何でもコピペスレ5 [無断転載禁止]©2ch.net

1金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/06/28(水) 18:19:31.37ID:x6Flfl1O
コピペ専用スレ

前スレ
何でもコピペスレ5 [無断転載禁止]©2ch.net
http://medaka.2ch.net/test/read.cgi/eco/1498229607/

279金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/26(月) 23:55:58.00ID:x5UwXLKq
686 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/26(月) 21:10:43.23 ID:fJ/tb9XA0 (80)
>>530
>>534

米国での解雇規制の現状

GM等の製造業の従業員解雇に限定された話だが、工場やオフィス単位で閉鎖を行えば、組合には何もできない
費用については、契約時に定めた解約手当を支払う必要があるがこれも、工場作業員であれば給料半年分程度が多いと聞いている

ユニオンに意味があるのは、GMのような労働集約型産業で、各従業員が短期の訓練で同じ業務をこなせる場合に限る
労組が組合員の給料を全体として交渉するという前提のため、不当に給料を下げられるリスクを減らす代わりに、給料の上がりも一律となり、同一業務に配置された労働者の給料・ボーナスは原則として変わらないことを意味する

従業員がいつでも取替可能な産業は製造業とされ、労組は原則として製造業以外の産業では有効例は多くない
ただ労組はレイオフの対象について企業と合意事項を定められる(勤務年数が長い従業員は解雇されにくいといった事項だ)

聖域として組合の役員はレイオフの対象から免除される条項を組合が設けることがある(レイオフ時に役員と一般組合員は揉めるだろうが)

しかし労組との合意があったとしても、工場や部門ごとに閉鎖することで、決まりごとは無効となるので
景気がよかろうが利益が出ていようが、会社が例外を作らずレイオフするなら労組に抵抗する方法はないし、勤務年数が長くても関係がない
(また企業はリストラ時に強制的な配置転換を行うことも可能だ)

280金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/26(月) 23:56:28.36ID:x5UwXLKq
AI化、自動化によって工場の労働力が不要になれば、労組との合意範囲は無効であり、レイオフ・解雇を最低2ヶ月の通知で行うことができる

FRIDAY, AUG 28, 2009, 1:00 PM
Toyota to Close Only Union Factory In U.S.
http://inthesetimes.com/working/entry/4814/more_worker_casualties_in_a_bleak_economy
Toyota stated it will move production to its other plants in the U.S., Canada and Japan. Almost 5,000 workers, represented by the United Auto Workers Union Local 2244, will lose their jobs.

知識集約型産業(IT等)では、労働者は特定のスキルを持ち、企業側に損害なく入れ替えをすることはできない
従業員がスキルを高め、退職をちらつかせて企業と賃金交渉する力を持つからだ

ITのような知識集約型産業では最底辺の給料に一律化させる方式を従業員が拒否するため労組にメリットはない
そのため労組に入ろうとする動機が従業員側にはない

労働集約型であっても会社側が部門・工場単位での閉鎖を決断すれば組合の存在は解雇になんら影響を与えない

IT等の知識集約型産業では、解雇は能力不足と会社が主張する場合は、ほぼ確実に会社の主張が認められる
最高裁判決によって解雇理由が年齢だけだったことを証明する証拠の提示が必要となったからで
その難易度は高く企業側が無能を解雇理由とした場合それを否定するなら、明確な職務での成果が必要となる


687 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/03/26(月) 21:10:51.18 ID:tYH0MpsA0

281金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/26(月) 23:57:23.05ID:x5UwXLKq
694 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/03/26(月) 21:12:35.35 ID:HtLBmQv70 (43)
>>686
補償の問題を調べてみな。


697 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/26(月) 21:13:28.75 ID:fJ/tb9XA0 (80)
>>694

アットウィル原則のことか


706 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/26(月) 21:15:23.42 ID:fJ/tb9XA0 (80)
>>694

失業保険の受給期間は26週間が標準で賃金の50%を支給(退職後1〜2週間後に支給)。99週間に延長可能な場合もある。
中小IT企業のseverance packageは雇用契約書で定めるが
(6ヶ月の賃金+勤務年数x2週間の賃金+半年分の医療保険)が一般的、景気のいいトップ企業では(1〜2年分の賃金+勤務年数付加分+その他)を支給することもある。(at willが原則)

282金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/26(月) 23:57:54.62ID:x5UwXLKq
719 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/03/26(月) 21:17:37.04 ID:HtLBmQv70 (43)
>>706>>707
失業保険以外に労組からの補償があるんだよ。

283金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/27(火) 00:07:39.19ID:xlifGWpo
924 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/26(月) 23:10:10.00 ID:fJ/tb9XA0 (80)
「資本主義の偉大な成果は財の蓄積にあるのではなく、財の蓄積によって、市民がそ
の能力を伸ばし高める機会を与えてきたことにある。にもかかわらず資本主義の反対
論者は、資本主義は物質至上主義だと批判し、支持論者の側は、それは進歩の代償だ
と的外れの言い訳をしている。」(フリードマン)


927 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/26(月) 23:14:30.45 ID:+aL05ENZ0 (42)
>>924
能力を伸ばしてそれを資本の法則により利潤に変える
個人は死ぬが資本は死なないから時間がたつにつれて資本の加速度的な膨張が起き、それが個人の生活を制圧するようになる

資本が主人であり、労働者は奴隷になるのが今の社会の真実でしょ


939 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/27(火) 00:02:26.78 ID:v1aip7fh0 (2)
>>924
おー、これは素晴らしい
さすがフリードマン
本質を見事に射抜いている

まあ、フリードマンはよくショック・ドクトリンなどで叩かれるが、
基本的にアスペだと思うw

やや理想的で極端に偏りすぎるところがある
これはマネタリスト系学者全般に言えることだが

284金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/27(火) 00:08:04.65ID:xlifGWpo
018/03/27(火) 00:06:33.39 ID:v1aip7fh0 (2)
>>927
それは>>924が答えている
イデオロギーが強すぎるのと、
的はずれな議論によってそうなっている
そういう意味では、君の考えは反論になっていない
むしろフリードマンの追随だ

物質至上主義=「機械が全てを支配する」

左翼 これは人間疎外だ!資本家死ね!
保守 これは進歩の代償だ。労働者死ね!

フリードマン 違うだろ。資本の蓄積を国民が共有できてこその資本主義
        政府や一部企業の独占こそが市場性を破壊している
        ( → 「完全競争」を調べよ )

285金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/27(火) 00:17:48.72ID:xlifGWpo
920 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/26(月) 23:09:07.67 ID:fJ/tb9XA0 (80)
朱子学における礼とは身分制度(徳目)に対する絶対遵守だが、それに相対する思想が陽明学であり、
陽明学は時宜に合せ機動的に考を行うため、形式主義(礼)を排除する

序列主義は、成功しているものが偉く、成功していないものは卑しいという観点から事物を見る。
この観点からすると身分の尊卑のみが社会における徳目となる。序列主義は同列の階層に対しては
敵を貶め自らの徳目を獲れば勝ちとなる、言葉で貶めることで勝敗をつけるというレッテル貼りが
好きな極左的病理に近いが、この徳目のいきつくところは反実力・反競争主義である
つまり成功という結果が、身分の尊卑を高め、その他全ての瑕疵を覆い隠すならば、成功のためには
手段を選ぶ必要がなく真っ当に競争をするよりも談合・カルテル・独占や違法行為・詐欺的商法、
嘘をついて批判・レッテル貼りを行うほうが得(徳)であるとの反競争的な倫理観が世相を支配するようになる

またツバを飛ばしながら正面切って議論を行うことを本質的に嫌う、なぜなら対等な関係では意のままに
従わせることができず、同意を得なければならないし、相手が拒否すれば強制はできない。
如何なる誤った行いであっても、徳(身分の高い、社会的信用、儒教的な礼=上位者に逆らわない、上下身分制度・尊卑制度を遵守)のあるものの意見・行動が優位に立つ。
しかし同列の者同士であれば、上からの命令を受ける従順なものが上位者となる。
この思想では、下位者は(上位者とそっくりの借り物の思想を用いるだけの)無能で従順であるほど徳が高くなる。
そのため議論を逃げ続けたものが勝者となるが、戦略に誤りがあり修正が必要な場合に対処方法が無くなる

ソニー創業者・盛田昭夫が56年前に書いた「新・サラリーマンのすすめ」
文藝春秋 1961年12月号
http://bunshun.jp/articles/-/3755?page=4

286金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/27(火) 00:18:19.04ID:xlifGWpo
そもそも日本人一般が、自分の能力というものに認識や誇りを持たないのである。あらためていう、不幸な
人種である。

スイスの靴屋は、一人一人が自分は誰にも負けない靴をつくるのだ、という誇りを持っている。学校にいか
ないことを恥じたりはしない。アメリカのホテルのボーイは誰にも負けないサービスをする自負がある。だ
からソトでお客とあっても対等で口を利くのである。しかも靴をつくる能力とサービスをする能力はそれぞ
れに尊いもので、どちらがより尊いというものでもない。ビジネスの能力もまたしかり、なのである。


948 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/27(火) 00:16:32.73 ID:v1aip7fh0 (5)
>>920
この頃の経営者は優秀だった

最近の経営者は馬鹿だから、「思想w」くらいにしか見えないのかもしれないが、
この論理構造は、現代で言うところの「システム」そのものだ
まあ、ゲーム理論の一種と言っても良いが

つまり、IT型経営だ
つまり、現代風に感想文を書けば、
「ITから見た場合、朱子学は極めてシステムバグを見えなくし、
問題を深刻化させる」
と言える

これが1961年に主張されていたのは、驚きだ
俺が生まれる前だからな

287金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/28(水) 06:48:35.35ID:l8BwxhT8
271 名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ [sage]: 2018/03/28(水) 04:12:03.59 ID:/zLvLntv
「今ある素粒子の種類を超弦理論で説明するためには
空間9次元+時間1次元が必要です
ただし空間のうち6次元はプランク長さ以下まで収縮されていて見えません」
・・・こんなの最初から無理だろ

あと、時間の次元については誰もわかる人はいない
もし過去と未来を行き来できるなら、因果律というか
熱力学の第2法則が崩れる可能性がある


272 名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ [sage]: 2018/03/28(水) 05:27:33.49 ID:LLyUo2wo (2)
>>269
数学的には扱える。
そもそも時空という言葉は幾何のテクニックで物理計算をするための手法から来ている。

自分のいるところを地平として広がりがないと仮定するなら時間だけでなく座標三次元も同じ話。
個々の物体、人物、もっというと素粒子の一個一個は互いに同じ時間を体験しえない別の世界線の上にある。
時間の流れ、座標の違いを持って世界線という。
世界の構成要素は光の速さを超えて交わることがないので、例えば一光分違う遠い町の人とあなたは同じ時間を体験しえない。
そこで世界線の地平という限界距離・時間の概念も存在する。


273 名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ [sage]: 2018/03/28(水) 05:29:19.84 ID:LLyUo2wo (2)
>>271
時間を行き来することができて初めて次元といえるわけでもない。
単位時間に光の超えたを越えた距離の先には俺らも決して行くことはできない。

288金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/29(木) 23:25:56.12ID:HKv6LrWC
468 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/03/29(木) 20:10:11.07 ID:jfhRfjcL0 (2)
>>338
あれなんなんだろうな
土地に縛られないのがITの良さなのに、日本だとこぞってなぜか東京に集まるやつ…

別に必ずしも悪いことではないのだが、人口が多すぎると都市としての効率が落ちるので、土地の制約が緩いITに関してはもっと地方に散った方がいいなぁ…
東京に集積すべきはITより保険、金融サービス
あれは集積すれば集積するほど良い

最近だとIT産業、起業に力を入れてる福岡や、製造業との融合で人手不足を補いたい愛知なんかは割と狙い目だろうけど

289金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/01(日) 01:56:16.58ID:HT+fRF93
477 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/04/01(日) 01:25:51.92 ID:Z/B4UZt00 (10)
>>472
いや、世界中のマクロ経済学者や
エコノミストが、

政府の税制(徴税)および歳出と、
中央銀行の動きを中心に政策判断してる。

なぜなら、彼ら(政府日銀)しか総需要を左右させられないからだ。

お前がデフレギャップ解消のため、
10兆円支出を増やしてくれんのか?


483 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/04/01(日) 01:39:57.84 ID:yjg+qTJt0 (3)
>>477
ブタ積みしてんじゃんw

490 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/01(日) 01:55:25.35 ID:ZFZagQOT0
>>483
増税しちゃったからだろw
乗数効果を考えれば当然だよ
本来なら投資や消費、貯蓄に回る分が、
国庫に入ってしまったw

290金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/05(木) 15:14:13.23ID:lZxk4CRO
535 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/05(木) 15:04:09.00 ID:dp9nm9GH0 (4)
日本は仏教を中心とする宗教国家を何百年と続けてきたので
人間的には優れた人格で忍耐強く慈悲に溢れた民度の高い人達の国家形成には成功したが
技術力や科学力や物質的な生産性においては西欧列強に遠く及ばず劣っていて
この部分が日本の弱点でこのままでは高度な兵器や物質的な生産性に優れた欧米列強に
植民地として飲み込まれてしまうという事を幕末の日本人達は日本の弱い部分を既に見抜いていたんだ。
そこで今の徳川幕府体制ではこの弱点を埋める政治が出来ないと考え
革命が起きたのが明治維新で

これが達成されるとヨーロッパなどに留学生を送り込み西洋の技術を積極的に取り込み
日本を西欧列強に肩を並べられるだけの技術力や生産力をもった国づくりを目差す
富国強兵がすすみ一気に国民総西洋かぶれ化が進んだんだ。
これらの傾倒が急激過ぎたため福沢諭吉なども本来の日本人としてのありかたを忘れ
西洋主義一辺倒に傾く事は日本人の伝統ある精神性をも破壊しかねないと警告したりして
徐々に行き過ぎた西欧崇拝主義に対して反発する力が世論の中に徐徐に高まり
いま一度日本人としての精神的な気高さを見直そうとう振り子の揺り戻し現象がおこり
日本文化見直しブームがおこり日本の中心を担う留学生達も留学先で白人達による激しい差別も手伝い
一気に西欧文化に対する嫌悪感も同時に巻き起こり、日本人としての誇りを取り戻せとばかりに
世論のほうから弱腰政府へ対する突き上げも起こって次第に西欧諸国が有色人種対する不平等で
理不尽なやり方に対しての不満が一般国民にも浸透するようになっていった。

戦争をしたくない政府や首相にに対して国民のほうがむざむざ黙ってみすごしていて
何も言わず行動も起こさないのはけしからんと弱腰外交などやめてしまえと
毎日のように首相宛に手紙が届けられるほど世論は戦争へと傾いていた。
草の根の日本国民自らが日本文化の誇りをかけて西欧列強に挑んだ戦いだったので
最後まで諦めるわけがなく原爆を落とされこれ以上どうしょうもないというところの
最後まで日本人はその思想的な意地を張り通して最後は圧倒的な物質量の前に倒れたんだ。

291金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/08(日) 22:59:08.77ID:sO+zYx3I
271 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/08(日) 22:53:40.54 ID:55XNGudR0 (8)
>>234
むしろAIを導入すると労働生産性は高くなる

こう考えるとわかりやすい

労働生産性が高い

↑   ほとんど機械がやって、人間はその機械の管理と監視、チェック作業
     (自動化された無人搬送車)


↓   土方・人足がバタバタと動き回り、原始的な機械を使う
    (籠、人力車、大井川渡りの人夫)

労働生産性が低い

292金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/10(火) 03:59:30.16ID:ub3ys0WI
378 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/10(火) 03:58:11.58 ID:lj5Ynxo20 (10)
>>327
基本的に需要が必要になる

理論上は、方法が2つある

・金融緩和を極限まで続け、円安をどんどん進めていく
・財政出動を利用する

前者は輸出を増やすことによる需要増加だ
現在、これがメインになっている
ところが、これは他の国の通貨高を招く
特に米国は金融引き締めに向かいつつあり、
かつトランプ政権は貿易赤字削減を公約している
明らかに限界がある

後者は需要の中で公共投資と個人消費に注目する
公共投資は直接的に需要を生む反面、
不要な箱物を生み出す副作用がある

後者は言わずとしれた減税
実は一番効果があって、副作用も少ないのだが・・・w
政治的な理由で、なぜか不可能になってしまっている

293金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/12(木) 23:17:18.93ID:m2X4ny0t
318 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/12(木) 23:17:05.61 ID:+D+jGM1j0
財務省が年金債を発行
  ↓
日銀が引き受け
  ↓

 年金受給者はそのまま年金を受け取る
 
 労働者は賃上げ

 金持ち老人は、株式などに投資するか、
 現金保有のままインフレ税を支払う

294金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/12(木) 23:24:23.43ID:m2X4ny0t
318 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/12(木) 23:17:05.61 ID:+D+jGM1j0
財務省が年金債を発行
  ↓
日銀が引き受け
  ↓

 年金受給者はそのまま年金を受け取る
 
 労働者は賃上げ

 金持ち老人は、株式などに投資するか、
 現金保有のままインフレ税を支払う


341 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/04/12(木) 23:19:29.71 ID:ZQ4TGtKx0 (2)
>>318
賛成
財務省筆頭に貨幣観が間違っているから財源という言葉を口にする

295金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/13(金) 20:32:14.94ID:NfLOouUN
305 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/13(金) 20:07:29.54 ID:/kHq+ug70 (32)
>>287マルサス
「所得の不平等が経済の衰退を引き起こすことによって、貧しい者は消費に余裕が無く、
豊かな者は所得の一部のみを消費に当てるだけの状態になり、市場は供給過剰に陥る。
その結果、商品需要の不足が発生するため豊かな者は貯蓄に励み生産に再投資しない。
この貯蓄の増加が経済的均衡を崩す結果を生み、生産縮小のサイクルが始まると説いている」
http://d.hatena.ne.jp/skymouse/touch/20150713/1436797538

リフレ派は初めからJORKERを引いていた…!w

296金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/15(日) 17:52:24.23ID:oglUO3V2
147 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/15(日) 17:42:22.90 ID:eb/9N1750 (3)
>>122
ヒトラーは正しかった、とか言い出して停止されてたな、マイクロソフトだかIBMだかのAIは。
善悪基準だって人間様の勝手な論理だろうし。
その辺の整合性とかどうするんだろう?


178 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/15(日) 17:50:11.09 ID:W5Asw21a0 (5)
>>147
っていうか、価値っていうのは、人間の脳が「勝手に(自然に従わずに)」生み出している
要するにご都合主義が人間の脳

でもって、それを廃止すると、それこそ基準に合わせてドライに裁定していく
当然のことながら、

生産性を上げよ → 生産性のないものを排除しろ

           → 老人、カタワ、低知能、浮浪者、不労収入で食っている無職・資本家を処刑しろ

           → ハイルヒットラー!ユダヤ資本抹殺!

になるだろうな

297金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/15(日) 22:02:26.50ID:b0BHaX/e
1984の世界になるね
ちょっとでもサボってたら即不要扱いで
移動時間もほんのちょっとの誤差も許さない
家庭もアレクサとかの発展系で全て監視
金も現金じゃない時代は全て何に使ったか全て把握される
街には一切の死角がないように監視カメラを設置

298金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/19(木) 11:13:00.18ID:gld98lKl
80 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/04/19(木) 10:52:00.60 ID:2/b24Tj/0 (7)
>>76
国って何だと思う?
民族自決だろ

歴史みても人種や宗教、民族、価値観ごとに国が分かれてるのはなぜだと思う?

299金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/19(木) 11:13:34.65ID:gld98lKl
104 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/19(木) 11:00:24.31 ID:Bin4gdi80 (3)
>>80
そこまで極端ではないが、
基本的には正しい

まず、国ごとに言葉が異なる
多民族国家でも、使える言語は限られている

次に国ごとに宗教に偏りがある
これは言語以上にはっきりしていて、
基本的に宗教観の違いで国が分かれている

ここに近代と植民地支配がかぶさった
この2つは、別次元で同時進行で発生した
近代化は主に技術革新や宗教改革などによる文明発展の成果
近代化によって、より人の移動と管理が簡単になり、宗教のみならず、
民族ごとに国が作れるようになった
また法が整備され、法によって人を管理できるようになった

300金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/19(木) 11:14:11.20ID:gld98lKl
一方でアフリカやアジアでは、全く別の形で国家が誕生した
それは欧米列強による植民地という形態からの独立で国家が誕生していく
そのため、国境の多くは宗主国の都合で引かれた形で誕生する
言語も宗主国の言語を国語としている国も多く、
その多くは多くの部族によって構成されている
ここでは民族自決というのも、かなり中途半端な形でしか成立していない

欧米など近代化が進んだ所謂「工業先進国」の場合は、
民族自決的な手法が上手く行った
これは地方自治などによって、連邦制が形成できているからだとも言える
一方で旧植民地の国家は、民族が国境で分断されたり、
無理やり統合されたりしたため、紛争・内戦が頻繁に起きたり、
軍事政権、独裁制が取られることも多い

301金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/24(火) 15:27:55.28ID:wPrNDZ4s
31 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/24(火) 15:15:45.26 ID:3T2eeqTT0 (4)
>>18
奴隷制は機械文明が未発達な段階で、
労力の大半を人間の労働に頼っていた時代に、
生産拡大に寄与していた

そして奴隷を開放したのが資本主義

この正しい歴史的事実を歪めているのが、
現代のウヨサヨ馬鹿論争

302金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/24(火) 19:16:05.27ID:wPrNDZ4s
268 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/24(火) 19:14:52.38 ID:3T2eeqTT0
奴隷制度は分業制が未発達な段階での貴重な生産手段
職能分業が確立される前の段階では、
奴隷という形での労働力を必要とした

これが技術革新によって需要が無くなっていく
奴隷船の代わりに帆船
奴隷による貨物運搬の代わりに、
馬車や機関車

更に奴隷による生産物加工の代わりに、
工作機械などの省力化機器
あるいは農作業をトラクターなどの機械によって省力化するなどによって、
奴隷制という非効率が無くなっていった
それは産業、職業の分業化によって可能になったとも言える
つまり、技術水準は分業の度合いと同じである

農具を作って野良仕事

職人から農具を購入して野良仕事

品種改良や農耕機器を購入して野良仕事の減少・効率化

農耕機器の動力化により、機械設計、機械製作、およびその部品供給、
エネルギー供給により、野良仕事の自動化・省力化

という具合に変遷していく
つまり奴隷という人間の作業が最初に分業制によって開放されたということになる
それまでの労働価値説は、この瞬間に崩れたのである

303金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/28(土) 18:33:14.65ID:5OWhofB4
54 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/28(土) 18:32:51.27 ID:cnF4xhcN0 (5)
例えば、無能経営者がいたとしよう
デフレでは、優秀な人材を最低賃金で雇って使い捨てにしていた
それ故、利益も上げられていたが、
一方で日本はどんどん衰退し滅亡の道を進んでいた

一方、経済が良くなり、人手が足りなくなってくると、
体力の有る優良企業は、どんどん賃金を上げていって事業を拡大させる
一方、三代目くらいのバカボンが遊びがてらやっているような企業には人が来なくなる
そして廃業する

その結果どうなるのか?

例えば、工場であれば、その工場跡地に別の工場が建ったり、
あるいは、近隣の土地を全て買収して、巨大な商業施設ができたり、
オフィスビルが建ったりする

こうすることによって、より生産性の高い企業が生き残っていく
これをもし補助金などで、バカボン企業を残してしまえば、
赤字垂れ流しのまま、その土地にしがみついてしまう
これが所謂「ゾンビ企業」である

304金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/29(日) 03:19:35.18ID:o1J3dssv
964 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/29(日) 03:16:21.20 ID:XJMx+p400 (4)
具体的に書くと、
現代の政治に必要なのは、個々のグループの権利のすり合わせ
例えば、「労働者の権利」と「企業投資家の権利」のすり合わせは必要になる

だが、一方で「労働者だけの社会」とか、「投資だけの経済運営」とか、
あるいは、「国民性を無視した利益至上主義」のような、
極端な右翼、左翼の思想は、国家運営を継続させることができなくなってしまう

安倍が資本家より、企業より、戦前の右派寄りの政党のトップであるならば、
本来は労働者の権利を守るべき立場の左派の政治家たちが、
なぜか誰も望んでいない原発全廃やら、平和推進&中韓への利益供与などを主張している
政党政治が完全にねじれてしまっている

その一つの理由が、現代日本における左翼と呼ばれる勢力の殆どが、
日本の低所得者や弱者の代弁者になっていないというところにある
それは経済政策だけを見てもはっきりと分かる
左翼左翼が推進すべきなのは、マクロ政策による雇用の改善と賃金上昇である
当然、ケインズ政策を中心にすべきである
ケインズ政策とは、大規模な金融緩和と財政出動をセットにした政府による市場介入を意味する
それ故、経済右派には嫌われている

ところが安倍や自民党がこれをやろうとすると邪魔する勢力が有る
それは野党である
野党はいつからレッセフェールを主張するようになったのだろうか?w

305金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/29(日) 07:30:58.45ID:6UarurCD
948 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/29(日) 07:27:16.64 ID:jim2DPX10 (15)
>> 936
というより、日本型経営というものをきちんと理解しない学者がおかしなことを言い過ぎている
日本型経営の特徴は、昭和時代の常識そのもの

企業は社員のもの
社員とは正社員のみを指す
正社員とは、幹部候補生のことを意味する
正社員には終身雇用を保証する代わりに、
企業への忠誠が求められる
ライン(出生コースをこう呼んでいた)から外れた社員も、
基本的に最低水準の給与の引き上げと定年退職時の退職金給与が保証されていた
終身雇用が前提なので、転職は原則として行わない
雇用の流動性がない分、資本を大きく動かし、
企業ならびにそのグループ企業の中で流動化をはかる
企業のトップは、社員たちのインセンティブとして利用される
企業のトップは、必ずしも経営能力か重視されない
企業経営の多くを現場に近いところに分散し(事業部体制など)、
中間管理職が組織の末端で経営を行う
社員のインセンティブは、基本的に昇進によって行われ、
そこ(ライン)から外れた者も、年功序列的な賃上げ(ベースアップ)で維持される

これが昭和の日本式経営
ここから、年功序列と終身雇用だけを引き抜いたら何が起きるだろうか?
その答えが現代日本のアチラコチラで見られるわけだw
単純に流動化を進めれば・・・これが更にひどい状態になるだけ
すなわち日本の企業文化は、欧米の契約に基づく雇用体系とは大きく異なる
人事権ひとつとっても、徹底した組織的な分業体制で行われていて、
それは今日も全く変わっていない(ほぼ人事の一存で採用を決める。経営者、担当部署の管理職関係なし)

306金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/02(水) 10:48:06.37ID:P0iafetK
93 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/05/02(水) 08:42:27.72 ID:YdxL7y/o0 (14)
47分40秒から 高橋洋一(元大蔵省)
https://youtu.be/s8y0fk90-OQ?t=2871 
財務省のほうから見るとね、学者が結構キーバーソンなわけ。
なぜかっていうと学者を経由して、マスコミも政治家も騙せるんだよね
学者を落とすときには、弱味につけこむ
学者はゼミ生の就職先をすごく気にするのでそこをやってあげる
学者にも研究費つけてあげる。
そうするとかなりの学者は落ちるんですよ

49分23秒
https://youtu.be/s8y0fk90-OQ?t=2936
財務省の課長補佐だと1000万、2000万の研究費を付けられるの簡単
それ付けられると結構弱いでしょ?はっきり言うと。
海外出張でビジネスか何かで行ってアゴ足付きでね
一週間行ったらだいたい(学者を)落とせるよ
マスコミも一緒なんですよ
審議会いれて、アゴ足つきで連れて行けば
だいたいアウトなの。


1時間12分17秒
https://youtu.be/s8y0fk90-OQ?t=4343
御用学者がね、何人かでどどっと行くわけ。1人 vs 5人とかの戦いを強いられて
それぞれについて時間を使われて、
時間が使われている間に時が過ぎていけばいいと
テレビ的にいうと それは視聴者に分からないからテレビから除かれるんですよ
除かれたらたらそれでいいと。という財務省の戦略なの
そういう話は学会でやってくださいと言われるの
それはそれでエンドレスな話になるの
正しいどうのこうのっていうか、
そういう戦略で財務省が動いているってこと。

307金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/04(金) 22:46:51.95ID:M126x1+O
上智大学外国語学部英語学科97年度入学の奴ら
特にGクラスの奴ら
お前達は私が背が低くて醜くててダサいからといって露骨に馬鹿にした。
絶対に許さない。絶対に勝ってやる。
入学式後の英語学科のパーティーをあたかも強制参加であるかのように
見せかけたせいで私はつい参加してしまった。そこで私は文字通り
見下された。あのような思いをしたのは生まれて初めてだった。
さらにその後のオリキャンはもっと最悪だった。

まず行きのバスの中でヘルパーが「他己紹介」などという余計なことを
やらせやがった。隣の人間を代わりに全員の前で紹介するというもの
だった。隣に座っていた女はあとで調べたところGクラスの山田という女だった。
こいつは私が最初、私が話しかけても他の席の男たちと話していて
応えてくれなかった。順番が回ってきた。この女は名前などを聞いてきた。
女は全員の前で何と「田辺けんゆう君です。変態です」と言い放った。
静岡の御殿場の施設ではまず昼食の弁当を広場で食べたのだが、もちろん
私は一人だった。5分くらいで食べ終わったので、広場を隅々まで見て回った
のだが、私以外に一人で食べている者は誰一人いなかった。
私は結局それ以降オリキャンで一言も口を聞かなかった。

308金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/10(木) 15:30:37.04ID:iuYdcxOh
27 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/05/10(木) 15:30:16.36 ID:MKJgul+S0 (2)
>>9
罪務省の論理

   国民の銀行口座残高も、株券も、お米券も

    債務ですよーーーー

     借金ですよーーーー

真面目に考えれば、罪務省がやらかした中央集権強化によって、
政府が民間金融機関に代わって国民への金の貸出をせざるを得なくなっただけなんだが?
そうだろ?
老人 → 過疎地
地方 → 行政管轄

どう見ても、中央集権でそうならざるを得ない
金のある都市部の貯蓄=国債と、
その裏側にある地方への貸出
これを無理やり増税で相殺w

馬鹿だろwwwwwwww

309金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/11(金) 18:04:53.37ID:at7nvQ35
734 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/05/11(金) 00:03:23.11 ID:n7LX9Mqv0
これが消費税によって失われた20年の個人消費の実態だ

http://i.imgur.com/m7V7y9t.png

310金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/12(土) 13:45:28.73ID:EoD6tH1v
/test/read.cgi/newsplus/1526094918/651

311金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/13(日) 15:09:27.44ID:9NuNSP83
282 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/05/13(日) 15:04:57.45 ID:bwgJFZgQ0 (20)
デフレとは何か

■継続的な物価の下落(=貨幣価値の下落)
=金の価値が上がるので、金を遣うより貯めておこうとする状態

■デフレの何が悪いのか
= 消費をしなくなる(現在の世代の貧困化)
= 投資をしなくなる(将来世代の貧困化)

■デフレの原因
= 通貨価値の上昇=貨幣供給の不足
  
 デフレ対策は?  =貨幣供給の増加 (政府が借金、金を刷ってバカスカ遣う)

312金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/13(日) 15:10:21.35ID:9NuNSP83
283 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/05/13(日) 15:06:12.91 ID:bwgJFZgQ0 (20)
通貨と財政赤字


■通貨を取引や貯蓄、納税以外の用途のために流通させるためには
国家は通貨をすべて税として徴収せずに
民間に残しておかないといけない。

■財政支出 > 税収 でないと、街からお金がなくなってしまう


■つまり、政府が 財 政 赤 字 を運営している状態が正常。
税によって徴収する以上の通貨を供給していること


= 今は政府が増税しまくっているので、
  日本国民の財布から金がどんどんなくなっている

313金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/14(月) 15:58:46.64ID:oKrOdFpt

314金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/15(火) 08:58:49.09ID:TmE2ZBEX
242 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/05/15(火) 08:58:34.36 ID:BzI2I6Jv0 (3)
1985〜2004年実質家計支出
http://i.imgur.com/bB1fMHJ.png

1994〜2017年個人消費
http://i.imgur.com/0uLQcmw.png

消費税5%を8%ではなく、予定通り10%に引き上げていたら、どうなっていたか?
https://youtu.be/aby8vaXWAZY?t=4m31s

315金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/17(木) 11:42:50.72ID:5DEDscG3
638名無しさん@1周年2018/05/17(木) 11:37:07.22ID:5nzsjWFO0
>>580
株のようには上がっていない日本経済と個人消費

1985〜2004年実質家計支出
http://i.imgur.com/GnMiqqR.png

1994〜2017年個人消費
http://i.imgur.com/IWRJSsW.png

消費税5%を8%ではなく、予定通り10%に引き上げていたら、どうなっていたか?
https://youtu.be/aby8vaXWAZY?t=4m31s

316金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/19(土) 09:45:53.73ID:GSdSM1s6
0976 名無しさん@1周年 2018/05/19 08:36:23
「新卒社員の3割が3年で辞める」はなぜ30年間変わらないのか
http://diamond.jp/ar...cles/-/125389?page=2
ID:t8c4Enc80(1/2)

0986 名無しさん@1周年 2018/05/19 09:44:32
>>976
雇用問題は薄っぺらな流動化議論が多いのだが、
これは久しぶりに読み応えのある記事だった

と同時に問題の本質は他の多くの経済問題同様、
情報の非対称性やモラルハザードの問題であることも再確認された

317金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/19(土) 16:36:04.83ID:pfafTVOZ
0400 名無しさん@1周年 2018/05/19 16:12:09
>>382
今はテレビのメイン視聴者はF3M3F2層。
簡単に言うと老人と中年女性。
将来的には高齢化した中年女性しか視聴習慣がないから終わってる。
返信 ID:BELgdI1Z0

318金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/19(土) 19:18:49.02ID:pfafTVOZ
0914 名無しさん@1周年 2018/05/19 18:58:18
>>908
そういうときは、
「相手が自分の好きなドラマのことを話したい」だけなんだから
「いや私は疎くて、どんなドラマが今面白いんですか?」って返せばいいんだよ

「お宅のお子さんは今何年生?」って人の子供のことを聞く奴は
自分の子供の自慢をしたい奴ばかり、というのと同じ

319金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/23(水) 23:25:22.31ID:J2tSuY+l
0275 名無しさん@1周年 2018/05/23 23:14:04

>>235 
こういう腐れ低脳が工作員の典型 

ニート 
氷河期 
老人などの民衆同士の仮想敵を煽り、視線をそらす 

古典的手法だな



0283 名無しさん@1周年 2018/05/23 23:22:55

>>275 
それと気を付けなくちゃいけないのが、 
人口減少で経済が成長できないという前提にした議論 

これは消費税を上げ続けないと財政破綻してしまうという財務省プロパガンダと同じ手口 

例えばこんなのはどうだろうか? 

    アジア諸国を苦しめた日本人は被害を受けた人々に謝罪し、援助すべきだろう 

単純だからわかりやすいが、 
インテリジェンスというものを理解する上でも良い例になっている

返信 ID:lraCSucc0(2/

320金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/28(月) 13:13:58.02ID:f7LtTfn6

321金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/30(水) 17:32:28.35ID:mFMoJRLG
0262 名無しさん@1周年 2018/05/30 11:39:29

>>240 
消費税の問題点はざっくり3点 

1.「税の死荷重」が発生する 
消費税増税のせいで行われなくなった消費(取り引き)の価値。 
これの合計がマクロ経済学の概念の「産出量ギャップ」とも言える。 
仮に消費税増税前は、美容院に年12回行ってたのが、増税後10回になれば、 
生産者は2回分の売上が無くなるし、 
消費者は2回分の満足感が無くなるし、 
政府は2回分の税金が無くなる。 
デフレってそもそも供給過剰の状態なんだけどね。 

2.逆進性が高い 
そもそも徴税のメインの機能として、 
カネ持ちから徴税、貧乏人へ再分配する。これは、長期的に成長や社会を安定させるのには必要。 
20年デフレなのに消費税増税+法人税減税というわけわからんことをやっちまうぐらい社会を歪める。 
大衆に購買力がなきゃ、政権は献金先の大企業にしか配慮しなくなる。 
で、いずれ「民間議員」とやらが政策に口出しするわけだ。 

3.下請けが消費税増税分価格転嫁できない。 
実際に中小企業の36%しか全額価格転嫁できてないと答えている。 
輸出大企業はその抜いた消費税分、 
利益を増やせるわけだ。

1 ID:uKm7cthW0(7

322金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/05/30(水) 17:33:45.39ID:mFMoJRLG
0518 名無しさん@1周年 2018/05/30 17:19:26

>>262 
後もう一つ問題があって、 
マクロバランスから考えると消費の減少と所得の減少が予測できる 
これがどういう事かというと、 
例えば家計ならば、単純に所得が変わらない場合を想定すると、 
今後、数十年間近くにわたって購買力が低下すると予測できてしまう 
個々の家計はマクロを見ていないが、 
経験則から算出していけば、 
結果的にマクロバランスにおける国民所得の減少予測と一致する 
これによって期待インフレ率は大幅な金融緩和にも関わらず押し下げられてしまい、 
いつまで経ってもデフレ脱却できない状態になる

返信 ID:eWdpTWJ60(2/5)

323金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/06/01(金) 13:08:53.27ID:zKPWqyqc
0645 名無しさん@1周年 2018/06/01 13:06:55
日本の指導者層は何歳にになればお利口になるのか知らないが、
日本に定年がある理由は、若者を雇用するためだ
それ故、上司は常に後進を育てる義務があるし、
定年前5年くらいから仕事を減らしていく=仕事を若手に引き継ぐということをやっている
これによって新卒者が雇われ次世代の指導者として育てられることになる

必要な場合は、定年後も「嘱託」という形で継続的に雇われる
ID:ZDG3mNWX0

324金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/06/11(月) 11:21:44.43ID:pFLRB7Mn
0205 名無しさん@1周年 2018/06/10 21:38:08
>>191
そんなの関係無いよ。

西洋と日本とは人種も歴史も宗教も言語も違う。
しかし、たった一つだけ共通する事が有って、それは、地方分権封建制度だった事。
地方分権封建制度は世界中で西洋と日本だけにしか無かった。
中国やロシアは皇帝独裁制。
米国のような移民国を除き、今のところ地方分権封建制度だった国しか先進国になっていない。

封建制度のもとで法治主義や契約主義が育まれたところしか先進国になっていない。

日本だけがヨーロッパに追いついたのはヨーロッパの制度を各種取り入れたからだが、
それは同時に、もともと法治主義だったのでヨーロッパの制度に抵抗感が無かった事も大きい。

中国やアラブ、インドなどもヨーロッパの制度を取り入れようとしたが中々上手くいかなかったのと対照的。

ロシア(や東欧)も皇帝独裁制で封建制度では無かった。
だから法治主義が余り根付いて無いし民主主義も上手く機能しない。

325金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/06/15(金) 16:42:24.66ID:8KzM2w9f
0205 名無しさん@1周年 2018/06/15 16:39:48
>>193
言いたいことは解るが、極端な意見だと思う
知性に関しては、そういう考え方も間違いではないし、
むしろ日本人に欠けている部分でもある

だが同時にそういう世俗的でないことにより知性が育つという側面もある
実例を挙げれば枚挙に暇がないが、
例えば知的な若者の多くが左翼理想主義に染まるのは古今東西同じで、
それをあまり知的でないサイコパスが利用するのも世の常だろう
オウム真理教など良い例だ

人間の脳はバイアスで出来上がっている
それ故、科学が必要にもなるし、科学を生み出すことも出来る

326金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/06/15(金) 22:51:57.19ID:aSCssyF2
511名無しさん@1周年2018/06/15(金) 22:50:03.02ID:z4xcmk4D0
>>447
そう
「需要がない」ではなく、
「供給に対して需要が足りていない」が正しく、
その原因が金が余っている企業(供給サイド)にばかり金が集まり、
需要サイドの所得が足りていないとなる

要する金融緩和で金が余っていても、
金融機関は所得のないホームレスには金を貸さないということだ
従って所得不足と言い換えても良い

327金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/06/28(木) 08:21:28.49ID:fOqs8Isb
【サッカー/W杯】大会最大の大波乱!前回王者・FIFAランク1位のドイツ、まさかの1次L敗退!!敗退が決まった韓国にロスタイム2ゴール献上、歴史的敗戦![KOR 2-0 GER]…グループF最終戦★18
http:// hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530138950/

328金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/06/30(土) 16:09:31.81ID:oJt9SpZL
0051 名無しさん@1周年 2018/06/30 15:17:55
前スレのこのレスは短い文章だが小池の指摘が妥当ではないことを端的に指摘していたと思う

850 名無しさん@1周年 2018/06/30(土) 14:49:55.03 ID:dNA0okeo0
1兆円の利益を翌年に工場建設に全部使ってた場合、20年償却なら
9500億円内部留保している!という的外れな批判ができちゃうのです

329金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/07/10(火) 00:34:37.88ID:E7PNGNMe
0830 名無しさん@1周年 2018/07/09 23:57:32
>>819
そもそも歳出と徴税は関係がない。
MMT経済学的な思考だが事実だ。

受益者負担にこだわるなら、
徴税も歳出も必要ない。
全部マーケットに任せればいい。

デフレになるほどの徴税はクソで、
デフレを続けるほどの歳出もクソ。

新着レスの表示
レスを投稿する