熱燗原稿無名コラムニストのΨスレ

1卒検なんて今は無視ったる|ω・)2018/04/12(木) 21:32:58.36ID:2RCSj7U50
なーんだ、Ψ木楠雄のかっこいいすれ『』やったる〜お!|ω・)ノシ鍵自演いいね!使えるね!|ω・)(/ω・\)チラッとうpお!!―(゚∀゚)―!
『くすお:君たちは知っているかね』『ねんどう:はあ?しんねー無視する』
『めら:私はごはんを召喚させる道具が欲しい』
『くすお:ごはんはコンビニのコーナーからアポートする能力で取り寄せていけば一生ただ飯が食える』
『めら:そんな超能力なんてないの』
『てるはし:宇宙人ね!』『てるはしあに:ここみー!きゃーわぅいー!!!』
『めら:あ!芸能人だ!』『ねんどう:だれおまえしんねー転校生かー?』
『てるはしあに:ぼくはここみの兄で、こっこみLove!っていう有名人さ!』
『てるはし:お、おにいちゃんはずかしいよぅ』『ねんどう:かわったなまえプーッ』
『さいこ:やぁ、貧乏人諸君!あいかわらず貧乏くさい話をしているようだね』
『てるはしあに:こお、これはぼっちゃん!!おひさしぶりですっさいこ様!!』
『くすお:なんだ、もうすでに知り合いで上下関係が最初から分かるような会話だ』
『さいこ:ん?あーチミは、テレビの。へ〜どこかであったことあったっけ』
『さいこ:まあいいけど、気軽に僕に話しかける度胸はあるようだが、あまり調子に乗るなよ転校生の…え〜と、なんとか君。もう下がっていいよ』
『てるはしあに:はは〜っ、今度その御靴をなめさせていただきにっ!!失礼しますっ!!』
『てるはし:………………あんな奴を兄だなんて思う私は靴以下ね』
『くすお:これが日常のさいきくすろ、Ψ木楠路第x巻発売は永久未定だ。』
『ねんどう:おい相棒、いきなりなに自出版の同人誌宣伝してんだーばーか』
『くすお:うるせーな、スレ立てるならこういったことも入れるのが大人のやり方だろ!』
『ねんどう:はぁ?喧嘩売ってんのかてめ、破るぞこら相棒』
『くすお:超能力でねんどう、貴様の霊体をあの世に昇天させていますぐ帰らぬ人にしてやりたいところだが、そんなことをすると犯罪だからな。勘弁してやる』
『かいどう:おまえはそんな能力があるのか、フッ。無敵だなさいき。おれの部下にしてやるから、その能力!超常力マジックリユニオン、伝授してくれ!』
『くすお:い・や・だ。』
『さいこ:だが断る!』
『くすお:い・や・だ。』
『さいこ:だが断る!』
『くぼやす:あ〜?ねんどうぶっとばすんなら、腹グーでいっぱつあの世まで飛ばしてやるよ』
『オラぁ!ねんどう:どぐっ!!』
『ねんどうはしんでしまいました。』

ジャッジ麺!オッ!ナイツ!!−−−−−−−すべては5ちゃんねるのダークリユニオンたちのしわざ!スレ立て群たちおつおつおっふーーーー!!はぁ〜

新着レスの表示
レスを投稿する