田、バロテッリ、ジェルビーニョ、アサモア
13ゴール:ジョレンテ、チェルチ、エルシャーラウィ
という感じです
長友がミトログルと一緒、、、

コパ・ナチオナーレはユベントスがローマに1ー0で競り勝ち優勝
CLはバルサ、ELはリヨンが優勝
ちなみにバルサは国内リーグは7位とギャグみたいな順位に居ながらCL優勝とかドラマチックすぎる結果です
他にもスポルティング・リスボンやマルセイユがリーグ優勝をしてるなど、面白い顔ぶれがチャンピオンになってたりします

25名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/31(土) 17:36:32.31ID:qkgVsleW
よし、I'mmobileとろう

26名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/31(土) 17:42:02.44ID:3RuSzYJb
長友どうしたw

27ラツィオ二年目2014/05/31(土) 18:30:00.45ID:sB/y0VrQ
際立った活躍をした選手

コンスタンティノス・ミトログル(35試合17得点5アシスト)
前半戦を首位で折り返せたのは間違いなく彼のおかげである
一度ツボにはまれば爆発的な得点力でゴールを量産する姿は圧巻であった
1つミソをつけるとすれば、後半戦の(17試合4得点)沈黙であろう
だが、それを差し引いても素晴らしい活躍であったと言える

アレッシオ・チェルチ(16試合8得点5アシスト※トリノでは19試合5得点1アシスト)
ミトログルが前半戦のMVPとすれば彼は後半戦のMVPであろう
オフェンスのみに絞れば前任のカンドレーバより貢献度は上だったのは確か

アレッサンドロ・ディアマンティ(15試合3得点5アシスト)
高齢のためか、試合によっては消えてる時間が多く、なにもできないままベンチに下げられることもあったが
左足一本で戦局を大きく変える程のファンタジーアを随所に披露してくれた

ガエル・カクタ(24試合2得点2アシスト)
同じトップ下のポジションを争うディアマンティが「静」ならこちらは「動」
直接点に絡むことはあまりできないが、豊富な運動量と快速ドリブルで彼の古巣、チェルシーに所属するラミレスを彷彿とさせる動きを見せてくれた

ジョルジーニョ(32試合5得点3アシスト)
もしかしたら一番の当たり補強とも言えるかもしれない
守備に、攻撃にとあらゆる局面で水準以上の働きを見せ、ボランチの一番手としてシーズンを通して活躍してくれたのだ

ルイス・ペドロ・カヴァンダ(26試合3得点3アシスト)
前半戦は契約問題で揺れ、波乱を巻き起こしたが
ピッチの上では強靭なフィジカルを活かし、一対一では無類の強さを誇った
攻撃でも効果的なオーバーラップや正確なクロスを用いてチャンスに多く絡んでいた

マテオ・ムサッキオ(28試合2ゴール0アシスト)
ラツィオの守備が安定したのは彼のおかげと言っても過言ではなかった
とりわけ怪我をするまでの序盤戦の働きは素晴らしいものであった
終盤戦、アデルラン・サントスと共に少しパフォーマンスを落としたのが少し気になったが、それでも最後の砦としての役割を充分に果たしていた

フェデリコ・マルケッティ(37試合35失点)
32歳と、GKの中でもベテランの域に達しつつあるが
反応はいささかも衰えず、第2GKであるベリシャの突き上げにも動じることなく、シーズンを通してファーストGKとゴールマウスを守り抜いた

際立った活躍をした選手はこんなところです
他にもシモーネ・ペペ(29試合2得点6アシスト)や
エウデル・ポスチガ(19試合6得点2アシスト)など、ベテラン勢が中々頑張ってくれたシーズンでした

28ラツィオ二年目2014/05/31(土) 19:10:29.86ID:sB/y0VrQ
>>25
欲っしいぃぃ…けど捕れませんでした!
>>26
アサモアといい長友といい場違いな選手が紛れてるシーズンでした(笑)

今シーズンの総括
補強も大成功し、シーズンの最初から最後まで優勝争いに絡めて非常に楽しいシーズンでした
特に補強の目玉であるミトログル、ジョルジーニョ、ムサッキオの3人が期待以上の働きを披露してくれたのが嬉しいです
カンドレーバの売却は完全な誤算でしたが、その代わりにチェルチとディアマンティを獲得できたのは戦力的収支としても完全にプラスでした
失敗と言えばコネくらいだったかな、、、
ただ、1つ不安な要素は後半戦に失点が増えた点ですね
なんでかわからないけど(笑)

来シーズンの展望
CLがあるので当然補強はします
選手層に厚みが必要となるので
・ミトログルと遜色のないレベルのSTを一人(希望はインモービレかザザ)
・LMのレギュラーが現状ケイタもしくはペペと、ヨーロッパの舞台で戦うには心許ないので、ファーストチョイスに成りうる選手を一人(出来れば25歳以下が好ましい)
・ディアマンティのOVRが72と、相当劣化が目立ってきているのでトップ下のレギュラーを一人(南米辺りで探してみます)
・CB、ボランチの控えを一人づつ
ぐらいは補充したいですね

CLは出来ればベスト16くらいは行けたらいいですねそんなか感じで次から15ー16シーズン書いていきます

29名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/01(日) 14:09:47.48ID:UZ7VduTI
この人の書き方は本当面白いなw

30名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/01(日) 14:42:39.05ID:jt1fWY7g
俺も好きだわ

31名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/01(日) 14:43:33.74ID:NDV8tm9Y
他の人が書きづらいなwww

32名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/01(日) 14:55:25.10ID:jt1fWY7g
いや、他の人も大歓迎ですよ!

33ラツィオ15ー16シーズン移籍市場(夏)2014/06/02(月) 19:37:42.31ID:+WdchaDB
いつにも増して熱い夏になりそうな移籍市場の時期がやってきました
コパ・アメリカはアルゼンチンがPK戦の末、ブラジルを破り優勝を決めてました

そして暦は7月に入り、移籍市場の扉が開かれました
今シーズンの補強費は1300万ユーロ
CLに出場するというのにこの金額とは、相変わらずケチなロティートである
その上国内リーグ、カップの二冠に加えCLもベスト4に入れだの去年よりもミッションインポッシブルに磨きがかかっていやがる
なので最初からこの目標には応えるつもりなどない
個人的なシーズン目標は
理想はCL出場権の確保、CLは決勝トーナメント進出だが
現実的にクラブの規模、選手層を見るにCL出場権ではなくEL出場権でも御の字であろう
13ー14シーズンのように欧州カップ戦に力を入れすぎて、国内リーグの成績が散々に終わってしまうのだけは御免だ
兎にも角にもスリリングなシーズンになりそうなのは間違いない

まずは放出を書いていきたいと思います

34ラツィオ15ー16シーズン移籍市場(夏)2014/06/02(月) 20:14:49.55ID:+WdchaDB
7月15日
アデルラン・サントス→パリ・サンジェルマン(2000万ユーロ)
FFP糞食らえな金満クラブ、PSGから最初に1350万ユーロで7月5日にオファーがまず届く
この時点で既に破格だったが、もう少し引っ張れないかとカウンターオファーを出し続けていたら2000万にまで吊り上げる事に成功
1年前にフリートランスファーで獲得した選手だったので、これはボロい商売でした
ムサッキオと共に昨シーズンの堅守を支えてきた立役者なだけに少し名残惜しいが、ここまでのオファーを提示されれば意志が揺らいでしまうよね、ごめんね
それにしてもPSGはブラジル人CB好きだな、、、

7月20日
パナギオティス・コネ→アーセナル(500万ユーロ)
まず真っ先に移籍リストに名を連ねた彼なので全く名残惜しくありませんね、ええ
寧ろ500万も出してくれたガナーズに少し申し訳ねえ気分なんだぜ

8月8日
ミロシュ・アンティッチ→レアル・マドリー(440万ユーロ)
セルビア国籍の有望株で、母国ではスタンコビッチ2世なんて期待をされてる彼を、全く売るつもりなんてなかったんだが、、、
オファーが届いたのがマドリーという時点で、三十路に突入したモドリッチの後釜として獲得、という脳内補完が出来てしまったので敢えなく売却
日程がキツくなる今シーズンは昨シーズン(4試合)より出番に恵まれそうな気がしたので、密かに期待してたんですけどまあ仕方ない、マドリーだし

売却はこんなところです
昨シーズンより刷新を図らなかったのは、成功したチームを解体するような真似をしたくなかったからです
継続路線を踏襲するのが一番ベターかな、と

次は獲得書いていきます

35名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/02(月) 22:01:37.37ID:iUSsin13
LMは安いからついついいつもアフェライかテージョ獲っちゃうわ

36ラツィオ15ー16シーズン移籍市場(夏)2014/06/03(火) 04:22:18.60ID:m2oPGPrQ
7月18日
イサアク・クエンカ←バルセロナ(450万ユーロ)
リアルでは怪我などもあって中々開化できないでいる彼を安価で獲得
足元は巧いがフィジカルは紙なのでセリエで適応できるか不安だが、クロス精度が高く両翼に対応できるのでペペに取って変わるファーストチョイスに成れるか期待をしたいところだ

7月25日
フェルナンド・ティッソーネ←マラガ(200万ユーロ)
セリエAでプレイ経験もあるインコントリスタだ
現状ボランチの3〜5番手なので多くは望まないが、豊富な経験と運動量をチームに還元してほしいところだ

7月30日
ファクンド・ロンカグリア←フィオレンティーナ(350万ユーロ)
アデルラン・サントスが移籍してしまったので、急遽後釜として獲得
アストーリとどっちを取るか悩んが、RBにも対応する利便性を買い、こちらに決めました

8月5日
ジオバンニ・シメオネ←リーベル・プレート(110万ユーロ)
名前の通り、あのディエゴ・シメオネのご子息である
ポジションはSTだが、ラツィオにとっても馴染み深いチョロのDNAに期待せざるを得ない
将来性を見込んでの獲得なので、レンタルでの修行が既定路線かと

8月11日
マヌエル・ランシーニ←リーベル・プレート(1300万 ユーロ)
今夏の補強の目玉その1
(筆者のキャリア内での)コパ・アメリカでその名を世界中に轟かせたアルゼンチンの至宝である
リアルでもリーベルのリーグ優勝に貢献するなど、既に才能豊かなプレーを披露している彼をトップ下のレギュラーとして獲得したのだ
実力が未知数なところもあるので、かつてのサラテや フェリペ・アンデルソンの二の舞にならないよう、慎重に起用していくつもりだ

8月25日
パブロ・ダニエル・オスバルド←サウサンプトン(600万 ユーロ+エウデル・ポスチガの譲渡)
補強の目玉その2
本来はインモービレやザザなど、若いイタリア人ストライカーを希望していたのだが、インモービレは高いし、 ザザは金満カリアリが交渉中に横取りしやがった
他にもガッビアディーニや、パロスキ等をリストアップしたのだが、どれもしっくり来ないので
「いっそのことこのままポスチガでもいいんじゃない か?」と、思い始めてきた矢先にサウサンプトンからポスチガへオファーが届く あ、じゃあオスバとトレードすればいいやん、と思いトレード交渉し契約に至ったのである
万能型のストライカーなので色
そ うです

以上が獲得した選手達です
そして今書いてて初めて気付いたんですけど アルゼンチン人多いなw

37名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/03(火) 04:28:15.27ID:m2oPGPrQ
うわ、寝惚けながら書いてたからなんかミスってる
オスバルドの説明の最後の行は
万能型のストライカーなので色々な使い方が出来そうです

でした
スレ汚しごめんなさい

38名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/03(火) 07:03:49.76ID:r58CqFN/
クエンカ良いよね
スタミナ無さ過ぎだけど

39ケルン2014/06/03(火) 11:24:58.37ID:BlyYk/W0
書き溜めすぎたので簡潔に書いてきます

BL第5節(A)
vs バターボルン
1-0

29分 Lehmann(Hector)

Kessler
Brecko,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Risse(87分 Weiser),Mudingayi(87分 Matuschyk),Halfar
Finne(73分 Exslager),Ujah

Schuhen,Maroh,Peszko,Helmes

昇格組同士の一戦はキャプテンLehmannのゴールでケルンの勝利。
開幕から4試合ノーゴールのエースHelmesをスタメンから外した。シュート数を13vs1と圧倒したが得点力不足が課題である。


BL第6節(H)
vs ドルトムント
1-2

45分 Helmes(Finne)

45分 Reus(Durm)
63分Bender

Horn
Brecko,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Weiser(88分 Risse),Mudingayi(88分 Bigalke),Halfar
Finne(88分 Ujah),Helmes

Kessler,Maroh,Matuschyk,Peszko

この日怪我から復帰したHornがビッグセーブを連発。そして前節出番なしのHelmesが悔しさを晴らす今季初ゴールで先制に成功する。
しかし相手はドルトムント。
Reusの個人技から同点に追いつかれると、63分。ユナイテッドから新加入のHernandezとBlaszczykowskiのシュートを立て続けにHornが防ぐもこぼれたボールがフリーのBenderの元へ。
これを冷静に無人のゴールに押し込んだ。
その後もドルトムントが試合を支配しタイムアップ。
試合には完敗も、若き守護神Hornの復帰後即大活躍とエースHelmesの初ゴールなど今後に期待も抱かせる一戦となった。

40ケルン2014/06/03(火) 11:31:34.99ID:BlyYk/W0
BL第7節(A)
vs ブレーメン
2-1

42分 Helmes(Finne)
83分 Helmes(Halfar)

66分 Caldirola(Lee Dong Gook)

Horn
Brecko,Yoshida,Wimmer,Hector
Matuschyk(79分 Yesil)
Risse(79分 Nagasawa),Lehmann,Halfar
Finne(70分 Ujah),Helmes

Kessler,Maroh,Mudingayi,Bigalke

前節初ゴールを挙げたエースが2得点。競り勝った。

BL第8節(H)
vs ハンブルガーSV
2-0

7分 Wimmer(Lehmann)
61分 Helmes(Finne)

Horn
Brecko,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Risse(77分 Weiser),Gerhardt,Halfar
Finne(73分 Ujah),Helmes(77分 Yesil)

Kessler,Maroh,Matuschyk,Mudingayi

CKからWimmerが頭で合わせて先制。
その後もゲームを支配したケルンは61分。右サイドにいたFinneのクロスにHelmesが合わせて追加点。Helmesはこれで3戦連発と完全に調子は上向きに。
ハンブルガーをまったく寄せ付けず2連勝とした。
Horn,Wimmer,Gerhardt,Finneなど若い選手が躍動し、スタメン争いが激化している。

BL第9節(A)
vs フランクフルト
1-0

11分 Helmes(Lehmann)

Horn
Brecko,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Risse(77分 Chihi),,Mudingayi(77分 Matuschyk),Halfar
Finne(77分 Ujah),Helmes

Kessler,Maroh,Gerhardt,Bigalke

フランクフルトがチャンスを作るシーンが多かったが先制したのはケルン。Lehmannからのスルーパスに抜け出したHelmesが左足を一閃。
エースの4戦連発で先制する。
その後はお互いチャンスを作るも決めきれず、逃げ切ったケルンが3連勝。
順位も5位まで浮上した。

41名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/03(火) 11:33:59.22ID:AbcY6EAo
大迫と長澤はいるの?

42名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/03(火) 11:34:29.21ID:r58CqFN/
どうかポルディを取り戻してやって下さい

43ケルン2014/06/03(火) 12:55:35.08ID:BlyYk/W0
>>41,>>42
長澤君はいますよ。OVR低いし顔写真もないしでなかなか出番与えられなそうですがw
大迫とポドルスキはお金がたまれば獲ります!

BL第10節(H)
vs フライブルク
0-2

45分 Mehmedi(Hedenstad)
59分 Mehmedi(Darida)

Horn
Brecko,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Risse(85分 Weiser),Mudingayi(85分 Yesil),Halfar
Finne(74分 Ujah),Helmes

Kessler,Maroh,Matuschyk,Peszko

スイス代表FWに2失点。完敗。

BL第11節(A)
vs シュツットガルト
1-3

40分 Helmes(Mudingayi)

10分 Didavi(Cacau)
15分 Didavi(Cacau)
22分 Cacau(Rausch)

Horn
Brecko(69分 Maroh),Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Risse(90分 Bigalke),Mudingayi,Halfar
Ujah,Helmes(90分 Finne)

Kessler,Matuschyk,Gerhardt,Yesil

前半で3失点。自慢の守備が崩された。

BL第12節(A)
vs ボルシアMG
2-1

9分 Finne(Yesil)
36分 Maroh(Halfar)

88分 Kruse(Raffael)

Horn
Brecko,Yoshida,Maroh(66分 Nascimento), Szarka
Lehmann(57分 Matuschyk)
Weiser,Gerhardt,Halfar
Finne(57分 Bigalke),Yesil

Kessler,Mudingayi,Ujah,Helmes

Finneの今季2点目とMarohの今季初ゴールで2得点。なんとか逃げ切って3連敗は免れる。

44ラツィオ15ー16シーズン7月〜8月2014/06/03(火) 14:20:27.44ID:m2oPGPrQ
7月31日
プレシーズンマッチ一戦目
vsリヨン(A)
1ー1
得点者:チェルチ/ゴミス
フランスに乗り込んでのプレシーズンマッチ
お互い新戦力、若手を多く起用し親善試合らしい和やかな雰囲気で前半をスコアレスで折り返す
後半から出場したチェルチがゴールを決めると、その直後にゴミスもゴールを決める
スコアはそのまま動かずドロー
この日はクエンカ、ロンカグリアが御披露目となった

8月4日、プレシーズンマッチ2戦目
vsレアル・ソシエダ(H)
3ー0
得点者:ケイタ、ティッソーネ、エレズ
ソシエダをオリンピコに迎え入れての一戦
チーム力では拮抗した相手だったが、試合は完全に圧倒していた
前半にケイタと、この日が初出場のティッソーネがゴールを決める
後半には若手CBのエレズがセットプレーからヘッドを叩き込み、快勝でゲームを終える
クエンカも1アシストと上々の仕上がりであった


…えーと、今期は何故かプレシーズンマッチが2戦しか無かったのですが何ででしょうか
CLプレーオフがあるからなのかな、、、

ちなみにプレーオフの相手はスウェーデンの名門、マルメFFです
昨シーズンELでベスト8まで躍進していた相手ですので油断は出来ませんね

45ケルン2014/06/03(火) 18:46:39.46ID:BlyYk/W0
一試合抜けてました。

ボカル2回戦(H)
vs インゴルシュタット
2-1

67分 Chihi(Ujah)
87分 Ujah(Mudingayi)

45分 Romeron

Horn
Brecko(74分 Mudingayi),Nascimento,Maroh,Hector
Matuschyk
Chihi(79分 Nagasawa),Gerhardt,Bigalke
Ujah,Exslager(74分 Yesil)

Kessler,McKenna,Weiser,Finne

今季初出場のChihiが結果を残す。2部のチームに苦戦するもなんとか2回戦を突破。

BL第13節(H)
vs ヴォルフスブルク
2-1

60分 Mudingayi(Nagasawa)
78分 Nagasawa

6分 Felipe

Horn
Risse,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann(89分 Matuschyk)
Nagasawa(78分 Chihi),Mudingayi,Peszko
Finne(70分 Ujah),Helmes

Kessler,Maroh,Bigalke,Exslager

Nagasawaが結果を残す。まずは浮き玉のスルーパスでMudingayiのゴールをアシスト。そして78分、右サイドから中央にドリブルしていくとPAの外から左足で強烈なミドルシュート。これがゴール右隅に突き刺さるスーパーゴール。
1G1Aで見事に期待に応えて見せた。

BL第14節(A)
vs レバークーゼン
3-0

35分 Helmes(Finne)
47分 Finne(Risse)
90分 Ujah(Yesil)

Horn
Risse,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Nagasawa(70分 Yesil),Mudingayi(86分 Gerhardt),Halfar
Finne(67分 Ujah),Helmes

Kessler,Maroh,Brecko,Matuschyk

レバークーゼン相手に完勝。
1試合消化が多いとはいえ、現在4位と好調をキープしている。

46ケルン2014/06/03(火) 19:02:29.68ID:BlyYk/W0
BL第15節(H)
vs マインツ
1-1

90分 Helmes(Ujah)

45分 Muller(Okazaki)

Horn
Risse,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Yesil(63分 Nagasawa),Gerhardt(79分 Mudingayi),Halfar
Finne(65分 Ujah),Helmes

Kessler,Maroh,Brecko,Matuschyk

土壇場でなんとかドローに持ち込んだ。
負傷交代したFinneは1ヶ月の離脱。これは痛い。


BL第16節(A)
vs ハノーファー
2-0

36分 Mudingayi
79分 Helmes(Risse)

Horn
Risse,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Nagasawa(67分 Brecko),Mudingayi(75分 退場),Halfar(79分 Matuschyk)
Ujah(62分 Bigalke),Helmes

Kessler,Maroh,Gerhardt,Yesil

退場者を出しながら快勝。


BL第17節(H)
vs シャルケ
2-1

5分 Halfar
45分 Halfar

83分 Huntelaar(Draxler)

Horn
Risse,Yoshida,Wimmer,Hector(83分 Maroh)
Lehmann
Nagasawa(78分 Weiser),Gerhardt,Halfar
Yesil(78分 Bigalke),Helmes

Kessler,Brecko,Matuschyk,Ujah

2試合消化が少ないながらも2位に位置するシャルケ。
後半戦に向けて負けられない上位対決。
今季ゴールのなかったHalfarが前半に2得点。シャルケの猛攻を終盤の1点だけにしのぎ、上位対決を制した。

47ラツィオ15ー16シーズン8月2014/06/03(火) 20:09:11.01ID:m2oPGPrQ
8月19日、CLプレーオフ1st leg
vsマルメFF(A)
敵地でのプレーオフ一戦目
一週間程前にマルケッティがトレーニング中に膝を打撲し、出場は出来るがコンディションが不安な状態だったので、第2GKのベリシャが先発に名を連ねることに
ロンカグリアとクエンカはこれが公式戦デビューとなる

試合は前半34分ラドゥのクロスにミトログルがヘッドで合わせ、先制
しかし44分、ヨンソンのジャンピングボレーがベリシャの手を弾きゴールイン
後半勝ち越しを狙うラツィオであったが、マルメの堅い守備組織を中々崩せず、一戦目をドローで終えてしまう
MOMは先制ゴールのミトログル

試合後のインタビュー
監督「我々の攻撃を相手はうまく防いでいたね。…クエンカ?彼はクリエイティビティーな選手だ。
今日も随所でチャンスを演出していた。馴染むのも時間の問題だ」
とか言ってたとかなんとか

8月26日、CLプレーオフ2nd leg
vsマルメFF(H)
ホームに戻っての2戦目
熱狂的なラツィアーレの後押しもあり、アウェイでの一戦目より選手達の動きが格段にいい
16分、ディアマンティのFKのこぼれ球をジョルジーニョが押し込むが、これはオフサイドの判定で無効に
36分にはチェルチのミドルがポストを直撃するなど、ゴールの予感が前半からひしひしと感じられた
その予感通り、ゲームは43分に動く
スローインを受け取ったクエンカが素早い反転でDFを抜き、グラウンダーのクロスをミトログルに送る
クロスはミトログルの足にピタリと収まり、ミトログルが冷静にキーパーの逆にボールを流し込む
ゲームは後半に入り65分、ポジションチェンジにより後半頭から右サイドにコンバートされていたクエンカがアウト回転がかかったパスをニアに転がす
ダイアゴナルな動きで前線へ飛び出したジョルジーニョがこれを受け取り、シュートを放ち、DFの股とキーパーのニアを同時に射抜くゴラッソき決めてみせた
これで決着がほぼついたと判断した監督は、80分に新戦力のランシーニを投入してデビューさせるなど、余裕の采配
91分にCKから一点を返されてしまうが
危なげなく勝利を手にし、見事CL本戦出場を果たす
MOMは2アシストのクエンカ

試合後のインタビュー
クエンカ「このスタジアムの雰囲気は最高だね!熱狂的なサポーター達が僕らの後押しをしてくれる!今日はその後押しに応えられて嬉しいよ!」
とか言ってたとかなんとか

無事、予選突破することができました
新戦力については、クエンカは足はあまり早くないですけど、足元の上手さが光りますね
あとクロスも正確で色んな球種で蹴れますね
ロンカグリアも上背は無いですが、CBにしては機動力がありチェックも早いですね
ランシーニについてはリーグ戦で試していくつもりです

セリエAは8月の30日から開幕します
開幕戦の相手は去年と全く一緒のナポリ、またかよw

48名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/04(水) 17:42:02.67ID:EczkJl4z
・時間不足気味のゲーム生活がRMT OPで変わるのね。
RMT OPはゲームの生活を変わる!もっとやすいゲーム生活を楽しみ!
FIFA14(ULTIMATE TEAM )コイン不足場合は RMT OPへ !


「FIFA14 RMT OP」を検索してくださいませ。

49名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/05(木) 05:46:57.70ID:p727tH0F
テスト

50ラツィオ15ー16シーズン8月〜9月2014/06/05(木) 12:52:21.15ID:knEjXcJe
8月30日、セリエA第1節
vsナポリ(H)
プレーオフから三日後のため、スタメンを少し入れ替えての開幕戦となる
まずは16分、カクタがドリブルで左サイドから中に切れ込み、シュート
しかしこれはナポリが夏に獲得していたクルトワがセーブ
すると33分アウェイのナポリが先制をする
カジェホンのノールックパスに抜け出したピシュチェクがペナルティエリアの深い位置までドリブル
そこから上げたマイナスのグラウンダーのクロスにハムシクがダイレクトで合わせて先制き綺麗に崩されての先制だったがラツィオも負けていなかった
41分、ロンカグリアのロングフィードをミトログルがペナルティエリア手前で巧く落とす
その落としに反応したチェルチが左足でハーフボレーを放ち、綺麗にトップコーナーに突き刺す
鮮やかな同点弾で追い付き、ゲームは後半へ
56分、インシーニェの直接FKが壁になっていたムサッキオの頭に当たり、コースが変わったところに詰めていたカジェホンがマルケッティが触るよりも早くボールを叩き込み、またもアウェイのナポリが勝ち越し
なんとか勝ち点3が欲しいラツィオは、カクタに代えてオスバルドを投入し、2トップへと変更する
72分、CKからオスバルドがヘッドをバーに直撃させるなど、惜しいシーンは何度か見受けられたが、中々同点にできず試合は刻々と90分に近付いていく
ホーム開幕戦で勝ち点を失うのはさすがにまずいと思った監督は、更にケイタも投入し4トップにしたのであった
その采配(というより苦し紛れ)が的中したのが87分
ミトログルの強烈なヘッドはクルトワにセーブされたが、こぼれたボールを途中出場のティッソーネが初ゴールをつま先で押し込み、遂に同点
んとかか勝ち点を奪取し、試合はそのまま終了
MOMは枠内シュートが一番多く、先制点もアシストしたミトログル

試合後のインタビュー
監督「開幕戦からいきなり厳しい相手だったね。プレーオフから中3日だったが、強豪相手になんとか追い付くことができて満足だよ」
とか言ってたとかなんとか

9月13日、セリエA第2節
vsキエーヴォ(A)
2ー1
得点者:クエンカ、ミトログル/ラドバノビッチ
代表ウィークを明けての一戦
この日はランシーニがスタメンに名を連ね、早速結果を出す
23分、ペナルティエリア内でジョルジーニョから楔のパスを受けたランシーニが、DF二人を背負った状態でヒールパス
オフサイドギリギリで抜け出したクエンカがこれに反応し、ダイレクトで叩きラツィオでの初ゴールを記録する
69分にはミトログルが、強烈なミドルを叩き込み、追加点
78分にこちらもミドルでラドバノビッチに一点を返されるが、余裕の試合運びでこれ以上スコアを動かさず、試合を終了させた
MOMは攻守に貢献し、1アシストを記録したジョルジーニョ

試合後のインタビュー
レデスマ「ランシーニは素晴らしい素質を持った若手だ。いずれバロンドールを取るかもね(笑)」
とか言ってたとかなんとか

これから9月は
16、29日にCLのGS
19、23、26日にリーグ戦と、半月に5試合もこなさなきゃなりません
しかも19日はインテル戦と、相手もきついです
全勝は無理にしても、無敗で乗り越えたいです

51ラツィオ15ー16シーズン9月2014/06/05(木) 13:08:21.21ID:knEjXcJe
ちなみにCLのグループステージはこんな組み合わせとなっています

グループA
ミラン
スポルティング・リスボン
トゥヴェンテ
シオン

グループB
ユベントス
バレンシア
ボルドー
アンデルレヒト

グループC
ラツィオ
セルティック
レバークーゼン
ディナモ・モスクワ

グループD
バルセロナ
シャルケ
アーセナル
パナシナイコス

グループE
アトレティコ・マドリー
マンチェスター・シティ
ガラタサライ
ブレンビー

グループF
マンチェスター・ユナイテッド
バイエルン・ミュンヘン
ゼニト・サンクトペテルブルク
バーゼル

グループG
レアル・マドリー
チェルシー
マルセイユ
スタンダール・リエージュ

グループH
ドルトムント
ベンフィカ
PAOK
PSV

な、感じです
なんかセリエ勢優遇されてますねw
グループFはゲームだとアレですけどリアルであったら死のグループだと思います

てか、ラツィオポット1でいいの?(笑)

52ラツィオ15ー16シーズン9月2014/06/05(木) 15:47:39.55ID:knEjXcJe
9月16日、CLグループステージ第1節
vsディナモ・モスクワ(H)
遂に迎えたチャンピオンズリーグ!
ラツィオにとっては8シーズンぶりとなる大舞台である
辿り着くまでの長い道のりを一歩一歩噛みしめるようにピッチに足を踏み入れる選手達
大事な一戦目だ、勝利して勢いに乗りたいところだ

前半ラツィオは大舞台に緊張していたのか、中々ボールが上手く回せずカウンターを喰らうシーンが多々見受けられた
特に相手の右サイド、ハンガリー代表のバラシュ・ジュジャークが幾度となくドリブルでラツィオDF陣を切り裂き、チャンスを演出していたのだった
それでも失点をゼロに抑え、ゲームは後半へと折り返す
後半、精彩を欠いていたランシーニに代えディアマンティを投入
ベテランの経験を生かそうと目論む
すると65分そのベテランからチャンスが生まれる
右サイドでボールを受け取ったディアマンティが、逆サイドに走り込んでいたクエンカへ対角線に速いロングパスを送る
これを受け取ったクエンカ、ミトログルがボックス内でフリーだったのでクロスを上げようとするが、DFの寄せが早く苦し紛れなクロスとなってしまう、、、
、、、が、この悪球をミトログルが無理矢理バイシクルでゴールにねじ込み、先制をする
このスーパープレーに味方が鼓舞されたのか、ラツィオイレブンが俄然活気づく
続く75分、ジョルジーニョの高精度なスルーパスに抜け出したミトログルが、キーパーとの一対一を冷静に制し、二点目
これでミトログルはプレーオフから数えて3戦4発、恐るべき得点力だ
守備の方も無失点に抑え、クリーンシートでラツィオが初戦を勝利で飾るのであった
MOMは勿論ミトログル

試合後のインタビュー
ミトログル「1点目はダメかな…と思いながら思い切り振り抜いたんだけど、まさか決まるとはね(笑)この調子で今シーズンもゴールを決め続けていきたいな」
とか言ってたとかなんとか

9月19日、セリエA第3節
vsインテル(H)
CLから続けてのホーム2連戦だ
今度はミラノの二大巨頭の内のインテルを迎えてのゲーム、なんとしても勝ちたい
インテルはこの夏、大型補強を敢行し
マンガラ、ヴァラン、ルーカス・ピアゾン、香川、シグルズソンなどを獲得していたのであった
そして34分、その内の一人のマンガラにCKからヘッドを叩き込まれ先制を許してしまう
前半はマンガラ、ヴァラン、(何気に)ロリク・サナの三人による統率のとれた3バックがラツィオにほとんどチャンスを作らせなかった
ビハインドを負ったままゲームは後半へと突入する
54分にクエンカに代えてケイタを投入するとゲームの流れが少し変わるのであった
62分、そのケイタが得意のトリッキーなドリブルで、マッチアップしていたヴァランを翻弄する
そしてカバーリングに来たサナが元々いたスペーしじジョルジーニョが走り込み、ケイタからパスを引き出す
パスを受けたジョルジーニョがシュートを放つ
ハンダノビッチはこれを防ぐが、こぼれ球をジョルジーニョ自ら押し込み同点
追い付いたラツィオは更にオスバルドも投入して攻勢を強めるが、インテルもリッキー・アルバレス、香川を投入し攻撃に重きを置く
終盤はお互い激しいカウンター合戦になるが、どちらも決定打に欠け1ー1で試合は終わりを迎えてしまう
MOMは同点弾のジョルジーニョ

試合後のインタビュー
監督「前半は圧されていたが後半少し修正を図るとイーブンに持ち込むことができた。その後は拮抗した見応えのあるゲームだったね。欲を言えばもう一押し欲しかったがね」
とか言ってたとかなんとか

9月なげぇ…あと三試合もあるのか

53名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/05(木) 15:52:58.77ID:knEjXcJe
またミスorz

×サナが元々いたスペーしじ
○サナが元々いたスペースに

です

54ラツィオ15ー16シーズン9月2014/06/05(木) 17:32:27.11ID:knEjXcJe
9月23日、セリエA第4節
vsボローニャ(A)
3ー0
得点者:クエンカ、チェルチ、ビリア
1年でA復帰を果たしたボローニャとのアウェイゲームである
過密日程のため、ラツィオは少しターンオーバーを行い試合へ臨むのであった
メンバーを落としたところでチーム力の差は歴然だったので、終始ラツィオが圧倒していた
15分にクエンカのボレー、38分にチェルチのミドルと前半だけで二点を入れ
後半頭48分には、CKからビリアがなんとスコーピオンキックでゴールを刺すというシーンまで飛び出すのであった
そのままボローニャにチャンスらしいチャンスを作らせないままアウェイながらラツィオが快勝をする
MOMは1ゴール1アシストのチェルチ

試合後のインタビュー
ビリア「練習でも試したことのないシュートだったから自分でもびっくりだったよ(笑)」
とか言ってたとかなんとか

9月26日、セリエA第5節
vsサンプドリア(H)
2ー0
得点者:ミトログル、オスバルド
前節から更にターンオーバーを図り、ティッソーネやオスバルドを先発させてのスタート
前半は中々チャンスをものにすることができず、スコアレスで終えてしまうのだが
後半60分にミトログルを投入し2トップに変え、その3分後にミトログルがボレーシュートでゴールに叩き込み、見事均衡を打破するのであった
ちなみにミトログルは出場してかの、ファーストタッチがゴールであった
75分、かつてサンプドリアに所属していたティッソーネがスライディングで一発レッドを貰うというアクシデントが起きてしまうが
10人になってもボールを上手く繋ぎ、83分にはオスバルドに初ゴールまで生まれ、ラツィオが文句なしの勝利を挙げる
MOMは1アシストに加え、インターセプト数も多かったレデスマ

試合後のインタビュー
マルケッティ「きつい日程だけど僕らは1試合1試合を堅実に戦い、結果に繋げてるのさ。ターンオーバーを成功させる監督の手腕も本当に素晴らしいね」
とか言ってたとかなんとか

ターンオーバーが上手く行きすぎて気味が悪いです
9月はあとセルティック(A)との試合だけです

55ラツィオ15ー16シーズン9月2014/06/05(木) 17:41:18.15ID:knEjXcJe
9月29日、CLグループステージ第2節
vsセルティック(A)
長かった9月もこの試合で終わりである
最後の試合はスコットランド…というより欧州全体で見ても名門と言えるセルティックが相手だ
ターンオーバーを図ったことにより、ベストメンバーでゲームに臨むことができたラツィオ
しかし、セルティック・パークの凄まじい雰囲気に呑まれているのか、ラツィオの選手達の動きが鈍く、重い
セルティックはギリシャ代表ゲオルギオス・サマラスを中心とした、高さを利用した攻撃でラツィオゴールを何度も強襲する
38分にサマラスのヘッド、42分にブーリフテルの左足シュートと、立て続けにラツィオを脅かし続けるが、マルケッティとバックライン合わせて5人がなんとか水際で凌ぐ
凌ぎ続けた甲斐があったのか、後半にラツィオが蜂の一刺しを浴びせることに成功する
62分、相手CKからのクリアボールを前線に残っていたクエンカが収める
そして、右サイドに走り込んでいたチェルチにクエンカが精度の高いタッチダウンパスを送る
これを上手くトラップしチェルチがルックアップ
チェックに来たファン・ダイクを素早い切り返しでかわし、シュート性のグラウンダークロスをフリーのミトログル目掛けて放つ
これをミトログルが冷静にインサイドで叩き、先制
あっという間のカウンター劇にセルティック・パークに集ったサポーター達も言葉を失う
そして、この得点で勢い付いたのか、ここからラツィオが攻め立てる
69分、CKをミトログルがフリックし、ファーサイドに居たロンカグリアがダイビングヘッド、、、しかしこれは名手フレイザー・フォースターが上手く弾く
76分にはまたもCKからチャンス
サインプレーでCKを直接ペナルティエリア手前に居るレデスマに送る
このボールをレデスマが強烈なダイレクトボレー
シュートは枠を捉えるが、またもフォースターがファインセーブ
客席からは守護神へのオベーションが鳴り止まない
そしてラツィオ1点リードのまま迎えた85分、運動量が落ちてきたラツィオの隙をこの男は見逃さなかった
CBからのロングフィードをバイタルエリアで足元にサマラスが収める
収めたと同時にプッキがエリア内に走り込む

カヴァンダとロンカグリアはパスが
来ると思い込みパスコースを消しにかかるが、それによって中央にぽっかりと出来てしまったスペースにサマラスがドリブルで自ら持ち込む
いち早くそれを察知したムサッキオが追走し、ユニホームを引っ張りながらも止めようとするが
ファールスレスレのディフェンスすらものともしない馬力でそのまま強引にサマラスはシュートを叩き込む
…同じくギリシャ代表のミトログルもチームメートであるサマラスのそのプレーにはやれやれといった表情を見せてしまう
そして、土壇場で同点に追い付いたセルティックは91分に更なる奇跡を起こす
30メートル程の距離からキャプテンのスコット・ブラウンがロングボールをボックス内に送る
誰もがサマラスや、ファン・ダイクといった長身のヘッダーをマークしていたのだが、ボールが向かった先に待つのは生え抜きのスコティッシュ、170センチのジェームズ・フォレストであった一番ファーサイドに居た彼がヘッドを流し込みセルティックが遂に逆転をする
ラツィオには反撃の力も時間も残っておらず、試合はそのまま終了
セルティック・パークが大歓声を爆発させる
ラツィオは今シーズン初の敗戦であった
MOMは先制弾をアシストしたチェルチ

試合後のインタビュー
監督「ホームチームの執念にしてやられたね
。彼等は素晴らしかった、敗因はそれだけだ」
とか言ってたとかなんとか

9月はこれで終わりです
中々ヘビーでした…
最後負けてしまいましたが、チーム自体の完成度は新戦力含めて非常に高くいい感じです
10月も日程が非常にキツく、ダービーなどもあったりして苦労させられそうです
あと、最近ミトログルが頼もしすぎます

現在のリーグ順位、4位
3勝2分け0敗、勝ち点11
5試合10得点4失点

CLグループステージ、2節を終えての順位

1位、セルティック4
2位、ラツィオ 3
3位、レバークーゼン2
4位、ディナモ・モスクワ1

56ラツィオ15ー16シーズン10月2014/06/05(木) 19:04:25.53ID:knEjXcJe
10月4日、セリエA第6節
vsテルナーナ(H)
3ー1
得点者:ランシーニ、ミトログル、ケイタ/ジト
何年ぶりのセリエAなのか筆者も解らないくらい聞き馴染みの無いチームとの初顔合わせである
久しぶりに選手を4日以上休ませられたので休養十分で試合に臨
むことができた
試合は19分にランシーニがミドルで初ゴールを飾る
しかし、初ゴールを祝うムードは28分のジトのゴールでかき消されてしまう
昇格組ながら、整備されたラインコントロールなど、守備組織が意外にもしっかりしていたので、前半は決定機があまり作れないままゲームは後半へ
しかし、58分のミトログルのゴールでその組織は瓦解を始める
76分には美しい弧を描いたケイタのゴールも飛び出し、終わってみれば前評判通り楽勝と言えるゲームとなってしまった
MOMは1ゴール2アシストと、全得点に絡んだランシーニ
試合後のインタビュー
ランシーニ「イタリアのメディアは僕に懐疑的な目を向けてくるけど、僕はこれからも自分の実力を結果で示していくつもりだよ」
とか言ってたとかなんとか

10月6日、セリエA第7節
vsジェノア戦(A)
2ー2
得点者:ぺぺ、エレズ/ベルトラッチ、アントニーニ
ターンオーバーが失敗した試合
ミトログルやチェルチなどの主力をベンチ外に置いてしまったのが間違いでした
前半早々に二点を喰らってしまい、終盤でなんとか二点を返して引き分けに持ち込めたのであった
若手のエレズにセリエA初得点が生まれたのが唯一の良かった点かな
MOMは終盤で同点弾を挙げたエレズ
試合後のインタビュー
監督「はい完全に私のミスですごめんなさい」
とか言ってたとかなんとか

10月17日、セリエA第8節
vsローマ(H)
10月最大の山場がこのローマ戦だ、現在1ポイント差でラツィオがリーグでは優位に立っているため、絶対に負けられないゲームであった
前節から10日以上休めたので、キックオフ開始から動きが軽い
しかしそれはローマも同じであり、序盤から激しい攻防が続くのであった
8分、ローマがこの夏獲得したパストーレのスルーパスをドゥンビアがシュート、、、しかしこれはポストを掠め、外れる
14分今度はラツィオ、クエンカのアーリークロスにランシーニが合わせるが、これはベゴビッチの正面であった
お互い枠内シュートも程良くあり、いつ点が入ってもおかしくない状態であった
そして、先にスコアを動かすのは、、、アウェイのローマであった
44分、ナインゴランの浮き玉のパスに反応したフロレンツィが、シザースを加えたドリブルでラドゥを抜き、速いクロスを上げる
このクロスの落下地点に居たのが、ドゥンビアだったのだがマルケッティが一足早く飛び出し、クロスを上手く外へ掻き出す
しかし、掻き出したボールは再びフリーのナインゴランの元へ渡り、ロンカグリアのブロックも間に合わず強烈なミドルを突き刺され、リードを許したまま後半を迎えてしまう
だが56分にデ ロッシがダービーで熱くなったのか、この日2枚目のイエローで退場になる
これを好機と捉えた監督はクエンカに代えてケイタ、ランシーニに代えてカクタと、速攻に適した選手を立て続けに投入する
采配が功を奏したのが67分、カクタが左サイドからエリア内に切れ込むと、ファーサイドに走り込んでいたレデスマへ低めのクロス
このクロスを胸でトラップすると、叩き付けるようにレデスマがボレーでゴールに突き刺す
FW顔負けのゴールに客席のラツィアーレも天井知らずの盛り上がりを見せる
更にラツィオは数的有利を生かし攻め立て続け、80分にチェルチのミドルで加点することに成功する
これで勝負が決したかに見えたが、これで終わらないのがローマダービーだ
88分、リャイッチがショートコーナーからボックス内にドリブルで侵入し、ムサッキオをかわし飛び出してきたマルケッティを嘲笑うかのようなループシュートを沈めてみせた
そしてゲームはそのまま引き分けで終了、ダービーらしい熱いゲームであった
MOMは途中出場でチャンスを多く演出し、アシストもしたカクタ
試合後のインタビュー
監督「最後の失点の仕方は少しいただけなかったね。数的有利という余裕が気の緩みを生んしまったと思うしかないね」
とか言ってたとかなんとか

10月は残り3戦
20日には、恐らくGS最大のライバルであろうレバークーゼンとの直接対決です
リーグランキングなんてキャリア内では気にするだけ無駄ですが、ブンデス勢には負けたくないですね(笑)

57名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/05(木) 22:13:47.55ID:7+P2Uumh
>>51
悪いけどラツィオのグループ地味すぎるw

58ラツィオ15-16シーズン10月2014/06/06(金) 17:35:12.30ID:fgPWjlW2
>>57、このグループだけELレベルと言っても違和感ないですよねw

10月20日、CLグループステージ第3節
vsレバークーゼン(H)
グループステージ3戦目は、ドイツの強豪レバークーゼンをオリンピコに迎えてのゲーム
ドイツのクラブらしく素早いカウンターに対応を強いられたが、この日はカヴァンダ、ラドゥの両SBが相手のサイドアタッカーにほとんど仕事をさせず、チャンスを未然に防いでいたのであった
試合が動いたのは25分、今日の試合では先発だったオナジが中盤から右サイドをドリブルでかけ上がると、それと入れ替わるようにチェルチがボックス内に切れ込む
中にばCL男゙ミトログルが待っていたので、ボエニシュとヴォルシャイトはクロスを警戒しブロックを試みるが、オナジの選択肢はなんとパス
ニアに走り込んでいたチェルチがそのキラーパスをダイレクトでゴールに突き刺すのであった
見事な連携で先制点を奪取し、1点リードのままゲームは後半へと折り返す
後半も前半と同様、ラツィオがボールを支配しレバークーゼンに決定機をほとんど与えなかっ た
80分にはムサッキオがCKからヘッドで加点し、そのままクリーンシートで抑えグループステージ二勝目を完勝で飾る
この勝利により、同時刻の試合でセルティックがディナモ・モスクワに引き分けていたため再 び首位に浮上することに成功するのであった
MOMは一対一では負けなしであったカヴァンダ
試合後のインタビュー
チェルチ「攻撃も守備も完璧に機能していた試合だったね!チャンピオンズリーグの舞台で得点 を挙げるのは俺の夢だったからとても嬉しいよ!」
とか言ってたとかなんとか

10月25日、セリエA第9節
vsアタランタ(A)
1ー0
得点者:クエンカ
ベルガモに乗り込んでのアウェイゲーム
前半はホームチームのアタランタが、ボナベントゥーラとリバヤを中心とした速い攻撃に苦労を要したが、後半に入ると逆にカウンターを浴びせるシーンが目立ち始める
65分にランシーニのスルーパスに反応したクエンカがゴールを挙げ、それが決勝点となり難しいアウェイでの勝利を挙げる
MOMは決勝点のクエンカ
試合後のインタビュー
カヴァンダ「僕の去就…?まだそれを話す時期じゃない。だから憶測で記事にするのはやめてほしいな」
とか言ってたとかなんとか
そうだよ、この野郎また契約延長拒否だよ…金の亡者すぎんぜ、かつてのカンドレーバを見習え

10月28日、セリエA第10節
vsブレッシャ(H)
2ー0
得点者:オスバルド、エレズ
昨シーズン奇跡に近い残留劇を果たしたブレッシャとの一戦
前節から中2日だったので、若干のターンオーバーを図ってゲームに臨む
まず16分、オスバルドが右サイドでボールを受けると、ドリブルで一人 をかわし、ペナルティエリア右手前から強烈なシュートをインフロントでトップコーナーに突き刺す
このゴラッソのすぐ後の20分、今度はCKからエレズがヘッドをブレッシャゴールに叩き込む
この22歳の若手CBはこれで公式戦4試合で2得点目である
もしかすると今シーズン中にもロンカグリアからポジションを奪ってしまうかも
その後も点は入らなかったものの、終始ラツィオが攻め立てる展開であり、公式戦3試合連続クリーンシートを達成し試合を終えるのであった。MOMはエレズ
試合後のインタビュー
エレズ「今シーズンは既に昨シーズンより多く出場できてるね。出場機会を与えてくれる監督に感謝だよ」
とか言ってたとかなんとか

10月はこれで終わりです。リーグ戦では未だに無敗が続いてるのは喜ばしいですね
選手ではミトログルはもちろんレデスマとジョルジーニョの両ボランチが最近非常に安定しています
特にレデスマは34歳を迎えて更に成長しているのか、毎試合のタックル成功数とパス成功率が 共に80%越えを果たしてます
11月は1日にいきなり首位のミラン戦、21日にすぐ下の4位に居るユベントス戦
どちらもアウェイなので難しいゲームになりそうです

現在のリーグ順位、3位
6勝4分け0敗、勝ち点22
10試合20得点9失点
CLグループステージ、3節を終えての順位
1位、ラツィオ 6
2位、セルティック5
3位、レバークーゼン2
4位、ディナモ・モスクワ2

59名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/06(金) 22:18:05.00ID:RLYJy/nt
クエンカは両足使えるのも良いよね
でも体力無さ過ぎだからいまいち主力にはしづらいんだよなぁ

60ラツィオ15ー16シーズン2014/06/07(土) 16:46:20.24ID:fDpxB++4
すいませんラツィオ解任されました

CLはベスト16でバレンシアに破れ、国内カップもベスト16で破れてしまい、リーグ戦も引き分けと敗けが込み30節付近に7位まで転落したところで
解 任されてしまいました

再就職先にフランスのバスティアを選んだのですがモチベーションが上がらず、断念しました
なので新しくプレミアの中堅辺りで初めてみようかと思います、、、

61名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/07(土) 16:58:23.59ID:rRh6C7xZ
こう言っちゃ悪いけど、なかなか面白い展開wフロント厳しいね

62名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/07(土) 23:28:06.36ID:w/c8gU7a
>>60
ええええええ(´д`;)
フロントまじ無能

63名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/07(土) 23:46:36.56ID:cmna90va
ラツィオって今中位クラブだろ
なんでやねん

64名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/08(日) 00:07:21.45ID:rhd5PaHG
プレミアでやり直すなら是非ラツィオから選手強奪しまくって欲しい
普通に選手も監督に着いていくだろうし

65ラツィオ15-16シーズン2014/06/08(日) 01:22:29.72ID:WdYkkBQg
>>62
セリエの解任されやすさまで再現して欲しくなかったです、、、
>>64
ヴィラとかサンダーランドに逆オファー出しまくってるんですが却下されまくりです、、、なんでや


冬にダンブロージオとかチアゴ・モッタとか獲って楽しくなってきたとこだったのに…へこむわ

66名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/08(日) 10:01:16.28ID:xF0eBw+V
ちなみに解任されたらゲーム進行上どうなるの?
ゲームオーバーにならずにオファーの来てる他のチームとか選べる?

67名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/08(日) 12:35:43.84ID:Yjr77Fke
結構楽しみにしてたんでショックだわ。

68ラツィオ15-16シーズン2014/06/08(日) 15:42:41.08ID:WdYkkBQg
>>66
解任と同時に10クラブ近くからオファーされます
ですがどのクラブも2部や、降格圏に沈んでるチームばかりでした
ちなみにプレミアとセリエからはオファーがなかった

69ラツィオ15-16シーズン2014/06/08(日) 15:49:36.07ID:WdYkkBQg
>>66
解任と同時に10クラブ近くからオファーされます
ですがどのクラブも2部や、降格圏に沈んでるチームばかりでした
ちなみにプレミアとセリエからはオファーがなかった

70ラツィオ15-16シーズン2014/06/08(日) 16:01:50.50ID:WdYkkBQg
あ、連投になってた
このままバスティアで続けるか、新たにキャリアを最初から始めるか
悩むな…

71ラツィオ15-16シーズン2014/06/08(日) 16:37:06.76ID:WdYkkBQg
あ、連投になってた
このままバスティアで続けるか、新たにキャリアを最初から始めるか
悩むな…

72名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/08(日) 16:43:40.41ID:JniYZOgI
大丈夫か?

73名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/08(日) 17:30:57.24ID:zhQwEss3
まさかの展開だなw
解任したフロントを見返すべくこのまま続けてくれると嬉しい
にしてもフロント酷すぎるだろ

74バスティア15-16シーズン2014/06/08(日) 18:25:49.80ID:WdYkkBQg
では、このままバスティアで続けてみようかと思います

ちなみにバスティアは就任時15位で
フロントからの要望が中位でシーズンを終えてほしいというものでした
残り6試合を4勝1分け1敗と乗り切り、11位でシーズンを終えるという名将っぷりを見せつけてやりました
更にシーズン終わりにフランス代表に就任し、自国開催のEURO 2016をなんと優勝
世界中に監督の名を知らしめることとなったのだった

ちなみにラツィオは解任した後も結局7位のままでフィニッシュ
おい、ふざけんな

75名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/08(日) 19:51:45.31ID:ScM/aZnX
もちろん移籍するよね?

76バスティア15-16シーズン2014/06/08(日) 23:24:09.77ID:WdYkkBQg
>>75
移籍したいんですけどどこも採用してくれません

EURO優勝監督だぞ…

77名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/08(日) 23:40:55.49ID:rhd5PaHG
よほどスキャンダルとか多くて心証が悪いんだろうな・・・w

78バスティア15-16シーズン2014/06/08(日) 23:52:29.70ID:WdYkkBQg
バスティアは二列目の3人が無名ながら中々おもしろい選手達が揃ってて、やってて結構楽しいんですよ
ただ、バスティアというクラブとその選手たちの予備知識が私に無いんで中々筆が進まないという…

79名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/09(月) 18:32:59.77ID:amKTSb6B
・時間不足気味のゲーム生活がRMT OPで変わるのね。
RMT OPでゲームの生活を変わる!もっとやすいゲーム生活が楽しみ!
FIFA14のCOIN 不足場合は RMT OP !
「FIFA14 RMT OP」を検索してくださいませ。

80名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/10(火) 12:43:43.20ID:MLP6egZi
バスティアってジブリルシセいなかったっけ

81バスティア15-16シーズン2014/06/10(火) 18:00:37.60ID:3Y8Ig5ec
>>8
ええ、居ましたね
他にもクラシッチとかロマリッチとか懐かしい顔ぶれが居る筈だったんですけど
ロマリッチ以外引退してました、、、
そのロマリッチも就任したシーズンが終わると同時に引退していったので見知った顔は一人も居ないです

てか、どこにも就任出来なさそうなのでやっぱり新しく始めることにします
今まで読んでいただき楽しみにしてくれた方々にはこのような終わり方で本当に申し訳ありません、、、
ニューカッスル、サンダーランド、アストン・ビラのどれかで監督の名前をモイーズで新しく開始しようと思うのですが、どれがいいと思いますか
どこもそれなりに金があるチームなので楽しく書けると思います

82名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/10(火) 18:45:55.53ID:wLEePPtz
放り込みサッカーならストークとかどうだろう

あと、個人的に希望したいのは補強は元所属選手縛りのリーズとかw

83名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/10(火) 21:55:04.64ID:dwpypgUB
>>81
その三つならどれでも良いな
個人的には新城で

二年目のFWをどうするのか気になる

84名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/10(火) 23:59:24.45ID:wTA6YRvm
同じくマグパイズ!

85バスティア15-16シーズン2014/06/11(水) 03:28:56.19ID:R11jk2mG
>>82
ストークでは欧州カップ出場権を争う姿が想像できないので、、、すいません!
リーズの縛りプレイも面白そうですが補強の幅が狭まっちゃうので複数年プレイが難しいかなと、、、

なので要望が多いニューカッスルで始めたいと思います
モイーズ就任の流れはパーデューの成績不振、選手達との確執、的な感じで脳内補完していきたいと思います
モイーズもユナイテッドをクビになっていたので
モイーズの年俸を払えるクラブ+名門再建を託すに値する監督
としてモイーズとニューカッスルは合うと思います

夏の補強は無し
初年度欧州カップ戦は有り(新城出てないけどね)
オーナーのアシュリーは基本ケチなので選手売却時に補強費用として手元に残るのが、60%と厳しくいきたいと思います
ちなみに最新のスカッドデータで開始するので
キャバイエは居ません、ルーク・デヨングはもちろん居ます

ニューカッスルは専スタあるのでモチベーション上がりますねw

86ニューカッスル13-14シーズン2014/06/11(水) 04:13:41.04ID:R11jk2mG
監督就任時の記者会見

ーーーなぜニューカッスルのオファーを受けたのですか?

モイーズ「まず先に言っておくが私はニューカッスルに就任したことが都落ちだとは少しも思っていない。
このクラブはイギリスでも五指に入るほどの名門クラブだと私は思っている…だからオファーを受けた」

ーーー世間ではあなたに失格の烙印を押したメディア、関係者が多くいるようですが、これに関しては?

モイーズ「私に聞かれても困るよ(笑)言いたい記者には好きなだけ言わせておけばいい。ユナイテッドでは確かに失敗に終わった。それは認めるよ。
ただ、かのサー・アレックスもユナイテッドに就任した当時はそれほど成績が振るわなかった。なのに四半世紀経った今ではユナイテッドの象徴とまで呼ばれている。私との差は一体なんなのだろうか?
…今のサッカー界は当時と比べて時間の流れが早い。新しい選手、新しい戦術と毎シーズン…いや毎月、毎週のように目まぐるしく入れ替わりが激しくなっていく。
監督も一緒で、私はユナイテッドという一つの大きな流れに乗りきれなかった。サー・アレックスは流れに乗れた。ただそれだけのことなんだ」

ーーー具体的なチーム目標を教えてください。

モイーズ「今シーズンは欧州カップ戦の出場権を出来れば手にしたいね。そして3年以内には必ず
リーグ、FAカップ、EL、どれでもいい
最低1つはタイトルを手にしてみせるよ
マグパイズにはそれだけの力がある」

記者会見終わりです
言い訳がましいモイーズを書いてみたかっただけです(笑)
駄文をつらつらとすいません、完全なる自己満でした
次からプレシーズン書いていきます


書いてて気付きましたけど
ユナイテッドの大きな流れとやらを作ったのは誰であろうファーガソン自身でしたよね(笑)
ま、いいかモイーズだし

87名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/11(水) 05:07:27.24ID:qPnkZ2QZ
モイーズJリーグに興味

88名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/11(水) 05:35:27.18ID:u94nnT3a
ジーニアスとジーニアスが出会う時
物語は始まる

つまり柿谷を(ry

89名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/12(木) 13:00:37.55ID:EPRGFBv2
・時間不足気味のゲーム生活がRMT OPで変わるのね。
RMT OPでゲームの生活を変わる!もっとやすいゲーム生活が楽しみ!
FIFA14のCOIN 超お得な販売中!

「FIFA14 RMT OP」を検索してくださいませ。

90名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/16(月) 22:21:18.37ID:xiJH++Vj
書きこめないぞ

91名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/16(月) 22:22:44.11ID:xiJH++Vj
あ、出来たわ

新城の人はモイーズってことだからサイドアタックからのクロス一辺倒なのかな
それが出来る選手ってオリジナルメンバーでは居ないよね
Rテイラーを一列前に出すのかな
それともラツィオで重用したあの若手を再び指導するんだろうか

92名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/16(月) 23:42:19.09ID:DnnKxR1x
カーディフで始めて暗愚なオーナーのもとアジア人ばっか集めるプレイをしてる。
クリセンでJリーガー10人ぐらい入れて、原口と宇佐美と扇原と山口を取り韓国代表だけど広州所属だからフリーのキムヨングァンを取り宮市を取った。
しかしスールシャールの時にノルウェー人がいっぱい入ってきてて2列目がカオス

93ニューカッスル13-14シーズン2014/06/17(火) 05:55:44.99ID:6ZbtGMCu
>>91
まあ、クロス一辺倒とまでは行かないですけどサイドからの攻撃を主としたサッカーが基本形ですね
エバートン時代のラスト2シーズンぐらいにやってたサッカーを想像していただけると助かります

んー、前回のキャリアの時に獲得した選手は出来るだけ獲得しないようにしていくつもりですね
現在12月までプレイしているので冬の移籍市場に入ったら執筆を開始します

94名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/17(火) 07:20:40.68ID:Bm7q/MoR
>>92
楽しそう

95名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/17(火) 11:07:04.78ID:/vTtrlTJ
アーセナルで開始
縛りとして移籍オファーが来たら絶対に受けること
しかしイングランド人は除く
またカウンターオファーは一度までOK
しかしその一度を断られたら、オファーが来たチームの選手と絶対トレードしなければならない

補強はリアルで話がある(もしくはあった)選手のみ
ただしゴシップレベルでもOK

まずはリアルで放出が決定しているファビアンスキ、サニャ、ベントナーを移籍リストに載せる
早速ジルーとスチェスニーにオファーが来る
ジルー → 1,200万でセインツ
スチェスニー → 1,500万でミラン
さらにサニャ → 500万でモナコ
ファビアンスキ → 400万でエバートン

プレシーズンマッチを終えると
宮市 → リーズ 60万
アルテタ → サンプドリア 600万
ディアビ → サンプドリア 500万

ジルーの後釜としてベンゼマ獲得へ
中々買い手がつかないベントナーをトレード要員として4000万で商談成立
ついにイブラ二世がレアルの門戸と叩く
幸運を祈る

96名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/17(火) 11:12:46.86ID:/vTtrlTJ
1stチームのフォメは3421

          ベンゼマ
       カソルラ エジル
ポドルスキ           ウォルコット
      ラムジ   ウィルシャー
フェルマーレン メルテザッカー コシェルニー
          ヴィヴィアーノ

GKはとりあえずレンタルを延長したという設定でヴィヴィアーノに任せる
2ndチームは4231

         サノゴ
モンレアル  ロシツキ  チェンバレン
    フラミニ   シュレストローム
ギブス            ジェンキンソン
    ???   ???
        ???

まずCBの控えはスポルティングの有望イングランド人エリックダイア―を400万で補強     
冬にコールカーも獲る予定
GKは悩み中

97名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/17(火) 11:21:57.40ID:/vTtrlTJ
開幕戦のビラはウォルコットとエジルのクロスをベンゼマがヘッドで合わせて前半で2−0
ジルーのお株を奪うような得点で彼の穴を感じさせない活躍
後半早々にもカソルラのCKからコシェルニーがヘッドで追加弾
前掛かりになるビラに対してカウンターを狙う
すると狙い通りにベンゼマがハーフラインから独走
移籍後開幕戦でハットトリックかと思われたが
併走していたカソルラに決定機を譲るという謙虚さを見せる
より確実に勝利を得るため、己の記録を犠牲にする姿勢にファンは盛大な拍手を送った
終了間際には弾かれたエジルのミドルをラムジ―が押し込んで5−0の大勝

続いてノースロンドンダービー
前節とは打って変わってベンゼマがとにかく決定機を外しまくる
特に書く事もなく0−0でスコアレスドロー
名古屋時代にベンゲルから師事を受けていた(という設定の)日本人監督の手腕に早くも疑惑の目が向けられる
プレミアのそれもアーセナルに3バックなんて馬鹿げている
とレジェンドOBからバッシングを受けまくる

98名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/17(火) 11:58:48.02ID:tV7AzIfM
イブラ二世w

99名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/17(火) 13:14:06.98ID:tUS21ClA
ジルーの穴をベンゼマで埋めたら山が出来そうだけどw

100経営不振縛りアーセナル2014/06/17(火) 23:42:23.38ID:NgWCdVfT
三節を前にシャルケからポドルスキーにオファー
折角だからドラクスラーとのトレードを提案

そして試合
移籍を控えたポドルスキーはベンチに
試合開始早々カソルラがサイドを抉って折り返しのクロス
ベンゼマがボレーで豪快に決めて先制
しかし得点直後のリスタート直後に訪れる例のアレで
シドウェルに即同点にされる
そのまま終盤までもつれる
花道を飾るべくポドルスキー投入
一度もボールに触れることなく試合終了
お疲れ

試合終了後にドラクスラーとのトレードが成立
選手+2000万
とりあえずドラクスラーは3421のLMに
いずれはカソルラの後釜としてエジルの横でLFにコンバートさせるつもり

101名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/17(火) 23:50:04.78ID:NgWCdVfT
そのまま夏期移籍期間終了へ
何事も無く終わるかと思いきやぎりぎりになってエバートンがコシェルニーのオファー
おいおい今から代わりが獲れるんかいなと懸念しながらも1400万で放出
なんとか期間内にスモーリングを500万でゲット
3バックなのにCB4枚(フェル、メルテ、ダイア―、スモー)で回すとはこれ如何に

その他プレミアクラブの大きな移籍
チェルシー
チェフ→ドルトムント
アキンフェエフ←CASK

マンU
シウバ←PSG

マンC
ジェコ→?

スパーズ
ドゥンビア←CASK

102名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/18(水) 00:00:31.87ID:BEvun776
移籍期間を終えて初戦はCOC
聞いたこともないような下部チームにドラクスラーとスモーリングを途中出場でお披露目
普通に勝つ

そして代表ウィークを挟んで乗り込むはベルナベウ
CL初戦の相手は昨季デシマを達成し、CL史上初の二連覇を目論む白い巨人
相手にとって不足は無い
試合を控えてメディアはトレードとなったベンゼマとイブラ二世の対決を煽る
しかし意外にもイブラ二世はベンチにも入っていなかった
ベンゼマを獲られてもCFを補強しなかったレアルはモラタ頼り
なんだか申し訳無い気分に
しかしそれでもベンチ外ってどんだけー

あ、試合はベンゼマ、エジルが共に得点して3−0で勝ちました

103ニューカッスル13-14シーズン2014/06/18(水) 01:59:45.19ID:fU4u0iQd
7月28日、プレシーズンマッチ一戦目
vsサンプドリア(H)
3ー1
得点者:ムサ・シッソコ、グフラン、レミ/ビャルナソン
一戦目はジェノバの名門サンプドリア
腕試しには最適の相手である
フォーメーションはモイーズお馴染みの4231
ティオテ、アニタのダブルボランチにグフラン、ムサ・シッソコ、ベン・アルファを二列目に並べ、1トップにQPRからレンタルで借りてるレミを配した布陣で臨む
フィード能力の高いコロッチーニからのロングフィードを両翼に当て、攻撃意識の高い両SBとの連携でサイドを崩し、クロスやカットインからチャンスを創る戦術が基本の戦い方である
15分、28分、44分と立て続けにゴールが決まり、後半に1点を返されるもののプラン通りに試合を運べることに成功したのであった

8月1日、プレシーズンマッチ2戦目
vsセビージャ(A)
1ー0
得点者:レミ
チーム力的にやや格上ぐらいの相手である
今回フォーメーションは442とし、ルーク・デヨングをレミの横に置いた2トップを試してみることにした
単純計算でクロスの選択肢が多くなり攻撃力が上がると思ったが、トップ下が不在になったことにより
バイタルエリアでの攻撃のパターンが減ってしまうという本末転倒な自体に陥ってしまった
しかし後半からロングフィードをサイドではなくFWに当てることにより、中央で起点を作りボランチの攻撃参加を促す攻め方が可能となり
新たな攻撃の可能性が感じとれたのであった
まあ、得点はレミの個人技でとったものだから戦術もくそもねーけど

8月5日、プレシーズンマッチ3戦目
vsアウグスブルク(H)
1ー1
得点者:ショラ・アメオビ/メルダース
開始4分で初の先制を喰らった試合
今回はコロッチーニ、ベン・アルファ、アニタ以外の主力をごっそり入れ換えて臨んだゲームであった
陣形は4231に戻したので恐らくこれが基本形
収穫としては若手のガエル・ビギリマナは機動力が高くティオテ以上に走り回ってくれることと
サミー・アメオビは兄であるショラ同様長身で、現存するサイドアタッカーの中では一番ロングボールの収まりが良く中々使いやすいことであった
他にも切れ味鋭いドリブルを持つオベルタンなど、光る選手はたくさん居ました
試合は後半にマールボーのクロスから兄オビがヘッドを叩き込みそのまま同点で終了
引き分けで最後のプレシーズンマッチを終えたのであった

プレシーズンマッチはこれで終わりです
ニューカッスルは若手が有望株揃いで楽しい
長期政権向けのクラブです
これから色々試行錯誤しながら戦術を固めて行きたいと思います
有意義なプレシーズンでした
開幕戦は8月の18日にいきなりシティです
恐らく負けると思いますけど守備的な戦術も試したかったのでやる価値はありそうです

104名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/18(水) 15:05:05.42ID:VUIrmEvI
イブラ二世の連呼やめてw

105ケルン2014/06/19(木) 13:47:57.99ID:wwCo81hN
BL第18節(H)
vs ホッフェンハイム
1-0

31分 Finne(Ujah)

Horn
Risse,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Finne(73分 Nagasawa),Mudingayi(82分 Matuschyk),Halfar
Ujah(73分 Yesil),Vietto

Kessler,Maroh,Brecko,Coutinho

新加入Viettoがスタメンに名を連ねた一戦はFinneのゴールで逃げ切り勝ち。Viettoはゴールこそならなかったが、まずまずの動きを見せた。

in RM:Alban Meha
バターボルン→ $83万+McKenna
ベテランCB+金銭のトレードでセットプレーのキッカーとしても期待してできるサイドアタッカーを獲得。


BL第19節(A)
vs アウグスブルク
3-0

4分 Vietto(Ujah)
22分 Vietto
34分 Ujah(Gerhardt)

Horn
Risse,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Finne(60分 Nagasawa),Gerhardt,Halfar(60分 Yesil)
Ujah,Vietto

Kessler,Maroh,Matuschyk,Mudingayi,Coutinho


試合は開始早々に動く。
ゴール前Ujahからのスルーパスに抜け出したViettoが技ありのループシュートで先制ゴールをあげる。
移籍後2戦目で結果を出すと、さらに22分。
GKがDFに出したパスをかっさらうと、GKとの1vs1も落ち着いて制し追加点。
34分にはGerhardtからのスルーパスにUjahが抜け出しだめ押しの3点目。
前半で試合を決める。
後半は追加点こそ奪えなかったが、完勝で3位をキープした。

in LW:Iuri Medeiros
スポルティング→ $150万+Chihi
将来有望のドリブラー。
出場機会に恵まれていなかったChihi+金銭で加入した。

106ケルン2014/06/19(木) 13:52:00.54ID:wwCo81hN
順番逆でした。

ボカル3回戦(A)
vs ドルトムント
3-2

25分 Risse(Ujah)
45分 Ujah(Lehmann)
73分 Halfar

11分 Gundogan(Reus)
36分 Gundogan(Reus)

Horn
Brecko,Yoshida,Maroh,Hector
Lehmann(83分 Matuschyk)
Risse(71分 Weiser),Mudingayi,Halfar
Ujah,Helmes(83分 Bigalke)

Kessler,Nascimento,Peszko,Yesil

中断期間前最後の一戦。
リーグ戦ではドルトムントに敗れたケルンだったが、この日は2度リードを許す展開も逆転勝ち。



【移籍】
in RB:Edilson
ボタフォゴ→  $0
手薄だった右SBに豊富な運動量が魅力のブラジル人選手をフリーで獲得。シーズン終了後に合流となる。

in ST:Douglas Coutinho
パラエナンセ→  レンタル($280万で買い取りオプション付)
抜群のスピードをもつ未来のスターをオプション付のレンタルで獲得。

out CB:Roman Golobart
コットブス←  レンタル
出番のなかったスペイン人のCBをレンタルで放出。

out ST:Patrick Helmes
アンジ←  $1000万
現在得点ランクトップのエースにオファーが殺到。好調のチームを引っ張る選手なだけに放出する気はなかったが、アンジからきた市場価値の2倍以上の高額オファーは断れず。
代役を急遽さがすことに。

out LM:Maximilian Thiel
ザンクトパウリ←  レンタル
成長を期待してレンタルで放出。

in ST:Luciano Vietto
ラシン→  $700万
Helmesのポジションを埋める選手として獲得したのはアルゼンチンの若手選手。
将来性抜群な選手だけになかなか交渉がまとまらず、思いの外高額な移籍金になってしまった。
背番号10番をつけ、新たなエースとなれるか。

107ケルン2014/06/19(木) 13:55:10.85ID:wwCo81hN
BL第20節(A)
vs ヘルタ
1-3

20分 Yoshida(Meha)

15分 Ben-Hatira
48分 Wagner
90分 Skjelbred(Hosogai)

Horn
Brecko,Yoshida,Maroh,Hector
Lehmann(73分 Matuschyk)
Meha,Mudingayi,Halfar
Finne(45分 Coutinho),Vietto(73分 Yesil)

Kessler,Nascimento,Nagasawa,Medeiros

過密日程により主力の数名を温存。
新戦力のMehaがスタメンに名を連ねた。
前半の9分、ヘルタにアクシデント。競り合いの際にYa Konanが負傷。試合開始早々Wagnerとの交代を余儀なくされる。
しかし先制したのはヘルタ。
15分、右サイドからのクロスにBen-Hatiraがボレーで合わせると、一度は吉田がブロックするもそのこぼれ球を自ら押し込んだ。
その5分後に今度はケルン。MehaのCKに合わせたのは吉田。打点の高いヘディングで決め、移籍後初ゴールとなる同点弾を決めた。
ただそこからはヘルタペース。
後半立ち上がりに途中出場のWagnerが勝ち越しゴールを決めると後半ATにもだめ押しの3点目。
ケルンにとっては痛い黒星となった。


BL第21節(H)
vs バイエルン
0-1

44分 Muller

Horn
Risse,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann(35分 退場)
Finne(63分 Meha),Gerhardt(63分 Mudingayi),Halfar
Ujah(81分 Coutinho),Vietto

Kessler,Maroh,Brecko,Mudingayi,Meha,Medeiros,Coutinho

勝ち点差5で追う首位バイエルン戦。
試合は序盤からバイエルンが一方的に攻めこむ展開も、Yoshida,Wimmerの体を張ったディフェンスとHornのビッグセーブでなんとか耐えるケルン。
しかし35分に最悪の事態が。右サイドで突破をはかったLarmを倒したLehmannが2枚目のイエローカードをもらい、退場に。
数的有利になったバイエルンがさらに攻勢を強めると44分。左サイドからのクロスに中で数選手が競り合うと、こぼれ球がフリーのMullerのもとへ。
MullerのシュートはHornが触りながらもゴールに突き刺さりついにバイエルンが先制する。
後半に入りなんとか追い付きたいケルンであったがチャンスすら作れない。
唯一のチャンスは後半AT、カウンターからViettoが途中出場のCoutinhoに大きなスルーパスを出すと、快足をとばしたCoutinhoがGKより先にボールに触りGKをかわす。ゴールまで障害はなし。誰もが同点となるのを確信した。
しかしCoutinhoのシュートはまさかまさかの枠外へ。
サポーターからの大きなため息とともに試合終了のホイッスル。
注目の上位対決はなんとも言えない結末で終わってしまった。

108名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/19(木) 14:16:35.62ID:oImD2pAw
アンジ破産したのに余裕だな

109名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/19(木) 16:54:13.65ID:xfcsQ0pM
・時間不足気味のゲーム生活がRMT OPで変わるのね。
RMT OPはゲームの生活を変わる!もっとやすいゲーム生活を楽しみ!
FIFA14(ULTIMATE TEAM )コイン不足場合は RMT OPへ !

「FIFA14 RMT OP」を検索してくださいませ。

110ニューカッスル13-14シーズン8月2014/06/20(金) 10:22:26.46ID:pd8Z0hqp
8月18日、PL第1節
vsマンチェスターシティ(A)
プレミアリーグが遂に開幕した
初戦の相手は名将ペジェグリーニ率いる優勝候補最有力と目されるシティだ
フォーメーションを442とし、右サイドにベン・アルファではなくムサ・シッソコを入れ、守備的な布陣で臨むことにした
ゲームは開始直後からホームのシティが支配し、素早いパス回しから何度もニューカッスルゴールを脅かす
開始4分、コラロフのクロスにジェコが頭で合わせる
しかしこれは、クルルが上手くパンチングで弾く
続く17分、今度はヤヤ・トゥレのスルーパスに抜け出したアグエロがクルルと一対一になりシュート
絶妙なコースのシュートはクルルの脇を抜けるが、これはポストに嫌われてしまった
攻めるシティと守るニューカッスル、この図式は前半ほとんど続くこととなり、セカンドボールさえもほとんど奪われてしまうのであ
った
ゴールネットが揺れるのも時間の問題かと思われた
そして37分、遂にスコアが動く
ドリブルからカウンターを試みるレミからボールを奪ったフェルナンジーニョが直ぐ様ロングパス
この浮き玉のパスをアグエロがエリア内で上手く収める、しかしクルルが詰めシュートコースを上手く消すのであった
追い詰められたアグエロはパスを選択
このパスに反応していたヤヤ・トゥレがダイレクトで叩き、ネットを揺らす
ビハインドを負ってしまい、攻めるしかないニューカッスル
しかし、相変わらず試合はシティペースで進行し同点弾はおろか、追加点を逆に決められてしまいそうな展開であった
前半が終わり、マグパイズの11人は意気消沈としながらドレッシングルームへ引き上げる

手を打たなければならないニューカッスルは、フォーメーションを4411に変え、ムサ・シッソコを下げベン・アルファを投入し後半に臨むのであった
長身でポストプレーが上手いルーク・デヨングをトップ下に下げ、彼を起点としてチャンスを拡げていく戦術を執るモイーズ
戦術が機能したかに見えたのは51分
右SBのライアン・テイラーのロングフィードをルーク・デヨングがペナルティエリア手前で胸トラップし、足元に収める
それに呼応するかのように飛び出してきたティオテにバックパスをし、ティオテがそのパスをダイレクトで振り抜く
鋭いシュートはバーをヒットし、初めてシティのDF陣をヒヤリとさせることに成功する
そしてこのシュートで活気づいたのか、ニューカッスルの攻撃回数が少しずつ増えていく
69分、カウンターからサントンのアーリークロスにレミがナスタシッチに競り勝ちヘディングシュート
これはハートに阻まれてしまうが、更に77分またカウンターからチャンスが訪れる
アニタのスペースに転がしたスルーパスにベン・アルファが右サイドを独走する
コラロフを振り抜き、エリア内に切れ込みシュートをするが、猛然と詰め寄るコンパニにスライディングでブロックをされてしまう
そのまま残りの時間も攻撃は凌げても守備がこじ開けられず、スコアが動かないまま試合は終了を迎える
しかし、前半の圧倒的に支配されていた展開を、五分五分とは行かなくとも互角に近い内容まで後半に修正した、新監督モイーズの手腕を評価する声も多かったのであった
MOMは被枠内シュート12本ながら、失点を1に抑えた守護神クルル

試合後のインタビュー
モイーズ「このチームには飛躍の可能性が満ち溢れている。今日の試合はその一端を垣間見ることが出来たね」
とか言ってたとかなんとか

守備的な戦術は疲れますね
次節からは攻め勝ちたいです
8月はあと2試合あります

111ニューカッスル13-14シーズン8月2014/06/20(金) 11:04:00.63ID:pd8Z0hqp
8月24日、PL第2節
vsウェストハム(H)
0ー0
ホームにハマーズを迎えての一戦
モイーズとビッグ・サムことアラダイス、お互いロングボールを多用する戦術が持ち味なので
英国らしい激しいゲーム展開であったが
キャロル、レミ、両エースに惜しいシーンはあったもののどちらもこの日は決定力に欠け、スコアレスで勝ち点1を分け合う結果となってしまった
MOMは競り合いに何度も勝利していた主将コロッチーニ

試合後のインタビュー
モイーズ「お互い決め手に欠けていたね。それでも無失点に抑えたことは素直に評価できる試合だったよ」
とか言ってたとかなんとか

8月31日、PL第3節
vsフルハム(H)
2試合続けてロンドンを拠点とするクラブを迎え入れての一戦
この日も前節と同じく4231で臨んだが、崩しの局面で精彩を欠いてしまい、中々決定機が作れない
逆にFWを増やそうと442に変えてみても、今度は組み立てが上手く行かずチャンス以前の問題となってしまう
シティ戦で機能したかに見えた4411はカウンター主体なので、イニシアチブを握る試合展開の時に攻撃が機能しづらいのであった
だからといってパスサッカーを目指そうとしてもそれを出来る選手が揃っていないので論外であった
などとジレンマにもがいている最中に試合は終わってしまい、2試合続けてのスコアレス
せっかくのホーム連戦でこの結果は痛い、、、
この結果を受けたマグパイズのサポーター達は、徐々にモイーズに対して懐疑の目を向け始めるのであった(たぶん)
MOMはいないと言いたいけど何故かレートが高かったアニタ

試合後のインタビュー
モイーズ「守備は非常に良くなってきている。攻撃も形は出来ている、後は決めるだけだ」
とか言ってたとかなんとか

8月はこれで終わりです
まだノーゴールですから焦ります
そして解任だけは勘弁願いたいぜ、、、
9月は28日に因縁の相手(エバートン)との試合があるのでそれまでに好調に仕上げておきたいです

現在のリーグ順位、15位
0勝2分け1敗、勝ち点2
3試合0得点1失点

112名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/20(金) 11:06:35.09ID:Seqz06up
グディソンパークでは手厚く歓迎されるでしょうね
夢の劇場でもブーイングは無いでしょうが気まずい空気にはなりそうw

ちょっと気が早いですがレミーとデヨンクが帰ったらどうするかって考えてます?

113名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/20(金) 11:21:16.84ID:5whoym9R
もしもモイーズが今シーズンマンUじゃなくて新城を選んだらってことだよな

つまりマンUの監督は今誰なんだ…

114ニューカッスル13-14シーズン2014/06/20(金) 12:08:11.63ID:pd8Z0hqp
>>112
間違いなくOTではブーイング喰らうと思いますw

レミとデヨングの後釜についてはまだぼんやりとですが考えてます
レミはまだ選手の名前が浮かぶほど決まっていませんが、デヨングに関してはリヨンのゴミスもしくはキャロルを帰還させようかな…と
どちらも脳内補完余裕なので

9月3日、キャピタルワン杯2回戦
vsプリマス・アーガイル
3ー0
得点者:アイダラ、レミ、ヤンガ=ムビワ
FL2(4部)に位置するクラブとのカップ戦である
中2日だったので、レミ、アニタ、コロッチーニ以外を控えと入れ換えて試合に臨むことにする
流石に4部相手には決定力不足も問題にはならず、次々とゴールが決まるのであった
まず24分にマールボーとのワンツーに抜け出した左SBのアイダラが、ファーサイドネットに鋭いグラウンダーのシュートを突き刺す
続く39分、今度はレミがビギリマナのスルーパスをダイレクトで叩き、キーパーの股を抜き加点
後半に入り64分、途中出場のベン・アルファからのCKをヤンガ=ムビワがヘッドで叩き込む
その後も余裕のゲーム運びのまま終了を迎え、枠内シュートを撃たせず完勝で公式戦初勝利を飾るのであった
この勝利でリーグ戦も勢い付いてくれればいいのだが、、、
MOMは90分走り回りアシストも記録した若手のビギリマナ

試合後のインタビュー
コロッチーニ「やっと勝利だ。格下相手とは言え素晴らしいゲームだったよ!次はリーグ戦での勝利だね」
とか言ってたとかなんとか

9月16日、PL第4節
vsアストン・ヴィラ(A)
代表ウィークを明けてからのリーグ初戦だ
4部相手とは言え、勝利の感触を掴んだチーム
なんとしてもその感触をこのゲームに繋げたかった
その切実な思いが実ったのは32分、CKからだった
ベン・アルファのファーサイドへのボールを、エースのロイク・レミが叩き込み、遂にリーグ初得点を記録することに成功した
モイーズも力強い(あの)ガッツポーズで喜びを表現する
しかし、お祭りムードは後半に入り終わりを迎える
69分、今度はヴィラのエース
クリスティアン・ベンテケがデルフのスルーパスに抜け出し、ボックス内に侵入する
シュートはウィリアムソンの懸命なブロックが防ぐが、頭の高さぐらいまで浮いたこぼれ球をベンテケ自らがなんとボレーで叩き、ゴールにねじ込む
信じられない身体能力に本拠地ヴィラ・パークも一瞬沈黙してしまうが、すぐにゴールの喜びを爆発させる
そしてこの得点で勢い付いたのか、ヴィラがニューカッスルを畳み掛ける
75分、ウエストウッドのミドルがゴールマウスを襲う
クルルのセーブがこれを防ぐが、今度は84分
カウンターから快速アグボンラホルが、ハーフウェーライン付近からドリブルで切れ込み、ドビュッシーを抜きシュートまで持ち込む
これはぎりぎりサイドネットであったが、ニューカッスルは完全に守勢に廻る展開となってしまったのだ
その後も終了まで次々とシュートを撃たれるが、なんとか凌ぎ引き分けに持ち込むことに成功したマグパイズ
リーグ初得点の喜びなど、とうに消え失せていた
MOMはレミ

試合後のインタビュー
モイーズ「ベンテケのあのゴールから流れが変わってしまった。その後の修正を図れなかったのは私の責任だったね…」
とか言ってたとかなんとか

9月はあと3試合です

115ニューカッスル13-14シーズン2014/06/20(金) 12:13:16.71ID:pd8Z0hqp
>>113
時系列は13-14シーズンですが一応モイーズがユナイテッドを解任された後ってことで補完お願いしますw
ちなみに試合前の記者会見ではユナイテッドの監督はギグスになっています

116ケルン2014/06/20(金) 12:19:45.14ID:RHMOt5nQ
ボカル準々決勝(H)
vs ヴォルフスブルク
0-0(PK8-7)

Horn
Risse,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Finne(80分 Nagasawa),Gerhardt(90分 Mudingayi),Halfar(74分 Medeiros)
Ujah,Vietto

Kessler,Maroh,Brecko,Coutinho

準々決勝はヴォルフスブルク戦。
両チーム得点を奪えず決着はPK戦へ。
8人全員が決めたケルンに対して、ヴォルフスブルクは8人目のキッカーがシュートを枠の外へ。
ケルンは準決勝進出を決めた。

BL第22節(H)
vs バターボルン
0-0

Horn
Risse,Yoshida,Wimmer,Hector
Matuschyk
Meha(75分 Medeiros),Mudingayi,Halfar
Finne(74分 Ujah),Vietto(75分 Coutinho)

Kessler,Maroh,Brecko,Gerhardt

ホームでの最下位バターボルンとの一戦。
攻撃陣の復調に向けて期待のかかる試合だったが、終わってみればスコアレスドローで3戦連続無得点。
内容も乏しく、4位に転落。
Helmesの抜けた穴が予想以上に大きい。
次節は5位ドルトムント戦。CL出場権獲得に向けて是が非でも勝ちたい相手である。

117ケルン2014/06/20(金) 12:23:30.08ID:RHMOt5nQ
BL第23節(A)
vs ドルトムント
1-1

77分 Vietto(Mudingayi)

45分 Bender(Gundogan)

Horn
Risse(82分 Brecko),Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Meha(70分 Finne),Mudingayi,Halfar
Ujah(74分 Medeiros),Vietto

Kessler,Maroh,Matuschyk,Gerhardt

注目の上位対決はドロー。
4試合ぶりの得点はViettoが決めた。
ドリブラータイプが多いためか攻撃が単調に。
前線でための作れるFWが来季の補強リストのトップか。


BL第24節(A)
vs フライブルク
1-0

36分 Risse(Vietto)

Horn
Risse,Yoshida,Maroh,Hector
Lehmann
Nagasawa(65分 Meha),Gerhardt,Halfar(90分 Medeiros)
Finne(90分 Ujah),Vietto

Kessler,Wimmer,Brecko,Mudingayi

オーバーラップしてきたRisseがViettoとのワンツーで抜け出し決勝ゴール。

118ケルン2014/06/20(金) 12:28:14.25ID:RHMOt5nQ
BL第25節(H)
vs ブレーメン
0-0

Horn
Brecko,Yoshida(89分 Nascimento),Wimmer,Szarka
Matuschyk
Bigalke,Mudingayi,Medeiros
Ujah(89分 Coutinho),Vietto(71分 Yesil)

Kessler,Peszko,Weiser,Meha

過密日程により主力を温存。
内容も悪くスコアレスドロー。


BL第26節(H)
vs シュツットガルト
0-0

Horn
Risse,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Finne(57分 Meha),Gerhardt,Halfar(71分 Coutinho)
Ujah(62分 Yesil),Vietto

Kessler,Maroh,Brecko,Mudingayi,Meha,Coutinho,Yesil

勝ち点3差で追う3位シュツットガルト戦。
CL出場権獲得のために勝ち点3が欲しかったが、またもスコアレスドロー。
守備陣の頑張りに対して、得点力不足が深刻に。

119名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/20(金) 12:34:18.04ID:Seqz06up
>>113
普通にファンハールってことで脳内補完

120名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/20(金) 12:35:25.93ID:Seqz06up
ケルンの人は頑張ってCL出てポドルスキ復帰させてあげてほしい

121ニューカッスル13-14シーズン9月2014/06/20(金) 13:08:18.42ID:pd8Z0hqp
9月21日、PL第5節
vsハル・シティ(H)
1ー0
得点者:レミ
昇格組のハルをホームに迎えての一戦
立ち上がりからゲームを支配し、何度もシュートをするが中々入らず、前半はスコアレスで終える
72分、ペナルティエリア手前でボールを受けたレミが素早い反転で前を向き、キックフェイントでDFをかわし、シュート
反応はしていた相手キーパー、マクレガーも僅かに届かないような絶妙なコースのシュートがネットに吸い込まれる
先制点を奪った後も惜しいシーンは何度かあったが、結局追加点は奪えず
守備の方はアイルランド代表シェーン・ロングの個人技にDF陣も手を焼いていたが、なんとかクリーンシートでゲームを終わらせたのであった
そしてホームで遂に勝ち点3を得ることに成功する
MOMは殊勲のゴールを挙げたレミ

試合後のインタビュー
レミ「自分のゴールで初勝利を飾れて本当に嬉しいよ!これからもどんどんゴールを決めていきたいね!」

9月24日、キャピタルワン杯3回戦
vsアストン・ヴィラ
今月2度目となるヴィラとの対決、今度はカップ戦だ
この試合の2日前にレミが練習中に軽傷を負い、STの先発をルーク・デヨングに代える羽目となってしまった
試合は25分アグボンラホルのシュートで先制を喰らってしまう
前半をビハインドを負った状態で終え、後半に入る
だが、ここにきて追い込まれたモイーズがベストのフォーメーションを発見する
4231で崩すのが難しくなってきたので、433と3トップへと移行をはかる
しかし、形は4231と変わらずサイドの二人を上げただけのフォーメーションなのであった
それでも思いの外、この陣形がハマり後半に攻撃が爆発する
49分にベン・アルファのクロスをルーク・デヨングが頭で叩き込み
今度は59分、トップ下に入ったムサ・シッソコが強引なドリブルで敵陣に切れ込み、ペナルティエリア内で横パス
このパスを受け取ったベン・アルファが冷静にニアを射抜き、逆転
そして85分、ドビュッシーのグラウンダーのクロスに途中出場のデンバ・シセが滑り込みながら押し込みダメ押しの3点目
見事な内容で逆転勝利を挙げるのであった
MOMは1ゴール1アシストのベン・アルファ

試合後のインタビュー
ベン・アルファ「後半は圧倒的だったね!僕もゴールを決めれて嬉しいよ!」
とか言ってたとかなんとか

433(実質4213?)が非常に使いやすいです
フィジカルが強いムサ・シッソコがフリーマンとなってくれて、起点からフィニッシュ全てに絡み攻撃に厚みをもたらしてくれます
エバートン時代のフェライニを彷彿とさせるようなパワフルぶりです
強豪相手に通用するかは解りませんが、しばらくこれで行ってみようかと思います
次は9月ラストの試合、エバートン戦です

122名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/20(金) 17:33:56.73ID:KtRx1xro
楽しそうだな
インテル辺りで書いてみようかな

123名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/20(金) 21:36:39.15ID:Seqz06up
インテルは世代交代が大変だけどその分自分の色に染めやすくて面白そう

124名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/21(土) 00:06:49.44ID:x0wB0FLq
アーセナルで放出縛りやってた者ですが一年目終わるところでフリーズ
仕方無く最初からやり直し
といっても同じ縛りじゃ楽しくないので今度は戦術縛りで再開

一年目の結果はリーグを無敗で二位(!?)とCLを制覇
その続きという妄想で開始
当然メンバーは初期化

125名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/21(土) 00:10:57.11ID:x0wB0FLq
一年目はベンゲルで二年目は監督が変わったという設定
ベンゲルはまたも不倫が発覚
家族の時間を大切にしたいと引退
とはいえ前年CLを獲っているメンバーは前向き
CLでの得点王&アシスト王にも輝いたエジルはこう話す
「まずはプレミアだね。僕らは去年一度も負けなかった。
これでリーグが獲れなかったのはアンフェアだと言わざるをえない。
当然CL史上初の二連覇にも全力を尽くす。
ボスの勇退は残念だけれどチーム全体のモチベーションはすごく高いよ。
新監督?
誰が指揮を執ろうが僕らのショートパスを細かく繋いで崩すという哲学は変わらないよ」

後釜は名古屋時代に日本で知り合った関西人のコーチという設定
就任会見では
「細かいことはええ。バーンって蹴ってサイドがダダダダーって走ってズバーンってクロス上げてドッカーンって頭突きかましたったらええねん」
とコメント
翌日エジルが移籍希望を出す
(実際にエジルが移籍希望を出したのは夏の移籍期間が終わってからホームシックで)

126放り込みアーセナル2014/06/21(土) 00:21:45.48ID:x0wB0FLq
新監督は語る
「まずなんといってもフォーメーションは442や。これが基本や。
好きやろコレ。イングランド人は。
とはいっても柔軟に変更はしていく。対策されたらおしまいやさけな。
そんでワシはデカイのと速いのが好きや。
だからジルーやメルテザッカー、ウォルコットや宮市は重宝するで。
でも宮市はとりあえずレンタルやな」

新監督から寵愛を受ける選手やガナ愛が元々強いウィルシャーやジェンキンソンはともかく
他の選手からは彼の考えを不安視する声が既に上がり始めていたが
そんな中新監督の大胆な改革が始まる

127名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/21(土) 00:26:05.30ID:x0wB0FLq
「まずはロシツキや。今までようやってくれた。
でももうええ年やしテクニシャンは構想外やねん。
ユーベから700万でオファー来たから受けたで。
ユーベやったらええやろ。な? ほな。
ほんでディアビ。
お前デカイけど空中戦滅法弱いし何よりいつ離脱するかわからんからな。
何かようわからんチームから500万でオファー来たからすまんな。ほな」

その後、サニャがシティ、ファビアンスキがスワンズと、リアルと全く同じ移籍を果たして驚く。
フェルマーレンも散々噂になっているスモーリングとのトレードが成立。
一方で驚きの契約延長を果たした選手もいた。
デンマークの至宝。
ベントナーである。

「ヒュー。新監督はクールだね。
お前はデカイから残すし出場機会も与えるって言ってくれたよ。へへ。
ロンドンのタクシーはお気に入りだからね。
アーセナルに残れて嬉しいよ。ふひっ」

思いがけない幸運にご満悦な様子だが、彼の契約はあくまで時々スタメン起用である。

128名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/21(土) 00:27:59.57ID:x0wB0FLq
改革はまだ始まったばかり
「あとカソルラやな。ええ選手や。
でもトップ下とか要らんねん。
マンジュキッチとトレードしたで。
あとサニャの後釜にポルトのダニーロを1500万で獲ったった。
宮市、ナブリー、ゼラレム、ペジェリンは武者修行やな。
皆期待しとりまっせ。
とりあえず夏はこんなもんですわ。
後は冬のために貯金やね」

更にダイア―を500万で獲得
前回と同様、なるべく噂がある選手だけを獲得していく予定
本当は内田を獲りたかったがダニーロもゴシップがあったのを知って獲得

     マンジュキッチ    ジルー
     (サノゴ)       (ベントナー)
エジル                 ウォルコット
(ポドルスキ)             (チェンバレン)
     ラムジ―   ウィルシャー
     (フラミニ)   (アルテタ)
ギブス                  ダニーロ
(モンレアル)              (ジェンキンソン)
     メルテザッカー コシェルニー
     (スモーリング) (ダイア―)

129名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/21(土) 08:03:12.91ID:TLAfP51c
ワロタ

130名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/21(土) 08:12:56.78ID:3vTCr/Oq
そこはかとなく暗黒阪神の臭いがする

131名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/21(土) 08:24:47.23ID:0aSlD4Ef
33-4

132放り込みアーセナル2014/06/21(土) 21:05:32.83ID:x0wB0FLq
様々な懸念が渦巻く中、ついにホームエミレーツで開幕戦を迎える。
宣言どおり442でサイドアタック中心。
とにかくエジルやウォルコットに裏抜けさせて放り込む。
結果スコアレスドロー。
結果もさることながら、華麗なパスサッカーを期待するサポーターからはブーイングの嵐。
試合後の会見は逃亡。

次節ノースロンドンダービ―。
急遽従来の4231に変更。
エジルをトップ下に据え、ポドルスキとウォルコットの両翼から創造性と力強さを両立する攻撃を展開。
新加入のマンジュキッチもポストプレーにフィニッシュと大活躍。
2−0で勝利。
試合後我が物顔で会見に挑むと
「この前はすまんかったな。お腹痛かってん。逃げたんちゃうで。
しかしあれやな。無敗優勝待ったなしやな」
と息巻く。

三節目。
アウェーでのフラム戦。
前節の完勝に気を良くした新監督はまたしても442に戻して放り込みを再開。
クレイブンコテージに乗り込んだサポからブーイングを受けるも、
マンジュキッチとジルーの二大電柱がそれぞれヘッドで決める。
さらにはCKからコシェルニー。
試合終了間際にはベントナーがPKを外して3−0で勝利。

133放り込みアーセナル2014/06/21(土) 21:16:18.73ID:x0wB0FLq
ハプニングは移籍期間終了間際に訪れた。
新監督お気に入りのメルテザッカーにオファーが舞い込んだのだ。
「その報せを聞いた時には内容も聞かずに断ったで。
メルテは儂のサッカーを完成させる最後の1ピースやさけな。
でもオファー元がモナコや聞いてFAXに目を通したんや。
そしたら二千万やで二千万。
商人の血が騒いで仕方無かったんですわな。
代わりというわけやないですけど、昔うちにおったバートリーを買いましてん。
百万でお買い得でしたわ」

イレブンからの人望が厚く、サポーターからの人気も高い選手の売却に、
チーム内外での批判が高まる。
一部のサポーターコミュニティからは解任要求署名が集まる。
そんな中、エジルが正式に移籍志願を発表。
「彼のような創造性の欠片も与えてくれない監督の下ではこれ以上プレイ出来ない。
ただサイドを走り、クロスを上げるだけの毎日には心底うんざりしている」

この声明に対して監督は
「わかる。わかるでぇ。でも冬まで待ってくれ。
正直儂も君をどう扱えばええのかわからんかったんや。
移籍先に関してはええように取りはからったるさかいに、
それまでは頑張ってくれや」
と冬まで引き留めた。

134放り込みアーセナル2014/06/21(土) 23:19:55.68ID:x0wB0FLq
その後も生温い快進撃は続く。
なんといっても注目すべき点は継続する無敗。
とにかく点を獲られない為に負けない。
シーズン前半終了時に6失点は驚異的。
しかし同時に得点も少なく30点ほど。
強豪としてはあまりに寂しい数字だ。
要因としては得点パターンが絞られるため、マンジュキッチの調子次第になってしまいがち。
そのエースは既に20得点をあげて得点ランキング爆走中。
頭で良し! 裏抜けて良し! で非常に使いやすい。
2000万前後で獲れる選手としては最高クラスだろう。
CLのGLは無事に突破して、リーグの方は二位のチェルシーと勝ち点差1でなんとか首位を維持。
そしてついに来たるべき日がやってきた。
そう。
冬の移籍期間である。

135名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/21(土) 23:25:38.10ID:x0wB0FLq
移籍が成立したエジルは語る。
「またこのクラブに戻って来れて嬉しいよ。
世界で一番偉大なクラブだからね。
アーセナルでは新監督と僕の哲学が合わなくて苦労したが、
それでもきちんと面と向かって話をしてくれた。
何よりこうして僕の希望する移籍を叶えてくれた。
その点においては感謝してるよ。
そして僕の代わりにアーセナルへ向かう彼とアーセナルの成功を祈っている。
彼なら僕よりも走ってクロスはよっぽど上手だろうね。
何より慣れた土地なんだから。
ああでも、居心地は悪くなるのかな」

136名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/21(土) 23:26:44.29ID:4gIo1OJq
スペイン死んだし放り込みでもしゃーない

137名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/21(土) 23:30:41.43ID:x0wB0FLq
そして一月上旬。
エジルと2000万でトレードが成立し、ノースロンドンに怪物が舞い戻ってきた。
ベイルである。
監督の会見は以下の通り。

「最初から目を付けとったんや。
走って上げれて打てるサイドアタッカーの極致みたいな選手やわな。
元々ライバルチームの選手やったけど、
なんかのインタビューで往年のベストイレブン選べっていわれて、
アーセナルの選手を4人も挙げたんや。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140506-00187688-soccerk-socc
隠れグナやないかと踏んどったんやな。
ベルカンプやヴィエラはともかく、こんなベストイレブンにシーマンやピレスを普通入れるか?
余程好きやったんやろな。
まぁ次のホワイトハートレーンではお手柔らかによろしゅう。
そちらもアデバヨールやベントリー獲ったんやからお相子でっしゃろ」

138放り込みアーセナル2014/06/21(土) 23:40:04.48ID:x0wB0FLq
お金が余ったのでカーディフからコールカーを一千万で獲得。
更にまだ余裕があったので、二人の選手を今季終了時にフリー獲得成功。

「一人目はハーフナーマイクや。
サノゴは武者修行させたいから、ベントナーの隣でカップ戦要員やってもらう。
彼はあのディドハーフナーの息子さんやからな。
前監督の元教え子やし縁があってよろしいやろ。
(※ 実際はディドハーフナーが名古屋を退団した直後にベンゲルが監督就任してます)
そして二人目はバルデスや。
モナコのメディカルパスを落ちたらしいからうちが貰うで。
スチェスニーは来季武者修行にいってもらう。
というのも無茶な契約更改を要求してきてむかついとるんや。
頭を冷やしてきてもらうで」

現状総括。
COC:敗退済み。
FA杯:順調に勝ち進む。
PL:無敗で首位。しかし得点少なく引き分け多い。二位以下と団子。
CL:決勝T一回戦はナポリ。

139名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/22(日) 00:20:08.04ID:WeAXR3S3
ベントナータクシーワロタww

140名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/22(日) 04:00:38.33ID:YKDCBBsE
タクシーとセックスって相当イってるわ

141名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/22(日) 19:17:05.63ID:I4mJmDHn
わざわざアーセナルで放り込みをやる人が世界で何人いるだろうか

142名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/22(日) 23:32:58.55ID:m9MQBubc
デフォルトのFW陣見たらむしろ効率的だけどね

143ニューカッスル13-14シーズン9月2014/06/22(日) 23:38:27.54ID:b94HtZ5e
9月28日、PL第6節
vsエバートン(A)
9月最後の試合はモイーズの古巣、エバートンとのグディソンパークでのアウェイゲームだ
モイーズがスタジアムに姿を現すや、トフィーズサポは温かい拍手で歓迎をする

フォーメーションは433
4日前にヴィラとカップ戦を戦った時に途中から採用した陣形だ
格上相手に通用するかは未知数であるが、現状最適なフォーメーションがこれなので継続して採用する形だ
対するエバートンはオーソドックスな4231
ロベルト・マルティネス率いる新生トフィーズはルカクを軸とした、連動性が高く攻守の切り換えの早さが持ち味のサッカーを展開してくる
そして試合は開始4分に動く
ベン・アルファからボールを奪取したベインズが対角線にいるミララスに速いロングボールを送る
これを受け取ったミララス、ファーストタッチだけでサントンを軽くかわし、内にカットイン
シュートかと思わせておきながら左アウトサイドで中央にパス
そのパスにバークリーがダイレクトで強烈なシュートを放つ
クルルも反応できず、トフィーズが先制
しかし、ニューカッスルも先制に気落ちすることなくすぐに追い付く
11分、ドリブルでベン・アルファがペナルティエリア深くまでドリブルで切れ込みクロス
マイナスのグラウンダークロスはファーサイドに走り込んでいたグフランが押し込み同点
更に前半終了間際の45分、レミのミドルシュートのこぼれ球に反応していたグフランがこの日2点目のゴールを叩き込む
逆転に成功し、後半へ折り返す

後半51分、ムサ・シッソコが空中戦の競り合いから左膝を打撲し、負傷をしてしまう
戦術上のキーマンの負傷により、やむなくフォーメーションの変更を強いられてしまう
代わりに入ったルーク・デヨングをトップ下に置き、レミを1トップに据えた4411
開幕戦であるシティ戦で機能したこの陣形は完全にカウンター仕様のフォーメーションなので、リードしているこの状況ではムサ・シッソコの負傷退場は幸運だったのかもしれない
そして変更後はやはりカウンターが次々と決まる
最大のチャンスは69分、ライアン・テイラーのロングフィードをルーク・デヨングがトラップせずにバックヘッド
オフサイドラインぎりぎりで抜け出したレミがこのフリックに反応しそのままドリブル、キーパーとの一対一へ
しかし、レミのコントロール性のシュートは名手ティム・ハワードが腕を目一杯伸ばしなんとかセーブ、追加点は奪えなかった
その後もエバートンの猛攻を耐え凌ぎつつロングカウンターを狙うという構図がしばらく続いたが、スコアは動かずゲームは次第に終了へと近付いていくのであった
焦るエバートン、耐えるニューカッスル、落ち着きのないモイーズ、そして固唾を呑み見守るトフィーズサポーター
時間は刻一刻と過ぎ去り、勝利に近付くマグパイズであったが、89分
アニタがボックス手前でエリア内に侵入するバークリーを後ろからスライディングで倒してしまう
警告はイエローで済み、判定はFKであったが、キッカーは長きに渡ってトフィーズを支え続けてきたキャプテン、レイトン・ベインズだ
短めの助走をとり、左足を振り抜く
ニアを狙ったボールは壁の上を過ぎてから急激に沈み、枠内へと向かう
クルルも指先で触れるが、ボールは勢いを失わずネットを動かす
同点に追い付き、キャプテンが咆哮する
試合はそのまま2ー2のドローで終了
結果だけ見ればグディソンパークで引き分けは上々であるが、最後の最後で追い付かれてしまった後味の悪いゲームとなってしまった
MOMは2ゴールを挙げたグフラン

試合後のインタビュー
モイーズ「久しぶりに足を運んだがやっぱりここの雰囲気は最高だね、サポーター達も拍手で出迎えてくれて嬉しい気持ちにさせてくれたよ
…試合?ああ、そうだったね(笑)強豪相手にアウェイで引き分けたんだ。なにも悲観することはない」
とか言ってたとかなんとか

9月はこれで終わりです
得点力不足に関してはフォメ変更後は目に見えて結果に出ているのであまり気にしてないです
問題は中盤の質ですね
リアルでもキャバイエが抜けた穴を埋めずにシーズン後半を戦っていたので、司令塔不在は後半戦の成績を見ても結構響いてますね
アニタも悪くは無いのですがやはり中長距離で精度の高いパスを出せる選手が欲しいです
まあ、無い物ねだりをしてもしょうがないので後釜に関してはシーズン終了時にまた考えます
10月は20日に現在首位のリバプール
更に29日にはキャピタルワン杯4回戦でまたまたトフィーズとのゲームがあります

現在のリーグ順位、13位
1勝4分け1敗、勝ち点7
6試合4得点4失点

144放り込みアーセナル2014/06/23(月) 00:19:04.53ID:U/ctp31X
試合中にフリーズが多発。
シミュレーションをメインに進める。
箱〇だが次はPS4を買おうと決意。

まずはリーグ結果から。
無敗優勝を成し遂げる。
しかしとても褒められた内容ではない。
とにかく点が入らない。
優勝チームが72得点というのはあまりに寂しい。
引き分けの数も14にまで及んだ。
今回の栄冠は二位以下のチームが自滅した事による影響が少なくない。
失点数は12と非常に優秀。
ただしエース頼みだった得点パターンは、
マンジュキッチが後半にがくっと調子を落とした事により、
スコアレスドローの嵐が吹き荒れた。

攻撃に関しては改善の余地有り。

145放り込みアーセナル2014/06/23(月) 00:23:23.50ID:U/ctp31X
FA杯。
決勝にてニューカッスルに敗退。
例の如く点が入らない。
そもそもサイド突破が出来ず、それならばと中央に厚みを持たせようにもオプションがなさ過ぎる。
放り込みに特化させたツケが出た典型的な一幕。
とはいえ鉄壁の守りは健在。
互いに攻め手が無いまま時間だけが流れた。
スコアレスドローのままPK戦にてベイル、マンジュキッチが立て続けに外して破れる。

146名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/23(月) 00:30:44.92ID:U/ctp31X
そしてCL。
一回戦のナポリはアウェーで苦戦を強いられる。
イグアインにPKで先制を奪われるとそのまま膠着。
サイドを抑えられると途端に何も出来なくなる。
それでも駄目元でひたすらクロスを放り込み続けた。
愚着な攻撃が実ったのは試合終盤。
何度かクロスフェイントを織り交ぜて放たれたベイルのクロスは、
何故かどフリーとなったベントナーの元へ。
当然のごとくポストにぶち当てるベントナー。
しかしアルビオルに跳ね返るとそのままボールはゴールに。
目前に迫った勝利を逃したナポリは意気消沈。
エミレーツに迎えた2ndレグでは5−0と大勝。

147放り込みアーセナル2014/06/23(月) 00:34:54.76ID:U/ctp31X
続いてベスト8と4。
それぞれユナイテッドとシティが相手。
マンチェスター勢との連戦は正直記憶に無い。
なんとなく勝った。
これこそが今季のアーセナルの特徴だろう。
確たるビジョンも無いままマンジュキッチに当てて、
個人の強さのみでボールをゴールに押し込むだけ。
勝利が付随しなければ価値の無いサッカー。
サポーターからの信頼は守備陣の構築が出来たことだけ。

148名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/23(月) 00:48:13.85ID:U/ctp31X
決勝はペップ率いるバイエルン。
互いに真逆のスタイルを有する。
そういえばマンジュキッチの古巣対決であり、彼とトレードしたカソルラの古巣対決でもある。
しかしカソルラはベンチにも入っていなかった。

試合は後半に入っても何の動きも見せない。
こちらの攻撃は相も変わらずサイドの裏を狙い続ける単調な動き。
スペースが無ければ何も出来ない。
とはいえ守備も堅固で相手に攻撃の形を作らせない。
60分過ぎにマンジュキッチと同じく古巣に対して闘志を燃やすポドルスキを投入。
その時点で互いのシュート総数は5本程度だったように思える。
しかし彼の投入によりバランスが崩れた。

149放り込みアーセナル2014/06/23(月) 00:49:10.70ID:U/ctp31X
ハーフウェイライン付近からでもお構いなしにミドルを打ちまくる。
ポドルスキのそれは眠気を誘う試合の目を覚ませるには充分すぎるほどの劇薬だった。
幾度となく繰り返される大砲。
それが功を奏したのかはわからないが、とにかく相手のプレスが厳しくなり、
それは同時に裏へのスペースが生まれることを意味する。

ギブスが走り込む。
中にはジルーとマンジュキッチ。
アーリー気味のクロスがどんぴしゃでジルーに。
しかしノイヤーが弾く。
ボールはポドルスキと同時に投入されたアルテタへ。
縦パスがエリア内に侵入していたマンジュキッチに入る。
CBを迫ったまま振り向きざまシュート。
力が無くコースも甘い。
絶対入らないと思えたそのシュートは、CBの股を抜き、ノイヤーの脇下をくぐり抜けた。
誘われるようにゴールネットを揺らす。

そしてタイムアップ。
奇しくも相手から放出されたマンジュキッチの一撃でバイエルンを下す。

150名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/23(月) 00:54:10.97ID:U/ctp31X
マンジュキッチは28得点でリーグ得点王。
二位がソルダード、ヨベティッチの18得点。
ジルーは8得点。
ベントナーが7得点。
その他をベイル、ウォルコット、CBなどが決めている。
中盤の得点は皆無に等しかった。

そしてマンジュキッチはゴールデンブーツも獲得。
CL決勝もそうだが、苦しい時にはいつも彼が決めてくれた。
中盤やサイドからの擁護など無く、バイタルやエリア内で孤立しようとも、
点取り屋としての責務を果たすその姿は感動すら与える。
名実共にエースストライカーとして君臨してくれた。

151ニューカッスル13-14シーズン10月2014/06/23(月) 01:02:18.57ID:ymeYIIcE
10月5日、PL第7節
vsカーディフ(A)
1ー1
得点者:レミ/マッチ
昇格組、ウェールズに拠点を置くカーディフとのゲーム
左膝の打撲で10日程離脱するシッソコの代わりにマールボーをトップ下に据え、試合は始まる
なんとなく想像はできていたがやはりマールボーではシッソコの代わりにはならず、前半は攻撃が停滞気味であった
それでもレミが個人技で36分に先制点をもぎ取り、後半へ折り返す
後半からマールボーを下げ、ルーク・デヨングを加えた442へと変更する
しかし、引いて守るカーディフを最後まで崩すことは出来ず、得点は1点に留まってしまうことに
それどころか70分にカウンターから失点をしてしまい、またも勝ちきれず引き分けで終了
MOMは先制点を挙げたレミ

試合後のインタビュー
モイーズ「中々勝ちきれない試合が続いてるが仕方がない、今は組織の熟成が必要なんだ。負けないだけでも上出来だ」
とか言ってたとかなんとか

10月20日、PL第8節
vsリバプール(H)
代表ウィークのため前節から少し日が空けてからの、首位リバプールとのホームゲーム
今節からムサ・シッソコが復帰し、ベストメンバーで臨んだゲームだ
前半9分、そのシッソコのスルーパスをベン・アルファが角度のないニアに突き刺しゴール
首位相手に先制と、最高のスタートを切る
しかし、ここから悪夢が始まる
先制を喰らったことにより火をつけられたレッズは反撃に出る
18分、高い位置でボールは奪ったコウチーニョがスターリッジにパス
スターリッジはスアレスとのワンツーのパス交換をし、コースが空いたと判断するや否や左足を振り抜く
振りの速いシュートはグラウンダーながら絶妙なコースを走り、不意を衝かれたクルルは反応が遅れゴールを許してしまう
早い時間に追い付いたリバプールはその後も畳み掛ける
今度は26分、S&Sのもう片方のフォワード、ルイス・スアレスがスターリングの浮き球のパスをインステップでハーフボレー
強烈なシュートはクルルも届かずトップコーナーに突き刺さり、逆転を許してしまうニューカッスル
あっという間にゲームをひっくり返したレッズであったが、攻撃の手は微塵も緩めてはくれなかった
34分、CKからこぼれてきたクリアボールをヘンダーソンがダイレクトで叩き、そのシュートがヤンガ=ムビワに当たってコースが変わりゴールイン
更に43分、ジェラードの低くて速いコーナーキックを、ニアに居たスターリッジがヘッドで流し込み、リバプールが4点目を決め前半で勝敗をほぼ決定付ける
そして前半が終わり、セントジェームズパーク全体が重苦しい雰囲気に包まれる
なんとか少しでも点差を縮めたいモイーズは後半、グフランを下げレミをLWにコンバートし、STにルーク・デヨングを入れ攻撃力の向上を図る
これが功を奏したのは57分、コンバートされたレミがカウンターから左サイドを独走
アーリークロスを上げ、これをルーク・デヨングがダイビングヘッドで押し込む
この得点でマグパイズが息を吹き返す
スタジアムに集ったサポーターも更なる反撃に期待を募らせる
しかし77分、その淡い期待は絶望へと変わる
左サイドをオーバーラップしていたホセ・エンリケに途中出場のジョー・アレンがスルーパスを出す
パスを受け取ったホセ・エンリケはそのままドビュッシーをかわし、ボックス左へとドリブル
パスを出したコウチーニョにパスを送り、CBのマークを外し再びボールを受け取りクロス
スアレスを追い越したクロスはファーサイドに待ち構えていたスターリッジへ
スアレスを警戒していたクルルも間に合わず、ボレーを叩き込みレッズの背番号15がハットトリックを完成させる
3点差を追い付く気力はマグパイズに残っておらず、試合は2ー5のまま幕を閉じる
モイーズが構築した自慢の守備組織をことごとく破壊し尽くしたレッズがセントジェームズパークを後にしていく
呆然と立ち尽くすイレブン、そしてモイーズ
MOMは1アシストのムサ・シッソコ

試合後のインタビュー
モイーズ「これ以上にない手痛い敗北だよ。だが数あるリーグ戦の中でのたった1敗だ。次節から気持ちを切り換えていかなければならないことぐらい選手達も理解しているはずさ」
とか言ってたとかなんとか

たまたまなのか首位だからなのかリバプール滅茶苦茶強かったです、、、
次節は24日、中3日でタインウェアダービーです
絶対負けられません

152ニューカッスル13-14シーズン10月2014/06/23(月) 01:10:16.67ID:ymeYIIcE
ミスりました

×高い位置でボールは奪ったコウチーニョ
○高い位置でボールを奪ったコウチーニョ

でした
すみません

153放り込みアーセナル2014/06/23(月) 23:05:20.38ID:U/ctp31X
新シーズンが開幕する。
いきなりマンジュキッチにオファーが殺到。
新監督は語る。
「彼は儂のチームの骨子や。売るつもりは無い。無いが……最近ちょっと迷っとる。
このやり方であっとるのかと。
放り込みを疑ったことは無い。
儂の心にはいつもクロスが虹を描いとる。
しかしそれだけに拘ると、碌に放り込むことすら出来んのがようわかった。
やってる事は対極でもポゼッションに拘りすぎて自滅するチームのようや。
色々なオプションは必要やという事が身に染みた一年やった。
だから儂はチームをさらに改革する。
放り込みから逃げるんやない。
一度離れることで、放り込みを俯瞰から見つめ直したいんや」

アーセナル。
獅子奮迅の活躍をみせたマンジュキッチ。
4,500万でPSGに売却。
2,000万強という買値に対して、あまりに魅力的なオファーであった。

154放り込みアーセナル2014/06/23(月) 23:12:14.84ID:U/ctp31X
続いてジルーにアトレティコから2,000万のオファー。
これも快く受諾。
更にはコシュルニーにインテルから1,800万。
彼らは
「ここでは全てを成し遂げた。新しい挑戦を楽しみにしている」
という言葉と共に、クラブやサポーターに賛辞と感謝を述べてロンドンを去った。
彼らの言う通り、PL無敗優勝と大耳という多大なタイトルをもたらし、
高額の移籍金を残しての国外移籍には、文句を言うサポーターは誰一人居なかったが、
それはあくまで選手にであって、監督の決断には不平が募る。
あれだけ強引に推し進めたスタイルを変えるのか、と。

監督はその声に対して迅速に対応。
「こないだも言ったとおり、放り込みを諦めはしまへん。
ただし二年目は、他の事も勉強しようと思ってるんや。
多彩な攻撃を模索すれば、より放り込みが映えるはず。
昨季はあまりに一辺倒になりすぎたさかいにな」

155放り込みアーセナル2014/06/23(月) 23:17:05.12ID:U/ctp31X
そしてまたしても改革が始まる。
「どちらにせよ、栄光を勝ち取った同じメンバーでは成功は続かん。
それは近年のトップチームが証明しとる。
とはいえやるならマイナーチェンジが好ましいんやろうけど、
儂はちまちましたのが嫌いでな。
やるなら大胆にいくで」

まずはフリー獲得でバルデスとハーフナーマイクが加入。
そして法外な契約更新を要求してきたスチェスニーをバレンシアにローン。
ナブリ、ゼラレム、サノゴ、シウバも引き続き武者修行。
それに加え、一年目に全く成長を見せなかったスモーリングとチェンバレンもローンに出す。
それぞれベルリンとスポルティングに旅立った。

156名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/23(月) 23:37:04.82ID:U/ctp31X
従来の放り込みに対して、速攻と中央からの崩しをエッセンスとして取り入れたいと目論む監督。
新フォーメーションは攻撃的な433を考えている模様。
エリア内での力強さは犠牲にしつつ、スピード感溢れるダイレクトな放り込みを目指す。
電柱にふんわりとクロスを当てることだけが放り込みではないと軌道修正。
そんなサッカーのトップに求められるのは全局面対応型のストライカー。
しかし鈍足では務まらない。
理想の新戦力を探す監督の耳に、大型移籍の話が舞い込む。
冬にレバンドフスキをフリーで、そして今夏、さらにアグエロを7,000万で獲得したチームが登場。
そう。
レアルである。
必然的に過剰戦力となるベンゼマ。
意外と空中戦にも強い。
機動性や足下は言うに及ばず。
3,500万で獲得。
27歳のマンジュキッチを4,500万で売り、
25歳のベンゼマがこの値段で獲得出来たならば、
監督でなくとも上機嫌になるだろう。

157放り込みアーセナル2014/06/23(月) 23:42:37.55ID:U/ctp31X
次に触手を伸ばすはトップ下。
司令塔タイプよりもエリア内に走り込めるアタッカータイプを探す。
当初はエリクセンを希望していた。
元々アヤックス時代にはベルカンプからもアーセナル入団を薦められていた選手だ。
しかし退団後とはいえベイルとコールカーを獲得されたスパーズは威信に掛けてこの移籍を拒否。
次に候補に挙がったのがユナイテッドで燻る香川。
ライバルに引き抜かれるクラブから、引き抜くクラブへと変貌したいとは監督の口癖だった。
重要な戦力になりきれていない香川を2,500万で獲得。

さらにはDFの屋台骨としてフンメルスに駄目元価格の3,000万でオファー。
正直ひやかしのつもりだったのに、まさかの受諾。
香川が勧誘してくれたのだろうか。
ありがたや。

158名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/23(月) 23:49:46.39ID:U/ctp31X
続いてオプションを模索。
昨季は試合が膠着した場合に出てくるのがベントナー。
これでは事態は好転しない。
というわけでスーパーサブとしてドゥンビアを2,000万で獲得。
試合終盤に相手の足が止まったところを掻き回してくれること期待。

順調に改革が進む中、監督を悩ませるのがアルテタの存在。
昨季はベテランとしていぶし銀の活躍を見せてくれたがもうすっかりと妙齢。
引退を申し出てもおかしくない。
劣化も見え始めた。
選手本人も、キャリア終盤の身の置き方を案じているようだ。
そこで古巣エバートンへの復帰に助力してあげる。
移籍リストに載っていた若手とトレード。
元々移籍金は殆ど無い。
ならば給料が浮くだけでも得と考えるべきだろう。
エバートンにとってもバリーの抜けた穴をこれ以上無い形で埋めれたはずだ。

「キャリア最後に再びこの青いユニフォームを着ることが出来て嬉しく思っている。
代表には縁が無かったが、CL優勝と大耳獲得という偉業を成し遂げることが出来た。
その成功による経験を、僕を育ててくれたこのクラブに還元したい」

159放り込みアーセナル2014/06/23(月) 23:54:28.50ID:U/ctp31X
アルテタの抜けた穴を探す。
守備用の中盤はノルトヴェイトが居る。
ならばやはりアルテタと同様の司令塔タイプのCMが欲しい。
以前噂になったあの選手に声を掛けてみる。

ミゲルヴェローゾという選手が居た。
FIFAでは神出鬼没な所属を見せる選手。
今回の彼が気まぐれに籍を置いたのはPSG。
それによって割を食った選手。
ヨハン・カバイェである。
たったの1,600万で獲得。
まったくアルテタと同タイプの選手で、
彼もまた中盤の底力を上げてくれるだろう。
セカンドチームのプレースキッカーも欲しかった。

160名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/23(月) 23:58:27.99ID:U/ctp31X
二年目の1stチームが掲げるコンセプトは
『高さに拘らない、頼らない、速攻型放り込み。中央突破も時々思わせぶりにちらつかせるよう』
である。

1stチーム 攻撃的433

ベイル    ベンゼマ    ウォルコット
       (ドゥンビア)
 
         香川
     ラムジ―  ウィルシャー
ギブス               ダニーロ
     フンメルス コールカー
         バルデス


2ndチーム  従来のシンプルな放り込み

    ハーフナー   ベントナー
ポドルスキ            宮市
    ノルトヴェイト  カバイェ
モンレアル        ジェンキンソン
     ダイア―    バートリー

161名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/24(火) 00:23:18.51ID:7Ik1+pQY
>>143
ニューカッスルでやるとカバイェの後釜に悩みますよね
自分はいつもelmを獲得するか、もしくはトップ下にグルキュフを入れます(フランス人多いので)
他人がその辺をどういう風に解決するか楽しみです

162名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/24(火) 01:15:58.66ID:xV9KdAdn
sissoko有能すぎて毎回とっちゃう

163ニューカッスル13-14シーズン10月2014/06/24(火) 12:40:52.87ID:hQU67tcv
10月24日、PL第9節
vsサンダーランド(A)
因縁のライバル、サンダーランドとのタインウェアダービーだ
超満員のスタジアム・オブ・ライト
キックオフの笛が吹かれ、サポーターの熱気は最高潮に達しようかというところであった

開始7分、ベン・アルファの左足が火を吹く
カットインからの強烈なミドルはファーポストに直撃をし、惜しくもゴールにはならなかったが、ゴールを予感させる幸先良い立ち上がりとなった
続く19分、ムサ・シッソコがドリブルで中央突破を図る
エリア手前で横にパスを送り、オーバーラップしてきたドビュッシーがダイレクトでミドル
サンダーランドのGKマンノーネが辛うじてこれを触り、シュートはバーを直撃
ゴールの裏側スタンドに集ったマグパイズサポも盛り上がり、早くゴールを叩き込んでくれ、と歓声を上げチャントを歌う
それでも前半はスコアレスで終わり、ゴールは後半にお預けといった形となった
後半サンダーランドはアダム・ジョンソン、エマヌエレ・ジャッケリーニを同時投入し、両翼を一斉に変更し圧されている今の状況を打破するための采配を執る
推進力に溢れる前者と機動力が持ち味の後者、お互いタイプが異なるウインガーだが局面を打開する能力は一級品だ
そして、その内の一人アダム・ジョンソンがチャンスを作る
63分、右サイドでボールを受けたアダム・ジョンソンがマークについたサントンを抜き、カバーリングに回ったコロッチーニもかわし、ゴールから遠ざかるような形でマイナス方向にエリア内に切れ込む
シュートブロックに来たウィリアムソンの裏をかいたパスをファーポストに陣取るアルティドールへ
クルルの素早い飛び出しによりそのパスはキャッチをされたが、この日初めてのサンダーランドのビッグチャンスにスタジアム・オブ・ライトは活気を取り戻す
だが、72分にムサ・シッソコがエリア内でファールを受けPK奪取に成功するのであった
キッカーを務めるはレンタルの身ながらエースに君臨するレミ
しかし、放たれたペナルティキックはこの日大当たりのマンノーネが完全に読みきりセーブ
雄叫ぶマンノーネ、うなだれるレミ
そしてこのビッグセーブに背中を押されたのか、サンダーランドの攻撃陣がここにきて躍動を見せる
81分、ジャッケリーニのアーリークロスにアルティドールがヘッドで合わせる
クルルが横っ飛びでなんとか防ぐが今度はアダム・ジョンソンがこぼれ球をダイレクトで押し込む
しかしこれもクルルが半身を目一杯伸ばし片手でセービング
ウィリアムソンが慌ててクリアをするが、キックが弱かったのかこのクリアの飛距離が伸びずボールはペナルティエリア手前にいたコルバックへ
コルバックはボールをトラップし、足元へボールを止める
そしてボールを振り抜き、グラウンダーのミドルをクルルの手とポストの間に流し込み、
遂に均衡を崩す
モイーズはルーク・デヨング、マールボーと攻撃のカードを立て続けに切るが、最後まで点は奪えず、サンダーランドに逃げ切られる格好となってしまった
MOMはクルル

試合後のインタビュー
モイーズ「攻撃の形は悪くなかったし守備陣にも失点時のクリア以外大きなミスはなかった。ダービーに敗れてしまったとはいえ、私は特定の誰かを糾弾するつもりはないよ」
とか言ってたとかなんとか

次はカップ戦で、10月ラストの試合です

164名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/25(水) 00:11:26.59ID:ekKSB9Yv
これはひどいw
チラ裏っつっても読む人のこと考えて書き込めよな、アホどもがww

165名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/25(水) 06:36:31.02ID:NzYP5R7i
チラ裏の意味くらい考えてから書き込めよアホ

166名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/25(水) 23:49:09.92ID:Dahunn2b
みんなはインテルは復活してくる?

167名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/25(水) 23:56:23.80ID:NzYP5R7i
結構してる
時々リーグ優勝したりCL出てきたり

168名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/26(木) 00:09:52.84ID:34c2h06/
あれ

169放り込みアーセナル二年目2014/06/26(木) 00:10:24.02ID:34c2h06/
あ、書けた

新戦力が整いついにシーズン開幕。
まずはコミュニティシールド。
相手はFA杯決勝で敗れたニューカッスル。
その顔ぶれにはやや変化が見られた。
二枚看板だったレミーとデヨンクがレンタルを終えて所属チームへと戻っていた。
ベストメンバーなら恐るるに足らずと試合に挑む。
が、
3トップがびっくりするほど機能しない。
サイドでボールを持てば孤立。
そんな時の為のベンゼマと香川だったのだがこれまた全く噛み合わない。
中央突破どころかポゼッションすらままならない。
遅攻から無理矢理クロスを入れても、マークなどお構いなしに競り勝ってくれていたマンジュキッチやジルーはもう居ない。
途中投入したドゥンビアも得意のスピードを消される。
為す術無し。
チームを根底から変えた弊害が顕著に出た。
試合はFA杯を再現するようにスコアレスドロー。
そしてまたしてもPKで負ける。
どうにも国内カップとは縁が無い

170名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/26(木) 00:11:53.89ID:34c2h06/
開幕戦はホームでシティ。
相手はアグエロとジェコを放出して以降FWの補強を行っていない。
なぜかベコビッチを獲得している。
そのベコビッチが大当たり。
相変わらず拙い連携を見せるアーセナル攻撃陣だが、ホームの声援を後押しに、
それなりのチャンスを作り出すことが出来るが、その悉くを弾く。
前半終了間際には、ごりごりとヤヤに力任せのドリブルでエリア内に侵入されると、そのまま先制を許した。
後半になってベイルのCKからフンメルスが合わせて同点にするもそこで力尽きる。
前年リーグ王者の開幕戦はドローに終わる。

二節はグディソンパークでエバートン。
アルテタと早速の再会。
マッカーシー、バークリーという有望な若手を後ろから支える姿は敵ながら感悦極まる。
しかしフットボールの神は非情である。
感動的な一幕も一瞬の気の緩みで喜劇へと変わる。
アルテタの不用意なバックパスを香川がカットするやいなや、
ほぼ同時に前方へ糸を引くようなパスを送る。
ベンゼマは流石の反応。
飛び出したGKを嘲笑うようにループシュートを決める。
その一点を大事に守りつつカウンターを虎視眈々と狙う。
後半60分を過ぎてドゥンビアを投入。
サイドを突破したウォルコットからのクロスをダイビングヘッドで流し込んでくれた。
目論見通り。
2−0でリーグ戦初勝利。

171名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/26(木) 00:12:37.65ID:34c2h06/
続いてスーパーカップ。
相手はEL王者ユベントス。
新顔はGKのシリグくらい。
この日は漸く連携の糸口が見えた。
まずは前半20分。
香川が深い位置でボールを奪うとベイルの裏にスルーパス。
シュートを撃つには角度が無いが、ゴール前には誰も走り込んでいない。
コーナー目当てで思いっきりシュートをニアにぶち込むと、
弾丸はGKの手を弾いてそのままゴール。
さらにその直後、相手のCKをクリアした後、香川がセカンドボールを拾うと華麗な足裁きでしばし溜める。
その隙に猛烈な勢いで左サイドを駆け上がるベイル。
勢いを消さないよう滑らかにボールを渡すと自陣から独走。
そのまま対角線上に強烈なシュートをぶち込む。
トドメは後半開始早々。
ラムジ―とのワンツーでバイタルまで持ち上がった香川はベンゼマへのスルーパスを一閃。
真後ろからのボールをほぼダイレクトで蹴り込みゴール。
香川は3アシストでMOM。
他選手との連携も道が見えてきた。

172放り込みアーセナル二年目2014/06/26(木) 00:13:11.23ID:34c2h06/
漸くアーセナルらしいムービングでファストなパスサッカーが戻ってきたとグーナー達は歓喜の声を上げる。
そんな中一人仏頂面の監督。
「そりゃな、速効型の放り込みがやりたいとは言いましたけども、
これじゃただのショートカウンターやないかい。
最後はせめて真ん中でフリーの選手にクロスをあげんかい」
そのコメントに対して選手達は鼻で笑うばかりであった。

新加入のベンゼマと香川は早速個の力を見せている。
互いに足下の上手さや俊敏な動きは言うまでもなく、
ベンゼマは意外に単純な空中戦にも勝つことを証明し、
香川は前線からのプレスを精力的に行い、
相手のカウンターの起点を奪うどころか、
そのまま決定的なチャンスを何度も演出してくれた。

「まだまだ手探りやけど、なんや面白そうなチームになりそうな予感はしてきましたな。
あ、そういえばうちのチームの何人かにはバイアウト条項つけてるんで、
条件に合わんと引き抜こうとしても無理でっせ」

(脳内)バイアウト条項。
ベンゼマ:4,000万
香川:バルサかドルトムントからのオファー
ラムジ―:バルサかレアルからのオファー
ポドルスキ:ケルンからのオファー

173名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/26(木) 18:45:42.78ID:JSUL7qxt
FIFA14のUT COIN 販売専門サイト RMT OPです。

今販売価格下げました!

PS3/PS4 

_/\/\/\/|_
\          /
<1万COIN=40円>
/          \
 ̄|/\/\/\/ ̄

GOOGLEで 「FIFA14 RMT OP」を検索してください

174名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/26(木) 20:56:37.95ID:qdFGbdxs
セリエA
14-15 1 インテル 96(EL)
2 ユベントス 88(伊杯*)
3 ナポリ 81
-------------------------CL
4 ローマ 78
5 ミラン 72
-------------------------EL
6 ラツィオ 63
-------------------------EL*
7 ウディネーゼ 62
8 フィオレンティーナ 56
9 カリアリ 55

175名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/26(木) 20:57:57.23ID:qdFGbdxs
ミランの低迷ぶりが少しリアル
インテルでなんとか優勝を果たした。
タフなシーズンだった。

176放り込みアーセナル二年目2014/06/26(木) 22:10:07.40ID:34c2h06/
さてリーグは順調に無敗を継続していくが、
CLとCOCは割と波瀾万丈
まずはCOC。
完全に2ndチームで挑むが思いの外宮市とハーフナーが大活躍。
特に宮市は、数値以上にクロス精度が高いとしか思えない。
隠れステータスとして90くらいあるんじゃねぇかと思うくらいバンバン良いクロスが入る。
しかし数値以上に決定力無いんじゃないかっていうぐらい、
とにかくシュートは入らない。
一対一だろうが無人のゴールだろうが入らない。
でもクロスは超一流。
数値上は70も満たしていない。

そしてハーフナーは国内カップ戦だけの起用の予定だったが
そのCOCで三試合連続ゴールを上げる。
全て宮市からのクロス。
息ぴったり。
そして迎えたベスト8。
相手はWBA。
試合開始直後に上げられた、またしても絶妙な宮市クロス。
こいつ絶対隠れ『クロスの名手』持ちだわと確信。
ハーフナーの頭にドンピシャ。
しかし枠外。
こういう事もあるだろうと気を取り直すも、
肝心のハーフナーが立ち上がらない。
全治二ヶ月。
あ、試合は勝ちました。

177放り込みアーセナル二年目2014/06/26(木) 22:20:12.69ID:34c2h06/
CLのグループはアトレティコ、マルセイユ、ブレンビー。
敵はジルー率いるアトレティコだけと高をくくっていたが、
初戦のホームで迎えたマルセイユにいきなりスコアレスドロー。
このゲームは毎回CPUマンダンダが鬼門となる。
次戦のブレンビーにアウェイとはいえまさかの敗戦。
なんとかアトレティコに勝利するも、マルセイユには引き続きドロー。
ホームでのブレンビーにもさらにドロー。
最終節のカルデロンアトレティコを残して、勝ち点6での二位。
前年優勝チームがGL敗退の危険に晒される。

そして迎えた第六節。
万が一にも失点出来ないアーセナルは慎重になりすぎてしまう。
引きすぎたところをアトレティコでエースとして君臨するジルーにヘッドで決められ、
さらには前半終了間際にPKを獲得されてしまう。
しかし外すジルーさん。
ガナ愛を感じた。

後半ドゥンビアと宮市を投入。
これが大当たり。
まずは宮市独走カウンターからのシュート性の速いクロスにこれまた疾風の如きドゥンビアが体当たりして同点。
その直後、またしても宮市がコーナーフラッグ付近でフィリペルイスを抜かし、
今度はふんわりとクロスを上げる。
それは狙い通りドゥンビアの頭を越えて逆サイドのベイルの元へ。
胸でトラップして、地面に落ちる前にボレー。
豪快にゴールネットへ突き刺す。
なんとか決勝Tへ。
一回戦の相手はシャルケ。

178放り込みアーセナル二年目2014/06/26(木) 22:22:30.55ID:34c2h06/
前半戦の総括としては全てのコンペティションを勝ち抜いた。
(コミュニティシールドを除く)
リーグも無敗を継続。
トップ下を置くことにより得点パターンが増え得点数は倍増。
しかしそれと同時に失点数も倍増。
433に変更したことにより、44ブロックが作れなくなった。
相変わらず引き分けが多く、守備面での改善が求められる。
とはいえ昨季のようなスコアレスドローばかりでなく、
派手な撃ち合いが多いのでサポーターもご満悦。
リーグはほぼ独走の様相を呈してきた。
二位以下はいつもの面子だが、どこも調子が悪そうで勝ち点を伸ばさない。
特にリバプールの不調は顕著。
スアレスがバイエルンに引き抜かれ、
スターリッジが全治半年の怪我を負った。
今後も苦戦が強いられるだろう。

179放り込みアーセナル二年目2014/06/26(木) 22:25:50.19ID:34c2h06/
そして冬の移籍期間が開かれる。
トゥールーズのアブデヌールが移籍希望を出すも、
コールカーとダイア―の成長が著しいので(どちらも一年でovr80まで成長してくれた)、
見送るつもりだったが獲得の噂がプレミアのライバルチームばかり。
これはいかんと嫌がらせのつもりで獲得に名乗りを上げる。
ovr84の若いCBを2000万というバーゲン価格で手に入れる。
代わりに伸び悩んでるバートリーをレンタルに。
このアブデヌールという選手、良くは知らなかったが、
詳細を見ると利き足といい能力値といいフェルマーレンを思い起こさせる。
名前もアデバヨールみたいで縁起が良い。

180名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/26(木) 22:29:05.17ID:5BQlK7fn
現実だとモナコに移籍したな

181放り込みアーセナル二年目2014/06/26(木) 22:30:32.55ID:34c2h06/
香川にはレアルから声が掛かり選手本人も悩んでいたが
「うちから出てったエジルやイスコ居るから出場機会限られるで」
という監督の説得に応じて残留。
しかしベンゼマにバルサから3000万でオファー。
前述した通りベンゼマのバイアウトは4000万。
どうせ撤退するだろうとカウンターでその額を提示したら、
控えSTに碌なのがいないバルサは、喉から手が出るほど欲しかったのかその額を受け入れた。
契約に従ってクラブ間合意に至るとベンゼマも乗り気だったのか即移籍。
ベルナベウでのブーイングは覚悟の上の決断との事。
代役を急遽探すことに。
フロントにも補強資金をおねだりしつつ、かき集めたお金は5500万。
昨季大車輪の活躍を見せてくれた不動のエース、
マンジュキッチが新天地のPSGで苦戦しているとのニュースを思い出す。
援護の意味あいでカバーニを獲得。

サポーターからはそれならマンジュキッチを呼び戻すべき、
との声が高かったが、その批判に対して監督は、
「今のシステムじゃ足速いSTじゃないと無理」とばっさり。

182放り込みアーセナル二年目2014/06/26(木) 22:31:25.14ID:34c2h06/
その他の大きな移籍。
ユナイテッドがハビマルティネスとグルニエを獲得。中盤を大幅に強化。
ツートップなのにネグレドとヨベティッチしか即戦力が居ないシティがムリエルを補強。
悲惨なのはチェルシー。
出番の少なかったセスク(ゲーム開始前に手動で移籍済み)がユベントスへ。
さらにオスカルが来夏フリーでバルサ。
とどめに移籍期間が終わると同時にアザールが契約延長拒否。どうなる。
そんな中唯一獲得したベンテケが吉と出るか凶と出るか。

レアルはアグエロ、レバンドフスキを擁しながらもさらにファルカオを獲得。
ベンゼマの時と同様、来夏に誰か獲りにいきたい。

その他はJマルティネスがヴィオラ、
バークリーがアストンヴィラ、
クラインがノリッジ、
等々、経緯がよくわからない移籍が続く。

183放り込みアーセナル二年目2014/06/26(木) 22:57:26.45ID:34c2h06/
>>180
し、知らんかった・・・でも使い勝手良いから手放せない

184ニューカッスル13-14シーズン10月2014/06/27(金) 11:11:33.01ID:rn6D89N2
10月29日、キャピタルワン杯4回戦
vsエバートン

今シーズン2度目の顔合わせだ
若干のターンオーバーを図るトフィーズに対し、マグパイズはフルメンバーで挑む
立ち上がりは拮抗した展開となり、ポゼッション率もほぼ同程度
ルカク、バークリーとエバートンの攻撃の核とも言える二人が揃ってベンチスタートなのは助かったというところであったが、25分
ルカクの代わりにスタメン起用となったスコットランド代表、ネイスミスがミララスのスルーパスに抜け出し、そのままシュート
クルルの指先を掠め、ゴールネットに突き刺さる
選手層の厚さをまざまざと見せ付けられる格好となってしまった
しかし、ニューカッスルも黙ってはいられない
43分、ベン・アルファのCKをヤンガ=ムビワが高い打点からのヘディングシュートを沈める
フルメンバーの意地を見せたところで、ゲームは後半へ

後半開始と同時に、ドビュッシーを下げライアン・テイラーを投入する
ドビュッシーよりも更に攻撃性能が高い彼の起用によって少しでも攻撃力を高めれれば、とモイーズが考える
目論み通りクロス性能、ロングパスの精度の高さにより、右SBからロングカウンターが起点となるシーンが目立ち始めるようになったのだ
51、57分とゴールには至らなかったが惜しいシーンが2度続き、交替策が当たったことを証明した
だが61分、トフィーズはトップ下のオズマンに代えてロス・バークリーを投入する
そして、若干二十歳のこの若手が入るだけでトフィーズの攻撃が驚くほどの活性化を見せる
67分、バイタルエリアでボールを受けたバークリーが右サイド深くに精度の高い浮き玉のパスを送る
コールマンがこれを受け、クロスを上げる
ネイスミスを追い越したクロスをファーサイドで待つピーナールが左足で合わせる
クルルのファインセーブによってこれは防がれたが、その後もバークリーがチャンスを演出し続ける
70分、バリーからの楔のパスをバークリーがなんとスルー
スルーした先に走り込んでいたミララスがキーパーと一対一になりシュート
これはぎりぎり枠を外れるが、またもバークリーが決定的なシーンを創り出したのであった
ニューカッスルは左ウイングにレミを移し、グフランを下げルーク・デヨングをSTに据える
これで状況が好転すれば良いのだが、この日はルーク・デヨングが何故か中盤まで下がってボールを受けに来る、、、何故だ
イブラ気取りのデヨングは無視をして積極的に裏を狙い続けるレミ、ベン・アルファに放り込みを続ける
79分、ベン・アルファがサントンのロングフィードに反応し、右サイド深くでボールを受け取る
南米人顔負けの技術でベインズの股を抜き、ペナルティエリアまで切れ込んだところでクロス
ルーク・デヨングが頭で合わせるが強烈なヘディングシュートはバーを叩いてしまう
頭を抱えるデヨング、これは決めてほしかった
悔やんでる内にエバートンは82分に選手を二枚同時投入
バリーに代えてマッカーシー、ネイスミスに代えて、遂にルカクが登場する
しかし、お互い点は奪えずゲームは延長戦へともつれ込む

185ニューカッスル13-14シーズン10月2014/06/27(金) 11:14:55.14ID:rn6D89N2
延長に入り、ニューカッスルは最後のカード
ゴスリングをアニタに代えて投入する
しかし、戦術的な交替ではなく単に疲労が目立つ選手を下げただけの交替だ
モイーズに最早手は残されていない、やるべきことはやったのだ
ここからは総力戦である

お互い脚に限界が来てる選手が多く居る中、マグパイズがチャンスを得る
101分、ティオテが高い位置で奪ったボールをペナルティエリア手前で走るムサ・シッソコへスルーパス
このスルーパスを捌き、無理矢理ミドルを放つ
強烈なシュートは枠を捉えるが、ハワードが弾く
しかし、弾いたボールをレミがスライディングで押し込み、遂にニューカッスルが逆転に成功する
ここにきての逆転により、トフィーズのイレブンも追い付く気力が残っていないように見えたが、途中出場のマッカーシー、ルカクは違った
ルカクは前線でボールを受けようと精力的に動き回り、マッカーシーはスペースが空きまくりの中盤を一人でカバーし、プレーで仲間を鼓舞する
そして116分、カウンターからベインズがペナルティエリア手前へクロスを送る
ルカクはそのクロスを胸で落とす
落としたボールに反応したのがマッカーシー
トラップし、目の覚めるようなボレーを叩く
DFのブロックも間に合わず、シュートはネットを揺らす
歓喜するトフィーズのイレブン
その後もしっかりと集中を切らさずに守り切り、決着はPK戦へ
ニューカッスルは全員しっかりと決め、トフィーズも四人目までは成功するのだが五人目のキッカー、バークリーがプレッシャーに圧し潰されたのか枠外へと外してしまう
この結果、死闘を制したマグパイズが準々決勝へと進出することとなったのだ
MOMは1ゴールを挙げたレミ

試合後のインタビュー
モイーズ「素晴らしい試合だった。この接戦をものに出来たことがチームにとって大きな財産となることは間違いない」
とか言ってたとかなんとか

10月はこれで終わりです
リーグ戦はまさかの3試合白星なしで終わりましたが、カップ戦はうまく勝ち進んでくれたのでまあ良しです
それにしても攻撃が単調で、停滞した場面ではベン・アルファかレミの個人技でしか崩すことが難しくなってきました
格下相手ならまだいいのですが強豪相手となるとこのままじゃ結構キツいですね
なので、今シーズンは冬の移籍も無しにしようと思っていましたが
一人、獲得しようと思います
ちなみに11月はトッテナムやチェルシーと、強豪相手の試合が多いので下手したら降格圏に沈んでしまうかも

現在のリーグ順位、15位
1勝5分け3敗、勝ち点8
9試合7得点11失点

186ニューカッスル13-14シーズン11月2014/06/27(金) 12:54:45.63ID:rn6D89N2
11月6日、PL第10節
vsノリッジ(H)
2ー0
得点者:ムサ・シッソコ2
約半月ぶりにセントジェームズパークへ帰還しての試合
この日はムサ・シッソコが大暴れ
まず18分、カウンターの流れでハーフウェーライン付近からドリブルで持ち上がり、ヤヤ・トゥーレばりの強引な突破から、そのままミドルを沈めてみせた
更に59分、グフランからのマイナス気味に入ったグラウンダーのクロスを綺麗に流し込み、2点目
久し振りのホームゲームは点差こそ2点だが
、スコア以上に内容に開きがあり今シーズン初と言えるリーグ戦での快勝を飾ってみせたのであった
MOMは当然ムサ・シッソコ

試合後のインタビュー
シッソコ「素晴らしい1日だね!今のポジションを与えてくれた監督に感謝だよ!」
とか言ってたとかなんとか

11月10日、PL第11節
vsトッテナム(A)
ホワイトハートレーンに乗り込んでの一戦
ここから代表ウィークを挟み24日にチェルシー戦と、強豪相手に連戦が続くのでチェルシーよりは相手にしやすいであろうトッテナムには何としても勝ちたいところである
しかし25分、エリクセンに直接FKを沈められ先制を許してしまう
続く37分、レノンのクロスにアデバヨールがバイシクルで合わせる
クルルの好セーブによって難を逃れるが、前半はトッテナムが枠内シュート5、ニューカッスルは0とスタッツにも劣勢が見てとれた
後半モイーズは状況を好転するべく、采配を振るう
ムサ・シッソコをボランチにコンバートし、アニタに代えてルーク・デヨングを入れ、陣形を4411に変更する
更に61分にはグフランを下げ、両足のクロス性能が高いマールボーを投入
これにより完全に放り込みスタイルへ特化することに
采配が実を結んだのは、79分
愚直なまでにクロスを繰り返していたマールボーが、精度の高いクロスをレミへ供給する
CBの割りには上背があまりないキリケシュに易々と競り勝ったレミがヘッドを叩き付け、同点に追い付く
その後は疲労もあったのかお互い攻撃が停滞し始めてくる
このまま勝ち点1を分け合うのか、とホワイトハートレーンに集った誰もが思い始めて来た89分、トッテナムに決定的なシーンが訪れる
途中出場のタウンゼントがカウンターから右サイドを独走し、エリア内に切れ込む
サントンが阻み、一対一の状況となるがタウンゼントのシザースを織り混ぜた巧みな足技に翻弄され、足を引っ掛けエリア内で倒してしまったのであった
退場は免れたが文句無しのペナルティキック
キッカーはこれまた途中出場、PK職人のソルダードだ
しっかりと決められ、土壇場で勝ち越されてしまう
追い付くには時間が足りず、タイムアップのホイッスルが吹かれる
MOMはレミ

試合後のインタビュー
モイーズ「最後のペナルティのシーン以外はサントンも良くやっていた。誰も彼を責めることはしないよ。次はホームでチェルシー戦だ。気持ちを切り換えよう」
とか言ってたとかなんとか


レミの決定力おいしいです(^q^)
11月はあと2試合、勝ちたい

187名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/27(金) 12:58:55.57ID:fRyzN4cE
イブラ気取りいいね

188ニューカッスル13-14シーズン11月2014/06/27(金) 16:43:27.52ID:rn6D89N2
11月24日、PL第12節
vsチェルシー(H)
現在2位と、好位置につけるチェルシーをホームに迎えての一戦
百戦錬磨のスペシャルワンもとい、ハッピーワンことジョゼ・モウリーニョの作り上げたチームは質実剛健という言葉がピッタリである
その無駄の無いフットボールにより、マグパイズは前半何もさせてもらえなかった
シティとの開幕戦はボールを圧倒的に支配されての劣勢であったが、チェルシーは違う
カウンターの形は作れるのだが、ファイナルサードで何もさせてくれず、無駄な放り込みを続けさせられる羽目となってしまうのであった
後半に入り、何か色々と手は打ったつもりだったが結局好転せず、63分にオスカルのコースを衝いたミドルシュートが決まり、それが決勝点となってしまう
MOMはコロッチーニ

試合後のインタビュー
コロッチーニ「なにもさせてもらえなかった。僕達はロングボールを前線にひたすら放り込むことしか出来ないでいた。モウリーニョのチームはすごいよ…」
とか言ってたとかなんとか

11月30日、PL第13節
vsウェストブロム(H)
6ー0
得点者:スティーブン・テイラー、ベン・アルファ、レミ2、ルーク・デヨング、アニタ
前節、前々節の鬱憤を晴らすかのように攻撃が爆発する
ゴールの詳細は説明がめんどくさいので省くが、前半だけで4ゴールを叩き出し、後半も勢いは衰えず圧巻のゴールラッシュを披露してみせた
これまでの間、フラストレーションが溜まる思いをしてきたマグパイズサポの気分を晴らす最高の試合となった
MOMは1ゴール2アシストのベン・アルファ

試合後のインタビュー
ベン・アルファ「最高のゲームだったね!俺もゴールを決めてファンのみんなを喜ばせる事が出来て嬉しいよ!」
とか言ってたとかなんとか

11月の試合はこれで終わりです
最後の試合は面白いぐらいにゴールがどんどん決まってやってて楽しかったw
12月はなんとリーグ戦だけで6試合もあります
さすがプレミアリーグ、、、内2試合はガナーズと因縁のユナイテッド戦が待ち受けてます

現在のリーグ順位、14位
3勝5分け5敗、勝ち点14
13試合16得点14失点

さすがにマグパイズでこの順位はまずいな…
折り返しまでに10位前後には上げたいところ

189ニューカッスル13-14シーズン12月2014/06/27(金) 17:48:15.35ID:rn6D89N2
12月4日、キャピタルワン杯準々決勝
vsレディング
1ー2
得点者:ショラ・アメオビ/ルフォンドル2
はい、完全にやられましたよ、、、ええ
WBA戦から中3日な上に、3日後にはユナイテッド戦が控えているたGKすらもターンオーバーしたしたんですが、見事に敗北しました、しかも2部相手に
開始8分に兄オビが先制点を記録し幸先いいなーって思った矢先に追い付かれ、後半に入り苦労人アタッカー、ルフォンドルにまたしても決められて逆転ですよ
慌てて主力投入したりして足掻いたんですが時既に遅し、敗退してしまいました
MOMは兄オビ、老いてもなおボールの収まり具合が半端じゃなかった

試合後のインタビュー
モイーズ「ターンオーバー失敗しちまったよ」
とか言ってたとかなんとか

12月7日、PL第14節
vsマンチェスターユナイテッド(A)
夢の劇場ことオールド・トラッフォードのゲートから姿を現すモイーズ
姿を現した途端、ブーイングの嵐がモイーズに浴びせられる
胸中は計り知れないが、表面上は意に介さないといった表情でベンチへ向かうモイーズ
試合前の記者会見ではこう言っていた

モイーズ「因縁?そんなものなどないよ。普通のリーグ戦だ。ユナイテッドではいい経験をさせてもらったんだ、その事に関しては感謝してるがね(笑)」

ユナイテッドの現在のリーグ順位は6位
モイーズが去ったとは言え、お世辞にも良い位置につけてるとは言いがたい
偉大なるサー・アレックスの残したチームを手なずけるのには、歴戦の名将ルイス・ファン・ハールですらも苦労するということだ

マグパイズのスタメンはこれ
掛け値なしのベストメンバーである

GKクルル
RBドビュッシー
RCBヤンガ=ムビワ
LCBコロッチーニ
LBサントン
RDMアニタ
LDMティオテ
CAMムサ・シッソコ
RWベン・アルファ
STレミ
LWグフラン

対するユナイテッドはターンオーバーをしてなかったのか、ファン・ペルシ、キャリックといった主軸がベンチスタートだ
更にデヘアも怪我で欠場し、第2GKのリンデゴーアが代わりに出場していた
つけ入る隙は充分にあるということだ

互いにリーグ戦での巻き返しを図る両クラブ
境遇こそ違えど、両監督の思いは一致していた
結果はただひとつ、「勝利あるのみ」と

キックオフの笛がマンチェスターの空に鳴り響く

190ニューカッスル13-14シーズン12月2014/06/27(金) 19:11:39.25ID:rn6D89N2
ユナイテッド側のキックオフと同時にムサ・シッソコを含む前線の四人が猛然とプレスをかける
この大一番にきて新しい戦術、ハイプレスからの素早いカウンターをここで試しにかかったのであった
元々スタメンの前線四人は全員足が速くスタミナも豊富にある
だったら機能するのは当然だ、とモイーズ(というより筆者)が踏み、ここ最近の戦術トレンドとも言えるハイプレスをここに来て採用したのであった

そして采配は功を奏し、いきなりのハイプレスにユナイテッドの中盤以下、バックラインの選手たちはたじろぐばかりであった
ホームゲームということで余裕を持ったゲームの入り方を考えていたバックライン陣は、執拗なプレスによって満足にボールを回す事すらできないでいる
そして開始間もない4分、ムサ・シッソコがCBで先発していたスモーリングの横パスをカットし、ドリブルで持ち上がりそのままシュート
リンデゴーアはなんとか弾き、コーナーに逃れるが、そのCKから今度はティオテが強烈なヘディングシュートを見舞う
シュートは外れ、バーを掠めて行くがユナイテッドのイレブン、そしてファン・ハールは完全に虚をつかれ、混乱をする羽目となる
10分、20分と試合が経過してもプレスの勢いは衰える気配も見せず、ユナイテッドはロングボールを多用した組み立てで攻撃を構築することとなってしまう
だが29分、相手陣内でフェライニからボールを奪ったアニタが左SB、エブラの裏に空いたスペースにスルーパスを転がす
反応していたベン・アルファがパスを収め、クロス
フリーで待ち構えていたレミがヘッドで合わせる
リンデゴーアがこの日は当たっていたのか横っ飛びでファインセーブ
そしてこぼれ球を拾ったヴィディッチが前方へ大きなフィード
STで先発していたルーニーが上手くボールを収め、そのままドリブル
力強いドリブルはチェイスするティオテを寄せ付けず、ウェルベックへのラストパスを許してしまう
流し込むだけのシュートをウェルベックは枠外へ撃ってしまい、カウンターは失敗に終わったがマグパイズのイレブンは
小手先の戦術などものともしない程の圧倒的な個が相手の前線に居るということを認識させられたのであった
そのまま前半はマグパイズが高い位置からのプレスを続けゲームを支配するが、ユナイテッドもルーニーを中心としたロングカウンターによって、時折危ないチャンスを作り出していた
それでも前半はスコアレスに終わり、ゲームは後半へと移る

191ニューカッスル13-14シーズン12月2014/06/27(金) 19:15:36.28ID:rn6D89N2
後半、ロングカウンターを警戒したモイーズは、ムサ・シッソコをボランチに下げ、陣形を442へと変更する
レミと2トップを組む相方をベン・アルファとし、アニタをベンチに下げ右サイドにライアン・テイラーを据える
この変更により、前線のプレスの威力は少し落ちることとなったが、SBが本職のライアン・テイラーが中盤に入ったことで、守備が安定し始めたのであった
ユナイテッドも60分頃にもう一人のワールドクラス、ファン・ペルシを満を持して投入
ゲームは更に激化を見せ、ニューカッスルはプレスからのショートカウンター、ユナイテッドはそのカウンターからのロングカウンターを続け、お互いに惜しいチャンスを何度も迎える
しかし、中々点が入らない
70分を過ぎても状況が一転としないので、モイーズはベン・アルファを下げ、ルーク・デヨングを投入する
依然見せたイブラ気取りは鳴りを潜め、今日は前線で張ってみせてくれた
この交代により、戦術はいつも通りのロングボールが中心の組み立てに変更を余儀なくされる
しかしその采配が84分に的中し、遂にマグパイズがゲームを動かす
ドビュッシーの縦に速いスルーパスに抜け出したライアン・テイラーが、クロスを上げる
デヨングはスモーリングに競り負けてしまったが、競り合いからこぼれたボールをグフランがダイレクトで蹴り込み、ネットを揺らす
遂にもぎ取った先制点、モイーズもこれには大はしゃぎ
しかし、88分ユナイテッドにも決定機が訪れる
ラファエウとの連携で、右サイドを崩したバレンシアが、シュート性の速いグラウンダーのクロスを転がす
DFが下手に触ればオウンゴールになりかねない弾道は、クルルがダイブしパンチングで弾く
しかし、弾いた方向にはファン・ペルシが待つ
OTに集った誰もが追い付く!と確信をしたシーン
ペルシも落ち着いてボールを見て冷静に流し込もうとする、、、が
窮地を救ったのがキャプテンのコロッチーニ
後ろから思いきりスライディングをし、シュートを阻止する
しかし…当然の如くファールとなってしまった
一発レッド+PKの二重ペナルティ
マグパイズの寿命が少し先伸ばしになっただけであった
キッカーを務めるのはルーニー
何でもそつなくこなす彼は当然PKの成功率も高い
プレッシャーにも強い彼が右足を思いきり振り抜く
ど真ん中に蹴り込まれたPKはクルルがなんとストップ、完全に読みきっていたのであった
そして、遂に試合終了の笛が吹かれ、マグパイズがOTで大金星を挙げたのであった
MOMはPKをストップしたクルル

試合後のインタビュー
クルル「いくら緊張に強いルーニーでもあそこまで追い込まれた状況ならコースを狙ったシュート、より外れない為のシュートを撃ってくると踏んだだけさ。読みが当たって良かったよ」
とか言ってたとかなんとか

お礼参り完了しました
ここから日程がキツくなっていきます

192ニューカッスル13-14シーズン12月2014/06/27(金) 20:05:12.42ID:rn6D89N2
12月11日、PL第15節
vsスウォンジー(A)
ユナイテッドとの死闘から中3日を挟み、アウェーに乗り込んでのスワンズとの一戦
前節で機能したハイプレスをこの日も採用
キックオフ直後から猛然とスワンズの選手たちにプレスをかける
しかし、ハイプレスをする相手を間違えてしまった
相手はシーズンを通して平均ポゼッション率60%以上を記録するスウォンジー・シティだったのだ
付け焼き刃のプレスなぞ暖簾に腕押し、といった形で悠々とプレスを掻い潜りボールを小気味よく回し続ける
そして、翻弄するどころか逆にパス回しに翻弄され36分、ボニに先制点を決められてしまう
スウォンゼロナとも識者からは形容されるその美しいパスサッカーは、リーガエスパニョーラの中下位クラブ程度なら裸足で逃げ出してしまうほどの高い完成度を誇る
更に時折り交ぜてくるロングボールやクロスを長身で体の強いボニやミチュが、高い勝率でボールを収めるのでこれがまた非常にやりづらい
とまあ、ここまでスウォンジーの説明をしたのだがこのサッカーがCPUのくせに高い再現率をほこり嬉しいような嬉しくないような、、、
だが、それでも前半の内にグフランのゴールで追い付くことには成功した
後半戦術変更を施し、従来の戦い方に修正をしたら五分五分の戦いぐらいには持ち直すことができた
だが結局得点は奪えずリーグ戦では8試合ぶりのドローでゲームは終了
MOMは同点ゴールのグフラン

試合後のインタビュー
モイーズ「後半は持ち直したが、ゲームの入り方を間違えてしまったね。これは素直に私の責任だと認めるよ」
とか言ってたとかなんとか

12月14日、PL第16節
vsサウサンプトン(H)
2ー2
得点者:ベン・アルファ、レミ/ジェイ・ロドリゲス、ララーナ
セントジェームズパークにポチェッティーノ率いるセインツを迎えてのゲーム
今回は最初から従来通りの戦術で臨む
序盤は相手のプレスに逆に苦しませられたが34分、43分と立て続けにエース二人が決め、前半で勝負は決したかに見えた
後半に入り、疲労が目立つベン・アルファ、レミ、ムサ・シッソコを同時に下げ若手を送り込むが、このターンオーバーが完全に裏目に出る
65分、ムサ・シッソコに代わって出たビギリマナがバックパスをジェイ・ロドリゲスにカットされそのままドリブルから強烈なシュートを叩き込まれてしまう
一点を返されたことにより、守備意識を最大にまで高めるが80分、セットプレーの混戦からララーナにボレーを決められ追い付かれる
そして、2試合連続のドロー
MOMはベン・アルファ

試合後のインタビュー
モイーズ「一気に主力を下げたことにより、つけ入る隙を相手に与えてしまった。追い付かれてしまったのは私のミスであり、選手たちに責任はない」
とか言ってたとかなんとか

勝ちきれない試合が続きますね…
12月はあと3試合です

193ニューカッスル13-14シーズン12月2014/06/27(金) 20:31:00.89ID:rn6D89N2
12月21日、PL第17節
vsクリスタルパレス(A)
3ー1
得点者:レミ、サミー・アメオビ、ティオテ/ジェディナク
開始7分、レミがドリブルで二人三人とかわし個人技から先制
18分に追い付かれてしまうが、前半の内に弟オビのプレミアリーグ初得点により、39分に勝ち越す
後半、66分にティオテが今期初ゴールを挙げてダメ押しの三点目
そのまま試合は終了し、アウェーで勝利
MOMは1ゴールしアシストも記録したティオテ

試合後のインタビュー
サミー・アメオビ「これからもゴールをたくさん決め続けて、兄と同じくこのクラブのレジェンドになれたらいいね」
とか言ってたとかなんとか

12月26日、PL第18節
vsストーク(H)
2ー1
得点者:ベン・アルファ、ルーク・デヨング/クラウチ
11分、前半早々にクラウチにヘッドで先制され不意をつかれる形となってしまったが
25分にベン・アルファ、47分にこの日先発のルーク・デヨングが決め、しっかりと逆転し、勝利を納める
ちなみに今シーズン初めての連勝である
MOMはルーク・デヨング

試合後のインタビュー
コロッチーニ「やっと連勝だ。ここに来てチームの調子が上がってきた感じだね。次はアーセナルとのゲームだ。負けたくないね」
とか言ってたとかなんとか

次は前半戦最後の山場です
にしてもレミの決定力はほんとに素晴らしいなあ
買い取りたいくらいだ

194ケルン2014/06/28(土) 02:39:04.78ID:ZV6TTzgW
>>120
CLはいけませんでしたがポドルスキは復帰させました!

>>118続き
書き溜めすぎたのでかなり省きます。
最終節、引き分け以上で4位以上が決められたが、2位シャルケに敗れ5位でシーズンを終える。
しかしボカルでは快進撃を見せ、ハンブルガーとの決勝戦を制し見事に優勝を果たした。

Coutinhoの買い取りオプションを行使。

195ケルン2014/06/28(土) 02:41:18.22ID:ZV6TTzgW
13-14シーズン最終成績

ブンデスリーガ
順位/チーム/勝ち点/得失点差
1 バイエルン 74 42
2 シャルケ 74 35
3 ドルトムント 62 22
4 シュツットガルト 60 22
5 ケルン 60 12
6 ヴォルフスブルク 55 14
7 ハンブルガーSV 54 16
8 レバークーゼン 49 15
9 ホッフェンハイム 49 5
10 ヘルタ 48 -6
11 フランクフルト 46 -4
12 ボルシアMG 38 -11
13 フライブルク 46 -19
14 マインツ 33 -27
15 ブレーメン 32 -20
16 ハノーバー 29 -15
17 アウグスブルク 27 -20
18 バターボルン 14 -54

昇格チーム
ブラウンシュバイク、カイザースラウテルン

得点/アシスト
1 Hernandez 15/Schweinsteiger 8
2 Huntelaar 14/Keane 7
3 Mehmedi 14/Kiesling 7
4 Ribery 13/Guerrero 7
5 Baier 12/Harnik 6

BLベスト11
Neuer
Groskreutz,Boateng,Yoshida,Alaba
Vieirinha,van der Vaart,Schweinsteiger,Halfar
Kruse,Mehmedi

優勝チーム
ボカル:ケルン
昇降格PO:ハノーバー(vs ニュルンベルク)
CL:レアル
EL:トッテナム
プレミア:ユナイテッド
セリエA:ローマ
エールディヴィジ:アヤックス
リーガ:レアル
リーグ1:PSG
ポルトガル:ポルト


・最優秀GKにHorn
・年間MVPはHernandez


ケルンからはベスト11に吉田、Halfarが、最優秀GKにHornが選ばれた。

196ケルン2014/06/28(土) 02:43:31.12ID:ZV6TTzgW
14-15シーズン

移籍

in LM:Lukas Podolski
アーセナル→ $420万
相思相愛のPodolskiがケルンに復帰!
得点力アップのためにまずは大きな補強に成功。


out RB:Miso Brecko
カイザースラウテルン← $55万
移籍希望を出していたBreckoを放出。

out Koray Kacinoglu
ベストシェラン← $10万

out ST:Kacper Przybylko
ブラックバーン← レンタル

out ST:Anthony Ujah
サンダーランド← $800万
放出する予定はなかったが、サンダーランドから高額オファーが届いたため放出。

in ST:Yuya Osako
1860ミュンヘン→ $370万
前線でための作れるエース候補として獲得。

in LB:Matthias Ostzolek
アウグスブルク→ $220万
層の薄かったLBに降格したアウグスブルクから補強。

out ST:Bard Finne
ブラウンシュバイク← レンタル
昨季開幕早々にポジションを奪うも怪我で離脱してからは精彩を欠いた。今季は昇格チームでさらなる成長を示せるか。

out RM:Kazuki Nagasawa
ブラウンシュバイク← レンタル
Finneに続き長澤もブラウンシュバイクにレンタル移籍。成長して帰ってきてほしい。

197名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/28(土) 03:39:46.24ID:jhaj7XHl
大迫きたか

198名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/28(土) 08:27:20.12ID:FFRPI+6b
大迫ポドルスキ来た
大迫は両足起用だし使いやすいんだよね
ポドルスキは砲台として使うしか無いけどw

199名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/28(土) 08:30:07.74ID:FFRPI+6b
あと新城の人はヨーロッパ狙ってるんだろうか
現時点では既に難しそうだが

200名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/28(土) 14:28:49.12ID:IFmoNtRD
ニューカッスルの人よくこんなに試合内容覚えてるね。
毎回録画してるのかな。

201名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/28(土) 16:23:54.67ID:pRfG1//Y
1試合ずつ書けばこれぐらい書けそう
試合終了後にハイライト見れるし

202ニューカッスル13-14シーズン12月2014/06/28(土) 17:18:28.18ID:0/MjW5a7
>>199
当然狙ってますよ!
まだFAカップもありますしね
>>200
録画はしてないです(笑)
試合終わる毎にスタッツや、試合のハイライトの詳細を軽くメモしてそのプロットを元にして記憶を辿りながら文章を打ってます
チラ裏にしてはやりすぎですかねw


12月29日、PL第19節
vsアーセナル(H)
前半戦最後の試合だ、勝利して後半戦を良い形で迎えたい
現在5位につけるガナーズ、彼らも勝利を欲していることだろう
今節はムサ・シッソコをボランチで起用し、442の2トップの一角にルーク・デヨングを先発させた
攻撃力があるガナーズが相手ということで、中盤の枚数を増やし守備力の向上を図ったのだ
目論見どおりバイタルエリアまで浸入をほとんど許さず、ボールの奪取後は素早いロングカウンターを浴びせることに成功する
35分、ムサ・シッソコからのスルーパスを受けたグフランが左サイドからカットイン
メルテザッカーを抜き、コースが狭いニアに強烈なシュートを突き刺す
先制弾にセントジェームズパークは大歓声で湧く
その後も決定的なチャンスをほとんど作らせず、前半をリードの状態で終える
後半に入り、アーセナルはラムジー、ポドルスキと攻撃のカードを次々と切り打開を試みる
マグパイズもベン・アルファを下げ、アニタを入れ守備的な選手を増やすなどして、一点を守りきろうとする
しかし74分、エリア手前でエジルが溜めを作り、左に走り出したポドルスキへスルーパス
絶好のタイミングで受け取ったポドルスキは左脚から強烈なシュートを見舞う
クルルがなんとか弾くが、こぼれたボールにパスを出したエジルが詰め、つま先で押し込む
追い付かれたマグパイズはライアン・テイラー、デンバ・シセ等を投入し、勝ち越しを狙う
81分、エリア前でポストに入ったレミが足裏でチョイっとコシェルニーの股を抜くパスを転がす
オーバーラップしてきたライアン・テイラーが受け取り、エリア内でシュチェスニーと一対一になるが、シュチェスニーの素早い反応
により、シュートはブロックされてしまう
そのまま試合は終了し、前半戦最後の試合は引き分けに終わってしまった
MOMは90分精力的に走り回り、先制点もアシストしたムサ・シッソコ

試合後のインタビュー
モイーズ「アーセナル相手に五分以上の試合をしたんだ。結果については何も言わないよ」
とか言ってたとかなんとか


ようやく12月、というより前半戦が終わりました
12月の成績は3勝3分となんと無敗!
順位も12位にジャンプアップしました
後半戦の巻き返しに期待したいです
あと、1月はフランス代表を一人補強します

現在のリーグ順位、12位
6勝8分け5敗、勝ち点26
19試合26得点20失点

順位の割りには得失点差はプラスとかよくわからん成績だなあ、、、

203ニューカッスル13-14シーズン12月2014/06/28(土) 17:21:18.10ID:0/MjW5a7
>>201
ちなみに書き溜めしてないです
なのでメモと記憶力を頼りに毎回書いてます

204名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/28(土) 17:27:00.35ID:pRfG1//Y
>>203
1試合ずつじゃないのか凄いな

205ニューカッスル13-14シーズン前半戦総括2014/06/28(土) 18:28:25.10ID:0/MjW5a7
前半戦を終えての順位はこんな感じ
※()内の数字は勝ち点

1位リバプール(48)
2位チェルシー(43)
3位シティ(41)
4位アーセナル(36)
5位フルハム(36)
6位トッテナム(34)
7位ユナイテッド(33)
8位アストンビラ(33)
9位エバートン(32)
10位サウサンプトン(28)
11位サンダーランド(28)
12位ニューカッスル(26)
13位スウォンジー(25)
14位ストーク(23)
15位ウェストブロム(22)
16位ウェストハム(22)
17位ノリッジ(20)
18位ハルシティ(18)
19位クリスタルパレス(16)
20位カーディフ(14)

昇格した3チームが揃って降格圏とかちょっと萎え
リアルでは降格したフルハムが無駄に好調
ヴィラも好位置につけています
逆に苦戦を強いられてるのがユナイテッドとトフィーズ


得点ランキング

21ゴール、スアレス
13ゴール、ボニ、ヨベティッチ
12ゴール、ルーニー
11ゴール、ネグレド
10ゴール、ソルダード、スターリッジ

スアレス半端ねえええええええ


1月14日、モンペリエからレミ・カベラを900万ポンド+マールボーの譲渡で、移籍を成立させる
リアルで散々噂されてる選手を獲得
23歳と若く、得点力もありテクニックに優れる選手で二列目ならどのポジションもこなせるのは魅力的
現在二列目のスタメン三人の控えが、譲渡したマールボー、オベルタン、弟オビなど将来性はあるが、現時点では控えにすら至らないレベルの選手ばかりなので
層を厚くするためにも今冬に獲得

更にフリートランスファーで、サンダーランドのジャック・コルバックの獲得を内定させる
これにより来シーズン以降のダービーに一つスパイスが加えられることに

1月はシティとチェルシーとのゲームや、FAカップもあるので苦しい戦いが続きそうだ

206カーディフ1年目2014/06/30(月) 00:23:28.02ID:trKVud1S
カーディフで1年やったのでちょっと書く。

夏の移籍はなし。秋口まで下位〜中位を彷徨い、降格しなければオッケーと思っていたところ、チームプレッシングが上手く昨日するようになり、7位で新年を迎える。
アジア人のベルトの位置が高いオーナーのもと、5人のアジア人を獲得。(キムヨングァン、宮市、CCの原口、扇原、宇佐美)
チームは好調を維持し、COC優勝、その後も順位を上げ続け36節には暫定ながら2位に浮上する。
3チームに優勝の可能性、5チームにCL出場権がある中惜しくも5位フィニッシュとなった。
http://i.imgur.com/OwViPaX.jpg

207カーディフ1年目2014/06/30(月) 00:34:13.64ID:trKVud1S
スカッドは以下の通り
http://i.imgur.com/rGTv1hq.jpg
http://i.imgur.com/RirNisO.jpg
他に宇佐美72、宮市67
(OVR75になった主力のザハは帰りました)

最優秀GKに輝いたマーシャル、BPLベストイレブンのコールカーを中心に、リーグ13失点と驚異的な守備力を見せた。

2年目の補強案だけど、資金1,400m€くれたし清武取りたかったけど2250mで無理…
あと指宿も2500mとかいうどうなってんだ価格。チャルハノールが600mなのでそっちに行こう。
ケンウィンジョーンズがフィジカルを武器に前から突っ込んでボール奪取するスタイルがハマったので、より上の、強さと速さがあるSTが欲しい。800mのジョルジェビッチ、650mのパピスシセ、500mのベントナーあたりを候補に。
あとはSBを補強したいけど、セルティックのウェールズ人マシューズとかジェノアのブルサリコとか1500mぐらいで出せない。280mのオビエドを取りたい。

208名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/30(月) 00:36:02.48ID:tVjjPkMf
>>207
宮市いるならハーフナーお薦め

209名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/30(月) 01:06:19.95ID:0K6sebNC
守備すごい
今話題のメデルもいるよね

210名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/30(月) 01:29:51.35ID:E7e4i1Bf
マシューズは1年目なら交渉次第でもっと安く買える

211ニューカッスル13-14シーズン1月2014/06/30(月) 12:53:40.35ID:OVMUeqD4
>>205
ちなみに売却は無し
移籍リストに載せ、オファーがジェノアから届いたのでデンバ・シセを移籍させようとしたのだが、選手自身がこれを拒否
セリエそんなに嫌か
人気銘柄のベン・アルファとクルルにもオファーが殺到したが全て却下
ベン・アルファは2000万、クルルが1500万と、(脳内)違約金を設定しているので、それ以下の額などお話になりません
てなわけでリーグ戦再開です

1月1日、PL第20節
vsウェストブロム(A)
実況の西岡の「あけましておめでとうございます」の声と同時にプレミアリーグが再開した
一発目の相手は前半戦に無慈悲スコアで葬ったバギーズ
中2日+相手も相手ということなので、ターンオーバーを図った試合だ
ここ7試合負け無しと、チーム自体も好調なので行けるだろうとタカを括っていたのだが、28分
コーナーキックの混戦からエリア手前にこぼれたボールを、ムルンブが右足で一閃
グラウンダーの地を這うようなミドルシュートは、クルルが反応する間もなくゴール隅に刺さった
ファインゴールにバギーズのホーム、ホーソンズは大歓声に湧く
まさかのビハインドに焦ったモイーズは、積極的にボールを奪いに行け、と指示
ユナイテッド戦から導入を推し進めたハイプレスからのショートカウンターをこの試合でも使用することに
しかし、ボールを取られそうになるとすぐに縦ポンと、無理に回さず割り切った戦い方を心得ていたバギーズ
そしてその縦ポンが、前線で待つアニチェベに収まる収まる
結局得点は奪えず前半は終了
後半に入り、ムサ・シッソコを投入
更に60分を過ぎ今度はレミを投入するなど、どうにかして追い付こうとするが中々決定機は作れず
それどころかDFラインを高く上げすぎたことにより今度は縦ポンがそのまま裏抜けになる始末
なんだこの八方塞がり
マグパイズは80分を過ぎ、最後のカードとしてデンバ・シセを投入しSTの枚数を増やす
そして87分、得たFKのチャンス
距離は30m程、キッカーはライアン・テイラー、プレースキックの名手だ
右利きで右側からのFKなので、直接狙うより合わせに行った方が可能性があると確信したテイラーが右脚を振り抜く
フワッとしながらもしっかりと巻いてきたボールは、一番ファーサイドのレミへ
角度がほとんどなかったので、レミは中央へヘッドで折り返す
その折り返しに反応したのが途中出場のデンバ・シセへ

そしてレミからの絶好のお膳立てをおもっくそヘッドでふかしやがったデンバ・シセ
負けました
MOMはボール奪取最多のティオテ

試合後のインタビュー
モイーズ「今冬は獲得はあっても売却は考えていなかったんだが、一人売ることに決めたよ」
とか言ってたとかなんとか

痛い黒星でした、、、
次はホームでのシティ戦です

212ニューカッスル13-14シーズン1月2014/06/30(月) 13:51:47.15ID:OVMUeqD4
1月5日、PL第21節
vsマンチェスターシティ(H)
1ー3
得点者:レミ/アグエロ、ヤヤ・トゥーレ、ジェコ
開幕戦で戦ったシティとのホームゲーム
今回はホームな上に、開幕戦の頃と今ではチームの完成度が全然違う
なので案外行けるんじゃ?と淡い期待を抱いていたのだが、開始6分にアグエロに決められその期待を見事に打ち砕かれた
あっちも完成度上がってました
ハイプレス、放り込みと色々手段を尽くしたが全然ダメ
56分にヤヤのミドルシュート、69分にジェコのボレーと、ホームで蹂躙されまくり
ポゼッションも初めて70%を叩き出された
77分にレミが一点を返すが焼け石に水
流れを変えるまでには至らず、そのまま敗北
MOMはレミ

試合後のインタビュー
モイーズ「新年早々の連敗は痛いね…。次はFAカップだ。少し気持ちを切り替えて臨むことにしよう」
とか言ってたとかなんとか

1月11日、FAカップ3回戦
vsウェストハム
2ー1
得点者:グフラン、スティーブン・テイラー/ジャービス
FAカップ、3回戦からの出場だ
今年に入ってまだ1勝も挙げていないのでなんとしても勝ちたい一戦だった
勝ちたいと言うイレブン、モイーズ、そしてサポーターの切実な思いが実を結び16分、グフランがベン・アルファからのグラウンダーのクロスに合わせ先制
続く40分、今度はライアン・テイラーが蹴ったコーナーキックにスティーブン・テイラーがヘッドで突き刺す
後半は余裕の試合運びでゲームをコントロールし、85分に失点をしてしまうがそのまま危なげなく勝利
2014年初白星をFAカップで飾る
MOMは攻守に貢献し、先制点を記録したグフラン

試合後のインタビュー
グフラン「今年に入っての初勝利を自分のゴールで貢献できて嬉しいよ!ここからリーグ戦も巻き返したいね」
とか言ってたとかなんとか

1月18日、PL第22節
vsウェストハム(A)
またハマーズかよ、なんかヴィラとトフィーズで前半戦似たような事があった気が、、、
何はともあれ少し日程が楽になり、ベストなコンディションで臨めた試合
アウェイとは言え、しっかりと勝ち星を積み上げて行きたいところだ
序盤のゲーム展開は、怪我で欠場のキャロルの代わりに先発していたボリエッロの巧みなポストプレーに手を焼いていたが
前半39分、カウンターからムサ・シッソコがドリブルで持ち上がり、左に展開しグフランからのダイレクトで上げられたクロスを、レミが側頭部で流し込む技ありのヘディングで先制をする
一点リードのまま迎えた後半62分、2点目を入れ勝負を決定付けたいマグパイズの隙をハマーズは見逃さなかった
右サイドからベン・アルファとドビュッシーが連携で崩そうとしていたのだが、コロンビア代表の左SB、パブロ・アルメロが絶好のタイミングでカットし、縦に長いロングパス
これを左で先発していたダウニングがフリーで受け取る
オーバーラップしていたドビュッシーも間に合わずアーリークロスを上げられる
ボリエッロのヘッドはクルルが反応したが、こぼれたボールをセカンドアタッカーのケビン・ノーランがきっちりと流し込む
同点に追い付かれてしまい、再び突き放したいマグパイズはルーク・デヨング、更に14日に入団した新加入のカベラを投入するが、結局点は奪えず
リーグ戦での2014年初勝利は次節以降にお預けとなった
MOMは先制点の起点となったムサ・シッソコ

試合後のインタビュー
モイーズ「一瞬の隙を衝かれてしまったね、手痛いドローゲームだ。…カベラ?彼は素晴らしい素質を持った選手だ。プレミアのリズムに最初は戸惑うかもしれないが
すぐに馴染むさ、彼にはその可能性を感じるんだ」
とか言ってたとかなんとか

中々勝てませんね…
次はSBでブルース戦です、キツいな

213ニューカッスル13-14シーズン1月2014/06/30(月) 14:55:12.66ID:OVMUeqD4
1月25日、PL第23節
vsチェルシー(A)
スタンフォードブリッジでのチェルシー戦
セントジェームズパークであのザマだったので、SBでは虐殺されると悪い予想ばかりが先行していたのだが、、、
前半15分、CKからムサ・シッソコがケーヒルとの競り合いに勝利し、ヘッドを叩き込む
まさかの先制点にブルースサポは唖然とするが、モウリーニョは違った
指示を与え、直ぐ様チェルシーイレブンが攻撃的になり、立て続けにニューカッスルゴールに強襲する
21分、前回の試合で決勝点を挙げたオスカルガがミドル
しかし、これはギリギリ枠を外れる
続いて27分、アザールが敵陣深くまで個人技で切れ込みクロスを上げる
このクロスにまたしてもオスカルがヘッドで合わせるが、クルルが巧く上に弾き難を逃れる
それ以外にも危険なシーンが何度もあったが、クルルとバックラインの踏ん張りによりなんとか無失点で抑えることに成功する
後半に入ってもチェルシーの猛攻は続く
61分、途中出場のシュールレのエリア外から放たれた強烈なシュートはクルルが素晴らしい反応でセーブ
この辺りからマグパイズは守備意識を最大に高め、グフランを削り5バックに変更し一点を守りきろうと尽力するのであった
74分、シュールレの直接フリーキック
バーの天井に当たり、跳ね返ったボールはゴールラインを叩き付けるがゴールインのホイッスルは鳴らない
後半は散発的ではあったが、マグパイズもベン・アルファとレミが二人でカウンターを仕掛け、惜しいチャンスを作るなどブルースに対し警戒を与えていた
それのおかげかどうかは解らないがブルースも余り攻撃に人数を割いてこなかったのだ
結局試合は虎の子の一点を守り切り、マグパイズが番狂わせを演じる
要塞スタンフォードブリッジでの勝ち点3は本当に大きい、これを足掛かりに巻き返しを図りたいところだ
MOMはシュートの雨あられを浴びながら失点を許さなかった守護神クルル

試合後のインタビュー
モイーズ「今日はウチのゴールマウスにバスが2台停まっていたね(笑)」
とか言ってたとかなんとか

1月28日、PL第24節
vsノリッジ(A)
豪雨のキャロウ・ロード
中二日でのノリッジとのアウェイゲームだ
前節の大金星からの勢いのまま臨み、18分にレミが先制弾を挙げ幸先良い立ち上がりとなる
42分に今度はベン・アルファがミドルを叩き込み、カナリーズを突き放す
しかし44分、失点直後にノリッジがフーパーのゴールで一点を返し、後半に希望を持たせる
そして後半55分、FKからフェルにヘディングを押し込まれ追い付かれてしまう
62分、マグパイズは疲労が目立つムサ・シッソコを下げ、カベラを投入し状況の打開を図る
しかし、ノリッジのDF陣による激しい寄せにカベラは中々ボールが収まらない
リーグ1よりも更にフィジカルが重視されるプレミアリーグでは彼のパーソナリティは活きないと言うのだろうか…
とかなんとか考えてるうちにスノッドグラスに逆転弾を決められ絶体絶命に
ルーク・デヨングやライアン・テイラーを投入し放り込み主体で攻め続けるがゴールをこじ開けることは出来ず逆転負けを喫することに
MOMは1ゴール1アシストのレミ

試合後のインタビュー
モイーズ「前節ブルースに勝利したとは思えない程の酷い出来だったね…。カベラは難しい時期が続くかもしれないが、なんとか乗り越えてほしいね」
とか言ってたとかなんとか

んー、敗けが混んでますね
そしてカベラをなんとかして順応させたいのですが、如何せん紙フィジカルすぎる、、、
徐々にフィットしてくれればいいのですが
あ、1月終わりです

現在のリーグ順位、13位
7勝9分け8敗、勝ち点30
24試合30得点28失点

214ニューカッスル13-14シーズン2月2014/06/30(月) 15:40:41.82ID:OVMUeqD4
2月1日、FAカップ4回戦
vsQPR
1ー0
得点者:レミ
スカッドだけ見ればプレミアの中位とも遜色ないレベルの、クイーンズパークレンジャーズとのFAカップ4回戦だ
現状欧州カップ戦の出場権を得るにはFAカップが一番現実的なので、二部相手とは言え油断せずほぼベストメンバーで行くことに
ゲームの展開としては、前半はお互い中々決定機が作り出せず膠着していたが
後半71分、途中出場のビギリマナからの楔のパスを受け取ったレミが素早いターンからのキックフェイントで相手CBを手玉にとり、振りの早いグラウンダーのシュートを突き刺す
結局その一点が決勝点となり、マグパイズが5回戦へ進出する
MOMは当然レミ、こいつマジで化け物

2月17日、PL第25節
vsトッテナム(H)
現在4位と、CL圏内につける好調スパーズをホームに迎えての一戦
代表ウィーク明けで日が空いたのでコンディションは万全、勿論ベストメンバーだ
ただし左サイドをグフランの代わりにカベラを入れ、少し変化を加えてみようと試みる

序盤はスパーズの右サイドのレノンに手を焼かされたが、徐々に対応し逆にロングカウンターを浴びせる
35分、サントンのスルーパスに抜け出したカベラがクロスをムサ・シッソコの頭に合わせる
ロリスの攻守に阻まれたが、少しずつ点を取れそうな雰囲気にはなってきた
前半44分に前半戦の時と同じくまたしてもエリクセンのFKが入りそうになるが、これはポストを掠め外れる
後半に入ってもしばらく点は入らなかったが、それはスパーズも一緒で中盤でボールが行ったり来たりと落ち着かないが、観客としては観てて退屈なゲームになりつつあったのであった
その退屈を吹き飛ばすように、ベン・アルファが魅せる
76分、それまでほとんど見せ場の無かった彼がカウンターからドリブルで持ち上がり二人三人と、抜く
最後にフェルトンゲンをルーレットで抜くとペナルティエリア内で優しい横パス
ルーク・デヨングが冷静に流し込み、遂に先制
その後はチェルシー戦のようにカウンターを狙いつつ、5バックで自陣に引きこもる戦術で、逃げ切りに成功する
ホームで好調スパーズに勝利したのであった
MOMは決勝点をアシストしたベン・アルファ

試合後のインタビュー
クルル「ハテムは身勝手なプレーが批判されがちだけど、根は凄くイイ奴なんだよ!今日だって最高のアシストをしてただろ?あれが本当の姿さ」
とか言ってたとかなんとか

強いとこに勝ったり弱いとこにコロッと負けたりよくわからんチームになってきました
あと、カベラは本職トップ下だけどサイドの方がプレッシャー少なくて活きるかも
もっと試していくつもりです
2月はあと3試合です

215ニューカッスル13-14シーズン2月2014/07/01(火) 10:30:12.19ID:sS0uqUTZ
2月22日、FAカップ5回戦
vsブライトン
QPRに続き、またまた二部とのゲームだ
この試合が終わると中1日でヴィラ戦、更に中1日でタインウェアダービーと、拷問に近い鬼畜日程が続くので、前半で勝負を決定付け後半からターンオーバーをするつもりでいた
開始21分、トップ下で先発していたカベラがライアン・テイラーの浮き玉のパスにオフサイドギリギリで抜け出し、キーパーをもかわし、ゴールに落ち着いて流し込む
加入後の初ゴールにカベラは喜びを爆発させる
幸先良い先制により、後半からレミ、ベン・アルファ、ティオテを下げ温存をする
そして、2トップのルーク・デヨングの相方に17歳になったばかりのアダム・アームストロング君をデビューさせる
9歳でマグパイズに入団した生え抜き中の生え抜きであるアームストロング君に貴重な経験を、とモイーズは考える
しかし、51分にカベラのスルーパスに抜け出したアームストロング君がファーストタッチでゴールという離れ業をやってのける
モイーズは一瞬唖然とするが、すぐに跳ね上がって喜ぶ
しかし喜ぶのも束の間、65分、78分と立て続けにゴールを奪われ追い付かれてしまう
FAカップは引き分けると再試合になるので、日程が更にキツくなり非常に面倒だ
なのでなんとしてもこの試合で決着をつけたかった
しかしターンオーバーをしたツケが回ったのか、決定的なチャンスを演出できる選手がいない
カベラも先発していたので80分を過ぎるとスタミナが底をつき始め、ボールロストが増えてきた
誰でも良いからゴールを決めてくれ、とモイーズが祈る
86分、そのモイーズの祈りに応えたのはアームストロング君であった
相手のバックパスをカットすると、CBをかわし、キーパーとの一対一を17歳とは思えないほどの落ち着きで悠々と制したのであっ

試合はそのまま3ー2で勝利
準々決勝へと駒を進めたのであった
MOMは衝撃のデビューを飾ったアダム・アームストロング君

試合後のインタビュー
モイーズ「経験を積ませる為に出場させたのだが、まさかゴールまで決めてくれるとはね(笑)私にとってはルーニー以来の衝撃だったよ」
とか言ってたとかなんとか

翌日、タイムズやデイリー・ミラーなどの各紙をアダム・アームストロング君の記事が賑わせていたとかなんとか

2月24日、PL第26節
vsアストン・ヴィラ(H)
1ー1
得点者:ウィリアムソン/ヴァイマン
ホームでほぼフルメンバーで戦ったにも関わらず、引き分けてしまった
雨の試合は苦手だなあ、、、
先制されたのだが、第4CBウィリアムソンのヘッドに助けられなんとかドローに持っていきました
MOMはウィリアムソン

試合後のインタビュー
モイーズ「油断はしていなかったが何かが噛み合っていなかったね。次はホームでのダービーだ、絶対に勝ってみせるよ」
とか言ってたとかなんとか

2月はあとダービーマッチだけです
あと、アームストロング君は、能力値の割にはドリブルにキレがありシュートも上手く当たりも強いですね
とにかく使いやすいです
そのうちプレミアでもデビューさせるつもり

216名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/02(水) 22:21:31.38ID:pJ72VAPh
ニューカッスルに人に質問
獲得予定だったゴミスはリアルではスワンズに決定して
代わりにデヨンク兄を獲得したけどその辺はどうしますん?

217ケルン2014/07/03(木) 00:23:31.93ID:+BGDLQHC
BL開幕戦(H)
vs レバークーゼン
2-0

23分 Osako(Lehmann)
90分 Meha(Podolski)

Horn
Risse,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Halfar(79分 Meha),Schnellhardt(83分 Mudingayi),Podolski
Vietto,Osako(79分 Coutinho)

Kessler,Maroh,Ostzolek,Matuschyk

開幕戦の相手はレバークーゼン。
新加入のPodolskiと大迫がスタメン入り。大迫はPSMでナポリ、ユベントス相手にゴールを決めており、期待ができる。

試合は前半23分に動く。PAのわずかに外でパスを受けた大迫がDFを一人かわして狙いすました右足でのシュート。これが見事に右隅に決まり、いきなり結果を出して見せた。
さらに29分。Podolskiからのスルーパスに大迫が抜け出しGKとの1vs1を迎えるもシュートは枠の外。追加点は奪えない。
レバークーゼンのチャンスは前半AT、Kieslingのシュートを吉田がなんとか体に当てるとボールはポストに当たりゴールならず。
58分にはViettoのスルーパスに再びOsakoが抜け出し、やや角度のないところからシュートを打つもこれはポストに嫌われる。
そして迎えた後半AT、ゴール前でPodolskiがスルーパスを出すとこれを途中出場のMehaが押し込み勝利を決定付ける追加点。
開幕戦快勝スタートを切った。


in RM:Nicolai Muller
マインツ→ $500万
スタメン候補のサイドアタッカーを獲得。

in ST:Eder
ブラガ→ $400万
エース候補としてポルトガル代表FWを獲得。大迫、Viettoとのポジション争いとなる。

out CM:Yannick Gerhardt
グラスホッパーズ← レンタル
昨季は主力として活躍も今季はレンタルで武者修行。

out CB:Roman Golobart
ブラウンシュバイク← レンタル
昨季に続いて今季もレンタルで移籍。ブラウンシュバイクへのレンタルは3人目となる。

218ケルン2014/07/03(木) 00:29:03.35ID:+BGDLQHC
BL第2節(A)
vs ブラウンシュバイク
3-0

57分 Podolski(Vietto)
83分 Eder(Muller)
87分 Podolski(Eder)

Horn
Risse,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann(83分 Matuschyk)
Muller(79分 Meha),Schnellhardt,Podolski
Vietto,Osako(66分 Eder)

Kessler,Maroh,Mudingayi,Halfar

1年でブンデスに復帰のブラウンシュバイク戦。
新加入Mullerを早速スタメン起用。
対するブラウンシュバイクはレンタル中の長澤、Golobartがスタメンで起用されている。
前半は両者互角の展開でなかなかチャンスも作れなかったが、後半に入るとケルンが力の差を見せつける。
57分にViettoがDFとGKを引き付けてPodolskiにラストパスを出すと、これをなんなく決めてケルン復帰後初ゴール。
さらに猛攻を見せるケルンは83分に追加点。新加入Mullerのラストパスにこちらも新加入、途中出場のEderが決めて勝利をぐっと引き寄せると、その4分後にはまたもPodolski。
ドリブルでDFを一人かわし、PAのやや外からの強烈なミドルシュートでトドメを刺した。
新加入選手たちの活躍で完勝し、開幕2連勝とした。

in CB:Nacho Fernandez
レアル← レンタル($150万の買取オプション付)
移籍リストに載っていたのでDFのバックアップ要因に獲得。

out CAM:Sascha Bigalke
ハノーバー← $300万

219名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/03(木) 00:31:05.24ID:m89+4sN5
俺もフェルナンデスはよく獲るなw
弱小でやると考えることは皆一緒ですなw

220ケルン2014/07/03(木) 00:37:28.37ID:+BGDLQHC
>>219
リストに載ってると安く獲れますしねw

BL第3節(H)
vs マインツ
0-0

Horn
Risse,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann
Muller(76分 Halfar),Schnellhardt(66分 Mudingayi),Podolski
Vietto,Eder(76分 Osako)

Kessler,Maroh,Matuschyk,Coutinho

開幕3連勝を狙ったが、選手の動きが重くミスを連発。
開幕から3試合連続クリーンシートもスコアレスに終わった。


in GK:Shay Given
アストンビラ→ $10
38歳の大ベテラン。
アストンビラが売りに出していたので、第3GKとして獲得。
市場価格は$0だったが、ここは太っ腹に移籍金$10を支払った。
ただニュースではなぜこの選手にこんな高額な移籍金を?と報道。
そこまで言わなくてもいいじゃないですか...。


BL第4節(A)
vs ハンブルガーSV
1-2

70分 Osako(Muller)

30分 Jiracek(Badelj)
82分 Rudnevs(van der Vaart)

Horn
Risse,Yoshida,Wimmer,Hector(72分 Ostzolek)
Lehmann
Muller,Mudingayi,Podolski(80分 Halfar)
Vietto,Eder(66分 Osako)

Kessler,Maroh,Matuschyk,Schnellhardt

敵地でのハンブルガー戦。
前節に続いて選手の動きが重く、30分に今季初失点。
70分に交代で入ったばかりの大迫がMullerのクロスに頭で合わせて同点に追い付くも、82分にWimmerがRudnevsに裏をとられ2失点目。
今季4試合目で初黒星を喫した。


in CAM:Carlos Martins
ベンフィカ→ $44万
元ポルトガル代表のベテランを獲得。

221名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/03(木) 00:43:11.43ID:Zx6775gx
givenかわいそう

222名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/03(木) 00:59:15.00ID:d7ACSQ2P
てす

223ケルン2014/07/03(木) 01:04:13.38ID:+BGDLQHC
BL第5節(H)
vs ブレーメン
1-0

45分 Eder(Osako)

Horn
Risse,Yoshida,Maroh,Hector
Lehmann
Muller(66分 Halfar),Schnellhardt(80分 Matuschyk),Podolski
Osako(80分 Vietto),Eder

Kessler,Nacho,Mudingayi,Martins

日程がやや過密なのもあってか、この日も選手の動きが重い。
ミスも目立ちなかなかチャンスを作れない。
しかし今日Wimmerにかわってスタメン起用のMarohが吉田とともにブレーメンの攻撃をことごとく跳ね返すと、前半ATにカウンターから最後はEderが決めて先制点。
後半はお互い決定力を欠き、1-0のままタイムアップ。
ケルンは3試合ぶりの勝利を手にした。


BL第6節(A)
vs ボルシアMG
1-1

70分 Podolski(Osako)

56分 de Jong

Horn
Risse,Yoshida,Wimmer,Hector
Lehmann(90分 Matuschyk)
Muller(90分 Coutinho),Mudingayi,Podolski
Osako(90分 Vietto),Eder

Kessler,Maroh,Schnellhardt,Halfar

選手の動きが重いのか、それとも実力か。
この日もイージーなボールをトラップミスするなどボールを支配できず、56分に先制を許す苦しい展開。
それでも70分にPodolskiの弾丸ミドルでなんとか引き分けに持ち込んだ。

224名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/04(金) 18:09:12.45ID:wduzIE6g
FIFA14 COIN 販売専門サイトRMT OPです。

今販売価格下げました!


PC (1口= 10万(coins)) 12円

PS3/PS4 30円

XBox360/XboxONE 35円

IOS 11円

Android 11円

GOOGLEで 「FIFA14 RMT OP」を検索してください

225ケルン2014/07/05(土) 22:37:09.12ID:CZq05tMZ
書きためすぎたのでほとんど省きます。

BL第7節(H)
vs シャルケ
2-1

16分Osako(Muller)、47分Podolski(Osako)
25分 Meyer(Boateng)


BL第8節(A)
vs ヘルタ
4-2

41分Podolski(Osako)、50分Osako(Mudingayi)、69分Vietto(Meha)、76分Vietto(Coutinho)
29分Baumjohann(Ben-Hatira) 、45分Ya Konan(Bastians)


BL第9節(H)
vs バイエルン
0-0


EL GL第1節(A)
vs SK・シュトゥラム・グラーツ
3-0

26分Vietto(Coutinho)、32分Schnellhardt(Vietto)、64分Matuschyk


BL第10節(A)
vs シュツットガルト
0-0


BL第11節(H)
vs フランクフルト
1-1

73分Osako(Muller)
85分Bakalorz(Kadlec)


EL GL第2節(H)
vs IFK
1-1

22分Osako(Eder)
30分Mane(PK)


大迫、Podolskiが好調。
守備陣も相変わらずの堅守を見せ、まずまずのスタートダッシュを切ることができた。

226名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/09(水) 22:08:05.29ID:wzwuhEei
yozak yuya

227名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/17(木) 08:54:28.40ID:LaR4Deke
移籍反映までまってるの?

228名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/17(木) 17:49:38.81ID:A59emqQ7
fifa14のcoin 販売専門サイトRMT OPです。

_/\/\/\/|_
\          /
<激安販売中!>
/          \
 ̄|/\/\/\/ ̄

GOOGLEで 「 fifa14 RMT OP」を検索してください

229名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/21(月) 21:47:57.22ID:Mkbphwmj
みんなどこへ?

230名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/21(月) 22:41:05.41ID:AqEwabsl
ここにいるよ

231名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/21(月) 23:21:43.98ID:eaDxT/qN
はい

232名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/22(火) 00:05:48.35ID:RiaSVdYG
放り込みアーセナルやってたものですが
途中で飽きて真逆のがっちがちポゼッションサッカーに移行しました
今も続けてて七年目です

でも初期の方向性を捨てちゃったんでなんとなく書き込めないなって感じです
長くやってるとメンバーもついつい銀河系にしちゃいますしね

233名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/22(火) 02:11:25.74ID:mPLu7ORt
銀河系でも全然構いません

じゃあ久方ぶりに

放り込みに放り込みを重ねたアーセナル
五年目までは順調に事が進んだ
リーグCLとタイトルを総なめしていく
しかし事件は6年目のCL決勝で起こった
相手はローマ
新戦力はマタやパロスキ、アキンフェエフ
セリエの復権を掛けて
かつてのレアルを超えるV6を目論むアーセナルに挑む

結果
ローマはシュート数2で2−1の逆転勝利
アーセナルのシュート合計は23本
枠内シュートは18本にも及んだ
先制してからも決定機は数えきれないほど訪れるが
撃っても撃ってもゴールラインを割ることはなかった
そしてついには逆転を許してしまう

ぶち切れた監督は試合後
「今後先制したらホームからでもブーイングがくるくらいポゼッションやります」と宣言

そして人員整理が始まった

あくまで放出は劣化が始まりだしたメンバーに留める
基本的には現有選手によるスタイル変更を試みる
そして新たなスタメン紹介
7年目前半戦の活躍具合と()内はovr


ベンテケ(87)
三十路を目前にして油が乗りきった万能ストライカー
ポスト良し得点量産良しのなんでもござれ
どんな形からでも点を取ってくれる不動のエース
リーグ前半戦だけで20得点とゴールランクぶっちぎり

エリクセン(90)
スパーズから強奪
元々ベルカンプもアーセナルに推薦してたし良いよね
CKからアシスト量産
両足を器用に操りチーム第三位の得点数も誇る

ルーカス(90)
ウォルコットがバイエルンに旅立つと同時にPSGから移籍志願
これ幸いにと獲得
先制した後ドン引きしてからのカウンターから得点を重ねる
右サイドにスペースが空いたら鬼のようなロングシュートはもはやお決まり
チーム得点第二位

ドラクスラー(87)
バイヤンはアザールを獲得し
レアルはコウチ―ニョを獲得
ならばもうアーセナルしか行き場は無い
エリクセン同様両足から多彩な得点パターンを見せつけた

続いて3列目

ウィルシャー(89)
不動のグーナー
生粋のキャプテン
走って戦って蹴れる全局面対応型フットボーラー
身長低いのだけが玉に瑕

ポグバ(88)
気がついたらチームに居た
ウィルシャーと同様どのような戦術にも適応出来る完成された中盤
よくトドメのミドルを撃ち込んでくれる
でもよくスタメンで使えって文句言ってきて鬱陶しい


DF陣

ダニーロ(86)
初年度に獲ってからすっかりチームの顔に
正直SBで使うよりも中盤で使いたい
フィールドプレイヤーではベンテケと並んで28歳で最年長
そろそろキャリア終盤に腰を落ち着けるクラブを探しているらしい

ヴァラン(88)
何となく獲ってしまった
よくCKから点を獲ってくれるがPKを与えることも多い
それでも不動のDFリーダー
なんか悪いのでレアルから買い戻しオファーが来たら応じる予定

ダイア―(89)
ovr70ちょいだった若造が瞬く間に世界トップクラスへと成長
鈍足だが圧倒的なフィジカルで相手ストライカーを薙ぎ倒す
さらには中盤で使用可能なほど足下にも優れ
チームで1,2を争うミドルシューター

アラバ(88)
バイヤンが劣化し始めたギブスにオファーを掛けてきたのでトレードを提案
ダニーロと同様にどちらかといえば中盤で使いたい
ウィングとして使っても遜色無い攻撃性能
決定力が80超えるDFはそうそう居ない

GK
ベゴビッチ(85)
執拗なくらいポゼッションをするので殆どボールが飛んでこない
試合中はぼけっと立っている

237名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/23(水) 02:52:06.57ID:ieiWtDe7
ドリームチームもおもしろいな

238名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/31(木) 19:42:04.34ID:xDdFvro3
レアルマドリーに移籍し結果を残していたのにも関わらずw杯予選で全く起用されず挙句は本戦への切符を逃したオランダ代表のロッベンで14-15シーズンに引退し監督始めました
因みに選手としての最後の試合のマンUとのcl決勝では2ゴールを挙げ優勝しました
指揮を執る場所に選んだのはプレミアのサンダーランド

239名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/31(木) 19:47:41.60ID:xDdFvro3
基本フォーメーションは4231で獲得リストにはゲームメーカーとスキルのあるボランチなどを挙げた
チームスタイルはパスサッカーやカウンターサッカーを使いわけれるドイツの様な近代的サッカーを目指す

一気に書き溜めて試合の結果を投稿しますのお願いいたします

240名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/31(木) 21:50:19.21ID:nGswqOKm
きたい

241Liverpool2014/07/31(木) 21:53:09.29ID:IQyI06wJ
現時点での移籍を自分で反映してリバポでスタート
もちろん最初の移籍期間はなし
アーセナルファンだがなんとなくリバポ選んだw
CLにも参戦

242名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/05(火) 08:58:09.82ID:3GKty7qW
まだかい?

243名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/06(水) 15:58:13.78ID:AAHEuCNv
シーズンで特定のチームを使ってのことを書いても良いかい?

244名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/06(水) 16:10:55.96ID:CMQDwxe+
どうぞ

245名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/10(日) 12:18:41.00ID:2Aa/npmn
>>206のカーディフだけど2年目終わったので書く。

順位表
http://i.imgur.com/Hrdql6P.jpg

最終節まで1,2位、4〜7位が拮抗した展開の中、チェルシーが2連覇。カーディフは年明けまでトップ争いに加わっていたものの徐々に離され3位で終了。目標のCL出場権を獲得。
得点も増えたが、失点数が去年の13→26と倍増。

ELはベスト16、FAカップは2連覇、cocはベスト16。選手層も厚くない中日程が非常に厳しかった。

246名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/10(日) 12:29:45.48ID:2Aa/npmn
スカッド
http://i.imgur.com/rLS4FxC.jpg
http://i.imgur.com/KwvHYFJ.jpg
http://i.imgur.com/GxLQXFi.jpg

シーズン途中から4-3-3にしてこれが安定。サイドからの折り返し、トップからの戻しをセンターハーフが打つ形が効果的。バイタルでチャルハノールが前向いてボール受けられると大体決められる。

得点はBPLでチャルハノールが12点、ジョルジェビッチ(怪我)が10点、宇佐美が7点、原口が6点。守備はCBのコーカーとカラのコンビが非常に安定してるものの、バックアッパーに欠ける。
山口、扇原、キムボキョン、キムジンヒョンとセレッソ出身者が4人いる。

ボスマン選手で来季バーゼルのシェアー、アヤックスのシェーネ、メキシコのカルロス・ペーニャを獲得済み。決定力のあるウイングや清武を取りたい。

247名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/10(日) 19:18:45.27ID:2Aa/npmn
グリーズマン レバンドフスキ サンチェス
       エリクセン
ストロートマン      ビダル 
       グスタヴォ
アブデヌール  フアン  ソクラテス
        クルトワ

僕の無敗優勝&連続トレブル銀河系インテルどうですか?

248名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/10(日) 20:19:59.53ID:0T3O4EHp
internationalだがインテル要素がない

249名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/20(水) 17:10:31.38ID:52i67clY
・時間不足気味のゲーム生活がRMT OPで変わるのね。
RMT OPでゲームの生活を変わる!もっとやすいゲーム生活が楽しみ!
FIFA14 COIN不足場合は RMT OP !


「FIFA14 RMT OP」を検索してくださいませ。

250名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/20(水) 17:20:47.00ID:vp4IR89Y
今のインテルと対比すると泣けるな

251名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/21(木) 06:38:50.00ID:BBxuvuut
このゲームにボールボーイはおらんのかああああああああああああああああああああああ
全力でボール拾いに行って疲れるなやあああああああああああああああ

252アーセナル3年目2014/08/26(火) 01:28:01.33ID:ImT8iQ6f
オリヴィエジルーの後継者ネルソン オリヴェイラが覚醒し全コンペティションで41ゴール OVER84

レフトウィングにコンバートされたウォルコットが能力開花
ドリブル88でポジショニング87 OVER86 大事な試合でゴールを決めまくる

アーセナルに移籍してきてから真のワールドクラスへとと開花したアレクシス サンチェス
プレミアで16ゴール9アシストを記録 OVER90

トップ下として得点能力も開花したエジル
プレミアで14ゴールを決める OVER91

スーパーサブとして能力を開花させたジョエル キャンベル
プレミアで13ゴールを獲りUCLではアシスト王に輝く OVER83

中盤で運動量を生かし攻守に貢献するアーロン ラムジー OVER83

アルテタの後継者としてアーセナルにやってきて以降、完璧にその役目を果たしさらなる高みへとチームを成長させたエイドリアン シウヴァ
全コンペティションでアシスト19を記録 OVER85

焼きそばの後継者チェンバースOVER80、ギブス82、コシェルニー82、グスタボエンリケ81、スチェスニー83の鉄壁のディフェンス陣 プレミアの失点はわずか19

前年の5冠を上回り、6冠を達成
フットボールの全てを勝ち取ったアーセナルである

253名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/26(火) 12:52:36.72ID:OkrvafUA
ベンゼマ4週間離脱
ロナウド4ヵ月離脱
ベイル7ヵ月離脱

オワタ

254名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/27(水) 05:25:33.09ID:eI0o+SBc
エフェクトってのが頭にちらつくせいでおそらく自分のミスであろうこともエフェクトを疑ってしまって原辰徳。
んでやり直したりしてシーズン無敗で終わってしまった。なんという虚無感。嗚呼エフェクトなんてなくなってしまえばいいのに

255名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/27(水) 13:38:37.94ID:G8/XdRJl
45と90のゴール多すぎ

256名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/28(木) 22:16:25.35ID:gTGiFWCn
>>246
宇佐美とかは作っているの?

257名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/29(金) 20:55:02.62ID:jYM9jY3C
キャリモの話なんだけど、適性ポジション変わってほしい例えば20試合くらいそのポジションで使ったらそこの適正つくとか

258名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/30(土) 04:30:43.37ID:5vT++pIC
そんなにお金もない下位のチームから始めて、自分の普段応援してるチームの期待の若手取ったり日本の選手取ったりして活躍させるの楽しいわ

どの程度伸びてくれるのか不安ではあるが

259名無しさん@お腹いっぱい。2014/08/30(土) 11:07:47.43ID:u88wtVxI
>>256
クリセンからだよ。
元のOVRがそんなに高すぎなければ非現実的ではないと思って入れてる

260名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/02(火) 02:16:35.36ID:An5EbcDm
>>257
適性ないポジションで使っても能力が変わるってことはないし、使ってるポジションに必要な能力も成長する
だから意味ないと思う

261名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/02(火) 12:53:09.78ID:7zjPy/3L
>>260
三角で楽に交代できるし、適正ポジじゃない選手を使うのなんか引っかかるんだよなぁ

262名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/03(水) 00:32:57.84ID:i9rNCOuL
>>261
今さらなんだけど△で選手交代ってどうやんの?次の試合で〜ってやつ?

263名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/04(木) 16:31:37.10ID:NSX+6X+B
・時間不足気味のゲーム生活がRMT OPで変わるのね。
RMT OPでゲームの生活を変わる!もっとやすいゲーム生活が楽しみ!
FIFA14 COIN不足場合は RMT OP へ!
激安販売中!

1万coinの代金=6円です!!


「FIFA14 RMT OP」を検索してくださいませ。

264名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/07(日) 16:09:25.73ID:MyKJbi4Z
4.7mでメネズ取ったらリヴァポからオファーきてリヴァポの要求の二倍の15.5mふっかけたらOK出されてワロタ

265名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/08(月) 09:00:46.45ID:dWf7WWx7
買い物ヘッタクソのリバポはゲーム世界でも健在か

266名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/15(月) 16:03:37.21ID:MJVWLM0g
メッシを冬のフリー移籍で獲得しようとして
ユベントスで300万ドルボーナス20%にしても断られてしまった
1月中じわじわラブコール送ってこの額に達しても無理だったわ

267名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/15(月) 23:05:11.66ID:5L/ATLBB
>>266
三百万!!??
今までで最高の週給はエジルで五十万だったのに
上には上が居るもんだ

268名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/17(水) 12:49:36.47ID:ETML3mSv
メッシ(OVR95)は移籍金1億2000万ドル、週給150万ドルで来てくれました。
ちなみに4年目アトレティコ(リーグ3連覇CL優勝2回)。

269カーディフ3年目2014/09/29(月) 20:54:55.41ID:D9btpQEB
もうFIFA15を買ってしまったがカーディフでの3シーズン目をやりきった。
http://i.imgur.com/MHZgNwp.jpg
順位は昨年から2つ下げて5位。
しかしCL・FA杯・COC三冠という偉業を達成することができた。
http://i.imgur.com/KWtzGVq.jpg

270カーディフ3年目2014/09/29(月) 21:10:03.09ID:D9btpQEB
スカッド。
http://i.imgur.com/ju1Tqlf.jpg
http://i.imgur.com/dXjs5tk.jpg
夏にシェーネ、シェアー、カルロス・ペーニャ、アブバカルを獲得。
冬に1600万ユーロで原口をスパーズに売却。マッチ+1050万ユーロでノッティンガムからランスベリーを獲得。ペーニャ+800万ユーロでホッフェンハイムからフォラントを獲得。
シェアー、コーカーの盤石なディフェンスライン、力強い1トップのアブバカル、流動的に攻められるフォラント、チャルハノールとこの3年で最強のスカッドに。
特に前のチームでOVR82まで成長していたランスベリーはイングランド代表でランパードの後継者と言えるほどチームに安定をもたらした。

最初はOVR76のメデルが最高だったが、今では80越えの選手を6人も要するほどに。
この世界ではヴィンセント・タンはウェールズの神となっているだろう

271カーディフ4年目2014/10/02(木) 00:04:56.82ID:/yaqI4NS
カーディフシティの者だが、4年目に入ると予算がなんと8,000万ユーロももらえた!
CL優勝したし現実的でなくもないのだが、スタート時500万ユーロ、1年目FA杯&BPL5位で翌年1000万ユーロの予算、2年目FA杯&BPL3位で翌年1000万ユーロの予算、3年目FA杯&BPL3位&COC&CL優勝でここまで増えるのだろうか。
もちろん毎年スライダ全振りでこの結果だが。

去年のスパーズみたいな補強が出来る!と夢が広がりすぎでFIFA15どころじゃない

272名無しさん@お腹いっぱい。2014/10/02(木) 14:00:32.98ID:AIvZkZfY
FIFA14の プレイ時間が少なくてcoinを効率よく稼げない方、

ゲームプレイを もっと楽しみたい方は

検索サイトで

_/\/\/\/\/\_
\            /
<FIFA14 RMT OP>
/            \
 ̄|/\/\/\/\/ ̄

を検索してください!

RMT OPは FIFA14を満足していただけるよう、 プレイヤーを支援していきます。

273名無しさん@お腹いっぱい。2015/12/19(土) 13:48:02.47ID:RgIxryht
我々はmelo_rapが何故このような頭のおかしい奴になってしまったのか
疑問を解決するため、melo_rapの故郷である韓国に向かった。
「まだ世界にこんなところがあったのか…」
思わず口に出てしまった言葉を、失礼だと同行した上司に咎められた。

売春宿がはびこる街、整形だらけの顔をした韓国人たち、
そして彼らは日本人である我々を、監視する様に見詰めている。
友好だの、韓流だの、通貨スワップだので仲良くなった気でいた
我々は、改めて韓国の現状を噛み締めていた。

ボロ屑のような家に居たのは老いたオモニ一人
我々を見るなり全てを悟ったのか、ファビョりだし
「息子はなにも悪くない! 謝罪と賠償が足りない日本人が悪いニダ!」と我々に向って怒鳴りつけて来た。

我々はこの時初めてmelo_rapを許そうと思った。
誰が悪い訳ではない、朝鮮人の血が全て悪かったのだ。
我々はmelo_rapのオモニから投げつけられたキムチを手に、
打ちひしがれながら日本への帰路についた。

274名無しさん@お腹いっぱい。2016/11/28(月) 09:49:20.80ID:k29/HPlP
ポカリンとは?

・機種関係無し安売り情報スレに2008年頃から住み着いているキモオタ
・ほぼ毎日同じ時間帯に現れレスをしている(お昼〜午後11時)
・オットセイと他の住人全てに嫌われている
・安売りスレが機能しなくなった元凶
・年齢は40代半ば

11/03(火)
http://hissi.org/read.php/famicom/20151103/N1JCdFluYi8.html
11/04(水)
http://hissi.org/read.php/famicom/20151104/NzRWOUJoWm0.html
11/05(木)
http://hissi.org/read.php/famicom/20151105/VGRhWHlJQmE.html
11/06(金)
http://hissi.org/read.php/famicom/20151106/M2grdmp3eFA.html

安売りスレ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/famicom/1447262464/

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています