何でもコピペスレ5 [無断転載禁止]©2ch.net

1金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/06/28(水) 18:19:31.37ID:x6Flfl1O
コピペ専用スレ

前スレ
何でもコピペスレ5 [無断転載禁止]©2ch.net
http://medaka.2ch.net/test/read.cgi/eco/1498229607/

179金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/15(金) 14:43:43.51ID:ZiBQ3UX1
661名無しさん@1周年2017/12/15(金) 14:41:30.13ID:1TO09RFS0
だから、俺は前から言っているだろ!

「団塊だとかバブルだとか、そんなのは朝鮮ネトサポの工作。
 本当の敵は『見捨てた』政府だよ」


アベガーも同じだ
パヨク(旧ネトウヨ連呼厨)も悪役レスラーに過ぎない
いい加減、目を覚ませ
安倍が一番マシなレベルだぞ
少なくとも増税を先送りにした
野田元首相なんて、アーミテージに殴られて増税決めちゃったくらいだからなw

180金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/15(金) 18:05:53.79ID:R7f8bkCK
389名無しさん@1周年2017/12/15(金) 18:04:15.05ID:29wBQMlZ0
人口減少が成長を押し下げる・・・×
  人口減少、生産世代人口減少が最もきつい日本が、
  G7で最も実質成長率が高くなったのをどう思います?
  マイナスじゃなくてプラスですよ
   はい、嘘です

政府に責任はない。自己責任である ・・・ ×
   総理大臣だけ生き残っても自己責任ですか?w
   そんなわけないでしょう
   重要なのはマクロ統計
   それを見て判断しましょう
   悪いのは個人ではなく政策ですw

181金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/15(金) 18:18:40.73ID:R7f8bkCK
613名無しさん@1周年2017/12/15(金) 18:17:35.08ID:29wBQMlZ0
>>592
足りないのは能力というより「OJT」だから、
マクロでどんどん仕事を作って、
労働力不足を極限状態にまで持っていくのが重要なんだよ
ワークフェアと流動化は、それにあわせて随時進めればよいだけ

182金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/15(金) 22:15:36.18ID:yTxb2JVc
税収、来年度バブル期並み
27年ぶり58兆円超 財政規律緩む懸念

国の2018年度税収の見積もりが58兆円を超え、27年ぶりの高水準となる公算が大きくなった。財務省は17年度の税収見通しを57兆7120億円とする方向で調整を始めた。
緩やかな景気回復を背景に18年度も所得税収などが伸びる見込みだ。予算編成の前提になる税収見通しが高い水準になれば、歳出削減の機運が一段と弱まる恐れもある。

国の税収が58兆円を超えれば1991年度の59.8兆円以来で、バブル期の好景..

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23995390Y7A121C1EE8000

183金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/22(金) 15:16:01.53ID:w93WoysI
916名無しさん@1周年2017/12/22(金) 15:10:17.10ID:+lbH/Tw20
>>794
共存社会というのもあるが、日本人の特性が欧米ともアジアとも大きく異なる
科学の進歩が経済学や社会学をはるかに越えてしまったおかげで、
わかりやすくなってきた

精神医学的考察

欧米に比べて圧倒的にアスペルガーが多い
アスペ率の高い国◾ 2016

1位 日本
自閉症の割合 : 181.1 件 (10,000 人あたり)

2位 イギリス
自閉症の割合 : 94 件 (10,000 人あたり)

3位 スウェーデン
自閉症の割合 : 72 件 (10,000 人あたり)

4位 デンマーク
自閉症の割合 : 68件 (10,000 人あたり)

5位 アメリカ
自閉症の割合 : 66 件 (10,000 人あたり)
※州により大幅な開きあり

http://www.worldatlas.com/articles/countries-with-the-highest-rates-of-autism.html

コミュ障が発生しやすい
さらに心理学的に調べると、IQのばらつきが非常に小さく、平均値が高い
つまり底辺層が途上国の上位くらいにはいってしまう

184金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/22(金) 15:16:33.50ID:w93WoysI
これを裏付けるのが特許申請
欧米と比較して日本だけが研究開発から製造現場までまんべんなく申請されている
要するに日本人が強みを発揮したければ、「現場」を重視するしかない
上下の差が小さいのだからそうするしかない
知能が高く、底辺の創造性が高いということは、
生産する上で非常に有利になる

おそらく日本の最大の問題は経営者の知能の問題だと思うw
資本主義において、適切な設備投資が生産性向上の唯一の解なのだが、
それすら理解できず農奴みたいなのをやっている

アスペでコミュ障でかつ低知能みたいなのが経営をやっている感じだw

917名無しさん@1周年2017/12/22(金) 15:13:12.46ID:+lbH/Tw20
>>878
いや下がるよ
マクロ的な統計データと個々のデータがトレードオフになる
いわゆる「合性の誤謬」

185金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/24(日) 01:29:13.66ID:U3Q6gw/c
330名無しさん@1周年2017/12/24(日) 01:28:22.09ID:TgJbgKSR0
>>277
いや、逆に凄いとしか言われていなかった

ジャパンアズナンバーワンじゃなくて、
ジャパンイズナンバーワンとか、
米国から買うのはジーンズとタバコだけとか

今みたいに「日本はダメ」なんて言う奴はまずいなかったね

186金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/24(日) 16:44:59.10ID:ruM9qY5f
名前:
E-mail:
内容:
たとえば人口減少
若年労働者がどんどん海外に出稼ぎに行ってしまっているのなら、
日本は大問題になる
東欧がこれ

ところがそういう事実は存在しない

また東欧も短期的には均衡が取れて、財政や失業率が改善されたりもしている

日本の場合は、地方の失業者を東京など大都市近郊に集めたので、
衰退が激しくなっている
それが結果的に財政悪化と少子化をもたらしているのである
この事実から目を背け、人口減少論ばかり強調するのは、
政府の責任逃れにしか見えない
というか、政府は国全体の人口動態だけ見て判断しちゃっているんじゃないの?w

小学校の社会科も怪しいレベルだね
中央集権が限界になったということだろうな
その最たるものが罪務省による消費税増税による財政再建政策
もう、明らかに逆効果なので、相変わらず

  「プライマリバランスガー」

を叫んでいる
プライマリーバランスを改善しようとすると名目GDPの方が下がって悪化するんだが?
わざとやっているようにしか見えない

187金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/25(月) 19:43:33.09ID:hA2qHsNo
90名無しさん@1周年2017/12/25(月) 19:41:15.81ID:u1O7Pnkg0
>>71
それは違う
個人所得と人口は全く関係ない
(鎖国時代ですら、人口が100年近く減少し続けた江戸時代末期緩やかに成長していた)
生産には多少影響あるが、その場合のお決まりは

   高金利(10%以上に金利が跳ね上がる)、高インフレ(10%以上)、高失業率

である
日本は

   超低金利(0〜マイナス)、低インフレ(0〜マイナス)、低失業率(G7最低水準)

である
どこが

    人口減少により成長低下

なのか?

188金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/26(火) 00:04:11.78ID:qxKrV2jL
915名無しさん@1周年2017/12/25(月) 18:34:29.69ID:BY+j7z8r0
サイコパスが出世するのは脅迫的手段によるもの

 米デンバー大学とカリフォルニア大学バークレー校の研究チームによると、サイコパスの診断で高いスコアを
示したヘッジファンドのマネージャーは運用成績が劣るという。
 彼らはヘッジファンドマネージャー101人の性格と彼らの2005年から2015年までの投資額・リターンを
比較して、サイコパス傾向が高いほど、リターンが少ないことを発見した。
 中心人物であるデンバー大学のリーアン・テン・ブリンケ博士は、無慈悲さや冷淡さがビジネスリーダーと
して望ましい資質であるという古い常識を見直す時だと主張する。
 彼女によると、これまでの研究からサイコパスの特性は「口が上手い」のであって「前進する」能力では
ないことが示唆されているという。
 さらにサイコパスが出世するのは、尊敬によるものではなく、支配、いじめ、脅迫といった手段による
ものであることが多いともブリンケ博士は言う。
 だが出世することと、その地位に期待される職務をきちんと果たすこととは別ものだ。

サイコパスのリーダーはトラブルメーカーに
 またサイコパスが混乱を引き起こすことも明らかにされている。
 例えば、あるサイコパスと診断されたチャリティのCEOは、従業員の離職を増やし、収益を低下させた。
サイコパスが魅力的に映るにも関わらず、いじめや対立を引き起こしたり、従業員の労働環境を悪化させ
たりと非生産的な行動をとる傾向も判明している。

http://karapaia.com/archives/52248882.html   
  

189金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/26(火) 01:04:23.27ID:qxKrV2jL
915名無しさん@1周年2017/12/25(月) 18:34:29.69ID:BY+j7z8r0
サイコパスが出世するのは脅迫的手段によるもの

 米デンバー大学とカリフォルニア大学バークレー校の研究チームによると、サイコパスの診断で高いスコアを
示したヘッジファンドのマネージャーは運用成績が劣るという。
 彼らはヘッジファンドマネージャー101人の性格と彼らの2005年から2015年までの投資額・リターンを
比較して、サイコパス傾向が高いほど、リターンが少ないことを発見した。
 中心人物であるデンバー大学のリーアン・テン・ブリンケ博士は、無慈悲さや冷淡さがビジネスリーダーと
して望ましい資質であるという古い常識を見直す時だと主張する。
 彼女によると、これまでの研究からサイコパスの特性は「口が上手い」のであって「前進する」能力では
ないことが示唆されているという。
 さらにサイコパスが出世するのは、尊敬によるものではなく、支配、いじめ、脅迫といった手段による
ものであることが多いともブリンケ博士は言う。
 だが出世することと、その地位に期待される職務をきちんと果たすこととは別ものだ。

サイコパスのリーダーはトラブルメーカーに
 またサイコパスが混乱を引き起こすことも明らかにされている。
 例えば、あるサイコパスと診断されたチャリティのCEOは、従業員の離職を増やし、収益を低下させた。
サイコパスが魅力的に映るにも関わらず、いじめや対立を引き起こしたり、従業員の労働環境を悪化させ
たりと非生産的な行動をとる傾向も判明している。

http://karapaia.com/archives/52248882.html   
  

190金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/26(火) 15:40:32.46ID:z0hVVLhT
726名無しさん@1周年2017/12/26(火) 15:39:38.80ID:tJ7WcBoy0
>>703
最近は「財政出動」より「公共投資の不足」が問題になっている
平均すると諸外国より低い
つまり意図的に日本のインフラ老朽化を進めているわけ
これ経済板でも一時期問題になっていたが、
例によってリフレ派や新自由主義者が騒いで議論の妨害をしていた
経済学の世界では、割と常識になっているらしい
っていうか、実際統計を見てみると、G7の中ではかなり低い水準
日本より少ないのは、天災のないドイツくらいしかない

191金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/26(火) 17:16:13.38ID:z0hVVLhT
増税は本来、高金利、高インフレ、低成長時に行われなければならない
この場合、ハイエクの主張は、かなり妥当性を持ってくる
資本を圧縮し(具体的には、持っている資産を全て現金化し)、
負債をなくすことによって、貯蓄不足を解消するのである
現金化された資金は、より有効な投資に回され、
結果的にゾンビ企業がつぶれていく

ところが日本を見るにつけ、そのような現象は見られない
大規模な金融緩和をしても、結局、増税その他で期待インフレ率は下がってしまうのである
つまり、財政支出を増やしてやる必要があるわけだ

ところがここで消費税増税などによって黒字化を進めるとインフレ率はどんどん下がる
これは財政均衡が謂わば、国家による貯蓄促進を意味するからである
貯蓄から投資に回そうとしている時に国家が貯蓄を増やそうとしてしまっているのである
これでは成長できない
インフレ時とは逆に、貯蓄を削って投資しなければならない
例えば、金融市場で言えば、預金口座から金を引き出し、
それで不動産や株、債券を購入すべきなのである
国(罪務省)のやっているのは、これとは逆なのである

192金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/26(火) 17:20:35.50ID:z0hVVLhT
897名無しさん@1周年2017/12/26(火) 16:36:17.88ID:tJ7WcBoy0
>>887
もちろんそうだが、今現在の問題はそこではなく、
成長率の引き下げ政策が問題になっている
今、増税すれば、その分日本の投資が減ってしまい、
将来得られるべき収入も減ることにより、
国家運営の原資がなくなってしまうということだ

たとえて言うならば、今米を全部食べてしまえば、
将来稲作に使われなければならない種籾も失ってしまい、
餓死せざるを得なくなるということである

そういう政策だよ
消費税増税によるプライマリーバランスの黒字化は

193金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/27(水) 01:32:24.63ID:kjBxyIwu
148名無しさん@1周年2017/12/27(水) 01:31:25.28ID:t5tJdmWv0
>2018年の大きな課題になる
増税 → 一時的な価格上昇 → 「デフレ脱却宣言!」

これ来ちゃう?wwww
日本経済、五輪の前に終了だぞ?wwww

194金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/27(水) 19:18:37.87ID:V+XKk3dB
528金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/27(水) 19:15:17.05ID:V+XKk3dB>>529
>>523
賃金が上がらないとインフレにはならない
結果的に資産形成が進まず、長期的な衰退を齎す

というのであれば同意
リフレ政策というものが金融政策を主軸にしているものであるとすれば、
必ず失敗する
方法論は2つ

・マクロ的に財政の力を借りる
現状では公共事業しか方法がない。なぜならば、バブル崩壊後の二度に渡る
増税で需要が不足しているためである。その分を補うには支出を増やすしかな
い。もし、支出を削りたいのであれば、まず減税を先行させなければならない。
財政赤字を解消しようとすると、どんなに金融緩和をしても、結果的に需要が
足りなくなる。

・構造面での一極集中を見直す
従来の人口密度と成長率の相関から考えて、都市部に人口を集中させること
が成長を促すと思われていた。だが実際には都市部の少子化が進む一方で、
地方の荒廃も激しく、人口減少から社会保障の維持も難しくなってきている。
全体的に高コスト国家にならざるを得ない。我が国の回りは領土問題を抱え
ている仮想敵国が多く存在している。そのため、領土を維持するためには、非
常に多くのリソースを割く必要がある。もし社会主義を目指すのではないなら、
民間人が領土を管理・保全していかなければならない。これは経済以前の必
須条件である。そう考えれば、地方に人口が分散していることが、結果的に成
長率を高める要因にもなるのである。

195金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/27(水) 19:32:28.86ID:V+XKk3dB
72名無しさん@1周年2017/12/27(水) 19:10:30.84ID:J4V9H01e0
>>960
だからそれを言っているw 人手不足とはザックリ言うと3K職。
それ以外はリストラが必要な仕事。

196金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/27(水) 21:46:21.66ID:V+XKk3dB
賃金が上がらないとインフレにはならない
結果的に資産形成が進まず、長期的な衰退を齎す

というのであれば同意
リフレ政策というものが金融政策を主軸にしているものであるとすれば、
必ず失敗する
方法論は2つ

・マクロ的に財政の力を借りる
現状では公共事業しか方法がない。なぜならば、バブル崩壊後の二度に渡る
増税で需要が不足しているためである。その分を補うには支出を増やすしかな
い。もし、支出を削りたいのであれば、まず減税を先行させなければならない。
財政赤字を解消しようとすると、どんなに金融緩和をしても、結果的に需要が
足りなくなる。

・構造面での一極集中を見直す
従来の人口密度と成長率の相関から考えて、都市部に人口を集中させること
が成長を促すと思われていた。だが実際には都市部の少子化が進む一方で、
地方の荒廃も激しく、人口減少から社会保障の維持も難しくなってきている。
全体的に高コスト国家にならざるを得ない。我が国の周りは領土問題を抱え
ている仮想敵国が多く存在している。そのため、領土を維持するためには、非
常に多くのリソースを割く必要がある。もし社会主義を目指すのではないなら、
民間人が領土を管理・保全していかなければならない。これは経済以前の必
須条件である。そう考えれば、地方に人口が分散していることが、結果的に成
長率を高める要因にもなるのである。

197金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2017/12/27(水) 22:05:30.49ID:iaiAQnJs
【若年性】 放射能はダークマター <マイトLーヤが緊急声明> 大勢が無駄に死んでいる 【認知症】
https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1514363710/l50

198金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/01(月) 21:32:21.97ID:acBFmK4O
995名無しさん@1周年2018/01/01(月) 21:28:53.56ID:fhAWkLqg0
>>954
それもちょっと違う
確かに生産性は低いが、生産性はそういう見方をしない

爺さん時代の経済状況はインフレ経済
つまり需要の伸びに対して、供給(資本)が追いついていない
いわゆる、高金利、高インフレで負債解消目的の政策が重要になる
当時、経常収支や対外債務の解消が重要であったため、
とにかくインフラを拡張し、貯蓄を増やして、企業に投資をさせる必要があった
つまり、インフレ率が10%超えるのが当たり前の時代には、
貯蓄を増やすためのありとあらゆる政策が取られた
その中でまだ若手だった爺さんたちは、馬車馬のように働かされた
そうすることによって貯蓄が生まれ、負債が解消し、
インフレ率は低下し、そして余った資本を他の分野に回せるようになった

この段階に進むまでは、一番重要なのが資本生産性であり、
とにかく投下した資本からどれくらい利潤を回収できるかというのが勝負になる
労働生産性は二の次になる
ちなみに労働生産性と資本生産性はどちらかが増えるとどちらかが犠牲になるトレードオフの関係がある

今日の問題はインフレーションや負債ではなく、
有り余った資本(貯蓄)とその有効活用だから、
より需要を増やすためには、就労時間を減らして、
まんべんなく資本を稼働させてやる必要がある
資本の回転率より、むしろ労働者の有意義な活用が重要になってくる

199金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/01(月) 22:16:23.35ID:bB+gvwmB
328名無しさん@1周年2018/01/01(月) 22:14:43.49ID:TvzVVsvL0
>>300
山はあまり関係ないがw
地形とは直結している
さらに地政学とも(特に対外的な位置関係)

日本は島国であり、南北の細長く、
真ん中に山脈が多く、山間部に対して平野は小さく、
列島全体に散在した状態で統一感の低い分権型社会

こういう特徴がある
そこに極端に中央集権的な政策を取ってきたため、
地方の疲弊化と少子化、そして東京などへの需要不足が慢性化している
これが結果的に地方への公共投資などによる再分配を増やす結果になっている
極端に東京に集めれば、その余計に集めた分を地方にキャッシュバックしなければならない

こういう馬鹿な政策を取っている国は、欧州には存在していない

200金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/02(火) 03:07:28.26ID:ASRz2VUQ
956名無しさん@1周年2018/01/02(火) 03:06:29.69ID:L6hchNVi0
>>948
おそらく日本は滅亡
その後、中国の共産化から朝鮮半島までが共産化
そして日本もソ連と中国の謀略で内戦、共産化
ベトナム戦争もなくベトナムも共産化

こういう状態だっただろう

おそらく防衛戦はシンガポールからインドネシア
日本の代わりに豪州がアジアの共産化を食い止める役割

201金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/02(火) 14:34:28.53ID:pjU3TLJ/
319名無しさん@1周年2018/01/02(火) 14:32:16.24ID:9FU01Dlh0
>>289
それはそれで構わない
問題なのは、失敗してそのまま人生終了になっちゃうこと
氷河期、すなわちデフレ不良債権問題時代がそれ
貸し渋り貸し剥がしの中で起業をやったからそうなったとも言える
現代の学生は昔より恵まれているが、
それでもまだまだリスクが大きすぎるといわざるを得ない

大学卒業を止めてまで起業する
失敗したら、

1 再チャレンジする
2 大学に復学、または新しい専門分野に進学
3 そのままでも普通にサラリーマンとして生きていける

やる気のある人間を重視するのがよい社会
今の日本はソ連型社会主義エリート経済
これではソ連や北朝鮮と変わらない

202金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/02(火) 16:05:16.07ID:pjU3TLJ/
518名無しさん@1周年2018/01/02(火) 16:04:03.06ID:9FU01Dlh0
>>510
基本的に起業による成功要因は、運のみというのが通説になっている
でもって、それが「なぜ社会主義より資本主義の方が優れているのか?」の答えになっている
すなわち社会主義では、企業ではなく政府が基準を決め投資計画まで立ててしまう
一方、資本主義では、個人や集団の勝手な憶測に基づいて判断される
そして自由度が高いほど、その勝手な憶測はランダム性が高くなり、
広範囲に広がる

このランダム性こそが発展を決めているのである
つまり、計画せずにサイコロを投げ続けることによって、
結果的に成功者が生まれるのである
たとえて言うならば、マンボウは約1億個の卵を産卵し、
その中で数千万分の1の確率で生き残ったものだけが、
子孫を残せるチャンスを得られるのである

これが自然法則、すなわち確率によって支配された世界に近づくわけだ
そして人間の勝手な基準、すなわち思想・イデオロギーに左右される社会主義は、
結果的に多くの人の勝手な願望や欲望によって投げ出されるさいころの目が生み出す確率的な成功にはかなわないのである

203金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/03(水) 02:46:47.06ID:HnW/GuN4
308名無しさん@1周年2018/01/03(水) 02:45:46.46ID:0VEs/9Tn0
メタンハイドレートに液中プラズマつかうと水素を直接取り出せる→これをパイプorキャッチ
石油石炭ウランの輸入を大幅に削減できるんだよ(年間10兆円ほど)
エネルギー資源の外国依存が減るし、日本政府が脱電気社会を目指してる理由の一つがこれね

204金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/03(水) 04:29:14.42ID:+q6G8WYk
233名無しさん@1周年2018/01/03(水) 04:28:28.39ID:P9FhuW2M0
>>223
本当にダメだと思うなら、
一遍消費税廃止してみようぜ?
で、思いっきりBIやろうぜ?

最後にデカイ花火打ち上げて終わろうぜ?w

ギリシャもアルゼンチンもジンバブエも終わっていないんだが、
それよりもデカイ花火打ち上げられるだろ?

どうせ滅びるんだから、一か八かでやってみろや
できない?

確かに出来ないかもな
日本大復活しちゃうもんなwwwwww

205金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/04(木) 17:30:54.22ID:nKxbX7hq
966名無しさん@1周年2018/01/04(木) 17:27:10.02ID:yK6YDRZr0
>>721
いろいろあるだろうが、少なくとも現代の日本の小選挙区制はない
むしろ中選挙区制の方がよかった
それと地方分権化を進めた方が良い
中央集権が行き過ぎると、結果的に末端部分が切り捨てられ破壊される
それを政治がいちいち拾っていかなければならなくなる
これが日本の政治の問題であって、選挙区制度をいじっても全く良くならなかった

それとメディアの問題が一番大きい
日本だけではないが、メディアの情報の精度が低いと扇情的な政治になる
正しい情報を流すような体制づくりが必要だ

大学制度も重要だ
大学が独立してメディアも含めて政治をチェックする
そういうシステムが必要になる

政治において科学的な分析を担保するのは情報である
情報の確かさ
確実性
これが重要
すべてが詳らかになっているのが理想
逆に現代のように政治と国民の間に大きな情報の非対称性があると、
国民は正しい判断ができなくなる
当然のことながら、民主主義は崩壊する

206金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/04(木) 17:43:59.57ID:nKxbX7hq
23名無しさん@1周年2018/01/04(木) 17:40:21.79ID:yK6YDRZr0
もう、日本(っていうかアジアw)は、キリスト教圏から離れた方がよい

輝かしきアジアにふさわしい新しい対立軸

左翼リベラル → 儒教(八紘一宇からバカチョン朱子学まで含む中共w)
右翼     → 法家&国学

これで十分w

「神は我々を平等に愛されているのだ」「天使か?悪魔か?どっちだ?」
「主よ!我らが慈悲深き偉大なる父よ!どうかお許しくださいませ」

こんな連中と付き合う暇は、アジア人にはないわwwww

207金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/04(木) 22:34:59.28ID:KU7qMUAn
597名無しさん@1周年2018/01/04(木) 22:33:58.59ID:xhKAJyW70
>>585
だれがそういうかはともかく、
中国を発展させれば、必然的にそうならざるを得ない
日本が生き残るかは微妙だが、
生き残ったとして、現状を維持するのであれば、
日米関係はいずれ解消され、
ロシアと組むことになる

そこを米国人が読めないのは、
アジアを理解できていないということと、
そもそもキリスト教が国の前提にあって邪魔をしているとこ

208金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/09(火) 09:54:30.15ID:kgn5RvX0
733名無しさん@1周年2018/01/09(火) 09:53:13.52ID:RvH3D1ju0
>>717
そもそも観光は隙間産業
余っている資源を有効活用するくらいの意味しか無く、
成長産業ではない
もし観光で成長したければ、宇宙旅行レベルのことを国家プロジェクトで立ち上げる必要がある
頭の悪い日本政府は、コストが低ければ成長するなどと考えているのかもしれないが、
そもそも人口ボーナスも最もない日本において、
観光で安定的に収入を増やすなど無理な話
初めは面白がってきても、そのうち来なくなる連中が増えるだけ

工業にも言えるのだが、観光は距離がすべて
遠くなるほど費用がかかる
近場と言うと中国しかないw
中国人相手のビジネスが成り立っていれば良いが、
彼らに飽きられれば終わるし、既に爆買いは終了している

結局、増税路線(米国の指図なんだろうけど)は、必ず失敗に終わる

209金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/10(水) 18:45:58.73ID:4Zjxn0Vv
580名無しさん@1周年2018/01/10(水) 18:43:22.60ID:VFkz46nj0
>>560
残念ながら、その結論は間違っている
世俗化と宗教には部分的な相関が見られるだけで、
全体としては無相関だろう

理由はイスラム教徒
イスラム教徒の場合、豊かな国ほど原理主義化が激しい
逆にシリアやレバノンのような貧しい国のほうが世俗化が進んでいた
また、アフガンのように豊かで世俗化した国が原理主義化したケースもある
一番カネを持っているサウジやイランやクエートなどが原理主義なのは、
結局、金を稼ぐ上で宗教が非常に有利だからに他ならない
それ故、中世では宗教戦争がビジネスになっていた

一方、米国の場合も基本的には同じだ
貧しいがゆえに稼ぐのではなく、
信心深いがゆえに金を稼がなくなるのである
つまり、原理主義的なプロテスタントの教えに従えば、
共通して言っていることは唯一つ

   慎ましく生きよ

である

210金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/10(水) 18:46:50.48ID:4Zjxn0Vv
これは早い話が「消費や強欲の全否定」に他ならない
消費や強欲を抑えれば貯蓄は増えるものの生産は伸びなくなる
この典型例としてのモデルケースがアーミッシュなどに見られる原理主義的宗教集団である
彼らは消費どころか「資本主義」も認めておらず、
ただひたすら非文明的な世界で行きている
必要最小限な交易だけを行うという中世型モデルで行きているわけだ
これがプロテスタントの理想社会である
ならば、宗教と経済に一定の関係が出来ることはわかる
プロテスタントが強いほど、価値観は非経済に近づく
経済成長したところで、信者がいれば経済は衰退し、
経済を発展して所得が改善しても、
信者数の増加で再び所得は下がってしまう

すなわち宗教に「清貧の美徳」という価値観が存在している限り、
世俗化と宗教の間には一定の相関が生まれてしまうのである
だが、それはその宗教が「清貧」を良しとしている場合においてのみであり、
ユダヤ教など他の宗教では全く成り立たないものだとも言える
すなわち原因が宗教や教義にあるのであって、
世俗化にあるわけではない
世俗化したほうがキリスト教圏での経済成長が高くなるだけであって、
所得が増えたことによって世俗化が進むことなどありえないのである

211金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/10(水) 18:54:02.29ID:4Zjxn0Vv
これは早い話が「消費や強欲の全否定」に他ならない
消費や強欲を抑えれば貯蓄は増えるものの生産は伸びなくなる
この典型例としてのモデルケースがアーミッシュなどに見られる原理主義的宗教集団である
彼らは消費どころか「資本主義」も認めておらず、
ただひたすら非文明的な世界で行きている
必要最小限な交易だけを行うという中世型モデルで生きているわけだ
これがプロテスタントの理想社会である
ならば、宗教と経済に一定の関係が出来ることはわかる
プロテスタントが強いほど、価値観は非経済に近づく
経済成長したところで、信者がいれば経済は衰退し、
経済を発展して所得が改善しても、
信者数の増加で再び所得は下がってしまう

すなわち宗教に「清貧の美徳」という価値観が存在している限り、
世俗化と宗教の間には一定の相関が生まれてしまうのである
だが、それはその宗教が「清貧」を良しとしている場合においてのみであり、
ユダヤ教など他の宗教では全く成り立たないものだとも言える
すなわち原因が宗教や教義にあるのであって、
世俗化にあるわけではない
世俗化したほうがキリスト教圏での経済成長が高くなるだけであって、
所得が増えたことによって世俗化が進むことなどありえないのである

212金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/11(木) 20:49:37.93ID:3sUSJreo

213金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/11(木) 22:44:58.02ID:admq6Jyn
55名無しさん@1周年2018/01/11(木) 21:48:44.03ID:RVjDpVkb0
先進国で日本だけじゃないのか?色々と取り残されてるのは?

65名無しさん@1周年2018/01/11(木) 22:42:49.30ID:auOcrp+c0
>>55
急進的中央集権化(笑)
大増税緊縮削減福祉政策(笑)

こんなプログレッシブな政策を見られるのは、
世界でも唯一つ
日本だけ\(^o^)/

214金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/11(木) 22:47:21.28ID:admq6Jyn
68名無しさん@1周年2018/01/11(木) 22:46:47.34ID:auOcrp+c0
【経済】日銀、国債買い入れ減額 出口戦略? 市場に広がる思惑
read.cgi/newsplus/1515625474/

初めからデフレ脱却なんてするつもり無かったんだろ?
だから、黒田は辞めないどころか、責任を取るつもりもなさそうだ
一方で増税だけはやる

大不況 → 「大変だー!大変だー!」 → 景気対策 → ちょっと回復

これが10年に一度のサイクルになっているwwwww
国民を馬鹿にしていると言うより、
もう、日本を潰す気でいるんじゃないの?wwwwww

215金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/12(金) 19:57:49.43ID:8o4burF+
833名無しさん@1周年2018/01/12(金) 19:55:13.12ID:5veOzafp0
>>829
横からだが、
上でも誰かがレスしていたが、
基本的に「不足」が問題になっている

まず景気対策をやってデフレ脱却を確実にし、
日本の構造的な問題(特に中央集権の歪みを解消するような行政改革)をやり、
その上で福祉と財政のバランスを取るというのが重要

日本は意味のないイデオロギー(思想)論争ばかりで、
言葉遊びに終始している
国家というのが法的な秩序に基づいた巨大なシステムであるという近代国家観に欠けている

216金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/12(金) 20:57:29.71ID:VD+oqC69
563名無しさん@1周年2018/01/12(金) 20:56:17.10ID:tY/DjKCy0
人口減少で日本消滅というデマ
中央集権で財政赤字を作っておいて、
増税しないと破綻するというデマ
グローバリズムで移民を受け入れれば発展するというデマ
先進国は観光立国というデマ

経済学者、政府関係者、マスメディアによるデマゴーグの数々
これだけネットが普及して、アマゾンでも相応の書籍が購入できる昨今に、
未だに

    新聞では〜、NHKニュースでは〜、政府のコメントが〜、
    大学教授が〜

をまともに信じる馬鹿土人並の日本国民
いい加減にしないと、国、領土は元より、自分の財産や家族の生命まで失うぞwwww

217金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/13(土) 14:38:17.52ID:CEp8kdhc
320 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/01/13(土) 14:37:14.56 ID:WfiDhE560 (2)
銀行から金を借りる必要性が無いくらいにまで金を溜め込む企業。
融資先が無い邦銀はリストラ。
アホですね。

218金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/13(土) 23:45:24.42ID:QAQcFcu2
772 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/01/13(土) 23:36:20.98 ID:I/MfdEmt0 (3)
>>658
それはない
過去の身分制度の歴史的意味を考えれば明らか
元々は奴隷と主人の関係から始まった
資本というものすらない状態で、
労働力だけが事実上の資本という経済
それが農業の発展と共に小作農的な物に変わる一方で、
交易を通じて新しい分業制が現れてきた

更に近世に入ると次第に工業の原型の形が出来始める
フィレンツェなどの一部に原始的な資本主義が始まる
更に欧州で自然科学が発展し続け、
ニュートンの登場と共に物理学が文明社会の牽引役となる
これがきっかけに力学から電磁気学、そして応用科学へと歩み出す
最終的に英国で産業革命が起きると、
それまでの貴族社会が崩れ始める
新しい資本家たち(その多くが地方の地主)が現れ、
更には植民地へと向かい出す
貴族と領民から、資本家と労働者という形で新しいより複雑な分業制が現れる
労働者の中には、資本家より専門的な知識を持ったエキスパートが生まれ、
エンジニアという地位を確保する

219金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/13(土) 23:46:00.53ID:QAQcFcu2
植民地では現地人と激しい攻防を繰り返しながら徐々に領土を広げ、
やがて、移民が大量に大西洋を渡り、荒野を開拓し始める
移民の中には貴族から日雇い労働者まで居たが、
誰もが自由の大地を開拓し所有することが認められた

これによって、欧州の重商主義植民地支配は、新しい段階に入る
植民地の中で米国が独立すると新しい資本主義の担い手として当確を表す
当初、黒人奴隷に頼っていた農業大国も、
南北戦争後、急激な工業化により英国を凌ぐ工業大国へと生まれ変わる

こういう流れを見ていけば、

身分制=原始分業制
国民国家=近代分業制

ということがわかる
マルクスが間違えたのは、この部分
彼は労働価値説に拘ったため、

   資本家が資本という名の機械を使って設けることにより、
   本来労働者が得られる利益を搾取している

と考えた
これはマルクスと言うより、それまでの古典派経済学(労働価値説を基本にしている)がそうだったから
だが、実際には全く別の形に進化していた
資本家が労働者を雇う形で「資本委託」し、労働者が委託された資本を利用して「利益を生み出す」
これが資本主義の分業制だ

220金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/13(土) 23:46:43.07ID:QAQcFcu2
もしここで身分制度に戻してしまえば、
この分業制が成り立たなくなる

すなわち、「資本家は自らが専門知識を持って全てを経営し、労働者など雇わずに自前で作業を進める必要がある」になる
これが非効率なのは言うまでもない

古典派と呼ばれる人たちは、マルクスも含めて皆、労働価値説に囚われている
その理由はキリスト教的な二元論の世界観にある
そもそも米国が発展したのは、欧州とは異なり、資本家、労働者の階級制の敷居が取れてしまったことにある
このような状態こそが、本来あるべき発展の姿であり、それ以外は淘汰されるのである

221金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/14(日) 00:29:50.31ID:Lv8RvxZN
730 名前:名無しさん@1周年 [sage]: 2018/01/13(土) 18:33:30.96 ID:71CplMdt0 (10)
>>712
それはいわば実体経済と金融市場は解離しているというこでありまして、ま、その中においてですね、その中において、株価が上がろうと物価には関係ない、デフレは貨幣現象ではないということを、いわば、浜田先生もお認めになったところであります

http://i.imgur.com///iK7QzAq.jpg

222金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/14(日) 17:11:04.28ID:DZvARIbJ
477 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/01/14(日) 17:08:39.45 ID:L1Df0onc0 (5)
>>463
それもナルシストの特徴
というより、一番わかり易いと思うんだけどね

自分の都合=世界の中心

だから
言っている片っ端から、全く違うことをいい始めることもあるくらいw
認知症じゃないんだよ
そういう風に歪められている
忘れるのもナルシストの特徴
自分に都合の悪いものは、解釈、意見だけでなく、事実すら無かったことになる
そういう脳なのだから、しかたない

223金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/14(日) 17:37:20.68ID:DZvARIbJ
39 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/01/14(日) 16:11:08.59 ID:Z4S3UvBa0
山岳地帯がほとんどでバラバラな部族集落しかなかったからな
沿岸部は定期的に津波で壊滅
文化圏といえるものが存在しなかった

224金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/14(日) 21:23:34.06ID:+JFajvqI
テス

225金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/15(月) 19:17:55.71ID:HlZtEdiE
AI】Googleの人工知能、「黒人」と「ゴリラ」を2年かけても判別できず ゴリラタグを削除する結果に★2


811 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/01/15(月) 19:17:27.91 ID:MUwhIrGT0
これがAIの現実
AIで全ての職業がなくなるとか、まさにカルトの煽り

226金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/15(月) 20:23:20.48ID:7LN3odoq
145 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/01/15(月) 19:36:58.40 ID:NpN4heWS0
■正しい日本語を使おう
・「須く」 当然 須く〜べし
・「さわり」 最も印象的な部分 歌でいうサビ
・「世界観」 世界についての見方
・「姑息」 その場しのぎ
・「檄を飛ばす」 自分の考えを広く伝える
・「知恵熱」 乳児期に発症する原因不明の熱
・「募金する」 寄付金を集めること
・「憮然」 失望したり驚いたりする様
・「恣意的」 その場の思いつきによる物事の判断
・「にやける」 色っぽい様子を見せること
・「敷居が高い」 不面目なことがあってその人の家に行きづらいこと
・「爆笑」 大勢の人が笑うこと
・「乱入」 大勢の人がなだれこむこと
・「たそがれる」 日が暮れる 盛りを過ぎて衰えること
・「一姫二太郎」 最初の一人は女の子、次に男の子が生まれるのが理想であること
・「性癖」 性質の偏り
・「煮詰まる」 全ての要素が出し尽くされて、結論を出す段階に入ったこと
・「潮時」 好機
・「なし崩し」 徐々に片付けていく
・「うがつ」 掘り下げる
・「割愛」 惜しいものを捨てる
・「雨模様」 今にも雨が降りそうな雲の状態(雨は降っていない)
・「破天荒」 今まで誰もやってなかった事を初めて行った
・「失笑」 笑ってはいけない場でこらえきれずに笑ってしまう

227金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/16(火) 07:35:22.63ID:NKlShlhD
9 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/01/16(火) 07:35:06.74 ID:yVruaCNv0
住宅バブル崩壊の米国の方が先にデフレ脱却しましたなw
10年は掛かったが

228金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/16(火) 16:56:21.66ID:lEA7zTMS
10 名前:名無しさん@1周年 []: 2018/01/16(火) 08:30:21.02 ID:rjexiQnA0
日本の証券市場は詐欺的だからなぁ

15名無しさん@恐縮です2018/01/16(火) 08:23:09.23ID:QWOkYGgr0

これが正解

持ち株会社上場→子会社群は非上場

子会社群上場→持ち株会社は非上場


現在の、持ち株会社と子会社が同時上場している現状は、
株式の二重水増しになる。

持ち株会社とは、子会社の株式を所有して、
その影響力で、子会社群を経営するための管理会社。

229金持ち名無しさん、貧乏名無しさん2018/01/20(土) 07:37:49.45ID:BT8WmQ4D
19世紀後半、自由貿易開始後、雇用が不安定になっていっているのがよくわかるグラフ
http://i.imgur.com/zNuJlyv.png

新着レスの表示
レスを投稿する