ペンギン・ハイウェイ

公式サイト
http://penguin-highway.com/

8月全国公開
配給:東宝映像事業部

原作:森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊)
監督:石田祐康
キャラクターデザイン:新井陽次郎
脚本:上田 誠(ヨーロッパ企画)
音楽:阿部海太郎
制作:スタジオコロリド

キャスト:北香那、蒼井優

© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

ムビチケ買ってきたぜい
ttp://up.mugitya.com/img/Lv.1_up120310.jpg

>>105
えっ、マジで?!
上映時間118分らしいけど全編予告のクオリティーじゃないの?

お、ゆらぎ荘には間に合うか

誤爆すまん

>>107
予告の絵がいいと思うなら大して気にならんと思う
俺は「いつもの勢いだけの作画だな」としか思わないし
そういう人間が見るとクオリティのバラつきが気になるスタジオ
技術が未熟なのに難易度の高いコンテ平気で切るし

>>110
なるほど
てかこのスタジオの作品観るの今回が初めてなんだよねーw

試写会見ずに一人で、〜に違いないってこのスレで言い続けてるからねぇ
本上映がはじまって手のひらを返すか、逆に誰かが褒めても
いいや駄作だって言い続けるか…

そうか、当たり前だけど公開後は新規客が増えるんだよな

新規客用リンク
過去作のフミコの告白
https://www.youtube.com/watch?v=0QqT1P4VO30
ポレットのイス
https://www.youtube.com/watch?v=l03lLXvUx7k
他いくつかの作品の動画は、コロリドのサイトなりつべなりに転がっているはず

フミコはかなり前に観たことあった
そっかーあの監督なんだ。えらく上り詰めたもんだねえ

全然実績も無いのに何で劇場アニメの監督が出来るのか不思議
アオシグレは可愛かったけど作品としてはクミコの焼き直しだし
映像作品としてはそれほど評価出来るものでも無かったから
今回のペンギンが正念場だな

116見ろ!名無しがゴミのようだ! (ワッチョイ 39c8-4mzJ)2018/07/18(水) 11:13:43.72ID:x7Aobtff0
エロなんだから、買いまくりでOK

これもコロリド作品なんだね
https://youtu.be/D5hEPmYWajk

ぶっちゃけどれも作りが同じw

118見ろ!名無しがゴミのようだ! (ワッチョイ 6622-2fra)2018/07/18(水) 13:31:21.94ID:KUGF7l900
CMで初めて見たがおねショタか

このお姉さんて四畳半神話大系のあの人だってマジ?

試写で見たけど糞暑いから爽やかさを求めて早くまたこの映画を見たくなった
主人公の男の子は理屈っぽいけどよくある偏屈とかアウトサイダーじゃなくて前向きで素直なのが好感持てたし、家族もちゃんとしてて良い一家。
ハマモトさんは聡明だけど嫉妬もしたり感情が明解で自分には共感しやすかった

>>115
それで結局作れなかったから原作つきにしたんだろ
練習を商業でやるのがおかしい
先人の下について下積みしてこいよ

北香那のショタボイス最高
軽部アナ・笠井アナ×「ペンギン・ハイウェイ」特別映像(キャスト&音楽の魅力編)
https://www.youtube.com/watch?v=H5yBlPDNllA

>>122
https://youtu.be/437br5hNfrQ?t=197

ここ、作画ヘタだなぁ・・・
スロー調なのか激しく叩いてるのかよくわからない
なんか頬を手で押してるみたいな勢いしかない
そのわりに叩いた瞬間に頬が真っ赤になってる
ちゃんと人間の動作と向き合ってない実にコロリドらしいシーン

んでまた新井陽次郎の「ジブリの血脈」とか言ってるけど(実際は動画しかやってないくせに)
そう言って出てるのがこのシーン
http://dotup.org/uploda/dotup.org1588702.jpg

この「><」みたいな眼やめろよ・・・萌えアニメじゃねえんだからさぁ・・・
こういう漫画記号的表現を映画に入れ込むの宮崎駿が一番嫌ってたやつじゃん
俳優の表情をこんな風に描く映画を信用出来ないんだわ

あとこのハマモトさんのビンタシーン、コンテも微妙
本編ではもう少し前後の流れがあるんだろうけど
ここ、原作ではもっと傍観的な印象だったぞ(元々アオヤマ君のほぼ完全一人称視点で進む作品だし)
大人達に阻まれて手を出せないアオヤマ達が立ち竦んでるところに、ハマモトさん一人がバッと飛び出して急に叩く
この本編映像では歩き詰める動作をハマモトさんの背中から映して叩くシーンも画角が甘く、
スズキ君の顔が叩かれるモーションを映したいのか、ハマモトさんの主観映像的なのかどっちつかずで印象が微妙
総合的に、叩く腕の画面の映り方といいハマモトさんの主観的なイメージが強い
ここは何もしない男共と対比して、「女らしさ」を傍観的視点から描かなきゃいけないシーンだと思うがなあ
まあ本編のハマモトさんの描き方次第ではあるけど

一人称視点の描写の原作を映像化する際はこういうところに気を配れないと
シーンの視点の設定が曖昧だと途端に原作の良さは無くなってしまう
やはり、原作の文学性を無視したただの映像化っぽいな

このシーン、原作を抜粋してみよう

そのとき彼女は、駐車場の奥のテントにスズキ君たちがいるのを見つけた。
「なぜスズキ君たちがいるの?」
ハマモト先生は「スズキ君たちには調査に協力してもらっている」と言った。
「彼らから森の奥で起こっている現象について連絡があってね。それで今回の緊急調査が決まったのだ。
 森の中のことは彼らがよく知っているから、いろいろと話を聞く必要がある」

そのとたん、ハマモトさんはぼくとウチダ君の手をふりほどいた。栗色の髪をサッと払って、まるれロケットみたいな勢いで彼女は駆け出す。
ハマモト先生は「待ちなさい!」とつかまえようとしたけれども、冬眠明けのクマみたいにゆっくりした動きなので、彼女はらくらくと先生の手をすりぬけてしまった
「つかまえてくれ!」
先生の声で、調査隊の人たちがハマモトさんをつかまえようとした。彼女はひらりひらりとその人たちをかわしながら、あっという間にスズキ君たちのとろこへ走っていった

スズキ君たちがびっくりして立ち上がっている。
ハマモトさんは手をふりあげて、スズキ君の頬を平手打ちした。大きな風船が破裂したみたいな音がした。スズキ君が自分をかばおうともしなかったのは、あまりにびっくりしたからだと思う。
ぼくもスズキ君と同じ立場だったら、きっと同じようにぼうぜんとしただろう。となりにいる調査隊の人やコバヤシ君たちもみんなびっくりしていた。

彼女が「一生ゆるさないから!」と駐車場全体に響くような声でさけぶと、まるで今にも泣き出しそうにスズキ君の顔がゆがんだ。
「なんだよ」とスズキ君はうめいた。「なんだよう」
追いついたハマモト先生に無理やりひっぱっていかれる間も、彼女は「ゆるさない!」と繰り返した。
これまでの人生で、あんなに怒っている女の子をぼくは見たことがない。

この場面の原作の記述の仕方は、やはりアオヤマ君から見たハマモトさんの衝撃的行動、というニュアンスで描かれている

小説では『〜した』『〜している』といった叙述の差異で、作中で起こっている出来事の時間の進み方の印象が操作される
『〜した』といった過去形の体を取っている描写は、叙述の速度が比較的早いとされる。語り手が見たことを、回想的(要約的)に語ってる印象があるから
『〜している』『〜する』といった現在進行形の表現は、叙述の速度が遅く、リアルタイム的、臨場感を重視した表現とされる

この一連のくだりの記述はどうか。
ハマモトさんが駆け出すシーンは”まるでロケットみたいな勢いで彼女は駆け出す”と現在進行形的な描き方がされている
そこからハマモト先生や周囲の大人達が阻む手をかいくぐって行く様子は、『つかまえようとした』『あっという間に走っていった』と要約的に描かれてる

そしてスズキ君が叩かれるくだり。『びっくりして立ち上がっている』という現在進行形の語りから

『大きな風船が破裂したみたいな音が”した”』
『あまりにびっくりしたからだと”思う”』
『ぼくもきっと同じようにぼうぜんとした”だろう”』
『みんなびっくりして”いた”』

という、アオヤマ君から見た過去形の記述でまとめられている
ハマモトさんが駆け出して詰め寄るまでの動作と、頬を叩く動作では、明らかに前者のほうが行為としてはボリュームがあるのに
詰め寄る行為と叩いた行為では、後者に対する記述のほうが明らかに分量が多い
これは『ハマモトさんが叩くまで』の印象をあえて抑えて、叩いた後の周囲の驚き、つまり鳩が豆鉄砲食らったような感覚を表現したかったと思われる

最後の段の『駐車場全体に響くような声で』という記述
ここでも明らかに、叩いたハマモトさんのポジションでなく、それを遠巻きに見てるアオヤマ君の傍観的視点がある

そして『これまでの人生で、あんなに怒っている女の子をぼくは見たことがない』
アオヤマ君が、ハッキリと女を『男とは違う生き物』と認識した瞬間だという表現
原作はここでひと段落つく。ページが終わって、次のページは「○」記号から始まり、作中の時間が少し飛ぶ

この原作は、おっぱいには惹かれるけどまだ性には目覚めていないアオヤマ少年が
『女性』『異性』というものを明らかに自分とは別個の存在として認める、というのが大きなテーマ
そのテーマに対する発見として、このシーンは凄く重要度が高い

だからこそ、このシーンはアオヤマ君の視点で、傍観的に描かれなきゃいけないんだよ
物事を常に科学的に分析するアオヤマ視点から、衝動的な女らしい行為を目の当たりにする場面だから
この場面があるから、アオヤマ君は最後にハマモトさんを『異性』として認識することになる

>>123の映像を見ると、原作のこういう感覚がちゃんと描けてるとはとても思えないな
ただ原作の出来事に三次元的な空間を与えただけの、安直な映像化になってないといいが

ひっでえネタバレスレ
二度と開くかガイジ

129見ろ!名無しがゴミのようだ! (ワッチョイ 77d2-/J15)2018/07/20(金) 18:15:24.82ID:6WNwda400
試写で見たけどここまでストーリーがつまらないとは思わなかった
話に突っ込みどころありすぎるし会話が唐突すぎる
何か飛び飛びのシーンを見せられてる感じだったわ
あと同級生(女)が性格悪い上に始終喚いててうざすぎる
映像と美術は良いから勿体ない

ID:jIKrLnOi0
が重度のネタバレをかましているので、新規はスレを覗かないことを進める

彼は実際頭がいいのかもしれないね
その明晰さは分析にばかり長けていて、創造に向いているとは思えないけど
公開前の作品のネタバレ批評なんてマナー違反をしたいなら、アンチスレでも立てれば
いくら原作がある作品だからって、限度がある

原作小説が何年も前に発売されていて試写会も終わってる作品のスレを新規層が覗かないなんて当たり前だろう
原作既読者は原作既読者の楽しみ方ってものがある

何言ってんのこのひと

だから、ネタバレ見たくない新規が見ていい時期じゃないってこと
原作既読者は「原作のあそこはどうなってるんだろう」と思いをめぐらせて楽しむ
それを否定出来る根拠があるのか?

よくわからんが、自分のマナー違反を開き直ってるってこと?

その「マナー」とやらはどこの誰が決めたんですかってこと
原作もの、リメイクもの。どれも原作からどう映像化するかということを推察するのは真っ当な楽しみ方でしょ
何も知らずに見たい人は自衛すればいいだけの話

言ってることが完全に犯罪者の論理だよ…

どこが?
犯罪者ってのは国が定めた法律に反した人間のことでしょ
ネットマナーなんて多義すぎて一括りにできません
アナタが考えるアナタのためのマナーに違反してるからって犯罪者呼ばわりは幼稚ですよ

小説は読んでるけど適度に時間が経ってて映画楽しみにしてるのでスレを溯って読まないことにした

>>130
ありがとう

原作モノはほどよく忘れてる作品の方がより楽しめるよねぇ

140見ろ!名無しがゴミのようだ! (ワッチョイ 1fb8-+VD4)2018/07/21(土) 10:21:41.87ID:a9RJ28U70
ヨーロッパ企画の人が脚本なんで、原作を下敷きにしていい方向に大きく改変してくれてる事と期待している

原作はキャラは魅力的なのに肝心の「お姉さんの謎」が共感不能すぎ
お姉さんにもっと葛藤させてほしい
四畳半神話大系はそのあたりの改変がすごくうまかった

それは難しいだろうな
葛藤ってのは人間味を出すものだから
この原作は人物造型にほとんど深みがないからな
「飄々とした年上のお姉さん」という記号以外中身は存在しない
謎解きだけが物語の推進力なのに謎解きに何のプロセスもないしな
アオヤマ少年が、読者はとっくに気づいてるペンギンと海を関連付けるのをただ待つだけ
加えてストーリー、人物描写の酷さに定評のあるコロリドだしな

142見ろ!名無しがゴミのようだ! (ワッチョイ 1fb8-+VD4)2018/07/21(土) 13:33:12.41ID:a9RJ28U70
確かに同じ作者の四畳半もそんなかんじではある
原作のほうは主人公とプロットが記号的すぎて、あまり共感できなかった
でもアニメのほうは脚本改変と演出による補完で、予想以上にいい塩梅に仕上がってた

今回、監督はちがうけど、原作、脚本の組み合わせは同じなので、そこに期待してるのだが

四畳半は1冊の原作を1クールに膨らますのにオリジナルをぶっこみまくって
それがいい感じになって成功した
映画だと逆に尺が足りないから何を切って何をメインに構成するかの問題になり
夜は短しのパターンになる可能性が高い

公開館192館か
十分週末1位を狙える館数

銀魂2があるから無理でしょ

正直どういう層が観に来るのか全く想像できない
5億行けば上出来だと思う

予告見たら凄くおねショタっぽくて期待してる
四畳半とか上賀茂神社舞台のやつとかは見たことないけど楽しめるのかな

なんかスレザッと見てみたけどなんで公開前から気持ち悪いアンチみたいなのが居着いてんの?
そんな有名所なんかこのスタッフ
とりあえずずっと同じようなこと言い続けてる変な奴にドン引きしたから観終わるまでスレ離れる

>>148
原作知らずに試写会見た組だけど、それをオススメする。
まぁ上映はじまったら同じように粘着するんだろうけどね。
何も知らずに見て自分自身で楽しむのが一番。

>>148
文句言う前に調べてたら?
この監督が初めて注目されたのはもう約10年も前の2009年だよ
キミは君の名はで新海誠を知ってここに来た、みたいなもん
知ってる人間はずっと前から知ってる

古参アピールうぜえ
どうしてアニヲタってこんなの多いんだろうか

ゲームとアニメは部屋から一歩もでなくても評論家づらできるからな
日本でアニメ作ってるひとはめんどくさくてしょうがないだろうなあと思う
たいして儲からないのにボロクソ言われて

アピールもなにもただの事実だし
昔から見てきたぶん思ってること言いたいことが新規より多いのは当たり前
せっかくワッチョイって便利なものがあるんだから黙ってNGにでも入れときゃいいのにな

>>153
NGすっからトリつけてくれよ頼むよ

おっぱいの声がおばさん臭い。もうちょっと若手使えなかったのかな?

>>154
嫌だよ
お前がお前の都合で目に入れたくないんだからそのくらいお前で努力しろ

新着レスの表示
レスを投稿する