グランドブラスタークレス物語

1グランクエスト〜オーバーロードス2018/03/20(火) 19:25:47.69ID:pJOG5WNw
水野良さんのRPG思考を見倣って、わたしもテイルズオブクレスつくります。RPGアニメみならってわたしもねた投下ノシ島。

英雄クレス(1?)が太古のむかし、ロードグランス大陸全土を揺るがしたズウールゴウン・アイン・ガモーモン(10345)を地中に埋めた勇者。
主人公レスク(15):は、剣から光線を出せる魔法剣士。一振りで直線撃ちの攻撃をいつもできるので敵駆逐はすごいです。
まだ15歳で、打倒魔術師ダトウ(58)をたおすべきためになかまと協力して、ロードグランス中をアニメしていきます。
さいしょはなまえのわからないなかまたちと、敵と斬り合っていて、このなかま1(17):なかま2(19):なかま3(25):は序盤でみんな死にます。
ギルドメンバーでのるいーだの集いでお金をもらいながら共に戦っていただけの3人で、なかま2:だけ死んではいなかったことになります。
大陸中を騒がしている魔術総統ダトウは闇の暗黒胎児をふっかつさせるべくとして、大地母神ディードリート(565)のちからをつかい、君臨中。
そこに、主人公レスクが船で大陸にやってきて、その日の夜にダトウと出会ってダトウに傷を負わせて蹴散らし退散させます。(まだ15歳なのにです)
ダトウに傷を負わせたとして、ダトウの配下の一人のヴァイオレット(33)(偽名ではエレット・メッサーラ(21)と名乗ります。)がレスクのなかまになります。
エレットは第5級開魔法の魔法士で、ルトワール(聖淋たる産声の葬門)という魔法ばかりつかって敵を倒していってくれます。
レスクは、もうひとりゼルマ・ゴリーン(33)というゴリラ斧の巨漢の士と剣を交えます。光線は使うことなく、斧を折ってゼルマはなかまになり、
弓士のラグナ・マクスウェル:クラウス・アウルレア(19)という街に現れては人々を脅かして食を奪っていく戦賊の弓長(ゆみがしら)を討伐しにいきます。
クラウスとの戦いで、弓魔法貫く雷の龍矢でゼルマの右手を負傷させてその毒でゼルマをしばらく寝たきりにしてしまうけれど、
レスクの本気の光線攻撃でクラウスたちを駆逐して、そのあとにクラウスたちはにげていくけれど、ダトウをたおすときには共闘して後方支援してくれる
弓士としてなかま(いっしょには行動をしない人です)となり、ダトウの左目と右足に致命矢を撃ち込んでくれるかっこいい人です!
ダトウとのたたかいのときに、エレットはヴァイオレットの素性を伏せながらダトウとのほんきのたたかいをして殺されてしまいます。
ダトウとレスク(ゼルマはほかの配下たち全員をひとりでたおします)との一騎打ちとなるまでいくと、ディードリートという巨大な魔女が現れて、
ズウールゴウンの首を持って、ダトウを捨てた後に、どこかにきえていきます。ダトウはレスクにたおされたあとに、ディードリートに心臓を握り潰されて死にます。
ロードグランスを守った英雄、レスクとゼルマ、クラウスたちは全土から讃えられて、英雄となり、島を出て、ディードリートの跡を追う展開になりますが、
船でしばらく大陸から離れると「ゴぉぉぉぉぉぉぉン―――――――――――――!」という音とビリビリが鳴り響き、大陸の方をみるときのこ雲(原子爆弾メガトンt級です)
大陸は殺されました。ディードリートの仕業だったのか、なにがおこったのか…わからずに船で別大陸へいくことになります。
Next...RPGはわたし。しかしりませんwノシ

新着レスの表示
レスを投稿する