何でもコピペスレ5 [無断転載禁止]©2ch.net

1金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/06/28(水) 18:19:31.37ID:x6Flfl1O
コピペ専用スレ

前スレ
何でもコピペスレ5 [無断転載禁止]©2ch.net
http://medaka.2ch.net/test/read.cgi/eco/1498229607/

250金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/02/12(月) 18:07:46.53ID:MX2CBHyl
296 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/02/12(月) 18:06:15.52 ID:UQgkXCzS0
一応、経済学の常識で考えれば、

「金利が低い方が良い」 = 利益生むな ← 金融において、金利は利益を意味する。すなわち資本が利益を産まない状態が前提になっている
「財政赤字で財政は破綻する」 = 黒字なら破綻しても良い ← これが会計学的にはあり得るw
「増税すれば解消される」 = 増税しても成長率が一定なら、解消される = 税率10000%でも成長できる ← 消費税は∞%の税率が可能w
「資産が無くなってしまう」 = 成長しなければ資産なんて形成されない = 日本は成長しません(高らかに宣言)

となる

資本主義でないばかりか、社会主義ですらない
人が住んでいない金庫か何かか?日本列島はw

251金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/02/12(月) 18:24:36.35ID:MX2CBHyl
315 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/02/12(月) 18:23:44.63 ID:UQgkXCzS0 (8)
今日、このスレで学習したこと

財務省の御用学者のご意見の特徴

・金融資産保存の法則 ←常に一定
・成長率と消費税率は、独立変数である ← お互いに影響がないらしい
・生産額と金融資産は、独立変数である ← 金利は資産のみに依存し、生産には中立である
・成長率保存則 ← 成長率はいかなる時も同じである
 または
 人口増加成長説 ← お口の数と手足の本数で成長率が決まるwww

どこの資本主義国家の話かなーーーー?w

252金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/02/16(金) 05:52:16.20ID:TcpoQgxt
知り合いから教えてもらった副業情報ドットコム
少しでも多くの方の役に立ちたいです
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

Z8U5J

253金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/02/16(金) 13:44:49.07ID:ryr92GJR
本山で数日間の研修を受け、短い間に真言密教の奥義を極めた中村泰教、ある日瞑想中に宇宙と一体となる神秘体験をした。そして、ある夜夢で弘法大師から「お前は真言密教の継承者である」と真言九祖に指名された。
それ以来、拙僧は神仏やお大師様のお告げで未来を知る事ができるようになったり、手で病気を治すことができるようになった。
もっとも、予言と言っても、あらかじめ言ってしまうと誰も信用しないので、後で起こってから言うようにした。そして、完全に治してしまうと本人にとって良くないので、少しだけ治すことにした。
だが、そうしたことを「インチキ霊能力」とか「詐欺坊主」とかほざく元信者が本山に通報したせいで、拙僧は高野山大師教会本部に呼び出されてしまった。
南海線に揺られ高野山に近づくにつれて、心配になってきた。
「本山の高僧たちは真理がわからず、惑わされている。私はどうなってもいいが、人々を今後どうやって救済していけばいいんだ。」
その不安をかき消すために、電車に乗る前に買ったマックを食べることにした。
ガサゴソと包装紙からメガマックを取り出し口いっぱいにほおばる。たまらない。
ポテトの塩が濃かったのと車内が乾燥してるせいもあってLサイズのコーラはあっという間に空になった。
本部の一室に入ると、本部の幹部たちが無表情で拙僧をにらんできたので緊張して腹が痛くなってきた。しまった、トイレに行くのを忘れていた。
「落ち着け、自分は真言九祖だ。こいつらみたいな凡夫とは違う。」
そして、幹部の1人が私に対して、一連の行状を並べ立てて、私を攻め立ててきた。その瞬間拙僧にすさまじい便意ととかつてない尿意に降りかかった。
「もぉダメェ!!我慢できないナリ!!漏れちゃうナリィィィィ!!(ブリブリブリドバドビュパッブブブブゥ!!!!!ジョボボボボジョボボボ!!!!!!!ブバッババブッチッパッパッパパ!!!!!」
高野山真言宗から追放されようとしている大師教会教使の奇声が大師教会本部の一室でこだました。

254DJ学術 2018/02/16(金) 13:46:14.90ID:uzFyNh2l
空海の記憶法が穴人気になってるからたまには馬券でもなあ。

255DJ学術 2018/02/16(金) 13:55:52.86ID:uzFyNh2l
借金も一人で返せってわけじゃないなら大した負担になってないわけ。
古典的にいうと、商品が売れる 儲けが出る それで生活やりくりするわけ
じゃないわけだから、借金なんて、開拓や、事業では当たり前のセンスだ。
店が大きくなると需要があるということだが、需要があっても信仰は一握りだから、
まあ、シャンス フランス を間違えないことだよ。

256金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/02/17(土) 14:53:38.93ID:/0dd8P73
759 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/02/17(土) 14:49:04.45 ID:DDGrnmaR0 (3)
>>697
考察が浅いね
いかにも文系馬鹿官僚が書いた作文っていう感じ

技術的には・・・科学が基本なので、実験的な試みでしか良いものは作れない
         特に画期的な製品には、これが必須

             → 消費税引き上げのようなデフレ推進策は自滅になる

歴史的には・・・科学、技術が急激に発達した時期を見るとよくわかる
         歴史上最も科学の進歩の速度が上がったのが産業革命期
         これは偶然でも何でも無く、極めて明確な因果関係がある
         英国の産業革命は、その哲学の源流である「帰納法」によるものから必然的に発生した
         帰納法の教祖とでもいうべきベーコンは、
         自らの冷凍保存の実験で命を落とす
         産業革命期、物理学は急激に発展した
         蒸気機関の発明により熱力学の保存則が成立
         発電機、発動機の発展により、電磁気学が生まれる
         ここから一気に初期量子力学にまで突き進む
         その産業革命期、主流だった製品が英国らしい皮肉に満ちたものである
         それは永久機関に代表される「超自然的な詐欺商品」である
         実験の失敗策の数々
         その歴史的意義を英国人は知っている
         それが英語圏の世界制覇の原動力になったことも

257金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/02/17(土) 14:58:18.87ID:/0dd8P73
759 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/02/17(土) 14:49:04.45 ID:DDGrnmaR0 (3)
>>697
考察が浅いね
いかにも文系馬鹿官僚が書いた作文っていう感じ

技術的には・・・科学が基本なので、実験的な試みでしか良いものは作れない
         特に画期的な製品には、これが必須

             → 消費税引き上げのようなデフレ推進策は自滅になる

歴史的には・・・科学、技術が急激に発達した時期を見るとよくわかる
         歴史上最も科学の進歩の速度が上がったのが産業革命期
         これは偶然でも何でも無く、極めて明確な因果関係がある
         英国の産業革命は、その哲学の源流である「帰納法」によるものから必然的に発生した
         帰納法の教祖とでもいうべきベーコンは、
         自らの冷凍保存の実験で命を落とす
         産業革命期、物理学は急激に発展した
         蒸気機関の発明により熱力学の保存則が成立
         発電機、発動機の発展により、電磁気学が生まれる
         ここから一気に初期量子力学にまで突き進む
         その産業革命期、主流だった製品が英国らしい皮肉に満ちたものである
         それは永久機関に代表される「超自然的な詐欺商品」である
         実験の失敗策の数々
         その歴史的意義を英国人は知っている
         それが英語圏の世界制覇の原動力になったことも

258金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/02/21(水) 23:35:48.91ID:rgGIfT1X
408 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/02/21(水) 23:31:19.54 ID:O0BJiTpw0 (25)
>>401
ビルってあまり高くなりすぎると、エレベーターとかの施設の専有する部分が多くなってオフィスフロアの効率がどんどん悪化するんだよ
だから、実際には50-60階ぐらいが効率の上限だと言われている。


428 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/02/21(水) 23:34:45.74 ID:sJt7srq/0 (5)
>>408
そうそう
高くすればするほど強度の高い素材も必要になるしコストがかさむ
600mのビルを一本立てるより、できれば300mクラスのツインタワーに
した方が安くつくし、見栄えも良く、なにより中に住んでる人の地上との
往来に便利

259金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/02/22(木) 04:59:14.39ID:G+pPl8zL
656名無しさん@1周年2018/02/22(木) 04:58:22.10ID:WdBex7KO0
>>619
デフレは投資が減ることによっておきる
もちろん需要が増えれば、投資も増える
投資が増えないのは遊休設備の存在

馬鹿が考えた戦略:
  「そうだ!外国人を入れて遊休設備の稼働率を上げよう!」

現実:
  「外国人を入れても、所得を人数分、細かく分けているだけなので、
   一人当たりの消費が減って、総消費が増えないので、投資する意味なーし!
   そうだ!外国に投資してしまえwwwww」

ちゃんとそうなっているでしょ?w

260金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/02/24(土) 02:16:10.26ID:W9atNAPj
53 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/02/24(土) 02:08:32.54 ID:lyaEbQKG0 (3)
財務省は腐りきった増税伏魔殿
週刊文春(2018.02.21 18:00)
佐川国税庁長官を緊急査察する!
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/9285

▼国税差押え地に建てた「1億円豪邸」
▼公用車使いまくり“逃亡生活”ホテル代は税金か?
▼生涯年収8億円も!“適材適所”国税庁長官天下りリスト
▼職員向けメールで「書類管理を徹底せよ」のブラックジョーク
▼頼みの安倍首相は「今の理財局長の方がいいね」と切り捨て?
▼口癖は「頭を使え!」財務省内パワハラ番付で前頭6枚目

261金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/02/24(土) 13:30:31.54ID:BZ/4QV1i
601 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/02/24(土) 13:30:08.65 ID:/SqW+KtH0 (6)
>>580
2%の金利を上乗せし続けたらどうなる?
これと同じ(実際のシミュレーションだと1.5%くらいの金利らしいが)

例えば日銀が2%の利上げを開始したとしよう?
どうなる?
これを日銀ではなく、罪務省が税を使ってやっているのが消費税
付加価値税には金利に似た効果があるのだが、
通常の付加価値税とは異なり、取引の殆どに掛かっているため、
利上げと同じ効果がある

262金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/02/25(日) 16:13:47.48ID:42PCHE/a
589名無しさん@1周年2018/02/25(日) 16:12:43.91ID:xduHr8iy0
インフレ率、金利水準から見て、
人手が余っている

人手不足なのは、主に生産性の低いサービス業
そういうところに外国人を入れれば、
成長率はかなり下がる
というかマイナスになるだろうね

もちろんデフレ

短期フィリップス曲線から考えても、
インフレ率はマイナスになる

263金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/02/25(日) 21:28:09.34ID:dWRv5LEb
538 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/02/25(日) 21:21:07.81 ID:ipHkulGY0 (11)
>>531
人権というか

幻聴が聞こえるんだけど
むかし、此処でインテルかマイクロソフトのゴードン博士が
電子データを全て記録、生活ならなにからすべてを記録できるようにし
墓に入れて永遠の命を造ろうってとこが起案になってる感じ

とくに、ソフトバンクの孫さんとか死んでも会社が存続できるようにって
注文が入ってるようななんというか、それでカネもないのにやれやれとか

中曽根康弘も欲しがってる?

でも原子力発電所とかも停止が多くて40年しか持たないって
実験になってて解ったのに、できるん毛って状態だな

264金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/02/25(日) 21:28:41.28ID:dWRv5LEb
542 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/02/25(日) 21:27:07.41 ID:nqazHf7r0
>>538
永遠の命というような価値基準自体が実は極めて非科学的なもの
そもそも「永遠」とは何なのか?
まず物理学で定義して、それを基礎とした次元の話をしなければならなくなってくる
情報というのも、その物理法則上でしか存在しないわけで、
仮にそういうものが存在したところで、
それ自体に「意味付け」をするのは人間の価値基準であり、
その多くは脳の作用(現代科学では生化学反応による生理現象)が齎す情報パターンに過ぎない
つまり、「自分の知識を集めておけば〜」というある意味宗教な思考は、
それ自体が脳の情報処理の特性によって引き起こされた自然現象の一つに過ぎず、
情報を消去した場合と何ら変わらなかったりする
(つまり、情報の局在性を一部、継続期間延長しただけの状態)

265金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/02/28(水) 03:15:50.30ID:0JQ/eU2V
242名無しさん@1周年2018/02/28(水) 01:00:44.05ID:BzvluTzv0
>>236
ちなみにパナの食洗器。

食洗器が出来た発売当時のやつを
20年使い続けた。頑丈そのものだったよ。

昔の日本は、確かにすごかったんだなあと思う。

266金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/03(土) 16:13:10.63ID:VonqN6sZ
401 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/03(土) 16:11:44.16 ID:+Acs6mwk0
>>1
>  財政支出や金融緩和は、誰もが歓迎する。今まではそういう超緩和政策をとると、財政赤字が膨らんで、金利上昇やインフレで経済が破綻すると思われていた。
それは多くの場合、対外債務だからであって、
自分に対して自分が借金するような例はなかった

いや、実はそれが本来の姿だった
つまり、借金は返済するのではなく、「発行」し「拡大」させ「発展」させるのである
つまり、

  借金とは

     貨幣

なのである
現代の罪務省は実は国債とは名ばかりの通貨発行をやっている
但し、通常の通貨とは異なり、市井で流通しないので、
日銀が換金しているのである

増税までやって減らそうとしているので、金利が上昇するわけがない
むしろ下げすぎて困っているのである

267金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/07(水) 16:41:53.82ID:0E137gmb
24 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/07(水) 16:41:32.33 ID:CCYhd58E0 (2)
>>20
日本は昔から内需国

それはなぜか?

日本人は基本的に我慢強い
良いものしか評価しない
安物を買うくらいなら、何も買わない

さらに

他の国から孤立した地理的位置関係
言語や文化の特異性

などがある
内需がしぼむと、結局外需もなくなる
海外で売れるものは99%海外で作れてしまう
日本にしかないものは、日本で作るしかない
そしてその主要な顧客が日本人自身なのである

268金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/12(月) 07:59:15.83ID:LOxRhUzD
556 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/12(月) 07:14:03.37 ID:0jtJJ1nb0 (2)
>>540
今の首相の政策でデフレから抜け出せるようにも思えない。


597 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/12(月) 07:31:25.34 ID:9we5Re+W0 (7)
>>556
そう思うなら、対抗する政策を出すチャンスだよね。
それなのに野党のやってる事と言ったら…

627 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/12(月) 07:57:41.95 ID:4BIRCbOK0
>>597
そのとおりなんだよ
むしろ逆の政策をやろうとしている
デフレなんだから、税を低くして民間の活動を高めて所得全体を引き上げることを優先させるべきなのに、
企業活動の妨げになる金融引き締めや増税、福祉最優先をやりたがる
おまけに自民以上に緊縮財政になりそう

269金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/14(水) 03:15:08.88ID:MzmcgG3A
1周年 [sage]: 2018/03/14(水) 01:10:24.81 ID:+SWrWg9O0 (13)
>>20
円高デマを平気で書き込むミンス


53 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/14(水) 02:57:32.08 ID:gA9NTyX80
>>20
ん?じゃなくてどう見ても2010年のリーマンショック後しか成長してないだろ

57 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/14(水) 03:14:09.03 ID:Kb704bl10
>>53
つか、消費税8%で・・・w
あれでアベノミクスは吹き飛んだ

2011年のマイナスは震災による生産停止問題なので、
実質的にアベノミクスは増税によって壊れたと断言できる

270金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/16(金) 21:08:12.75ID:Chi5d1s5
285 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/16(金) 21:06:35.36 ID:4YnsQLqg0 (7)
>>220
たぶんおまえが言いたがってる理屈だと
「伸びるために縮むのであります!」の戦前の理屈。
経済よくする高橋是清は悪!の青年将校と同じ感じじゃねw
高橋是清は昭和恐慌退治のために国民生活向上させようとしただけなんだけどなw

271金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/19(月) 00:46:25.90ID:/GoWVa/M
コピペのやり過ぎ警鐘‼
https://youtu.be/VREYhwpmAxc

272金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/19(月) 18:36:52.91ID:POcsIOvk
7 名前:名無しさん@1周年 [age]: 2018/03/19(月) 17:54:45.21 ID:n4PGm+rb0 (10)
これこそアベノミクスだろ
バカサヨは文句言えんなw


153 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/19(月) 18:36:26.66 ID:0eiqlIaP0
>>7
企業や家計の純資産が膨張すれば、経常収支が変わらない限り、
政府負債は同じ額だけ増える

こういうアタリマエのことを理解できないのは、
増税派、プライマリーバランス派共通

ウヨサヨ、与野党、あまり関係ない

273金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/21(水) 18:57:13.63ID:Kkbzn4EH
167 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/21(水) 18:56:11.78 ID:y3nhyCK50
>>2
それはないだろうが、
何しろリーマンショックの頃と新卒者の数が全く違うから
しかも団塊世代の定年が始まったのが2007年
リーマンショックが2008年だから、
団塊がまだ現役世代だった頃のデータw

世代人口最大の団塊の殆どが正社員だったわけで、
それがいるのといないのでは、雇用環境が全く異なることなど、
どんなアホでも理解できるだろう

274金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/21(水) 21:36:20.86ID:Kkbzn4EH
335 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/21(水) 21:35:38.90 ID:y3nhyCK50 (3)
>>321
平蔵の最大の問題は、サプライサイド経済学を使ったこと
弁護士、タクシー、ポスドクなどを増やして競争させようとしたところ、
単に供給過剰状態になり、潰しの効かない人間続出になってしまった

全体の質は悪くなり、経済の成長性も失われた

面白いのは、経済学者も同じような考え方をする者がが多いこと
解雇規制を緩和すれば、労働市場に労働者が多く供給され、
競争が激化することによって生産性が高まると主張した

だが、実際には終身雇用制を守っているトヨタやファナックなどの企業の方が、
遥かに国際競争力があり、
かつ賃金も日本でトップレベルにある

少なくとも過剰に増えた弁護士やタクシードライバーよりは安定している

275金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/25(日) 21:05:31.48ID:EjewWWJR
705 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/03/25(日) 20:56:39.58 ID:c5nTQdyq0 (3)
米国債って人気ないんか?
素人目には手堅いものに見えるんだが


728 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/25(日) 21:03:47.13 ID:5AxK0ypz0
>>705
いや、そういう意味ではない
需給バランスが崩れることを予見して市場で売られる可能性が出てくる
売られると金利が上昇する
金利が上昇すると、米国の財政赤字が拡大する
そのため米国は社会保障や軍事費削減を余儀なくされる
さらにドル高が進むことによって、貿易赤字も拡大する

経常赤字と財政赤字の双子の赤字が深刻化する
これがトランプ政権にどういう影響を与えるのか?

中国の経済政策は、日本の自民党より賢い
そもそも財政破綻など全く関係のない話
米国内の国内ルールの話にすぎない
その弱点を中国は突いてきている

276金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/26(月) 00:46:27.04ID:GOjx9KVF
390 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/26(月) 00:45:00.85 ID:75zV8nlM0 (7)
>>288

「『中央銀行の独立性』とは比較的新しい考え方だ。デフレ下においては、それは重要でないどころか、
有害ですらある。日本の中央銀行が独立していないというのなら、それはむしろ良いことだ。ここで
重要なのは『中央銀行の独立性』ではなく、『中央銀行総裁の資質』だ」

――ポール・クルーグマン(ノーベル賞経済学者)


「中央銀行の独立性の原則には、疑問の余地がある。中央銀行が独立しているほうが、経済の
パフォーマンスがよくなるという証拠はない。むしろ独立性の低い中央銀行を持つ国のほうが、
経済危機から早く立ち直った」

――ジョセフ・スティグリッツ(ノーベル賞経済学者)


「アメリカで発生した大恐慌は、市場経済が本質的に不安定であることを示すものではない。
大恐慌は、一握りの人間が一国の通貨制度に強大な権限をふるう時、そこで判断ミスがあったら
どうなるかを示したものである。これが中央銀行の『独立性』に私が反対する理由である。
通貨は中央銀行に任せておくには重大すぎる。」

――ミルトン・フリードマン(ノーベル賞経済学者)


「中央銀行の独立性はつねに望ましいとされてきたが、中央銀行の側にデフレを許容しようとする
誘惑がある場合は、独立性は逆に害になり得る」

――ニーアル・ファーガソン(経済史学者)

277金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/26(月) 19:07:45.85ID:F/Cys7R7
249 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/03/26(月) 19:00:11.76 ID:n6eXiRkk0
トヨタなんて、バッテリー容量ふやせばほぼEVになるクルマがあるのに、
なんだかんだいってふみとどまってたんだろうな。
 これ以上ふやすと危険、と。

リーフも車体の中間あたりまでバッテリーが侵食してるかんじだし。
テスラは相当、前方にまできてしまっている。
 EVの課題がうきぼりになったかんじ。

278金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/26(月) 23:53:02.48ID:x5UwXLKq
685 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/26(月) 21:10:38.73 ID:VMLjEm/U0 (4)
>>681
そもそも日本企業はトップダウンでは機能しない
短期的には効果が出ても、すぐ消えてしまう


718 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/26(月) 21:17:22.80 ID:RTG8Yj/b0 (14)
>>685
>そもそも日本企業はトップダウンでは機能しない
その認識が広まったのはこの数年。
それまでは現場無視のトップダウンが激しすぎだった。
オレの元いた公機関も本当にひどいもんだった。
今は人が集まらなくなってアップアップしているようだ。
あんな所では働きたくないなぁ。

279金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/26(月) 23:55:58.00ID:x5UwXLKq
686 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/26(月) 21:10:43.23 ID:fJ/tb9XA0 (80)
>>530
>>534

米国での解雇規制の現状

GM等の製造業の従業員解雇に限定された話だが、工場やオフィス単位で閉鎖を行えば、組合には何もできない
費用については、契約時に定めた解約手当を支払う必要があるがこれも、工場作業員であれば給料半年分程度が多いと聞いている

ユニオンに意味があるのは、GMのような労働集約型産業で、各従業員が短期の訓練で同じ業務をこなせる場合に限る
労組が組合員の給料を全体として交渉するという前提のため、不当に給料を下げられるリスクを減らす代わりに、給料の上がりも一律となり、同一業務に配置された労働者の給料・ボーナスは原則として変わらないことを意味する

従業員がいつでも取替可能な産業は製造業とされ、労組は原則として製造業以外の産業では有効例は多くない
ただ労組はレイオフの対象について企業と合意事項を定められる(勤務年数が長い従業員は解雇されにくいといった事項だ)

聖域として組合の役員はレイオフの対象から免除される条項を組合が設けることがある(レイオフ時に役員と一般組合員は揉めるだろうが)

しかし労組との合意があったとしても、工場や部門ごとに閉鎖することで、決まりごとは無効となるので
景気がよかろうが利益が出ていようが、会社が例外を作らずレイオフするなら労組に抵抗する方法はないし、勤務年数が長くても関係がない
(また企業はリストラ時に強制的な配置転換を行うことも可能だ)

280金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/26(月) 23:56:28.36ID:x5UwXLKq
AI化、自動化によって工場の労働力が不要になれば、労組との合意範囲は無効であり、レイオフ・解雇を最低2ヶ月の通知で行うことができる

FRIDAY, AUG 28, 2009, 1:00 PM
Toyota to Close Only Union Factory In U.S.
http://inthesetimes.com/working/entry/4814/more_worker_casualties_in_a_bleak_economy
Toyota stated it will move production to its other plants in the U.S., Canada and Japan. Almost 5,000 workers, represented by the United Auto Workers Union Local 2244, will lose their jobs.

知識集約型産業(IT等)では、労働者は特定のスキルを持ち、企業側に損害なく入れ替えをすることはできない
従業員がスキルを高め、退職をちらつかせて企業と賃金交渉する力を持つからだ

ITのような知識集約型産業では最底辺の給料に一律化させる方式を従業員が拒否するため労組にメリットはない
そのため労組に入ろうとする動機が従業員側にはない

労働集約型であっても会社側が部門・工場単位での閉鎖を決断すれば組合の存在は解雇になんら影響を与えない

IT等の知識集約型産業では、解雇は能力不足と会社が主張する場合は、ほぼ確実に会社の主張が認められる
最高裁判決によって解雇理由が年齢だけだったことを証明する証拠の提示が必要となったからで
その難易度は高く企業側が無能を解雇理由とした場合それを否定するなら、明確な職務での成果が必要となる


687 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/03/26(月) 21:10:51.18 ID:tYH0MpsA0

281金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/26(月) 23:57:23.05ID:x5UwXLKq
694 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/03/26(月) 21:12:35.35 ID:HtLBmQv70 (43)
>>686
補償の問題を調べてみな。


697 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/26(月) 21:13:28.75 ID:fJ/tb9XA0 (80)
>>694

アットウィル原則のことか


706 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/26(月) 21:15:23.42 ID:fJ/tb9XA0 (80)
>>694

失業保険の受給期間は26週間が標準で賃金の50%を支給(退職後1〜2週間後に支給)。99週間に延長可能な場合もある。
中小IT企業のseverance packageは雇用契約書で定めるが
(6ヶ月の賃金+勤務年数x2週間の賃金+半年分の医療保険)が一般的、景気のいいトップ企業では(1〜2年分の賃金+勤務年数付加分+その他)を支給することもある。(at willが原則)

282金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/26(月) 23:57:54.62ID:x5UwXLKq
719 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/03/26(月) 21:17:37.04 ID:HtLBmQv70 (43)
>>706>>707
失業保険以外に労組からの補償があるんだよ。

283金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/27(火) 00:07:39.19ID:xlifGWpo
924 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/26(月) 23:10:10.00 ID:fJ/tb9XA0 (80)
「資本主義の偉大な成果は財の蓄積にあるのではなく、財の蓄積によって、市民がそ
の能力を伸ばし高める機会を与えてきたことにある。にもかかわらず資本主義の反対
論者は、資本主義は物質至上主義だと批判し、支持論者の側は、それは進歩の代償だ
と的外れの言い訳をしている。」(フリードマン)


927 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/26(月) 23:14:30.45 ID:+aL05ENZ0 (42)
>>924
能力を伸ばしてそれを資本の法則により利潤に変える
個人は死ぬが資本は死なないから時間がたつにつれて資本の加速度的な膨張が起き、それが個人の生活を制圧するようになる

資本が主人であり、労働者は奴隷になるのが今の社会の真実でしょ


939 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/27(火) 00:02:26.78 ID:v1aip7fh0 (2)
>>924
おー、これは素晴らしい
さすがフリードマン
本質を見事に射抜いている

まあ、フリードマンはよくショック・ドクトリンなどで叩かれるが、
基本的にアスペだと思うw

やや理想的で極端に偏りすぎるところがある
これはマネタリスト系学者全般に言えることだが

284金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/27(火) 00:08:04.65ID:xlifGWpo
018/03/27(火) 00:06:33.39 ID:v1aip7fh0 (2)
>>927
それは>>924が答えている
イデオロギーが強すぎるのと、
的はずれな議論によってそうなっている
そういう意味では、君の考えは反論になっていない
むしろフリードマンの追随だ

物質至上主義=「機械が全てを支配する」

左翼 これは人間疎外だ!資本家死ね!
保守 これは進歩の代償だ。労働者死ね!

フリードマン 違うだろ。資本の蓄積を国民が共有できてこその資本主義
        政府や一部企業の独占こそが市場性を破壊している
        ( → 「完全競争」を調べよ )

285金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/27(火) 00:17:48.72ID:xlifGWpo
920 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/26(月) 23:09:07.67 ID:fJ/tb9XA0 (80)
朱子学における礼とは身分制度(徳目)に対する絶対遵守だが、それに相対する思想が陽明学であり、
陽明学は時宜に合せ機動的に考を行うため、形式主義(礼)を排除する

序列主義は、成功しているものが偉く、成功していないものは卑しいという観点から事物を見る。
この観点からすると身分の尊卑のみが社会における徳目となる。序列主義は同列の階層に対しては
敵を貶め自らの徳目を獲れば勝ちとなる、言葉で貶めることで勝敗をつけるというレッテル貼りが
好きな極左的病理に近いが、この徳目のいきつくところは反実力・反競争主義である
つまり成功という結果が、身分の尊卑を高め、その他全ての瑕疵を覆い隠すならば、成功のためには
手段を選ぶ必要がなく真っ当に競争をするよりも談合・カルテル・独占や違法行為・詐欺的商法、
嘘をついて批判・レッテル貼りを行うほうが得(徳)であるとの反競争的な倫理観が世相を支配するようになる

またツバを飛ばしながら正面切って議論を行うことを本質的に嫌う、なぜなら対等な関係では意のままに
従わせることができず、同意を得なければならないし、相手が拒否すれば強制はできない。
如何なる誤った行いであっても、徳(身分の高い、社会的信用、儒教的な礼=上位者に逆らわない、上下身分制度・尊卑制度を遵守)のあるものの意見・行動が優位に立つ。
しかし同列の者同士であれば、上からの命令を受ける従順なものが上位者となる。
この思想では、下位者は(上位者とそっくりの借り物の思想を用いるだけの)無能で従順であるほど徳が高くなる。
そのため議論を逃げ続けたものが勝者となるが、戦略に誤りがあり修正が必要な場合に対処方法が無くなる

ソニー創業者・盛田昭夫が56年前に書いた「新・サラリーマンのすすめ」
文藝春秋 1961年12月号
http://bunshun.jp/articles/-/3755?page=4

286金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/27(火) 00:18:19.04ID:xlifGWpo
そもそも日本人一般が、自分の能力というものに認識や誇りを持たないのである。あらためていう、不幸な
人種である。

スイスの靴屋は、一人一人が自分は誰にも負けない靴をつくるのだ、という誇りを持っている。学校にいか
ないことを恥じたりはしない。アメリカのホテルのボーイは誰にも負けないサービスをする自負がある。だ
からソトでお客とあっても対等で口を利くのである。しかも靴をつくる能力とサービスをする能力はそれぞ
れに尊いもので、どちらがより尊いというものでもない。ビジネスの能力もまたしかり、なのである。


948 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/03/27(火) 00:16:32.73 ID:v1aip7fh0 (5)
>>920
この頃の経営者は優秀だった

最近の経営者は馬鹿だから、「思想w」くらいにしか見えないのかもしれないが、
この論理構造は、現代で言うところの「システム」そのものだ
まあ、ゲーム理論の一種と言っても良いが

つまり、IT型経営だ
つまり、現代風に感想文を書けば、
「ITから見た場合、朱子学は極めてシステムバグを見えなくし、
問題を深刻化させる」
と言える

これが1961年に主張されていたのは、驚きだ
俺が生まれる前だからな

287金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/28(水) 06:48:35.35ID:l8BwxhT8
271 名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ [sage]: 2018/03/28(水) 04:12:03.59 ID:/zLvLntv
「今ある素粒子の種類を超弦理論で説明するためには
空間9次元+時間1次元が必要です
ただし空間のうち6次元はプランク長さ以下まで収縮されていて見えません」
・・・こんなの最初から無理だろ

あと、時間の次元については誰もわかる人はいない
もし過去と未来を行き来できるなら、因果律というか
熱力学の第2法則が崩れる可能性がある


272 名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ [sage]: 2018/03/28(水) 05:27:33.49 ID:LLyUo2wo (2)
>>269
数学的には扱える。
そもそも時空という言葉は幾何のテクニックで物理計算をするための手法から来ている。

自分のいるところを地平として広がりがないと仮定するなら時間だけでなく座標三次元も同じ話。
個々の物体、人物、もっというと素粒子の一個一個は互いに同じ時間を体験しえない別の世界線の上にある。
時間の流れ、座標の違いを持って世界線という。
世界の構成要素は光の速さを超えて交わることがないので、例えば一光分違う遠い町の人とあなたは同じ時間を体験しえない。
そこで世界線の地平という限界距離・時間の概念も存在する。


273 名前:ニュースソース検討中@自治議論スレ [sage]: 2018/03/28(水) 05:29:19.84 ID:LLyUo2wo (2)
>>271
時間を行き来することができて初めて次元といえるわけでもない。
単位時間に光の超えたを越えた距離の先には俺らも決して行くことはできない。

288金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/03/29(木) 23:25:56.12ID:HKv6LrWC
468 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/03/29(木) 20:10:11.07 ID:jfhRfjcL0 (2)
>>338
あれなんなんだろうな
土地に縛られないのがITの良さなのに、日本だとこぞってなぜか東京に集まるやつ…

別に必ずしも悪いことではないのだが、人口が多すぎると都市としての効率が落ちるので、土地の制約が緩いITに関してはもっと地方に散った方がいいなぁ…
東京に集積すべきはITより保険、金融サービス
あれは集積すれば集積するほど良い

最近だとIT産業、起業に力を入れてる福岡や、製造業との融合で人手不足を補いたい愛知なんかは割と狙い目だろうけど

289金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/01(日) 01:56:16.58ID:HT+fRF93
477 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/04/01(日) 01:25:51.92 ID:Z/B4UZt00 (10)
>>472
いや、世界中のマクロ経済学者や
エコノミストが、

政府の税制(徴税)および歳出と、
中央銀行の動きを中心に政策判断してる。

なぜなら、彼ら(政府日銀)しか総需要を左右させられないからだ。

お前がデフレギャップ解消のため、
10兆円支出を増やしてくれんのか?


483 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/04/01(日) 01:39:57.84 ID:yjg+qTJt0 (3)
>>477
ブタ積みしてんじゃんw

490 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/01(日) 01:55:25.35 ID:ZFZagQOT0
>>483
増税しちゃったからだろw
乗数効果を考えれば当然だよ
本来なら投資や消費、貯蓄に回る分が、
国庫に入ってしまったw

290金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/05(木) 15:14:13.23ID:lZxk4CRO
535 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/05(木) 15:04:09.00 ID:dp9nm9GH0 (4)
日本は仏教を中心とする宗教国家を何百年と続けてきたので
人間的には優れた人格で忍耐強く慈悲に溢れた民度の高い人達の国家形成には成功したが
技術力や科学力や物質的な生産性においては西欧列強に遠く及ばず劣っていて
この部分が日本の弱点でこのままでは高度な兵器や物質的な生産性に優れた欧米列強に
植民地として飲み込まれてしまうという事を幕末の日本人達は日本の弱い部分を既に見抜いていたんだ。
そこで今の徳川幕府体制ではこの弱点を埋める政治が出来ないと考え
革命が起きたのが明治維新で

これが達成されるとヨーロッパなどに留学生を送り込み西洋の技術を積極的に取り込み
日本を西欧列強に肩を並べられるだけの技術力や生産力をもった国づくりを目差す
富国強兵がすすみ一気に国民総西洋かぶれ化が進んだんだ。
これらの傾倒が急激過ぎたため福沢諭吉なども本来の日本人としてのありかたを忘れ
西洋主義一辺倒に傾く事は日本人の伝統ある精神性をも破壊しかねないと警告したりして
徐々に行き過ぎた西欧崇拝主義に対して反発する力が世論の中に徐徐に高まり
いま一度日本人としての精神的な気高さを見直そうとう振り子の揺り戻し現象がおこり
日本文化見直しブームがおこり日本の中心を担う留学生達も留学先で白人達による激しい差別も手伝い
一気に西欧文化に対する嫌悪感も同時に巻き起こり、日本人としての誇りを取り戻せとばかりに
世論のほうから弱腰政府へ対する突き上げも起こって次第に西欧諸国が有色人種対する不平等で
理不尽なやり方に対しての不満が一般国民にも浸透するようになっていった。

戦争をしたくない政府や首相にに対して国民のほうがむざむざ黙ってみすごしていて
何も言わず行動も起こさないのはけしからんと弱腰外交などやめてしまえと
毎日のように首相宛に手紙が届けられるほど世論は戦争へと傾いていた。
草の根の日本国民自らが日本文化の誇りをかけて西欧列強に挑んだ戦いだったので
最後まで諦めるわけがなく原爆を落とされこれ以上どうしょうもないというところの
最後まで日本人はその思想的な意地を張り通して最後は圧倒的な物質量の前に倒れたんだ。

291金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/08(日) 22:59:08.77ID:sO+zYx3I
271 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/08(日) 22:53:40.54 ID:55XNGudR0 (8)
>>234
むしろAIを導入すると労働生産性は高くなる

こう考えるとわかりやすい

労働生産性が高い

↑   ほとんど機械がやって、人間はその機械の管理と監視、チェック作業
     (自動化された無人搬送車)


↓   土方・人足がバタバタと動き回り、原始的な機械を使う
    (籠、人力車、大井川渡りの人夫)

労働生産性が低い

292金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/10(火) 03:59:30.16ID:ub3ys0WI
378 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/10(火) 03:58:11.58 ID:lj5Ynxo20 (10)
>>327
基本的に需要が必要になる

理論上は、方法が2つある

・金融緩和を極限まで続け、円安をどんどん進めていく
・財政出動を利用する

前者は輸出を増やすことによる需要増加だ
現在、これがメインになっている
ところが、これは他の国の通貨高を招く
特に米国は金融引き締めに向かいつつあり、
かつトランプ政権は貿易赤字削減を公約している
明らかに限界がある

後者は需要の中で公共投資と個人消費に注目する
公共投資は直接的に需要を生む反面、
不要な箱物を生み出す副作用がある

後者は言わずとしれた減税
実は一番効果があって、副作用も少ないのだが・・・w
政治的な理由で、なぜか不可能になってしまっている

293金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/12(木) 23:17:18.93ID:m2X4ny0t
318 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/12(木) 23:17:05.61 ID:+D+jGM1j0
財務省が年金債を発行
  ↓
日銀が引き受け
  ↓

 年金受給者はそのまま年金を受け取る
 
 労働者は賃上げ

 金持ち老人は、株式などに投資するか、
 現金保有のままインフレ税を支払う

294金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/12(木) 23:24:23.43ID:m2X4ny0t
318 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/12(木) 23:17:05.61 ID:+D+jGM1j0
財務省が年金債を発行
  ↓
日銀が引き受け
  ↓

 年金受給者はそのまま年金を受け取る
 
 労働者は賃上げ

 金持ち老人は、株式などに投資するか、
 現金保有のままインフレ税を支払う


341 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/04/12(木) 23:19:29.71 ID:ZQ4TGtKx0 (2)
>>318
賛成
財務省筆頭に貨幣観が間違っているから財源という言葉を口にする

295金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/13(金) 20:32:14.94ID:NfLOouUN
305 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/13(金) 20:07:29.54 ID:/kHq+ug70 (32)
>>287マルサス
「所得の不平等が経済の衰退を引き起こすことによって、貧しい者は消費に余裕が無く、
豊かな者は所得の一部のみを消費に当てるだけの状態になり、市場は供給過剰に陥る。
その結果、商品需要の不足が発生するため豊かな者は貯蓄に励み生産に再投資しない。
この貯蓄の増加が経済的均衡を崩す結果を生み、生産縮小のサイクルが始まると説いている」
http://d.hatena.ne.jp/skymouse/touch/20150713/1436797538

リフレ派は初めからJORKERを引いていた…!w

296金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/15(日) 17:52:24.23ID:oglUO3V2
147 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/15(日) 17:42:22.90 ID:eb/9N1750 (3)
>>122
ヒトラーは正しかった、とか言い出して停止されてたな、マイクロソフトだかIBMだかのAIは。
善悪基準だって人間様の勝手な論理だろうし。
その辺の整合性とかどうするんだろう?


178 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/15(日) 17:50:11.09 ID:W5Asw21a0 (5)
>>147
っていうか、価値っていうのは、人間の脳が「勝手に(自然に従わずに)」生み出している
要するにご都合主義が人間の脳

でもって、それを廃止すると、それこそ基準に合わせてドライに裁定していく
当然のことながら、

生産性を上げよ → 生産性のないものを排除しろ

           → 老人、カタワ、低知能、浮浪者、不労収入で食っている無職・資本家を処刑しろ

           → ハイルヒットラー!ユダヤ資本抹殺!

になるだろうな

297金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/15(日) 22:02:26.50ID:b0BHaX/e
1984の世界になるね
ちょっとでもサボってたら即不要扱いで
移動時間もほんのちょっとの誤差も許さない
家庭もアレクサとかの発展系で全て監視
金も現金じゃない時代は全て何に使ったか全て把握される
街には一切の死角がないように監視カメラを設置

298金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/19(木) 11:13:00.18ID:gld98lKl
80 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/04/19(木) 10:52:00.60 ID:2/b24Tj/0 (7)
>>76
国って何だと思う?
民族自決だろ

歴史みても人種や宗教、民族、価値観ごとに国が分かれてるのはなぜだと思う?

299金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/19(木) 11:13:34.65ID:gld98lKl
104 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/04/19(木) 11:00:24.31 ID:Bin4gdi80 (3)
>>80
そこまで極端ではないが、
基本的には正しい

まず、国ごとに言葉が異なる
多民族国家でも、使える言語は限られている

次に国ごとに宗教に偏りがある
これは言語以上にはっきりしていて、
基本的に宗教観の違いで国が分かれている

ここに近代と植民地支配がかぶさった
この2つは、別次元で同時進行で発生した
近代化は主に技術革新や宗教改革などによる文明発展の成果
近代化によって、より人の移動と管理が簡単になり、宗教のみならず、
民族ごとに国が作れるようになった
また法が整備され、法によって人を管理できるようになった

300金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/04/19(木) 11:14:11.20ID:gld98lKl
一方でアフリカやアジアでは、全く別の形で国家が誕生した
それは欧米列強による植民地という形態からの独立で国家が誕生していく
そのため、国境の多くは宗主国の都合で引かれた形で誕生する
言語も宗主国の言語を国語としている国も多く、
その多くは多くの部族によって構成されている
ここでは民族自決というのも、かなり中途半端な形でしか成立していない

欧米など近代化が進んだ所謂「工業先進国」の場合は、
民族自決的な手法が上手く行った
これは地方自治などによって、連邦制が形成できているからだとも言える
一方で旧植民地の国家は、民族が国境で分断されたり、
無理やり統合されたりしたため、紛争・内戦が頻繁に起きたり、
軍事政権、独裁制が取られることも多い

新着レスの表示
レスを投稿する